人間生きていると色々な事があります。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

中には人に言えないような失敗だってあるかもしれません。

その中には、忘れてしまいたいような後ろめたい事もあるかもしれません。

多くの人が、毎日明るく楽しく生きていきたと思っているはずです。

それを目指して日々生きている事でしょう。

ですがそんな思いとは裏腹に、つい失敗をしてしまったり中にはどうする事も出来ないような恥ずかしい出来事に見舞われてしまう事だってあるのです。

それは誰にでも起こり得る事であり、その失敗を回避する事は至難の技です。

その為、どんなにしっかりしている人であったとしても失敗してしまう可能性は十分にあり、誰にでも起こり得る事と言えるのかもしれません。

とは言え、自分に起こってしまった出来事に対しては恥ずかしいと思う感情はぬぐい切れません。

それを無くしたいと感がるからこそ、人は成長してくことが出来るのでしょう。

恥ずかしいという感情は、自分の成長に繋げる事が出来るので、持つ意味があるともいえるでしょう。

ですが、後ろめたいという感情は、また別の所にあります。

後ろめたい感情は良い感情とは言えないでしょう。

その気持ちをもつ事は、自分の中に秘密を抱える事に繋がり、いたたまれない気持ちになる事でしょう。

ですが、そうなるとわかっていても自分自身を止めることが出来ない所が人間の浅はかな所なのかもしれません。

悪いことだからこそ魅力を感じると言う事もあります。

子供がダメと言われれば言われる程その出来事をしてしまいたくなるように、止められるからこそしたくなってしまう。

そんな人間としての欲求がその後ろめたさには詰まっているのです。

その為、後ろめたいという気持ちがその後どんな結果をあなたにもたらすかは分りません。

もしかしたら、あなたの人生を大きく変えてしまう事もあり得るのです。

️後ろめたいとなりがちな11個のこと

それでは、人間はどういった事に対して後ろめたさを感じてしまうのでしょうか。

後ろめたいという感情は、人に対して大っぴらにする事が出来ないような事に対して抱く感情の一つです。

その為、基本的に後ろめたい思いをする事の中に良い事はありません。

中には、仕方がないような事もあるかもしれませんが、基本的にはどこか心の中で悪いと分っているからこそ後ろめたい気もちになってしまうのです。

後ろめたい気持ちを持つ位なら、そんな行動しなければ良いと誰もが思うでしょう。

実際その通りであり、そんな行動を取る事うぃしなければ人にいう事が出来ないような後ろめたい気持ちを持つ必要は無くなります。

ですが、それはあくまでも理想論の話です。

理屈では十分分っているけれど、する事が出来ない。

それが人間と言う物なのかもしれません。

人間にはいくつもの感情があります。

その中には、理屈ではどうする事も出来ないような事もあるのです。

頭では分っているけれど、心が動いてしまう。

そんな思いが後ろめたい気持ちとなっていく事でしょう。

これからご紹介する事は、どれも後ろめたさを感じる出来事ばかりです。

自分には一切関係ないと思っていても明日には、その当事者となり後ろめたいという気持ちを持つ事になる事があるかもしれません。

その為にも、どんな出来事に対して後ろめたいという気持ちをもってしまうのか。

そんな事だけでも意識してみてはいかがでしょうか。

抑止力になるかどうかは分りませんが、その事実を知っておく事とよってどこかであなたの行動を変えるきっかけになる事があるかもしれません。

浮気・不倫


恋愛に関して『後ろめたい行動』と言われれば真っ先に思い浮かぶのが、浮気や不倫でしょう。

因みにですが、これら二つの違いは婚姻関係があるかどうかだと言われています。

付き合っている当時は浮気ですが、婚姻関係がある場合には不倫と言われる場合が多いようです。

なんとなく、浮気という言い方の方が軽く聞こえると言う事もあり、浮気という言い方をされる事が多いのですが、実際には一応区別して使われる言葉の一つです。

日本は一夫多妻制の国ではありません。

一度婚姻届けを出せば、その相手が一生のパートナーになるのです。

そのせいか、婚姻前のカップルであっても基本的には交際している相手意外と関係を持つ事はタブーとされています。

ですが、タブーと言われていてもそれを守る事が出来るかどうかは人によって違うのかもしれません。

多くの人は、当たり前のようにこのルールを守る事が出来ます。

例え若い内に結婚したとしても、そのまま100歳までお互いの事を思い合いながら生活する事が出来る人もいます。

ですが、sおうした人が居る一方で出来ない人たちが居る事もまた事実です。

隣の芝生が青く見えるという言葉があるように、自分のもとにある物よりもその他の物が良く見えるという事は、恋愛に限らず良くある感情です。

ですから、浮気や不倫をしてしまう人の気持ちも分からないではありません。

ですが、そこで一線を越えてしまうかどうか。

それが大きな違いとなって出てくるのです。

浮気や不倫を始めた頃は、悪い事をしているというドキドキ感が恋愛のドキドキ感と重なり更に大きなドキドキを感じる事が出来る事によっていつも以上に楽しい気持ちになる事でしょう。

