私達はある程度の年齢になれば社会人として企業に務めて仕事を行っていると思います。

もちろん中には自由業として自分で仕事を自由に行っている方もいるかもしれませんが、それは全体の比率で考えればやはり小数であると考えざるを得ません。

一般的には企業に属し会社員として仕事を行う方の方が圧倒的に多いです。

会社員として仕事を行う中で毎日様々な仕事を行っていると思いますが、それぞれの仕事の管理などが難しくて大変に感じている方もたくさんいると思います。

同じ仕事をずっと行う仕事の方が仕事に関しても慣れてきますし、同じことをやっている方が感覚などを養われますので、どちらかといえば同じ仕事だけを続ける方が楽かもしれませんが、世の中そこまで甘くはありません。

様々な仕事を与えられて様々な仕事を臨機応変に行っていかなければいけない世の中になっています。

しかしながらたくさんのことを一気に抱えながらそれぞれに注意して仕事を行っていくと言うのは簡単そうでとても難しいことです。

特に女性と男性を比べたときに女性は複数のことを行うのに適している脳の構造していますが、男性に関しては複数のことを一気に併行して行なっていくということにはあまり向いてないということは判明しています。

もちろん全ての人間がそうだとは言い切れませんが、複数のことを同時進行していくのが苦手に感じている方や、苦痛に感じている方はたくさん存在しているのです。

今回はそのような状況を踏まえて、タスク管理という言葉をテーマにして、タスク管理を行う上で簡単にするための方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

️タスク管理って?

確かにある程度のビジネス用語に精通していない方であればこの言葉が分からないのも当然です。

ビジネス用語が使う企業は一般的に使っていますが、普段ビジネス用語を使っていない企業は全く使わないので、身近に存在していない言葉になるかもしれません。

タスク管理という言葉はその名前の通りタスクを管理するという意味になるのですが、そもそもタスクという言葉が分からなければ当選意味が通じないはずです。

タスク管理をしやすくするための方法をご紹介する前に、タスク管理という言葉が具体的にどういう意味を指しているのかということについてまずはご紹介していきたいと思います。

ビジネス用語に関しては絶対的に必要というわけではありませんが、社会人として働く上で今ではある程度知っておいた方が困らない言葉ばかりです。

今は必要ないかもしれませんが将来的に転職をした時に必要になるという可能性もあったりしますので、この機会ににビジネス用語に関しても基礎的な意味を理解するということを踏まえて知っておいてください。

そもそもタスクとは

他人から課された仕事


まずはじめにご紹介するタスクの言葉の意味は「他人から課された仕事」という意味を持っています。

これはどういうことかと言いますと企業に勤めているサラリーマンであれば経験が必ずあると思いますが、例えば職場の上司から何かの仕事をしてくれと命令があったりすることがあると思います。

それ以外にも自分の職場の同期からこの仕事を片付けてくれないかという相談を持ちかけられることもあると思います。

また時には自分の部下が失敗をしてしまってその仕事を行わなければいけなくなってしまったという状況もあるでしょうし、時には自分の身近な存在の人間が会社を辞めてしまってその仕事を引き継がなければいけないということもあると思います。

このように考えてみるだけで簡単に他人から課される仕事というのがたくさん存在しているのです。

考えてみれば当たり前のことであり、会社と言ってもその実態はたくさんの人間が同じ目的を共有した集団であると捉えることができます。

なので同じ目的を達成するために助け合いながらチームワークを発揮して目標に向かって走っているので、時には周りの人間からこの仕事をしてくれと言われることは当たり前なのです。

つまり他人から課された仕事という意味がタスクという言葉で表現することができますので、タスク管理は「他人から課された仕事を管理する」という意味として解釈することが出来るのです。

自分で自分に課した仕事

次にご紹介するタスクの言葉の意味は「自分で自分に課した仕事」という意味を持っています。

これはどういう意味かと言いますと、そこまで難しくない意味だと思いますが業務などを行っている際に自分自身でこれは必要な仕事だと感じて自分が率先して自分で仕事を行ったりすることがあると思います。

これがタスクという言葉で表現できるのです。

一般的には普段自分が行っている仕事が存在していると思いますが、それが自分のタスクであり、行わなければいけないことであると考えることができます。

例えばあなたがある日出勤してその日のスケジュールを見た時に、その日のうちに翌日に予定されている打ち合わせの資料を作成しなければいけない場合などもあるでしょうし、その日の午後からは営業活動を行って担当のクライアントとのアポに行かなければいけないかもしれませんね。

これがあなたの今日のタスクです。

つまりタスク管理とはいいかえれば「自分で自分が行わなければいけない仕事の管理」と表すことが出来るのです。

会社に出社して自分のタスクが存在しないということは基本的にはそこまで多くはないですよね。

もしも自分のタスクが存在しなければ何かしらのタスクを見つけなければいけませんし、時には他人の仕事を手伝ったりしてタスクを見付ける必要性などがあります。

タスク管理とは

タスクという言葉がどういう意味を表しているのかということを簡単にご紹介していきました。

そしてそれに伴ってタスク管理という言葉がどういう意味合いを表しているのかという言葉をご紹介しましたので、ある程度タスク管理という言葉の意味を理解いただけたと思います。

一見すると難しい言葉に感じるかもしれませんが、よくよく意味を理解してみるとそこまで難しい言葉ではないということに気づいたはずです。

自分自身のタスクを確認してそのタスクを管理していくという事は簡単な言葉ですが難しい事でもあります。

事実として誰もが簡単に行えるようなものなのであれば、この世の中にミスという言葉は存在しません。

よく上司からタスク管理ができていないということで怒られている部下を見かけることがあると思いますが、まさにタスク管理は業務に慣れていない新人にとってはとても大事な事でもあります。

