日本人の美徳の中に、つつましやかな心と言うものがあります。

思慮深く、物静かなその佇まいは、日本人ならではだと言われており海外にはあまりない考え方の一つです。

この考え方によって、自分の意見をガツガツいう事ははしたないと考えられており周りとの兼ね合いを考え行動する事が大事だとされています。

確かに、日本人は海外の人と比べるとあまり意見を言わない傾向にあります。

本音と建前そ使い分ける事によって、意見がぶつかり合う事を避け平和に解決する事が出来る道を探しているのです。

だからこそ、多くの人たちは落ち着いた生活をする事が出来て居るのかもしれません。

なんでも間でも本音をぶつけ合う事は、喧嘩にも繋がりやすいからです。

ですが、そのつつましやかな性格も良い事ばかりではありません。

つつましやかな性格も、それをこじらせてしまうと遠慮ばかりする人間になってしまう事がしばしばあります。

遠慮してしまう原因としては、自分の意見に自信がなく他の人に責められる事を避けて要る傾向にあるからでしょう。

また、意見を言う事によって責任を持ちたくないという保守的な考え方もあるのかもしれません。

遠慮ばかりしていると、いつの間にか自分の意見を言う事が出来なくなってしまいます。

そうなってしまうと周りに合わせるばかりの人生になってしまい、思った事を実現する事が出来なくなってしまいます。

相手との関係は、衝突なく過ごす事が出来るかもしれませんが、果たしてそれは本当い良い人生だと言えるのでしょうか。

自分の人生の主役は、あくまでも自分自身なのです。

その事を忘れずに、遠慮ばかりしてしまっている人は、自分の意見をしっかりっと伝えてみる努力も必要です。

中には、何が遠慮すべきで何が遠慮すべきではないのかがわからず全てを遠慮するという形で過ごしてしまっている方も居るかもしれません。

そこで今回は、遠慮すべきこととそうでない事を例に挙げてご紹介させていただきたいと思います。

自分の行動に自信が持てず悩んでいる方は是非参考にしてみてださい。

ついつい遠慮してしまってませんか?

日々生活している中で、自分の思った通りに過ごす事が出来て居る人は一体どの程度いるのでしょうか。

大概の人は、自分の事だけを考えて決める事が出来ず、周りの人や自分の家族などの意見を尊重してしまっているのではないでしょうか。

私たちは、自分一人で生きているわけではありません。

その為、他者の意見を聞きそれを尊重する事もとても大切な事になります。

ですが、それをあまりにも意識してしまうと、自分自身の意見が何だったのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

自分の意見を持つ事が出来ないと、全ての事が他人任せになってしまいます。

その為、日々の生活にやりがいを見出す事が出来ずつまらないと感じてしまう事もあるでしょう。

思慮深く、相手の気持ちを尊重するつつましやかな性格を持つ事は大事な事ですがそこばかりを意識していては、結果として自分をダメにしてしまう事もあります。

遠慮は日本人の美しい心

日本人の多くの方は、本音と建て前使い分けています。

実際には嫌だと思ってもそれを直接的に伝える事は出来ず、相手の意見に流されつつ過ごしてしまっているのです。

この内向的にも見える性格ですが、これは日本人ならではの性格であり美しい心の一つとしても考えられています。

というのも、相手の事を考え遠慮する事は日本人としの美徳を感じさせる行為であり自我を通し過ぎないことが人として必要だと考えられてるからです。

その考えは、日本に昔から伝わる武士道・茶道・華道など様々な礼儀に関する中でも共通して考えられている事であり、それによって奥ゆかしい日本人ならではの美しい心を作る事が出来るとされています。

