あなたは人と話をするときにあらかじめ何を言えばいいのか考えておけばよかった、という経験をした事はありますか?
例えば、相手に対して何かを話す時に、あらかじめ考えておけば、今の結果よりもより良い結果が得られたという場面です。

状況としては様々な場面が想像つきますが、おそらく後悔するという事は今の結果に満足いっていない場合などが多いです。

活用できる状況は様々ありますが、その中のひとつに仕事などの場面でもそれは生かされると思います。

なぜなら、仕事などで誰かに対して話をする時や、たくさんの人前で話をする事が活用される場面があるからです。

そんな時には、あらかじめセリフを決めておいた方が話もスムーズにいきますし、より相手に上手に話をする事もできますし、分かりやすい説明ができるようになります。

セリフをあらかじめ考えておくという事はとても大事な事です。

なので、今回はセリフをあらかじめ考えるという事をテーマにして、そうすべきシチュエーションや棒読みにならないための注意点などをご紹介します。

️大事なとき、言うべきセリフは考えた?

セリフを考えないくても特に問題ない、という方もいるかもしれませんが、大部分の人があらかじめセリフを言う練習であったり、どんなセリフを言おうかな、と悩んだりする人が多いと思います。

いきなり人前に出てその場でセリフを考えるという事はかなり高度なスキルです。

実際に人前に出た経験がある方ならばわかると思いますが、注目が一点に集まるので、相当な緊張が伴います。

緊張してしまうと、当然思考は堅くなってしまいます。

身振りや手振りなども硬くなってしまいますし、発想も制限が掛かった状態になってしまいます。

なので、壇上に立ってからリラックスする事が出来ないような人が壇上に立って良いセリフを吐こうと思っても限界があります。

なので、それならばあらかじめ言うべきセリフをある程度頭に入れておいた方が絶対に良いですし、わかりやすい話ができるようになります。

単純に時間をかけてセリフを練るのと、その場で思いついたセリフを吐くのとでは、まったく伝わりやすさが違ってくるからです。

なので、大事な時ほど緊張してしまうという事を踏まえると、やはり相手に伝えるべきセリフは考えておいた方が良いです。

失敗ができない、とても大事な場面であるほどあなたもセリフを考えた経験はありますよね。

恐らく、何もセリフを考えずに本番に臨んでいる人の方が圧倒的に少ないはずです。

セリフを考えておくメリット


大事なことを相手に伝えるときに、ある程度セリフを考えておくメリットはたくさんあると思いますが、ここからは具体的なメリットについてご紹介します。

たくさんのメリットがある中で比較的たくさんの方が感じているメリットについてご紹介しますので、近いうちに人前で話をする予定がある方や、仕事などでよく人前で話をする事がある方は理解してください。

普段から考えているという方であれば今更かもしれませんが、普段話をするときに何も考えずに臨んでいる人は参考にしてください。

焦らない

まず初めにご紹介するセリフを考えておくメリットとしては焦らないということです。

先ほどご紹介したように、人前で何らかの話をしたりするときなどに関しては当然緊張が伴います。

緊張すると普段と同じようにはいられずに、どうしても動きが固くなってしまったり頭の回転が鈍ってしまったりする事が多いです。

そして上手く話をできていないということを自分自身が認識した時にいつもと違うと言うことから自然と身振り手振りや話しに関して焦りが出てきて最終的にはうまく表現できない状態になってしまいます。

いわゆる頭が真っ白になってしまうという状況です。

しかしながらある程度セリフを決めておけばどんなに緊張する場面でも何度も練習しておけば、練習通りに上手に話をすることができるようになりますし、上手に話をしているという状況を自分自身が認識することによって自然と緊張が消えていきます。

