稼げる仕事12選!年収を元に、とにかく稼げる業界や職種・会社を紹介します!のイメージ写真
誰もが憧れる仕事といえば、高収入を期待できるいわゆる”稼げる仕事”。

もちろんそういう仕事は稼げる分仕事内容が大変だったり特別な資格が必要だったりするので、実際働くというのはなかなか難しいかもしれません。

でも、お給料や生活ぶりなどの話を聞いているとやっぱり「羨ましいなぁ」と思ってしまいますよね。

そこで今回はそんな稼げる仕事の中から年収を元に、特に稼げると思われる業界や職種をいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います!

稼げる仕事に就くためにはどうすればいいのか、そのポイントについても簡単にご紹介していきたいと思うので、もし本気でこういったお仕事をしたいと興味を持っている人がいたらぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

稼げる仕事12選

ではここからは早速稼げる仕事12選についてご紹介していきたいと思います。

きっと世の中にはもっといろんな稼げる仕事があると思いますが、今回は年収を元にピックアップしていったので、特に高収入を期待できる業界・職種・会社などが揃っているはずですよ。

仕事探しをしている人はその参考にしながら、また単にこういった仕事に興味があるだけという人でもきっと初めて知ることなどが多いと思うので、それぞれぜひ楽しみながら読んでみてくださいね。

稼げる仕事を探すにはどうしたら良いの?

この後で、大手銀行や不動産など、稼げる仕事と言われている職業を紹介していきます。

その中でも、基本的には人によって向き不向きや、希望があると思いますので、先にリクナビNEXT等の大手転職サイトで、「年収が高い」仕事を見てみると良いでしょう。

稼げる仕事を探すなら「リクナビNEXT」がおすすめ

おそらく日本で一番有名だと思う求人サイトのリクナビNEXT(無料で会員登録すると、稼げる求人を見れます)では、稼げる仕事がたくさん募集されています。(例えば「年収1,000万円以上の求人」「営業の歩合の求人」などです)

特に、個人的には「保険の営業」が、歩合の割合が高い仕事が魅力的だと感じています。なんといっても、年収1億円を超える人もいるのですから。

.
会員登録後、リクナビNEXTのトップページにある検索フォームから「年収1000万円」「歩合」などのキーワードで検索するとたくさん出てくるので、試してみてくださいね!

その中から、自分に合った仕事を見つけてみましょう。

オトクな使い方

ちなみに、リクナビNEXTに登録した後は、「スカウト機能」に登録しておくことをオススメします。

登録しておくと、自分にあった良いオファーを貰えることが多々あるんです。

二人に一人が利用してますし、無料なので会員登録後、やってみて下さいね!

1.大手銀行

それではここから、具体的な職業を見ていきましょう。

昔から「高給」「安定」というイメージの強い仕事といえば、銀行員。

特に大手銀行だと平均年収は700万にまでなるので、一般の企業などに比べるとやはりかなり稼げて安定した職種と言えるでしょう。

また銀行の場合は日商簿記やファイナンシャルプランナーなどの資格を取得した人に手当を出すという所も多いので、努力次第ではもっと稼ぐことも可能となっています。

そんな銀行は入社をする時には特別な資格などが必要なわけではないので、働けるようになるのが難しいというわけでもなく、普通に就職試験に合格して採用されればOKです。

ほとんどの銀行は大学卒業者を前提に募集をかけていますし、大手の銀行となると有名大学卒業者じゃないと採用されない場合も多いので、誰でもというわけにはいきません。

大手銀行の求人を探すなら「リクナビNEXT」がおすすめ

日本で一番有名だと思われる求人サイトのリクナビNEXTでは、大手銀行の仕事がたくさん募集されています。

.
会員登録後、リクナビNEXTのトップページにある検索フォームから「銀行」のキーワードで検索してみてください!

たくさんの仕事情報が出てきます!

「未経験歓迎」な銀行のお仕事もいっぱいありますので、自分にはムリとは言わずに募集内容を覗いてみてはいかがでしょうか?