しかしながら、私たちの世界は日々進化しています。

昔は美徳を感じる行為であった遠慮の精神も最近では自分を持っていないとしてマイナスに評価されてしまう事もあります。

その為、あまりにも遠慮ぶかい性格の人は、今の日本では潰されてしまう事もあるかもしれません。

相手の事を考え、自分の意見を抑える事は素晴らしい事でありとても懐の深い人間がする事です。

ですが、その気持ちが報われない世界になりつつあることも自覚しておかなければならないかもしれません。

全て遠慮してしまうのはつまらない人間

昔は、自分の意見を主張せず遠慮する事の事を評価する傾向がありました。

『つつましやかな性格』とも呼ばれ、それが日本人の美徳と考えられていたのです。

ですが、日本は日々進化を遂げています。

海外からの考え方が多く入ってきたこともあり、より強く自分の意見を主張する事が大事だと言われる様にもなってきたのです。

その為、自分の意見を主張しない人はあまり良いとされない事も多くなってしまいました。

そればかりか、自分の意見を主張しない人の事をつまらないと感じるようにもなってきた程です確かに、全てを他人の意見に合わせる事によって自分の意見を持つ事が出来ない人はある意味ではつまらない人間なのかもしれません。

しかし、一方で自我が強い自分の意見を言う人ばかりがあつまってしまったらどうでしょうか。

それはそれでまとまりの無い集団にになるだけではなく、争いが絶えない状態になってしまう事もあるでしょう。

自分の意見を主張する事は、確かに大切な事です。

ですが、それをしない人が居てくれるからこそ自分の意見を主張する事が出来るという現実も忘れてはいけないポイントの一つでしょう。

自分の意見をなかなか言う事が出来ない人も、それがあなたの良い所であることには変わりありません。

とはいえ、あまりにも意見を言わない事は結果てきに自分にとってもマイナスになってしまうので注意をしていきましょう。

遠慮すべきところとすべきでないところがある

どんなことであっても、限度と言うものが必要になります。

例えとても素晴らし行為であったとしてもそれをやり過ぎてしまった結果、マイナスになってしまう事も多々あるのです。

その中には『遠慮』という行為も含まれています。

遠慮をするという事は本来は、良い事だと考えられてきました。

自分の意見ばかりを言うのではなく、相手の意見を聞事によって多くの事をまるく収めることが出来るからです。

ですが、その遠慮も最近では時と場合によては良くない事だと考えられることもあります。

例えば、仕事などをしている際に意見を求められることもあるでしょう。

ですが、遠慮をする
事が癖になってしまっている方は、自分の意見を言う事が出来ない場合もあります。

相手の事を考え、自分の意見を我慢したり遠慮する事は良い事です。

ですが、なんでも間でも遠慮してしまうとそれは自己主張がないとされてしまい良い事だとは言われません。

昔の日本では、自分の意見をあまり主張せず大きな組織の一員として働く事が美徳のように感じられていた時期もありました。

ですが、最近では海外からの考えが多く入ってきているている事もあり、自分の意見をしっかりと持ちそれを主張する事が出来る人がより評価される傾向いシフトしつつあります。

