私たちは生きていると同時にたくさんの方はたくさんの企業に勤務していると思います。

当然企業にはたくさんの種類がありますのでそれぞれの業界で活躍している企業は様々存在します。

いわゆる中小企業と呼ばれる企業も存在すれば大企業と呼ばれる企業なども存在します。

一般的に中小企業よりも大企業で勤めている方がステータスも高いですし、商品の価値も高い場合が多いです。

実際に物を販売している場所に行けばお分かりいただけると思いますが、大企業から販売されている商品と中小企業から販売されている商品では大企業で販売されている商品の方が価格も高くなっている場合が多いです。

例えば中小企業が販売している掃除機とダイソンが販売している掃除機とでは価格が全く違いますよね。

単純に性能の違いもあるかもしれませんが、圧倒的なまでのブランド力というものも付加価値としてプラスされているのは事実です。

では、ここでひとつの疑問が浮かび上がってくるのですが大企業と中小企業では何が違うのかという点です。

あなたはこの違いを具体的に証明できますか?
有名な企業が大企業と呼ばれていたり、そうではない企業は中小企業と呼ばれているなどの一般的な意見もありますが、中小企業でも有名な企業などはたくさんあります。

なので今回は大企業をテーマにして、大企業はどういう会社なのか、そのポイントなどをご紹介していきたいと思います。

️大企業ってどう言う会社を指す?

おそらくたくさんの方々が大企業の定義についてはこれまで考えたことがないと思います。

おそらく大企業の定義について調べたり考えたりしたことがある方はごく一部であり、それ以外の方は何となく自分の中の判定基準で大企業であるかないかということを考えて判断している場合が多いと思います。

しかしながらたくさんの方がそれについて学習をしていないのはしょうがない部分でもあり、学校がそれについて教えてくれたりするわけでもなく、特に勉強する機会が存在していないと言うのも事実だからです。

生きていく上で絶対に必要な知識かと言われるとそうではないかもしれませんが、ある程度の判定基準についての知識は持っておいた方がビジネスの場面においても正しい知識として活かすことができる場合もありますので、もしもこれまで考えたことがなかったという方はこの機会に企業の呼び名の区別についての知識を身に着けて頂きたいと思います。

会社の分類


もしも会社を区分分けするとすればあなたはどういう風に区分分けを行いますか?
単純に区分分けをするのであれば様々な方法があるのですが、今回は企業の大きさ別に分けると考えると大きく三つに分類することが出来ます。

小規模企業、中小企業、大企業と大きく分けることが出来るのですが、大企業の定義について知らない方についてはおそらくこの他の分類区分についても理解していない方がたくさんいると思います。

