私たちが生きているこの世界では様々な物事が存在しています。

人生を通して私たちは様々な出来事に遭遇していきそれに伴って自分自身を成長させて行ったり、様々な刺激を受けて感情を抱いています。

それは数えて見ればきりがないほどたくさんの出来事が存在しているということができます。

例えば今日一日何が起こったのか自分の中で考えてみてください。

おそらく数え切れないほどたくさんの出来事が存在しており、中には無意識で感じているものもあればあなた自身の感情を揺るがすほど大きな出来事があったりするものもあると思います。

そんな数え切れないほどたくさんの出来事を毎日経験している私達ですが、元々に関しては必ず発生する理由が存在しています。

もちろん何の前触れもなく出来事が起こったりすることはありますが、それは原因を解明してみると意外なところに原因が存在していたりする場合もあります。

つまり突然わけもなく摩訶不思議なことが起こると言うことは人生においてありえないと言うことです。

そのようなことを日本語の漢字の中で起因という言葉を使って表現することが出来ます。

ある程度年齢を重ねている方であれば起因という言葉がどういう意味なのかお分かりいただけると思いますが、まだ年齢が幼い加賀屋学生の方は分かりづらい言葉になるかもしれませんね。

今回は起因という言葉をテーマにして、起因という言葉に似た言葉や起因の使い方についてご紹介していきたいと思います。

️起因ってどういうこと?

起因という言葉は日常生活の中でおそらく口に出して使ったりすることはあまりない言葉になると思います。

しかしながらある程度の年齢の方はこの言葉の意味を大抵知っています。

これは年齢を重ねると共にある程度学校の授業であったり、本や文献などに触れて自然と覚える機会や学習する機会があったりするからこそ理解できるようになっている可能性がとても高いです。

そうでなければ日常生活で起因という言葉の意味を教えてくれる機会などはまったくありません。

もちろん起因という言葉以外のもこのようにして自然と身に着けていく言葉などはたくさん存在しています。

たくさんの言葉を知り、様々な表現方法を持ち入れるようになったりその場で適した言葉を使って物事を表現できるようになれば自然と話が上手になったり相手にうまくこちらの気持ちを伝えることが可能になりますので、コミュニケーションを図る場において非常に活躍することが出来ます。

いわゆる言葉の引き出しと呼ばれるものをたくさん見につけておけば博識な人であると人から思われて人から頼りにされる様になったり、一目置かれたりするよなことも増えると思います。

なので言葉を知っておくという事は魅力的な事であるという事を知り、たくさんの言葉の意味を正しい知識として身に着けておく事はあなたにとって得な事になりますので、この機会に改めて起因という言葉の正しい意味、使い方などを確認してみてください。

起因の意味


起因という言葉は日常生活の中で口に出すことは少ないとご紹介しました。

なぜなのかと考えた時にわざわざ起因という難しい表現をするよりももっと簡単に表現できる言葉が存在しているからです。

しかしだからといって起因という言葉の意味を知らなくて良いということには繋がりません。

起因という言葉は本や資料、その他文献などで用いられたりすることが多かったりする言葉ではありますし、ビジネスの場面においても絶対に見かけない言葉ではないと言いきれないからです。

なので起因という言葉の意味について知っておけば必ず役に立ちますので、それを理解した上で意味を考えてみましょう。

物事が起こった原因

起因という言葉が持っている意味は「物事が起こった原因」を意味している言葉として知られています。

大多数の方がこの意味については正しく理解していると思います。

例えば冒頭でご紹介したように私たちが日々経験している様々な出来事に関しては起こりうる原因が存在しているとこ紹介しました。

これが言ってみれば起因と言う言葉と結びつくのです。

私たちは毎日様々なことを経験して人生を過ごしています。

一日の中で何も出来事が起こらなかったと言うことは絶対にありえないことですよね。

それはただ自分が感じていないだけで実際に身の回りに様々な出来事が起きているはずです。

例えば極端な話をすると、あなたがある会社に勤めている営業マンだったとします。

するとある日会社に出社した時に自分自身が持っている業務用の端末に電話がかかってきたとします。

すでにこれだけで出来事は起きていると考えることができます。

それはお客さんがあなたの携帯電話に電話をかけてきたという出来事です。

では電話に出てなぜお客さんの電話をかけてきたのか理由を確認すると、以前あなたが販売したウォーターサーバーの水がなくなったから追加で注文したいという連絡だったとします。

ではこの一連の出来事に関しての起因を考えてみてください。

今回の出来事、つまり「お客さんがあなたの業務用端末に電話をかけてきた」という事の起因は「ウォーターサーバーの水が不足してしまったから」という事がお分かりいただけると思います。

