あなたは自分の考えを大切にしていますか?
何かをする上で自分の考えを持つということはとても大切なことです。

世の中に存在している人間の中には自分の中で何も考えずに他人の意見を自分の意見として常に他人の意見に乗っかり行動していたり判断していたりする人がいます。

確かにそれで良い結果を得ることができる場合もあるかもしれませんが、自分の意見を大切にするということはとても大事な考え方です。

様々な物事に対して自分自身が自分で考えて主体的に行動する行動力を持つことは様々な場面で必要とされる能力になります。

しかしながらその反対に自分の意見だけを尊重しすぎてしまうという事も問題になってしまいます。

例えばあなたがみんなで遊ぶ上でこれからトランプをしたいと思っていても、もしかしたら周りの人間は追いかけっこをしたいと思っているかもしれません。

しかしあなたがトランプをしたいと思っていて、もしも周りの意見を無視してトランプをしようと強制的に決めてしまった場合、相手はどんな気持ちになるでしょうか。

おそらく相手は嫌な気持ちになってしまうはずですよね。

しかしだからといってこちらも黙って相手の意見に流されるのもあまり嬉しくありません。

そんな時にはみんなで議論することが大切ですよね。

自分の意見を主張してその意見がより正しいのか、魅力的であるのかという事を主張する場です。

もちろん開いても相手がしたいこと同じようにより正しく魅力的であるということを主張した上で、その場に存在している人間が最終的な決断を下すというものです。

議論することによってみんなで公平に物事を決めることが可能になります。

何かをする上で議論をしてそれから方向性を確認していくということも今現在ではビジネスとかでは当然の行為になります。

そこで今回は議論をテーマにして議論する時に建設的に進めるための注意点はいくつかご紹介していきたいと思います。

️議論するなら有意義なものにしたい

あなたはこれまでの人生で議論をしてきた経験はありますか?
これまでの長い人生でおそらく一度くらいは議論をした経験はあると思います。

例えば考えてみれば小学生の頃から議論をしたりする場はおそらく存在していたはずです。

クラスみんなで何かのことを話し合ったりするような場もあったと思いますが、考えてみればそれも立派な議論になります。

もしくは先ほどご紹介したように休み時間にこれから何をして遊ぼうかと仲間で話したりするのも議論です。

そして年齢を重ねて社会人として活躍して、どこかの会社に就職してこれから業務をよりよく効率よく進めていくためにはどうすればいいのかと会議に参加するのも議論です。

こうして考えてみると私たちは常に日常生活においてたくさんの議論を行っていると考えることができます。

しかし残念なことに議論をしている中にはもちろん捗る議論もあるのですが、あまり内容がなく時間だけが過ぎていくような中身のない議論が存在しているのも事実です。

しかし議論をするにあたってたくさんの人間がそのために集まって時間を消費しているわけです。

その大切な時間を無駄に過ごしてしまうなんてとてももったいないことですよね。

特にビジネスの場面においては時間はとても大切なものであり業務時間は8時間と決まっています。

無駄な時間に費やすくらいなら本来やらなければいけないような業務を遂行したいと思っている方も存在しているはずです。

だからこそ議論を行うならば必ず有意義なものにしていかなければいけないのです。

️議論の内容の色々


どうせ議論をするならば有意義な議論をしたいということをご紹介しました。

これまで様々なビジネスの場面での会議を経験したことがある方ならば痛くわかると思いますが、無駄な会議をしている時間というのはどうしても存在してしまうものです。

だからこそ効率よく何に関しても建設的に行っていかなければいけません。

そこで、議論を建設的に進める為の注意点をご紹介して行く前にここからは議論を行うにあたってどのような内容を話し合わなければいけないのかという基本的なことについて改めて知っていただきたいと思います。

人によってはこれまでたくさんの議論を経験してきたかもしれませんが、そもそも根本的に議論とはどういうものなのかということを考えたことがある方はあまり存在していないはずです。

