私達はある程度の年齢になると好きな人と結婚して幸せな結婚生活を送っていきます。

結婚に関しては個人差がかなりありますので、結婚するのが早い方やかなり年齢を重ねた後に結婚するような方もたくさんいると思います。

なので一概に人生においてどのような年齢の時に結婚がピークになるのかということは判断しづらい部分があるかもしれませんが、一般的にはある程度の収入を得るようになり、安定した生活を送れるようになる経済力が身についた時点で結婚判断する方が多いので、一般的には20代後半から30代前半にかけて結婚される方が多いです。

特に田舎に関しては結婚する年齢が早かったりする印象を持っている方もたくさんいると思います。

結婚式はとてもおめでたい儀式であり、友達が多い方であればかなり結婚式に呼ばれて参加したりする機会に恵まれる方も多いと思います。

結婚式は人生においても一番の幸せな時間であり、その瞬間を垣間見ることができる参加者の方も結婚式を通じて幸せな気持ちになることができるはずです。

慣れ親しんだ昔からの友達と集まって昔の話に花を咲かせることもあれば、みんなの今の活躍を聞いて自分もこれから頑張っていこうと今後の活力に繋がるような経験にもなるはずです。

しかし人によっては結婚式に呼ばれすぎてご祝儀を用意しなければいけないので金銭的に負担が大きくかかってしまうと嘆いている方も多く存在しているはずです。

当然結婚式に参加する場合はご祝儀を用意しなければいけませんので、結婚式が重なってしまうとある程度出費が重なってしまう部分もあり生活的にもかなり厳しいものになってしまう場合がありますよね。

今回はそんなご祝儀をテーマにしてご祝儀を渡す時に意外と知らない、用意するときと渡すときの注意点についてご紹介していきたいと思います。

初めてこれから結婚式を迎えるという方や、ある程度年齢を重ねて初めて自分が主体的に結婚式に参加する場合などに関しては必ず確認していただきたい内容になります。

️ご祝儀とは

そもそも今までに結婚式に参加したことがない方だったり、これから初めて結婚式に参加する方についてはご祝儀という存在自体がどのような意味を持っているのかわからない方も多いと思います。

子供の頃に結婚式に参加した記憶があったとしてもなかなかご祝儀の部分に関する記憶を持っている方はあまりないですよね。

基本的にはご祝儀に関しては子供が未成年の場合は親が用意してあげたりする可能性がとても高いですし、親と一緒に参加する場合は当然ながら親が用意しなければいけないようなものにもなりますのでわからないのも無理はありません。

しかしある程度の年齢になって自分が結婚式に参加する時には必ず身につけておかなければいけない知識にもなりますし、かなり基本的なことにもなりますのでもしも知らなかった場合は恥をかいてしまう可能性もあります。

また用意するときと渡すときの注意点などの細く存在していますので、この部分を理解しておかなければ相手に対して失礼な状況になってしまう可能性もあります。

一人前の社会人として、一人前の成人として二十歳を超えた年齢の方については必ず知っておかなければいけないことになりますので、もしもわからない方はこの機会にご祝儀に関する正しい知識を身につけておいてください。

婚礼のお祝いに贈るお金

そもそもご祝儀とは何なのかと考えた時に一般的にはお祝いの儀式をさしていう言葉になるのですが、「祝 儀の際の寸志」という意味合いも持たれています。

少し難しい言葉なので、理解できない方もいるかもしれませんが、基本的な意味合いとしては婚礼関係であったり何かしらのお祝いの行事があった時に、お世話してくれるかたやお手伝いをいただくような方々に対して贈る謝礼としての心付けとして知られています。

つまり外国語で表すならばそのような方に対するチップという扱いになっています。

しかしながら一般的な認識としては結婚式をあげる二人に対してめでたい行事ごとなのでお金をその2人に送るという意味として捉えられています。

例えば結婚式を挙げるといっても結婚式を挙げるにはそれなりのお金がかかってしまいます。

挙式費用は様々な事で発生します。

例えば結婚する際には必ず神父さんが誓いのキスに関して促してあげたりしますし、結婚式を行う上で巨大な催しになりますので、様々な結婚式のスタッフが準備を手伝ってくれます。

それまでにもたくさんの打ち合わせをしたり、場合によってはウェディングドレスを貸し出したりしたりする場合もありますよね。

そして結婚式に参加したことがある方ならばわかると思いますが参加した場合はイタリアンなどのコース料理やお酒が提供されますし、お酒に関しては飲み放題です。

結婚式が終わった後も参加してくれたお礼に小さいものを何か全員に渡したりすることもありますし、場合によってはギフトカタログなどを1人1つずつお渡しするような場合もあります。

