私たちは生まれながらに日本語を主な言語として扱っていますが、日本語と一言に言っても様々な日本語が存在しています。

私たちが知っている日本語は大部分は日常生活で使っていたり、これまでの人生の中で学校における授業で学習した言葉などが一般的ですが、日本語の中庭日常生活であまり使わないものであったり、授業の中で学習しないような言葉も存在しているはずです。

なので日本人である私たちでさえ知らない日本語というものをたくさん存在しているのです。

考えてみれば少しおかしな話で、私たちが例えばアメリカ人に対して英語を話しかけた時にアメリカ人が英語の単語を理解できないことと同じです。

しかし日常的にあまり使わない言葉であったり、難しい言葉などは意味が薄れてしまいがちですし、そもそも学習をしていないのであれば知らない状況は当然の話なのです。

普段からたくさんの本や記事などを目にする機会がある方はたくさんの言葉や漢字などを知っている場合がありますが、本を読むのが嫌いな方や勉強するのが嫌いな方もいると思いますので、個人の日本語の知識レベルというものはとても差があるのが当然の話です。

一般的な単語でさえそのような状況なのにさらに日本語には四文字熟語という難しい言葉も存在しています。

単語についてある程度意味を知っているという方でも四文字熟語に関してはわからない方は多いと思います。

それだけ日本語と一言に言っても様々な言葉が存在するということです。

しかしながらある程度基本的な言葉については理解しておかなければ様々な場面で意味を知らなかった時に恥ずかしい思いをしますし、ビジネスの場面でもしも知らない状況になってしまうと周りの人間からこんなことも知らないのかと思われてしまう可能性などもあります。

もちろんあまりにも難しい言葉に関しては日常的に使われることはほぼない言葉もあると思いますが、社会人として活躍する人間であれば基本的なことはなるべく知っておいた方が少なくともそうにはならないと思います。

なので今回は四文字熟語の中でも戦々恐々という言葉をテーマにして戦々恐々という言葉の意味や具体的な例に関してご紹介していきたいと思います。

️戦々恐々ってなに?

あなたは戦々恐々という言葉を聞いたことがありますか?

おそらく全く聞いたことがないという方と多少なりどこかで耳にした覚えがあるという方に分かれると思います。

しかしながらどこかで耳にした覚えがあるという形でもその意味を完全に把握していますかと聞くとおそらく意味を知っている方はその中から数割程度という風になってしまうと思います。

それだけ戦々恐々という言葉は聞いたことがあるにしても意味などを知る機会などは少ないのです。

日本語の基本的な単語に関してはある程度日常生活でも使いますし、目にすることも耳に触れることもあると思いますので知っていても不思議ではありませんが、四文字熟語などに関してはある程度意欲を持って勉強しておかなければ意味を理解する範囲まではなかなかいけないのが現実です。

しかし知らないということは損な事でもあります。

意味を知っていればその言葉で表現される文章を正しく理解する事にも繋がりますし、どこかの場面でもしも意味を正しく理解できれば周りから博識であると評価を受ける事もあります。

間違いなく自分にとって損になるような事はありませんし、プラスな事しか起きえないです。

なのでこの機会に自分が知らない言葉については正しく把握できるように良いきっかけとしてインプットしてみてください。

四字熟語の1つ


戦々恐々という言葉は四文字熟語に含まれるとご紹介しました。

日本に住んでいる方であれば四文字熟語はわからないという方はあまりないと思いますが、念のために四文字熟語がどういうものなのかと言いますと、その名前の通り日本において漢字4文字で作られた熟語を指し示す言葉として知られています。

一般的に漢字4文字で構成されている言葉のすべてを指し示すものであると解釈することもできますが、最近ではより狭い範囲を持っている四文字熟語とすることも一般的に捉えられていますがその基準は人によって一定ではありませんので難しい基準にはなります。

あなたは四文字熟語について様々な言葉を理解していますか?