なのでまずは大企業の分類分けを知って頂くためにこの三つの企業の分類区分についてご紹介していきたいと思います。

小規模企業

まずはじめにを紹介する会社の分類の一つは小規模企業です。

小規模企業はその名前の通り一般的な会社の中でも小規模な会社を指し示している言葉です。

あまり名前が知られていない企業であったり、企業自体の規模が小さい場合は小規模企業と一般的に呼ばれていますが具体的な定義としてはある程度決められています。

小規模企業の定義としては従業員の数で区別されています。

しかしながら注意していただきたいのはそれぞれの境界によってその定められている人数というものも変化しているという点です。

具体的にどういうことかと言いますと一般的に製造業に関しては従業員の数が20人以下を下回っている場合は小規模企業と呼ばれています。

つまり工場などに関して20人以下の規模で日常の業務を行っている企業は小規模企業に当たると考えることができます。

そして商業やサービス業に関しては5人以下の企業が小規模企業にあてはまると考えられています。

つまりお店などの店舗であったり、美容室などのお店などに関しては5人以下が小規模企業のお店であるということです。

人数によって変化するという事自体があまり知られていないですし、初めて知るという方もたくさんいると思います。

実際に美容室に関しては従業員が5人以上の場合はある程度お店も大きい場合が多かったりしますので、その業界ではそれなりに知れてているお店という事もあったりします。

なので業種によって明確に区分分けされているという事を覚えておいてください。

中小企業

次にご紹介する会社の分類の一つは中小企業です。

世の中に存在している企業の中で中小企業に該当しているものはたくさん存在しています。

しかしながら中小企業に関しても具体的な定義についてはあまり知られていないのが現実です。

また中小企業の定義に関しては少し難しかったりするのでわからない形が多いのも当然です。

具体的にどの様な区分分けが存在しているのかと考えた時に、「生産販売などを行う資本の単位組織である企業の中でその規模が比較的小さいもの」を指し示している言葉です。

しかしこれだけでは小規模企業も該当してしまいそうですよね。

なのでその上で小規模企業との明確な区分についてもご紹介します。

ます小規模企業と中小企業の明確な区分については資本金あるいは従業員の数によって大きく分類することが可能になります。

中小企業基本法で定められている法律にも触れることになるのですが、中小企業の範囲を工業、鉱業、運送業などに関しては資本金5000万円以下、あるいは従業員の数が300人以下として定められています。

なのでこれに満たない企業は中小企業とは本来呼ぶことが出来ない企業に区分されています。

ではその他の業種はどうなのかと考えると、商業、サービスに関しては資本金が1000万円以下、あるいは常時従業員数が50人以下と規定しています。

なので先ほどご紹介したお店などの販売店舗や美容室などについてはこの区分で判別が行われています。

しかしながら1973年からこの中小企業基本法が改正しており、製造業の資本金が3億円以下に引き上げになり、同様にサービス業と同じであった卸売業の基準を従業員100人以下、または資本金1億円以下に変更になっています。

そしてサービス業は5000万円以下、従業員の数が100人以下、小売業は5000万円以下、従業員の数が50人以下となっています。

このように基本法の改正によって様々な区分理由がなされる様になり、車気が若干複雑に感じる部分もあると思います。

しかしながら明確な区分については存在しているので、これまで知らなかった方は明確な区分が存在するということとできればそれに該当する数字の部分についても知っていただければ幸いです。

大企業

次にご紹介する会社の分類の一つは大企業です。

大企業に関しては世の中に存在している中小企業の上位互換といっても良い様な存在の企業です。

要は世の中に存在してる企業の中でも特に大きな企業として認められた企業に与えられる称号の様なものと考えていただければわかりやすいと思います。

ここまで小規模企業と中小企業についての区分分けをご紹介していきましたので、大企業に関しての分類はある程度たくさんの方が予想がついているかもしれませんね。

たくさんの方の予想通り判断基準としては先ほどご紹介した中小企業の区分分けの基準を超えているか超えていないかということです。

つまり先ほどご紹介した中小企業の区分分けの基準に満たない者は中小企業であり、それを超えるものは大企業と認められると考えることができます。

ちなみに私達は大企業という言葉以外にもそれぞれ似たような言葉でその企業を指し示したりする場合があります。

例えば大企業ではなくて有名企業と呼んだり、大手企業と呼んだり準大手企業、中堅企業などと呼んだりする場合がありますが、これらは実は大企業とは別の言葉として存在しています。

具体的にどういう区別がなされているかと言いますと、例えば有名企業は誰でも企業名を知っているようなものに当てはまる企業、大手企業は有名企業のうち各業種のトップを占める数社~十数社、準大手企業は大手と中堅の中間に位置する企業、中堅企業は大企業の属する会社のうち資本金10億円未満の企業、もしくは中小企業の属する会社のうち資本金が1億円以上の企業、という風にただ呼び名を変えているだけではなく、明確に区分わけする理由などが存在しているのです。

