女性の永遠のテーマでもある、ダイエット。

なかなか成功例は少ないですよね。

しかし、中には身体の仕組みを理解してそれを上手に利用し、見事ダイエットを成功させて大幅な減量、またボディスタイルをキープしている方がいらっしゃいます。

これらダイエットに成功された方の中には、涙ぐましい努力をしての末での方ももちろんいらっしゃいますが、さほど苦労していない人もいますよね。

この違いはなんでしょうか?また、ダイエットは減量時よりも理想体型をキープする方が困難であると言われています。

さて、ダイエットの成功の秘訣はさまざまですが、一番効果的とされているのは「代謝」なんです。

代謝に注目したダイエットが成功している例が多いです。

この代謝とは一体なにものなのでしょうか?代謝の仕組みをどのように使うことができればより効果的にダイエットすることができるのでしょう?

今回はこの「代謝」についてと、代謝を良くするために心がけたいこと、いますぐできることをお伝えして参りましょう。

️ダイエット成功の秘訣は代謝にアリ!

先程も申し上げましたが、ダイエットの成功の秘訣は「代謝」にあります。

もちろん他の要素も加わることもありますが、「代謝」なしに考えることはできません。

代謝とは何か、代謝の仕組みをしることでどうなるのか、ダイエットにどう利用すればいいのかなど知りたい方も多いと思います。

ダイエットの基本は食事制限と運動です。

しかし、やたらと食事を減らしたりやみくもに運動するだけのダイエットと代謝の仕組みと身体の関係を知った上でのダイエットとでは効果の出方が全く違ってきます。

せっかくダイエットするのですから、より効果的に早く楽に理想の体型になれること、またその体型をキープしておきたいものですよね。

代謝ってなにもの?


そもそも代謝って何でしょうか?ここで言う代謝とは、身体の機能である「新陳代謝」のことを言います。

新陳代謝とは、新しいものが古いものと入れ替わる現象を言うのですが、私たち人間のみならず生命体はすべてこの新陳代謝を、毎日行いながら生きているわけです。

身体の中では毎日毎日、生存に必要な物質を体内に取り入れ、用済みとなった古い物質を体外に出すということを行っています。

新陳代謝自体は、太っている人でも痩せている人でも必ず行われている生理現象です。

しかし、この代謝機能が高いか低いかは人によって違ってくるのです。

この違いが痩せやすいか痩せ肉化の差になって表れて来ます。

当然新陳代謝機能が高い人ほど痩せやすく太りにくい身体であると言えます。

新陳代謝機能を高めるにはどのようにすればいいのでしょうか?

