友達や恋人にサプライズプレゼントをしたい人におすすめ、”フラッシュモブ”って知っていますか?

最近では、結婚式やプロポーズの時なんかにとても人気のようです。

女性はサプライズが好きとはよく言いますけど、男性も自分のためにサプライズで何かを用意してもらったらやっぱりうれしいかもしれません。

しかしまあ、そのサプライズの方法によってもいろんな人がいますよね。

人に見られていると、サプライズも恥ずかしくてイヤだ、という人もいますし、逆に人にうらやましがられるようなサプライズを演出してほしい、と思う人もいるでしょう。

では、フラッシュモブの評判はどうなんでしょうか!?

今回は、最近話題のフラッシュモブとはいったいどんなものなのか、そして賛美両論の意見についてご紹介してみたいと思います。

さらに、フラッシュモブをやっている業者についてもご紹介します。

フラッシュモブに興味がある人も、友達や恋人、そして家族などを喜ばせたいとサプライズ計画を立てている人など、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

️フラッシュモブってなに?

みなさんは、「フラッシュモブ」って聞いたことがあるでしょうか?
なんとなく最近話題になっているけど、いったい何のことなんだろう??という方もいると思いますし、全く聞いたことがない、という方もいるかもしれません。

しかし、中にももうすでに友達や自分自身がフラッシュモブを体験した、という方もいるでしょう。

じつは、このフラッシュモブはテレビでもかなり話題になっていて、結婚式とかプロポーズなどで流行っているということなんです。

そして、これがまた体験してみたいという人がいる一方、これやられたらちょっとイヤだな・・・という人がいて、賛否両論に分かれるイベントなんですよね。

かなり気になりませんか!?
では、まずフラッシュモブとはいったいどんなものなのか、調査してみましょう。

突然始まるパフォーマンス


テレビのどっきり映像、またはアーティストのプロモーションビデオなどで、一般人としてそこにいる人たちや、街を歩いている人たちが急に音楽に乗って踊りだしたり、パフォーマーになる、という演出を見たことがありませんか?

自分以外の周りにいる人が急に、パフォーマーとして立ち上がり踊りだすという展開にびっくりすることでしょう。

そんな突然に始まるパフォーマンスのことを”フラッシュモブ”と言います。

それは、インターネットやSNSなどを使って口コミで参加者を呼びかけ、不特定多数の人がパフォーマンスをして、その後何事もなかったかのように立ち去るというものです。

以前にはなんと渋谷街がアフロ姿の人だらけになったことがあります。

それは見ず知らずの人たちが呼びかけに応じて急にアフロになって、フラッシュモブをおこしたわけです。

さらには、そこにいる人がバナナを携帯電話の代わりに使うというサプライズを起こしたこともありました。

さらに、突然渋谷の街に、ゴールが表れて通りすがりの人が「がんばれ~」という応援をうけ、なんとなく走り出してゴールする、という面白いイタズラもありました。

現代のインターネットとSNSという見ず知らずの人たちが簡単に繋がれる時代だからこそ
可能になった、サプライズイベントですね。

しかし、それを知らずにそこに居合わせた人にとったら、時空がおかしくなってしまったのではないか、と思うほどびっくりするでしょうね・・・。

このフラッシュモブを始めたのは、ビル・ワジクさんだそうです。

初めて行われたのが2003年のニューヨーク。

そのころのニューヨークの空気は同時多発テロのことがあり、不穏なものだったようです。

そんな中雑誌記者として活動していたビル・ワジクさんが、メールを使い不特定多数の人を同じ場所、同じ時間に集め、どのくらいの人がイタズラに参加するのかを実験してみました。

そうすると、なんと200人もの人が集まり、面白くて楽しい、非日常を味わったんです。

見ず知らずの人たちが一つの目的のために集まり、目的を果たしたら、何事もなかったかのように去っていく・・・。

いつもの重苦しい日常に、ちょっとしたサプライズとワクワクと、そして群衆の力を感じられる、それがフラッシュモブなんですね。

現在、日本でも重苦しい空気や、いつもと変わらない毎日にまいってしまいそうになることは多いですが、そんな現実に非日常の空間と、ワクワクやドキドキを作り出したい、大勢の人と一緒に何かを成し遂げてみたい、そんな気持ちでフラッシュモブが行われていたりします。

