私たちはある程度の年齢を超えると好きな相手を見つけてその人と恋愛をして最終的に結婚して家族をもうけます。

これがいわゆる基本的な人生の1つの流れとなっているのは明白です。

もちろん今では恋愛の在り方も多様化しており、様々な恋愛が認められている時代です。

例えば、ゲイやレズビアンといった恋愛についても世界でも認められつつあります。

男性が男性を好きであっても女性が女性を好きであってもそれは個人の自由であり、他人がとやかく決める事ではないのです。

しかし、一般的には私たちは男性は女性、女性は男性を好きになり子どもを作り自分の子孫を繁栄させていくという事が本能には存在しています。

だからこそ思春期を迎えて自然と私たちは異性に対して興味を持つようになり、性的なことに関しても興味を持つようになっています。

そしてこの人となら一緒になっても良いなと思える様な人と結婚する理由なのですが、本来は結婚してある程度落ち着いて子どもを授かるというパターンが一般的ですが、今の時代では子どもが出来て結婚をするという、いわゆる出来ちゃった結婚なども当然あります。

時代の流れとともに結婚に関しても様々なパターンが存在しているのです。

そしてそれは子どもを作る場合も該当し、いわゆる婚外子というものもひとつのパターンに該当します。

今回は婚外子をテーマにして、婚外子という言葉の意味や歴史などについてご紹介していきたいと思います。

️婚外子ってなに?

あなたは婚外子という言葉を聞いたことがありますか?
おそらくあまり聞き慣れていない言葉になるかと思います。

ある程度社会的な経験をしていたり年齢が上の方に関しては言葉の意味を知っていると思いますが、まだ社会的な経験が少ない若い年齢の方については聞いたことも意味自体も理解していない場合が多いと思います。

あまり使わない言葉なので人によっては理解しなくても問題ないと考える方もいるかもしれませんが、日本語に関してはある程度意味を理解しておかないと窮屈な思いをする可能性もありますし、自分が知らないワードが出た時に話に入れない可能性もありますし、人によっては相手から意味を理解していないことに対して不快な顔をされたり、見下されたりする可能性などもありますので、社会人として活躍している人間であれば基本的な言葉については理解しておいた方が必ず自分にとって良い状況になりますので、この機会に婚外子という言葉について理解してみてください。

婚外子とは

婚姻届を出していない男女間に生まれた子


婚外子とは何かと考えた時に、婚外子とは「婚姻届を出していない男女間に生まれた子」という意味を持っている言葉です。

つまり簡単に言えば結婚していないのに生まれた子どもという意味として解釈できます。

今は恋愛のあり方や子供の出産などに関しても様々な状況が存在しています。

昔と時代は変わっており、何が正しいのかは個人でしか理解できないくらい複雑な状況などもありますので先入観や固定観念を持って判断してはいけないような事になるかもしれませんが、一般的に考えればあり得ない状況と感じる方もいるかもしれませんね。

本来であれば子供ができたのであれば当然子供を作った男性と女性が結婚をしてその子供を元気に育てていく義務が生じます。

たとえ自分が養っていく余裕がなかったとしても、生まれてきた命を一番に考えてその子供のために決断をしなければいけない時は当然あると思います。

しかしながら世の中全ての人間がどの様な考えを持っているとも限りませんし、時には致し方なくその様な状況に身を投じざるを得ない様な状況も存在しています。

なので一概にこの状況に対して固定観念を持って周りが口を出せる様な問題でもありません。

一般的には理解されてないかもしれませんが、一番大切なのは子供を産む女性とそして生まれてくる子供の考え方が一番大切であるということは間違っていないと思います。

あまり自分の周りでもこの様な状況は見られないし聞き慣れていない状況になると思いますが、もしも自分の周りにこの様な状況になっている人がいた場合様々なことに気を使って対応していかなければいけませんので、知識としてだけでも知っておけばある程度自分がどの様な対応をすれば良いのかということなども考えるきっかけに繋がると思いますのでこの機会に詳しく婚外子という事について考えてみてください。