エネルギーの消費

代謝は、わかりやすく言えばエネルギーを消費することです。

私たちは毎日身体を動かすために、エネルギー源としてさまざまな食べ物を食べていますよね。

食事をすることにより、体内にエネルギーが補てんされ、身体を動かすことができるわけです。

体内にエネルギーが入らなければ身体を動かすことはできません。

このエネルギー源をエネルギーとして変換し、生命活動を維持することを「代謝」と呼んでいます。

代謝が良いと言うのは、このエネルギー源をできるだけエネルギーに変えて使いきってくれるということです。

食べ物には全てエネルギーが含まれており、そのエネルギー数値はkcalという単位で示されます。

また消費するエネルギーの単位も同じkcalです。

入って来るエネルギーよりも消費するエネルギーが低ければそれはそのまま体内に蓄積され、脂肪となってしまいます。

これが肥満の原因です。

代謝の3パターン


さて、生命活動のための代謝には種類があります。

種類は3種類。

基礎代謝、生活活動代謝、そしてDITです。

DITは、食事誘導性体熱産生の略です。

それぞれの意味や機能は後で説明させて頂くことにしますが、代謝とひとことで言っても3種類もの代謝があるのです。

人や動物は、この3種類の代謝によって生きている、生かされているわけです。

これはもう生命の不思議とも言える現象ですが、とにかく私たちはこの3つの代謝のおかげで生きていられるわけですね。

代謝の違いについて考えられたことがある方は、あまりいらっしゃらないでしょう。

ダイエットの記事をみると、必ず書かれているのが「基礎代謝」についてですから、基礎代謝のことをご存じの方は多いと思いますが、その他はあまり耳慣れない言葉ですよね。

それでは、この3種類の代謝についてひとつひとつ見て行くことにしましょう。

基礎代謝

まずは基礎代謝です。

これはもっとも基本的な代謝で、この基礎代謝と言う言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

基礎代謝とは、生命活動を維持するために生体内で自動的に行われている活動に必要なエネルギー消費のことです。

私たちはふだん、何もせずぼーっとしていても、まず息をしていますよね?心臓も動いています。

その他臓器も活動しています。

しかしこれらは自分の脳が命令してわざわざ動かしている運動ではありません。

生きている間は、言ってみれば「勝手に」機能している現象です。

この、一見勝手に機能している現象ですが、相当するエネルギー量は、実はかなり大きなものです。

生活活動代謝

この生活活動代謝は、日常の生活活動や運動で消費するエネルギーのことを言います。

生活活動代謝量は1日の消費エネルギーの2割から3割とされており、日頃激しい運動を行っている方や、仕事でも重労働の方はこの生活活動代謝が高いと言えます。

ダイエットを効果的に行うには、よく基礎代謝力をあげよと言われるのですが、それだけではなく、運動などを行うことでこの生活活動代謝力もあげながらダイエットに励むとよいとされています。

この代謝は、1日の消費エネルギーの2~3割ですので、さほど多くはありません。

また基礎代謝と違って勝手に消費するエネルギーではありませんので、1日中何もせずにぼーっとしている状態では生活活動代謝は行われることはありません。

DIT

DITとは、食事誘導性体熱産生のことです。

この言葉、初めて聞く方も多いのではないでしょうか?この代謝は、わかりやすく言えば「食事を摂ることによって消費されるエネルギーのこと」です。

ん?ちょっとまって?食事してエネルギーを消費するの?エネルギーを取り入れるの間違いじゃないの?確かにそう思いますよね。

人は口から食事を取り入れると、やがて尿や便となって体外に排泄されます。

この仕組みはわかりますよね?もっと細かく分析して行くと、人は食事をすると、体内に取り込まれた栄養をエネルギー源として利用できる状態にするために細かく分解を始めます。

分解作業を行うのは、胃や腸と言った、消火器官です。

消化器官は栄養素の分解の為に活発に活動します。

この時、消化を行う為にエネルギーが消費されることで、少しだけ体温があがります。

温かいものを食べた時に、身体が温まりますがこれはエネルギーが消費されることで温まっている部分もあるのです。

この反応を「食事誘発性体熱産生」と呼んでいます。

ですので、食事をするとエネルギーが消費されるということになります。

あまりピンとこないかもしれませんが、胃腸の運動を行う為のエネルギー消費というとわかりやすいでしょうか。

全ての代謝を良くすることを意識

代謝について、3パターンを詳しくお伝えしてきました。

では、このパターンのどれかを高めればダイエットに成功するのでしょうか?いいえ、それは違います。

ダイエットを成功させるには、これら3パターン全ての代謝について良くすることを意識しなければ意味がありません。

それぞれの代謝を良くする方法は、それぞれで違います。

基礎代謝をあげるには、筋肉をつけなければいけませんし、運動による代謝は当たり前ですが身体を動かさなくてはなりません。

また、DIT代謝をあげるには、食事を摂らなければ機能しません。

ですので、それぞれの代謝の特徴をよく理解して、3パターン全ての代謝についてアップさせて、痩せやすい身体と太りにくい身体を手に入れましょう!!