既に結婚している人がする不倫の場合には、暫く忘れていた恋愛感情をおもいだしより盛り上がってしまうというのは良くある話です。

日常生活とは全く違う生活だからこそ、その関係に熱中してしまうのです。

ですが、その楽しさは必ずいつか終わりがきます。

ドキドキ感がいつの間にか後ろめたさによってかき消されてしまうのです。

後ろめたい気持ちが大きくなればなる程、罪悪感を感じ楽しい気持ちがかき消されてしまう事でしょう。

また、自分がその事の重要性に気が付く前に配偶者や付き合ている相手に不倫や浮気がばれてしまう事だってあります。

自分では上手くやっているつもりでも、後ろめたい感情がある人はついおかしな動きをしてしまう物です。

特に男性の場合には、女性よりも嘘が下手な事もありすぐにばれてしまう可能性もあります。

単に遊びで始めた事だったとしても、それによって大事なパートナーを失ってしまう可能性も多々あります。

付き合っているだけなら別れれば済む話ですが、婚姻関係がある場合はそんな簡単な事ではありません。

相手が本気で怒っている場合には、慰謝料などが発生する場合もありそれによって人生が大きく変わる事もあるかもしれません。

例え自分が婚姻関係を結んでいなかったとしても、付き合った相手が既婚者の場合にはその人の配偶者から慰謝料を請求される場合もあります。

その額は、300万とも言われており、単なる火遊びの代償としては大きな勉強代となってしまう事でしょう。

後ろめたさを感じて居る内に、そうそうに手を引く事が出来なければこれらは大きな代償となってあなたに降りかかる事があるでしょう。

その事をしっかりと認識した上で自分の人生を改める必要があるのかもしれませんね。

略奪愛

子供の頃から、人が持っている物は良く見える物です。

だからこそ、私たちが一つの物に執着する事によって多くのブームが出来上がって言ったのです。

洋服やバック・キャラクターなど、その対象は様々です。

どんなものであったとしても、同じものがあれば多くの人と分けあえる事が出来ます。

その為、特に大きな問題になる事は無いでしょう。

ですが、その対象が人間になってしまうと状況は一変します。

アイドルや俳優のような不特定多数の人が好きになる人々も、この世の中には存在します。

彼らも分け合う事は出来ません。

ですが、それと同時にそう簡単には手が届かない存在です。

だからこそ、荒そう必要が生まれないのです。

問題なのは、その対象が身近な人物の場合です。

他人の物が良く見えるように、既に結婚している人や付き合っている人が居る人が魅力的に見える事もあるでしょう。

人によっては、そういった『既に他人の者』という存在の人にしか興味を持つ事が出来ない人もいます。

そうした人は、必ず誰かの物を奪う事になります。

それを略奪愛と呼びます。

略奪愛は、既に関係が成立している二人の間に割って入り自分の物にしてしまう事を指します。

その為、より恋愛のスリルを楽しむ事が出来、ドキドキワクワクとした時間を過ごす事が出来るでしょう。

自分の魅力によって、相手を振り向かせる事が出来るのであれば、その人のパートナに対して勝ったような気分さえ感じる事が出来るでしょう。

ですが、略奪愛が一番盛り上がるのは相手を振り向かせる時です。

その為、その後自分の物になった相手に対しては興味を持つ事が出来ない場合も多々あります。

また例えそれで二人がその後の人生を一緒に歩む事が出来たとしても、他人から奪ったという事実は一生消えることがありません。

既婚者の人を奪った場合には、その人に子供が居る可能性も十分考えられます。

