誰かに連絡を取らなければいけない瞬間が、必ず人間にはあるでしょう。

それは友人に対してであったり、家族に対して出会ったり、仕事場の同僚に対して出会ったりと様々です。

特に、最近ではインターネットが発達していますからSNSも多くありますし、連絡を取らなければいけない機会は多くなりました。

また、SNSなどの発達によって気軽に連絡を取ることができるようにもなりましたから、多くの人から気軽に色々な連絡が来て、いちいちそれに反応をしなければいけなくもなったでしょう。

簡単に連絡を取れると思っている人から「この人に連絡を取っておいて」などと気軽に告げられることになる可能性もありますね。

ですがここで困ってしまうのが連絡の方法です。

連絡を取るという行為が物理的に簡単にできるようになっていたとしても、それが精神的に簡単になっているとは限りません。

確かに、手紙を書いていた時代よりはカジュアルに連絡を取ることができるようになりましたが、一方で、気軽に連絡を取ることができるからこそ、その文面や相手へのメッセージ内容で悩むことも多くなってしまったということになるでしょう。

それでは、連絡が下手な人は、いったいどのようにして、この「連絡時代」を生きれば良いのでしょうか。

連絡が気軽にできる時代に生きる連絡下手な人のために、連絡をするときに気を付けなければいけないことについて見てみることにしましょう。

️連絡の仕方って難しい

連絡の仕方で悩んでしまう人はそう珍しくもありません。

連絡が気軽にできるようになったからと言って、何も考えずに連絡をできるようになったというわけではないのです。

誰にでも簡単に連絡が取れるとはいえ、上司と友人への対応は変えなければいけませんし、友達同士でもその内容によっては文面を変えなければいけないこともあるでしょう。

連絡の仕方を考えるのは非常に難しいのです。

連絡の仕方を間違えると、大変なことになることもありますが、現代ではその機械が増えてしまっているということですよね。

便利な時代になって、連絡が発達しているからこそ色々なチャンスが増えているということもできますが、それによってリスクも増えているということができるのです。

連絡下手だと悩んでしまう


連絡下手な人と言うのは必ずいます。

普通に話しているときには楽しく話をすることができる人であっても、連絡の際には急に改まりすぎていて人柄が全く伝わらないということもありますよね。

一方で、あまりにカジュアルな連絡しかしてこないような人もいるでしょう。

しっかり連絡をしなければいけないことがあるのに、つい緊張して大事な事柄を連絡し忘れてしまったりすることもあるようです。

昔は書面での連絡しかなかったので、連絡の速度がとても遅かったのが救いでした。

連絡が下手な人にとっても生きやすい世界だったのです。

ですが、今は電子の世界になっていますから、スピードも速くなりましたし、その量もとても増えてしまいました。

早い速度で大量に行わなければいけないので、連絡が下手な人にとっては、悩んでしまう機会も量も増えてしまったということになりますね。

それを速い速度で行わなければいけないのですから、かなり大変な思いをすることになるでしょう。

ときには誤解を生むことも…

連絡が下手な人にとっては、何よりも文面を考えるのが苦手なのではないでしょうか。

自分の思っていることを伝えたいと思っているのに、それを上手に書くことができなければ伝わることがありません。

また、それを推敲する暇もなく送らなければいけないのですから、結構大変だということになるのではないでしょうか。

連絡が下手な人、もしくは文章を作るのが苦手な人にとっては、きちんとした内容を作ることが厳しくなりますし、その内容がもとでトラブルになることもあるのです。