代謝アップは健康&美容につながる

代謝をアップさせることは、理想の体型に近づくというだけではありません。

代謝をよくすれば理想のボディを手に入れられるだけでなく、身体も健康になりますし、美容にも良い効果をもたらしてくれます。

それはなぜでしょうか?

まず、健康についてですが、人にはそれぞれ理想の体型というのがあります。

これはご自身が描いている理想の体型と言うのではなく、健康であるのに必要な体型です。

ですので、太り過ぎはもちろん、痩せすぎていても健康な体つきとは言えません。

よく勘違いされるのですが、ダイエットというのは、痩せることだけでは無いのです。

ガリガリに痩せてしまった方が健康的な体型を取り戻すことも実は「ダイエット」というのです。

ダイエットはもともと「規定食」という意味を持ちます。

生きて行くために必要な食事、日常的な「食べ方」を意味する言葉で、決して「減量する」という意味ではありません。

少し話がそれてしまいましたが、健康的な身体を目指すには、ダイエットの語源からもわかるように、適正な食事と適度な運動が必要であると言うことです。

健康でない身体は、代謝機能もうまく働いていないことが多いです。

ですので、健康な身体を手に入れることができれば代謝は正常に行われることになります。

これにより、体内の免疫力がアップし、食べ物をエネルギーに変える機能もいっそう充実しますので、病気になりにくい身体になるのです。

今まで、よく風邪をひいていたとか、毎年予防接種していてもインフルエンザにかかってしまっていたと言う方が、健康的な身体を手に入れた途端「そういえば病気になりにくくなった」というのはこういうことなのです。

さらに、代謝をあげると美容に繋がるという仕組みですが、これは代謝のもともとの仕組みを思い出して頂きたいのですが、代謝とはそもそも「生存に必要な物質を体内に取り入れ、用済みとなった古い物質を体外に出す」ということでしたよね?つまり、身体の老廃物を効率よく排出してくれる機能があるわけです。

これにより、代謝があがるとお肌の調子も整いますし、便秘などに悩まされていた方もそれが解消されることで、美しくなっていきます。

さらに、代謝をあげることで顔色もワントーンあかるくなりますし、自分自身が元気になれることから、今までよりもずっといきいきと過ごせるようになります。

いきいきと過ごしている人は、やはり美しいですよね。

️代謝を良くするための5個の心がけ

では、いよいよ本題ですが、代謝をよくするためにあなたが日頃からできる心がけって何かあるのでしょうか?代謝をあげるためにはいろいろな工夫が必要ですが、どれもお金がかかったり、難しくて続けられないということはありません。

今からご紹介する「代謝をよくするための心がけ5つ」については、誰もがいますぐ実践できるものばかりです。

1日や2日行っただけではいきなり代謝が良くなることはありません。

日々の心がけが重要ですし、なによりも続けることが大切です。

何かを長く続けようと思ったら、それに費用がかかったり、時間がかかったり、やり方が難しい場合は絶対に続きません。

長く楽しく続けることでいつのまにか効果となって表れているのです。

姿勢を正しくする

まず、ご自身の姿勢を確認してください。

全身鏡があればその前でいつものように普通に立ってみましょう。

特にどこに気をつけるわけでもない状態で立ってみると、いかがでしょう?どこか歪んでいませんか?身体がどちらかに傾いている気がする、猫背など改めて気付かれることがおおいのではないですか?

では、次に姿勢を正してみて下さい。

方法がわからない方は、次の方法を試してみて下さい。

まず、壁に背中をつけて立ってください。

次に、後頭部・肩甲骨・おしり・かかとが壁についた状態で、腰と壁の間にてのひらが入る程度の隙間を作ります。

これが一般的に正しい姿勢と言われている姿勢です。

どうでしょう?普段痛くならない個所が痛くなったりしていませんか?それは、普段間違った姿勢をしていたことにより、本来つかわなければならない部分の筋肉がうまく使われてないために痛みを生じるのです。