子供が居たと言う事は、一人の人間から家族を壊して親を奪ってしまった事にもなるでしょう。

その事実は、その後二人がどんなに幸せな人生を歩んだとしても一生消える事の無い事実です。

その事実を後ろめたいと感じ、自分の幸せを素直に喜ぶ事が出来ない事もあるでしょう。

それが人の物を奪うと言う事なのです。

『後ろめたさを感じる』と言う事は、そう簡単に許される事では無い事も多々あるのです。

それでも自分の感情を止めることが出来ないという人は、それなりの覚悟をもって行動する必要があるでしょう。

いじめを見て見ぬ振り


いじめは、全国的に大きな問題となっています。

最近でも、メディアで話題となった事もあり身近な話題としてとらえている方も大勢いることでしょう。

いじめは決して許される事ではありませ。

それによって、一人の人間の人生を大きく変えてしまう可能性も大いにありそれをする権利は誰にも無いからです。

いじめは当事者と加害者だけで起きている訳ではありません。

周りにいる人々にも十分関係する出来事なのです。

ですが、自分が当事者では無い場合いじめを目撃したとしてもそれを注意する事が出来ない場合もあるでしょう。

それは自分には関係ないと思っている場合もあるかもしれません。

ですが、多くの場合には悪い事は分かっていたとして、いじめの対象が自分になってしまう事を恐れ声を上げることが出来ないのです。

確かに、いじめを止めようとしていじめの被害にあってしまう事はあります。

悪いの加害者であり、注意する事はただし事です。

ですが、正しい事をしたとしてもそれによっていじめにあってしまう可能性がある以上必ずしも声を出す事を強要する事は出来ないでしょう。

しかしながら、自分のことを考え声を上げなかった時あなたの心はどう感じるでしょうか。

当事者の事を思って心が痛くなってしまうかもしれません。

後ろめたい感情に押しつぶされてしまう事もあるでしょう。

止めても、止めなくても辛い思いを感じる。

それほどまでにいじめは多くの人を巻き込んでしまう事に繋がるのです。

後ろめたい気持ちにならない為には、行動する以外に方法はありません。

ですが、いきなりいじめに立ち向かう事は難しい場合も多々あるでしょう。

その為、一人で行動するのでは無く大人に相談
したりするなど他人の力を借りる事を考えて見てはいかがでしょか。

自分一人では出来ない事も、誰かの力を借りる事で解決出来る事は、多々あります。

何か少しでも行動をする事が出来れば自分の後ろめたい気持ちを改善する事に繋がるかもしれません。

テストでカンニング

学生の頃は、その世界が全てであるような錯覚をもって生活していた人も少なく無いはずです。

大人になり考えてみれば、子供の頃の学校生活など長い人生の中では大した時間ではありません。

その為、その中で行わているテストの成績が例え少々悪かったとしても人生が大きく左右される事は殆ど無いでしょう。

ですが、それを気付く事が出来るのは、ずっと後になってからなのです。

大人になって冷静になる事が出来れば、さほど大きな問題ではないような事も子供にしてみれば大問題です。

その為、その問題を解決する為にどうにかしたいと考えることでしょう。

それほどまでにいい成績を取りたいのであれば勉強すればいいだけの話です。

ですが、それをする事が出来なかったけれどあせってしまうのが子供の未熟な部分なのかもしれません。

焦れりを抱えた人は、つい出来心でカンニングをしてしまう事もあるかもしれません。

カンニングには様々な方法があります。