連絡が下手だったゆえに、内容を誤解されてしまうことがあれば大変ですよね。

友人同士なら縁が切れてしまう可能性もありますし、仕事関係での連絡なら上司を怒らせてしまうことにもなるでしょう。

ときいは誤解を生むこともある連絡だからこそ、連絡下手な人にとっては精神的な負担がとても大きいものとなってしまうのです。

連絡時の注意点を学んでおこう


誰かに連絡をするときに間違えないようにするためには、しっかりと連絡をするときの注意点を学んでいることが大切です。

連絡するときの注意点をきちんと押さえておけば、誤解が生まれるような連絡をしてしまうことはないでしょう。

連絡するときに守らなければいけないこと、連絡するときに抑えなければいけないポイントを、事前に学んでおくことにしましょう。

もちろん、連絡下手な人は特に頑張って学ぶ必要がありますが、連絡を得に苦手としてはいない人も、学んでおいて損になることは絶対にありません。

きちんと連絡時の注意点を知っておけば、何かあったときにも困ることがないでしょう。

いかに連絡時の注意点についてまとめるので、連絡下手な方も、そうでない方もぜひ参考にしてみてください。

️連絡の仕方の17個の注意点

連絡の仕方にはいくつもの注意点があります。

相手に誤解されないように、そして自分の気持ちをしっかりと伝えるために、連絡事項を漏らさずに伝えるためには、たくさん注意しなければいけないことがあるはずなのです。

ですが、それはいつでも注意しなければいけないというわけではありません。

大事なことは、相手によって連絡の文面を変えるということなのです。

誰にでも同じような文面を送っていては、それは適切なものであるとは言い切れませんよね。

連絡の仕方が苦手な人、常に誤解を招くようなことになってしまう人は、実は、相手によって文章を変えることができない人なのかもしれません。

注意点はいくつもがありますが、ここではそれらを相手によって分類してご説明いたします。

適切な相手に適切な連絡文を送ることができるようになれると良いですね。

️恋人への連絡の注意点

恋人同士でのやり取りはとても頻繁なものになるのではないでしょうか。

昔から恋人同士では恋文を送り合う文化があるなど、恋人だからこそ連絡が多くなってしまうというのはいつの時代も変わりません。

ですが、今の時代にはカジュアルに連絡を取ることができるからこそ、恋人同士の間でトラブルが起こってしまう可能性も高くなっています。

そのうちのいくつかのトラブルは、連絡の際の誤解が原因でしょう。

大好きな相手であり、自分のことを分かってくれる近しい距離の恋人であっても、連絡の時には気を付けなければいけないこともたくさんあるのです。

恋人同士だからこそ気を突かなければいけない連絡の際の注意点について詳しく見てみることにしましょう。

何度も追撃しない

恋人同士の連絡でしてしまいがちなことではありますが、SNSの連絡などでしてはいけないのは、相手を何度も追撃してしまうということです。

相手がもうメッセージのやり取りを終わりたいと思っているのに、いつまでも連絡を取り続けるようなことをしてしまうと、相手からうんざりされてしまうでしょう。

連絡と言うのはやめるのが難しいという側面がありますね。

特に今は、短文のメッセージを即時でやり取りできるようなLINEのようなアプリが流行していますし、相手が自分のメッセージを読んでいるかということも分かってしまいます。

ゆっくりやり取りできるメールのような側ではないからこそ、恋人同士でのやり取りは、終わるのが嫌で何度も終わらせようとしている人を追撃してしまうようなことが起こるのです。

