あなたがこれまでの人生で自分の生活が苦しくなった経験はありますか?

基本的には勤続年数が長くなれば正社員として雇ってもらっている場合それなりに年功序列の制度で給料は上がっていくものですが、世の中に存在している全ての人間が正社員として働いているわけではありません。

中にはアルバイトで生計を立てている人間もいれば、様々な理由から正社員として働くことができない人間も存在しています。

当然アルバイトとして働くのであればボーナスがもらえることも少ないですし、給料に関しても一般的な正社員の人間と比べて低い場合が多いです。

もちろん正社員だからといって絶対にお金をたくさんもらえるというわけでもなく、正社員としてある程度勤続年数があるにも関わらず給料が低い会社もたくさん存在しています。

そして中には自営業として自分で仕事を行っている人もいますし、自分自身で事業を立ち上げて社長として経営を行っている人間もいると思います。

一般的にはある程度お金を儲けているイメージがありますが全ての人間がそうではなく、中には赤字で困っているという人間もたくさんいるはずです。

それにもかかわらず私たちは生きているだけでたくさんのお金がかかってしまいます。

家を借りるにしても家賃が必要になりますし、それ以外に便利なサービスを契約するとお金が当然かかります。

車を買うにしてもある程度高い金額なのでローンを組んだりするのが一般的ですし、それ以外の効果たものを購入するときも同様です。

そのような状況に身を置いているにもかかわらず仕事が赤字になってしまって収入が全くなくなってしまった場合当然それが悩みにつながり今の状況から逃げたいと思う方もいるはずです。

そのような方が思いつく一つの解決手段として夜逃げを考える方も少なくはありません。

今回はそんな夜逃げをテーマにして夜逃げするために考えてほしい注意点についてご紹介していきたいと思います。

夜逃げってどうなの?メリット・デメリットや注意点

一般的な生活をしていれば基本的に夜逃げをしようと思うレベルまで追い詰められるようなことはありませんが、様々な不運が重なってしまった時に生活が苦しくなってしまう経験をしたことは誰でもあると思います。

その不運が大きくなれば大きくなるほど、追い詰められるレベルも高くなっていきます。

そして挙句の果てに夜逃げという選択を行ってしまう方もいるのですが、なかなか夜逃げということは考えても実際に実行するところまでは行える方はいません。

現実的に考えて夜逃げをすることによってもちろん得ることができるメリットもあればそれに伴ってたくさんのデメリットを自分自身に課してしまう事に繋がってしまうからです。

なので簡単に夜逃げという選択肢を行うことは危険な行為につながってしまいます。

中にはメリットやデメリットを理解した上で決行するような人もいますが、これはかなり私たちの考えられる予想以上に追い詰められた人間が取る選択肢てあると言えます。

なので、今もしも生活に関して思い悩んでしまっているかがいるのであれば夜逃げということを簡単に決めるのではなく、夜逃げをするということは最終的にどういうことにつながってしまうのかということを把握した上でよく考えていただきたいと思います。

それが最終的に将来後悔しない選択の仕方に繋がりますので、今追い詰められている人も追い詰められていない人も必ず知っておきたい知識になりますので、参考にしてみてください。

夜逃げって何?


そもそも夜逃げという言葉は知らない人がいるかもしれませんね。

ある程度社会経験のある社会人の方であれば夜逃げという言葉は聞いたことがある方が多いかもしれません。

しかしまだそこまで金銭的な負担を強いられていない未成年の方であったり、社会人として活躍した経験のない学生の方であればわからないのも無理はありません。

なぜならばそのような方は金銭的な負担によって追い込まれるような経験をする機会はほぼないからです。

しかしながら社会人になった時に自分自身が就職する会社の職種によっては知っておかなければいけないような知識になる場合もあります。

基本的にはなかなかないことにはなりますが全くないとは言い切れない行為になります。

もしもそのような事態が起きた時に自分はどのように対処しなければいけないのか、そしてもし自分がそのような状況になってしまった時にその選択をするべきなのかどうかということを改めて自分がその立場に立った状態を思い浮かべながら考えてみるとより夜逃げという言葉の意味や結果などがお分かりいただけるようになると思います。

