普段日常生活でメガネをかけて生活をしている方はたくさんいると思います。

もちろんコンタクトレンズをつけて生活している人もいると思いますが、コンタクトレンズに関してはいちいち外したりつけたりするのが面倒だと感じている方や、目の中に異物を入れるということがあまり受け入れ難いと感じている方もたくさんいると思います。

なので個人個人の考え方によって大きく分かれると思いますが、目が悪い人がメガネを一つくらいは持っておいた方が利便性の面ではかなり便利だと思います。

しかしながらメガネと一言に言っても様々な眼鏡が存在しています。

昔はメガネといえばそこまで種類は存在していませんでしたが、最近はたくさんのメガネブランドも存在していますし、それぞれのブランドによって当然ながら特徴なども変化しています。

もしもこれからメガネを買おうと思っているからや、将来的にいつかメガネを購入したいと思っている方がいるならば必ず自分に合ったメガネを購入する必要性があります。

なので今回はメガネをテーマにしてメガネの選び方のポイントであったり自分に合ったおしゃれなメガネを選ぶということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

️メガネを買うときは選び方をおさえよう!

メガネを購入する際に一番大切になるとはメガネの選び方です。

基本的にメガネはその時の気分でいくつも所有するようなものではなく、一つ購入すればそのメガネを長い時間身につけて使用することが目的として購入されています。

ある程度経済力がある人間があれば複数のメガネを購入してその時の気分で使い分けることができるかもしれませんが、一般的な形でそこまでメガネに関して情熱をもって使い分けたりするような形はごく稀です。

だからこそ普段身につけるということを想定した上で必ず購入するメガネに関しては適切な選び方で選んで長く継続してストレスなく使っていただけるようなメガネを選択することが求められます。

しかしながらメガネに関しては人生においてもそう何度も選んだりする機会がなかったりすると思いますので、メガネの選び方などに関してはそこまで詳しくない方がほとんどです。

なんとなくお店に行ってこれが良さそうだなと思って手にとったものを購入したりするのがほとんどでなかなか大多数の形は眼鏡の選び方に関してそこまで重要性を感じていないことの方が多いからです。

しかしながらよく考えて購入しなければ実際にメガネを装着して長い期間つける時に違和感を感じてしまうような方もいますし、もう少しこの部分をこだわっておけばよかったなと後悔してしまうようなこともあると思います。

などでメガネを購入する際は必ず選び方については基本的なことを押さえておく必要性があるということを理解してください。

すっかりオシャレアイテムとなったメガネ


また冒頭でもご紹介した通り最近では眼鏡と一言言っても様々なメガネのブランドが存在しています。

メガネのブランドによって商品として販売されているメガネは様々な特徴が存在していますし、最近ではメガネも一つのおしゃれアイテムとして認識されるようになっています。

特に女性の中では男性のメガネ姿に関してかっこいいと感じる女性もたくさん存在していますし、それと同様に男性に関しても女性のメガネの姿に知的なイメージを重ねて色気を感じるような方がたくさん存在しています。

なので言ってみれば一般的な場所で個性を主張できるような魅力的な自分を引き立たせてくれるアイテムとしても認識されているのです。

だからこそメガネに関しては適当に選んだものを購入するのではなく自分に合ったものを購入する必要性があり、判断基準を高くした上で購入していただきたいアイテムであると認識することができます。

またメガネによって相手に与える印象なども全く違ってきますので、それを考慮した上でどのようなメガネを選択するのかということもセンスが問われる大切なことになります。

【メガネをおしゃれにキメたいなら、こちらの記事もチェック!】

メガネは似合う似合わないが激しい

さらになぜメガネを購入する際は選び方に注意しなければいけないのかと言いますと、それはメガネ自体が似合う似合わないという部分がかなり激しく分かれてしまうアイテムであるからということです。

具体的にどういうことかと言いますと、きちんとした判断基準でメガネを選ぶことができなければいざメガネを購入して装着した時に後から考えてみれば自分にこのメガネは合っていないというようなことがあったりする場合があるのです。

例えばよくあるのがメガネを購入して実際につけてみると自分の顔の幅に合っていないメガネであるということがわかったりする場合があります。

例えば顔が小さい方は特にメガネを購入する際は気を付けなければいけません。

なぜならばメガネを作る際は基本的に平均を基準とした眼鏡の形大きさのものを商品として販売していますので、顔が小さい人用や顔が大きい人に対してメインで作られてはいないのです。