これを知っていれば世間一般的にそれぞれの企業をどういう呼び名で表現したりするのかということに着目しながら書き手の意図を正しく理解できるようになるはずです。

一人前のビジネスマンとして働くのであればこれくらいの呼び名の違いについては理解しておくべきことにもなりますので、知らなかった方は難しいかもしれませんが一つ一つ正しい意味を理解するように努めてみてください。

️大企業のなんとなくのイメージ


ここまでは一般的な企業の分類に関して簡単にご紹介していきました。

ある程度世の中に存在している企業の分類に関して理解いただいたところで、ここからは一般的にたくさんの方が感じている大企業に関するイメージについてご紹介していきたいと思います。

あなたは大企業と聞いて具体的にどの様なイメージを持っていますか?
これからご紹介していくイメージはおそらくあなた自身が考えている大企業に対するイメージと合致する点が多々あると思います。

中には自分自身が持っていない様なイメージを持っている方もたくさんいると思いますのでこの機会に一般的な大企業に関するイメージを自分なりの意見と比較し把握してみてください。

ブランド力がある

まずはじめにご紹介する一般的な大企業のイメージはブランド力があるということです。

これはたくさんの方が大企業に持っているイメージに合致すると思いますが、大企業は当然ながらたくさんある企業の中でも特に売上や実績を誇っている企業の一つになるので、当然その企業の商品はある程度ブランド力が備えられています。

だからこそたくさんの方が知っているように大企業の商品はブランド力も付加価値として含まれていますので、商品の価格がある程度プラスされています。

いわゆるステータスと考えてみると分かりやすいかもしれません。

例えば全く同じ様な商品であったとしてもその企業のブランド力を示すロゴマークなどが記載されていたり、その企業が販売している商品だということが証明できた時点である程度価格が高くなるのです。

これは使っている素材がどうとかいう話ではなく、やはりその企業自体の力によるものであると考えることが出来ます。

だからこそブランドものの商品は価格が一般的な商品と比べると高い価格設定になっており、たくさんの方がその価値を認めているからこそその価値を維持し続けることができるのです。

当然ながらブランド力に見合っていない価値をつけたところでその商品が売れるわけでもないし、ブランド力に見合った価格設定であれば当然たくさんの方が買い求めるはずです。

なので大企業に関するイメージとしてはブランド力を持っていると考えることができます。

支店がたくさんある

次にご紹介する一般的な大企業のイメージは支店がたくさんあるということです。

これは考えてみれば当然の話ではありますが、先ほど企業の分類に関してご紹介した通り、大企業になればなるほど資本金も上がり、従業員の数も多くなります。

当然ながら従業員の数を増やせば人件費はかかりますし、売上が上がらなければ資本金は低くなってしまいます。

これを両方とも高い水準に保てると言う言葉その企業がしっかりと売上を上げている企業である、若しくはたくさんの方から認知されて認められているブランドであると考えることができます。

だとするならば当然ながらその活躍が大きくなれば大きくなるほどそのブランドを知っている地域はたくさん増えるはずです。

そうなれば企業としてもたくさんの場所にお店を出したり、支店を出したりする事で収益を上げたり、よりたくさんの方に商品を知ってもらったり購入してもらったりすることが出来るようになります。

つまり会社の規模が大きくなれば大きくなるほど様々な主要都市にその企業の支店を出すようになると考えることが出来ます。

考えてみれば一般的に中小企業と大企業を比べるとその支店の数は大きく違うはずです。

なので一般的な大企業のイメージとして視点がたくさんあると考えることは正しいのです。

安定している

次にご紹介する一般的な大企業のイメージは安定しているということです。

このイメージを一般的に持っている方はたくさん存在しているはずです。

あなたの身近にも一人ぐらいは大企業に所属している知り合いがいるかもしれませんね。

なぜ大企業に所属していると安定しているというイメージを持つのかといいますと、まず第一に考えられるのは大企業は倒産しないということです。

もちろんこれは絶対というわけではありませんが、一般的に大企業は当然他の企業と比べて売上をたくさんあげており実績があるからこそ大企業としての地位を確立しているのです。