その為、自分の意見を出す事も大事だと言えるでしょう。

遠慮する所とそうでない所。

それを見極める事が出来るかどうかが大事なポイントだと言えるでしょう。

遠慮すべきことと遠慮すべきではないこと

物事には必ず優先順位と言うものがあります。

その事を考えて行動しなければ結果的に自分を苦しめてしまう事にも繋がってしまうでしょう。

それは、遠慮している行動とまた同じ事が言えるでしょう。

なんでもかんでも遠慮をしていると、自分の意見が無い人のように見えてしまう事もあります。

しかし一方で自分の意見ばかりを持っている人はそれはそれで自己主張が強すぎて自己中だと言われてしまう事もあるでしょう。

どちらもいい所があり、どちらも悪い所があるのです。

その為、お互いの良い所を尊重する事が出来るように物事には適度な塩梅が必要となります。

もしあんたが遠慮ばかりしてしまっているのであれば、少し自分の意見をつたえて見る事も大事な事なのでは無いでしょか。

遠慮すべき8個のこと

最近では、海外からの考え方が多く取り入れられている事もあり、自分の意見をはっきり言う事が大事だと考えられている傾向にあります。

その為、自分の意見を言わない遠慮がちな人に対して厳しい意見が寄せられてしまう事もあるでしょう。

ですが、時と場合によっては遠慮しなければならない状況になってしまう事がある事も事実です。

むしろ、その遠慮すべき時に遠慮せずに自分の考えを貫いてしまっては周りの人からの反感をかう事にも繋がるでしょう。

遠慮する事は、決して悪い事ではありません。

日本人の美徳であり、その考え方があるからこそお互いの事を思い合う事が出来るのかもしれません。

その為、遠慮する気持ちは常に持ち続けていくべきです。

特にこれからご紹介させて頂くシーンでは遠慮する事によって、まわりに居る人たちがより気持ちよく過ごす事が出来るようになるでしょう。

その為にも、是非覚えておいて欲しい瞬間です。

お年寄りや妊婦さんがいるときの座席

これは、電車などで良く遭遇する問題です。

彼らのように座席を必要とする人には優先して使用する事の出来る『優先席』というものが用意されています。

しかし一方で、きちんと席が用意してあるのにも関わらず、そこに違う人が座ってしまう事によって、本来座るべきはずの人が座れないという事態にまで発展してしまっているのです。

とは言え、優先性に座ってしまったからと言って何か罰則がある訳ではありません。

その為、なんら問題ない人が座る事も出来るのです。

優先席も基本的にはタダの椅子です。

その為、誰も利用していない時には座る事も可能でしょう。

ですが、問題なのは必要としている人が来た時にきちんと譲る事が出来るかどうかという点です。

自分の都合ばかりを考え、遠慮する事をしない人はみっともないだけです。

相手の事を考える事が出来ない人ばかりの世の中は殺伐として行く事でしょう。

そんな現状を回避する為にも、自分の事だけではなく周りの人の事も考える事が出来る人になるべきなのではないでしょうか。

子供は大人の行動を見ています。

あなたがとった行動によて、子供が待ち型価値観を持って成長してしまう事もあります。

そうならない為にも、遠慮すべきところはきちんと遠慮する事が出来る人間になっていきましょう。

恋人がいる状態の女友達からの飲みの誘い


これは、モラルの問題です。

例え、一緒に食事に行ったからといってそこで何も凝らなければ浮気になる事もなく、単なる友達として関係を続けることが出来るでしょう。

お互いに本当に何も思っていないのであれば、わざわざ断る理由もないのかもしれません。

ですが問題なのは、当人同士ではなくそれをパートナの女性がどう思うかなのです。

パートナの女性も、相手が女性と食事をする事に対して嫌な気分になる事が無いのでれば問題はないでしょう。

ですが、それによって少しでも嫌な気分になってしまうのであれば遠慮する事も必要です。

自分にとって何が必要なのかを考え、例えそれが自分のとってたいした問題ではない出来事であったとしても、それによって嫌な思いをする人が居るのであれば遠慮するべきなのです。