他人の回答を盗み見る事もあれば事前に自分で資料を準備してそれを使ってカンニングする方法もあります。

どちらも基本的にはNGであり、ばれてしまったら怒られるでしょう。

また、例えカンニングでいい成績を取ったとしてもその人の実力には全くなりません。

テストの成績を上げたとしても実力が伴ていないのでいつか必ず困る時がやって来るのです。

そうなった時に後悔してももう遅く、既に取り返しが付かない事だってあるでしょう。

カンニングをした所で後に残るのは後味の悪い後ろめたい気持ちだけです。

その気持ちがある限り、例えよい成績を取る事が出来たとしても嬉しい気持ちになる事は無いのでは無いでしょう。

手柄を横取りする

仕事の世界では、時に相手を蹴落とすような汚い出来事もあります。

それによって、お互い派閥を争い、自分の価値を上げて行くのです。

その中には、相手の手がらを取ってしまうような物もあるかもしれません。

相手の手がらを横取りする事は、珍しい事とも言えないのかもしれません。

それだけ皆、自分の人生をかけて真剣に仕事に取り組んでいるのでしょう。

上を目指すと言う事は、時に人を蹴落とすだけのやる気が必要な時もあるです。

ですが、会社は必ずいつか退職する時がやってきます。

経営をしているのであれば話は別ですが、多くの人の場合には一体60歳で区切りとなります。

その時、今まで築き上げた物は全てが手元から無くなってしまうのです。

他人を蹴落とし、自分の事だけを考えて行動してきた結果残るものは自分の記憶だけなのです。

だからこそ、余りにも卑劣な事ばかりを繰り返して居ると後になって後悔する時が必ずやってくる事でしょう。

その時後悔したとしても、もう遅いのです。

自分に仕事に誇りをもって行動する。

これはきれいごとなのかもしれません。

しかしながら、時には綺麗ごとが必要な時もあるのでは無いでしょうか。

嘘をついてごまかす

嘘はいけません。

それは、子供の頃、誰しも言われたことがあるフレーズでしょう。

ですが、ついその場しのぎで嘘をついてしまう事があります。

人間は弱い生き物です。

目の前の自体せ解決する事が出来ればと、ついとっさの嘘をついてしまうのです。

ですが、一つ嘘を付けば更なる嘘が必要になります。

どんなに嘘がばれないように努力したとしても嘘は必ずばれてしまいます。

嘘がばれてしまった場合。

より大きな問題になる事を忘れてはいけません。

後から発覚するよりも、先に報告した方が絶対に傷を深める事無く解決する事が出来るでしょう。

責任をなすりつける

何か問題が発覚した時、責任取るのが責任者と呼ばれる人の仕事です。

ですが、その責任者がいない場合、誰がその責任を取るのかと言う事で問題となるケースがあります。

本当は自分だけれど、つい逃げたくなってしまう事もあるでしょ。

ですが、そこで逃げてしまっては後ろめたさが残るd家では無く、あなたの信用にも関わる問題となっていく事でしょう。

一度失った信用はそう簡単に取り戻す事は出来ません。

その為にも、逃げずに立ち向かう事が今後のあなたの人生で重要な役割を果たしてくれるのではないでしょうか。

仕事を当日欠勤する

ずる休みは、子供だけがするものではありません。

時には大人だった休みたくなるような時があるのです。

そんな時、つい嘘をついて休んでしまう事もあるかもしれません。

体調が悪いと言えば、大抵の場合には深く追求もされず休む事が出来るでしょう。

ですが、嘘をついて仕事を休んでも晴れ晴れとした気持ちにななりません。

自分のせいで仕事が忙しくなったと感じれば、働いている人たちに後ろめたい気持ちになる事もあるでしょう。