借金返済から逃げること

夜逃げはどういう意味を持っているのかと考えた時に「借金返済から逃げること」を意味しています。

つまり借金の返済から逃げることということはいま自分が住んでいる場所から逃げることを意味しています。

なぜ借金返済から逃げて今住んでいる場所から引っ越しを行う事を夜逃げというのかと考えると、その歴史は飛鳥時代までさかのぼる行為として知られています。

今の私たちにとってなかなかその概念を理解することは難しいかもしれませんが例えば江戸時代を思い浮かべていただいて、江戸時代に関してはとりわけ年貢の取り立てが厳しかった時代としても知られています。

その年貢を納めることができなかった人間は生活が苦しくて当然その年貢を納めなければいけないという義務から逃げたいと思う方が続出していました。

なので夜中にこっそりと自分の最低限必要なものだけを思ったり、家財道具一式などを詰めて引っ越しを行うことでその年貢を収める義務から逃れたといわれています。

なので夜中にこっそりと引っ越しを行うということが夜逃げという言葉に結びついているのです。

今の時代に関してもその言葉は使われており、例えば家賃を支払うことができなければ大家さんから必ず携帯電話なども自分が保有している電話に支払いの督促の電話がかかってくると思います。

それ以外にも支払いが滞ってしまった場合場合によっては自分の住んでいる場所まで担当の人間が督促しにやってきたりする場合がありますし、自宅のポストに支払いの用紙が入れられる場合などもあります。

それも全て今の住所が判明しているから行われている行為になりますので、住所を変えればわからなくなる可能性があるのです。

なので今の時代でも借金などから逃げるために夜逃げを行ったりするような場合があるのです。

夜逃げする時の方法


ここまでは夜逃げとはどういう意味を持っているのかということについて詳しくご紹介していきました。

金銭的な負担から逃れるために行うことができる即効性のある方法として考えることができますが、実際に行うとなるとある程度綿密に計画をしておかなければいけない方法にもなりますのでもしも万が一行うのであればある程度考えた上で行動しなければいけません。

運が悪ければ夜逃げをする時に見つかってしまってもっと都合の悪い状況になってしまうということも考えられるからです。

では具体的に夜逃げをする時にはどのような方法で夜逃げをしているのかということについてここから触れていきたいと思います。

きちんと夜逃げをするならするで考えて行わなければ必ず自分の身に本来かかってくる負担以上に負担がかかってしまうものになります。

もちろん夜逃げようとすることをお勧めするわけではありませんが、もしも決行するならばそれなりに正しい方法が存在しているということです。

何事も正しい行い方が存在していますので、間違った方法を行わないようにしてください。

夜逃げした後の住居の確保

まずはじめにご紹介する夜逃げをする時の方法のひとつとして夜逃げした後の住居の確保が必ず必要になります。

夜逃げをするということは簡単に言えば今の住所から引っ越しをするということになります。

引っ越しをするのであれば一般的に次に暮らす場所を決めておかなければいけないはずですよね。

大抵の場合が夜逃げをする時にはとにかく今の状況から逃げたいと追い込まれた精神状態で行ってしまうために、今を改善することばかりにとらわれてしまう先のことを考えずに決行してしまう場合があります。

その結果どうなってしまうのかと言いますと次に住む場所などを全く決めていない状態で夜逃げをしてしまったために住む場所がなくなって最終的に自分自身が困ってしまうという状況になる可能性があります。

予め次に住む場所を確保しておけば困るようなことはないのに、今のことばかり考えてしまう適切な方法をとることができなかったという方はかなり多いです。

もちろん今が苦しいからその今を変えたいということは分かるのですが、今の状況だけ変えたところで未来が大きく変わらなければ意味がありません。

なので必ず今の状況を変えることも大切ですがそれと同じくらい未来の状況を良くする方法についても目を向けるようにしてください。

ちなみにもし夜逃げして次に住む場所を決めるのであれば田舎よりも都会の方がおすすめです。

なぜならば後悔は人がたくさんいますし他人に対していちいち興味を持ったりはしないので他の人に紛れやすいという利点があるからです。

その逆に閑静な住宅街に引っ越しをすると周りからは興味を持たれますので危険になるということを覚えておいてください。

きちんと退職をしてから

次にご紹介する夜逃げをする時の方法のひとつとしてきちんと退職をしてから夜逃げするということです。

なぜ夜逃げをするのにきちんと退職する必要性があるのか?と考えた時にそれは今後のあなたにとってメリットがある行為になるからです。

具体的にどういうことかと言いますときちんと止める手続きを取った方が今後の生活をスムーズに再建することが可能になるということにつながります。

例えば一つのメリットとして会社を退職する時には当然ながら辞めた会社から離職票が送られるようになってきます。

この離職票があるかないかで雇用保険の失業手当を受けることができるできないということに関わってくるのです。

これまで失業手当を受けたことがない方はその重要性があまり理解していない場合が多いかもしれませんが、会社都合であればすぐに支給してもらえ、自分自身の都合による退職であれば数ヶ月後に今までもらっていた給料の数割が口座に入ってくるようになります。