オトクな使い方

ちなみに、リクナビNEXTに登録した後は、「スカウト機能」に登録しておくことをオススメします。

登録しておくと、自分にあった良いオファーを貰えることが多々あるんです。

二人に一人が利用してますし、無料なので会員登録後、やってみて下さいね!

2.不動産会社

アパートを借りたり家を買ったりする際、皆さん利用することが多い不動産会社。

あのお仕事ってそんなにお給料が良いの?と意外に思う人もいるかもしれませんが、実は不動産会社も昔から「華やか」「お金持ち」というイメージの強いお仕事です。

実際の年収は大体400~700万程と言われています。

ただ不動産会社の場合は固定給プラス歩合制(不動産を契約した数)という所も多いようなので、人によってはもっと稼げるという場合もあるし、逆にもっと安い稼ぎになってしまうこともあったりと、会社やお店によって本当様々になってしまうようですね。

そんな不動産会社も入社の際は特別な資格や学歴はいらないので、銀行同様普通に採用試験を合格すれば誰でも働くことができます。

ただやはり建築関係やインテリア関係の大学や専門学校を出て、専門的な知識を身につけた人の方が有利かもしれません。

また会社によっては宅地建物取引主任者、いわゆる宅建の資格を必須としている所もあったりするので、そういった場合も専門的な勉強が必要になってきますよ。

でも宅建は持っていればどの不動産会社でも共通して役立てることができるので、不動産関係の仕事をずっとしたいという人ならぜひ持っておくべき資格と言えるかもしれませんね。

不動産会社の仕事を見るには

  • 正社員・契約社員の仕事を見たい場合 : リクナビNEXTで確認できます。
  • バイト仕事を見たい場合 :LINEバイトで確認できます。

3.SE

SEとはシステムエンジニアの略で、コンピューター関連の仕事の1つ。

コンピューターを動かすためにはOSやアプリケーションといったソフトウェアが必要とされていて、コンピューター関連の異なる仕事をする人達がチームとなりそれを開発していきます。

そして、開発を円滑に進めるために仕事や人間関係の管理を行っていく、これがSEのお仕事となってきます。

コンピューター関連というだけあってやはり相当幅広い知識が必要となってきますし、開発となると心身ともに色々苦労も多そうですが……その分お給料も高額な場合が多いです。