緊張が消えて、今自分自身が上手に話が出来ているという状況を感じられるようになれば、むしろ人前で話しをすることが楽しく感じてくるようになります。

なので、焦りというものは喋るという事に対して非常に重要なポイントを占めています。

大事な場面で緊張してしまって話ができなくなってしまっては、せっかくの場面が台無しです。

失敗したいと思って行う人はいないはずですので、あらかじめセリフを決めておけば、こんなに大きなメリットが手に入れられるという事を知るべきです。

どもらない


次にご紹介するセリフを考えておくメリットはどもらないということです。

予めセリフを決めておくことによって何らかの話をする時にどもるということを防ぐことができます。

どもるという言葉は普段あまり使わない言葉なので意味がわからない方もいるかもしれませんが、どもるということは一般的には発語時に言葉が連続して発せられたり、一時的や瞬間的に無音状態が続くという症状を示す言葉の吃音症と似通ったような状態の事です。

時々緊張から、何を話しているのかわからないような人を見かけることがあると思いますが、一般的にはそれがどもると呼ばれている状況です。

大事な場面でどもってしまうと、恰好が悪いですし、相手に対しての説得力などが弱く感じられてしまいます。

特に男性がやってしまうと、どうしても恥ずかしい一面になってしまい、それ以降人前で話をするときに継続して緊張したり、いつも以上に恥ずかしく感じてしまったり精神的な面においても負担がかかってしまうので、あらかじめセリフを決めて話した方が余計な事などを感じなくて済みますし、スムーズに話もできるようになりますので、必ずセリフを決めて喋った方が良いです。

考えなしに話をして、何を言っているのかわからなくなってしまう事などが起きてしまうと、周りの人の反応などを見て余計に焦ってしまいますので、どもらないためにも必ずセリフを考えておきましょう。

何が言いたいか伝わる

次にご紹介するセリフを考えておくメリットは何が言いたいか相手により伝わりやすいということです。

これは少し考えればわかることかもしれませんが、予めセリフを考えておくこととセリフを考えずにそのまま突然の発想でセリフを決めると言うことでは、ある程度考えてセリフを喋った方が相手に伝わりやすい内容を喋ることができます。

ある程度時間をかけてどういった内容を喋るのかということを順序立てて組み立てることでより相手に理解しやすく伝わりやすいセリフを喋ることができますが、その時の判断に任せてしまうと必要ないこともつなぎのセリフとして喋ってしまったりする可能性などを生んでしまいます。

特に仕事の場面ではある程度考えて発言をしないと相手に全く意味が伝わらなく、結果として失敗に終わってしまう様なことも起こりえます。

どんなに自信があったとしてもある程度喋る内容を組み立てて考えておくことはとても大切なことであり、絶対に行うべきです。

例えば、プレゼンの場としては、喋る内容だけではなく、身振りや手振りなどをどのようにすればより相手にインパクトを与えられるかという事まで計算されて行われています。

有名なアップル社のスティーブジョブズもプレゼンを何回も何回も練習して、iPhoneのプレゼンの時にはどのようにすれば相手にうまく伝わるか、興味を持ってもらえるかという事を緻密に計算して行っています。

あれだけプレゼンやスピーチが上手であっても、そこには見えない努力が隠されています。

なので、時間を費やせば、費やすほど質は上がりますし、時間がなかったとしても、ある程度集中してセリフくらいは考えておく事で、最終的にうまくいく結果を得られる可能性を上げられます。