なかなか学校の授業でも教えてもらえるようなものではありませんし、率先して議論について調べているような人はあまりに見かけることがありません。

だからこそ議論とは本来どういうものなのか、持論とはどんな事を話し合っていく為のものなのかという基本的な概念について改めて勉強していただきたいと思います。

それを踏まえた上で最終的に気を付けなければいけない注意点などをご紹介した方がより理解いただけると思いますので、この機会に初心に帰って議論とはどういうものなのかということを改めて勉強するきっかけにしてみてください。

問題解決

まずはじめにご紹介する議論の内容の1つとしては問題解決です。

私たちが議論をする時、必ず問題が存在しているはずです。

思い出してみてください、これまでの人生の中で先ほどご紹介したように様々な議論をする場が存在していたと思います。

その議論する場を思い浮かべた時におそらく何かの問題が起こっているからこそ議論を行っているはずです。

例えば先ほどのトランプかおいかけっこの例を挙げるとすれば、これから何をして遊ぶのかということについて問題解決のために議論をしたと判断する事が出来ます。

それと同じように議論を行う上で大切なのは問題を解決することです。

必ず問題が起こった時にはみんなで話し合って納得できる意見を編み出すという事が世の中での一般的な方法です。

だからこそ問題が起こった時には議論行わなければいけませんし、議論を行うときには問題が発生してる場合が多いと考えることができるのです。

なので議論の主な内容の1つとしては問題解決の意味合いが込められていると考えることができるのです。

目標決定


次にご紹介する議論の内容の1つとしては目標決定です。

私たちが議論を行う場合、近くの場合として目標を決定するために議論を行ったりするケースがあります。

これはどういうことかと言いますと、例えば小学校に入った時おそらくたくさんの方が自分たちのクラスに分かれて授業を受けていたと思います。

そして必ずクラスには担任の先生が存在していたはずですよね。

あった小学校となかった小学校があるかもしれませんが、大抵の場合はクラス目標というものをみんなで話し合って決めてクラスの目標などを設定したりする場合が多かったと思います。

例えばクラス目標が挨拶なのであればクラス全体で挨拶に関しては特に気をつけていこうという目標を定めているのです。

そしてクラス目標を決めるときは先ほどご紹介しておりみんなで話し合って決める方法が一般的です。

これこそまさに議論の内容の一つのケースである目標決定に該当すると考えることができます。

これはビジネスの場面においてもそこまで大きく変わることはありません。

自分の部署の目標をみんなで話し合って決める場合もあれば、会社の役員などが今年はこういう目標を掲げて一年を乗り越えると議論をしているかもしれません。

これらもすべて目標決定の為の議論です。

なので議論の主な内容の1つとして目標決定の意味合いが込められていると捉えることができます。

予算決定

次にご紹介する議論の内容の1つとしては予算決定です。

これに関してはほとんどがビジネスの場面に限定される場合が多いと思いますが、予算の決定をしたりする時も議論を行う場合があります。

では予算とは一体何なのかと考えた時に一般的には自由に使っても良いお金と捉えられがちかもしれませんね。

しかしながら予算とは自由に使っても良いお金ではない意味を示している時もあります。

それはどういうことかというと一般的に経営における予算という話に関しては、会社または各部門もしくは個人などが達成するべき売上目標であったり利益目標のことを指し示している言葉になります。

なので先ほどご紹介した予算の意味が全く真逆の意味になります。

自分たちが自由に使っても良いお金ではなく、自分たちが稼いで来なければいけない金額の事を指し示している言葉なのです。

それを踏まえた上で予算決定と考えるとそれは会社がどれぐらい今年稼がなければいけないかということを決定するまでもあります。

基本的には会社の期末会議で決められたりする場合が多かったりします。

このようにたくさんの人間で議論をする1つの目的としては予算決定する場合という意味合いも込められていることがお分かりいただけると思います。

もちろんビジネスの場面以外にも予算を決定するための議論をすることもあると思います。

例えばみんなで旅行に行こうとした時にどれぐらいの予算を持って行こうかという友達同士での議論をしたりすることもあると思いますので、先ほどご紹介したのはあくまで一般的にビジネスの場面においての話であるということは忘れないようにしてください。