それに比べて中小企業やそれ以下の企業は大企業と比べると売り上げも実績も乏しいのが現実であり、倒産してしまう可能性でいえば大企業よりも大きいですよね。

なので結果的に大企業のイメージとして雇用が安定していると考えることができるのです。

日本に存在している企業に関しても様々な中小企業や小規模企業などは倒産している会社が多いと思いますが、大企業が倒産するという話はそこまで頻繁には聞きませんよね。

だからこそ大企業のイメージとしては安定しているとたくさんの方が捉えているのです。

人数が多い

次にご紹介する一般的な大企業のイメージは人数が多いということです。

このイメージに関しても全く正しく、先ほどご紹介した企業の分類の話でもそうですが大企業になればなるほどを雇っている人員は当然増えていきます。

その逆に小規模な会社であればあるほど雇っている人員は少なくなるのです。

これは考えてみれば当たり前の話なのですが、当然ながら売上をたくさん上げれば上げるほど仕事の量がどんどん増えていくはずです。

たくさんの仕事がもらえる様になれば当然その仕事をスムーズに行うために、また更なる収益化を図るためにたくさんの人員を補う必要性があります。

それは何度も繰り返してだんだん売上と実績を重ねていきたい大企業への道を歩んでいくと考えることが出来ます。

大企業で雇っている心理がとても少ない企業というのは一般的に存在していませんよね。

だからこそ一般的な大企業のイメージとして人数が多いということが考えられるのです。

大きな仕事をしている

次にご紹介する一般的な大企業のイメージは大きな仕事をしているということです。

これに関しては絶対的にそうだとは言えないのですが、もちろん大体の大企業が大きな仕事は当然行っています。

一般的な大企業はその名前をたくさんの方に知ってもらうために大規模な広告を打ち出したり、自社の商品をアピールしたりする為に大きな事を行っていますし、取引に関しても一般的な中小企業とは比べ物にならないほど大きな仕事をしているはずです。

仕事が大きければ大きいほど当然ながらそれに伴うお金なども増えていきますので、入ってくるお金も段違いに増えると考えることは一般的です。

ではなぜ絶対的に大きな仕事をしているとは言えないのかと考えた時に、例えばあなたはキーエンスという会社を知っていますか?
キーエンスという会社は日本の大阪府に本社が存在している1974年から設立されている電気機器の業種の企業になるのですが、資本金は306億円も存在している大企業です。

しかしながらあまりキーエンスという会社の名前については知らない方が多いのです。

キーエンスはファクトリーオートメーション用センサーをはじめとする高付加価値製品を通じて生産現場の生産性や品質向上に貢献している会社です。

おそらく一般的に生活をしているとキーエンスによる恩恵などを具体的に感じている方はあまりいないかもしれません。

しかしながら、キーエンスは河川への排水流出防止であったり、バーコードによる売り上げ管理、スマートフォンバッテリーの注意書き印字などの身近な存在に貢献している会社なのです。

なのでどちらかといえば大きな仕事というより地味な内容にはなってしまうのです。

しかしながら平均年収が高いトップ300社ランキングの中ではキーメンスは何と1位を獲得しており、その平均年収は1777万円と二位に200万円以上も差をつけてトップに君臨している大企業です。

なので、かならずしも大企業が誰でもがわかる有名で大きな仕事をしているというイメージが絶対ではありません。

もちろん取引自体は大きな取引をしているかもしれませんが、認知度は比例しないということです。

株式上場をしている

次にご紹介する一般的な大企業のイメージは株式上場をしているということです。

確かに一般的にたくさんの方が知っている大企業は株式上場をしている会社の方がはるかに多いです。

ではなぜ大企業と呼ばれる企業が株式上場を行っているのかと考えた時に、株式上場することによって企業にとってもたくさんのメリットが存在しているからと考えることができます。