️婚外子の関連言葉の色々

婚外子という言葉の基本的な意味合いをご紹介していきましたが、初めて婚外子という言葉を知ったと言う方もいれば以前から知っていたという方もいると思います。

先ほどご紹介したように恋愛のあり方や子供の出産などに関しては今は様々な方法が存在している時代になっています。

言ってみれば婚外子というものはその状況を示すたった一つのパターンの言葉にすぎません。

そして何が正しいというわけではなく、一番大切なのは本人とそして生まれてくる子供ということのご紹介しましたが、それを踏まえた上で婚外子という言葉に関連した様々な言葉についてもここからご紹介していきたいと思います。

もしもあなたが婚外子に関連した様々な言葉について知識として身につけていない場合はこの機会に様々な状況が存在する可能性ということも踏まえて知識として身に着けてみてください。

嫡出子

婚姻関係の男女間に生まれた子


嫡出子という言葉をあなたは知っていますか?
子供の母親であったりある程度社会的経験をしている年齢を重ねた方であればわかるかもしれませんね。

嫡出子というのは「法律上婚姻している夫婦の間に生まれた子供」という意味を持っています。

つまりこの意味を考えてみるとこれが一般的な結婚のパターンの一つであると捉えることができると思います。

つまり法律上結婚をしている夫婦の間に子供が生まれるという意味合いになりますので、結婚をしてそれから子供を作るといういわゆる一般的な流れのパターンに該当すると考えることができます。

重ねてお伝えしますが結婚のパターンに関しては今の時代は様々な多様化がなされていますので、何が正解という事は存在していません。

しかしながら一般的に準備をしながらなるべく自分たちが困らない様にまた子供に関しても安心して育てていける環境を考えた上での一番安全性の高いパターンであると考えることができます。

固定観念を持っていたり、様々なことに関して厳しい考えを持っている方は嫡出子のパターンしかなるべく認めたくないという考えを持っている方は多くいるかもしれませんね。

いずれにしても先ほどご紹介した婚外子とは全く別のパターンであるということがお分かりいただけると思います。

非嫡出子

次にご紹介するのは非嫡出子という言葉です。

この言葉に関しては先ほどご紹介した嫡出子という言葉の前に非というキーワードが入っている事がお分かりいただけると思います。

これだけである程度意味合いなどが想像できるかもしれませんね。

この言葉に関しては先ほどご紹介した嫡出子という言葉の反対の言葉と考えていただいて問題ありません。

つまり非嫡出子の言葉の意味としては「非婚姻関係の男女の間に生まれた子」という意味を持っています。

つまり解釈としては法律上結婚をしていない夫婦の間に子供が生まれるという意味合いとして存在しています。

様々な状況などがありますので、このようなパターンも当然存在します。

なるべくであれば男性と女性の親が一緒に寄り添って健康的に子供を育てていくのが一番ベストな方法になるかもしれませんが、時と場合によってはこれが叶わないことも当然ありますので、どの様な時にその状況を表す言葉として非嫡出子という言葉が用いられています。

婚外子と同じ意味

非嫡出子の言葉の意味について簡単にご紹介していきましたが、非嫡出子の意味をご紹介したところでおそらく勘の良い方は違和感を感じていると思います。

先ほど婚外子という言葉の意味について簡単にご紹介していきましたが、この言葉と非嫡出子の言葉の意味が全く同じであるということがお分かりいただけますか?
婚外子の意味は「婚姻届を出していない男女間に生まれた子」、非嫡出子の意味は「非婚姻関係の男女の間に生まれた子」という意味です。