その思いが大きくなると、例え家に居てもゆっくりする事が出来ず結局ソワソワしてしまうかもしれません。

結局人間は、嘘をつくとそれが気になり思い切り楽しむ事が出来ない真面目な生き物なのかもしれません。

バイトをバックレる

バイトとは、正社員に比べ責任が無く気軽に転職する事が出来る事が魅力だと考えられています。

学生や主婦の人も、自分の時間に合わせて働く事が出来るので生活リズムに合わせて働く事が出来るという利点があります。

多くの人が働きやすいと感じるバイトですが、全く嫌な事が無いと言う事はありません。

時にはとても大変な目にあったり嫌な気持ちになる事もあるでしょう。

そんな時、仕事を止めたくなる人だって居るかもしれません。

しかし、アルバイトと言えども急に辞める事は出来ません。

通常3か月前にはつたる事が常識だと言われています。

けれど、今すぐ辞めたい人にとってはその三カ月はとても長くとてもじゃないけれど続けることなど出来ないという人もいます。

そんな方々は、結果として仕事をバックレてしまう事もあるのです。

仕事をバックレる事で、嫌な仕事い行かなくても良くなります。

ですが、それはとても後ろめたい行為であり、それによってもうその仕事場の近くに行く事は出来なくなってしまう事でしょう。

もし一緒居働いてる人にあってしまったらと思うと、気まずくて行く事が出来ないのです。

辞めると伝える事は、勇気の居る事です。

ですが、それをする事が出来ればその先ずっと後ろめたい生活をする必要が無くなります。

その後ずっと引きずってしまうのであれば、きちんと向き合うゆうきを持つ事も必要なのでは無いでしょうか。

ゴミをポイ捨てする

ゴミはゴミ箱へ。

これは子供にも分る事です。

ですが、街中には多くのゴミが落ちておりきちんと捨てていない方が大勢居る事が分ります。

一人一人のモラルが低下してるからこそ、こういった事が起きてしまう事でしょう。

落ちているごみを見るとなんとも後味の悪い分になります。

目の前で誰かが捨てたら、更に嫌な気持ちになるでしょう。

多くの人が居る中でゴミを捨てるような人はもしかしたら後ろめたい気持ちすら無いのかもしれません。

その気持ちすら失っているからこそ、そんな行動が取れるのでしょう。

電車で寝たふりをする

電車には暗黙のルールとして体の不自由な方や年配の方・妊婦さんや子供には席をゆずりましょうというものがあります。

ですが、時には譲りたくない時もあるでしょう。

人の体はの中は目に見えない事もあります。

元気にみえても、もしかしたらすごく疲れているのかもしれません。

体調が悪く座っていたい事もあるでしょう。

ですが、そんな時目の前に席を譲るべき人が立ってしまったらあなったならどうするでしょうか。

つい寝たふりをしてしまう事もあるでしょう。

それは決して褒められた行為ではありません。

ですが、仕方がない時があるのもまた事実です。

ですが、その一方でその人達が座るべき座席が優先席として確保されています。

もしあなたがそこに座って言ったのであれば、譲る必要があります。

最近では、年配の方に席を譲ってかえって怒られてしまうケースなどもあり難しい判断が必要となる場合もあります。

ですが、基本的には相手を思いやる気持ちを持つ事が出来たら少しは現状が分るかもしれません。

時には座っていたくて寝たふりをしてしまう気持ちも分かります。

そんな時もあるでしょう。

ですが、それは後ろめたい気持ちを残してしまう事にも繋がります。

️後ろめたいと感じること、ありますか?