それをする事が出来るかどうかによって、二人の関係を維持できるかどうかも分かってくるのでしょう。

物事の考え方や感じ方は人それぞれです。

その為自分の意見だけで行動するのではなく相手の気持ちもしっかりと聞いたうえで行動をするようにしていきましょう。

お皿に残った食べ物の最後の一個

大勢の人たちとごはんに行く場合などは、大皿料理を頼む事が基本となります。

みんなそれぞれ自分の食べたいものを食べたいだけ食すことが出来、金額もここで頼むよりは安く抑える事が出来ると言われています。

だからこそ、大人数での飲み会は少ない金額で遊ぶ事が出来るのでしょう。

しかし一方で、遠慮しなければならないタイミングを忘れてはいけません。

大皿料理の場合には必ず最後の方に少しだけ残されるという現象が起こります。

これは多くの人が、他の人に遠慮した結果そうなってしまうのでしょう。

その料理をいきなり一人で食べきってしまうしまう事は、良い事とは言えません。

お皿が片付かないなどの理由を持ち、早く下げたいと思うのであれば一旦周りの人に聞いてみてください。

実際には殆ど居ないかもしれませんんが、聞くだけで相手の気持ちを落ち着かせたりする効果もあります。

行動する為には、まずは声掛けを心がけると、よりスムーズに物事を進めることが出来るでしょう。

時間もお金も無駄になる遊びの誘い


時は金成という言葉があるように、時間はとても大切な存在です。

限りのある時間を無駄にしないようにする為にも、しっかりと目標をもって行動する事が大事なポイントとなるでしょう。

無駄な遊びの誘いをしてしまうと、相手にも迷惑をかける事になります。

そうならない為にも、遊びの誘いは慎重にする事をおすすめ致します。

奢られるときのオーダー

社会に出仕事をするようになれば、今まで一切関りの無かったような年代の人と話をしたり食事に行く機会内恵まれることもあるでしょう。

今どきの若い人たちは、基本的にご飯は割り勘です。

その為、上司との食事であったもついその癖が抜けず自分の好き勝手な料理を注文してしまう事もあるでしょう。

ですが、上司と呼ばれる年代の方々の場合、後輩と食事に行く際は基本的に奢りです。

その為、その事を意識せずにメニューを頼んでしまうと、相手の支払額がとてつもなく大きなものになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