もちろん商品の中にはそれぞれの特徴に対応した商品を打ち出している場合もありますが、一般的に販売されているものは平均をメインとして作られていますので、メガネをかけた場合に顔が小さいのに極端にメガネだけが大きくなってしまってる場合や、顔が大きいのにメガネが極端に小さくなってしまうというようなこともザラに存在しているのです。

このような状況になってしまうとせっかくメガネを購入したのにメガネをつけたくないと思ってしまって意味がなくなってしまいますよね。

さらにメガネは色に関してもそうですが似合う似合わないというのがかなり激しいので、周りから似合わないという指摘を受けた場合はどのようにつけなくなくなってしまいます。

なのでせっかく購入するメガネに関してはどうせなら今後自分がつけたくなるようなメガネを選ぶべきですし、自分の魅力を最大限に引き出してくれるメガネを選択する必要があるのです。

自分に合ったメガネを選ぼう


自分に合ったメガネを選択するということはとても大切なことであるとご紹介しましたが、先ほどもご紹介した通りメガネに関してはなかなか人生を通してそう何度も選んだりすることが少ないですよね。

なのでメガネの選択基準に関してはあまり養われていない方の方が多いのです。

ではその結果どのようなことが生まれるのかと言いますと結局自分に似合っていないメガネを選択してしまったという結果につながってしまうのです。

なのでこれからメガネを選ぼうと思っている方は自分に合ったメガネを選ぶために必要なポイントを把握していただく必要性があります。

難しく感じるかもしれませんが必要な点を抑えればそこまで難しいことではありませんのでこの機会にメガネを選ぶ必要なポイントを把握してみましょう。

️メガネの選び方の8個のポイント

あなたはメガネを選ぶときにどのようなポイントを心がけていますか?
人によっては機能だと答える方もいますし、人によってはデザイン性だと答える方もいるかもしれませんね。

何に関して重要性を置くのかということはやはり個人の自由ではありますが、それはあくまで自分に合ったメガネであるということの延長線上に考えなければいけないことです。

基本的な自分に合った眼鏡であるかどうかということを考えた上で判断するものであり、自分的な件に関しては必ず押さえておかなければいけないことなのです。

どうしても最近はメガネはファッション性が高いものが販売されていますので、本来の使用目的ではなくおしゃれを意識したメガネ選択を行っている方も多いのです。

しかしどれだけおしゃれなメガネを買ったとしても自分に合っていなければ意味はありませんので、まずは基本的なポイントについて必ず抑えるようにしましょう。

逆を言えば基本的なポイントさえ押さえておけばある程度自分に合ったメガネを購入する事ができますので、何の心配もいりません。

自分的なポイントを抑える必要性を把握した上でこれからご紹介する項目を購入する際は確認してみてください。

顔幅とフレーム幅を合わせる

まず初めにご紹介するメガネの選び方のポイントは顔幅とフレーム幅を合わせるということです。

かなり初歩的なことになりますが意外とたくさんの方が見落としているポイントとしては自分の顔の形を把握していないということです。

人間はそれぞれ顔のパーツや身長、体格が違うように基本的に顔の形は人それぞれ違います。

例えば彼を一つ取ったとしても顔全体の骨格が四角い顔をしている方もいれば、顔全体が細長い面長の顔をしている場合もあれば、頭全体が丸い丸顔の形もいれば、顎の辺りがシャープなラインになっている三角顔の形の存在しています。

このように考えてみると人それぞれ顔の形であったり顔の幅というものは全く違うのです。

なので自分の顔の形をまずは一番最初に把握をしておかなければいけません。

そして自分の顔の形を把握した上でかけるメガネのフレームの幅に関しても確認しておかなければいけません。

しかしながらメガネを普段購入することに慣れていない方は自分の顔に対してどのようなフレームの幅に合わせればいいのか分からないと思います。

具体的なフレームの幅に関しても後ほどご紹介しますのでまずは顔の幅とフレームの幅を合わせるということは必ず覚えておいてください。

黒目はレンズの中央

次にご紹介するメガネの選び方のポイントは黒目はレンズの中央ということです。

よくメガネを購入した後に実際にメガネをかけてみると意外と購入する時は気づかなかったのに購入した後に黒目とレンズがあっていないという事があったりすると思います。

きちんと自分の目とレンズがあっていなければメガネを通して映る景色なども歪んでしまう可能性もありますし、違和感を感じる原因になってしまう可能性があります。

なので必ず自分の黒目とレンズの中心があっているかどうかということは確認をしていただく必要性があります。

しかしながら絶対に黒目の位置はレンズの中央にしなければいけないというわけではなく、若干ながら内側に入り込むのがベストとも言われているので、中心でなくても若干内側であれば多少は問題はないという事は認識しておいてください。