この様に全ての物事に関しては起因という言葉で結び付けることが出来るのです。

これが幾重にも重なって様々な出来事が起きており、今回のように起因がはっきりしている出来事と中には起因がわからないものなども存在していると捉える事が出来ます。

起因=”きいん”


起因という言葉の簡単な意味合いについてご紹介しましたが、起因という言葉が分からない方はそもそも読み方が難しかったりするということも一つの原因になっている可能性があります。

なので起因という言葉の読み方を考えてみると起因=「きいん」という言葉で表現するようになります。

少し難しい言葉かもしれませんがしっかりとその漢字がどの様な意味を持っているのかと言うことと正しい意味を理解しておけば結びつけることはそこまで難しいことではありません。

例えば起因という漢字について分解して考えてみましょう。

起因という感じは「起」と「因」に分けることが出来ます。

起は「何かが起こる」という漢字の使用が一般的ですよね。

そして因は「起こり、原因、ある結果を引き起こす」という意味を持っています。

この二つの漢字の意味をよく理解して組み合わせてみると起因という言葉の意味が成り立ちます。

こうして分解してそれぞれの意味を正しく理解しておけばたとえ難しい漢字であったとしてもそれぞれの意味を考慮すれば自然とその漢字がどういう意味を指し示しているのかということが分かる様になると思います。

ひとつひとつ分解して連結して意味を覚えておけばより自分自身の記憶の中に刻むことが可能になりますのでこの機会に起因という言葉の読み方や意味をよく理解しておいてください。

️起因に似た言葉

起因という言葉に関してある程度知識を身に着けて頂いたところでここからはさらに起因という言葉を知って頂くために起因という言葉に似た表現の言葉をご紹介していきたいと思います。

そもそも私たちが生きている日常生活に起きている出来事はたくさんのことが存在しています。

にもかかわらずなぜ私たちは起因という言葉をそれほどまでに日常生活で使っていないのかという疑問がわくと思いますが、それは先ほど軽く触れた様にこの言葉に似た言葉、いわゆる別の単語を使用して表現しているからと考えることができます。

その言葉の方が使いやすいし相手に伝わりやすいからこそ選択されるのであって、難しい表現である起因という言葉は選択肢の中から切り捨てられている、若しくは知らないということが考えられるからです。

それを理解いただいたところで自分たちが普段起因という言葉に似た言葉を何か使っていないだろうか?という事を思い出しながら紹介する項目を見て頂けるとさらに内容が理解いただけると思います。

必ず代用している言葉が存在しているはずなので、考えながら自分が普段使っている言葉を確認してみてください。

原因

ある状態や物事を引き起こすこと

まずはじめにご紹介する起因という言葉に似ている言葉、つまり類語は「原因」という言葉です。

原因という言葉は私たちが日常生活の中でかなり頻繁に使っている言葉なのではないでしょうか。

比較的年齢が幼い方でもこの言葉についてはたくさんの方が使っていると思います。

もちろんある程度年齢を重ねて社会人としてビジネスの現場で活躍している方も大多数の方がこの言葉を口にしていると思います。

それだけ一般的に使われている言葉なのでこの言葉を知らない方はおそらくいないと思います。

原因という言葉の意味は「ある物事やある状態・変化を引き起こすもととなること、またはその事柄」という意味を持っています。

なので日常生活で起こる出来事に関しての原因などといったように日常生活では使用されています。

またビジネスの現場においては基本的に成功か失敗しかありません。

そして成功と失敗に関しての原因を探っていくことがビジネスにおいてかなり根幹に位置している大切なことです。

例えばある事業を立ち上げたとしてそれが上手くいったにしても失敗したにしても、当然ながらどうして上手くいったのか、どうして失敗してしまったのかということは常に考えておかなければいけません。

