あなたは節約について意識したことがありますか?

おそらく誰でも一人暮らしをした経験がある方なら自分なりにどの様にすれば手元にお金が多く残るのかと言う事を考えながら生活をした経験があると思います。

一番苦労しているのは就職したばかりで一人暮らしをしている新入社員の方だと思います。

特に都会で生活をしている方は家賃が高かったり物価も高かったりするので節約をしなければで元に全くお金が残らずに好きなものを購入することができなかったり、

将来に向けて貯金をすること自体もできなかったりする場合が十分考えられます。

若い時は無理をせずに自分の楽しみだけにお金を使うのもひとつの生き方であると考える人がいるかもしれませんが、日本はもともと安定や将来のことを考えて行動する思考が根強く存在していますので、

あまりお金の事に関して細かく考えない人でも30代くらいになると色々考えて心配になってしまったりすることは多いです。

だからこそ自分にできる節約は出来る範囲内でしっかりと行なった方が自分自身の満足にもつながりますし、

いざ何かあった時にある程度対応できるほどの余裕を育むことができるのでとても良い考え方です。

しかしながら節約に関してどの様な部分を意識すれば良いのかということが分からない方が存在しているのも事実です。

これまでの人生で何度も節約をすることを経験してきたからそれは節約をするポイントは十分把握しているかもしれませんが、初めて節約をしようと思った場合はわからないのもしょうがないことです。

だからこそ今回は大きく毎月自分の出費を節約することができるポイントである携帯代をテーマにして、携帯代を安く抑えるためにできる工夫についてご紹介していきたいと思います。

️月々の携帯代、もっと安くならないの?

おそらく節約を意識している方が簡単に行うことができる方法といえば料理を自炊することを思いつく方はたくさんいると思います。

毎回外食だったり、お弁当などを購入している方は毎月の出費がかなり高くなってしまいやすいですが、安い食材などを購入したり自分でお米を炊いて毎回毎回ご飯を作っていればそれなりの金額は毎月節約することができます。

しかし時にはそれだけではなくもっと大きくお金を節約できる方法はないかと考えることが多いと思います。

そんな時には携帯代を安くすれば毎月の節約できる金額も大幅にアップすることができ、毎月の貯金に充てられる費用を捻出することが可能になります。

携帯に関しては今の時代は誰でも一台持っていると思いますし、携帯がないと言うことが基本的に考えられないですよね。

携帯がなければ誰かと電話をすることもできませんし、離れた人物と意思のやりとりをする事も出来ません。

携帯電話、つまりスマートフォンなどがないと生きられないような時代に既になりかかっていると考えることが出来ます。

だからこそ誰でも持っている携帯代を節約すると言う事は節約において大きな一つのポイントとして捉えることができます。

貯金がしたいのに携帯代が高い!


貯金をしたいと思っても毎月の携帯電話の代金が自分の収入を圧迫してしまい、結局毎月貯金できなかったという結果に終わってしまうという方はたくさんいると思います。

考えてみれば携帯電話を持つという事はさまざまな面で誘惑が存在しています。

どの様の誘惑が存在しているかと言いますと、後ほど基本的な携帯電話における費用は説明するとして、最近ではスマートフォンのゲームアプリが流行っていますので、

ゲームアプリなどを楽しんでいる方はゲームの中で欲しいアイテムやキャラクターを手に入れるために課金をする人も増えています。

そのほかにも携帯のアプリやサイトなどで会員登録をして固定支出が増えてしまっている要素を作り出している人も増えています。

具体的にはゲームアプリなので欲しいものをゲットするためにガチャと呼ばれるランダムに排出されるようなシステムを行う事で一回につき大体2000~3000円程度の支出を作り出している場合、