ですが、終わらせなければいけない時は、きちんと終わらせる必要があります。

相手が終わらせたいと思っていることは、対面ではなくても気づくでしょう。

空気の読み方を忘れないようにしてくださいね。

返信を急かさない

つい返信を急かしてしまうということもあるかもしれません。

恋人同士だからこそ、何よりも優先してほしいという気持ちが芽生えてしまうのは珍しいことではないでしょう。

返信がなければ不安になってしまうこともありますし、何をしているのかが気になって仕方ないという気持ちはだれでも理解できないことではありません。

ですが、人間には恋人以外にも気を掛けなければいけないところがたくさんあります。

恋人は大切なものかもしれませんが、人生にはそればかりが大切なのではないという人もたくさんいるのです。

すぐに返事をするというのは、忙しい人にとってはとても苦痛なことです。

恋人であるなら、相手がどれくらい忙しいのかということも大体は分かっているでしょう。

そんなときに返信を急かすようなことばかりしていると、相手から愛想をつかされてしまうこともあるのではないでしょうか。

返信を急かしたくなるようなことがあれば、取り敢えず一息ついて気持ちを落ち着かせてください。

相手が本当にあなたのことを好きなら、いつかは返信をしてくれるはずです。

連絡を強要しない

恋人同士の中には、必ず連絡してくることを強要する人もいるようですね。

必ず寝る前には連絡してくる、毎日連絡しなければいけないと思っている方も少なくないでしょう。

これは人によってスタンスが異なるでしょうが、毎日の連絡を必要ないと思っている人がいることも覚えておかなければいけないでしょう。

きちんと連絡をしていなければ不安になるというような人の場合でも、相手がどのように思っているかと言うのはすり合わせをしておきましょう。

自分の不安を解消するような行為が、逆に相手の気持ちを離れさせてしまうようなことがあればとても悲しいですよね。

連絡を強要されると、人はとても冷めてしまいます。

それは、とても好きなことであっても、それが義務だと思えば気持ちが萎えてしまうということと同じです。

恋人への連絡は誰でも楽しいものに違いありません。

ですが、これが義務だと思ってしまうと嫌になる人もいるのです。

恋人がそう言ったことを嫌がるようなタイプだった場合、わがままを言って相手に義務を強要することのないように気を付けなければいけないでしょう。

責め口調にしない

連絡をするときには、責め口調にしないということが大切です。

相手を責めるような口調になってしまうと、相手がもう連ら鵜を取りたくないと思ってしまうに違いありません。

責めるような口調と言うのは自分では判断するのが難しいのですが、一度冷静な目で文章を見直してみると分かるでしょう。

特に自分が怒っているときや、相手に何かを注意しなければいけない時、相手に不満を持っているときには注意が必要です。

文面での口調と言うのは、顔が見えない分だけ何を考えているか分からないというのが怖いところです。

自分は軽く言ったつもりでも、その気持ちが正確に伝わるわけではないのです。

相手に届く文面が、どんな印象を持っているのかということを、伝わる前にきちんと見直してみましょう。

また、どうしても相手に文句を言いたいようなことがある場合には、文面ではなく、直接顔を合わせたときにした方が良いかもしれません。

汚い言葉を使わない

恋人同士でもやり取りの場合には、汚い言葉を使わないということも大切でしょう。

よく、「長く続く恋人同士のやり取り」というような記事があり、そういったものを参考にして恋人に連絡を取っている人もいるかもしれません。

ですが、ああいったものは、二人の関係性に強く依存しています。

例えば、元から友達としての期間が長かった恋人同士や、そういったところを好きになった恋人同士、さらには、もう既に長く付き合っており遠慮が要らなくなっている関係性の場合には、汚い言葉でのやり取りもできるでしょう。

ですが、それを誰もができるわけではありません。

普段の自分のキャラクターに合わないようなことをしてしまうと、相手が戸惑ってしまいますし、それによって自分の印象を下げるということにつながる可能性もあります。

相手とのやり取りは穏やかにできるようにしておいた方が無難ですね。

もちろん、友人としての関係が長く、そういったやり取りに遠慮がなくなっている場合には、今更気を遣うような必要もないでしょう。

愚痴や悪口ばかり言わない

愚痴や悪口ばかりを言ってしまう連絡と言うのは、相手にとっては嫌気がさすものに間違いありません。

恋人同士と言うのはとても信頼できる間柄だからこそ、色々なことを話してしまいますよね。

相手なら分かってくれるという気持ちが、相手への連絡文を、自分の中に合った不満や不平のゴミ捨て場のようにしてしまうのです。

ですが、ゴミ捨て場にされた相手の方はたまったものではありませんよね。

愚痴や悪口を言いたい気持ちと言うのはよく分かります。

ですが、それを送る前に、本当に相手がそれを聞きたがっているのか、聞いてくれるつもりでいるのかということを考えてみましょう。

相手が嫌がっているような様子を感じたのなら、それはもうしないように気を付けてください。

愚痴や悪口ばかりを聞いていると、そんなことばかりを聞かされる相手はだんだんと、悪口ばかりを話している恋人のことも嫌いになってしまうに違いありません。

悪口ばかりを言っている人は、とても見にくく見えるということも覚えておいた方が良いでしょう。

忙しいときを避ける

恋人同士なら、相手がどのような状況にいるのかということも分かりますよね。

相手が忙しいということを分かっているのなら、そのようなときに連絡を取るのはやめましょう。

もちろん、どうしても連絡を取らなければいけないこともあるかもしれませんが、そんなときには、事務的なことだけを告げるようにしましょう。

些細なことで連絡をしたいという気持ちがあっても、相手が忙しい時には、そうしたことさえも負担になってしまう可能性があります。

忙しい時は避けるようにして、相手の負担にならないような連絡を取ることにすることが大切なのです。

どうしても連絡を取りたいという気持ちが抑えられなくなってしまったら、「頑張ってる?応援してるよ!もし愚痴をこぼしたくなったら私に言ってくれて良いからね!」などと、相手を励ますような一言だけを送るようにしましょう。

駆け引きをしない

駆け引きをしないというもの大切ですね。

恋の駆け引きと言うのは恋愛の醍醐味でもあります。

ですが、それは恋人になる前のことです。

SNSや電子的な手段を使った恋愛の駆け引きはとても危険な面があります。

相手の顔が見えないからこそ、相手との関係がこじれてしまうことがあるのです。

相手と恋の駆け引きを楽しんでいるようなときには良いかもしれませんが、せっかく恋人同士になったのに、相手の心を試すようなことばかりしていると、相手も嫌だと思ってしまうのではないでしょうか。