何故ならその「原因」を正しく把握しておかなければ次に同じことをした時に成功するのか失敗するのか全く予測がつかないからです。

ビジネスはたまたまうまくいって良かったねというような事では通用しません。

俺にどういった結果に対しても「原因」を分析する事が大切であり、限りなく成功に近づけるために常に様々な「原因」を探っていくことが求められるのです。

なので比較的年齢が幼い方でも年齢を重ねた方でも原因という言葉に関しては使いどころが満載であるという事がお分かりいただけると思います。

起因との比較

原因という言葉の意味をある程度理解いただいたところで、原因と言う言葉と起因という言葉が似ているかどうかということを考えてきましょう。

原因という言葉の意味と起因という言葉の意味を見比べてみればそれは明白になると思います。

まずは原因という言葉の意味ですが、これは先ほどご紹介したように「ある物事やある状態・変化を引き起こすもととなること、またはその事柄」という意味を持っています。

そして起因という言葉の意味は「物事が起こった原因」という意味を持っています。

この二つを見比べてみれば二つの言葉の意味が全く同じ意味であると考えることができます。

全く同じ意味であるということがお分かりいただけたところで先ほどご紹介した考え方を思い出してみてください。

普段私たちの身の回りにたくさんの出来事が起きていますが、なぜその際に起因という言葉を使わないのか?という事ですがそれは結局のところ起因という言葉ではなく私たちは原因という言葉を使っているからという事がお分かりいただけると思います。

もちろん全ての形が原因と表現していないかもしれませんが、おそらく大多数の方が原因という言葉を使って物事が起こった原因を説明していると思います。

原因という言葉が使いやすいからこそ起因という言葉が使われる機会が少なくなっていると考える事も出来ます。

もちろん人によっては起因という言葉を遣ったりする場合もありますし、一般的にかしこまった言い方で表現したりする場合には起因という言葉を用いられる可能性も高くなったりするのですべてとは言い切れませんが、一般的な表現方法では原因の方が勝っていると捉えてください。

要因

物事の結果の主要な原因

次にご紹介する起因という言葉に似ている言葉は「要因」です。

要因という言葉も比較的私たちは日常生活で使ったりする可能性が高い言葉になると思います。

全く同じ意味であるのかと考えた時に少し違和感を感じる方もいるかもしれませんが、ある程度共通した認識を持たれて使用されている言葉であると捉えることができます。

しかしながら先ほどご紹介した原因という言葉と比べるとやはり使用頻度や認識に関しては少し低下傾向にあると考えることができます。

ビジネスの現場においては使われることがあるかもしれませんが、原因という言葉と比べると年齢が幼い方が使っている言葉であるかと聞かれるとそうでもありませんよね。

なのでもしも使われる場合を考えた時に、おそらくビジネスの現場であったり、なんらかの研究に関する報告、本や文献などで使われる場面の方が多かったりするとイメージを持っていると思います。

では要因という言葉がどの様な意味を持っているのかと考えると「物事が起こったきっかけのうち、要となったもの」という意味を持っています。

少し難しい表現かもしれませんがよく考えてみると分かりいただけると思います。

要因という言葉の意味としてはまずもの事自体はあらゆる因が関わって出来上がっていると考えることが出来ます。

例えばある出来事が起こったきっかけを考えると1という因と2という因、そして3という因が起こったからこそその出来事が発生したと考えることが出来ます。

しかしながら、1と2と3という因がすべて同じ重要性を占めているとは考えられないですよね。

もしかすると1と2はあまり重要性が少なく、最後に起こった3という因が重要性があったからこそ、その出来事は起きたのではないかと考えることが出来ます。

このように、様々な因の中から、一番要、つまり重要性が高いきっかけとなった因、つまり3がある出来事が起った「要因」であると考えることが出来るのです。

少し複雑な表現だったかもしれませんが要因という言葉が持っている意味がお分かりいただけたと思います。

起因との比較

要因という言葉の意味をある程度理解いただいたところで、要因という言葉と起因という言葉が似ているかどうか考えておきましょう。

まずは先ほどと同じ様に要因という言葉の意味と起因という言葉の意味を見比べてみましょう。

要因という言葉の意味は「物事が起こったきっかけのうち、要となったもの」という意味です。

そして起因という言葉の意味は「物事が起こった原因」という意味です。

つまりこの二つを見比べてみると完全に同じ意味かと聞かれるとそうとは言えませんが、基本的な意味としてはほぼ同じであるという事がお分かりいただけると思います。

しかしながら全く同じ意味というわけではありませんので使い方については必ず意味を正しく理解した上で使わないと、人によってば誤解を招いてしまう可能性もあります。

具体的には要因という言葉は確かに起因という言葉と同じ様に物事が起こった原因を表している言葉ではあるのですが、様々な原因の中から一番要となったものをピックアップして表している言葉なのです。

それに反して起因という言葉は物事が起こった原因をすべて表している言葉になるので、例えば先ほどご紹介した1と2と3の因全てが「起因」と表すことが出来るのに対し、一番重要性が高かった3だけを「要因」として表現する事が出来るのです。

