犬を家族に迎え入れる時に、飼い主の初めての仕事となるのが「しつけ」です。

しつけは、犬と人が共存し、楽しい日々を過ごすためにも、必ずしなければいけないもの。

犬のしつけに困っている人、犬のしつけをこれからはじめる人のために、今回は、しつけの大切さやしつけのコツを紹介していきたいと思います。

犬のしつけでやりたい7個のしつけポイント

犬のしつけには、必ず覚えさせておくべきのいくつかの行動があります。

初めて飼い主となる人は、どうしたらいいのか分からない人も多いでしょう。

犬が可愛くてどうしても甘やかしてしまう、厳しくしつけられない…なんていう飼い主さんも多いようです。

ですが、それは犬のためになりません。

犬に最低限のしつけをすることは飼い主として責任でもあります。

しつけがなっていない犬が他人に迷惑を掛けたりすることは、犬にとっても飼い主にとっても非常に不本意なのではないでしょうか。

折角なのであれば「素敵なワンちゃんだね!」「良い飼い主さんだね!」と周りから羨ましがられるようなよい関係を築こうじゃありませんか!

しつけを成功させたい人は、きちんと犬の気持ちを考えながら動物学に基づいた効果的な方法を試みるべきです。

しつけとは、人と犬との信頼関係。

しつけは飼い主のエゴではなく、犬の命を守るための方法でもあります。

しつけがなっていない犬は言うことを聞かずに交通事故に遭ったりする可能性も…。

きちんと犬をしつけることは、犬を飼う人の義務だということをきちんと理解しておきましょう。

犬とは主従関係を結ぶ、などと言いますが信頼関係を築いていくのがしつけの基本です。

1.きちんとご褒美をあげる


犬に覚えて欲しいことを褒めながら教えていくのが、しつけのメジャーな方法です。

犬は行動や物事を記録することで学習していきます。

中でもしつけの際に用いられる「オペラント条件付け」という方法は犬だけでなく人の指導にも効果的なものです。

これは自分が行動する際に、これをすると良いこと起きる。

これをすると悪いことが起きる。

という物事の関連性を学習するという方法。

例えば、ある行動をして誰かにひどく叱られてしまったとします。

すると、その行動をすること叱られることを学びます。

その結果、二度と同じ行動を起こさないよう消極的になり気を付けるようになります。

逆に自分の行いがとても褒められてご褒美をもらえたとします。

すると、その行動をすれば褒められることを学びます。

その結果、もう一度その行動をしようと積極的になります。

このように一連の行動の関連性を覚えて学習することを「オペラント条件付け」というのです。

これは犬も人も同じように学習し、条件的に覚えるものですので、しつけにも効果があります。

1.ご褒美の時は撫でたり優しく声を掛ける

このオペラント条件付けには正と負の両面があります。

しつけでは正と負の面をうまく使い分けて条件付けをする必要があるのです。

犬にとってその行動が「正」だとする条件をご褒美や褒める飼い主の声だと設定します。

例えば、お手や伏せなどなにか芸を覚えさせる時も、お手ができたらご褒美を与えることで、この行動は「正」なのだと覚えます。

すると犬は、何度もその行動を反復して行うようになります。

正と負を覚えさせるには、それぞれのメリハリやギャップを持たせることが重要になりますので、むやみやたらにご褒美をあげたりしてはいけません。

褒める時も特定のワードや声のトーンを意識して声をかけるといいでしょう。

また、犬のしつけではアイコンタクトもとても重要なポイントです。

褒める時は目を合わせてからおやつをあげるようにするのがおすすめです。

2.大声で怒らない


犬に対して叱る場合は、罰ではなくサプライズにするべきです。

苦痛を与えるのではなく驚かせることで「負」の条件を覚えてもらいます。

犬は驚くことで行動を中断しますので、わざわざ苦痛を与えるのではなくちょっとしたアクションで犬に条件を覚え込ませましょう。

そのアクションのうちの一つが、聴覚によるものです。

とはいえ大きな声で驚かせる必要ありません。

叱る時にほんの少し首輪をひいたりして行動が止まった時に低い声を出す程度でも構いません。

無理に声を張り上げると、犬も興奮してしまって余計に言うことを聞かなくなります。

この行動はいけないことなのだと分かる「負」のアクションを覚えさせるだけでOKです。