その他にも会員登録などをして毎月の固定支出として500円程度のサービス登録するなど、何かしらの出費を生み出す場合が多くなっています。

携帯電話を契約するだけでもある程度金額がするのにさらにそこから固定支出を生み出してしまっているのは元も子もありません。

しかしながら通しても魅力的なコンテンツが増えていますのでそうならざるを得ないと言っても仕方ない状況にはなっています。

貯金のコツは固定支出を抑えること

そもそも貯金をしたいと思ったときにどの様に節約をすれば良いのか分からない方が多いと思いますので、基本的な節約の原理について考えた時に、一番大切なのは固定支出を抑えるということです。

固定支出を抑えるということは毎月貯金を出来る金額を生み出す一番理の適った方法です。

これがなぜかと言いますと、そもそも今現在十分生活ができていると仮定したときに、一番減らしても問題がないのが固定支出なのです。

なぜならば固定支出を減らして生活が出来るという事は、余ったお金を使う必要がないと捉えることができるからです。

もしも固定支出ではないお金を減らそうと考えたとしても、その固定支出を減らしてしまう場合内容によっては減らすべきではない物の費用を減らしてしまったりする場合がありますし、

そもそも減らしたところでいくら節約できたのか具体的な数字として認識しづらいため節約したという実感もあまり感じにくいという事が理由になります。

しかし固定支出を減らしたということは前月に比べてどれくらい節約したのかという事などがわかりやすくなりますし、一度減らすことが出来れば毎月減った状態を維持しやすいので、継続して節約効果を得ることが出来ます。

なのでまずはじめに行動する節約の方法となれば必ず固定支出を減らすという見直しから行う必要性がある事を覚えておいてください。

これが最もやすやすく確実性があります。

携帯代も押さえて賢く貯金をしよう


固定支出を減らす上で一番節約のポイントが隠されている可能性があるのは主に食費と携帯代です。

ある程度節約のプロとして様々な経験を行っている方であればガス代や電気代までも節約するのが当たり前と感じるかもしれませんが、これにはある程度の知識が相当の労力がかかってしまいます。

あまりにも細かく考えすぎても逆に疲れてしまう方もいるでしょうから、まずは食費と携帯代が大幅に節約できるのかどうかという事を調べる必要性があります。

特に携帯代に関しては一度お金がかからない様な状況を作ることができれば、それが毎月毎月と続いていきますので何もしなくてもある程度の金額を節約することができてしまいます。

なので見直す労力と得られる節約の効果を比較するとかなり高い、つまり費用対効果が良い節約方法であると考えることが出来ます。

なので自分の今の携帯代金に満足していない方や、今まで自分の携帯代金に関して詳しく考えたことがなかった方についてはこの機会に自分の携帯代金が高い可能性はないか、という事を疑問に思いつつご紹介する項目を確認してみてください。

️まずは携帯代の内訳を知ろう

携帯代金を減らす上でまず一番初めに知らなければいけない事は携帯代金の内訳です。

携帯代金の内訳を知ることがなぜ必要なのかと考えた時に、おそらく節約できていない人ほど自分の携帯代金の内訳について知っていない方が多いのです。

その逆に切なくを心がけている人であれば携帯電話の内訳について詳しい方が多いです。

何故かと言えば携帯電話の内訳をよく知っている人は必ずどういう金額がかかっており、どれくらいの費用が発生しているのかという事などを把握しているからです。

これを把握しているのとしていないのとでは大きな違いが生まれます。

例えば携帯電話を契約できるキャリアは大きく分けて今複数存在しており、ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどのキャリアが存在し、そのほかにも今はMVNOなどがたくさん存在しています。

だからこそ内訳を知っていればどこの会社と契約をすればどれくらい安いのかということを把握できることにもつながります。

逆に内訳を知らない人ほどどこの会社がお得なのかということを考えずに契約してしまっている可能性がありますので、結果的に節約に結びついていないということが考えられます。

なので携帯電話代金を節約したいと思うのであればまずはじめに携帯電話にかかっている内訳について理解しておきましょう。

携帯代の7つの内訳

よくよく考えてみれば自分が契約しているサービスの内訳も知らずにお金を払っているという事はそもそも考えてみれば変な話です。

自分が望んで自分から契約しているのにその内訳も知らずにお金を払っているというのは時と場合によっては詐欺にあってもわからない事に繋がります。

もちろん現実的に携帯電話を契約したからといって詐欺的な金額を搾取されることはないと思いますが、中には携帯電話の一般的な知識を身につけていないがために大きな金額を支払ってしまったという方もいらっしゃいますので、

