みなさんは顔が赤くなったりしたことはありますか?

おそらく赤くなったことがある人もいれば、赤くなったことがない人もいると思います。

実はこれは人それぞれでありまして、よく赤くなる人もいれば、赤くならない人もいます。

ではその差は一体何なのか、よく知る人は少ないと思います。

よく相手を好きになったから!

緊張してしまったから!

恥ずかしい思いをしてしまったから!

などシチュエーションを原因にされている方や、お酒を飲んだから、寒いからなどの原因を上げる方も多いですが、果たしてそうでしょうか?

今回こちらの記事では顔が赤くなる原因などを説明しながら、顔が赤くなるのを防ぐ方法や対策などもご説明したいと思います。

ぜひ、こちらの記事を参考にしていただきまして、顔が赤くなるのを防ぐようにしましょう。

難しいのではないですか?と思われる方も多いと思いますが、そんなことはありません。

どなたでも実践可能な方法をご紹介します。

顔が赤くなるのはどなたでも防ぐことができますので、安心してください。

どの方法が一番かはありません。

人それぞれによって実践のしやすさがあると思いますので、あなたにとって一番の実践方法を編み出して行うようにしましょう。

じっくり読んでいただきまして顔が赤くなるのを防ぎましょう。

顔が赤くなるのがコンプレックス


顔が赤くなることをコンプレックスに感じている方が多いと思います。

それは、相手に自分の心が読まれているような感じがして恥ずかしいからです。

また、顔を赤くしたことによって、相手に勘違いを引き起こす危険性もあり、いろいろとコンプレックスが生まれてしまう要因になっています。

コンプレックスが生まれると余計に顔を赤くしてしまう危険性もあるので悪循環な感じもありとても厄介です。

コンプレックスになってしまうのであれば防ぐようにしないといけませんが、方法や対策はタイプや人それぞれによって違いがあります。

そこでここからは、顔が赤くなるタイプが大きく分けて2つに分けられるので、まずはそちらの説明をしまして、ご自身がどちらのタイプかを見極めましょう。

そのうえでご自身にあった対策を考えて、赤くなることを防ぐようにしましょう。

コンプレックスを取り除けば日常生活にも支障を来さずに済みますよ。

顔が赤くなることで交渉が失敗した、相手に変な恋心を抱かせてしまったなど、実はいろいろと厄介な勘違いを生みださせてしまう危険性が大いにあり、これは相手にも自分にも溜まったもんではありません。

これこそがコンプレックスになる最もな要因でもあります。

顔が赤くなる2つのタイプ

顔が赤くなるタイプには大きくわけて2つのタイプが考えられます。

それは「毛細血管拡張症」「酒さ」です。

この2つタイプはどちらも顔を赤くする要因になっていますが、それぞれで違いがあり、中には病気と関連している場合があり、危険性も伴う場合もあります。

実は、単に顔が赤くなるから恥ずかしいと思っているだけでは済まされないのです。

まずはタイプを良くも悪くも説明しますので、自分がどちらかを明確にしましょう。

そのうえでご自身にあった対策や方法を考えて実践し、顔が赤くなることを防ぎましょう。

しっかりとした対策を行えば病気も怖くありません。

このことでより一歩先へ成長ができる可能性もあるので、ぜひ、参考にしてくださいませ。

毛細血管拡張症

まずは毛細血管拡張症ですが、こちらは皮膚の真皮の毛細血管が拡張したもので、血流が通常に比べて増加した状態で皮膚が赤くなることがあります。

主な原因としては血流の量が増えていることがあげられて、興奮状態により血流が活発になったなどが上げられますが、それを引き起こすのが、気温の変化により体が反応した場合、飲酒により気分が高揚してしまった場合、緊張して体全体にピンとした空気が行きわたり血流が激しくなったしまった場合などいくつもの場合が考えられます。