なのでお金をある程度支給してもらうことが出来るので、かならず退職して次の就職先が見つかるまでの間には受けておいた方が良い制度になるのです。

失業手当を受ける場合はハローワークに足を運べば手続きを受けることが可能になりますので必要な方は必ずきちんと退職をしてから夜逃げをするようにしてください。

ちなみに夜逃げをしても今の会社から変更したりはしないと考えてる方がいるかもしれませんがそれは考え方が甘いです。

引っ越しをしても職場が変わっていないのであれば職場に何かしらのアクションが起こる可能性があります。

私は自分も働きづらいですし会社にとっても迷惑をかけてしまうことになります。

などで夜逃げをするのであれば当然会社を辞めなければいけないものであるという考え方を持つようにしてください。

就職先に目星をつける

次にご紹介する夜逃げをする時の方法のひとつとして就職先に目星をつけるということです。

これはどういうことかと言いますと必ず夜逃げをする前の段階で今の会社を辞めた後に勤める会社を決めておく、もしくはここなら問題ないという場所を決めておく必要性があるということです。

しかしながら一般的に夜逃げをする場合に関しては住民票を移さずに行う必要性があります。

なぜならば住民票を移してしまえば当然どこに住んでいるのかということなどもまるわかりになりますし、わざわざ夜逃げをする意味がないからです。

しかし住民票を移さなければ当然ながら一般的な会社に就職することはかなり難しくなるということが理解しておかなければいけません。

本人確認すら十分に行得ないような人間を会社が雇いたいと思いますか?
あなたが会社の経営を行っている社長ならばそのような事を考えたりはしないと思います。

しかしだからといって次の就職先を見つけずに夜逃げをしてしまうと次に働く場所がなく当然お金もそこをつけてしまってホームレス同然になってしまうということも最悪考えられるのです。

そのような状況になりたくないのであれば必ず次の就職先に目星をつけた状態で行動するようにしてください。

一般的に考えてなかなか就職先は存在しないと思いますが、怪しいアルバイトや住み込みの会社などであれば問題なく雇ってくれる場合などもありますので、そのような会社を見付けておくのがおすすめです。

大家と不動産会社に連絡

次にご紹介する夜逃げをする時の方法のひとつとして大家と不動産会社に連絡をするということです。

これでは夜逃げにならないじゃないか!と思う方がいるかもしれませんが、これには連絡をしなければいけない理由が存在しています。

どのような理由なのかと言いますと例えば今あなたが住んでいる場所が賃貸物件だったとします。

賃貸物件だったとするならば当然引き渡しの時に敷金の返済や補修費などが発生します。

これらの手続きなどを行っていただく必要性があるのです。

どうしても気まずくて連絡しにくいと考える方がいるかもしれませんが、連絡をしておかないと後々自分に負担がかかってしまうので必ずするようにしてください。

そしてその場合に手続きが必要な場合は自分の知り合いや便利屋などに頼んで代行してもらうようにする事が一つの選択肢になります。

周りの友人に負担をかけてしまうのであまりお勧めできるようなことではありませんが、どうしても行動しなければならない時にはやむを得ないとしてこのような行動をとるようにしてください。

夜逃げは昼にやるもの

次にご紹介する夜逃げをする時の方法のひとつとして夜逃げは昼にやるべきであるということです。

これは人によっては意外かもしれませんが、昼に行った方が良い理由というものが存在しています。

なぜかと言いますともしもあなたが住宅街なのに住んでいる場合に夜中にこっそりと荷物を運び出そうとしている姿を見られた場合、どう思いますか?