平均年収は500万を超えると言われていて、優秀なエンジニアなら20代で800万稼ぐ人もいるそうなんですよ。

もちろん先程も言ったように相当な知識が必要となるので、かなりの勉強量を積まなければならないと思います。

こういった分野に興味がありやる気がある人ならきっと向いている職種だと言えるでしょう。

SEの仕事を見るには

  • 正社員・契約社員の仕事を見たい場合 : リクナビNEXTで確認できます。
  • バイト仕事を見たい場合 :LINEバイトで確認できます。

4.薬剤師

薬剤師というと、その名のとおり薬剤の調剤や患者さんへの服薬指導などがメインのお仕事です。

やはり医療関係だけあって、医者に続いてなかなか高額のお給料がもらえるようです。

大手の病院や薬局なら平均年収は大体500万、製薬会社なら努力次第では800万以上稼ぐことも可能になってくるようです。

ただ薬剤師の場合ももちろん誰でも簡単になれるというわけではなく、相当な勉強をして薬学に関する幅広い知識を身につけなければならないようです。

しかも薬剤師は国家試験を取得した人しかなることができず、さらにその受験資格も6年間の薬剤師養成課程を修了した人でないと得ることができません。

まずは大学の薬学部か薬科大学に通い6年間の課程を終え、そこから国家資格を取得していかなければいけません。

薬剤師国家試験の合格率は例年平均70~90%と言われているので、しっかり勉強した人ならば十分合格できる可能性はあると思います。

ですが、必ず6年間は学ばなければならないので、これから転職したいという人はそれだけの費用・時間を使うことを覚悟する必要がありますよ。

5.税理士

税理士は個人や中小企業の税金のサポートをするのが主な仕事です。

税金を円滑に収められるよう手助けをしたり、必要なアドバイスをしたりするのが大体の業務内容になってきます。

そしてそんな税理士も国家資格を取得した人しか就くことができない職種で、その専門性の高さからお給料もなかなか高額と言われています。

平均年収はおよそ700万程です。

大きな企業に勤めたり独立した人なら900~1000万ともっと稼ぐことも可能となっているようです。

ちなみに先程お話した税理士に必要な国家資格というのが税理士試験。

こちらは簿記論・財務諸表論・所得税法など税に関する5つの科目で60%以上の得点をとって合格となります。

しかし、試験自体は結構難関で1度に全ての科目を合格する必要はなく、数年にわたって試験を受けていくことができるので、一般的には皆さんそうやって計画的に合格を狙っていっているようです。

ただ試験を受けるには様々な条件が必要となってくるので、やはり誰でも簡単にというわけにはいかないお仕事かもしれないですね。

6.医者

稼げる仕事の医者をしている人
稼げる仕事は何かと考えた時、きっとほとんどの人が”医者”を思い浮かべるのではないでしょうか。

実際医者は稼げる仕事として代表的な職種であり、平均年収は1200万を超えると言われています。

研修医でも年収400万程度の人が多いと言われているんです。

もちろん医者は人や動物の命を預かる仕事ですから責任や重圧も大きいですし、仕事内容も過酷なものになってくるかもしれません。

でもだからこそそれだけ稼ぐことができるんだし、とても尊敬できるカッコいいお仕事と言えますよね。

そんな医者になるためには国家資格である医師免許の取得が絶対条件です。

高校卒業後、大学の医学部や医科大学で学び、医師国家試験を受けなければなりません。

大学入試~大学在学中も相当な勉強量となってくるはずですから、医師のなりたいと思う人は、それなりの覚悟を持って臨まなければならないと思います。

7.パイロット

稼げる仕事のパイロット
こちらも医者と同じく本当にカッコいいお仕事ですよね。

特に男性の皆さんの中には、ドラマ・映画などを見て憧れていたという人も多いのではないでしょうか。

そんなパイロットは、実際の平均年収もおよそ1200万ほどと言われています。

もちろん一言にパイロットと言っても航空会社や自衛隊・警察など様々な業界があり、それによってまた年収も違ってきます。

それでもやはり、他の仕事と比べると相当稼げる職種になってくると思います。

ただその分パイロットも様々なライセンスが必要となりますし、採用試験の際は面接の他適性検査や身体検査など厳しい審査をクリアしなければならないので、その道は本当に難関です。

一般大学を卒業した人なら、その後会社などのパイロット養成コースで勉強をしなければなりません。

実際にパイロットとして認められるようになるまで数年かかる場合もあります。

パイロットを目指すなら、かなりの努力と覚悟を持って臨まなければならないでしょう。

大手航空会社のパイロットの場合

パイロットと聞くと航空会社のパイロットをイメージする人が多いと思います。

稼ぎたいと思うのならやはりその業界のパイロット、特に大手航空会社のパイロットを目指すのがオススメになってくるでしょう。

何故なら新規参入や中堅の航空会社だと平均年収が800万ほどだと言われているのですが、JAL・ANAといった大手航空会社ならなんとパイロットの年収は2000万弱にまでなると言われているからです。

もちろん航空会社のパイロットとなると、当然多くのお客様の命を預からなければいけないわけです。

そして、パイロットのなるまでの審査なども相当厳しいものになってくると思われますが、それだけやりがいも十分なはずです。

自分にも周りにも誇れる立派な仕事となることでしょう。

自衛隊に入って資格を取得することも可能

またパイロットの場合は、先程も言ったように自衛隊や警察・消防などに勤務するという選択肢もあります。

こちらは先ほどご紹介した大手航空会社などに比べると年収も低くなります。

そして、「人のためになる仕事がしたい」と強い志を持つ人が目指す傾向にあるようです。

しかも自衛隊の場合はなんと高校卒業後、すぐに内部でパイロットになるための養成をしてもらえるという魅力があります。

自衛隊には航空学生採用試験というものがあり、これに合格すると航空自衛隊の「航空学生」としてパイロットになるための勉強や訓練を受けれるようになるので、これを目的として自衛隊に入る人も多いようです。