具体的なメリットといえば株式が上場することによって会社は資金調達が容易にできる様になるということです。

当然ながら大きな仕事をしたり会社を維持するためにはたくさんの資金が必要になります。

この資金がストップしてしまうとすべてがストップしてしまい会社が回らなくなってしまいますので、資金があればあるほどたくさんの選択肢を得ることが可能になるのです。

だからこそ株式上場することによって資金を得やすくすることが出来るということと、株式上場することによって会社の知名度が飛躍的に上昇するというメリットもあります。

会社の知名度が上がればたくさんの方が株式を購入してくれるかもしれませんし、一般的に認知度が上がればそれなりに信用力も上がるはずです。

なのでビジネスにとっての大きな追い風として捉えることができますので、世の中に存在している大企業は株式上場をしていると考えることができます。

売り上げや業績が良い

次にご紹介する一般的な大企業のイメージは売り上げや業績が良いということです。

この点に関しても考えてみれば至極当然の話です。

なぜなら大企業は先ほどご紹介したように一般企業と比べて資本金がある程度必要になり、さらに雇っている人員の数も多くなければ分類されません。

それは逆に考えてみると当然売り上げや業績が良いからこそその状況を維持することができるのがあって、もしも売り上げは業績が悪いのにたくさんの人を雇ったりしている場合はいずれ倒産してしまいます。

これを考えれば大企業は売り上げや業績が良いという事も当たり前の話であり、一般的なイメージが間違っていないと考えることが出来るのです。

️実は大企業の正式な定義はない

ここまではたくさんの方が一般的に持っている大企業のイメージについてご紹介していきました。

おそらく自分自身が感じている大企業のイメージと合致する点がたくさんあったと思います。

ちなみに先ほど大企業の詳しい分類についてご紹介していきましたが、見方を考えると実は大企業に関しては正式な定義は存在していないという事が考えることができます。

これがどういうことなのかということを簡単にご紹介していきます。

中小企業の基準を超えているかどうか

先ほどご紹介した様に大企業を分類する上で一つの指標になっているものが中小企業の存在です。

どういうことかといいますと中小企業の分類される定義を超えているかどうかという事で大企業は判断されるとご紹介しました。

しかし、逆に考えると中小企業の定義を超えているかどうかという事だけであって、それ以上の大企業の一般的な区分方法というものは存在していないのです。

なので、小規模企業と中小企業に関しては先ほど具体的に資本金が~人数が~という風に定義をご紹介しながら区分ができていたのですが、大企業に関してはそれが存在していません。

なので逆に考えると大企業の定義などは存在していないと考えることが出来るのです。

もちろん中小企業の定義を超えれば該当するのでそれが定義と考えることはできるかもしれませんが、あくまでそれは中小企業の定義でしかありませんので、大企業の定義なのかと言えば違和感が残ってしまうのです。

️大企業についての4個のポイント

大企業の定義が詳しくは存在していないっていうことを簡単にご紹介していきました。

しかしながら先ほどから何度もご紹介している通り中小企業の要件を超えている場合に関しては大企業であると逆に認めることができると考えることができます。

先ほども簡単にご紹介はして行きましたがここからは改めてそれぞれの業種別に大企業の定義について詳しい分類事項をまとめていきたいと思います。

製造業・運輸業・建設業の大企業

まずはじめにご紹介する大企業についてのポイントは製造業・運輸業・建設業の大企業です。

製造業・運輸業・建設業の大企業の定義に関しては先ほどご紹介した通りですが、まず絶対的に必要なのは2つのポイントが存在しています。

まずは資本金・出資に関する定義です。

この定義に関しては一般的に3億円に満たないものが中小企業の分類項目になっていますので逆に考えて大企業なのであれば3億円を超えていないといけないという認識を持つことが出来ます。