この意味を見比べてみるとこの二つの言葉が全く同じ言葉であるということがお分かりいただけると思います。

なぜならばどちらの場合も結婚をしていない男性と女性の間に生まれた子供という意味合いを持っているからです。

婚姻届を出していないということは当然ながら法律上では結婚していないということになってしまいます。

明日結婚していないということは非婚姻関係にあるという事が考えられますので、まったく同じ意味であると解釈出来るということです。

ではここで更に疑問が生じると思いますが全く同じ様な意味合いを持っている呼び名が2つあることに関して違和感を感じているからがいるかもしれませんね。

しかしながらこの二つに関しては若干の違いが存在しています。

その違いについて簡単にご紹介いたします。

法律上では非嫡出子と呼ばれる

が、具体的にその違いを説明するとなると、まず意味自体は全く同じと考えてもらって間違いはありません。

しかしながら呼び名が違うのはもともと法律上に関しては非嫡出子という言葉で呼ばれています。

実際に例えば法律の民法などに関しても非嫡出子という言葉で呼ばれているという事は周知の事実となっています。

しかしながらその様に考えると婚外子という言葉自体がどうして生まれているのかということが不思議でたまらない方がいらっしゃるかもしれません。

ではなぜこんな人言う言葉が存在しているのかと言いますと、非嫡出子という言葉に関しては若干ながらの差別的な意味合いが含まれているのでは、という指摘があるからです。

もちろん世の中に存在しているすべての人がこの言葉を差別的な意味合いとして捉えているというわけではないと思いますが、人によってはあまり良い意味として捉えられていないという事が現実として存在しているかもしれません。

そのために婚外子という言葉に置き換えて考えることで頭に非という言葉がなくなる事により言葉のイメージとして若干ながらマイナスなイメージが亡くなっていると考えられています。

法律に記載されている言葉が嫡出ニ非サル子という言葉なのでこれ自体が変わるという事ではありませんが、一般的にそのような状況などを指し示す場合は対面上では婚外子という言葉を使う方が一般的になっているのかもしれませんね。

️婚外子という言葉の歴史

ここまでは婚外子という言葉とそれにまつわる言葉に関してある程度まとめてご紹介していきました。

ある程度基本的な意味を理解いただいたところでここからは婚外子という言葉の歴史についてご紹介していきたいと思います。

婚外子という言葉を初めて知った方はおそらく婚外子という言葉の歴史についてまでは当然知らないと思います。

しかしながらまだ結婚をしていない方や年齢が幼い方に関してはもしかするとこれからの人生で自分自身が婚外子を経験していく可能性がないとも言い切れません。

もちろん割合としてはかなり低い理由になるかもしれませんが、いざ自分が当事者の立場として立たされた時にある程度歴史について理解がある場合と理解がない場合に関しては自分自身の決断が大きく変わってくる可能性もあります。

純粋にたくさんの知識を身につけておけば様々な場合においても問題なく話をすることもできるよいになりますので、自分の認識を深めるという意味でもある程度言葉について理解しておく事は大切な事です。

なのでこの機会に婚外子という言葉の歴史についても、もしも自分自身が当事者だったら…ということを交えながら考えてみてください。

非嫡出子=マイナスイメージ

嫡出という言葉は先ほどご紹介したように婚姻関係にある男女から子供が生まれることを意味しているとこ紹介しました。

現代における認識としてはそこまで深く考えて言葉を選んでいるわけではないと思いますが、昔は嫡出という言葉に関しては「正統」という言葉の意味が存在していました。

では嫡出という言葉が正当な意味を持っているとするならば、非嫡出に関してはどういう意味が持たれていたと思いますか?
現代においてはあり得ないかもしれませんが、昔は非嫡出は「庶出」と呼ばれており、この事版の意味は「異端」という言葉を持っていました。

現代においては絶対に考えられないような考え方ですよね。

しかし当然ながら先ほどご紹介した様に今現在ではこの様な言葉を用いられていません。

しかしながら少なからず昔に関しては非嫡出子という言葉に関しては圧倒的なマイナスイメージと同等な意味合いとして捉えられていました。

ではこの言葉がなぜ今は変わっているのかということが疑問に浮かぶと思いますが、それはあるひとつの歴史が関係していると考えることができます。

1980年以降婚外子差別反対運動が始まる

なぜ庶出という言葉から現在においては言葉が変わっているのかと考えた時に関与している歴史は1980年代以降に行われた婚外子差別反対運動が大きく関与していると考えることができます。

