ある時ふと自分の顔を鏡で見て、「あ!シワができてる!」って焦ることありますよね。

笑ったときにシワができるのは当たり前です。

人はいろいろな表情によって魅力的に映るものですが、普通の真顔になった時にもそのシワが残っている、知らないうちにシワが取れなくなっている、ということがあると、もうかなりショックを受けますね。

「笑いシワは幸せの証拠だから大丈夫よ♪」なんて、友達に言われたって自分では絶対納得できません。

シワがあると、いっきに老け顔に見えるし、自分でも鏡を見るのがイヤになります。

目元のシワは、カラスの足跡なんて言われることもあって、それに悩んでいる友達が過去にいて他人事だと思っていたあなたも、いつかは自分の目元にできている時には、きっと何とかしたい!と思うことでしょう。

では、目元のシワってどうしてできてしまうのでしょうか?

さらに、どうやって無くすことができるんでしょうか??

いつまでも若々しく、目元のシワなど気にせずに笑っていたい人のために、美容のためにしたいことについてご紹介します。

️目尻にシワを作らないために

若いときには、シワなんて全く気にする必要なんてなかったのに、20代も半ばになるとどんどんと肌の衰えを感じませんか?

20代を過ぎれば肌は下り坂・・・なんていう恐い話はよく聞くので、一生懸命お手入れされている方も多いでしょう。

しかし、しっかりお手入れしているつもりでも、ある時ふと自分も目元を見て、「あれ?シワができている!?!?」って気づいてしまうこともあります。

目元、口元って乾燥しやすくすぐにシワができてしまう部分ですよね。

笑うときにも、シワが入りやすい部分でもあるのですが、若い時にはいくら大笑いしたところで、そのシワが残るなんてことはめったになかったでしょう。

しかし、30代にもなるとその笑いシワがずっと残ってしまう・・・という現実に直面するんですよね。

だからと言って、笑わないなんてできません。

まだまだ続いていく長い人生、いっぱい笑って、いっぱい怒って、表情豊かに自分らしく生きていきたいものです。

だから、やっぱり目元にシワなんて残していられませんよね!

目尻のシワは老けて見える


目元というのは、人の顔の印象を大きく変える部分ですよね。

目元がキレイだと、顔全体が美しく見えます。

目がキレイな人は、魅力的です。

だからこそ、目元のプチ整形が人気なんです。

その目元に、少しでもシワが入るとやはり、すごく老けて見えてしまいます。

目元のシワは、カラスの足跡なんていって目じりからこめかみに放射線状にできやすいんです。

笑ったり、力を入れて目をつぶったりするときに目元に、たくさんのシワが入ってしまうんです。

笑った顔は、その人を一番美しく見せる表情なのに、シワがたくさん入ってしまうと笑顔が素敵であったとしても、残念ながらすごく老けた印象になってしまいます。

老け顔の人は、このカラスの足跡と言われる目元のシワが入っていることも少なくありません。

やはり肌にはハリ感とか、ふっくら感ががあると、若々しい印象になりますが、シワシワだとすごく年を取った印象または疲れ切っている印象を与えてしまいます。

どうしても、目元というのは人からいつも見られるところでもありますし、顔全体の印象を左右するところなので、目元にシワができ始めているなら即刻!ケアをする必要がありますね。

さらに、まだシワは入っていないという人も、30代にもなればいつ何時、目元にシワができてしまうかわかりません。

シワを作ってしまう前に、しっかりとケアをしていつまでも笑顔が美しく魅力的で、シワのない目元をキープしましょう。

️目尻のシワの原因

誰でも、知らないうちにできやすい目元のシワ。

20代の時には全然気にする必要もなかったかもしれませんが、30代にもなると気を抜くとすぐに出現してしまう可能性があります。

目尻から放射線状に入ってしまう、通称”カラスの足跡”はどうしてできてしまうのでしょうか??

皮膚が薄い


一つの原因は、皮膚が薄いということです。

きっと皆さんも顔の皮膚は、他の部分よりも薄くデリケートな部分であることを知っておられるでしょう。

だから、強くこすったり、強い刺激を与えるとすぐにダメージを受けてしまいます。

どのくらい皮膚が薄いのかというと、人の皮膚は表皮、真皮、そして皮下組織の三層になっています。

その表皮と真皮を合わせる厚みは、足の裏がもっとも暑くて3ミリくらいと言われています。

他の体の部分では平均して2ミリくらいだそうです。

では、お顔は?というと、なんと目元なんて0.6ミリだそうです!!