このように様々な部分に関して必ずお金が発生してしまうのです。

そして結婚式の二次会として親しい人物だけでお店を貸し切って楽しい時間を過ごしたりする場合も多いので、それなりにまとまった費用を用意しておかなければ行うことはできないのです。

しかし一般的に結婚式を挙げる場合は一流企業の社員の方であればもらってる給料だけでまかなうことができるかもしれませんが、一般的な企業に勤めているからね年齢的には若い場合が多いのでまとまった費用を捻出することはかなり難しいです。

なのでそのような二人を支えるためにも周りの人々が力を合わせてご祝儀としてお金を相手にあげたりすることが一般的なのです。

もちろん余にも経済力が少ない場合は親が肩代わりしてあげたりする場合もあるかもしれませんが、それでも結婚する2人に対してのご祝儀というのは当たり前に送らなければいけないという認識になります。

ご祝儀のマナーを学ぼう

結婚式などの祝い事に参列する場合はご祝儀に関しては絶対的に必要な存在になります。

なので例え年齢が若いからといってご祝儀に関するマナーを知っていなければ相手に対して無礼な行為になってしまいます。

年齢が若いことを言い訳にしてはいけませんし、もしもマナーがきちんと守られていないのであればそれはあなた自身の親に対しても悪い影響を与えてしまうことにつながってしまうのです。

時と場合によっては結婚式を上げる主役である二人に対しても迷惑になってしまう可能性もありますので、最低限知っておかなければいけないマナーについては必ず理解しておくようにしましょう。

マナーを守ることで結婚式に参加する全員が良い気持ちで結婚式を終えることができます。

一人一人のマナーが良い結婚式を挙げる上で絶対的に必要になるということを理解しておいてください。

️ご祝儀の8個の注意点


結婚式に関してはご祝儀が絶対的な存在になるということとご祝儀を渡す際には様々な注意点などお気を付けなければいけないということをご紹介しました。

では具体的にこれから結婚式に参加する方に向けてどのようなことに注意をしておかなければいけないのかということをご紹介していきたいと思います。

おそらくご祝儀に関するマナーを知らない方はまだ結婚式に参加したことがない方、そして年齢的に若い方が多いはずです。

なので全てが初めてということを想定した上で、ご祝儀をまずは用意しなければいけない時の注意点、そしてご祝儀を相手に対してお渡しする際の注意点について二段構えでご紹介していきたいと思います。

もしもこれまでに結婚式に参加したことがあり、ある程度基本的なマナーについては心得ているという方についても初めて知るような内容があればこの機会に正しく知識を理解してみてください。

️ご祝儀を用意するときの注意点

まずご紹介するのは結婚式に参加する時にまず行う、ご祝儀を用意する際の注意点についてご紹介していきます。

初めて結婚式に参加する方は単純に封筒にお金を入れてそのまま渡せばいいんじゃないのと考えている方が多く存在していると思います。

しかしご祝儀を用意する時には様々な細かい注意点や決まりなどが存在しています。

一つ一つ考えて行くのは面倒くさいかもしれませんが、自分の大切な友達である人間がこれから結婚式という華やかな人生に一度だけの祝いの席を迎えようとしているのに、自分の身勝手な行動で水を差すようなことがしたくないですよね。

だからこそ面倒かもしれませんがこれが一般的な常識であるということを踏まえた上で注意点については正しく守っていただくように行ってください。

のし袋の選び方

まずはじめにご紹介するご祝儀を用意する時の注意点はのし袋の選び方です。

相手に対してお金を渡す際には必ず裸で渡すわけにはいきませんよね。

なので多くの場合が封筒に入れて相手に対してお金を渡すのですが、封筒と言ってもただの封筒ではありません。

手紙を入れるような封筒にお金を入れて相手に渡す場合は当然相手に対して失礼な行為になってしまいます。

ではどのような封筒に入れるのかといいますと祝儀袋と呼ばれる封筒なのですが、祝儀袋に関しては様々な呼び名が存在しており、それが「のし袋」「金封」「お祝い袋」と呼ばれるようなものになります。