さらに、町おこしとしても行われるようになっているようですね。

それで、インターネットなどを通じて不特定多数の一般人が集まって、突然のパフォーマンスを行うという形がもともとのフラッシュモブなのですが、現在ではそのような「突然はじまるパフォーマンス」を演出してくれる業者などもあるんですね。

突然行われるパフォーマンス、ということですが、その中にはみんなが一斉に歌を歌いだす、というものもあります。

普通の街中で一人が歌を歌いだしたら、その場にいる人たちが急に歌いだして、ハーモニーを作り出し感動の盛り上がりを見せる、そしてそれが終わると、また何事もなかったかのように、いつもの日常に戻る・・・というような感じです。

ダンス

さらには、レストランで食事をしていたら、急に一人のウエイターさんが歌いだして、祖いうしたらそこにいたお客さんたちが急にダンスをし始めて、なんとミュージカルのようなパフォーマンスを披露する、なんていうサプライズもあります。

普通のレストランでの食事が一生忘れられない思い出になりますよね!?

演奏


また、歌やダンスのほかに、楽器の生演奏もフラッシュモブとして行われることもあります。

いつもの街中で、一人の人が演奏を始めたら、どんどんといろんな楽器を持った人たちが集まってきて、最初はソロ演奏だったのが最後には指揮者まで登場して、大オーケストラのような感動の演奏を披露してくれた、というような演出です。

テレビ番組などでも、ショッピングモールなどでそのような演出をして、お買い物に来ていた何も知らないお客さんたちを楽しませ、感動させたというものをやっていたことがありました。

参加者は歩行者やお客さんのフリ

それで、このフラッシュモブに参加する人たちは、パフォーマンスを行うまでは、普通の歩行者であったり、普通のお客さんのふりをしているんです。

だから、何も知らずにそこにいる人たちも「お、これから何か始まるのかな?」という予測がつきません。

ただただ普通の日常に、突如として起こる非日常の世界、というのがフラッシュモブの面白さなわけです。

何の変哲のない場所が、一時だけ特別な場所になり、そしてまたいつもの代り映えのない場所に戻るって、なんだか不思議ですよね。

それも、一人だけが何か特別なことをしているわけではなく、大勢の人が一斉に何か一つのことで一体になり、成し遂げるってすごいことで、感動しますよね。

だから、パフォーマンスをする人たちが、全くの見ず知らずの、全くの一般人として扮することも、このフラッシュモブを成功させるためには、絶対に必要なことなんですね。

とあるタイミングでパフォーマンス開始

そんな、ただの歩行者やただのお客さんとしてその場にいる人たちが、とあるタイミングで一斉にパフォーマンスを開始した時の、何も知らない人たちの驚きと「何が起こっているの!?」という感覚が最高です。

突如、映画のワンシーンの中に迷いこんだかのようですね。

フラッシュモブを始めるきっかけとしては、結婚式などでの演出の場合、みんなで集合写真を撮っているときに、急にカメラマンが踊りだして、カメラマンと一緒に友人たちまでも踊りだすというパターンもあります。

さらには、何かのアクシデントを起こして、何も知らない周りの人たちを困惑させてから、感動のパフォーマンスが始まる、というケースも多いです。

️フラッシュモブの目的

普通に何も知らないと、突然自分の周りの人たちが踊りだしたり、みんなで歌いだしたりしたらすっごく驚きますよね。

歌やダンス、さらには楽器の生演奏などのパフォーマンスが突如始まるフラッシュモブですが、このフラッシュモブを行う目的、または魅力ってどこにあるんでしょうか?