いかに相手に伝えるセリフが印象を左右するのか、という事を理解してください。

言えなかったと後悔しない

次にご紹介するセリフを考えておくメリットの一つとしては言えなかったと後悔しないためです。

日常的によくある後悔する場面として、なんであの時こういう風に表現できなかったんだろう、なぜこの言葉を使って説明しなかったんだろう、という事です。

後になって思い返してみれば、こういう風に伝えた方がよりよい結果を導き出せたのに、と悔やんだりすることがあると思います。

もちろん、どんなに時間をかけても後悔する事はあります。

しかし、後悔をするにしてもその時に全力で取り組んでいれば、全力でやってダメならしょうがないとある意味開き直れます。

もちろん、その開き直りは悪い方向ではなく、良い方向に進はずです。

しかし、まったく努力もせずに、ただただ後悔しているだけでは、まったく何も得られないですし、後悔がずっと続いてしまいます。

なので、本当に大事なのは、頑張ったかどうかという事です。

結果はただの結果でしかなく、その過程に納得できる理由があるかどうかという事で、後悔するのか、それとも前に進める後悔ができるのかという違いが生まれます。

せっかくの人生なのですから、後悔する人生よりも、前向きで明るい人生を歩むことが大切です。

そのためには、結局頑張るという事を行うか行わないかという事が大切であるという事を知ってください。

なので、セリフもただなんとなく喋るのではなく、自分の限界にまでチャレンジして思考を凝らすようにしてください。

堂々として見える

次にご紹介するセリフを考えるメリットの一つとしては堂々とを行っている様に見えるということです。

なぜセリフを考えれば堂々としている様に見えるのかというと、まずセリフを考えていなかった場合上手に喋れる可能性が低くなってしまいます。

ある程度考えていれば流暢に練習した内容をしゃべるだけであまりそこに神経を使わずに行動することができますが、台詞を考えていなかった場合その場その場で自分の頭を使ってセリフを考えなければいけないのでどうしても頭の回転を良くしなければセリフが詰まってしまうことになってしまいます。

少しでもセリフに詰まってしまったりどの様に表現すれば良いのかということを迷ったりしていると話す間に間が生まれてしまい、その間を自分が感じるとうまく喋れていないという事を自覚して焦ってしまいます。

焦ってしまうと当然緊張が話や身振りなどに表れて、どうしても自信がなく喋ってしまうように見えてしまいます。

しかし、ある程度セリフが頭に入っている状態であれば、必要なところを付け足して、それ以外は今まで通りに喋れば良いので、非常に話をするときに楽になります。

楽に喋れている、今自分は上手く喋れているんだという事を自覚した時、それは必ず自分自身の自信へと繋がります。

自信を持っているのと持っていないのとでは明らかに行動などが変化します。

不思議な物で、目に見えない自信のようなものがその場にいる人達に伝わるようになります。

だからこそ、セリフをある程度決めておけば、自信をもって堂々と人前で存在し続けることが出来るという事に繋がります。

️セリフを作っておくべきシチュエーション

ここまではセリフを考えておくことによって得られるメリットをいくつかご紹介しました。

セリフを考えるという作業一つだけ取ってみても、これほどまでに大きなメリットを得ることができるチャンスへとつなげることができます。

どうせ何かの物事を行うのであれば本気で取り組むことで結果も自分の自信も導くことができますので、努力を惜しまずにチャレンジしていただきたいと思いますが、実際にどんなセリフを言おうかな、と考えるシチュエーションなどは様々あると思います。

会社、プライベート、友人に対して、恋人に対して…様々なシチュエーションがある中で、セリフを考える事が多い例についていくつかシチュエーション別にご紹介します。

自分がこれまでどういう場面で考えてきたのか、という事を踏まえながら確認してみてください。

告白

まずはじめにご紹介するセリフを作っておくべきシチュエーションとしては相手に対して告白をするシチュエーションです。

当然ながらある程度の年齢になってくると異性を意識することもあると思います。

特に中学生ぐらいの年齢になると異性のことしか頭になかったりする場合もありますし、一旦好きな人ができれば相手のことばかり考えてしまって好きと言うことを自覚した時に相手とより関係を見せずにしたいと思って告白をしたいと思うことがあると思います。

告白をする場合ある程度慣れている人であればそこまで考えることがないかもしれませんが、告白を行いなれていない人だったり、真剣に相手に対して告白をしたいと思いを募らせている人にとってはとても緊張する場面になると思います。

緊張するなと言われる方が無理な場面かもしれませんが、まずは安心してください。

そもそも告白をしてその場で返事が変わるような事は基本的にあまりありません。

いくら素晴らしい告白を相手にしてもそれまでの事で結果は決まっている事が多いです。

かといって、セリフを全く考えずに突っ走っても恥ずかしい思いをしてしまうので、まずは自分の気持ちを相手に伝えたいという第一の目的を達成するために、自分の気持ちを正直にセリフにして伝える練習をすべきです。