これは先ほどご紹介したように法律上「非嫡出」という言葉を使われるのはマイナスイメージをもたらしているということに反対している運動です。

一般的に考えれば確かにマイナスなイメージを含んでいる要素がありますのでこれを認めるわけにはいかないという気持ちは当然の事ですよね。

だからこそ「非嫡出子」という言葉で呼ぶべきであるという反対運動の結果、名称などが変わってきていると考えることが出来ます。

そもそも反対運動が起こるきっかけの大切な理由の1つとしては単純に呼び名だけの関係性ではなく、非嫡出子がなぜ生まれるようになったのかという経緯が関わっているからです。

具体的に説明すると例えば婚外子出産の一つのパターンとしては子供ができてそして女性としては男性と結婚して一緒に子供を育てていきたいのに男性が結婚を拒否して子供だけを育てていかなくてはいけなくなったという様な状況も存在しているからです。

もちろん自分の子供ができて嬉しいはずはないと思いますが、それでも女性一人だけの負担で子供を育てていくとなった時にはかなりの負担が生じますし、考えてみれば男性の身勝手な理由によるものであると捉えることもできます。

しかしながらその様な状況においても差別的な呼び名で呼ばれているという事に関してはあまりにも恵まれないという事も関係していると捉えることが出来ます。

そこで生まれたのが婚外子

最終的にこの婚外子差別反対運動が高まっていきたくさんの方が関心を寄せるようになり、とても重要なことであるということがたくさんの方に認知される様になった結果、新しい言葉として婚外子という言葉が生まれるようにもなっています。

非嫡出子という言葉ではなく婚外子という言葉が生まれるようになってからマイナスイメージなどもなくなり、差別的な捉え方なども少なくなってきたからこそ、今の時代では配慮を用いた呼び方で統一されていると考える事もできますし、一人一人の考え方なども大きく変わっ原因の一つになったと捉えることができます。

️婚外子出産のパターン

ここまでは婚外子という言葉の歴史について簡単にご紹介していきました。

なぜ婚外子という言葉が生まれたのかということがこれまでの歴史を踏まえておわかりいただけたと思いますが、先ほど簡単に触れましたが婚外子出産になってしまうパターンというのは様々な状況が存在しています。

実際に話を聞いたことがあるという方は具体的な状況を想像することができるかもしれませんが、社会的な経験が少なかったり子供を授かるということに関してまだ考えられないような年齢の方については詳しい状況などは理解できないかもしれませんね。

なので一つの知識として身につけていただきたいと思いますのでここからは婚外子出産のパターンについていくつかご紹介していきます。

もしかしたら自分がこの様なパターンのどれかに該当してしまう可能性もあるかもしれませんので、自分がもしこの様な状況になってしまったらどの様にするべきなのかということも踏まえながら考えてみてください。

子供だけ欲しかった

まずはじめにご紹介する婚外子出産のパターンのひとつとしては子供だけが欲しかったという場合です。

これはどういう状況かと言いますと例えば子供を産む女性が自分の子供は欲しいけど結婚するということはあまり考えたくないという場合などが存在するということです。

冒頭でも簡単にご紹介した通り人間は本能の一つとして自分の子孫を残して行くという事が一つの目的として活動しています。

だからこそある程度の年齢になれば自分の子供が欲しいと思うとはある程度自然なことなのです。

しかし子供を欲しいと思う方の中には自分が子供を育てていきたいので夫という存在は必要ないと考えている方が一定数存在しています。

それは単純に子供だけが欲しくて夫は特に求めていないという場合もあれば、子供を教育する上で夫の存在が必要ないので自分だけの力だけで育てていきたいという思いが存在する場合など、様々な場合が存在しています。