改めて自分が契約している携帯電話の内訳くらいは把握できる様にしておきましょう。

携帯電話を手にして携帯電話で使用できるサービスを使えてただ満足するのではなく、どれくらいの費用が発生してどれぐらいのサービスを利用できるのかということを知り始めて満足できるように自分自身の思考を変えて、

そこで節約に結び付く糸口も併行しながら考えてみてください。

基本料金

まずはじめにご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのは基本料金です。

基本料金はいわゆる基本使用料という言葉と一致して考えることができます。

基本使用料というのは一般的に携帯電話を本来の役割である電話として利用するために必要な毎月電話会社に最低限支払わなければいけない料金のことを指し示している言葉です。

固定電話で考えた時にかかる基本料金と考え方自体は全く同じであるととらえて頂ければ問題ないと思います。

固定電話と大きく変わるのは今現在の携帯電話つまりスマートフォンなどに関しては基本使用料を選ぶことができるということが大きな節約の分かれ道となっています。

人によっては自分の基本使用料をあまりよく考えずに選択してしまっている方がいますので、この部分をよく注意していただきたいのですが、そもそも今現在は携帯電話の基本料金のプランが複数存在しています。

例えばそれは携帯電話各社によって呼び方が変わってきているのですが、いわゆるタイプSSとか、タイプSといったような様々な呼び方です。

しかし大体どこのプランも呼び方が違うだけでサービスなどは同じような物がたくさんあります。

簡単に言ってみれば携帯電話を使って電話をする無料機能が付いているのかついていないのかという事などです。

もちろんそのほかにも様々な因果関係がありますが、後ほどご紹介する内訳と絡めてご紹介します。

端末代

次にご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのは端末代です。

これは私たちが携帯電話を契約する時にその携帯電話を購入するのにかかる代金です。

私たち日本に住んでいる人間が多く使っている携帯電話はiphoneがとても多いと思います。

あなたの身近にもiphoneを使っている方がたくさんいると思いますが、当然ながらiphoneを使用するということはiphoneを使用するために購入しなければいけません。

携帯電話を契約する際にあまり端末代金を支払った記憶がない方はたくさんいると思いますが、これは非常に上手なやり方で端末代金をある程度の年数使っていただく代わりにそのかわり端末代金をその年数で割って割引してくれたりしているからです。

しかし裏を返して考えてみればその年数は契約をしてもらわないといけないですよということにつながっているのです。

なので大体の企業がその期間内に携帯電話契約を解除した場合違約金が発生すると案内していたりします。

これらの説明が十分になっていないからといって問題になったりしていたりするのですが、ここで考えていただきたい本質は端末代金が携帯電話契約の支払い明細の内訳に入っているという事を理解することです。

毎月携帯電話の利用明細を確認していただくとおそらく端末代金としてある程度の金額がかかっているはずです。

事実として今現在はAUで販売されているiPhone7は端末代金が32GBで64800円と設定されています。

本来はこれを毎月分割で支払っているということを理解しておかなければいけません。

データ通信料

次にご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのはデータ通信量です。

これに関しては昔携帯電話を契約している方はパケット通信料として請求されていたと思いますが、これはほぼ同じ意味としてとらえて頂ければ問題ありません。

私たちは携帯電話を使っている時様々なデータ通信を行っています。

例えば私たちが携帯電話を使ってメールを行ったり、インターネットサイト閲覧したり、動画共有サイトなどで動画を見たりするときには必ずデータ通信が発生しています。

データ通信量は通信時間によっても違いますし、大まかなものであればあるほど必要なデータは大きくなります。

今私たちが使っているスマートフォンに関してはデータ通信を行って当たり前なので、データ通信料定額にしておかなければとんでもない金額を請求がきてしまいますので、スマートフォン利用している方はほぼデータ通信が一定のプランになっていると思います。