これがひどくなると、一部の部分だけ赤くなったり、斑点のような赤色の点が出てきた場合などは症状がひどくなっている証拠です。

血流を通常の状態に戻すなどすれば増えることは防げますが、一度できてしまうと取り除くにはレーザー手術が必要になる可能性があります。

まずはお酒を控えるなどしてなるべく体を興奮状態にしないようにしましょう。

酒さ

こちらは赤みがかった小さな吹き出物から顔を赤くはれたような感じにしてしまう症状です。

大人のニキビと呼ばれていますが、ニキビとは全くの別物です。

赤みができて近くの血管に広がることで余計に赤くしていくタイプで、血管の膨張により皮膚の組織が崩れていくので大変危険です。

この酒さを完治させる方法はこれといったものがなく症状を悪化させない方法をとるしかありません。

酒さの主な原因になっているのが名前の通りお酒であって、またカフェイン、日光、刺激の強い食べ物、ストレスなども原因になっているのでそれらを避けるようにしましょう。

酒さはその時の状態などによって良くなったり悪くなったりする症状なので、あまりにも激しく良くなったり悪くなったりなど落ち着かない場合は、医師に相談するなどして、日々の生活を改善していくことをおススメします。

まずは顔が赤くなる原因を把握する

ここまで赤くなる症状の2つのタイプを説明してきました。

このことよりご自身の顔が赤くなる原因を把握することをまず始めてみましょう。

なぜ、それが重要かと言いますと、それは対策などを含めこれから説明していきたいと考えています。

原因がわかることの大切さが分かれば皆さんも原因を探りたくなるはずです。

原因を探らずに人ずてに聞いた対策を行って余計に顔があかくなってしまったと言う方もいらっしゃいますので、まずはじっくり原因を把握することをおススメします。

では、原因を探る大切さを説明していきますのでじっくりお読みくださいませ!

原因によって対策も変わってくる

顔が赤くなる原因は人それぞれで異なります。

つまり、異なると言うことは、対策も異なるのです。

あの人が治ったから自分にも効くはずだと言って行ってしまって返って悪化したという例は良くある話です。

これは顔が赤くなること以外の事柄でも当てはまります。

要は原因も探らずに世に言われている対策を行うと危ないと言うことです。

顔が赤くなる原因は人それぞれの特徴のような部分もあり、日常生活と起因している可能性が高いので、人それぞれによって異なるのです。

原因を探ってご自身に合わせた対策を行うことが最も良い方法とされています。

自分に合わせた対策方法を行おう

原因を探ることで自分にあった対策方法を見つけることができるので、原因をさぐることが大切です。

世にはこの薬を塗れば顔が赤くなることを防ぐことができます。

と謳って販売されている薬が多々ありますが、あれはすべての人で効果を試したわけではありません。

よくよく説明をみると「個人によって差があります」との注意書きがあります。

要は万人に聞く薬などないのです。

原因を探ることでそのような薬に頼ることもなくなるので、実は健康にも良いのです。

原因を探ることは大変ですが、治すことを考えたら大切なことです。

安易に薬に手を出してしまって、余計に悪化させるようなことがあれば高い代償になってしまいます。

そうならないためにもしっかり原因を探りましょう。

顔が赤くなってしまう人の対策

それではお待ちかねの顔が赤くなってしまう人への対策をお教えします。

原因と兼ねて説明しますので、自分にあった実践方法を見つけて行ってくださいね。

10個以上の対策方法がありますので、より自分にあった方法を行いましょう。

一概にどれが一番良いかはありません。

前文でも申した通りに、原因が人それぞれにあるように対策方法も人それぞれなので、これが一番だと言う方法はありません。

また、あくまで対策方法ですので、すぐに効果が発揮されるとは限りませんので、ご注意ください。

残念ながら効果は人それぞれで個人差があります。

要は長期的スパンで考えてがまん強く行い続けることが最もな効果の発揮方法でもあります。

保湿をする

こちらは運動後などに体温が上がって顔が赤くなる人へ向けた対策になります。

運動後赤くなったからすぐに保湿クリームなどの保湿剤を使用すれば問題ないと思っている方は多いと思いますが、実はこれが大きな間違いです。

保湿の対策をするのは運動前です。

運動前にすることがかなり重要です。

特に運動前に使用する保湿クリームなどには「甘草(リコリス)エキス」「亜鉛(Zn)」「ナツシロギク」などが含まれている物がおススメで、赤みを和らげる効果があります。