なのでこの点は間違わないように解釈する必要があります。

しかしこの点を理解しておけば上手に言葉を使う事が可能になりますし、相手の説明に対しても正しい認識で解釈することが出来るようになります。

複雑かもしれませんが、覚えておけば絶対に役立ちますので、インプットしておいてください。

【要因については、こちらの記事もチェック!】

真因

物事の本当の原因

次にご紹介する起因という言葉に似ている言葉は「真因」です。

真因という言葉はなかなか日常生活においては聞くことができない様な言葉です。

おそらく真因という言葉を初めて聞いた方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

真因という言葉の意味は「事件・事物の本当の原因」という意味を持っています。

なので警察官の方などは比較的聞いたことがあるような言葉になるかもしれませんが、一般的な生活をしている方からすれば程遠い言葉になると思います。

もちろん意味の中には事件以外にも事物に関する本当の原因という意味も含まれていますので、一般的な日常生活における出来事に関する面も含まれていますから該当しないというわけではありませんが、一般的に私たちが使っている言葉は原因や要因の方がはるかに多いと思いますので馴染みがない言葉といっても過言ではありませんね。

起因との比較

真因という言葉の意味をある程度理解いただいたところで真因という言葉と起因という言葉が似ているかどうか考えてみましょう。

意味を見比べてみると真因は「事件・事物の本当の原因」という意味です。

起因という言葉の意味は「物事が起こった原因」という意味です。

これらを比べた時に印象としてはほぼ同じ様な意味を持っていると考えで間違いありませんね。

しかしながら明確な違いを挙げるとすれば、真因という言葉には事件などの出来事も含まれており、さらに「本当の」という意味が隠れていますので、原因があってさらにそこから真因にたどり着くという構図を一般的に想像することが出来ます。

少しややこしいかもしれませんが原因である事に明確な違いはないですが、それまでの過程を含めた言葉であるという印象を受けますよね。

なので全く同じかと言われれば素直にはいとは言えないですが、ある程度大まかな内容については似ている言葉であると捉えることができます。

誘因

ある作用を引き起こす原因

次にご紹介する起因という言葉に似ている言葉は「誘因」です。

誘因という言葉も真因という言葉と同様に全く聞き覚えがない言葉といえます。

日常生活で誘因という言葉を聞いた事があるという経験の方が圧倒的に少ないと思います。

そもそも意味すら理解していない方もたくさんいらっしゃると思います。

誘因という言葉の意味は「ある事柄を誘い出す原因」という意味を持っています。

これに関しては漢字から少し想像することが出来たかもしれませんが、それでも聞く機会はすくない言葉なので知らないのが当然です。

様々な表現方法が存在する中でわざわざ誘因という言葉で表現したりする機会はすくないでしょう。

しかし知っていると若干のニュアンスの違いまで理解することが出来るようになりますので、理解しておいて損な事はないはずです。

起因との比較

誘因という言葉の意味をある程度理解いただいたところで誘因という言葉と起因という言葉が似ているかどうか考えてみましょう。

意味を見比べてみると起因は「ある事柄を誘い出す原因」という意味です。

起因という言葉の意味は「物事が起こった原因」という意味です。

これを見比べてみると直接的な意味合いとしてはそこまで変化がないかなり似ている言葉であると解釈することができます。

しかしながら原因という言葉自体は同じなのですが、誘因という言葉は漢字にも入っているように、「誘い出す」という表現が用いられています。

なので表現方法として全く同じであるとはいいがたい言葉になります。

若干のニュアンスの違いだけかもしれませんが、現実でこの言葉を使った際には場合によっては違和感が残る説明がある可能性もありますので、すべての場面で代用できるとかと言われればそうではない言葉かもしれませんね。

️起因の使い方

ここまでは起因という言葉の類語についてご紹介していきました。

たくさんの類語が存在している中でそれぞれの意味合いなどを正しく理解いただけたと思います。

似ている言葉がたくさんあればどの様な言葉で表現すれば良いのかという区別がなかなかつきづらいかもしれませんが、正しく意味を理解していればその場その場で適切な表現をすることが可能になると思いますので、言葉のチョイスが上手になるというメリットも存在しています。

なのでこの機会にたくさんある似ている言葉をそれぞれ関連付けて理解しておいてください。

その上でさらに起因という言葉についての理解を深めて頂くために起因という言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

