CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

寝言を言う人の原因7選と改善方法。実は体からのSOSサインかも!?

あなたは普段 寝言 を言うタイプでしょうか。

寝ている間というのはとても無防備で、寝言を言っていたとしても起きてから誰かに指摘されるまで気が付かないというのも多いもの。

その寝言の内容を後から聞いてつい笑ってしまうというのもよくあることだと思います。

そんな周囲を和ませてくれる寝言ですが、実は眠っている時に寝言を言ってしまうのは 体からのSOSサイン である可能性があります。

そこで今回は、寝言に隠された危険なサインや寝言を言ってしまう7個の原因について解説していきます。

改善方法も併せてご紹介しているので「自分はよく寝言を言うほうだ」と自覚がある人は、注意してチェックしてみてくださいね。

寝言…もしかしたら危険サインかも!

あなた自身やあなたの身内は、眠っている時に寝言を言っていませんか?

寝言を話す姿は可愛らしく思えてしまうかもしれませんが、実は寝言は体からのSOSサインの可能性があります。

寝言はいびきと違って無呼吸症候群になるようなことはないため一見何の心配もないように思えますが、寝言を話すということ自体がある危険な可能性を持っています。

自分自身で寝言を言っているかどうかは分からなくても、例えば寝言の途中で不意に目が覚めたりパートナーが寝ながら体を動かしていたりと、寝言に関わることで目が覚めた経験がある場合は、 深刻な状態 になっているのかもしれません。

「可愛らしい」「和む」などと言っている場合ではないかもしれないので、寝言についてきちんと理解していきましょう。

寝言のパターンを知ろう

寝言には様々なパターンがあり、例え自分で口にしたり誰かに返事をされることで目が覚めることもあるでしょう。

またぐっすりと深い眠りについている時に出る寝言は自分自身では気づくことは出来ませんし、誰かが指摘してもそれで目が覚めることはありません。

深い眠りについた状態で、寝言に加えて体の動きまでつく場合もあります。

このようにそれぞれの寝言のパターンによって、睡眠の状態や危険度が分かれています。

レム睡眠時

よくテレビや雑誌で睡眠についての紹介がされる時に、必ずと言って良いほど「レム睡眠」「ノンレム睡眠」という言葉が出てきます。

このレム睡眠とは一般的には 浅い眠り として解釈されていますが、その性質は非常に特殊なものです。

例えば人は眠っている時浅い眠りと深い眠りとを交互に繰り返していますが、ノンレム睡眠とレム睡眠とでは全く性質が異なります。

レム睡眠時の大きな特徴としては、眠っている時に 大量の情報を脳で整理している ことです。

私たちが起きている間に得た情報や起こった出来事を、レム睡眠中に整理しながら脳に保存しています。

この時に脳は大量の情報処理をしているため、体が動かないように全身の筋肉が弛緩状態になります。

また交感神経の活動も活発になるため、心拍数や呼吸数が不規則に変化することがあります。

寝ている人を見ていると、時折瞼の内側で眼球がぴくぴくと動いている様子が観察されることがありますが、これも 急速眼球運動 と言ってレム睡眠時に起こる代表的な特徴の一つです。

レム睡眠時の状態は、パソコンで例えるならいわば「上書き保存」のような状態を示します。

また時々金縛りのような現象に襲われる人がいますが、大抵は体が動かなくなっているレム睡眠時に起きることが多いようです。

その日に起こった出来事を記憶として覚えておくために、レム睡眠は非常に重要な役割を果たしていると言えます。

ノンレム睡眠時

ノンレム睡眠時には、 脳の休息と体のメンテナンス を行っています。

ノンレム睡眠では浅い眠りと深い眠りとを繰り返していて、眠りの深さはステージ1~ステージ4段階に分かれています。

この内のステージ3~4段階の深い眠りを 徐波睡眠 と言います。

ノンレム睡眠中には、脳は完全に休息状態になっています。

起きて活動している間に得たさまざまな情報の中から、恐怖や憤りなど不要となる情報を選別して緩和し消去したりします。

さらに、起きている時に傷ついた体の修復も行います。

傷ついた細胞の修復や疲労回復などを担う成長ホルモンは睡眠中に分泌され、特に徐波睡眠時に多く分泌されます。

そのため深い睡眠をきちんととれている人では、多少睡眠時間は短くても翌日にはまた元気に動くことが出来るようになります。

一方で前日に十分な睡眠時間を確保したのに翌日の昼間に眠気を感じてしまう人は、深い睡眠がきちんととれていないという証拠でもあります。

ページトップ