また、刺激の強い保湿剤は使用を控える方が良いです。

刺激が強いと肌を傷めてしまう危険性があり、返って赤みが強くなってしまう可能性があります。

低刺激でなるべく植物性の成分を使用した保湿化粧品を使用することを強くおススメします。

では、運動後はというと、休んでから洗顔して改めて保湿化粧品を塗りましょう。

専用化粧水を使う

化粧水と聞くと肌を良く見せるような感じの印象がありますがそれは外面用のもので本当の化粧水は血管の拡張を抑えることによって、肌の赤みを和らげる効果を発揮し潤いのある肌を見せることができます。

要は内面までケアできる化粧水を使用することをおススメします。

特に毛細血管がよく拡張される方には化粧水などで拡張を防ぎ保湿を促進させることをおススメします。

そのためにも使う化粧水を選ぶことが重要になりますが、選び目安としては低刺激なものと、植物成分で製造されていることです。

合成剤などの化学薬品は人によっては肌に悪影響を及ぼすこともあるので、なるべく避けましょう。

よくディスカウントストアで使用されている化粧水などがありますが、あれはお試しな感じにして、専門店などしっかりした場所で購入するようにしましょう。

専門店などでは使用方法なども教えていただけるので良いですよ。

普段から運動する

運動すると顔が赤くなると言う方は多いですが、実はそれは運動不足の現れでもあるのです。

運動をすることで血流が激しくなるのは、日常生活でも過度な動きをすると同じような感じになります。

つまり、運動不足になるといずれ日常生活でも支障をきたす危険性があると言うことです。

要は普段から軽くでも運動をしていれば簡単に興奮状態になることもなく、いつもよりは顔が赤くなりにくくなります。

運動は顔が赤くなることの原因だと思っている人は多いですが、実は赤くなることが運動不足を知らせる信号でもあるのです。

故に日々軽くで良いので運動をするようにすると、顔が赤くなるのを防ぐことができるし、運動不足も解消されるので健康的に良いですよ。

いきなり始めるのはさすがどなたでもしんどいので、まずはウォーキングなどから始めてみるのはいかがでしょうか。

血流も良くなりますよ。

室内と室外の温度差を抑える

気温の変化は体に影響を与え血管を拡張させたり縮こまらせたりします。

それが原因で顔が赤くなったりする方が多いです。

よく冬に外に出ると顔が赤くなる人がいますがこれがその要因です。

つまり、室内と室外の温度差を広げすぎないようにすることが大切です。

そうすることで体も変に反応しないので、血管に変化を与えることはありません。

しかし、室内を外と同じ気温にすることは結構厳しいことでもありますので換気などをして外の空気を入れて室内の気温を急激に変化させないようにしましょう。

要は一定の気温をキープするようにしておけば大丈夫です。

マスクなどで顔のカバー


冷たい空気に顔があたると顔が赤くなってしまう方は結構います。

これは血管の膨張も影響していますが、それ以外にも急な体温の変化に肌が反応しています。

適温をキープしようとして肌が温度を上げようとして働いて赤くなることがあります。

この場合、肌になるべき刺激を活かせないようにすることが大切なので、マスクをするなどして肌を守ることが大切です。

外の冷たい空気に触れなければ肌に刺激が行くことがないので、肌も急な気温の変化に反応しないので、赤みになるのを和らげることができますよ。

また、夏の日光などの時も肌に悪影響を与えることがあるので夏でもマスクは活用できるアイテムです。

スクラブやピーリングを使わない

顔のブツブツなどの角膜を除去する効果が高いスクラブやピーリングは人気がありますが、同時に肌への刺激が強いために返って肌を傷めてしまう危険性があります。

そのことが影響して肌があれて赤くなってしまう方もいます。

スクラブやピーリングが行けないと言うわけではなく、肌にあった対策ができていないのが問題なのであります。

特に敏感肌の人はこの除去方法はあまりおススメできません。

粒子を使って古い角質を取り除くやり方なので刺激は強く、実はできたての角質をも除去している可能性があります。

せっかくできた新鮮なのが除去されると肌への影響は強くすぐに作らないとと働きを活発にさせるので赤くなってしまいます。

要はスクラブやピーリングのしすぎには注意が必要です。

肌がすべすべになるからといってやりすぎても返って肌を悪化させているので控えるようにしましょう。

敏感肌の人はすぐに肌が反応してしまうのでさらに控えることをオススメします。

深呼吸する

緊張すると顔が赤くなってしまう!