感動サプライズな表現

フラッシュモブの魅力というと、やはり一番はサプライズ性が高いということです。

サプライズで、対象とする人を驚かせて喜ばせることがしたい、という時に、このフラッシュモブが人気なんです。

大勢の人が関係し、その人たちが一体となって歌やダンスや演奏を行うって、大きなイベントとか、ショー、ライブでしかあまり見ませんよね。

それが、自分の日常の中に突如として起こるなんて、びっくりでしかありません。

サプライズ性が高いほど、人は期待を裏切られるので感動も増します。

そして、サプライズのことほど、その人の中の記憶として残りますよね。

日常の中で起こる、びっくりすることほど、感動することほど、人生の思い出として消えない記憶となるでしょう。

それで、何か相手に感動を与えたい時、サプライズを演出するとより感動が引き立ちますので、感動サプライズな表現としてフラッシュモブはかなりイイでしょう。

さらに、パフォーマンスをしている人たちにとって、それがインターネットなどを通じて呼びかけられた本物の一般人であった場合、何もしらな人たちとその時だけ一体となって、一つのことを成し遂げる、という日常では味わえない達成感とか、一体感、そしてその時だけは自分の肩書とか責任とか周りとのつながりとか、何も関係なくみんなと何かを成し遂げる、という独特の感覚が刺激や勇気を与えてくれる、ということもあります。

メッセージを伝える

特別なメッセージを伝えたい、という時にもフラッシュモブで印象的に、そして気持ちのほどを表現することができます。

特別なメッセージであればあるほど、特別感を増したいですよね。

どうしたら、このメッセージがとにかく特別な思いであることを伝えられるだろう・・・T考えた末、メッセージと共に特別な演出をしたいと思うのではないでしょうか?
では、特別な演出をしてまで伝えたいメッセージとは、例えばどんなものがあるでしょうか。

告白やプロポーズ

「好きです」。

この一言って、すごく簡単なのに重みが半端なくありますよね。

まあ、好きという気持ちの大きさによっては簡単に言えちゃうとか、サラッと言えちゃうこともありますけど、その気持ちが他の簡単には言えないくらいの大きさだった場合、その気持ちを伝えるためにフラッシュモブで、愛の告白をするという方法をとるかもしれません。

普通に、「好きです」という場合と、フラッシュモブでの非日常からの告白ではインパクトと衝撃が全然違いますからね。

本気の場合でしか絶対にしないようなサプライズでしょう。

さらに、本気で特別といえば、プロポーズでしょう。

プロポーズこそ、簡単には言えない言葉です。

ただ付き合っているのと、結婚するのとでは人生への影響力が違いますよね。

2人でこれからの人生を共に歩みたい、一生一緒にその人といたいと思うからこそ、プロポーズをするわけですけど、相手に受け入れてもらえるのかどうかは、自分の人生をかけた勝負といったところでしょう。

プロポーズなんて、一生に何度もあるようなことではきっとないでしょうから、自分にとっても相手にとっても、人生の中でものすごく重要な瞬間になるわけです。

そんな自分にとっても、相手にとっても特別な瞬間をどのように演出するか・・・、プロポーズをする時にはかなり悩むところでもありますね。

それで、一生思い出に残るプロポーズをしたいということで、フラッシュモブが人気なんですね。

そして、告白やプロポーズといった特別な瞬間を映像として残したい、という人にも人気のようです。

後でもう一度2人の幸せな瞬間を見たい、最高の思い出を形にして残したいという時にはいいかもしれませんね。

ありがとうの感謝の気持ち

さらに、言葉だけでは表せないほどの「ありがとう」の気持ちを伝えたい時にもいいでしょう。

心に溢れている感謝の気持ちって、どうにか相手に伝えたいですよね。

そんな時、言葉で「ありがとう」っていうだけでは、全然気持ちが収まらないという時もあるでしょう。

そんな時に、どうしても伝えたい感謝の気持ちをサプライズパフォーマンスにて、一生のおいでに残る形で表現するために、フラッシュモブが行われることもあります。

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、そして友達や恋人に日頃の感謝や、特別な感謝の気持ちを、普段とは違う形で表したい、という時にいいですね。

おめでとうの祝福

お世話になった上司の結婚式とか、すごく一緒に頑張ってきた同僚や部下の結婚式などで、みんなでフラッシュモブを計画して、ダンスをしたり演奏したりして、「おめでとう」の気持ちを伝えることもあるでしょう。