しかしながらこれも先ほどご紹介した通り基本料金と絡めて様々なプランが存在しています。

例えば聞きなれているのはデータ通信料が7GBまでは通信制限がないという言葉だと思います。

データ通信が7GBを超えるとデータ通信が遅くなってしまい動画などを見たりするときやインターネットサイトを見たりするときにかなり長い時間データ通信を行って全く見れないなんて経験は誰でもあると思います。

これを防ぎたい人は高いプランを契約してくださいね、というやり方です。

なので自分が使っているデータ通信量を正しく把握しておかなければ、もしもデータ通信量をそれほど使っていないのに高い金額を支払っているのは節約において大きなポイントに繋がるからです。

この部分はかなり大切なので覚えておいてください。

電話料金

次にご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのは電話料金です。

電話料金に関してはある程度の方がご存知だと思いますが、携帯電話を使って相手と会話をしたときに発生する通話料金のことを意味しています。

これに関しては説明するまでもないと思いますが、自分が電話をした分その通りの金額が請求が来ますので、たくさん電話をしている場合は当然料金がかかりますし、無料の相手とだけ電話をしている場合や、電話がかけ放題のプランに入っている、もしくはそもそも電話してない場合は請求はきません。

しかしながら必ずこの点も注意しておかなければ、気づかないうちに毎月多くの通話料を払っているということがありえます。

意外と一カ月は長いですので、思わぬ所で有料通話を行っている可能性があるので、かならず毎月チェックするようにしておきましょう。

オプション料金

次にご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのはオプション料金です。

この点も必ず注意していただきたいのですが、オプション料金はその名前の通り携帯電話契約をした時に付加機能を契約した場合に毎月かかる定額料金のことです。

勘違いしないでいただきたいのは携帯電話を使ってインターネットで有料会員登録をしたものとは別の存在になります。

あくまで携帯電話契約をした際にオプションとして申し込んだものです。

これに関しては契約する時に注意しておけば無駄なものをつけなくて済むのですが、今はさまざまのやり方が存在しており、あるオプションに加入することによって様々な割引を得ることができたり、お得な内容にしますというお勧めがあります。

最終的にそれを受けるために申し込み、契約した後に解約の仕方がわからなくて、ずるずる払ったりする場合がありますので、ちゃんと今自分は必要ないオプションを申し込んでいないかどうかチェックしておいてください。

大体のオプションがワンコイン程度の金額になっており、月額300円の金額設定が多いです。

それが2年続けばそれだけで7200円です。

勿体ないので必要ないものはすぐに解約しましょう。

情報料

次にご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのは情報量です。

おそらく情報料という項目についてはあまり詳しくない方が多いと思いますが、情報料と言うのはニュースや着信メロディのサイトなどを利用するにあたって月額が発生する課金サイトに登録した場合に発生する内訳です。

もちろん利用していれば金額発生しますし、利用していなければ金額発生などはありません。

不安な方はいま自分の明細に情報料の請求が来ているかどうか確認してみてください。

ユニバーサルサービス料

次にご紹介する携帯電話の内訳の1つとして考えていただきたいのはユニバーサルサービス料です。

ユニバーサルサービス料はおそらく携帯電話の内訳を見た時に何のサービスで発生している金額なのか想像できない方がたくさんいると思います。

そもそもユニバーサル料に関しては一つの電話番号を元に毎月7円の請求が来ているものになります。

高額ではないのであまり気にしていない方が多かったりするのですが、ユニバーサル料は携帯電話にかかわらず日本国内で電話番号ごとに課金されている料金のことであり、これに関しては電話番号を持っていれば誰でも請求が来るものになりますので節約の使用がありませんしそもそも気にしても意味がないものになりますので、そこまで深く考える必要性はありません。

