CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

足が太い人の特徴。太りやすい原因や解消法をご紹介!


足太いのがコンプレックスで、足が細くなりたいという悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?

足が太い原因が骨格などのどうにもできない場合もありますが、むくみや普段の生活習慣が原因で太くなってしまっている場合もあります。

まずは足が太い原因を探ってみましょう。

この記事では、足が太い人の特徴・原因・解消法などをご紹介します。

足が太りやすい原因を知って、少しでも理想に近づけるように改善していきましょう。

なんでこんなに足が太いの?!

男性でも女性でも、自分のスタイルに厳しい人っていますよね。

特に女性は理想とするスタイルや顔つきがハッキリとしている人が多いため、例えば「モデルの〇〇のようになりたい!」という強い願望や目標を持っていることが多いです。

しかし、どんなに努力を重ねても、何故かその目標とするモデルや有名人のようにはなれない、と思い悩む人も少なくはありません。

特に足に関しては、体の中の他のどの部分よりも細くするのが難しく、またいったんは細くなっても何かあれば直ぐにむくんだり、太くなってしまったりします。

ウエストや二の腕も手入れを怠れば劣化しますが、足は特に日々のケアを欠かすと直ぐにでも太くなってしまいがちです。

しかし、どうして足だけこんなに太くなってしまいやすいのでしょうか?その原因について探っていきましょう。

足が太いってどこから?

足が太いのってどこからなのか?
皆さんは、足のどの部分から太いと感じていますか?足の付け根から?太ももから?それとも膝からでしょうか?人によって気になるポイントは違うと思います。

スタイルが千差万別なように、足が太い部分も人によって違ってきます。

それは個人の体つきや骨格の違いの他にも、日頃の姿勢や生活リズム、ケアの仕方などによって大きく違ってきます。

太ももやふくらはぎなど、人によっていろいろと気になる部分はあると思いますが、おおよそ以下の2つの点で大きく共通していることがあります。

メリハリがない

女性の理想とされる体型は、昔から「ボン、キュッ、ボン」だと言われています。

最近ではあまり聞かなくなっている言葉ではありますが、今でも大抵の女性が理想とする体型はこれに近いものがあります。

この「ボン、キュッ、ボン」とはすなわち、メリハリのある美しいボディのことを指します。

出るところは出ていて、引っ込むところは引っ込んでいる、女性の持つ特有の曲線を最も活かした美しい姿がこのメリハリなのです。

全体的にこのメリハリのある曲線の体つきを目指すことはできますが、足の部分だけで見るとメリハリを作るのは中々難しいものがあります。

太ももは太過ぎず、膝の辺りで一度きゅっとくびれを作り、ふくらはぎで少しだけ膨らむ、この理想の形が作れずに悩む女性は多いのです。

足首がない

足首がない足が太い人
細くメリハリのある美しい足になるには、キュッとした足首があることが必須です。

そもそも、足首のない人などいませんが、ふくらはぎが太くなってしまうと、この足首がまるでないかのように見えてしまう人がいます。

女性では特に足がむくみやすいため、日頃は気を付けてケアをしていても、少し疲れが溜まると直ぐにむくんで足首が太く象足になってしまいます。

細くしなやかな足を目指す人にとっては常に悩みの種なのです。

足が太りやすい原因とは?

足はちょっとしたことですぐに太ってしまいます。

それも、日頃から気をつけて丁寧にケアをしている人でも、その時のコンディションによってはむくんだりして、太く見えてしまうことがあります。

一般の女性でもそれが気になるのですから、写真やテレビに映るモデルや芸能人はきっともっと気を遣っていることでしょう。

足が太くなる代表的な原因はむくみですが、それ以外にもさまざまな原因が考えられます。

以下に足が太くなってしまう原因を挙げていきます。

体のバランスが悪い

体のバランスが悪いと、それだけスタイルも悪く見えてしまいます。

例えば、上半身はスッキリと痩せているのに、下半身に脂肪が付いてしまっている体型の人では、全体的に見るとバランスが悪いです。

人間は重力の関係上、どうしても下に向けて重みが付いてきてしまいやすいので、下半身には脂肪が付きやすいのです。

そのため、上半身だけ太っていて、下半身は痩せているという体型の人はあまりいません。

人によっては、上半身や下半身の体つきは平均的なのに、姿勢の悪さからお腹周りにのみ余分な脂肪が付いてしまっているという人もいます。

いずれにせよ、全体的に見てバランスが悪いと感じられる体の人は、太って見られやすいと言えます。

筋肉がつきすぎ

適度な筋肉が付いている状態では、体のしなやかさが増してより曲線が美しく見えます。

しかし、あまりに筋肉がつきすぎてしまうと、それもまた太く見えてしまう原因になります。

例えばプロの女性アスリートの体型を想像してみて下さい。

彼女たちは決して太ってはいませんが、同時に細くも見えないことでしょう。

肩幅ががっしりとしていて太ももやふくらはぎも筋肉で膨らんでいかにも逞しく見えます。

彼女たちはプロですので逞しくて当たり前ですし、その筋肉があるからこそプロの厳しい世界で活躍出来ています。

ページトップ