友人や家族の結婚式でも行う人も多いですね。

結婚式は特に当人にとったら特別な日ですから、その特別な日をもっともっと素敵に演出して、一生思い出に残る日にしてあげたい、と思うのは当然ですよね。

人を驚かせたり楽しませたり

フラッシュモブをやりたい、と思う人の中には、人を楽しませたいというエンターテイナー的な気持ちがいっぱいあるからということもあります。

人を驚かせたり、人をの楽しませたりするのが好きなんですね。

お祭りごとが好きとか、人をびっくりさせることが好きという人は世界中にいっぱいいて、だからこそドッキリ大作戦が世界中であるわけなんですが、そんなエンターテイナーな気持ちを持った人達にとって、フラッシュモブってすごく魅力的な演出なんです。

️フラッシュモブへの賛否両論

告白やプロポーズなどの特別な気持ちを特別な仕方で伝えたい、という人や、「ありがとう」や「おめでとう」の気持ちを一生の思い出としての残る形で表現したい、という時に、フラッシュモブはかなりインパクトと爆発的な驚きがありますよね。

人を驚かせたり、楽しませるために何か非日常的なパフォーマンスをしたい、という人にとっても、すごく楽しそうなことです。

それで、今結婚式やプロポーズなどでこのフラッシュモブが大流行していて、動画でもこのフラッシュモブでプロポーズをしたカップルが感動的に結ばれるシーンなどもよくアップされています。

しかし、実際のところフラッシュモブに対しては賛否両論があるんですよね・・・。

「すごくいい!」、「こんなプロポーズに憧れる!」、「結婚式でやってほしい」という人と、「アレだけは絶対にやめてね」、「ありえない」と思う人に分かれちゃいます。

かなりインパクトとサプライズ性が高いパフォーマンス故、賛否両論あるのは納得できることかもしれませんね。

賛成意見の人に対してやるなら、最高の思い出と最高のプレゼントになると思いますが、もし反対派の人に実践してしまったら、あまりにも悲しい結果になることがあります。

特に、フラッシュモブ反対派の彼女にプロポーズでこれをやっちゃって、彼女がすごく怒った、という方がけっこういるみたいなので、注意しなくてはいけませんね・・・。

人生をかけた大一番を台無しにはしたくありませんからね。

ということで、賛成派と反対派の意見をまとめてみました!

フラッシュモブ賛成意見

まずはフラッシュモブ賛成派の意見から。

「プロポーズではこんな演出してほしい♡」、「一度でいいから体験してみたい」。

そんな人たちの意見を見てみましょう。

感動的でロマンティック

フラッシュモブで愛の告白をされたり、プロポーズをされている女性たちの動画を見たことありますか?
彼女たちは、男性からの特別な演出と、自分への愛の大きさに感動し、泣きながら彼の申し出を受け入れていますよね。

フラッシュモブって、大勢の人が自分のために用意してくれて、自分のために感動的なぱパフォーマンスをしてくれます。

そんなことまでして、自分への愛を告白してくれる姿に、感動してしまうわけです。

思いの深さや、日常では考えられないロマンティックな演出に心がときめいちゃうんですね。

自分が特別と感じられるとか、相手の愛の深さを感じられるという、ロマンティック要素が詰まった演出に浸れる人は感動するようです。

一生の思い出になる

自分のためだけに大勢の人が踊ったり、歌ったり、演奏したりなんて、普通は一生に一度でも経験することなんてありません。

ディズニーのプリンセスとか、映画のヒロインとか、お金持ちとかならあるかもしれませんけど、一般人ではありえないですよね。

そんな、ありえないことが自分の身に起きるということで、一生の思い出として残るので賛成、ぜひやってほしいという人もいます。

頑張って練習してくれたことに感激

自分のためにみんなが陰でサプライズを計画してくれていたんだ、と思うとすごく感動しますよね。

自分を喜ばせるために、曲を決めることからどんな演出をするのかまで考えたり、そして時間をかけて練習して、今日のために準備していてくれたのか、と思うと、みんなへの感謝や愛の気持ちが湧き上がってきます。