日本においては様々な四文字熟語が存在しており、基本的な四文字熟語くらいはある程度把握しておかなければ恥ずかしい思いをしてしまうこともあると思います。

特に限りなく難しい食わないけどそこまで簡単でもないというような意味については理解しておいた方が良いです。

なぜなら本などにおいてそのような表現を用いられることがたまにあるからです。

また自分が立たされている状況などを四文字熟語で表現したりすると話の構成がスムーズに行えるという魅力もあります。

例えば因果応報などは簡単すぎる言葉でもありませんが、難しすぎる言葉でもありません。

このような言葉などをある程度自分の頭の中にインプットしておけば必ず役に立つ時が来るはずです。

戦々恐々の意味

物事を恐れてびくびくしている様子


具体的に戦々恐々という言葉の意味はどういう意味が存在しているのかと言いますと「物事を恐れてビクビクしている様子」などを意味している表現として使用されます。

ある程度漢字の意味合いなどを想像してみるとそこまで難しい表現ではありませんよね。

漢字に戦という感じと恐れるという感じが使われていますので、意味をつなぎ合わせるとなんとなく物事を恐れてびくびくしているということは想像しやすい意味だと思います。

なかなか普段日常生活において戦々恐々という言葉を使うことはないと思いますが、この言葉の意味を考えてみると様々な状況下でその言葉を遣う適した状況というのは思い浮かべることができるはずです。

しかし一般的に日常生活なのであまり使われないのはやはり戦々恐々という言葉の意味がどこまでたくさんの方々に理解されていないという状況とその他にも同じような意味を表す言葉が複数存在している為わざわざ長い難しい言葉を使う必要性がないということに尽きると思います。

後ほど戦々恐々という言葉に該当する状況についても詳しくご紹介していきたいと思いますのでまずは戦々恐々という言葉の意味を正しく理解するところから始めてみてください。

恐れつつしむこと

次にご紹介する戦々恐々という言葉の意味は「恐れつつしむこと」という意味を持っています。

おそらく戦々恐々という言葉の意味を知っている方であっても先ほどご紹介したひとつ目の意味のみしか理解していなかったという方は多いと思います。

「恐れつつしむこと」という意味も少し難しい表現になっていますので、この意味自体がわからない方もいらっしゃると思います。

なので恐れつつしむことがどういう意味を持っているのかと考えますと、まず恐れという言葉は理解いただけるとおもいます。

つつしむという言葉の意味は「あやまちや軽はずみな事がないように気をつける、慎重に事をなす、度を過ごさないようにする、控えめにする、うやうやしくかしこませる」というような複数の意味を持っている言葉です。

ではこれを踏まえた上で「恐れつつしむこと」という意味を解釈してみると、「相手を恐れて態度や行動を控えめにしたり、慎重な姿勢で行動を取るように心がける」という意味として解釈することが出来ます。

少し難しい表現になるかもしれませんが、根本的な意味を考えてみると先ほども紹介したひつと目の意味合いと少し似ている表現であると分かりいただけると思います。

おそらく誰もが人生において立場が上の人間に対して軽はずみな事がないように気をつけたり、相手を恐れて態度や行動控えめにした経験を持っていると思います。

たとえば自分が所属している会社の社長と会う時はおそらくそのような気持ちになるはずです。

なのでそのような状況などにおいては「社長に対して恐れつつしむ」という言葉で表現する事なども可能になります。

️戦々恐々の使い方

ここまでは戦々恐々という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

基本的な意味を理解したところでここからは具体的に戦々恐々という言葉がどのように使うことができるのかということについて例文を交えてご紹介していきたいと思います。

言葉を正しくマスターするためには単純に言葉の意味を知るだけではなく、正しい使い方をマスターしておかなければいけません。

どちらか欠けていると完全にマスターすることはできなくなりますので、正しい使い方を知っていない方は正しい意味と並行して使い方についても理解するようにしてみてください。