タスクをしっかり管理するということが一人前の社会人になるということでもありますので、早い段階でタスクを管理する方法を見つけておかなければいけないのです。

あなたは何かしら自分の方法でタスクを管理するためのコツを見出していますか?
もちろんコツがなくてもしっかりとタスクを管理しているという方がいるかもしれませんが、継続してミスをすることなくタスクを管理していくためにはある程度自分なりの確立した方法を持っておくことが大切です。

もしも自分なりにタスク管理をするための方法を見出していないということであれば、今回ご紹介するタスク管理の方法を自分なりに自分のものにして活用してみてください。

️タスク管理を簡単にする6個の方法


ここまではタスク管理という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

基本的な意味合いを理解いただいたところでここからは具体的にタスク管理を簡単にするための方法についてご紹介していきたいと思います。

タスク管理が苦手で仕事に関してストレスを感じているという方はたくさんいると思います。

もちろん今現在の段階でタスク管理がそこまで必要にない業務を行っているという方もいるかもしれませんね。

しかしながらタスク管理が苦手でストレスを感じているのであれば必ず早い段階で自分がタスク管理をできるようになれる上手な方法を知っておくべきですし、もし今の段階ではないにしても将来タスク管理をしなければいけない状況になってしまう可能性というのは多いに存在しています。

例えばいきなり会社から新しい業務を任される事などもあると思いますし、ある程度仕事を覚えれば新しい事を任される事もあると思います。

もしも複数のタスクを管理することに慣れていなければ、必ず自分の容量をオーバーしてしまいミスに繋がってしまうタスクが生まれてしまう可能性があります。

ミスをしてから気づいたとしてもそれは遅いので、必ず様々なことを任される前に自分なりに考えて何が必要なのかということを導きだしておかなければいけません。

今必要ないにしても将来必ず必要になるスキルになりますので、学んでおいてそうもありませんのでこの機会にタスク管理について真剣に向き合ってみてください。

目的を明確にする

まずはじめにご紹介するタスク管理を簡単にするための方法は目的を明確にするということです。

これは言い換えてみればタスク管理を簡単にするための方法ではなく、「仕事が遅くなる原因を排除する」という考え方につながるかもしれませんね。

では仕事が遅くなってしまう原因を考えた時にまず思い当たることといえば、仕事の目的が明確になっていないということが挙げられます。

これはかなりよく起こりうることなのですが、何かの仕事に取り掛かる上でその一番の目的を明確にしておかなければ当然その仕事に取り掛かるまでに無駄な時間が発生してしまいます。

これは全ての事においても繋がると言えますが、自分が目的を明確にしていないで目的もなくただ彷徨っていたとしても正解を見つけるまでには必ずそれなりの時間がかかってしまいますね。

それと全く同じであり、タスク管理を行う上で大切なのは目的を明確にすることです。

目的を明確にしておけば自分に与えられた、もしくは自分が行おうと思っている仕事の本質的な部分を理解することにつながりますし、成果の出る仕事の仕方をするためには目的を明確にすることが必須になるのです。

少し厳しいかもしれませんが社会人として活躍する方であれば、絶対にしてはいけないのは言い訳です。

言い訳をすることによって自分を守ろうとする人もいるかもしれませんが、言い訳をするような人間は評価してもらえませんし、自分の実力も身につかないですし、何より結果が全ての世界です。

どんなに自分が頑張ったとしても結果を出していないのであれば意味がありませんので、結果を出すために目的を明確にする必要があるということも合わせて理解しておいてください。

逆算をする

次にご紹介するタスク管理を簡単にするための方法は逆算するということです。

なぜ逆算をすることがタスク管理において簡単になるのかと言いますと、何かを行う上でますよになるのはその物事を遂行するまでの過程を逆算して考えておくということです。

おそらくこれまでの人生であなたも何かの目的を達成しようとするためにその目的を達成するまでの過程を思い描いてそれを逆算したりした経験があると思います。

例えばあなたがスーパーに買い物に行き、牛肉を購入するという目的を遂行するためには、スーパーに行く為の必要な時間を計算したり、スーパーの営業日を確認したり、牛肉を購入するのに必要な金額などを計算したりすると思います。

逆に言えばこれらのことを逆算して考えていない場合は、時には重大なミスが発生してしまいます。

例えばスーパーに行こうと思ったのにスーパーに通うために必要な車を家族が使っていたり、スーパーの休業日に該当している日に足を運んでしまったり、そもそも牛肉の値段が想像していたよりも高くて購入することができなかったというミスが発生してしまいます。

腰極端な例だったかもしれませんが、これらはしっかりと物事の過程を逆算して考えておけば防げるミスなのです。

なので様々なタスクを管理するためには、自分が今保有しているタスクを把握した上で、それらのタスクを遂行するために必要な時間であったり、このタスクを遂行するために必要な準備、そしてどれぐらいの作業効率で継続して行えば終了するのかということなど、それぞれのタスクで問題が発生しないように逆算しながら業務に取り掛かる必要性があるという事です。

もしも逆算をせずにタスク管理を行っていた場合、必ず何かしらの業務において時間がなくなってしまったり、作業する時間を確保することができなく質が低下したものを提供してしまったりするなどの様々なミスに繋がってしまいます。

もちろん業務内容によって考えなければいけないことなどは様々存在していますので、今ご紹介した内容以外にも確認しなければいけない項目などはたくさんあると思いますが、まずは成功させるための過程を逆算する事を癖づけておいてください。