かっこよい事を言おうと張り切ってしまう人もいますが、上手く相手に伝わらなければ意味がありません。

長ったらしい告白よりも、自分の気持ちが相手に直接伝わるような短くて、残るような告白が理想的です。

告白をしている最中に結局何がいいたいの?というようなおどおどした雰囲気は相手にかっこ悪い姿を見せて幻滅させられてしまうだけなので、安心してどっしりと構え、自分でじっくり考えたセリフを放つようにしてください。

それだけで告白という場面においての失敗はかなりの確率で防げるはずです。

プロポーズ

次にご紹介するセリフを作っておくべきシチュエーションとしては相手に対してプロポーズをするシチュエーションです。

プロポーズは人生で何回もない、相手に対しての気持ちを伝えるとても大事な場面です。

告白と同じようにある程度の結果はこれまでの行いなどで固まっている場合が多いですが、それでもその場で堂々と相手に対してプロポーズをすることができれば堂々とした態度が相手に安心感を与えて、自信がなくおどおどするようなプロポーズよりかは成功確率が高まります。

基本的にプロポーズを行うとすると男性から女性に対して気持ちを伝えることの方が多いと思いますが、まず女性は頼りない男性が苦手なので、安心してどっしりと構えられるようにするために何度も練習しましょう。

その上で、一生に一度のセリフなので、その場での思いつきなどではなく、ある程度考えて相手の気持ちにダイレクトに伝わるようなセリフを選ぶといいと思います。

しかし、短すぎてもシンプルすぎるので、そこに少し添えるような言葉の方が良いかと思います。

あまりにも長すぎると告白同様、何が言いたいのかわからなくなってしまったり、あたふたしている姿を見せるよりかは、すっきりとしたセリフの方が良いでしょう。

しかし、結局は自分の本当の気持ちを落ち着いて伝えれば相手は理解してくれます。

不安に感じずに自信をもって、セリフをしっかりと練って最高の言葉でプロポーズをしましょう。

自己紹介

次にご紹介するセリフを作っておくべきシチュエーションとしては、相手に対して自己紹介をする場面です。

自己紹介をする場面はたくさんあると思います。

今までの人生を振り返ってみて、新しい人と出会って一緒に何かをしたりする場面というのは必ずたくさんの人が平等に感じてきたことがあるはずです。

例えば、幼稚園の時などに自己紹介を行ったり、保育園や小学校、そして中学校や高校、大学、専門学校、アルバイト先、就職した職場などなど…他にも細かい場面はたくさんあると思いますが、自己紹介は環境が変われば必ず行う必要があるものです。

なので、ある程度自己紹介に関しては自分なりにテンプレートを用意しておいた方がスムーズに行えますし、テンパってしまって変な事を言ったり、変な印象を与えたりする事を防ぐ事ができます。

そして、どうしてもその場で思いつくような自己紹介をすると無難な自己紹介になってしまいがちで、相手に他の人と違う様な印象を植え付けることが難しくなってしまいます。

せっかく自己紹介をするのであれば、たくさんの人に顔と名前を覚えてもらいたいですし、注目されることで良い人間関係を築けることにもつながります。

あらかじめセリフであったり紹介する内容のことを把握しておけばスムーズな自己紹介と落ち着いた印象を相手に与えることができますので、面倒かもしれませんが、ある程度自己紹介するときのセリフは身に着けておきましょう。