楽しい食事会にする事は良い事ですが、それでも奢られる立場として多くの事を意識しておくことも重要なポイントと言えるでしょう。

人の気持ちを考えない発言

世の中には多くの人が居ます。

その中には、思った事をすぐに口に出してしまう人が居ます。

本人は悪い事をしている自覚は無い物の、それによって相手を気づ付けたりしている可能性がある事を忘れてはいけません。

自分の行動に対して、責任が取れないのであれば使う言葉には気をつけなければなりません。

マナーやルールを破る行動

ルールやマナーは法律で決められているものばかりではありません。

その為、守る事が無かったとしても誰かに怒られる事も無いでしょう。

ですが、それらを守る事が出来るかどうかは、その人の心の中にあるモラルの問題です。

モラルとは人間の倫理などにも関係する考え方であり、法律などとは別次元にある考え方の一つです。

その事を守るかどうかは、自分の心次第です。

周りにどう思われようと、自分の決めた事を遂行したいと思う人も居るでしょう。

ですがそれをしてしまっては周りからひとが離れていくと言う事を忘れてはいけません。

例を挙げるとすれば、映画館でのおしゃべりや自分勝手な行動などです。

これらも、警察に逮捕されるような出来事ではないはずです。

ですが、それによって迷惑している人が居る以上、自分の行動をさらに引き締める必要があるでしょう。

タバコが苦手な人の前での喫煙

タバコに関する考え方は人によって違います。

喫煙者の人の中には、自分の人生なんだから自分の好きにさせて欲しいと考える人も居る事でしょう。

確かにその通りです。

例え、タバコを吸う事によってその人が病気になってしまったとしても本人が納得して吸っているのであれば、それはそれで仕方のない事でしょう。

ですが世の中にはタバコの匂いが嫌いな人も大勢居ます。

その為、多くの人が居る中でも喫煙は周りに居る人に大変失礼な行為になり遠慮する事が基本と言えるでしょう。

最近では、分煙も進み、街中でいきなりタバコを吸う事もで居にくくなっています。

しかし、会社などの限られた空間の中では今でも気軽にタバコを吸う事が出来る環境に居る方も大勢いることでしょう。

そんな環境で普段過ごしている人は、タバコの煙についてつい無頓着になってしまいます。

ですが、嫌いな人にとってはその空間は耐えがたく一緒に居たくないと思ってしまう事もあるでしょう。

何事も、相手の気持ちを考えて行動する事が大事なポインとなのです。

遠慮すべきではない6個のこと

ここまでは、遠慮すべき事柄をご紹介させて頂きました。

それにより、どういった所で遠慮する事によって相手との関係性をよりいい形で作る事が出来るかどうかを分かって頂く事が出来たのではないでしょうか。

今度は逆に遠慮すべきではないポイントをご紹介させて頂きます。

遠慮しなくていい理由は様々ですが、時に遠慮する事が失礼に当たる場合もありなんでも間でも遠慮すれば良いという事でもありません。

時には、率先して行動したり相手の行為を素直に受け入れることも必要なのです。

その事をきちんと考え、メリハリをつけて行動する事が大事となっております。

相手からの贈り物

相手から送られるものに対して、遠慮をする事も日本人には良くあることです。

出されたものをいきなり受け取る方が失礼になるという考え方もあり、一度は遠慮するのが作法の基本とし考えられています。

しかし、その遠慮もやり過ぎてしまうと相手の気分を害する事があり、注意が必要です。

一度遠慮しても、相手が進めてくれる場合にはありがたく頂戴する事も大事な事です。

ひたすら遠慮しているよりも、素直に受け取り嬉しい姿を見せる方が送った方も嬉しい気持ちになる事でしょう。

反対に遠慮ばかりしていと、本当に要らないのかなと思い、嫌な気分になってしまう事もあるので注意が必要です。

自分の気持ちや意見を抑えること

日本人は、ついつい自分の意見を押し殺してしまう傾向にあります。

これは良い所でもあり、悪い所でもあります。

意見を言わない事によって、協調性を高め穏便に物事を解決する事が出来る場合もあります。

しかしながら、意見を言わない事によって無責任だと言われてしまう事もあるでしょう。

自分の意見を言う事は、批判される可能性もあり勇気のいる作業です。

人の意見に合わせていた方が楽な部分も多々ある事でしょう。

ですが、それをせずに自分の意見をきちんと言う事が出来る人はそれだけ多くの人からの評価の対象となります。

なんでも間でも自我を通す事は良くはないものの、自分の意思をしっかりともって行動する事はとても大事な事です。

ついつい自分の意見を押さえってしまいがちな人は、少しでも自分の考えを相手に伝えてみてはいかがでしょうか。

それをする事によって、今まで見る事の出来なかった新しい世界を知る事が出来るようになるかもしれません。

やりたいと思ったことへの誘い

人生は一度しかありません。

その為、やりたいと思った事はなんでも挑戦して行きましょう。

とは言え、生きて居れば色々なしがらみが付いてくるものです。

自分の意見だけでは行動を決める事が出来ない場合もあるでしょう。

ですが、そういった状況にあったとしても出来るように努力する気持ちを忘れてはいけません。

自分の行動をはなから諦めてしまっては、何も初める事が出来ません。

もしも誰かが素敵な誘いをしてくれるのであれば、そのチャンスを逃さずに掴む事も大事なポイントです。

色々考えなければならない事もあるとは思いますが、チャンスがいつでもめぐってくるとは限りません。