こうした条件を覚えさせる上でポイントとなるのは、犬にとっての正解と間違いをはっきりさせることです。

褒める時の声やワードを決めておくように、叱る時も同様に決まった声やワードを決めておきましょう。

「ポチ!いいこだ!」と「ポチ!ダメでしょ!」を同じトーンで言っていたら意味がありません。

犬としても、善いことと悪いことの判断が付かずに戸惑ってしまいます。

また、褒めるタイミングと叱るタイミングも非常に重要。

昨日褒めたことを今日褒めなかった、昨日は叱ったことを今日は叱らなかった。

このような状況では、犬は善いことと悪いことを正確に覚えません。

1.叩いてもいけない

犬に対して体罰を与えて恐怖を感じさせるようなしつけは絶対的にNGです。

犬に対して罰を与えてしまうと、飼い主に対して嫌悪を抱くようになるので信頼を築くことができなくなります。

手で叩いたり、鼻先にデコピンをしたりするようなこともやめましょう。

こうした行動を繰り返すうちに、人の手が嫌悪対象となって手が出されると噛みつく癖がついてしまう可能性が高いのです。

2.過度な主従関係はNG

何度も言うようですが、しつけに余計な罰や厳しさは必要ありません。

過度な主従関係を覚え込ませてしまうと犬が恐縮してしまって飼い主に心を開かなくなります。

犬はきちんと学習する賢い生き物ですから、人間側が正しい学習方法をとれば、力でねじ伏せるようなことはしなくても十分しつけになります。

3.お仕置きとしてハウスに入れない

犬にとってハウストレーニングは非常に大切な行動です。

自分のハウスはリラックスして過ごせる安全な場所なのだと覚えて欲しいのに、これを罰や仕置きとして覚えさせてしまうと、家に戻ることは不快なことだと覚えてしまいます。

基本的にハウストレーニングは、善い事として覚えさせます。

ハウスの中に居る時でも飼い主とコミュニケーションをとって幸せを感じられるようトレーニングすることが正しいしつけです。

もしも地震や家事など災害があった場合も、家に入ることをきちんと覚えさせておけば避難がスムーズです。

仮に避難所などに移動したとしても馴染みのある家があれば、落ち着いて過ごせるでしょう。

しかし、お仕置きの時に入る場所だと覚えていると、入ることを拒否したり、吠えたりするようになってしまいます。

4.吠え続けても無視する

犬は興奮した時や寂しい時、警戒している時、構って欲しい時など吠えることで感情を伝えようとします。

チャイムの音や外から聞こえてくる音に反応して吠えてしまう飼い犬に悩んでいる人も多いようです。

無駄吠えを無くしたい人、防止したいと考えている人もいるでしょう。

とはいえ、そもそも犬が吠えるのは当たり前のことです。

人が話しているのと同じように、犬も声を出します。

ですので吠えていること自体を叱るのではなく、犬が吠える目的をきちんと把握して吠え癖を矯正していくことが必要なのです。

特に犬が吠える理由になるのが、何かをして欲しい時の「要求吠え」、相手に対して警戒する「威嚇吠え」、恐怖がある時の「不安吠え」です。

吠える理由に対してしつけ方法は異なります。

こうした無駄吠えは無視をすることで減らすことができるというのが一般的なしつけ方法です。

犬が吠えている最中から吠え終わってから1分の間、犬を完全に無視する方法がメジャーです。

犬は飼い主からなにかしらのアクションが欲しいから吠えています。

しかしそれに対してなんの反応もないとなれば、犬にとってなにもメリットがありません。

子供が犬が苦手な人など、吠える犬に対して驚くような人と接する機会も減らすべきです。

1.おとなしくなったらご褒美をあげる

無視をして吠えがおさまり、大人しくなったらご褒美をあげましょう。

吠えている時に叱るというよりも、吠えていない時に褒めるという方が効果的です。

吠えても無駄なのだ、吠えていないとご褒美が貰えるというのを覚えてもらえれば無駄に吠えることが少なくなるでしょう。

2.マンション住まいなら吠えないようにするのは必須

マンションや集合住宅に住んでいる人は、犬が吠えると近隣の人の迷惑になってしまうので吠え癖があると近所問題にもなり得ます。

犬が臆病な性格でどうしても威嚇吠えが治らないという場合は、状況に慣れさせるという対処も必要です。

吠える対象となっている人に餌をあげてもらう、こちらが吠えても大人しい犬と接する機会を作るなど、苦手を改善できる環境をつくってあげましょう。