それぞれの見直しが必要

ここまでは携帯電話の内訳について簡単にご紹介していきました。

携帯電話の内訳についてある程度理解いただいたところでどの内訳の部分が大きく節約できるのか、ということもお分かりいただけたと思います。

もしも毎月の固定支出を減らしたいと考えるのであれば、必要以上に発生しているポイントを見直すことがとても重要になってきます。

なので今まで明細を確認した事がなかった方はこの機会に自分の携帯電話の使用明細を確認してみてください。

そこに節約のヒントが眠っているはずです。

️携帯代を安く押さえる7個の工夫

ここからは具体的に携帯電話の内訳の料金を下げるための工夫についてご紹介していきたいと思います。

携帯電話の内訳を確認していただいた後に必要以上にかかりすぎている費用を減らすためにはいくつかの必要な項目があります。

それらを実行する事で想像以上に支出を大きく減らす事が可能になりますので、自分なりに支出を減らすためにできる行動を想像しながら確認してみてください。

電話はなるべくLINEで

まずはじめにご紹介する携帯代を安く抑える工夫のひとつは電話はなるべくLINEで行うという事です。

今では連絡手段はメールなどを遣わずにすべてLINEで行っている方がかなり多いです。

意識せずともすべてLINEを活用している方はたくさんいると思いますが、電話に関してもすべてLINEで行った方が節約に繋がります。

なぜならLINEはIP電話なので要はデータ通信を行って電話をかけることが出来ますので、通話料が発生しません。

毎月通話料などが発生しすぎて困っている方はすべての電話をLINEでするようにすれば通話料などはかからなくなりますので、大きな節約をすることが出来ます。

使用に合わせてプランを見直す

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫は使用に合わせてプランを見直すということです。

これはどういうことかといいますと、携帯電話のプランに詳しくないからは自分があまり携帯電話を使わないのに基本料金が高いプランを申し込んでいる可能性が高いのです。

例えばインターネットなどの使用が多い方はデータ通信が7GBのプランに申し込めばきっちり使う事ができるかもしれませんが、あまり携帯電話を触らないのに大きなデータ通信プランに入っていても意味がありませんし、もったいないです。

それならばデータ通信量が低い基本料金が安いプランを使っていても問題ありませんし、節約できます。

なので必要ないプランに入っていないか見直すだけで数千円安くなる場合があります。

Wi-Fiをフル活用する

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫はWi-Fiをフル活用するということです。

Wi-Fiは無線でネットを利用することが出来る活用方法なのですが、Wi-Fiがあれば結論データ通信プランに入らなくてもデータ通信を楽しむことが出来ます。

つまり、Wi-Fiを自宅に完備していたり、持ち運べるポケットWi-Fiを利用している方は携帯電話の基本プランであるデータ通信プランは必要ないのです。

しかしすくなくともどれかに該当しなければいけない場合などもありますので、その場合は一番データ通信料が低いプランにはいれば相当な金額を節約することが出来ます。

自宅にすでに無線環境が整っている場合はおすすめです。

格安SIMを使う

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫は格安SIMを使うという方法です。

格安SIMを知らない方もたくさんいると思いますが最近話題になっているMVNOと呼ばれる事業者の販売しているSIMカード、つまり格安SIMと呼ばれているSIMカードを利用する事で毎月の携帯電話代金を大幅に節約することが出来ます。

最近のMVNOのプランの中には一般的なキャリアに相当するような格安のプランなどもたくさん用意されています。

しかし、デメリットもあり一般キャリアで使用できていたサービスが使えなくなるので、これまでもしも一般キャリアが提供しているサービスを利用していた場合は利用できなくなるのでそれが不便に感じる方にはおすすめできません。

それがデメリットに感じないのであれば格安SIMに変更する事をおすすめします。

ライトユーザーに関してはなんと月額1000円以下のプランなども用意されていますので、これを利用すれば従来の携帯電話料金の概念を覆す利用料金となる可能性も秘めています。