顔の中でも目元が一番薄いといわれています。

お顔の中でもほほと比べるとなんと3分の1くらいしかないんです。

表皮だけでいえば、なんと0,02ミリだそうです。

表皮が0.02ミリで、真皮と合わせても0.6ミリしかないなんて、そりゃあ、雑に扱ったらすぐにダメージをくらってしまうわけですね・・・。

だから、目元というのはいくらクレンジングで頑固なアイメイクを落とすときにも、「絶対にこすらない!」が掟なんですね。

こすってしまうと、それがすぐにシワの原因になってしまいます。

眠たい時や、疲れているときにゴシゴシと目をこすってしまうクセがある人も気を付けたほうがよさそうですよ!

さらに、皮膚が薄い分紫外線などのダメージがすぐに新皮層にまで到達してしまい、すぐに紫外線ダメージもうけてしまうそうです。

汗腺が少ない

運動をしたり、熱い食べ物を食べると体中から汗をかきますよね。

顔にも汗をかく人もいます。

おでことか、鼻の下に汗をかきやすい人は多いですが、目尻から汗をかく人はほとんどいません。

目の下に汗をかくという体質の人もいますが、目の横はなかなかいないでしょう。

それは、目の横、目尻のほうには汗腺がすくないからです。

汗腺とは、汗を分泌する皮膚線の一つです。

人間のカラダは、汗腺から発汗することにより体温調節を行っています。

汗をかく量というのは、体質とかストレスとかが関係したりして、人によりそれぞれです。

いっぱい汗をかくと、ベタベタするし、汗が流れて恥ずかしいと思ってしまいますが、汗を全然かかない場所というのは、逆に乾燥しやすいということになります。

それで、汗腺が少ない目尻は乾燥が進みやすいわけなんです。

皮脂腺が少ない

目尻は汗腺もそうですが、皮脂腺もすくないです。

皮脂腺というのは、皮膚を滑らかにするために分泌される皮脂を分泌する皮膚腺の一つです。

この皮脂腺というのは、手のひらと足のうら以外には全身にあるようです。

皮脂というのは脂肪酸とコレステロールが成分で、毛や皮膚を滑らかにし、うるおいを与えます。

やはり、あまりにも分泌されすぎると脂っぽいということで嫌だけど、お肌を乾燥やダメージから守ってくれる大切なものなんですよね。

その皮脂腺が少ない目尻というのは、つまり乾燥しやすいということです。

瞬き

目元は常に動いています。

瞬きをしないで目を開けていられる人なんていませんものね。

人は一日にどのくらい瞬きをしているか、ご存知ですか?

じつは、一日に1万5000回以上しているそうなんですよ!

つまり、一か月を30日と考えても、少なくても45万回、では1年365日だとすると、なんと547万5000回ということです!

実際にはそれ以上していることでしょう。

そんな毎日1万5000回~2万回くらいは瞬きをしていると考えると、それだけ皮膚が伸びたり、戻ったりしているということになります。

それだけ動いて入ればシワが入りやすいのも無理はないですね・・・。

目の疲れ

仕事柄、常にパソコンを見ている方は、毎日目が疲れているのではありませんか?

ずっとパソコンやスマホなどの画面を見ていると、眼精疲労を起こしやすくなります。

仕事だけでなく、スマホを常に見ている人もそうですね。

さらに、読書をしたり、テレビを長時間見るという行動によっても目の疲れが起こります。

その目の疲れが目元のシワの原因になっていることがあるんです!