フレームの縦幅は眉から顎の1/3

次にご紹介するメガネの選び方のポイントはフレームの縦幅は眉から顎の1/3にするということです。

先ほどご紹介したように顔の幅とフレームの幅は合わせなければいけないのですが、その時に参考にしていただきたいのは縦の幅に関しては眉から顎の1/3にして頂くという事です。

なので必ず選択したメガネのフレームの部分を自分の眉から顎までの長さの1/3の長さになるかどうか確認していただく必要性があります。

このバランスが崩れてしまうとメガネと自分の顔のバランスが悪くなってしまい最終的にメガネをかけた自分を鏡で見た時に違和感を感じてしまう原因になってしまいます。

大きすぎても違和感を感じますし小さすぎても違和感を感じる結果となりますのでなかなかフレームの幅はシビアな形になるかと思いますが、もしも調整してもらえるメガネ屋さんなのであればその辺りは上手に調整してもらって自分が川に合うように整えていただく必要性があります。

生え際とトップラインを合わせる

次にご紹介するメガネの選び方のポイントは生え際とトップラインを合わせるということです。

これはどういうことかと言いますと、生え際というのは髪の毛ではなくあくまで眉毛です。

眉毛の生え際とメガネのトップラインを合わせるということです。

例えば時々見かけるのが眉毛の生え際がメガネのトップラインのかなり上を行ってしまっている方が存在しています。

こうなってしまうとかなりバランスが悪くなってしまうので必ず眉毛の生え際とメガネのトップラインを合わせるようにしてスタイリングしていくことによって自然とキレイなバランスに見えるメガネを選択することが可能になります。

これに関しては見落としてしまいがちな点になると思いますがメガネを選ぶひとつの目安として確認していただけると失敗のないメガネ選びが出来るようになると思いますので、確認してみてください。

下唇とボトムラインを合わせる

次にご紹介するメガネの選び方のポイントは下唇とボトムラインを合わせるということです。

おそらくメガネのボトムラインと言われてもどこの部位などか分からないと思いますが、メガネのボトムラインというのは眼鏡を正面から見たときに、レンズの下の部分にあたります。

なのでこのボトムラインと自分自身の下唇の輪郭を合わせるようにすればバランスの良いメガネ選びが可能になるということです。

人によっては下唇の形が全く違ったりする場合があるので、丸を描いてるような舌唇であればメガネのボトムラインが丸を描いてるような形にすれば良いですし、まっすぐになっているのであればボトムラインがまっすぐなものを選んだ方が自分の顔に合ったメガネを選ぶことができますので確認してみてください。

輪郭とサイドラインを合わせる

次にご紹介するメガネの選び方のポイントは、輪郭とサイドラインを合わせるということです。

メガネのサイドラインとはメガネを正面から見たときの下の部分の半円の内、それぞれの頬の方角までの半円のさらに半分の部分です。

つまり人の顔を正面に見た時に左目であれば左下半分、そして右目であれば右下半分の部分がサイドラインと呼ばれています。

このサイドラインと自分の輪郭を合わせることによって、顔全体のバランスとメガネのバランスを合わせることが可能になります。

なのでもしも自分の方が丸い形をしているのであれば、サイドラインが丸い形をしているように選択する必要性があるという事です。

逆に角ばった頬をしているのであれば、四角い形のサイドラインのメガネを合わせる必要があるということです。

メガネの形にも限度がありますのでなかなか自分の方にあったものが見つからない場合もあるかもしれませんが、この辺りまでしっかりと確認していただければよりバランスの良いメガネを選択することができると思います。

眉の形とトップラインを合わせる

次にご紹介するメガネの選び方のポイントは、眉の形とトップラインを合わせるということです。

これはどういうことかと言いますと、眉毛の形もメガネを選ぶ上で大切なポイントになるということです。

例えばあなたの眉毛の形が弧を描いているような形なのであれば、メガネのトップラインに関しても丸い形をしたものを選ぶ必要があるということです。

逆に言えば眉毛の形が弧を絵描いてるような形なのに、トップラインがまっすぐな物を選んでしまうと、あまり全体的にバランスが良くないメガネのチョイスになってしまうという事です。

