モテる女性を観察してみればわかることですが、モテる女性=性格がいいのです。

もちろん美しさは女性にとって強い武器になりますし、顔が良ければモテる可能性もあがりますが、性格ブスではモテたとしても若いうちだけで、決して幸せにはなれません。

内面が美しい女性は必ずと言って人脈に恵まれます。

なぜなら良い人には良い人が集まるからです。

見た目が特別美人でもないのにモテている人、どちらかというと見た目は良い方ではないのに素敵な彼氏や旦那さんがいる人もたくさんいますよね。

モテない女性にありがちなこと

性格が大事だと言いましたが、まず綺麗になろうともしないのは論外です。

モテたいと思うのであれば、自分をいかに最大限までに美しくすることができるか、努力することは必要です。

中身が同じとして、ブサイクなあなたと、美しいあなた、どちらがより多くの人に好まれると思いますか?

もちろん中身が同じならば美しいあなたの方より多くの方に好まれる可能性があります。

では美しいとはどういう状態を差すのでしょうか。

それは健康的かつ清潔感が有り、笑顔が良いことです。

爽やかな笑顔でも、穏やかな笑顔でも、活発的な笑顔でも良いです。

つまり相手を良い気分にさせる笑顔です。

健康的な女性は好感を持たれます。

寝不足で目の下にクマだらけだったり、肌がガサガサしているより、きちんと睡眠を取ってスッキリと清々しい表情をしている女性のほうが魅力的に写るのは言うまでもありませんね。

感情が顔に出る

先ほども述べたように、相手に良い気分にさせる笑顔が好感を持たれるのであれば、その逆の相手を不快にさせる顔は好感が下がることがわかりますよね。

感情が顔に出やすい人は自分でも気がつかないうちに相手に不快な思いをさせていることがあります。

たとえば寝不足でイライラしている状態では顔に不満が出やすいですし、もしかしたら言葉までもがキツくなっているかもしれませんね。

また苦手な人と話をする時にあからさまに顔に出る方がいらっしゃいますが、それも注意が必要です。

なぜならあなたには苦手な人しか視線に入っていないとしても、周りはあなたのことをみているかもしれないからです。

相手があなたに対して理不尽なことを言ってきている場合は顔に出すことも大切ですが、相手はあなたに対して何も悪いことをしていないのに、あなたの好き嫌いや感情だけで顔にだすことはしないように心掛けましょう。

まずイライラしないように大きな心を持つことが大切です。

そのためには睡眠をたっぷり取ることを忘れないようにしてくださいね。

あとは相手の立場で考える癖をつけましょう。

それは人間関係を良くするだけでなく、あなた自身の物の見方を合えることができますし、新しい発見もたくさんできるかもしれません。

おしゃれの仕方が間違っている


これもありがちな失敗ですが、自分が見えていない人はオシャレの仕方も間違いがちです。

自分は自分なりのオシャレで個性を貫きたい!と思う方はそれでいいと思いますが、中途半端にモテることを意識するのもやめた方がいいでしょう。

まずモテたいのならば清潔感が大切です。

そのためにはごちゃごちゃと飾り立てるより、シンプルな美しさをまず身に付けましょう。

個性をだすのはそれからでも遅くはありません。

一番簡単にモテるファッションを身につけるには、たくさんの女性ファション雑誌の中から、男性だったらこんな女性に惚れるだろうな。

とかこんな女性を連れて歩けたら嬉しいだろうなと思う女性を探してください。

そんな女性達が数多く登場する雑誌があれば是非購入して真似てみて下さいね。

卑屈で八方美人

モテない人の典型的な人物は卑屈な人です。

私ってブサイクなんで、私って太ってるんで、私オシャレじゃないので・・・
とか色々言っている女性は要注意ですよ。

自分は可愛いとわかってて「私みんなみたいに可愛くないんで」なんて言っている人よりも本当に自分はダメだと思っている人の方が正直イタイです。

だって相手の立場で考えたら、答えに困るのがわかりますよね?
本当に可愛いと思える子なら「いやいやそんなことないよ十分可愛いじゃん」とか「可愛いってわかってて言ってるでしょ」とか返しやすいですが、
本当にそこそこだと思う人にはフォローに困りますよね。