お話したようにパイロットは就職できたとしても実際に認められるようになるまで相当な時間がかかる場合もあります。

そのため、いち早くパイロットを目指して動き出したいという人にはこちらもオススメかもしれませんね。

8.芸能人

芸能人やタレントは、人によってだいぶ差は出てくるでしょうが、人気が出てくれば相当な高収入が期待できるお仕事と言えるでしょう。

はっきりとした金額を聞くことはあまりありませんが、よく月何千万稼いでいるというタレントさんなどもいます。

もちろん売れっ子の芸能人になると寝る間もない程かなり忙しくなったり、顔を出す商売なので、その分プライバシーがなくなったりと大変なことも多いでしょう。

そもそもまず芸能界に入るまでも決して簡単にはいかないと思います。

でも好きで目指した業界ならきっと楽しく働くことができるはずですし、選ばれた人でしか働くことができない貴重な世界です。

やりがいだって大きなものになるのではないでしょうか。

チャンスがあればテレビ・映画・音楽と幅広く活動することもできるので、色々な経験ができる・自分の個性を存分に発揮できるなど、様々な喜びも感じられるはずです。

人一倍のルックスや魅力が必要

ただ先程も言ったように、芸能界というのは入って人気が出るまでが難しい職種です。

テレビなどで長年活躍し続けている芸能人を見れば分かると思いますが、やはり売れっ子になるためには人一倍のルックスや魅力のある人間にならなくてはいけませんよね。

もちろん元々見た目やオーラが人並み外れているという場合もあるかもしれませんが、でもそう見せるために心身を磨いていく努力だって当然必要になってくるはずです。

また、芸能人を目指すのなら、スカウトを狙って出歩いてみるという方法もあります。

特に原宿や渋谷など、スカウトマンが居そうな所を中心に出歩いてみればもしかしたら声をかけてもらえる可能性があるかもしれません。

あるいはもっと確実にいきたいのなら、思い切ってオーディションに挑戦してみたり、どこか劇団に入るというのも良いでしょうね。

とにかく夢を持ち続けて、何度失敗しても挫けない、そんな強いメンタルを持って、自分から積極的に動いていくことが1番大切になってくるのではないでしょうか。

9.漁師

意外に稼げるという驚きな仕事なのが、漁師。

特にマグロ漁などの大規模な漁を行っている遠洋漁業の漁師さんの場合はなんと年収600~800万程になり、水揚げ量によってはもっと稼げることも多いんだそうです。

もちろん遠洋漁業の場合は数か月、あるいは1年帰ってこれないということもあります。

肉体的にも非常にハードとなってくるので、やはり稼げる分苦労も多いお仕事ではあります。

しかし、船にいる間は光熱費・食費などの生活費がかかることがなく、収入を一気に貯金に回すことができるので、お金が貯まりやすいという大きなメリットもあると言えますよ。

そんな漁師として働くには特別な学歴や採用試験などもありません。

さらに年齢制限などもないので、早ければ中学を卒業した15歳から働くことができてしまいます。

遠洋漁業で働きたい場合も資格などは特にいらないので、採用されればすぐに漁師の一員として働き出すことが可能です。

ただ沿岸部で小型船での漁師として働く場合は小型船舶操縦士免許が必須となるなど、もちろん必要な資格も色々あります。

漁師としてキャリアアップなどを狙うのならやはりそういうものも取得していった方がオススメだと思いますよ。

10.弁護士

弁護士は稼げる仕事として代表的なものになりますよね。

実際の年収は人によって様々だと言われているんですが、それでも500~1000万稼ぐという人がほとんどです。

中には2000~3000万なんていう破格の年収を稼いでいる人もいるようなんです。

ただもちろん弁護士というのも稼げるだけあってかなりハードなお仕事でしょう。

勤務時間や休日なども人によって異なってくるのですが、依頼人に会ったり案件の解決に向けて法律を勉強し直したり、更には必要な書類を作ったり裁判所での活動があったりと、とにかくやることが本当に多いです。