これは顔が赤くなる人が最も原因になっている方が多いと思われますが、緊張は様々な場面で起こります。

人とお会いする時、何かのイベントに参加する時、発言をする時など、いろいろありますが、防ぐ方法としては深呼吸があります。

要は緊張するのは呼吸が整っていないことが関連していますので、深く呼吸をすることで心を休めて呼吸を整えると自然と緊張を和らぐことができます。

緊張が和らげば、顔が赤くなることも防げるので、人と会っても、イベントに参加しても、発言などをする時も安心ですよね。

ただ、深呼吸でも口から吸っても効果がない人は鼻から吸って口から吐くなどやり方を変えてみても良いと思います。

すぐに効果が発揮するとは限りませんが、継続していくことで緊張を抑えることができますよ。

お酒を飲みすぎない

お酒を飲みすぎると顔が赤くなるのは漫画などからでも表現されているので、これはお酒を飲まない人でもお酒が顔を赤くする要因だという印象は強いです。

まさにその通りで、お酒などのアルコールの摂取は体温を上げるだけでなく、気分も高揚させ興奮状態にさせる作用があり、その分血管が膨張して血流の動きを急激に早くします。

故にそれが原因で顔が赤くなることがあります。

しかし、急な動きなので鎮静化するのも早いので、顔を赤くしながら寝てしまうケースもあります。

アルコールの摂取は体の動きに急激な変化をもたらすので実は結構危険です。

しかし、飲むなと言うのが難しい方もいますので、飲む量を減らすことをおススメします。

体も急な変化ばかりでは疲れてしまい抵抗力をさげてしまうので、顔が赤くなること以前に風邪をひいてしまいやすい体になってしまいますので、注意しましょう。

生活改善をする

血管の調子によって顔が赤くなってしまう人が近年増加しています。

これは生活リズムが整っていないので血流が一定でないので顔が赤くなってしまうのです。

つまり、メリハリのある生活を行うことが血流を一定に保ち、血管の拡張や伸縮などを防ぐことができます。

逆に生活リズムを崩した状態でいると血流にも影響し、ドロドロな血となって全体にいかなくなります。

また、血管にしこりや異物などができてしまう危険性もあり、そうなると血の流れが良くないので、血管の太さに差ができてしまいます。

生活リズムを整えて血の巡りを良くしましょう。

普段から血の巡りを良くする

生活リズムの改善が血の巡りを良くします。

そのためにメリハリのある生活をすることが進められていますが、どんな生活が良いかなどの具体例がないので、急に生活改善をしろと言われても困る方は多いと思います。

どなたでもできる改善としては、早寝早起き、暴飲暴食を防ぐ、適度な運動などがあります。

要は休みだからと言って1日、家でボーっとしていても体に毒です。

休みの日は休息しながらも適度に体を動かすようにした方が良いです。

また、早寝早起きは重要です。

これができれば日々の生活リズムが整っているようなことになるので、ぜひ実践しましょう。

起きる時間と寝る時間を決めるだけです。

体に負担をかけなければ自然と血の巡りは良くなります。

自律神経を整える

循環器、消火器、呼吸器などの日々の生活で欠かせない活動を支える調整をしているのが自律神経であり、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2つがあり、その2つが崩れると自律神経が乱れて体の各器官に異常をきたします。