普通の封筒とは全く違う封筒になり、のし袋に関しては様々な場所で販売されています。

一般的にはスーパー、ホームセンター、百貨店、文房具店、コンビニなど様々な場所に販売されています。

安いものであれば100円均一のお店などにも存在している場合もありますので、気軽にどこでも入手できるような状態になっています。

ではのし袋を購入してその中にお金をただ入れればいいのでは?と思う方もいるかもしれませんがそれは安易な考え方です。

のし袋を選ぶ際にも必ず考えておかなければいけない細かい注意点が存在するからです。

基本は結び切り

のし袋の普通の封筒との違いに関してはやはり結びが存在しているかどうかという点になると思います。

これまでの人生で見たことがある方も多いと思いますが、のし袋に関してはただの封筒ではなく封筒にくっついているリボンのような結び目が存在しています。

これが見た目の一番の違いであり、結びについても注意しなければいけない点が存在しているのです。

例えば結び目に関しては全て同じようなデザインに見えるかもしれませんが、よく見ると封筒ごとによって結び目間違っています。

そしてその結び目によって利用シーンが全く変わってくるのです。

例えば結び目が上品な鶴になっている場合がありますが、これは結婚式以外の時に利用される御祝になります。

そして梅の結び目になっているものもありますが、これも結婚式以外の時に利用される結び目になり、女性に渡す時人気のものになっています。

では結婚式の時にはどのようなものを渡せば良いのかと言いますと、結び切りと呼ばれるデザインの結び目ののし袋になります。

一般的に私たちがよく見ている真ん中で結ばれてその後日本の紐が上に伸びて途中で切られているようなものになります。

よくあるのは金色の紐と銀色の紐が結ばれたデザインや、白色と赤色の紐が結ばれたデザインのものがそれにあたります。

なのでのし袋を購入する際には必ず結び切りのものを購入するようにしてください。

ちなみに余談としてはそのほかにもあわじ結びと呼ばれる真ん中が∞のような形になっている結び目が存在しており、これも結び切りと同等に扱ってもらっても構いません。

しかし蝶々結びはデザインが似ていますが、不向きです。

そして紐に関しては水引という呼び名で呼ばれているのですが、基本的にはこれが10本使われたものを選び必要性がありますので、割れにくい奇数を選んでしまいがちですが、かならず夫婦は二人で一つという言葉を尊重して10本のものを選択するようにしてください。

金額に合わせてのし袋を選ぶ

のし袋を選ぶ際は基本的に結び切りのものを選択する必要性があるとご紹介しましたが、さらにのし袋を選ぶ際に注意していただきたいのはのし袋に入れる金額に合わせてのし袋を選択する必要性があるということです。

これはどういうことかといいますと、例えば社会的な立場や夫婦との関係性によって祝儀袋に入れる金額は当然金額が変動します。

おそらく一般的には友人として参加する場合が多いのでその前は2万円~3万円程度が相場となっています。

そして夫婦で招かれた際には連名で5万円を包むこともあると思いますし、兄弟や姉妹など身内の結婚式に関しては5万円~10万円の比較的高い金額を包むこともあると思います。

そして場合によってはご祝儀が1万円以下である場合もあると思います。

この場合それぞれを別々に考えてみた時に、まず2万円~3万円に関しては水引が金銀、または赤白で、赤白ののし飾りがついたものを選んでください。

後飾りはのし袋の右上に存在している小さなデザインです。

そして5万円を連名で包む場合は高級感のある檀紙を使用したものを選び、のしや水引に関しても立体感のある派手なものがおすすめです。

そして5万円~10万円の場合は檀紙を二段重ね、そして鶴や亀、松などをあしらっているような飾りの華やかな物を使用する必要性があります。

そして1万円以下の場合は2万円~3万円ののし袋と同等のものを選ぶようにしてください。

なので金額に合わせてのし袋を選ぶようにすることも一つのマナーだと心得てください。

パッケージに金額目安が書いてある

ちなみにこれらは全て覚えるのは大変だと思いますので、もしものし袋を購入する際にパッケージを見ることがあれば金額の目安などが書かれてることもあります。

どうしても覚えきれないという方は、購入する前にパッケージに目を通して確認していただければ間違いは少なくなると思います。

表書きの書き方

次にご紹介する祝儀を用意する際の注意点は表書きの書き方です。

ここまでご紹介したい内容含めれば、のし袋の選び方についてはマスターいただけたと思います。

後はお金を入れてお渡しするだけと考えてる方がいるかもしれませんが、そのままお金を入れてしまっては誰がお金をくれたのか分からなくなってしまいます。

実際に誰がどれぐらいくれたのかということなどが分からなければ、相手に対しての対応などもまばらになってしまいますから、渡す際には書かなければいけないことがあります。

