長い人生を歩んでいると、たくさんの出来事が人生を通して経験します。

楽しい事であったり、嬉しい事もたくさんありますが、時には辛い事や悲しい事などが起こります。

出来れば楽しい事や嬉しい事だけを経験したいと誰しもが思っていますが、どうしても辛い事や悲しい事は起こり得てしまうのが現実です。

しかし、人生においてそれはとても必要な事であり、悲しい事や辛い事を経験して大人になり、考え方などもより洗練されたものに変化させることが出来ます。

しかし、実際悲しい事が起きている時にはどうしようもなく落ち込んでしまったり、元気がなくなってしまったりするものです。

しかし、必要とはいえあまり経験したい事ではありませんよね。

今回はそんな人生において煩わしいという事をテーマにして、煩わしいと思う事をご紹介していきたいと思います。

️煩わしいとは?

あなたはこれまでの過去に煩わしいと思ったことや経験したことはありますか?
おそらくかなりの割合で経験したことがあると答えると思います。

なぜなら、これまでの生きてきた人生の中で楽しいと思えることしか経験しなかった、と答える人はほぼいないからです。

必ず誰しもが一度くらいは煩わしい、苦い経験をしたことがあると思います。

しかしそもそも煩わしいと言う言葉自体がどういう意味を持っているのかよくわかっていない方もいらっしゃると思いますので、具体的に煩わしいという言葉に理解をしてもらうために、煩わしいと言う言葉の意味合いについて簡単にご紹介していきます。

意味を知らない方や、普段使わないと感じている方はこの機会に正しい意味を理解してください。

煩わしいの意味

面倒で気が重い


煩わしいという言葉の意味の中には面倒で気が重いという意味が含まれています。

例えば会社行ったり若しくはプライベートの生活をしている中で様々な出来事が起こりうると思いますがそのなかで面倒で気が思いだという経験をしたことがある人はかなり多いと思います。

例えば仕事の面で言えば仕事の内容に対して面倒なことが起きたなと感じた経験はたくさんの方がありますよね。

気難しい顧客の対応であったり、会社の人間関係、上司とのしがらみ、様々な場面で面倒くさいと感じる事は多いと思います。

仕事以外でもプライベートの面で言えば自分の好きな人や家族と喧嘩をしたり言い争ったりして、同じ空間にいたくないと思ったり、友達とちょっとしたことですれ違ってしまったりなどたくさんのことが考えられます。

なので、日常において煩わしいと感じる出来事はたくさん存在すると言うことを理解してください。

入り組んでいて複雑

煩わしいという言葉の意味の中には入り組んでいて複雑であるという言葉が存在します。

こちらは先ほどご紹介した面倒で気が重いと言うこともと少し似ているかもしれませんが根本的には少し意味が異なってきます。

入り組んでいて複雑という事に関してはどちらかといえば人間関係などの悩みというよりかは何かの物事に対して感じたりする場面で使われることが多いです。

例えば新入社員が入ってくると新入社員に対して事務手続きを行う必要がありますがその事務手続きの中でも非常に面倒くさい手続きがあったと仮定すると、煩わしい手続きをしなくてはいけないというような表現で煩わしいという言葉を使うことができます。

若しくは仕事の内容に関して新しく覚えなければいけないことがとても複雑な内容だった場合は煩わしい内容と一言で表すこともできます。

心を悩ませてうるさいこと


煩わしいという言葉の意味の中には心を悩ませてうるさいことという意味合いが含まれています。

この表現に関しては様々な場面で用いることができると思います。

仕事の面であったりプライベートの生活の面であったり何かに関する物事であったり全ての場面で共通して用いることができますので非常に幅広い使い方ができるようになります。