自分の日常生活の中でどのような状況でご紹介する例文が使えるのだろうかということも予想しながらこれからご紹介する使い方に目を通していただくとより使い道などが理解いただけるようになると思いますので少しずつ工夫しながら自分なりに戦々恐々という言葉の使い方を確認してみましょう。

戦々恐々としている

まずはじめにご紹介する戦々恐々という言葉の使い方を表した例文は「戦々恐々としている」です。

これは戦々恐々という言葉を用いる上でかなり一般的なシンプルな使い方になると思います。

この例文の意味を理解するためにはまず戦々恐々という言葉が表している意味合いをもう一度思い出していただく必要性があります。

となると、戦々恐々という言葉の意味は「物事を恐れてびくびくしている様子、恐れつつしむこと」という言葉の意味になりますので、この例文の意味合いとしては「物事を恐れてびくびくしている様子である、恐れつつしんだ様子である」という意味になります。

戦々恐々という言葉の後ろにかかる言葉が、としている、という言葉になっていますので、完全に自分ではなく相手の印象を話している言葉になりますので、戦々恐々としているのは自分ではなく相手である、つまり相手の状況を表した言葉であるということが理解いただけると思います。

だからこそ相手が自分若しくはその他の存在に関して物事を恐れてビクビクしていると捉えることができます。

例えば警察官が犯罪を犯した可能性のある人間に対して職務質問を行ったりする時に挙動不審な対応したり、ビクビクしながら質問に答えたりする光景があると思いますが、まさにその時容疑者の対応は戦々恐々としていたというように比喩する事が可能になります。

一般的に戦々恐々という言葉のかなり基本的な使い方になりますのでこの例文については正しく意味を理解しておくと次回から戦々恐々という言葉が理解しやすくなると思いますよ。

戦々恐々と見守る

次にご紹介する戦々恐々という言葉の使い方を表した例文は「戦々恐々と見守る」です。

この例文はあまり耳にしたことがないかもしれませんが、戦々恐々という言葉の一つの使い方として知られています。

この例文の意味合いに関しても先ほどと同様に戦々恐々という言葉の意味を代入してあげればそこまで難しい言葉にはなりません。

ではこの例文の意味を考えてみると「物事を恐れてビクビクしながら見守る、恐れつつしみながら見守る」という意味として解釈することが出来ます。

この言葉は世の中の様々な状況に対して使うことができる言葉になると思いますが、例えばあなたが会社の上司であったとして自分の会社の部下に対して日頃から様々な指導を行っていたと仮定します。

そしてある日成長した部下がたくさんのお偉いさんの前でプレゼンを行うとします。

そのプレゼンを成功させるためにあなたはたくさんの力になって部下を指導してきたと考えた時に、いざプレゼンの場面が来た時に部下はとても緊張した面持ちでプレゼンに臨んでいたとします。

そんな時に上司であるあなたはおそらく部下のプレゼンに対して戦々恐々と見守っている場合などが考えられます。

このようにして戦々恐々という言葉を使うことが可能になります。

いきなり急にその言葉に当てはまる状況を考えてみろと言われると出てこない場合もありますが、あまり意思せずに日常生活を送っていれば少なくとも様々な場面で使うことが出来る状況が生まれると思いますので、この例文を知っておくと正しい使い方ができるようになると思いますよ。

戦々恐々と生きている

次にご紹介する戦々恐々という言葉の使い方を表した例文は「戦々恐々と生きている」です。

この例文に関しても意味を代入するだけですぐにわかるようになると思います。

この例文に戦々恐々という意味を当てはめてみると「物事を恐れてビクビクしながら生きる、恐れつつしみながら生きる」という意味として解釈することが可能になります。

普段私たちは日常生活を送っている全ての場面で戦々恐々としながら生きていることは少ないと思いますが、しかし場合によってはビクビクしながら言っていただければいけないという状況があったりすると思います。