目は涙によって潤いが保たれています。

しかし、涙が十分ではなくなると目が乾燥し、目がどんどんと疲れます。

さらに、目の疲れというのは血流を悪くします。

その血流の悪さが、目元のくすみになったり、乾燥につながるのです。

スマホを長時間見続けると、目の周りの血流が悪くなり目元に必要な酵素とか栄養が届かない状態になり、若くても目元が老けて見えることがあるので注意が必要です。

なので、パソコンやスマホの画面を見続けないように、適度に休憩をはさんで目を労わりましょう。

さらに、度があっていないメガネやコンタクトを使用しても目が疲れたり、見えずらいために目を細めることによって、目元のシワが入りやすくなることもあるので注意しましょう。

目もとの乾燥

皮膚がすごく薄くて、さらに汗腺・皮脂腺ともに少ないということは、とにかく乾燥しやすく、ダメージを受けやすい部分であるということなんですね。

そして、目元というのはスキンケアでも見落としがちな箇所でもあります。

化粧水をつけたり、乳液やクリームをつけるときにも、顔全体につけているつもりでも、実は目の際には手が行き届いていないということもあります。

しっかりと意識して、目元の際までしっかりと丁寧にスキンケアをしているでしょうか?
今まで目元のシワなんて気になったことがない人や、シワなんて自分とは無関係と思っていた人は、もしかしたら目の際に注意していなかったかもしれません。

もともと乾燥しやすい箇所でもあり、さらにスキンケアで手が行き届いていないとなると、やはり小シワが最もできやすい所になってしまいますね。

お肌は、乾燥すると角質が固くなってしまいます。

角質が固くなったお肌は、弾力を失いシワができやすくなるんです。

そして、それをほっておくと深いシワになってしまいますので、乾燥肌の人は特に保湿をしっかりと行いたいですね!

加齢

どんなにお肌がきれいな人にも訪れるのが、加齢です。

加齢は女性たちにとって、敵のような存在ですよね。

でも、誰にも止めることができません。

加齢により、お肌は老化してしまいます。

コラーゲンやエラスチンというお肌のハリを保つものが低下してしまいます。

そうすると、若い頃はピチピチで弾力のあったお肌も、弾力を失いたるんでしまったり、シワが入ったりしてしまうのです。

お肌の老化を100%防ぐ、ということはできないでしょう。

しかし、じつは多くの人が本来のお肌の老化スピードよりも早く、お肌が老化してしまっているという現実があります。

確かに、同じ年齢なのにお肌がまだキレイで、ふっくらとしている人もいるのに、逆にすごく年を取って見れるほどお肌が老化してしまっている人もいますよね。

それは、お肌が老化するという原因以外に、さらに乾燥やダメージなどが積み重なっているからです。

人の肌は老化だけでなく、紫外線などのダメージによって老化してしまいます。

それで、加齢は確かに避けられない現実なのですが、加齢によりお肌の老化のスピードを早めかねない他の要因というものをちゃんと防ぎ、お肌の機能を低下させないように気を付けるなら、できる限り若々しいお肌を保つことができるでしょう。

️目尻にシワを作らないための5個の注意

目尻というのは、お肌の中でも得に皮膚が薄くて、乾燥しやすい部分だということがわかりました。

皮膚が薄い分、すぐに紫外線ダメージの影響を受け、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすくなっています。

目をこすったり、瞬きをしたりすることによって、どうしてもシワが入りやすいわけですね。

加齢によりお肌の老化というのは、ある程度は受け入れなくてはいけませんが、加齢による以上にお肌の老化スピードが早くなっている人がほとんどです。

なので、ある時急に、目尻にシワが入っていることに気づくこともあるでしょう。

では、どうしたら目尻のシワを防ぐことができるのでしょうか??

目もとの保湿をしっかり行う

まずはなんといっても、保湿です!!
乾燥した肌は、弾力とハリが無くなり、表面に皮膚の溝ができやすくなります。

皮膚は乾燥すると固くなり、そのままにしておくとシワがどんどんと深く、濃くなってしまいます。

だから、まずは乾燥を防ぎましょう。

そうなる前に、しっかりとお肌に水分を補給してあげましょう。

毎日のスキンケア

目元の保湿のためには、毎日のスキンケアが欠かせません。

みなさんは、毎日朝と晩に丁寧なスキンケアを徹底されているでしょうか?

忙しいとついつい簡単に済ませちゃったり、今日はしょうがないと言って保湿もままならない状態で、お化粧をしてしまったりすることはありませんか!?