吠えなくていい環境を作ってあげることも大切。

外を走る車やバイクに反応するのであれば、犬の視界に入らないようカーテンや布で窓を隠すのも効果的です。

5.しっかり遊んであげよう

犬と一緒に遊んであげることは、信頼関係を築くためにとても大切なことです。

遊んであげられるときは目一杯遊んであげましょう。

犬は遊びを通じてしつけていくことができます。

遊びながらしつけができれば、犬にとってもストレスはなく飼い主も楽しむことができるでしょう。

遊んであげられないときは、今は遊べないのだと毅然とした態度を取ることも必要です。

犬と一緒にリラックスして楽しく過ごせる時間が多いほど犬は飼い主に懐きます。

遊んであげる時間とそうでない時間を作ることで、犬も一人で遊ぶことを覚えたりしますので、愛犬が遊べるおもちゃも数個用意しておくといいですね。

1.犬にはエネルギーの発散が大切

犬との遊び方には、スキンシップやドックランなど幅広くあります。

家の中で飼っていると退屈そうだし窮屈そうですよね。

まずは犬がのびのびと過ごせる環境を作ってあげることからはじめましょう。

特に筋肉を動かすボール遊びなど運動量の多い遊びは、犬の本能的な欲求を満たしながら運動不足解消にもつながるのでお勧めです。

運動することでストレスを解消するだけでなく、沢山遊んで疲れるので家に帰ったらぐっすり静かに休んでくれます。

あまり構ってあげられず、犬の体力が有り余っていると、フラストレーションが溜まってしまうので注意です。

遊ぶときもしつけと同じように、善い時は褒めてあげる、悪い時は叱るというのを徹底して行いましょう。

6.ご飯を置きっぱなしにしない

犬のご飯は、あまり置きっぱなしにすることが推奨させていません。

犬の食欲は人間のように3食分など確かに決まっていないため、食べたい時に食べるというスタイルです。

日によってはあまり食べないという時もあるでしょう。

ですので、置いておくとお腹が空いたタイミングで食べるので都合がいい部分はあります。

しかし、ご飯を置きっぱなしにすると餌が乾燥したり、匂いが飛んだりして美味しくなくなるんです。

すると犬は餌に対して興味を失ってしまったり、ご飯が美味しくないものだと認識してしまうようです。

さらに、餌の出しっぱなしは決して衛生的とは言えません。

一度口をつけた餌を時間を置いてまた食べるとなると、一度目に口をつけた時に付着した唾液などから雑菌が繁殖します。

また、ご飯がいつもある状態が当たり前になると、いつでも食べられるからと言って餌の食いつきがとても悪くなります。

ご飯をなかなか食べてくれない、片付けたいのに片付けられない…とならないようにするためにも、出した時に食べてもらうようにしつけましょう。

1.きちんと時間と量を守ろう

基本的には食事の時に1回分食べきれる量を出して食べきってもらうスタイルがお勧めです。

毎日ご飯をあげる時間を決めて、もし食べなければ1時間を目安に餌を片付けるようにしてください。

そうすれば出した時にきちんと食べるようになります。

ただ、綺麗に食べきってもらうためには、犬が食べきれる量をきちんと量って出してあげることが重要です。

犬の食欲や体型に適切でない食べきれない量が出されていたのを残したからと言って叱ったりしてはいけません。

きれいに食べきったら褒めてあげましょう。

ご飯の時間は、単に餌やりの時間と思わず、愛犬とのコミュニケーションの時間だと思っておこなうと、しつけも捗ります。

7.主従関係を確立させよう

飼い犬との関係に悩んでいる飼い主さんのほとんどが、犬との主従関係を上手く築けていません。

犬が人のことを自分より下位の存在だと思ってしまうと、犬は自分がリーダーだと思い、人を自分の群れのその他大勢だと認識してしまいます。

こうなってしまうと信頼関係は成り立たず、飼い主の言うことは聞いてくれないでしょう。

可愛いからといって無理にしつけをせず、仲良しこよしの関係を築こうと思うと大体の場合で主従関係は破綻します。

犬に呼びかけても無視をされたり、全く言葉に耳を貸さなかったりというような事態になるので共に過ごす生活は楽しくありません。

さらに、犬は主従関係がきちんと成り立っていないと不安になってしまいます。

リーダーとして自分より下位者である飼い主を守ろうとするので、ピリピリと緊張することも増えますし、常に警戒態勢で見知らぬ人が家に来たりすると吠えたり威嚇したりするのです。