大抵の弁護士の方は朝から深夜まで長めの労働時間になってしまうようですね。

また弁護士といえば、なるまでが大変というイメージもあります。

弁護士になるには一般的には法科大学院(ロー・スクール)を修了して、司法試験に合格する必要があるのですが、この司法試験というのが最難関の試験と言われていて簡単に取得できるものではありません。

相当強い志を持ってかなりの勉強量をこなした人でなければ、なかなかなることはできないと思います。

気軽に転職できる職業ではないでしょう。

11.大学教授

教育や研究の最高位となる職階といえば、大学教授。

仕事の内容としては大学で生徒に対して授業を行ったり、自分の専門分野の研究を行うのがメインとなるのですが、やはりそれだけ名誉な価値ある職種ということでお給料も高額になってきます。

年齢や大学によっても差は出てきますが、平均年収は大体1000万以上くらいになってくるようですよ。

資格などは特にいりませんが、一般的には大学院博士課程を修了し、博士号を取得していることが条件となってきます。

つまり自分が興味がある・勉強したいと心から思える分野を見つけて、その分野について高度な専門的な知識を学んでいかなければならないということなんですね。

しかも博士号を取得して就職先の大学が決まったからといって、すぐに教授になれるというわけではありません。

まずは助手としてスタートして、そこから研究や論文などの成果が認められるようになるまでまた努力しなければなりません。

本当に長い間研究等を続けていかなければならないので、自分が選んだ分野に対してよっぽどの情熱・意欲がある人でしかなれない仕事でしょう。

12.一級建築士

建築関係のお仕事は初任給が安いところなども多いので、世間では「あまり稼げない」というイメージを持っている人もたくさんいるかもしれません。

しかし、一級建築士くらいまでになれば稼げるお仕事です。

大体平均年収600万以上とかなり安定して稼げるようになってきます。

能力が認められたり、有名な建築士になればもっと稼ぐことも可能と言えるでしょう。

ただし一級建築士にも国家資格が必要です。

特に一級建築士の資格はそれだけレベルも高く、しかも二級建築士としての実務経験が必要などの条件まであり、すんなりというわけにはいきません。

まずは大学や専門の建築学科に進み、きちんと専門的な知識を学んでおく方がいいようです。

また資格を取ればそれで良いというわけでもなく、高い設計能力やデザインセンス・創造性なども建築士には大切な要素になってきます。

長い実務経験の中でその能力をしっかりと身につける必要も出てきます。

いずれにしても建築士になるにも相当な努力と、長い時間をかけて様々な経験を得ることが大切になってきます。

なりたいと思う人はそれだけの覚悟を持って臨むようにしていかなければならないでしょう。

稼げる仕事を探しているあなたへ

ここまでは稼げる仕事を業界・職種別にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

中には本気でこういった仕事に就きたいと思う人もいて、色々参考になったところも多かったのではないでしょうか。

それではそんな稼げる仕事を探している人のために最後にもう1つ、仕事探しをする上での注意点やポイントなどについてもご紹介していきたいと思います。

これをしっかり頭に入れて、さらにその上で自分が本当に求めている理想的な職種を見つけるようにしていってくださいね。

1.稼げる仕事は競争率が高い!

やっぱり稼げる仕事に憧れる人はたくさんいます。

そういった仕事はそれだけ競争率が高くなってしまうということを、まずきちんと頭に入れておくようにしましょう。

つまり学校や就職の際に色々不利になる場面も多くなるかもしれません。

最悪自分の求めていた仕事に就くことができず回り道をすることになってしまう、なんて事態になってしまうことだってあるかもしれないということです。

ですからその最悪なケースを避けるためにも、できれば競争率がどれだけ高いかというのを早い段階から理解しておいて、自分が有利になれるような努力をしておくことが必要となってきます。