単純に夫に縛られたくないと考えてる方ももしかしたらいるかもしれません。

なのでこの様な状況に関しては婚外子出産を行って母親が一人で子供を育てていくというパターンは当然考えられる一つの要素として存在しています。

男性が離婚をしない

次にご紹介する婚外子出産のパターンのひとつとしては男性が離婚をしないということです。

これはどういうことかと言いますと、かなり複雑な状況になりますが例えばあなた自身が女性として考えてみてください。

あなたは会社の上司のことを好きになってしまい会社の上司は結婚既にしている、若しくは結婚隠してあなたと親密な関係になったとします。

いわゆる不倫という行為にあたるのですが、この様な不倫行為を行っていく過程の中で最終的に子供が出来てしまったと考えます。

この時に場合によっては相手が結婚しているという事実を知れば子供を産むという選択肢を捨てる人もいるかもしれません。

しかしながら相手がもしも自分が今結婚している人と離婚し、あなたと結婚してそのお腹の子供一緒に育てていきたいと約束をしてくれた場合は子供を産もうと考え直す方がいるかもしれません。

その様な状況が2ヶ月続いて最終的に子供を出産した場合、現実を見てみれば子供の夫となる存在の男性が結局結婚している妻と別れないと言い出した場合が存在します。

なのでいわゆる口約束だけであり実際に行動を共にしなかった場合というパターンです。

当然ながら女性からしてみれば相手に騙されてしまったと捉えられてもおかしくはない悪質な行為の一つです。

しかし子供を産んでしまったのであれば当然育てていくと言うことにならざるを得ませんので、シングルマザーとして子供を1人で育てていく、つまりこれが婚外子のパターンのひとつとして捉えることができます。

望まない妊娠

次にご紹介する婚外子出産のパターンのひとつとしては望まない妊娠のパターンです。

これはどういうことかと言いますと、様々な状況が考えられます。

しかしながらその中の大きな一つとしては自分自身が望んでいないにも関わらず無理やり相手から性行為を強要されてその過程の中で子供を妊娠してしまったというパターンです。

しかしながらこの前に関しては人工妊娠中絶を行う事も可能になりますので、当然該当しない場合も存在します。

その他のパターンとしては例えば性行為を行った時に元々子供を作ろうと考えていなかったのに出来てしまったパターンです。

当然ながら元々子供を作って育てていきたいと考えている場合と、子供が欲しいと思っていないのにできてしまったというパターンに関しては自分の気持ちを決断するための動機が不足してしまうという違いが生まれる可能性があるのです。

これが具体的にどういうことかと言いますと、当然子供を作って育てようと思っている方も子供が出来たら嬉しいはずです。

しかし子供を作ろうと思って作ったわけではないのにできてしまった場合は、今後子供を育てていくという覚悟やその相手と結婚するという覚悟が伴っていない場合がありますので、いわゆる男性側が逃げてしまったり、生む事に反対してしまうケースに発展する可能性があるという事です。

当然ながらその様な身勝手な考え方で子供をおろすという事は認められませんし、女性は自分の体内に命を宿していますので例え相手から反対されても自分だけで育てるという覚悟を持つ可能性は十分あります。

なのでその場合は婚外子出産となってしまいますので一つのパターンとして考えることができるのです。

事実婚

次にご紹介する婚外子出産のパターンのひとつとしては事実婚ということです。

そもそも事実婚という言葉自体が分からない方がいるかもしれませんので、簡単に事実婚と言う言葉を説明すると、事実婚は「結婚しているという意識を当事者は持っているが婚姻の届出をしていないために法律上は婚姻とされない共同生活をしている状態」という意味を持っている言葉です。

つまり婚姻届を出していないが、一緒に住んで夫婦同然の生活をしている人間、もしくはその意識を感じながら生活を共にしている人間のことを指し示している言葉でもあります。