できる限り、駆け引きをしないように素直なやり取りを楽しめるようにすると良いでしょう。

長電話は相手の状況を確認してから

連絡の手段はSNSやメール、メッセージのやり取り以外にもいくつかのものがあります。

代表的なものとしては電話ですね。

恋人同士の場合には、つい相手の声を聞きたくなってしまうということもあるでしょう。

メッセージのやり取りだけでは味気ないと思ってしまうことがあっても珍しくはありません。

恋人同士でする長電話はとても楽しいので、それが楽しくてやめられないという人もいるでしょう。

ですが、長電話は相手の時間を奪うものでもあります。

メッセージのやり取りは他のことをしながら出来ますが、長電話の場合には、相手の時間を奪ってしまうものなので注意が必要です。

相手が仕事をしているときなのか、電話をしても迷惑にならないのかということはきちんと事前に確認してからにしましょう。

️友達への連絡の注意点

友達同士のやり取りは、現在では気軽なSNSが主流となっているのではないでしょうか。

メールの時代よりもずっと連絡しやすい状態になっていますし、アプリを使っていると友達同士のやり取りであってもスピーディーで楽しいですよね。

ですが、友達同士というのは、相当に仲が良い場合を除いては、絆が浅いこともあります。

ちょっとしたトラブルですぐに壊れてしまう可能性もありますので、連絡をする際にはいくつものことに注意をしなければいけません。

また、友達であるとはいっても「親しき中にも礼儀あり」という言葉はありますから、きちんと守らなければいけない例説もありますよね。

連絡下手が原因で友達を失ってしまったらと思うと、そこまでカジュアルな連絡手段があるということが怖くなってしまうかもしれません。

ですが、連絡は相手との距離を近づけて、浅かった絆を深めてくれるものでもあります。

ぜひ、きちんと気を付けるべきところに気を付けて、友達との仲を深められるようにしてみてくださいね。

中身のない連絡をしない

友人と普段は、中身のないようなこともたくさん話をしますよね。

愚痴もこぼすでしょうし、自分の日常にあったことを些細なことでも報告し合っていると思います。

ですが、これを連絡手段を使ってしないようにしましょう。

中身のないことを言うのは、対面で話す分には楽しくて良いかもしれませんが、連絡をしてまですることではありません。

普段はきちんと聞いてくれる友人であったとしても、「わざわざメッセージまで送ってくるようなこと?」と思ってしまうかもしれません。

連絡というのはどれだけカジュアルなものであったとしても、それは対面ほどにカジュアルなわけではありません。

普通に話をするよりも、大事なことを連絡するのが連絡手段の多くの役割です。

「それを連絡してきた意味はあるの?」と思われるような内容を相手に送らないようにしましょう。

相手も返事に困ってしまうかもしれません。

無駄絡みは本当の仲良しだけ

無駄な絡みをできるのは、本当に仲良しな場合です。

本当に仲が良い場合には、些細な連絡をしていても、「どうしてわざわざ?」と思われるようなことは少ないです。

本当に仲良くならなければ、相手にとって無駄な絡みは「うざい」と感じるかもしれません。

また、「どうしてそこまで仲良くもないのにこんなことを報告してくるのだろう」と困惑するでしょう。

相手との距離感を間違えないように気を付けましょう。

その距離感の取り方が分からない人は、相手からの連絡の質を見るようにしてください。

相手が無駄な絡みをしてくるようなら、そのときには相手にも無駄な絡みをして大丈夫だということです。

そうではない場合には、少し遠慮しておいた方が良いかもしれません。

親しき仲にも礼儀あり

友人同士のやり取りであったとしても、「親しき中にも礼儀あり」という言葉もあります。

最低限の礼節は守るようにしましょう。

例えば、相手を責めるようなことを言わない、失礼にあたることを言わない、相手が嫌がっている様子ならすぐに話題をやめるなど、相手の気持ちを考えたやり取りをするようにしてください。