相手に気を使わせるくらいなら卑屈な言葉は本当にやめた方が自分のためです。

自分の短所より長所をピールする方がよっぽど周りにとっても反応しやすいですし、
本当に素敵な長所の場合は、あなたの魅力に気付いてももらえますよ。

「私美味しいお店たくさん知ってますよ」とか「私頑張ってゴルフの練習してるんです」とか「趣味で○○通い始めたんですよ」とか前向きな発言は思い出してもらいやすいですし困った時に誘いやすいですよ。

「イタリアンのおいしいお店って知ってる?」「今度のコンペに人足りなくて一緒にラウンドしてくれない?」とか「この間言ってた○○実はクライアントも趣味で通ってるらしくてちょっと教えてくれない?」とかチャンスが広がる可能性がありますよね。

だから思い当たる人は卑屈な発言は今日からやめて前向きな発言を意識しましょう!

次に八方美人はあなたの好きではない人にモテることがあっても、あなたの好きな人からはモテない可能性が高いです。

これは思い当たる人が多いんじゃないでしょうか?
八方美人の何が悪いかと言うと、気になる異性に、特別だと思ってもらえないところです。

みんなに気を使ったり、みんなが気持ちよくいられるようにと気を配るのは素晴らしいことですが、気になる異性には、違いを出さなければ進展しません。

僕は特別なのかな?いや違うのかな?どうなんだろう?くらいに思ってもらわないと、気にはなってもらえません。

八方美人はそこそこにして、はっきりと出さなくても好きな感情はにわかにわかるくらいには表現することをお勧めします。

「何を考えているのかわからない」と言われる

先程述べた八方美人にも多く当てはまりますが、何を考えているかわからない人は敬遠されがちです。

つい人に合わせすぎたり、自分の意見が言えない人は、周りの人から見れば意見のない人に映ります。

人は自分の意志をはっきり持った人に心引かれるものなので、何を考えているかわからない人には惹かれないどころか、優先順位もどんどん下がってしまいます。

恋愛だけでなく、人生でも損をすることが多いので気をつけましょう。

また天然女子にありがちな話のキャッチボールが出来ない現象は、それを可愛く思える男性以外にはまったく効き目がなく、ただただめんどくさい人、になってしまう可能性があります。