普通では、ダンスなんて人前であまりしない人とかまでも、一生懸命に踊ってくれていた李すると、すごく気持ちの温かさや深さに感激します。

やっぱり、どんなプレゼントも心がこもっていることを感じると、すごくうれしくなるし、感動しますね。

プレゼントそのものに感動する、ということもありますが、プレゼントを用意するために欠けた時間や努力が大きければ大きいほど、すごくありがたく感じるし、プレゼントが貴重なものと感じることができます。

みんなが頑張って練習して、今日の日のために一生懸命用意してくれた自分へのプレゼントだと思うと、本当に温かくて感激しちゃいますね。

形は残らないけど最高のプレゼント

映像として残しておくことができれば、ちゃんと形を残すことができますが、映像としては残さない場合でも、心の中にずっと残るプレゼントになります。

プレゼントというと、何か物が多いかもしれませんが、物よりももっと印象が強く、さらに心に迫るプレゼントになるということで、最高のプレゼントと感じる人もいるでしょう。

やはり、自分のためにいっぱい練習してくれたり、努力して考えて演出してくれたフラッシュモブの感動は、一生心に残るプレゼントとなりますよ。

フラッシュモブ否定派

フラッシュモブに感動し、一生の思い出として最高の記憶が残る人もいて、フラッシュモブで感動している動画などを見るとすごくうらやましく感じる人もいます。

しかし、一方でフラッシュモブは絶対にいや!という否定派もいることを忘れてはいけません。

ここで、否定派の意見もちゃんと聞いておきましょう!

かっこ悪いしダサい

否定派の人にとって、あの演出はどうしてもダサくて、かっこ悪いとしか思えないんです。

なんだか、一生懸命にやっているけど、それがまたイタイタしいというか、どうしても受け入れられないという感じですね。

それも、選曲とかダンスとかがどうしてもダサすぎると、ただただサプライズを受けているこっちが恥ずかしくなり、もういてもたってもいられないという感じで、すごく苦痛に思えてしまうのです。

ああゆう演出とか、サプライズ自体が好きではない、という女性も多いです。

それも、一目にさらされるようなサプライズをされるのが一番イヤ、という人にとったらフラッシュモブは最悪ですね。

人に見られて恥ずかしいし、すごくカッコ悪くてダサいと生理的に受け付けないような演出を目の前でされてしまうと、感情がサーっと冷めてしまうのです。

断りにくい

告白とか、プロポーズとか、相手の答えが必要な時に、あのような大それた演出をされると、断りにくくて困るという意見もあります。

確かにそうですよね!
あれって、絶対に断られないという前提で、さらにサプライズに感動する相手に対してだったら、感動の瞬間、最高の思い出になるのかもしれませんが、もし「断りたい」と思っていたとしたら・・・。

あんなみんなが関係していて、みんなが協力してた中で、「ごめんなさい」とか「考えさせて」とは言いにくいのではないでしょうか?
相手が自分の正直な気もちを言いやすいように、とか、相手のタイミングで答えが出せるように、という配慮はありませんね。

だって、フラッシュモブで告白やプロポーズする人たちって、そこで相手が感動の涙を流しながらOKしてくれることを絶対期待していますよね!?
相手と一対一なら、こちらの答えも言いやすいのですが、あんなにたくさんの人の面前で、それもたくさんの人が協力してくれている中で、その場の膨れ上がっている期待を裏切るようなこと、すごくしにくいです。

だから、「考えたい」とか「ごめんなさい」という人が、ありえない人みたいに見られることもあるから、告白とかプロポーズするほうの一方的な自己満の演出って感じてしまうこともありますよ。

見てる側はしらける

パフォーマンスをしている人たちは楽しいし、ワクワクしているのかもしれないけど、そのような演出が苦手だったり、サプライズに気持ちが乗らない人にとったら、それを見ているのってすごく苦痛の時間になります。