親しい相手であったとしても、人間同士のやり取りでは誤解も生まれてしまいます。

親しい関係性であったとしても、越えてはいけないラインがあるというのは、対面で付き合っているときでも同じです。

自慢や惚気をしすぎない

友人には、つい自慢や惚気をしてしまうということもあるでしょう。

恋人のことを惚気たくなる相手は大抵は友人ではないでしょうか。

相手が黙って聞いてくれるからと言って、つい自分の話ばかりしてしまうこともあるかもしれません。

ですが、連絡手段を用いてそればかりを話しているのは危険です。

連絡手段を使っているときには、相手の顔が見えません。

相手が嫌がっていたとしても、それが伝わりにくいような状態です。

また、対面で話しているわけではないので、「もうやめてよ」と言いにくい雰囲気になってしまうのです。

自分の自慢や惚気を話したくなってしまうのは分かりますが、その話題はあまり長引かせないようにしましょう。

温度差に気をつける

相手とのやり取りでは、温度差がないかどうかということをきちんと確認しましょう。

相手とのやり取りの中に温度差を感じるようなことがあった場合には、大抵は実際に温度差があります。

メッセージのやり取りではあったとしても、その文面から相手がどのような状態なのかということは大体読み取ることができますよね。

温度差があるような場合には、相手がだんだんと嫌気がさしてしまっているということになります。

その嫌気が溜まっていってしまうと、だんだんと友人の縁を切るということになるかもしれません。

ちょっとおかしいと思うようなことがあれば、すぐに空気を変えるようにしましょう。

時間や金額は明確に

時間や金額を明確にするということも必要ですね。

友人同士でも事務的なやり取りをすることがあるでしょう。

例えば一緒に出掛けるような場合には、事前に金額などのやり取りをすることもあるかもしれません。

また、しっかりと時間を決めて遊びに行くこともあるでしょう。

そういったやり取りは、きちんと正確に行うことにしてください。

そういったやり取りをきちんとしていないからトラブルになったということもあるでしょう。

️上司への連絡の注意点

職場の上司へも連絡を取るのが簡単な時代となりました。

メールが主流となっているかもしれませんが、中には気軽なSNSを利用して連絡をしている人もいるかもしれませんね。

ですが、この中でもかなり注意しなければいけない場所はあります。

そもそも上司は目上の人ですので、それほどカジュアルな表現を使えるわけではありません。

また、返信の際には気を遣わなければいけないことが、友人同士よりも増えるでしょう。

失礼にあたるようなことはできないはずですし、連絡をするという面では一番緊張するのが上司への連絡かもしれませんね。

慣れないうちはどのようなことを書いて良いのか分からないということも多いでしょう。

連絡手段は手軽になっていたとしても、上司への連絡がカジュアルになるというわけではありません。

連絡をする場合には、上司からの印象を悪くするようなことにならないように気を付けましょう。

正しい敬語が使えているか

上司に連絡をするような場合には、正しい敬語が使えているかということはきちんと確認した方が良いでしょう。

正しく敬語が使えていなければ、相手に失礼だと思われてしまう可能性があります。

また、きちんとマナーがなっていないと思われるかもしれません。

相手が上司なら怒られると思いますが、相手が取引先なら呆れられてしまうでしょう。

敬語の使い方は事前に勉強しておかなければいけません。

正しい形式を使えているか

正しい形式を使ってメールをすることができているかということも確認しておかなければいけないでしょう。

メールをする場合にも、ビジネスのしきたりというものがあります。

その形式で書けば相手に迷惑ではないというきちんとした形式があるのです。

要するに手紙と一緒ですね。

手紙できちんとした形式があるのと同様に、ビジネスの場合にはメールにもルールがあるということを覚えておきましょう。

迅速に対応する

友人同士のやり取りや、恋人同士のやり取りなら、メッセージに気づかなかったふりをするということもできますが、相手が上司の場合にはそういったことはしない方が良いでしょう。

できる限り迅速に対応した方が良いのです。

相手に失礼がないようにするためには、気付いたらすぐに連絡をするようにしましょう。

相手を待たせるようなことがあっては失礼なので気を付けてくださいね。

️正しい連絡の仕方を覚えておこう

いかがでしたか?
今の時代にはきちんと連絡をできることが必須となっています。

気軽に連絡をできる時代だからこそ、きちんとその形式や注意点について学んでおかなければいけません。

最低限は、相手の気持ちを害さないようなやり取りができるということが大切ですが、それだけでは足りないでしょう。

相手によって正しい連絡をできるようにしておけば、それでトラブルが起こるということはありません。

連絡によって起きてしまったトラブルの場合には、対面状態で起こるトラブルよりも、根深く、嫌な思いをすることが多いでしょう。

相手が怒っていることがすぐに伝わってくるわけではないので、相手が怒っていることに気づいたときには手遅れということになりかねません。

連絡での誤解によって起こったトラブルの場合には、最悪は縁が切れてしまうということもあります。

誤解だということを弁明する機会も与えてもらえないかもしれないのです。

それでいて、なぜ相手が怒っているのかが分からないというところが、連絡による誤解のトラブルの怖いところですよね。

そうならないためにも、しっかりと連絡をするときには、相手を誤解させないように注意するようにしてください。

正しい連絡方法を取っていれば、相手から怒られなくても済むようになりますよ。