しかしながら意味合いとしては、これまでにご紹介してきた意味合いとかなり被る部分がありますので、兼用して使う事も出来ます。

たった一つの単語ですがたくさんの意味合いを持っている言葉として理解してください。

気がおかれる

煩わしいという言葉の意味の中には気がおかれると言う言葉も存在しています。

おそらく若い方であれば気がおかれると言う言葉の意味がよくわからない方も多いと思います。

気がおかれるという言葉は言ってみれば気を遣わせられる、という言葉と同じ意味として解釈することができます。

よって、煩わしい出来事が起こったという言葉を遣えば、気を遣わなければいけないような出来事が起きた、という風に解釈することが出来ます。

少しこれまでご紹介してもしれませんがこの機会に覚えておいてください。

体調が悪い

煩わしいという言葉の意味の中には体調が悪いという言葉の意味も含まれています。

煩わしいという言葉を聞いて体調が悪いという意味と連携して覚えている方はいないかもしれませんが、これまでご紹介してきた意味合いのニュアンスを知っていれば、想像できないような言葉ではないと思います。

体調が悪い時には煩わしいという言葉で表現している人もけっこう多くいらっしゃいます。

煩わしいの読み方

煩わしい=わずらわしい

煩わしいという言葉を日常会話であまり使わないからすれば、意味であったりそもそも漢字の書き方や読み方なども知らないという方もいると思います。

煩わしいという言葉はわずらわしいと読むことが出来、覚えるのは難しいかもしれませんが、意味も含めて理解する事で、より覚えやすくなりますので、意味と一緒に連結させて覚えるようにしてみてください。

️できれば避けたい煩わしいこと14個

ここまでは煩わしいという言葉の意味について簡単にご紹介をしていきましたが、ここからは出来れば避けたいような煩わしい出来事についてご紹介していきたいと思います。

人生を生きていれば煩わしいと思うようなことは腐るほど存在しています。

もちろん人生は煩わしいことばかりではありませんが全く無いとは言い切れません。

できれば煩わしいことなのは経験せずに生きていきたいと思うと思いますが、なかなかそのように上手く人生を過ごすことはできないので日常生活の中で起こりうる煩わしいことについてたくさんの方の意見があるものをピックアップしてご紹介しますので、自分がこれまでに経験してきた煩わしいと感じるようなものと比較して考えてみてください。

単純作業が続く仕事

できれば避けたい煩わしいことの1つとして単純作業が続く仕事が挙げられます。

これは今までの人生で自分自身が就いてきた仕事の内容によると思いますが、仕事内容によってはとても煩わしく感じる場面があると思います。

例えば単純作業の一つの例としてはアルバイトなのでコンビニのレジ打ちであったり食品工場などでひたすら流れてくるものを運んだり、蓋をかぶせたりするなどといった単純作業が挙げられます。

正社員であれば様々なことを経験したり、行ったりしなければいけないのであまり単純作業で煩わしいと感じることは少ないと思いますが、これまでに人生で経験してきたアルバイトなので単純作業が煩わしいと感じたことがあると思います。

単純作業は好き嫌いがはっきり分かれるものであり単純作業が好きな人であれば気がついたら時間がかなり経っていたという経験や、そこまで難しくない内容をずっと行う方が良いという考え方の方が多いと思います。

しかし、単純作業が好きではない人の場合は単純作業を行っていると時間が経つのが限りなく遠く感じてしまう方が多いです。

実際単純作業ばかりを行っていると、どうしても頭を使わないので眠くなってしまったりすることもありますし、仕事に関してのやりがいなどがあまり感じられない場面も多くなり、そのうち仕事が楽しくなくなったり、煩わしいと感じるようになります。

単純作業ほど煩わしいと感じる仕事はないと思います。

愚痴や悪口を聞かされる

日常生活の中で避けたい煩わしいことの1つとして愚痴や悪口を聞かされるということが挙げられます。

どちらかと言えば会社での人間関係という部分にあたると思いますが、会社に所属している場合必ずと言っていいほど、一緒の場所で働いている同僚や先輩後輩の人間が存在します。

同じ場所で働いていれば自然と話をするようになり仲良くなれば一緒にご飯に行ったりプライベートで遊んだりしたりすることも生まれると思います。

人間関係は人生においてもとても大事なことであり充実した人間関係を形成することは充実した人生を送ることと同じことです。

なので人間関係は疎かにせずに大切にするものではありますが、時にはその人間関係が災いのタネになってしまうこともあります。

よくあるのが会社の親しい人と一緒に過ごしていると相手が自分と関わりがある人間に対しての愚痴や悪口を話したりする光景です。

自分自身も悪口を言っている相手に対してあまり好意を抱いていない場合は口の話に花が咲いてストレス解消になるかもしれませんが特に間のことを嫌いではない場合に関しては悪口や愚痴を聞かされているときは苦痛の時間になると思います。