自己紹介は最初に相手に自分の印象を与えることが出来るような事でもあり、第一印象はその後も残りやすいので、大事に事を進めるようにしてください。

プレゼン

次にご紹介するセリフを作っておくべきシチュエーションはプレゼンの場です。

プレゼンといえば仕事の関係で取引先相手に、より商品のすばらしさや魅力を伝えるような大事な場面です。

プレゼンの結果次第で最終的に取引がどうなるかということを左右する大事な局面のひとつでもあります。

社会人として仕事を行っている方でプレゼンの経験がある方は理解いただけると思いますが、プレゼンの結果次第であなたに対する評価が決まると言っても過言ではありません。

プレゼンをしっかりと成功させて相手の心をキャッチし新しく契約を結んでいただくことで、より会社が発展するという事を考えれば、まさに絶対に失敗できない状況であることはわかると思います。

なのでプレゼンの場においてセリフは喋る内容を決めておきましょう。

先ほどから何度もお伝えしている通り、話す内容を決めていなければその発想とひらめきが全てになってしまい、相手に伝わりにくい話を行ってしまう可能性があります。

せっかく時間を割いてプレゼンの場を設けてくれたのに意味のわからないプレゼンをされたとすれば相手に対しても失礼ですし、社会人としてのメンツを保つことができませんし、相手から信頼が得られなくなる可能性もあります。

しかしながら、その逆にびしっとプレゼンを成功させて相手に気に入ってもらえることで大きな結果を得ることができます。

堂々とした自信のあるプレゼンであれば、当然商品もとても便利なものだったり、信頼できそうなイメージが持たれますが、自信がないようなプレゼンを行っていると、自社の商品に対して自信がないのか?と思われてしまいかねません。

なので、必ずセリフはしっかりと練り、ある程度記憶して何度も何度も繰り返して練習するようにしましょう。

会議

次にご紹介するセリフを作っておくべきシチュエーションは会議の場です。

会議の場といえば、自分達の会社の人間だけで今後のことを話し合っていく大切な場です。

会議で話し合われる内容はその時によって様々ですので、内容については一概に述べることは難しいかもしれませんが、今後会社がどういう風に展開していくのかという事や、今の現状がどうなっているのか、それぞれの状況を話して把握する場であったり、業務の進捗状況やお互いに問題点を把握する場など、たくさんの意味合いを持っています。

時には、同じ会社の中であっても自分の意見を採用してもらう為だったり、より会社に貢献する為や、何らかの具体的な解決案などを発表したりする場面があると思います。

そんな時にはプレゼンと同じように、自分の意見を周りと比べて良い意見だという判断をしてもらう必要があります。

なので、人からそう思ってもらうためには、プレゼン同様ある程度話す内容を考えて発言を行う事が大事です。

セリフを決めていないと、あやふやな意見やまとまっていない意見を述べてしまいがちになり、結局何が言いたいのかわからなかったり、重要視してもらえない場合などがあります。

なので、セリフを考えておき、いかに興味をもってもらい、いかにわかりやすく説明できるかという事を考える必要があります。

その為にはある程度喋る前にセリフを固める必要があります。

なので、同じ会社の会議だとしても、アピールできるチャンスを逃さずに、セリフをしっかりと練るように心がけましょう。

️セリフを棒読みにしないための注意点

ここまではセリフを作っておくべきシチュエーションについてある程度ご紹介していきました。

どれも大事な場面であり絶対に失敗したくない場面だったと思います。

ここからはセリフをある程度練ったと仮定した上で、その問題点として浮かび上がってくるセリフを覚えてしまったがために起こる棒読みという問題について注意点をご紹介していきます。

セリフを練る所までは良いとして、そこから読み進める時に、ただセリフを丸暗記しているだけだとつい棒読みになってしまいがちです。

難しいかもしれませんが、ちょっとした注意点を踏まえるだけで大きく印象が変わりますので、棒読みになってしまいがちな人は、ご紹介する注意点を踏まえた上で相手に伝えるようにしてください。