特に自分にとって不都合なことであったり、あまり受け入れがたい現実に直面してしまった場合などはつい「戦々恐々と生きている」という状況に変化するはずです。

戦々恐々と待つ

次にご紹介する戦々恐々という言葉の使い方を表した例文は「戦々恐々と待つ」です。

この例文に関してはどういう意味かといいますと「物事を恐れてビクビクしながら待つ、恐れつつしみながら待つ」という意味が存在しています。

自分が強いと思っている存在が嫌だなぁと思っている出来事などが近づくにつれて緊張を伴ったり、強いストレスを感じるようなことが人間なら誰しもがあると思います。

例えばあなたがずっと歯医者に行っていないと仮定して、虫歯を長い期間放置してしまっていたとします。

しかし虫歯の進行があまりにも進んでしまってかなり悪い状態になってしまい痛みが激しくなってついに歯医者行くことを決断したとします。

そして歯医者に足を運んで待合室の前で自分の名前が呼ばれるのを待っていたとします。

当然長い期間サボっていたので虫歯を治療する際にはそれなりの痛みが伴いますし、放置していたということは歯医者に行きたくないという感情が存在すると思いますので、まさに戦々恐々止まっている状態と言い表す事が可能になると思います。

戦々恐々とした思い

次にご紹介する戦々恐々という言葉の使い方を表した例文は「戦々恐々とした思い」です。

この例文に関してどのような意味を持っているのかといいますと「物事を恐れてビクビクしながら思う、恐れつつしみながら思う」という意味を持っています。

なので簡単に言えば相手に関して何か意見を持ったりする時に恐れながら思うことや、物事に関して恐怖を抱きながら感じているという事を意味しています。

少し難しい表現に感じるかもしれませんが、相手に対してつつしみながらこちらの思いを感じる場面などで使ったりする事があると思います。

例えば相手が大先輩であった場合や、社会的地位が存在している人間であった場合、簡単にこちらの意見を相手に対してぶつけたりするのは難しかったり、恐れつつしんだりするような事があると思います。

また、自分自身で恐れているような物事が存在している場合、その物事に対する恐怖の思いを言い表したりすることが出来ます。

そのような場面で用いたりするような言葉だと認識していただければわかりやすいかもしれませんね。

️戦々恐々の身の回りの例

ここまでは戦々恐々という言葉の使い方を例文を交えてご紹介していきました。

例文を交えて戦々恐々という言葉の様々な使い方がわかりいただけたと思います。

ある程度戦々恐々という言葉に関して理解が進んだところでここからは戦々恐々という言葉を使われる身の回りに起こりうる例についてご紹介していきたいと思います。

戦々恐々という言葉が正しく理解していれば日常生活においてこの言葉を使用できる状況に陥る場面まで想像することが出来ると思いますが、なかなか人によっては結びつけることができない方もいるかもしれません。

そんな時にここからご紹介する身の回りの例を思い出していただければ正しく適したシーンで戦々恐々という言葉を使うことができるようになると思いますので参考にしてください。

機嫌が悪い奥さん

まずはじめにご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としては機嫌が悪い奥さんに遭遇してしまったという状況です。

例えばあなたが結婚している既婚者の男性の立場として考えてみてください。

一緒に同居してたくさんの行動を共にしていれば当然相手のあまり良くない行為であったり、発言などを目にしたり耳にしたりすることがあると思います。

それを何度となく繰り返しながら一緒に乗り越えていき夫婦の絆というものが強い絆に生まれ変わっていくと思いますが、実際に当時のことを振り返ってみるとあまり良い記憶ではない方もたくさんいるかもしれませんね。