顔が赤くなるのもこれが要因になっています。

要は自律神経が崩れて血流が悪くなり、血管の膨張や伸縮を起こさせるのです。

自律神経を崩す主な原因がストレスや不規則な生活などが考えられています。

つまり、生活リズムが崩れると自律神経を崩す危険性があります。

自律神経を整えるにはメリハリある生活を行うことと、ストレスのない生活をすることが大切です。

激しい運動を控える

適度な運動をすることで運動不足を解消して顔が赤くなるのを防ぐと説明しましたが、その時に激しい運動をしてしまう方が多く、運動不足を解消しているのに顔が赤くなるじゃないかといった意見を聞くことがあります。

これは激しい運動しているから顔が赤くなるのです。

激しい運動は体を興奮状態にして血管の膨張や伸縮を激しくさせるので顔が赤くなりやすいです。

運動不足を解消する場合は激しい運動ではなく、適度な運動です。

運動することを疲れるまで体を動かすと考えている方が多いですが、それは勘違いです。

疲れなくても体を動かせば運動したことになるのです。

またいきなり激しい運動をするとリバンドを喰らうこともあり、余計に怪我をしてしまう危険性もあるので激しい運動は控えるようにしましょう。

慣れてきたら行っても構いません。

長時間の入浴を避ける

お風呂に入ることや温泉につかることは気分が良いですが、同時に体温を上昇させてしまうので長時間の入浴は血管を膨張させてしまう可能性があります。

また、急激な体温の変化により古い皮膚が取れたりするので赤くなってしまいます。

いきすぎるとのぼせてしまいます。

できる限り長時間の入浴はさけて、血管の働きを活発にさせないことをおススメします。

旅行で温泉などに来ている場合などたまに程度ならば長時間の入浴は大丈夫です。

要は毎日長時間の入浴をしなければ防ぐことができます。

日光を避ける

日光を浴びることで肌が焼けて赤くなります。

これは外からの刺激によって皮膚が反応し紫外線などを防ぐためにいつも以上に皮膚が活発に働くために赤くなります。

内部にまで刺激が行くので顔が赤くなるだけでなく、シミやそばかすの原因にもなります。

日焼け止めや帽子をかぶるなどして顔を守るなどしましょう。

常に当たらないようには厳しいので、できる限りの対応をする方が良いです。

あまり当たりすぎても場合によっては癌の原因になるとも言われていますので、なるべく防ぎましょう。

皮膚科を受診する

日ごろから赤くなることが多く、赤くなってもなかなか治らないと言う方は一度、皮膚科などで受診されることをおススメします。

専門の医師に診ていただきまして、体にあったお薬やクリームなどの相談をしてみるのも良いかと思います。

医師と話ながら原因がわかったりするので、ご自身で治す手段をゲットできる可能性もあるのでおススメします。

どうしたらよいかわからない場合、まずは医師に相談してみましょう。

顔が赤くなるシチュエーション

ここまでは顔が赤くなったときの対処方法を説明してきましたが、顔が赤くなるシチュエーションは人によって様々でいろいろなケースが考えられます。

つまり、顔が赤くなるということは個性の現れでもあります。

緊張に強い人もいれば、緊張に弱い人もいる、好きな人の前でどうどうとできる人がいれば、おどおどしてしまう人もいるなど、人によって場面場面で見せる姿はいろいろあります。

ここでは顔が赤くなるシチュエーションを説明しながらどのようなタイプの方に多いなども説明します。

ぜひ、参考にし自分がどれに当たるか確かめてみましょう。

緊張したとき

人と会う時や何かを発言しないといけない時などに人は緊張して顔を赤くしてしまうケースが多いです。

これは今までに体験したことがないことがあるとどう対応していいかわからずに陥ってしまう状態です。

また、多くの人に見られているといった意識になてしまうので自分はどう見られているのだろうと感じてしまうために体が固まり脳がうまく働かずに緊張してしまいます。

対策としては深呼吸がありますが、場数を踏めば自然と緊張もしなくなりますよ。

要は経験不足です。

【緊張を抑える方法は、こちらの記事もチェック!】

好きな人の前

好きな人の前では赤くなってしまうのはアニメなどでよく表現されていますが、実際の場面でも赤くなる人はいます。

特に始めて意識した人の前では赤くなる可能性が高いです。

これも経験不足から起きるのですが、始めて異性として意識した相手になるのでどう対応したら良いかなどもわからないので、いろいろと考えてしまって緊張や思いなどが交錯して興奮状態になってしまい顔を赤くしてしまいます。