後ろめたい行動をまったく取ったことが無いという人はおそらく一人もいないのでは無いでしょうか。

多かれ少なかれ、人はかならず失敗をします。

時にはずるがしこい行動を取ってしまう事もあるかもしれません。

それは良くない事だと分かって居ながらも、ついやってしまうなんてこともあるでしょう。

それが人間であり、当然と言えば当然なのでしょう。

それでも人は、出来るだけ後ろめたくない人生を歩みたいと思うものです。

だからこそ、後ろめたい行動を出来るだけさけ、前向きに生きる為にはどうしたら良いのかを模索しながら生きていく必要があるのでしょう。

後ろめたさとは

後ろめたいという感情は、どこか人には言えないやましい事がある場合に起こる感情の一つです。

この場合、原因は自分にある可能性が高かく自分が悪いと分っているからこそ、後ろめたい気持ちが生れてしまうのです。

なにか一つでも後ろめたい事があると、それが気になって思い切り楽しむ事が出来ない場合もあるでしょう。

一度おきてしまった事は変える事が出来ません。

その為、一生その気持ちをもって生活していかなければならず、どこか人にひけめを感じながら生活しなければならなくなってしまいます。

その為にも、出来るだけ後ろめたい行動を取る事をさけて行きましょう。

それは難しい事ですが、自分でも意識して生活して行く中で、行動や言動を意識的に変える事が出来るでしょう。

他人からの視線が痛い

自分に後ろめたい所があると、つい他の人の視線からもその事実を知っているかのように感じてしまう事があります。

当たり前ですが、あなたの後ろめたい気持ちを多くの人が知っている事はありえません。

ですが、自分の気持ちの中に何か後ろめたい事がある事によってそこから他人の視線が怖いと感じる事になってしまうのかもしれません。

芸能人でも無い限りう、そうそう他人を意識して生活する事はありません。

その為、あなたが感じている視線には根拠が無く、おそらくは自分の勝手な思い込みなのです。

その思い込みも自己解決する事が出来れば他人の視線におびえる事も少なくなっていくのでは無いでしょうか。

後ろめたさで残る罪悪感

後ろめたい気持ちをなかなか解消する事が出来ないと、気が付いた時には罪悪感で一杯となってしまっている事もあります。

罪悪感を感じながら生きると言う事は、とてもつらいものです。

だからこそ、罪悪感を感じる事なく生きる為に、後ろめたい行動をさけるべきだと言われています。

どんな行動を取り、どんな結果をもたらしたか。

全ては必ず自分にかえってくるのです。

そのため日も、運動らしい運動をさけてしてくことが必要でしょう。

️後ろめたい気持ちを感じないようにするには

恥じることのない行動を心がける

後ろめたい気持ちをもたないようにする為には、自分の行動から見直して行かなければならないでしょう。

他人に恥じる事の無い人生を心がけることによって自然と後ろめたい感情を持つ事も少なくなっていくのです。

結局のところ、全ては自分の行動次第です。

自分の行動を少しでもコントロールして行きたいと思うのであれば、より後ろめたい気持ちの少ない過ごしやすい日々を過ごす事が出来るでしょう。

後悔しない選択をする

あの時ああしておけば良かった。

この時にはこうするべきだった。

そんな考え方は、負の感情を呼び寄せてしまうので決して良い事出来なえません。

過去は変える事が出来ませんが、未来を変え事は出来ます。

その為、自分の未来の為にも後悔のない選択をする必要があるでしょう。

後悔の無い選択とは、たしい事をすればいいと言うものでもありません。

自分にとって最良の選択は、自分自身出なければ気が付く事が出来ない場合も多く、たにんから何か言われても余計にイライラしてしまうだけなのかもしれません。

自分の気持ちを盛り上げていく為にも、一つ一つの選択をしっかりと見極めていく必要があるでしょう。

️後ろめたいこと、あなたにもある?

いかがでしたでしょうか。

自分のこころの中にある、どこか懐かしい部分がうずいてしまった方も大勢居るので無いでしょうか。

後ろめたい行動とは、男女限らず何か人には言えないような出来事をしてしまった時に起こる得るでしょう。

人間は聖人君子のように生きる事は出来ません。

時には、つい自分の感情のままに行動してしまった結果大きな問題に繋がってしまう事もあるでしょう。

ですが、それが人間という生き物なのかもしれません。

その為後ろめめたいという感情を待ったともたずに生きる事はおそらく不可能です。

ですが、その感情を減らす努力をする事は出来るでしょう。

難しい事は何もありません。

嘘を付かず、日々を楽しむだけで良いのです。

大人であってもそれは同じ事。

多くの人が自分の行動を意識して、いつも以上に素直に生きる事を心がけるだけで現状は大きくかわっていくのではないでしょうか。