スキンケアはちょっと手間がかかるので、忙しい方にとったら、めんどくさいと思ってしまうことかもしれません。

でも、そのめんどくさいが重なると、まだ若いのに目元にシワが入って、すごく老け顔になってしまう可能性があります。

それで、毎日のスキンケアを習慣にしましょう。

毎日の積み重ねが、若々しいお肌を保つ秘訣になります。

目もとはウッカリしがち

特に、目もとというのはウッカリしがちなポイントでもあります。

顔全体に化粧水をパタパタと乗せるときに、目もとにまで行き届いていないということがけっこうあります。

頬っぺたとか、おでことかにはしっかりと化粧水などが行き届いているけど、パンパンと手早くしてしまうと、口もとの際、目もとの際には全然行き届いていないということがあるんですね。

でも、その口もと、目もとこそがシワができやすい部分なのです!

なので、スキンケアをする際には、ぜひ目もとの際にまでしっかりと保湿成分をしみ込ませることを意識しましょう。

化粧水を入れ込む

洗顔の後は、化粧水をつけましょう。

お肌が乾燥していると、シワができやすくなります。

それで、お肌が乾燥しにくいような状態になるように、保湿力に優れた化粧水を選びましょう。

保湿成分とういと、最近ではセラミドが有効成分として人気ですね。

体の水分と各層にあるセラミドが結合することによって、お肌がうるおうそうです。

しかし、このセラミドというのは老化によって体の中には減少するらしいです。

老化による減少はしょうがないことなので、こちらが体の外から補給してあげればいいですね。

ということで、乾燥にはセラミドが含まれる化粧水などを使うことがすすめられています。

例えば、化粧水の裏を見て、セラミド2、あるいはセラミド3という表示があるか確認してみましょう。

さらに、保湿成分としてヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンといった成分が入っているものもおすすめです。

さらにビタミンⅭ誘導体は、お肌のハリを出し、美白効果もあります。

化粧水の塗り方ですが、コットンあるいは素手を使います。

でも、コットンは繊維がお肌を痛めることがあるので、できるなら直接手を使って化粧水をつけるほうがいい、と考える専門家もいます。

さらに、化粧水を浸透させたいとおもいますが、手で一生懸命にゴシゴシするのは絶対にNGです。

お肌をひっぱたり、たたいたりすることによって、またダメージを与えてしまうことになります。

それで、手のひらに500円ほどの量の化粧水を取り、額、頬、鼻、口もと、目もと、顎に軽く抑えるようにしてつけていきましょう。

目もとの際までしっかりと浸透させるように意識しましょう。

乳液やクリームを塗る

化粧水の後は、乳液やクリームでさらに保湿します。

保湿クリームを塗る際には、顔の5か所にまず置いてから全体になじませることができます。

一回分をまず指にとりましょう。

そうしたら、額、鼻、左頬、右頬、下あごにクリームをのせます。

それを広げるような感じで、顔全体に伸ばしていきましょう。

やはり、この時にも目もとの際にもしっかりと伸ばすのを忘れないでください。

もちろん、強くこするようにしてつけたり、擦り込むようにしてはいけません。

赤ちゃんの肌の触るようなイメージで伸ばしてください。

量をケチると伸ばしにくくなって、肌の摩擦が起きることもあります。

でも逆に多すぎると、ベタベタしたりテカリの原因になったりするので、適量を守ってつけましょう。

押さえ込むように

乳液やクリームを伸ばしたら、少しお肌に定着させるようなイメージで、押さえ込むようにします。

もちろん、ここでも力は入れませんよ。

軽く、やさしく、押さえる程度です。

目もとのマッサージ

目もとのシワ改善のために、得に目元は保湿成分を浸透させたいですよね。

それで、目もとのマッサージなども進められることがあります。

目もとのマッサージによって血流をよくしたり、目の疲れを取ったり、筋肉がこわばっているのを改善したりすることができるでしょう。

しかし、このマッサージですが素人がやってしまうと、時に力が強すぎたり、間違った方法でやることにより逆にお肌を痛めつけることもあります。

それで、目もとのマッサージをするのであれば、自己流はやめたほうがよさそうです。

エステなどで教えてもらったりすることもできるでしょう。

さらに、最近は動画などでも方法を紹介してくれていたりします。

それで、自分で一生懸命にぐるぐるとマッサージするのは逆効果になってしまう恐れがありますので、正しいやり方を確認しながら行ってみましょう。

指で押す

マッサージの一つに、指でツボを刺激するという方法があります。

間の周りにもツボがたくさんあるんですが、血流を良くしたり、目の疲れが取れるツボがあります。

指でツボを刺激する場合でも、まずはアイクリームを塗りましょう!