始めのうちは可愛い感じですが、年齢を行ってからでもこのようなことが起こると経験不足が露呈されるのでコンプレックスになる方もいます。

深呼吸したりして対策するのも大切ですが、経験を積むことも大切です。

恥をかいたとき

何かで失敗した時などに人は周囲の人の冷たい視線を感じて恥ずかしい気持ちになり顔を赤くします。

これは恥をかいたということで自分の情けない姿や弱い姿、哀れな姿を他人に見せてしまったという意識になり、そういう印象を相手に植え付けてしまったという感覚になり、体に緊張が走り顔を赤くしてしまいます。

ご自身の見られたくない姿を見せてしまうと人は自分がそういう人間だというような印象を相手に与えてしまうと考えてしまうために恥ずかしくなるそうです。

失敗しようが恥をかこうが、堂々としていれば緊張することはありません。

もしくはギャグに変えるなどが有効です。

これも経験を積むことが大切です。

逆にこのような経験を積むと挑戦する考えが生まれるので大きく成長できますよ。

運動をしたとき

運動をすると体の中の器官の働きが活発になります。

そのために血管の働きも活発になり膨張や伸縮を激しくして血流が目まぐるしく体の中を回るので顔を赤くしてしまいます。

しかし、これは普段の動きより激しく動いたことで生じたことなので、運動不足を表している場合もあります。

軽い運動から始めて徐々に体に慣らしていくと顔が赤くなることも防ぐことができますよ。

激しい運動をすれば誰でも赤くなりますので、そこは仕方ないです。

お酒を飲んだとき

アルコール類は摂取すると体に急激な反応を示し興奮状態にさせ、気分を高揚させるので、顔が赤くなってしまいます。

同時に鎮静作用もすぐに起こるので眠気にも襲われます。

お酒の飲みすぎは器官への悪影響がありますので、気をつけましょう。

飲むなと言っているのではありません。

飲みすぎないようにすれば良いだけです。

毎日飲んでいると顔が赤くなるだけでは済みませんよ。

寒いとき

冬に外に出ると顔を赤くする人が多いですが、寒さに対応しようと皮膚が反応し熱を集めて顔を赤くします。

一種の防衛反応です。

マスクをつけるや防寒をしっかりすれば赤くなるのを少しは和らがせることができます。

気温の変化は体へ影響を及ぼすので、防寒などをして体に変化を感じさせないことが大切です。

これは慣れといった感じではなく、しっかりと対策をすれば軽減できますので、実践しましょう。

赤面症

これまで説明した緊張などから起こる症状ですが、最もな要因は相手からどう思われているかなどの他人の目線を気にしてしまうばかりに起こる症状です。

これは顔が赤くなる人もいれば、自分が一番見られたくない部分が赤くなる傾向が強いです。

それを防ごうとメイクしたりすると余計に悪化する可能性が高いです。

起きる原因が外からの目線です。

つまり、赤くなっても自分では赤くなっていないと思えば問題ないのです。

人から指摘されて赤くなっている自分が恥ずかしいと思うだけであって、人から言われても普段からこのぐらいの色だと思えば赤色を気にしなくて済みます。

要は赤面症は自分で意識することで起こる症状であるので、気にしなければ問題になりません。

赤くなってしまう顔とこれでおさらば

いかがでしたでしょうか。

起こる原因としては経験不足や自然の摂理だったり、生活が影響していたりしますね。

中には病気に関わることがあるなど、単に顔が赤くなるという指摘だけでは済まされないこともあります。

斑点のような赤みやハレの場合は気をつけた方が良いかもしれません。

後は変に意識しないことも重要かと思います。

様々な要因がありますので、あなたにあった対策方法を実践することで顔を赤くすることが防げますので、ぜひ、実践していきましょう。