機嫌が悪い奥さんの対応するときは当然ながら対応する身としてはヒヤヒヤしながら奥さんに対して発見したり対応したりすることになると思います。

このような時に戦々恐々という言葉を使って状況を説明することが可能になります。

例えば機嫌が悪い奥さんの応対をする時に「私は戦々恐々としてしまった」という風に表現する事なども出来ます。

機嫌が悪い奥さんの対応をするのが怖い、恐れてしまった、びくびくしてしまう、という心理を表した例文であると考えることが出来ます。

真っ暗な夜道

次にご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としては真っ暗な夜道を歩く時です。

誰しもがある程度経験があると思いますが、例えば遊びに行った帰りであったり、仕事をした帰りなどにいつも通っている道を通ったり、いつもと違う道を通ったりするときにその道が思いの外光が存在しておらずかなり視界が悪く真っ黒なや道を通った経験があると思います。

私たち人間は光が全くない道を通るときは必ず恐怖心を抱きながら通ることが多いです。

怖い話を聞いたりする時も明るい昼間に聞いても怖くないのに、外が夜真っ暗になっている状態で怖い話を聞くと元気が出て何かお化けが出てしまうじゃないかとビクビクしてしまうことがあると思います。

このような状況で戦々恐々という言葉を使ってその状況を表すことも可能になります。

例えば「真っ暗な夜を道戦々恐々としながら歩く」という言葉で表現する事が可能になります。

このように必ずしも人間相手ではない場合でも戦々恐々という言葉を使ってその時の心情を表現することが可能になるということが分かれば日常生活でたくさんの場面で使っていただくことが可能だと思います。

恋人の「話がある」

次にご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としては恋人から突然「話がある」と言われた時です。

これは一度でも好きな相手と交際をした経験がある方であればお分かりいただけると思います。

恋人と楽しい時間を過ごしていれば過ごしているほど相手から話があると言われた時はドキッとしてしまうものです。

基本的には相手から真剣なトーンで「話がある」と言われる時というのは普段の話ではなく真剣な話をする時に使う前置きのような言葉です。

なので考えられる先にはあまり自分にとって好ましくない状況になってしまう可能性が秘められている場合が多いです。

例えば「別れたい」「浮気してるよね?」「あなたのこういう所が嫌い」と、ネガティブに考えれば考えるほど自分に何か落ち度があったのではないかと自分自身であら探しをしてしまうような状況に陥ってしまいます。

もちろん絶対にその延長線上に自分が悪いという話があるわけではなく、相手が自分に対して謝らなければいけないようなことや、単純に相手の都合で何かを切りたいしたい時の状況もありますので、様々な状況があるということは踏まえた上でそれでも人間の真理としてはドキドキしてしまうのが当然です。

なのでこのような状況の時に戦々恐々という言葉を使ってその状況を表すことが可能になります。

例文を使って表すとすれば、「恋人から話があると言われて戦々恐々でその次の言葉を待つ」という風に表現する事が出来ます。

意外と日常生活で使っていただけるシーンが多いということがお分かりいただけると思います。

しかしこのパターンに関してはあまり自分が落ちいりたくはないパターンかもしれませんね。

自信のない発表

次にご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としては自信のない発表です。

これはどういうことかと言いますと、これまでの人生の中で人前で何かしらの発表した経験がある方はほぼたくさんの方が該当すると思います。

場合によっては場数の問題になるかもしれませんが、人前で何かしらの発表をする場合自分から進んでその状況を選んだ人間と仕方がなくその場に居合わせている人間が全員経験しなければいけない状況で経験したというこの二つのパターンに分けられると思います。

自分から進んで人前で発表することができる人間はあるけど自信を持っていたり、行動力を伴っている場合が多いので発表することにおいて自信を持っている可能性が考えられますが、強制的に発表強いられてしまった人間に関してはあまり人前で何かしらの発表するということが得意ではないと感じている方もたくさんいるはずです。

なのでそのような状況で行われる自分に自信のない発表をするときの心情を戦々恐々という言葉で表すことが出来ます。

どのように表すのかといいますと、「戦々恐々としながら発表を行う」という言葉で表現することが出来ます。

社会的な経験や人前での発表経験が乏しい方は必ず落ちてしまいやすい感情だと思います。

お化け屋敷

次にご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としてはお化け屋敷に足を運んだ時です。

夏の時期になると私たちはひとつのエンターテイメントしてお化け屋敷に足を運んで恐怖体験をしてヒヤッとした感覚で夏を楽しんだりすることがあると思います。

お化け屋敷に行けば様々な幽霊が出てきて自分たちを怖がらせてくれて楽しいひとときを過ごすことができるのですが、最近のお化け屋敷はかなり精度が高くなっており、かなり怖いお化け屋敷が存在する場合もあります。