ではどのようなことを書かなければいけないのか詳しくご紹介していきたいと思います。

贈る名目を書く

祝儀の表書きを書く際に必ず書かなければいけないのは、その祝儀が何を贈っているのかという名目です。

名目とは祝儀を渡す時の表面の真ん中の上に記載される言葉です。

例えば結婚式の場合には「御祝」という言葉が書き綴られています。

それ以外には神社にお供えを納める時には「奉納」「御寄進」などであり、祭りの詰め所などに祝儀金を贈る時には「金一封」「ご祝義」「御寄付」などであり、御輿に祝儀を贈る際には「花代」「ご祝義」などになります。

かなり細かい部分になるので分かりづらいかもしれませんが、間違えないように名目はきちんと記載するようにしてください。

名前を書く

そして次に表書きに書かなければいけないのは名前です。

先ほどご紹介したように誰がそれを送ったのかということを必ず証明しておかなければいけません。

なので自分の名前を書く際には、表面の真ん中の下の部分に名前を記載する必要があります。

なので基本的には、まず真ん中の上の面には名目が来て、その真下の部分に名前が来ます。

そこに縦に綺麗になるように自分の名前を記入してください。これでOKです。

連名は3人まで

そして先ほども紹介した、もし夫婦で渡す場合は連名になりますので、夫婦2人の名前を書く必要があります。

場合によってはそれ以上の連名で相手に対してお渡しする場合もあると思いますが、その場合は最大3名までは可能です。

3名以上になる場合は、のし袋の真ん中の部分に代表者の名前を中央に書いてその左側に「外一同」というように書き添えましょう。

そして忘れてはいけないのは別紙に全員の氏名を書いて中包みに同封して相手に渡す必要があります。

そして連名の場合は、全体的なバランスが崩れないように2人もしくは3人の名前を縦にして記入するようにしてください。

ちなみに気をつけていただきたいのは、ご祝儀袋に表書きをする際には毛筆の筆ペンで書くようにしましょう。

そして読みやすいように楷書体ではっきりと記入しましょう。

この際にもしも薄い墨の筆であったりボールペン、万年筆などで書いている場合は相手に対して失礼にあたりますので気を付けてください。

中袋の書き方

次にご紹介する祝儀を用意する際の注意点は中袋の書き方です。

中袋がわからない方もいると思いますが、基本的に中袋はご祝儀袋の中に入っている袋です。

ご祝儀袋によってはないものもあったりする可能性がありますが、もしも中袋が同封しているご祝儀袋、もしくは正式な包み方で祝儀袋を作る際には現金をそのまま入れるのではなく中袋でお金を包んでから祝儀袋に入れる必要があります。