落ち込みやすい

これはすごく困る特徴ですね。

落ち込みやすい人は扱いにくく、気を使って話をしなければならないので、いつまでも壁がなくなりません。

つまり仲良くなれないのです。

また落ち込みやすい人の周りからは人が遠ざかってきますので、自然と出会いや会話のチャンスも逃して行くのです。

だってもし自分だったら暗い人の横にいるのは疲れますよね。

負のオーラをもらってしまいそうでできれば近づきたくないですよね。

もしなに怒られたり、イライラすることがあったとしても、気分を上手く切り替えられるように練習して行きましょう。

そのためには失敗や困難も自分の未来のためだと思うようにすることです。

一度失敗しておけば同じ失敗を大事な時にしなくてよくなります。

苦しい困難もそれを乗り越えれば、そんなこともあったなという過去になります。

様々な宇南は自分を強くしたり、レベルアップさせるためのツールだとおもうようにすることで前向きなパワーに変えていくことができますよ。

モテる女性になるためすべきことをご紹介


では次は会話に付いてお話したいと思います。

男性に好感をもたれる笑顔を身につけたあなたがまだモテないとすれば、それは話していて退屈だからに違いありません。

まず外見から入る男性が多いのも事実ですが、会話を楽しめなければ興味は続きません。

話していて楽しくない人とは友達にすらなれないのです。

だから外見より中身重視する男性には見た目だけ可愛い女性より、見た目がそこそこでも楽しい女性の方が選ばれるのです。

では話が楽しいとか、退屈とは何で決まるのでしょう。

話の内容については趣味や好みも違えば人それぞれなので一概には言えませんが、どんな人を相手にしてもモテる人はみな共通して聞き上手だったりします。

つまり相手に喋らせるのが上手いのです。

知らないうちにたくさん喋っているなんてことになれば、この人とは話が合うとか、喋りやすいなんて思ってもらえます。

もともと人は誰かに話を聞いてもらいたい生き物なので、聞き上手になるだけで格段にモテ度はあがると言えます。

では実際に相手に喋ってもらうにはどうすればいいのでしょうか。

それは「質問上手」になることです
これはやたらなんでも聞く事とは全く違います。

質問攻めは相手を窮屈に感じさせるうえに、相手に探られていると感じられて壁を作らせてしまうことがあるからです。

上手に質問するには自分の話や意見を織り交ぜながら、相手に質問するように心掛けて下さい。

それからはその会話に沿って質問を広げながら、相手に対する自分の返事を繰り返していきます。

そーすることで話を聞いていたはずが、気付けば自分がたくさん話してた。

という状況を作りあげることができます。

例)○○さん。

この間話しにでていたカフェに行ってみたんですがお休みだったんですよ。

水曜が定休日なんですかね?
「あーそうだねたしかあのお店は第2と第4水曜が定休日なんだよ。」
そーだったんですね。

○○さんすごく詳しいですね。

お昼休みによく行かれてるんですか?
「いや実はあの店のオーナーと同級生でたまに飲みに行ったりしてるんだ」
じゃあもしかして○○さんもカフェは行ったことがないんですか?
「いや1度だけ有るよ。でもそれから行けてなくて、また行かないととは思ってるんだけどね。」
そーなんですか?じゃ今度行く時にご一緒してもいいですか?
「もちろん!あのお店は女性も多くて一人ではちょっと入り辛かったんだ」
そーなんですね。

ならお互いちょうどよかったですね♪
来週あたりどうですか?
「いいね!じゃ来週の月曜昼休みにここで待ち合わせね。」

なんて感じで上手く質問を繰り返すことでうまく自分のペースを作っていくことも可能ですよ。

この会話で大事なポイントはあくまでも私はあなたが以前話していたお店に行ってみたいと思っているというところ。

あなたではなくお店に興味があるというところなのです。

相手の男性からすればあなたに気があってもなくても誘いを受けやすくなるメリットがあります。

気に入られてなくても一緒にいる時間を増やさなければ見てもらうことなんでできません。

気に入られているかもと思うまではあまり女性を出さず、つまり女性としてあなたに見てほしいと言う感情を隠して、うまく誘って、まずは気付いたらよく一緒にいるなという状況を作っていきましょう。

なぜなら相手には好きな人や彼女がいるかもしれません。

その場合、あなたを男性としてみてますよ、私を好きになってください。

という感情を感じ取らせてしまったら、相手に警戒されますし、一度警戒されてしまうとなかなか誘いには乗ってもらえません。

まずは女性としてみてもらえていなくても、人間的に好意を持ってもらって、良く一緒にいられる環境を作りましょう。

モテるために、常に明るく

またモテる女子は常に明るく周りを元気にさせる雰囲気があります。

朝あった人が笑顔で挨拶してくれるのと、しんどそうな顔で会釈されるのとでは印象は大きく違いますし、もちろん前者の方が相手の気分を明るくしてくれます。

人は鏡なので、好意的な態度をされると相手に好意を持ちますし、嫌な顔をされれば相手のことを苦手に思うことも普通にありえます。

だから好かれたいなら自分がされて嬉しいと思う態度を自分からしていけばいいんですね。

陰のある女性やお高い女性に憧れている女子もいるかもしれませんが、それはまずモテてからの話です。

モテたいのならばまずは常に笑顔で明るく振る舞うようにしましょう。

嫌な顔は周囲も嫌になる

知らないうちにしている可能性がある嫌な顔。

これは自分が興味ない人や第三者などにしていることはないでしょうか?
基本的に陰口や、人のことを見下したり、バカにしたり、嫌な顔をしたりしていると、
必ず誰かは見ています。

性格の悪い人が好かれないのは当たり前ですよね。

まずは心の綺麗な人になれれば一番良いですが、どうしても人の欠点が許せなかったり、お広い気持ちで他人を見ることが出来ない人は、せめて嫌な顔をしないように心掛けましょう。

嫌な顔は周囲までもを嫌な気分にさせますし、人を蔑む行為はあなた自身の価値を下げているのと同じです。