おそらくメガネを選ぶ上でここまで細かいポイントを確認することはあまりないと思いますので、たくさんの方が盲点になってしまうなと思います。

もちろんトップラインと眉毛の形まで確認していない人も多いですし、自分が欲しいメガネの種類によってはかなわない場合もあると思いますので、あくまで理想的なメガネの選択のポイントということで一つ押さえていただければと思います。

自分の顔の形に合わせる

次にご紹介するメガネの選び方のポイントは、自分の顔の形に合わせるということです。

これは先ほどご紹介した内容に少し似ていますが、メガネを選ぶ際には自分の顔の形に合わせなければ自然なバランスを作ることができません。

具体的には四角い顔、面長の顔、丸顔顔、三角顔に合わせるという事なのですが、おそらく自分の顔の形に合わせたメガネを選択する必要があると言われても、具体的にどのような形が自分の顔に合っているのかわからないと思います。

なのでここからは世の中に存在しているたくさんのメガネの種類別にそれぞれの顔の形に合うようなメガネをご紹介していきたいと思います。

おそらく皆様が想像しているほどメガネの種類はたくさん存在しているので、初めてするようなメガネの形もあると思いますが、それぞれの特徴を押さえて、この機会に様々な眼鏡の種類を確認してみてください。

自分が利用しているメガネがどのような形になっているのか、どのような種類に区分されているのかということも考えながら見ていただけると、より分かりやすいと思います。

丸顔

まずはじめにご紹介する顔の形は丸顔です。

名前の通り顔を正面から見た時に輪郭が丸っぽい顔の形をしている人のことを指し示しています。

なので顎から頬のラインが丸い円を描いている様な顔の形であれば、こちらに該当します。

丸顔の形は縦幅が浅い物が似合うようになっていますので、なるべく縦幅があまり高くないメガネを選ぶことが一つのポイントとなります。

そして逆に注意していただきたい点としては、丸みのあるラウンドタイプのメガネを選択することに注意していただきたいです。

なぜラウンドタイプのメガネを選択することを避けた方が良いのかと言いますと、確かに輪郭に合わせて丸っこい眼鏡を合わせると、一見するとバランスが良いように感じるかもしれませんが、丸顔の方が丸いメガネを装着してしまうとさらに丸い印象を与えてしまうこともあります。

スクエア

では丸顔の方はどのようなメガネの形を選べば良いのかと言いますと、おすすめはスクエアタイプのメガネです。

スクエアはその名前の通り四角形を意味しており、メガネ全体の形が四角形をイメージできるようなタイプになります。

スクエアタイプのメガネはかなり一般的で、着用している人が多いモデルです。

スクエアタイプに関しては装着するだけでキリッとした印象を相手に与えることができるので、丸っぽい顔の人にはスクエアタイプのメガネを着用すると、締まった印象を与えることができます。

またスクエアタイプと一言に言っても様々な種類が存在しており、メガネのトップラインだけに縁がついてるようなメガネもあれば、全体的に縁がついていないようなタイプのものも存在しています。

縁がないタイプだとさらに知的な印象を与えることが出来たりしますし、色も変える事によって相手に与える印象などは変わってきます。

自分がどのスクエアタイプのメガネが似合うのかという事を、先ほどご紹介したポイントと併行しながら確認してもらえるとさらにおすすめです。

三角顔

次にご紹介するのは顔の形は三角顔の形です。

三角顔の形は顔を正面から見た時に顎から頬のラインがシャープになっている人のことを指し示している言葉です。

三角顔の方は、あまり大きめのフレームを選択しない方が良いと言われています。

それよりも、全体的なバランスを考えて小ぶりなフレームの方がしっかりと顔全体のバランスに合った印象を与えることが可能になります。

シャープといえば一般的に良いイメージばかり想像するかもしれませんが、人に与える印象を考えた時にシャープな印象は、人によっては逆にきつく見られてしまうこともあります。

なので、このきつく見られやすい印象をどのようにしてかわしていくのかということを想定しながらメガネの種類を選んでいただくと、より自分に合ったバランスの良いメガネを選択することが可能になります。

細めのオーバル

では三角顔の方にはどのようなメガネの形がおすすめなのかと言いますと、細めのオーバルタイプです。

まず先程ご紹介したように、基本的にはあまり大きめのフレームを選択しない方が良いのでフレームが細めであり、なおかつ先ほどご紹介したシャープな印象を強調するのではなくオーバルタイプを選択することによって、柔らかい印象を相手に与えることを意識しましょう。