そして中袋はただ包めば良いというものではなく、中袋にも書かなければいけない決まりがあるので、中袋の書き方についてご紹介していきます。

表の中央に金額を書く

まず中袋に書かなければいけないのは、中袋の表面の中央に金額を記載しなければいけません。

金額はその袋の中に入っている中身の金額をそのまま書けば良いのですが、この時に普通に「3万円」と書いてはいけません。

旧字表記で記載する必要があります。

つまり、3万円を入れているのであれば、「金参萬円」と記載しなければいけないということです。

旧字体がわからないという方もいるかもしれませんので簡単にご紹介をすると、1は壱、2は弐、3は参、5は伍、7は七、8は八、10は拾となります。

そして万は萬となり、円は本来であれば圓になるのですがこれは円で問題ありません。

なので旧字体で書く必要があるという事を覚えておきましょう。

裏には自分の名前と住所

そして中袋に関しては表面だけではなく、裏面にも書かなければいけないことがあります。

中袋の裏面には自分の名前と住所を記載しておかなければいけません。

なぜならば新郎と新婦が、後でご祝儀を整理したりする際に金額と住所が書かれていないと分からなくなってしまうからです。

受け取る側のことを考えた上で必ず金額と住所を記載しておかなければいけませんので、中袋の裏面の左下の部分に縦で必ず必要事項を記入するようにしましょう。

しかし中袋によっては金額欄と住所欄が印刷されている場合があります。

なのでこの際は、利用できるものは利用して、書かなければいけない部分をしっかりと筆文字で書きましょう。

しかし場合によっては、濃い黒字であればサインペンなどでも構いません。

筆で記入する際は郵便番号の数字が分かりにくくなったりする場合がありますので、もしも記入するのが難しい際はペン字で書いても大丈夫です。

お札の入れ方

次にご紹介する祝儀を用意する際の注意点はお札の入れ方です。

お札はどんな入れ方でもいいんじゃないと思う方が良いかもしれませんが、ご祝儀を用意する際にはお札の入れ方なども気を付けないといけません。

これまでご紹介してきた祝儀の用意をする際の注意点を守っても、これができなかったばっかりに相手に良い印象を与えられなかったということもありますので注意しましょう。

肖像画が表側

お札を入れる際には必ず表と裏を合わせていただく必要があります。

例えば1万円札を想像していただくと表面に福沢諭吉がいて、裏面には絵柄が記載されてると思います。

この福沢諭吉の顔を表面にして中袋に入れる必要があります。

もしも中袋を開けて裏面が入っていれば相手をがっかりさせてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

向きを揃える

またお札を入れる時には必ずお札の向きを揃えましょう。

例えば一般的なご祝儀の金額である3万円を想定してみると、一万円札を三枚入れると思いますが、この時にもしも一枚目は向きが合っているのに、二枚目と三枚目がバラバラになっていたとなると格好悪いですし、気遣いが出来ていません。

なので、必ず三枚すべてのお札の表面を合わせて、向きも合わせて頂く必要があります。

新札を用意する

つい準備をしていないとうっかりしてしまうのが新札を用意するということです。

ご祝儀を相手に渡す際にはお金を新札にする必要があります。

もしもあなたがご祝儀を受け取る立場だったとして、ボロボロの一万円札が入っているとどんな気持ちになるでしょうか。

せっかく幸せな儀式の後だったのに、少し悲しい気持ちになってしまいますよね。

なので必ず新札にした上で渡すようにしてください。

字は筆ペンかサインペン

次にご紹介する祝儀を用意する際の注意点は、字は筆ペンかサインペンを使用するということです。

これが先ほど簡単にご紹介した通りなのですが、字は筆ペンかサインペンで書く必要があります。

間違ってもボールペンなどで書かないようにしてください。

ボールペンなどで書いてしまうと字体に迫力もないですし、ご祝儀を渡した時に違和感を感じてしまう場合などもありますので注意してください。

️ご祝儀を渡すときの注意点

ここまではご祝儀を用意する際の注意点をいくつかご紹介していきました。

初めてご祝儀を用意する方からすればかなりいろんなことに注意しなければいけないということに気づき、色々面倒くさく感じてしまうかもしれませんが、これが一般的なマナーになりますので、抜けがないように押さえておきましょう。

それではここからはご祝儀を渡すときの注意点についてご紹介していきたいと思います。

袱紗か風呂敷に包む

まずご紹介する祝儀を渡すときの注意点は、袱紗(ふくさ)か風呂敷に包むということです。

ご祝儀をむき出して取り出すのはマナー違反とされていますし、そのまま持ち歩いてしまうとどうしても袋などが傷んでしまう場合があり、ご祝儀などがみっともなくなってしまいます。

なので大人の身だしなみの1つとして、行く際には袱紗か風呂敷を用意しましょう。

受付の人へ挨拶

次にご紹介する祝儀を渡すときの注意点は、受付の人に挨拶をするということです。

意外とこれを忘れてしまっている方がいるかもしれませんが、まず受付に行った際には受付の担当者の方に「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を述べるのがマナーになります。

そして受付の方が対応しやすいように、自分自身が新郎の友達なのか新婦の友達なのかということを伝えた上で、自分の名前を伝えるようにしてください。

袱紗から取り出し両手を添える

次にご紹介する祝儀を渡すときの注意点は、袱紗から取り出すときには両手を添えて相手にご祝儀を渡すということです。

意外とやってしまいがちなのは、袱紗からご祝儀を取り出した時にそのまま片手で相手にご祝儀を渡してしまう行為です。

一般的に考えて、相手に大事な物を渡す時には片手で渡すという事はしないですよね。

なので、必ず両手で渡すということを覚えておきましょう。

️ご祝儀を渡すのにもマナーがある

今回はご祝儀をテーマにしてご祝儀はどういうものなのかという事と、ご祝儀を用意する際の注意点とご祝儀を渡す際の注意点についてご紹介していきました。

想像よりもたくさんの気を付けなければいけないことがあったと思いますが、理解しておけばそこまで難しいことはありません。

結婚式は大人になれば出席する機会も多くなってくると思うので、必ず身につけておくようにしましょう。

早い段階で身につけておけば必ず後々役に立つ知識になりますので、今のうちに正しい知識を理解して困らないようにしましょう。