現状改善

次にご紹介する議論の内容の1つとしては現状改善です。

現状改善とはその名前の通り、今の状況から良い状況へ改善することを意味しています。

現状を改善するときにも当然ながら議論が行われることが多いです。

例えばビジネスの場面を想像してみてください。

先ほどご紹介した予算会議などで例えば今年の売り上げは3月までに1億円あげなければいけないと目標設定したとします。

しかしながら12月1日の時点で会社の売り上げは5000万円だったとします。

単純に考えるならばこのペースでは売上目標の1億円には到底到達しないと考えることができます。

ではこの現状を改善するにはどうすればいいのかということを話し合わなければいけませんよね。

ではどうするのかと考えた時にたくさんの方がとる行動は人間を集めて議論を行う必要性があるということです。

もしもその時に人を集めて議論を行わなければ当然ながら危機感をもって仕事をせずにそのまま過ごしてしまい気づけば売り上げは1億円に全く上達しませんでしたという未来が完全に予測されますよね。

しかしながら気づいた時点で早めに現状改善するために話し合いを行えば社員は危機感をもって仕事を行いますので、もしかすると大きく巻き返すことができる可能性が生まれます。

このようにして考えてみると現状改善を行う場合は議論を行うことが多いと考えることができます。

方針決定

次にご紹介する議論の内容の1つとしては方針決定です。

方針決定とは進むべき方向を定めることという意味を持っていますが、これは議論を行う上での1つの大きな目的であると捉えることができます。

私たちは基本的にチーム一丸となって同じ方向性に進む場合、必ず何かしらの事を皆で決めたりすることがあると思います。

もしもチーム一丸で頑張ろうとなっているのに勝手に数人の人間がみんなが進むべき方向性を決めたとなると私でみんながそれに向かって頑張ろうという気持ちになるでしょうか?
おそらく勝手に決めた事に関してなぜ自分たちがついていかなければいけないのかと疑問に思うことがあると思います。

なので方針決定をする場合はみんなで議論を行わなければいけないと考えることができます。

もちろんビジネスの場面において自分たちの代表が出席した場で決めた内容などについては従わないといけませんが、ビジネスの場面以外だと考えると方針を決定する場合はそれぞれの意見を出し合った上でみんなで方針を決定すると思います。

そもそも自分一人だけで何かを行動するのであれば、方針を決定する議論を行う必要性はありませんし、複数人が一つの事に関して方針を決定するならばみんなで議論するのが当たり前です。

なので議論の内容の1つとしては方針決定をするときに行われると考えることが出来ます。

️議論をする意味

ここまでは議論を行う場合の内容についていくつかご紹介していきました。

一般的に考えると議論を行う場合は先ほどご紹介した中のどれかに該当する場合が多いと思います。

おそらくこれまでの人生で議論を行ってきた場合も必ずどれかに分類することができるような状況だったと思われます。

ではここからはそもそも議論をするということの意味について考えていきたいと思います。

中には議論すること自体が時間の無駄だし、なぜ議論をするのが意味が分からないと考えている方もいるかもしれません。

もちろん議論をする意味がわからないと感じている方がいるのもひとつの意見です。

しかしそのような方は議論をすることに関して正しい知識を身につけていない場合があります。

正しい知識を身につけたのでそれに反論できる自分なりの意見を持って反対をしている、もしくは必要ないと判断しているのであれば良いですが、議論をする上でのメリットであったり、意味などを正しく把握もしていないのに無意味だと決めつけてしまうのはナンセンスです。

もしも議論をする意味がわからないと感じている方で、理論の基本的なメリットや意味などを把握していない方はこれからご紹介する内容を把握した上で総合的な面で必要か不必要かもう一度考えてみてください。