オーバルタイプはフレームが楕円形の形になりますので、楕円形の形が相手に対して柔らかい印象を与えるようになります。

オーバルタイプの中にもフレームが全く違ったり、若干ながらレンズの形も違ったりする場合が存在していますので、選択するのが難しく感じたりする方がいるかもしれませんが、他の細かい点については先ほどご紹介したポイントを踏まえた上で選択していただくと間違いがないメガネの選択をすることができると思います。

四角顔

次にご紹介する顔の形は四角顔の形です。

四角顔の顔は顔を正面から見た時に顎から頬のラインが四角形になってるような方を指し示している言葉です。

いわゆる骨格が角ばった顔の形をしている人やホームベース型になっているような人の場合はこちらを参考にしていただければいいと思います。

四角顔の方に関してはおすすめの眼鏡フレームはオーバル型になります。

オーバルタイプは先ほど三角顔の形をしている方に対してもおすすめしたメガネの形ですが、これは先ほどと同様に四角顔の形は角ばったイメージがあるのでどうしてもゴツゴツした印象を与えてしまいがちです。

なので、なるべく柔らかい印象を与えるためにオーバルタイプなどの丸い形をした眼鏡を選択するといいと思います。

そして重要なのは縦幅に関してですが、なるべく深めのものを選択するようにしてください。

逆に四角顔の方にお勧めできないメガネの形はスクエア型です。

スクエア型のメガネをかけてしまうと、さらにゴツゴツした印象を相手に与えてしまう可能性があります。

太めのオーバル

四角顔の形はなるべくフレームが太めのオーバルタイプを選んでいただくと、より全体的なバランスが良くなります。

オーバル型に関しては先ほどご紹介したように商品によって若干ながらレンズの形が違ったりしますので、選択するのに注意が必要になりますが、基本的にはオーバル型を選んでいただければそこまで大きな失敗はないと思います。

そしてフレームに関しては様々なフレームタイプが存在していますが、なるべくフレームが太いものを選択していただくと、より印象を緩和することが可能になります。

面長

最後にご紹介する顔の形は面長の顔の形です。

面長に関しては顔を正面から見たときに顔の長さが比較的長い形が面長の形に分類されます。

面長の顔の形をしている方は、なるべく縦幅の深いものや柔らかい印象のものを選択する方がおすすめです。

どうしても面長の方は顔の長さが強調されてしまうので、なるべくその印象を緩和できるようなメガネの選択がおすすめです。

なので、面長タイプの方はボストンタイプのメガネを選択していただくと、全体的なバランスがかなり良く仕上がると思います。

そして逆にオススメすることができないタイプは、ハーフリムタイプです。

ハーフリムタイプは、すっきりと知的でクールな印象を与えてくれるメガネに分類されていますが、その分面長の方がかけてしまった場合、顔の長さを強調してしまうことにつながってしまいますので、顔の長さを助長するようなメガネを選択したくない場合は、ハーフリムタイプは避けておきましょう。

ボストン

ボストンタイプのメガネは柔らかく落ち着いた印象を与えるのに最適なメガネとしても知られています。

ボストンタイプはどちらかといえばメガネのレンズの形は比較的丸の形をしており、大きめのレンズが特徴的なメガネのタイプとなっています。

ボストンタイプに関しても他のメガネと同じようにフレームが太いものや細いものなどが存在していますので、選択するのが難しく感じたりする場合があると思いますが、できればフレームが太いものを選択していただくと、より自分の顔のバランスと合うメガネを選ぶことができると思います。

お店にもたくさんの種類のメガネが販売されていると思いますので、一つ一つ確認しながらかけていただけると違いがわかると思いますよ。

️あなたにぴったりの1本を見つけて!

今回はメガネの選び方をテーマにして、メガネの選び方のポイントについて詳しくご紹介していきました。

メガネと一言に言っても様々な種類のメガネが存在しており、かける人によってまた相手に与える印象は全く変わるということがよりおわかりいただけたと思います。

今までメガネを選択する時にそこまで深く考えずに選択していた方もたくさんいたと思いますが、選ぶべきポイントであったりそれぞれのメガネの特徴を知れば、細かい点に着目して自分に合ったメガネを選択する事ができるようになるはずです。