一般的に考えればなぜ結婚しないのと考える方がいるかもしれませんが、婚姻届を出すことによってもしも結婚生活が破綻してしまった場合に、バツが付いてしまう事を恐れている人が存在している可能性もあるからです。

届け出を出す出さないだけの違いで、根本的に大切なのはお互いの気持ちであると考えている方も多く存在しているためこのような状況になっている方は意外とたくさん存在しているのです。

しかしながらこの様な状況でもしも子供が生まれてしまった場合は法律上結婚をしているわけではありませんので、子供ができた場合は言ってみれば婚外子と有用な状況になります。

しかしながら法律上としては婚外子出産のパターンに関してももしも相手、つまり父親側が認知しないと言っても強制認知させることが出来るため、父親が判明していれば強制的に父親の名前は戸籍に記入されます。

もちろん子供ができたことをきっかけに結婚するという決断をする方もいるかもしれませんし、その状態のままでも愛情があれば特に問題はないはずだと考えて籍を入れないままの方もいますので何が正解かという事を問うのは少し難しい状況かもしれません。

【事実婚については、こちらの記事もチェック!】

シングルマザー

次にご紹介する婚外子出産のパターンのひとつとしてはシングルマザーです。

これについては先ほどご紹介しましたが、これまでご紹介してきた様々な状況に関してもしも父親が子供を認知せずに逃げようとしたり、実際に認めようとしなかった場合などに関してはシングルマザーとして子どもを女手一つで育てていく事などが当然予想されます。

そのような時には婚外子という状況になりますので、これもひとつのパターンとして考えることが出来ます。

誰の子かわからない

次にご紹介する婚外子出産のパターンのひとつとしては誰の子かわからないということです。

これに関しては様々な状況が存在しますので一概に本人が悪いとは言いにくい部分があるのですが、例えば先ほど触れた様にいきなり見ず知らずの人間から性的な暴行を受けて妊娠してしまった場合当然相手が誰なのか一切わからない状況になってしまいますよね。

もちろんこの場合は人工妊娠中絶が可能になりますので、それ以前に子供を育てないという選択肢も存在するので該当する場合と該当しない場合が存在します。

ではそれ以外の状況を考えた時に、考えられるのは不特定多数の人間と性行為を行ったということです。

自らの意思で不特定多数の人間と性行為を行って最終的に妊娠してしまったが、妊娠した時期から逆算して該当する時期に不特定多数の人間と性行為を行った場合は誰の子どもなのかわからなくなってしまう可能性がありますよね。

なのでこの様な状況が回答する場合は誰の子供かわからないため婚外子という形で出産をする可能性も生まれてくるのです。

しかしながらこの場合に関しても一応出生前診断と方法が存在しており、出産前だったとしても母親の血液や羊水を摂取することでDNA検査をすることが可能になっています。

これで父親を特定する事なども可能になっていますので、事前にわかる可能性もあります。

また不特定多数との性行為に関してもそれぞれ3週間間が空いていればエコー検査などで妊娠週を割り出す事なども可能になっていますので、該当しないで済む場合などもあります。

️婚外子について理解できましたか?

今回は婚外子をテーマにして婚外子に関する意味、婚外子に関する様々な言葉、そして婚外子の歴史や婚外子のパターンなどについてご紹介していきました。

自分自身が想像しているよりも婚外子の状況というのは様々な状況があるということがお分かりいただけたと思います。

私は絶対に婚外子にならないと考えている人がいるかもしれませんが、それは未来を感じることができる超能力を持っている人間以外には断言することはできません。

世の中何が起こるかわかりませんし、いつその状況が突然訪れるかということも当然ながらわかるわけがありません。

ですので今自分たちにできることは婚外子と言うことについての知識を事前に身につけてもしもその場に立たされた時はどういう対応をするのが一番なのかという事が大切なのです。

なので、自分には関係ないとは思わずに今回ご紹介した内容がいつ自分の身にふりかかるかわからないという事を考えながら、相手を選んで幸せな人生を送れるように行動してください。