そのチャンスを逃したら次は無い事だってあるのです。

そうならない為にも、自分のチャンスは出来るだけ無駄にする事なく率先して行動して行きましょう。

だからこそ、ここに遠慮は必要ないのです。

後悔しない人生を生きる為には、時に思い切り行動する事も大事な事でしょう。

親切で行ってくれた行為

人からさせる行為のうち、好意でおこなってくれたことに対しては遠慮する必要がありません。

相手の気持ちを汲む意味でも、遠慮せずにありがたく受け取ればいいのです。

中には、かたくなに遠慮を繰り返してしまう人も居ます。

相手がもし負担に感じているのであれば、きちんと断る事も必要な事かもしれません。

ですが、本当に好意で行っている事に対して遠慮を繰り返す事は相手の気持ちを拒否する事にもなり、決していい方法とは言えないでしょう。

親切にして貰う事が出来たら、ごめんねの代わりにありがとうと言う言葉を使用しましょう。

そうする事によって、より強固な関係性を作っていく事ができるのです。

相手の人も、自分の行為を素直に受け取って貰えた方が、より嬉しい気持ちを持つ事が出来るでしょう。

何かにチャレンジすること

人はいくつになっても成長する事が出来ます。

その為、何かチャレンジしたいことがあるのであれば是非挑戦すべきでしょう。

しかしながら、大人になると段々とその勇気を持つ事が出来なくなってしまいます。

年齢や家族の事を考えてしまうと、つい足が重たくなってしまうのです。

ですが、そこで諦めてしまっては自分の人生に後悔を残す事になります。

私たちの人生は、いつ何が起こるか分かりません。

だからこそ、常に後悔のない人生も目標に生きていく必要があるのです。

少しでも興味がある物があるのであれば、まずはやってみる事が重要です。

子供の事とは違い、大人になると自分の興味のある事だけを学ぶ事が出来ます。

テストに役立つ考え方だけではなく、自分自身の人生に役立つ考え方を学ぶ事が出来るでしょう。

学ぶ事の楽しさに気が付く事が出来れば、それをきっかけに様々な出来事にチャレンジする事も可能です。

自分自身の中にある、新たな才能を開花させる為にも少しでも興味がある事には積極的にチャレンジして行きましょう。

嫌なことをされたときの反応

嫌な事をされた時まで、遠慮する必要はありません。

嫌な物は嫌だとはっきり伝えていきましょう。

優しい性格の人は、自分が嫌だと感じた出来事にさえもつい口をつぐんでしまう事もあります。

自分が騒がなければ穏便に済ませることが出来るのではないかと考えてしまうのでしょう。

ですが、それは自体を悪化させてしまうだけのケースも多々あります。

嫌な事をしてくる時点で、その人とは関わる必要がありません。

そんな人の為に自分が我慢をする必要は無いのです。

また、そういった人の場合反応しなければしない程余計に図に乗って態度を大きくしてくる事もあるでしょう。

そうなってしまわない為にも、相手にしっかりと拒否を伝えるべきです。

それをする事によって相手をけん制する事が出来るからです。

この世の中には多くの人が居ます。

時には私たちの常識では図る事の出来ないような意味の分からない人やとてつもなく嫌な人に出会う事もあるかもしれません。

いきなりこちらから嫌いになる事は良い事ではないものの、もし自分に害があるのであればそれに立ち向かっていく勇気も必要です。

そんな状況において遠慮したり、我慢する必要はどこにもありません。

遠慮はタイミングや相手の気持ちを考えよう

日本人は、つい何でも感でも遠慮してしまう傾向にあります。

それには、元々遠慮する事は美徳としてとらえられていた国民性が大きく関連してきているのでしょう。

それは「つつましい性格」とも呼ばれ多くの人が尊敬している人物像でした。

しかし、社会は常に進化しています。

昔は美徳とされていた考え方でさえも、今では時代に合わないと言われてしまう事もあります。

確かに、今の時代自分の意見を押し殺し相手に合わせるという行為は時代錯誤なのかも知れまっせん。

海外の文化が多く入ってきたこともあり、自分の意見を持ちしっかりと発言出来る人が評価されるようになりつつあります。

その為、自分の意見を言わず遠慮がちな人は意見が無いとされてしまい、評価が下がってしまう事もあります。

また、自分の人生なのにも関わらず常に他人の合わせて行動ししている姿は良いとは言えず、『何が楽しいのか』と言われてしまう事もあるかもしれません。

そこまで言われるのであれば、遠慮などせず好きなように生きてしまえばいいのではないかと思う事もあるでしょう。

ですが、皆が皆好き勝手に生きていてはこの世の中は成り立ちません。

皆自分の意見を持ちつつも周りと合わせる努力をしているのです。

遠慮をする事は大事な事です。

それをする事によって、周りの人との関係性がより良い物になる事も大いにあるでしょう。

ですが、やり過ぎてはいけません。

なんでも間でも遠慮してしまうと、自分の意見がどこにあるのか分からなくなってしまうでしょう。

更には、周りの人も遠慮している事に気が付かずそういう性格の人なんだと思いこんでしまうかもしれません。

その為にも、自分にもきちんと意見があるという事は忘れずに生きていきましょう。

遠慮をするタイミングや自分の意見を伝えるタイミングは、いきなり理解しろと言われても難しい部分もある事でしょう。

その為多くの経験を生かしつつ、自分自身で学んでいくしかないのではないでしょうか。

それを学ぶ為にも、多くの人とコミュニケーションを取り自分の中の経験値を上げていきましょう。