例えば仕事に就くために必要な資格をきちんと取っておいたり、試験で優秀な成績を取っておくなど…それだけでもかなり状況は変わってくると思います。

早め早めに行動を起こしていって、周囲のライバル達に差をつけておくようにしましょう。

2.人一倍の努力が必要

稼げる仕事というのはその分苦労も多いものです。

ご紹介してきた稼げる業界・職種も資格などが必要な難しいものがたくさんありましたし、先程お話したように競争率も高いことがほとんどだったりします。

それだけ相当の努力をすることも必要となってきます。

例えば学校などで周囲の人以上に勉強することや、体力・メンタルなど様々な能力を鍛えることも大切になってきます。

そういった経験をすることで立派な仕事ができる力をつけることができるでしょう。

稼げる仕事に就きたいという人は、強い志を持たなければやっていくことができないかもしれません。

単に「稼ぎたい」という気楽な気持ちだけではなく、それだけの覚悟を持った人でなければ実現することはできないかもしれませんよ。

なるために高額なお金がかかる

皆さん稼ぐ仕事に就くために努力をするわけですが、実際その仕事ができるようになるまで学費や試験を受けるための費用など、まずはこちらが高額なお金をかける必要が出てきます。

中には稼げるようになるまで長く時間がかかるような仕事もあるので、その場合はより多くの金額を使うことになってしまうかもしれません。

でもそれだけのお金をかけて必死に努力した人なら、将来自分に返ってくるはずです。

その自信を持って、必要な費用はなるべく費やすようにしていった方が良いかもしれませんよ。

なるのに時間がかかる

お話してきたとおり、稼げる仕事というのは大抵学校に数年通って学ばなければいけないものが多いです。

仕事に就けたとしても周囲に認められるようになるまで長くかかるものもあるので、そういった場合は本当に多くの時間をかけることになってしまうでしょう。

しかし先程の努力やお金同様、これも立派になるために必要なことです。

時間をかけた分きっと力が身に付くはずですし、将来それだけきちんと自分に返ってくるはずです。

勿体ないなんて思わずに、早いうちからしっかり費やすようにしていくのが大事でしょう。

ある程度年齢を重ねて転職を考えている人だと焦りもあるかもしれませんが、自信と覚悟を持って自分のために投資してみてはどうでしょうか?

3.運も味方するかも?

稼げる仕事に確実に就けるようになるためにはそれだけの努力が必要というお話をここまでしてきましたが、実は稼げるようになるにはもう1つ大事な要素があったりします。

それは、運。

しかしこの場合は、ただ運に任せていれば良いというのを言いたいのではありません。

生きていれば誰にだって必ず良いことや良いタイミングというのが起きる時があると思いますが、その良い時をしっかり見逃さず存分に利用することです。

それが大事だと言いたいんですね。

きっと努力だけでなく、その運をしっかり使う人こそがどんどんチャンスを掴めるようになるのではないでしょうか。

もしかしたらそれが仕事でのキャリアアップなどに繋がって、どんどん稼げるようになっていくことだってあるかもしれませんよ。

先程もお話したように、消費したり失うことも多くなってくるかもしれませんが、だからこそそういった運でさえも利用できるよう、常に意識を高めておくようにしていきましょう。

4.社会的に必要とされている

先程ご紹介した稼げる仕事を見ていくとやはり「相当な勉強が必要」「採用されてからも大変そう」という職種が多かった印象に思えます。

そして、もう1つ何か感じたことはなかったでしょうか?

それは「社会に必要とされている」というお仕事が多かったことです。

例えば医者・パイロット・薬剤師・弁護士などといったお仕事がありましたが、どれも確かに社会には不可欠なもので人々の役に立つようなお仕事ばかりですよね。

そう、実は稼げる仕事というのは稼げる分知識や責任の必要な仕事が多くなってくるので、自然とそういう社会のためになるようなお仕事へと繋がっていく傾向にあるんですね。

そう考えるとなんだか誇らしい気持ちになってきませんか?

この仕事がしたい、と以前よりやる気が湧いてきたりしませんか?

確かに「稼ぎたい」という目標を持つことも良いでしょう。

でもそれだけでなく、自分の選んだその仕事が社会的にどれだけ必要とされているか、それが分かればきっともっと強い志が持てて、実現のためにもっと頑張れるようになっていくと思いますよ。