そのままの素肌では肌を痛めてしまう可能性があります。

アイクリームを指に取り、人肌で少し温めて、目の周りに伸ばします。

クリームによって指がするすると動くからといって、力を入れてゴシゴシしてはいけません。

指に力を入れずに動かし、ツボを3回ほど押します。

目頭のくぼみにあるツボは”攅竹(さんちく)”といって、疲れ目の改善に効果的です。

目尻から横に1cmずらしたところにあるのが、”瞳子りょう(どうしりょう)”というツボで、肌荒れ改善に効果的で、乾燥肌、目尻のこじわ、たるみにいいと言われています。

さらに、眉尻のあたりのくぼんだ所にある”しちくくう”というツボは、顔のむくみをとってくれたり、シミや目尻のシワ予防になるそうです。

指で流す

指でツボを刺激した後は、リンパにそって流すことができます。

目の下、目の上をやさしくやさしく指でスライドさせせていきます。

そのと、こめかみを3回ほど押してみましょう。

リンパの流れを良くすることによって、目もとの血流を良くすることができます。

目もとの皮膚はデリケート

しかし、この指で流すということも、やりすぎや力の入れすぎによって逆にシワができやすいお肌にしてしまうことがありますので、絶対に正しいやり方と、クリームをつけて行いましょうね。

特に目もとの皮膚はデリケートなので、ひっぱたりしてはいけません!

よく、目もとのシワをとるために、目もとをグイっと引っ張ってお手入れしているのを見かけますが、それがもうすでに目もとにダメージを与えているのです。

マッサージをするときにも力を入れすぎると、簡単に皮膚が伸びます。

それで、専門家の中には目もとのマッサージはやらないほうがマシ、と言っている人もいるくらいです。

そのことを考えると、やはりマッサージをするとしたら、とにかくやさしく、やさしく行いましょう。

爪にも気をつけながら

女性の中には、メイルをしている方もいるでしょう。

指先が美しい女性は、素敵ですよね。

しかし、ネイルをしていて爪が長いと目もとのマッサージをしたり、ツボを押したりするときにメイルが刺さってしまったり、爪でガリっと肌を傷つけることもあるかもしれません。

なので、化粧水をつけたり保湿クリームや乳液をつけるときもそうですが、指の腹を使うようにして行いましょう。

UVケアをする

毎日のスキンケアは、洗顔後だけで終わりというわけにはいきません!

シワを作らないためには、徹底的なUVケアが必須です!

なんと、紫外線というのがお肌のシワを作る大きな原因でもあるんです。

じつは、年齢が上がっていくにつれてシワができてしまいますが、その原因の80%は紫外線にあるというのです!

もうほとんどですよね!

それで、乾燥対策だけでなく、紫外線対策をしていないと将来シワだらけのお肌になってしまいます。

紫外線の中でも、UVAとUVBという波長が地表にまで到達しています。

そして、UVAというのが表皮の下、真皮層にまで届いてしまいコラーゲンやエラスチンを変性させてしまうんです。

それも、徐々に・・・。

だから紫外線を浴びてすぐにはわからないけど、年を重ねた時にその長年のダメージは表面化します。

UVBというのは表皮の中にあるメラニンを酸化させて、肌を黒くする紫外線です。

UVBによって肌の表面が傷つき、乾燥を引き起こします。

それで、UVAもUVBもお肌にダメージを与え、シワの原因になることは間違いありません!
なので、UVケアは肌の老化を早めないために、さらにはシワを作らないために絶対に欠かせないスキンケアということになります。

毎日日焼け止めを塗る

そこで、紫外線によるダメージを防ぐために、日焼け止めを塗りましょう。

みなさんは毎日日焼け止めを塗っていますか!?

くもりの日や、冬でも塗っていますか?