ちなみにMVNOに関しては店舗を構えていない場合が多いので、申し込む場合はネットからが多いのですが、最近は店舗を構えだして事業者も増えています。

大手家電量販店などに店舗がある場合などもありますので、気になる方は近くに店舗がないか事前に確認した上で足を運んでみてください。

無駄なオプションを解約する

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫は無駄なオプションを解約するということです。

これに関しては先ほど内訳の項目をご紹介する時に触れた通りですが、もしも携帯電話を契約する時に必要ないサービスやオプションに加入してしまっていた場合は早い段階で解約をすることによってそれ以降そのオプションの月額料金を請求されることはなくなりますので節約につなげることができます。

それ以外にもインターネット上で契約している有料サービスなどを見直すことによって必要ないサービスを解約すれば同様に料金を節約することが出来ます。

無駄なオプションほど無駄な支出はありませんので、少しでも不安がある方はすぐに見直すようにおすすめします。

電話が多いならかけ放題プランに加入

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫はもしも日常生活電話をすることが多いならかけ放題プランに加入する必要性があるということです。

日常生活で電話をすることが多いからは毎回LINEで電話をするというわけにはいかない方も存在しています。

なので通話料などは一定量かかっても仕方がないとあきらめている方がいるかもしれませんが、ある程度毎月通話をするのが当たり前になっているのであれば通話し放題のプランに変更した方が料金的にお得になる可能性が高いです。

例えばソフトバンクであれば通話し放題プランは月額2700円に設定されています。

単純にこの金額を上回る通話料金を支払っている場合は無駄になってしまっていますので、通話し放題のプランに変更した方がお得になるのです。

なので逆に考えてもらえれば通話し放題に入っていたとしてもあまり毎月思ったほど通話をしていないのであれば結局無駄なお金になってしまっているので、プランを通話し放題ではないプランに戻す必要があるという事です。

つまり自分がどれぐらいどういうサービスを利用しているのかということを正しく正確に把握することが節約につながるということです。

固定電話を使う

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫は固定電話を使うということです。

実家で暮らしている方は特にそうなのですが、固定電話を自宅で設定している場合は携帯電話を使って電話をするのではなく固定電話を使って電話をした方が格段に料金は安くなります。

もちろん大前提として通話をするならLINEの方がお得です。

しかし、LINEの通信がうまくいかない場合などもあったりしますので、致し方ない時には携帯電話の通話機能をりようするのではなく、固定電話を使って相手と話をする様にすれば長く電話をしたとしても料金はそこまでかかりませんので電話の仕方についての工夫してみてください。

ゲームへの課金を我慢する

次にご紹介する携帯代を安く抑える工夫はゲームへの課金を我慢するということです。

これは節約を考えるのであれば一番初めに行っていただかなければいけないことなのですが、最近はスマートフォンのアプリを経由して様々なゲームが楽しめるようになっています。

確かにゲームは楽しいかもしれませんが冷静に考えて節約を使用と思っているのに何の役にも立たないゲームに課金をしている時点で節約を本気で使用と思っていない証拠です。

特に最近は無料で楽しめる様なゲームもたくさん存在していますので、課金をするという事は節約をする上で大きな問題になります。

固定支出を数千円減らすのがどれだけ大変なのかという事を知ればしるほどゲームの課金がどれほど無駄な事なのか理解できるようになると思いますので、この点は節約以前の問題であると考えてください。

️携帯代を押さえて支出を減らそう

今回は携帯代をテーマにして、携帯代の内訳と携帯代を安くするための工夫方法についてご紹介していきました。

携帯代は毎月定期的に支払わなければいけない固定支出の中でもある程度高い金額を占めています。

しかし自分の利用状況を正しく把握してきちんと自分に合ったプランを選択すれば想像できないほど料金を安くすることが可能なのです。

これを知っているのと知らないのとでは年間でみれば数万円も変わってくる場合が十分に考えられます。

節約を行っている方であれば数千円節約するだけでもどれだけ大変なことなのかお分かりいただけると思いますので、節約において携帯代を見直すということはすごい可能性を秘めたチャンスである事がお分かりいただけたと思います。

これを踏まえた上で携帯代を見直して減らすことができれば大いに自分の支出を減らして有意義なことにお金を使う様にしてみてください。