セリフの内容を理解する

まず、セリフを棒読みにしないために行う注意点の一つとしては、セリフの内容をしっかりと理解することから始めるということです。

まず何故棒読みになってしまうのかということを考えた時に、読んでいる内容を理解せずにただ読んでしまっているだけになるということです。

例えば何かしらの台詞を決めていたとしてそのセリフを何度も何度も練習していれば、当然意味自体も理解してくると思います。

意味を理解してどういう部分にアクセントをつけてどういう部分を強調して読み進めていくのかということなどは、話の意味を理解していれば自然とわかることです。

しかしながらセリフの内容を全く意味を理解せずに読んでいた場合は、どこを強調すれば話が伝わるのかがわかりにくいので、当然棒読みチックになってしまいます。

なので棒読みになってしまいがちな人は、まずセリフの内容を理解する事から始めるようにしてください。

セリフをスラスラ言えるようにする

セリフを棒読みにしないための注意点として、セリフをスラスラと言えるように練習をするということです。

セリフが棒読みになってしまう一つの問題としてセリフの練習を行っていないということが挙げられます。

台詞を何度も繰り返して練習をしていれば次第に内容も理解出来るようになりますし、漢字の読み方や話しにくい部分などをすらっと話せるようになります。

しかしながらセリフの練習を全くせずにいざ本番となってしまった場合は、セリフがスラスラ読めなかったり、詰まってしまったりして棒読みな話し方になってしまいがちです。

つまずいてしまうと焦ってしまい、いつもと違い雰囲気になってしまう可能性もありますので、十分話す内容は練習して、すらすら読めるようになるまで復唱するようにしてください。

セリフを文字に起こして抑揚のポイントを書き込む

セリフを棒読みにしないための注意点として、抑揚のポイントを把握するという事が大切です。

自分で作成した台詞を何度も読み進めていくうちにどの部分を強調すればいいのかということも分かりますし、文字に起こすことで抑揚のポイントを理解して書き込み用にしていくことで、より上手に話をする事ができるようになります。

抑揚のない話し方になっているから棒読みになってしまい、上手に相手に伝わらなくなってしまいます。

いかに上手に相手に話ができるかは抑揚が大切です。

例として挙げるならば、コールセンターに電話をしたことがある人も多いと思います。

コールセンターの担当の方は、声の抑揚をしっかりとつけて話をしている方が多いです。

そのため明るい印象や丁寧な印象も相手に与えられますし、温かさを感じることが出来ます。

それはセリフすべてに共通する事であり、しっかりとした抑揚は聞き手にとっても心地よいですし、わかりやすい話し方としてとらえられます。

何度も練習して抑揚のポイントを押さえれば棒読みにはならなくなるはずですよ。

大事なところはゆっくりしっかり伝える

セリフ棒読みにしないための注意点として大事な部分は、ゆっくりとしっかりと相手に伝えるということを意識してください。

話が上手な人は大切なポイントなどを相手に対してゆっくりと伝えることができています。

人によって話の仕方は全く違い、早口な人もいれば、ゆっくりと落ち着いて話せる人などそこには個性があります。

しかし、大事な事を早口で言われても聞き手は聞き逃しやすいですし、何を言っているのかわからないような活舌の悪さだと話に集中できません。

しかし、大事なポイントに関してだけわざと少しゆっくり話をする事で、聞いている人はここが伝えたいんだろうな、と集中して話を聞くことが出来ます。

ちょっとした工夫で聞き手にはより内容が伝わりますので、棒読みが多い方は、この工夫を取り入れてみてください。

ペースを変えるだけで今までの平坦な読み方が大きく変わってくると思います。

️セリフをしっかりと考えて練習を!

今回はセリフを考えるメリットやセリフを考えるべきシチュエーション、そして棒読みにならないための方法などを簡単にご紹介しました。

セリフたった一つでこれだけ相手に与える印象は大きく変わります。

何事もちょっとした工夫がとても大事であり、知らず知らずそれが結果に結び付きます。

難しいかもしれませんが、継続して行い、成功体験を少しずつ経験していく事で、それはいつか大きな自信へと繋がります。

セリフをしっかりと考えて、少しでも成功の確率を上げて、本気で物事に取り組む癖を身に付けてくださいね。