相手に対して同調してあげないと相手にも悪いですし、かといって自分が本当に思っていないようなことを中途半端な優しさで包んであげることもなかなか気が進まないことですよね。

普段から親しくしてもらっている人に対しては人間関係を悪くしたくないので、わざとある程度の部分だけ話に同意してあまり深入りしないようにしたりするという気遣いを行ったりする人も多いので、愚痴や悪口を聞かされる時がとても煩わしいと感じることが多いと思います。

友達と一緒になって思ってもいないような悪口を言って本人が耳に入ってしまっては自分にとっても損ですし、不本意な事ですよね。

なので、間違いなく、人の悪口の場は出来れば避けたいと判断することが出来ます。

解決する気がない悩みを聞かされる

できれば避けたい煩わしいことの1つとして解決する気がない悩みを聞かされるということです。

たくさんの人と接していると当然ながら親しい人間は何かしらの悩みがあった時に自分自身に相談してくる場面があると思います。

人の悩みを抱えるのは当然のことです。

今までに経験したことがないような悩みであったり、仕事の面での悩みは人間関係の悩みなど人の悩みを抱える場面はたくさんあります。

そんな時に誰かに悩みを話してアドバイスをもらうことで、悩みを解決しようとしたり、誰かに話しを聞いてもらえる事によって自分のストレスが解消される事に繋がるので、大多数の方が親しい人間に話をすると思います。

しかしながら煩わしいと感じてしまう一つの要因として悩みを相談しているのに解決する気がないと判断出来る場合です。

例えば人間関係で悩んでいる人が相談しに来たとします。

悩みを相談しにくると言うことがあれば必ず解決策をあなたに問いたいという場合が多いので、当然ながらなぜ悩んでいるのか具体的に話を聞いて解決策を教えてあげようと行動すると思います。

話を聞いてアドバイスをしたそして時によっては解決する気がない人はアドバイスに関してもでも、だって、という風に何かにつけて行動しない理由などを延々と述べたりする場合があります。

解決する気があるならば、行動する事が大切なのに言い訳ばかりをして行動しようとしなかったり、自分の事を棚に上げてばかりの人がいるのも事実です。

解決する気がないんだな、と判断されてもしょうがないような発言ばかりを繰り返して起きながら、相談したいでは締まりませんし、時間を使って真剣に話を聞いている自分がバカみたいに感じてしまいますよね。

まさに、煩わしいと感じてしまう典型的な例であるといえます。

お説教される

できれば避けたい煩わしいことの1つとしてお説教されるということです。

お説教されると一言に言っても画面は様々な状況があると思います。

例えば仕事に関する面で、仕事で失敗をしてしまった時が該当します。

仕事で失敗をすれば当然上司からお説教が下されます。

自分が悪い事をしたのであれば、当然お説教される事は目に見えていますので、これは社会人として文句は言えません。

しかし、時には真面目にやっていても説教する事が好きな人からどうでも良い事で説教されたり、仕事以外の面でいわゆる余計なお世話のような説教をする場合があります。

プライベートでも説教好きな人がわざわざ話す必要のない説教を話したり、細かい事にうるさかったりする場面があると思います。

仕事の面に関しては自分が失敗した時などは当然説教をされることは覚悟しておかなければいけませんし、それは会社として必要なことです。

しかしそれは自分の成長にもつながる愛のある説教であり、扶養のない場面でわざわざ説教をしてくるのは何のためなのか意味が分かりませんしそれ以前にとても煩わしいことです。

どうでもいいよなことで説教する人は誰だ説教をしたいだけの話したがりな人に過ぎません。

そんな事を日常的に行っていればその人の周りに人はいなくなりますし、当然、周りからは面倒な人だと判断されてしまいがちです。

面倒な説教ほど出来れば避けたいと思われがちですので、普段からこのような行動を取りがちな人は十分注意する必要があります。