見ているこっちはしらける一方なのに、それを表現しずらい空気感って、なんだかすごくめんどくさいし、考えただけでも疲れます・・・。

つまり、フラッシュモブってそれに感動できる人と、できない人がいることを覚えておいた方がいいですね。

感動できない、というかむしろ見ていると気持ちがしらける、という人が相手の場合、すっごく最悪の空気になりますし、当人は楽しいかもしれないけど、相手はそんな気持ちがしらけるような演出の主役に仕立て上げられて、すごく恥ずかしい思いをして、もう本当に嫌になってしまうこともあるようです。

別に嬉しくない

フラッシュモブの目的は、特別な思いを特別なパフォーマンスと共に伝えて、感動を与えるということもありますよね。

つまりは、相手が感動するほど喜んでほしいと思っているのでするわけです。

でも、「全然うれしくない」という人もいます。

うれしくないどころか、迷惑と感じるので、絶対にやめてほしいと思っているようです。

ある人は、自分の会社の前で彼氏がフラッシュモブをやってプロポーズしてきたことにより、いろんな人からその時の様子の写メが送られてきて、もう会社にもいけないほどのダメージを受けたらしいです。

それほど、恥ずかしかったわけですね。

うれしくないどころか、それくらい相手を困らせたり、怒らせてしまうようなことがあると思うと、フラッシュモブをやる時には、相手が本当にそれを「うれしい!」と感じるタイプの人なのか、そして公衆の面前で行っても大丈夫なのか!?ということを、考える必要がありますね。

相手がイヤなら、いくら自分がやりたくてもやらないのが親切&愛なのではないでしょうか??

反応に困る

イベントで盛り上がれる人、あるいはサプライズにすぐに感動して反応できる人と、できない人がいます。

それで、急にああいったことをされて「反応にすごく困った」という人も多いみたいです。

恥ずかしいのに、でも嫌だという気持ちを出せないような、そんな空気感の中に一人立たされたら、もうすごくどうしたらいいかわかりませんよね。

とりあえず、「あ、ありがとう・・・」って言わなくてはいけないような空気が苦痛です。

こっちはかなりしらけちゃっているけど、やっている本人たちからは、こちらが感動して涙を流すことを期待されているようなことがヒシヒシと感じられると、なおさら困りますね。

相手を困らせるサプライズになってしまうなら、元も子もないのでやらないほうがイイのではないでしょうか!?

️フラッシュモブの業者紹介

フラッシュモブに憧れる、やってほしいという賛成派と、絶対にやらないでほしいという断固反対派がいることを理解していただけたでしょうか?
やはり、フラッシュモブというのは賛否両論あって、それに対する反応は人それぞれです・
なので、動画などでみんながハッピーに感動してロマンティックな展開を楽しんでいるから、自分もそうなると勝手に思い込むのはちょっと危険ですね。

相手がそれを楽しめる人なのか、喜んでくれる人なのかということをまず一番に考えましょう。

もし、相手が絶対に喜んでくれるという自信があるなら、フラッシュモブをやってくれる業者に頼んでみるのはどうでしょうか?
忘れられない特別な演出をしてくれるでしょう!

エモーションライズ

エモーションライズは、フラッシュモブ専門の会社なんです。

なんと、費用も98,000~とお手頃価格で提供しています。

メディアでも多数紹介されているし、たくさんのオリジナル演出を持っています。

日本全国対応しているところもスゴイですね。

サプライズ・モール

サプライズ・モールは、日本で初めてフラッシュモブ、そしてメモリプレイを行った会社です。

あなたのプロポーズという一番感動する瞬間を、演出家、劇団員、ダンサー、アーティストたちがみんなで盛り上げてくれます。

フラッシュモブ・ジャパン

フラッシュモブの実績900件以上を持つ、フラッシュモブ・ジャパン。

こちらは日本初のフラッシュモブ代行会社で、結婚式、プロポーズはもちろん、誕生日や企業のイベントなどにも対応しています。

費用も108.000~とリーズナブルなところが魅力です。

アットサプライズ・ジャパン

都内、関東圏での実績NO.1を誇るのが、アットサプライズ・ジャパンです。

ブレイクダンスやアクロバットなどの、本格的なダンスパフォーマンスなどもやっています。

メディアにも多く取り上げられていて、個人では到底演出できないようなハイクオリティーなフラッシュモブを提供してくれます。