つまりどんなに売上を上げていたとしても、認知度が高い企業であったとしても資本金・出資が3億円を超えていなければ大企業としては認められないと考えることができます。

そして次にご紹介するポイントは従業員の数です。

先ほどご紹介した様に中小企業の分類要件としては従業員の数が300人以下である場合が中小企業の分類項目となっていました。

なので、従業員の数が300人を超えた場合は大企業として認められるということです。

つまりこれら2つのポイントを合わせて考えてみると、「製造業・運輸業・建設業の大企業は資本金・出資が3億円を超えており、さらに従業員の数が300人以上である」これが製造業・運輸業・建設業の大企業の分類要件として考えることが出来ます。

卸売業の大企業

次にご紹介する大企業についてのポイントは卸売業の大企業です。

これに関しても先ほどご紹介した通りなのですが、卸売業の中小企業の区分を超えたものが大企業として認められるわけです。

では卸売業の中小企業の分類用件に関して改めて確認していきましょう。

まず資本金・出資に関してですが、この総額が1億円未満である場合が中小企業の分類要件として設定されています。

なのでこれを考えると資本金・出資の総額が1億円を超えている事が条件の一つであると考えることが出来ます。

そして次に従業員の数になるのですが、従業員の数が100人未満であった場合などは中小企業の分類要件に入ります。

なのでこの二つのポイントを合わせて考えて、卸売業の大企業の定義について考えてみると「資本金・出資の総額が1億円を超えており、さらに従業員の数が100人以上である」ということが大企業の分類要件として考えることが出来ます。

業界によって人数や資本金・出資の総額などが変更されているのはどうしても扱っている商材や行っている業務内容などに関して一般的な価格なども当然代わる為、同じにしてしまっては分類が難しくなってしまいますので、その点は複雑ですがこの機会にそれぞれの決まった数字を把握しておくようにしてください。

サービス業の大企業

次にご紹介する大企業についてのポイントはサービス業の大企業です。

この点も先ほどご紹介しましたが、サービス業の中小企業の区分を超えたものが大企業として認められるのです。

それを踏まえた上で改めてサービス業の中小企業分類要件について確認してみましょう。

まず資本金・出資に関してですが、この総額が5000万円未満である場合が中小企業の分類要件に入ります。

そしてついに従業員の数になるんですが、従業員の数が100人未満であった場合などは中小企業の分類用件に入ります。

なのでこの二つのポイントを合わせて考えてサービス業の大企業の定義について考えてみると「資本金・出資の総額が5000万円を超えており、さらに従業員の数が100人以上である」ということがサービス業の大企業の分類要件として考えることができます。

【サービス業については、こちらの記事もチェック!】

小売業の大企業

次にご紹介する大企業についてのポイントは小売業の大企業です。

この点も先ほどご紹介しましたが、小売業の中小企業の区分を超えたものが大企業として認められるのです。

それを踏まえた上で改めて小売業の中小企業分類要件について確認してみましょう。

まず資本金・出資に関してですが、この総額が5000万円未満である場合が中小企業の分類要件に入ります。

そしてついに従業員の数になるんですが、従業員の数が50人未満であった場合などは中小企業の分類用件に入ります。

なのでこの二つのポイントを合わせて考えて小売業の大企業の定義について考えてみると「資本金・出資の総額が5000万円を超えており、さらに従業員の数が50人以上である」ということが小売業の大企業の分類要件として考えることができます。

️大企業はこんな定義だった!

今回は大企業をテーマにして様々な企業の分類の定義や一般的な方が持っている大企業に対するイメージについてご紹介していきました。

今回ご紹介した内容を踏まえて世の中に存在しているそれぞれの企業の区分が容易にわかるようになったと思います。

一人前のビジネスマンとして社会で活躍している方であればある程度企業の分類方法については知っておいた方が様々な場面で知識として活躍することができると思いますので、今まで知らなかった方はこの機会に学んでおいてください。