様々な場面で使用できる便利な言葉であるという事はお分かりいただけたと思いますので実際に例文を交えて「起因」という言葉を表現してみたいと思います。

現実の世界で使い事を想定してこれからご紹介する例文を自分なりに意味などを解釈してみてください。

機械の不備に起因する事故

まず初めにご紹介する起因という言葉を使った例文は「機械の不備に起因する事故」です。

これはどういうことかと言いますとなんらかの事故が起こった原因について表している例文と捉えることができます。

この例文に起因の意味である「物事が起こった原因」を代入してみればすぐに意味がお分かりいただけるはずです。

ではこの例文の意味を考えてみると「機会の不備が原因になって事故が起きた」と解釈することが出来ます。

これに関しては特に最近様々な航空機トラブルが起きていたりしていますのでより現実に置いている事象と比較して考えることができると思います。

当然物事が発生するのには理由が存在しています。

これはただ突然起こった事故ではなく、機械の不備という原因があったからこそ起きた事故という出来事です。

このようにして考えれば起因という言葉はそれほど使用するのに難しい表現方法ではありませんね。

トラブルの起因を調べる

次にご紹介する起因という言葉を使った例文は「トラブルの起因を調べる」です。

この例文に関しても起因という言葉の意味を正しく理解しておけばそこまで難しくない表現です。

もう一度起因という言葉の意味を思い出して代入してみましょう。

この例文の意味は「トラブルが起こった原因を調べる」という意味とした解釈することが出来ます。

トラブル=「もめごと、いざこざ、紛争、故障、不調」ととらえることが出来ます。

なのでトラブルが起きるのにも必ず原因が存在すると考えることが出来ます。

なので、トラブルという出来事が起こった原因を調べる必要性があると考えることが出来ますね。

必ずしも原因という言葉を使うのではなく起因という言葉を使う事によって受け取り側に少しニュアンスの違った意味を伝えることが出来ますのでそのちょっとした表現、受け取りの違いについても着目していただけるとより正しい使い方が理解いただけるかもしれません。

起因となるものを洗い出す

次にご紹介する起因という言葉を使った例文は「起因となるものを洗い出す」です。

この例文に関しての意味は「原因となったものを洗い出す」という意味とした解釈することが出来ます。

これまで何度も紹介してきた様に必ず何らかの出来事が起こる場合はその原因となることが存在しています。

なのでその原因を探す=洗い出すという表現を行っています。

そこまで難しい意味合いではありませんので、基本となり原因を探すという言葉の別の表現方法を知っていれば難なく解釈できるはずです。

失敗の起因を考える

次にご紹介する起因という言葉を使った例文は「失敗の起因を考える」です。

これの例文の意味は「失敗をしてしまった原因を考える」という意味です。

日常生活において私たちは様々な失敗を経験することがあると思います。

それはプライベートにおいてもそうですし、ビジネスの場面においてもあり得る話です。

例えばプライベートで好きな相手ができたとして好きな相手とデートをしている時に好きな相手の気分が突然害してしまったという事があったとします。

これには当然原因が存在しますので自分が行った行為の中で相手に対して失礼なこと、相手が嫌だと感じる様なことをしてしまったのではないかと考える場面で使用することができますし、ビジネスの場面においても失敗をして上司に叱られてしまったという事があった場合に、なぜ上司から叱られてしまったのかという失敗の原因を考える場面でも使うことができます。

失敗からたくさんのことを学ぶことができますので、失敗の起因を考えることはチャンスにつなげることができます。

なので失敗の起因を考える習慣を大切にし、怠らなければいつか必ず失敗する事のない一人前の人間になれることが出来ます。

このような場面で使用できる便利な例文です。

そのことが起因して彼は会社を辞めた

次にご紹介する起因という言葉を使った例文は「そのことが起因して彼は会社を辞めた」です。

この例文の意味は「それが原因になって彼は会社を退職してしまった」と解釈することが出来ます。

おそらく社会で活躍している人間であれば身の周りの人間がある日会社を辞めてしまったという経験は誰しもが体験した事があると思います。

行動には必ず何らかの原因が存在しています。

自分が知らないだけでその人は何かしらのストレスを受けていた可能性もありますし、会社を辞めなければいけないような強い動機があったはずです。

それを踏まえた上でこの例文を見てみると、どうやら彼が会社を辞めてしまったのはこの原因が理由だったのかと気づいた時に使用できる例文になります。

日常生活で頻繁ではないに起りえないにしても上手に表現できる例文の1つです。

️起因の意味を正しく覚えよう

今回は起因という言葉をテーマにして起因の意味や似ている言葉そして使い方などについてご紹介いたしました。

今回ご紹介した内容を踏まえるとある程度読んでいただく前よりも起因という言葉に関しての理解が深まったと思います。

因果関係にある言葉がかなり難しい言葉だったと思いますが、正しく意味を理解して区別することができれば上手に話をすることができますのでこの機会に忘れないようにしておいてください。

また、日常生活においても表現することが出来る単語だとご紹介しましたので、是非日常生活で使用できる場合があれば積極的に使って表現してみてくださいね。