そのようにかなりリアリティーがあって怖いお化け屋敷がばいば本当の意味で恐怖心を感じてしまうことが多々あると思いますのでそのような時に戦々恐々という言葉を使って状況を言い表すことが可能になります。

具体的にどのような英語になるかと言いますと「お化け屋敷を戦々恐々とした気持ちで突き進んでいく」という言葉で表現することが出来ます。

怖い気持ちを持ちながらそれでも前に進んでいき、早く脱出したい思いを言い表した言葉です。

たった一つの言葉で様々なシーンを言い表すことが出来ますので、基本的な意味を知っておけば非常に便利な言葉だという事がお分かりいただけると思います。

お説教

次にご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としては相手からお説教食らってしまっときに使うことができます。

例えば社会人として活躍している人間であれば必ずしも誰もが経験したことがあるのが上司からのお説教だと思います。

世の中に存在してる人間で完璧な人間は存在していません。

もしも完璧だと思う人間がいたとしても最初から完璧だったわけではなく、何事も様々な失敗を経験して最終的に完璧な人間に仕上げることができた場合がほぼほぼだと思います。

全く失敗した経験もないのに最初から一人前に仕事ができる人間はまれです。

なのでたくさんの失敗とお説教を受けながら一人前の人間に成長していくのですがそのお説教上司からくらった時の気持ちを戦々恐々という言葉で表現することが出来ます。

具体的にどのように表現できるのかと言いますと「戦々恐々とした思いでお説教を聞く」という言葉で表現することが出来ます。

仕事の失敗

次にご紹介する戦々恐々という言葉を使うことができる身の回りの例としては仕事の失敗をした時です。

これに関しては先ほどご紹介したお説教の項目に関しても全く同じような形でご紹介しましたが、仕事の失敗をした時それは必ず誰もがヒヤッとした経験をすることだと思います。

心配の度合いが大きければ大きいほど会社に与える存在は大きくなりまし、問題が大きくなれば大きくなるほど周りの人間から失敗をした人間だと思われてしまうことが怖く感じてしまうのです。

もちろん失敗の延長線上には先ほどご紹介したように上司からのお説教が待っているはずなので、まさに自分にとってみれば恐怖以外の何者でもないことですよね。

そのような状況を戦々恐々という言葉で言い表すことができます。

「仕事の失敗をしてしまって戦々恐々とした思いで謝る」という言葉で表現することが出来ます。

当然失敗してしまった場合は失敗をしてしまい迷惑をかけた相手に対しても謝罪を行いますし、それに伴って上司に対しても謝ったりする場合もあります。

そのような時には物事を恐れてびくびくした気持ちで謝る場合が多いので、戦々恐々という言葉を使ってその気持ちを表現することが出来るはずです。

️戦々恐々を正しく使おう

今回は戦々恐々という言葉をテーマにして戦々恐々という言葉がどういう意味を持っているのか、そして戦々恐々という言葉の使い方、戦々恐々という言葉を使うことができるいくつかの日常生活の例についてご紹介しました。

こうして考えてみると普段使っていなかった方でもたくさんのシーンで戦々恐々という言葉が使えることに気がつけたはずです。

四文字熟語に関してはあまりたくさんの方に意味や使い方が浸透されていない場合が多かったりするのですが、それでもきちんと理解しておけば便利な使い方がたくさんできる言葉が存在しています。

この機会に言葉の意味を理解して正しい場面で適切に使っていただければ話の組み立てや表現がさらに上手になれると思いますので、利用してみてください。