紫外線が強くなるといわれる春や夏などの外出時には塗っているという人も、家にいるときや、冬場などはおろそかになっていることもあるかもしれません。

しかし!
空が曇りであっても、そして家の中にいても紫外線は降り注いでいます。

つまり、毎日私たちは紫外線を浴びているのです。

その時には肌が焼けていないから、紫外線のダメージを受けていないと思っているかもしれませんが、先ほども紹介した通り、紫外線によりダメージは徐々に表れてきて、何もケアをしてこなかった結果を後で刈り取ることになってしまいます。

それで、毎日日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

つまり、紫外線を表皮や真皮層にまで到達させないようにするのです。

でも気を付けたいのが、だからと言ってSPFとPAの数値が高いものを毎日つけてしまうことによって、お肌への負担をかけすぎるということです。

数値が高いということは、それだけお肌に負担がかかるです。

それで、数値というのは高ければ高いほどいい、というわけではありません。

シーンに合わせた数値のものを選ぶようにしましょう。

目もとのパックをする

さらに、目もとのシワ対策のために、目もとのパックをすることもできるでしょう。

アイクリームなどもたくさん売っていますよね。

目もとはデリケートかつシワができやすい箇所なので、それだけ特別なケアを進められているということです。

アイクリームは自分似合ったものを見つけたいと思いますし、アイクリームと同じような有効成分が入っている顔全体の保湿クリームを使っているなら、それだけで十分という専門家もいます。

さらに、目もとのパックができるアイテムも登場しています。

目もと専用パック

目もと専用パックというのは、目もとのシワの改善、さらにはクマやたるみなどの改善のためにある、目もと集中ケア用品です。

現代人は目を酷使していますし、目もとを定期的に集中ケアしてあげることで、シワを作らせないようにすることができるでしょう。

目もと専用パックには、シートタイプ、クリームタイプとあります。

さらに、蒸気によって温める効果があるものもあります。

DHC濃密アイゾーンケアパック

例えば、「DHC濃密アイゾーンケアパック」は、目の周り全体をケアすることのできるシートタイプのパックです。

2枚のシートの間にクリームがサンドして会って、目尻だけでなく、目の下とまぶたも一緒にケアできるようになっています。

4種類のマルチペプチドや、保湿成分のナノトリプルモイスチャーが配合されていて、乾燥により小シワを目立たなくしてくれます。

さらに、ナノコラーゲンやナノヒアルロン酸、ナノエラスチンなども配合されているので、肌がうるおいます。

両目6回分が入って、通常価格税込み1490円で販売されていますよ。

https://www.dhc.co.jp/sph/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22624&sc_cid=ls_gl_sph_brand_008252&adpcnt=7qb_1vePI&_adp_c=wk&_adp_e=c&_adp_u=p&_adp_p_md=675&_adp_p_cp=12746&_adp_p_agr=274126&_adp_p_kw=6191505&gclid=EAIaIQobChMIiaK11aTE1gIVwX-9Ch1-gAZlEAQYASABEgLtA_D_BwE&gclsrc=aw.ds

ビオレ寝ている間に目もとうるおい浸透バック

「ビオレ寝ている間に目もとうるおい浸透バック」も、シートタイプの目もと集中ケア用品です。

美容液成分をたっぷりと閉じ込めたジェルシートが目もとにフィットします。

寝ている間ずっと潤いを保ち、各層まで潤いを届けます。

貼って寝るだけなので、すごく簡単だし、忙しい人にもいいですよね。

乾燥による小ジワを目立たなくするための商品です。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B013DQS7Z2/ref=dp_ob_neva_mobile

ホットアイマスクをする

ホットアイマスクも、人気商品ですよね。

蒸気の熱でじわ~っと温かくなり、目もとの疲れをとってくれます。

血流がよくなることで、目もとがリラックスするとともに、栄養が行き届くようになるでしょう。

ホットアイマスクも、無香料のものから、癒される香り付きのものもあります。

新幹線や飛行機などの長距離の移動時など、オフィスでの休み時間など、目が疲れてしまったときにぜひ使いたいアイテムです。

️目尻のシワをしっかり予防

目もとのシワができてしまうとすごく気になりますよね。

一生懸命に毎日を過ごしていると、スキンケアも忘れガチになったりすることもあるかもしれません。

でも目もとは、乾燥しやすくそしてすごくデリケートです。

それで、毎日の保湿ケアや紫外線対策を忘れてしまうと、知らないうちにシワができてしまうことがあります。

それで、目もとは特に保湿をして、時には目もとのパックなどをしながら対策をしましょう。