おそらく明らかに怪しいと思われてしまうと思います。

もちろん正当な理由があるならば夜に引っ越しをしてもおかしくはないのですが、人間の真理としてこっそりとやろうとしていたり、後ろめたさがある状況になるとそれが見つかってしまった時に表情などに出やすいのです。

なのですぐに周りの人間は感づいてしまいますので、それならば昼に堂々と行った方がむしろ怪しい印象がもたれないのです。

一般的な引っ越しの最中に出くわしたというくらいにしか思われないと思いますし、あなたも昼間に引っ越しをしている人間を見て、まさか夜逃げをしているとは思わないですよね。

なので夜逃げは必ず夜に行うのではなく、昼に行う方が好ましいということになります。

単純による行ってしまうと物音などもうしたり騒音などで周りが感づいてしまうこともありますのでそれも含めて昼に行うようにしてみてください。

夜逃げするときの注意点

ここまでは夜逃げをする時の方法について詳しくご紹介していきました。

ご紹介した項目の中には自分が想像していた方法とは全く真逆の行為が含まれていると驚いた方もいると思います。

このように考えてみると夜逃げをするということはそれなりに大変なことであり、簡単に計画できるようなことではないということがよりおわかりいただけたと思います。

その点をご理解いただいた上でここからは夜逃げをするときの具体的な注意点についてご紹介していきたいと思います。

正しい方法で夜逃げをすればそれだけで問題ないというわけでは残念ながらありません。

正しい方法を行った上で更に注意しなければいけない基本的なポイントが存在しているのです。

このポイントを守ることが出来なければ結局自分自身に負担がかかってしまったり、夜逃げをすることができなかったりする場合などがありますので必ず注意するようにしてください。

一人でやる

まずはじめにご紹介する夜逃げする時の注意点については必ず一人で行うということです。

なぜ一人で行うのかと言いますとどうしても夜逃げをする際は大掛かりな作業になる場合はともだちや知人などに助けを求めて行なってしまいがちになりますが、極力一人で行った方が周りにバレることなく夜逃げを行うことができるようになります。

人間は自分の想像よりも秘密を暴露してしまいやすい生き物なのです。

絶対に誰にも言うなよと言われると誰かについ話してしまいたくなるようになってしまう生き物なのです。

たくさんの人間に暴露しようとがしないほどの自分と距離が近い人間一人だけに特別に教えてあげようという感情になってしまったりすることもありますし、それと同じように教えてもらった人間は自分と身近な人間一人だけに教えてあげようと連続してその噂は次第に広まっていく様になるものなのです。

当然ながら親戚や家族に関してもこの例外ではありません。

心配をかけたくない気持ちはわかりますがどうしても本気で夜逃げをするのであれば必ず注意しなければいけないてたということを理解してください。

誰にも話さない

次にご紹介する夜逃げする時の注意点については誰にも話さないということです。

先ほどご紹介した項目とかなり共通している点になりますが、先ほどは夜逃げ作業を行うときは必ず一人で行うということなのですが、今回ご紹介するのは夜逃げをするという事実を誰にも話さないということです。

俺は理由としては全て同じなのですが、誰かに話してしまうことによってその誰かも誰かに話してしまう可能性が生まれてしまいます。

その人の事を心配に思って安否状況を確認する意味で周りの人間に話したりする可能性もあったりしますので、必ず悪気があって話をするというわけではないにしても、本質はどうであれ周りに話されるということ自体が問題になります。

なので必ず周りに話したりすることは極力しないようにして自分一人だけの心の内に留めておくようにしてください。

住民票を動かさない

次にご紹介する夜逃げする時の注意点については住民票を動かさないということです。

これは先ほども触れましたが、住民票を動かしてしまいますと自分の身元が判明してしまう危険性がありますので必ず動かさないようにしてください。

意外と知られていない事実として実は住民票がなくても子供の転校手続きなども実は可能になっています。

また保険料に関してもしっかりと支払いをしておけば元々申し込んでいた時の住所のまま保険証を使用することは可能になっています。

なのでなるべく自分の情報特定されるような情報を自分から進んで提供するようなことはしないように注意をする必要性があります。

子供には話さない

次にご紹介する夜逃げする時の注意点については子供には話さないということです。

当然ながらある程度年齢を重ねた子供であれば推測することができるかもしれませんが、幼い子供であればなぜ引っ越しをするのかということなのはよく理由が分かっていない場合が多いと思います。

なのでそれを利用してむやみに子供に真実を伝えるようなことはしないようにする必要性があります。

子供に真実を伝えてしまいますと子供が自分の身近な存在の人に対してそれを打ち明けてしまう可能性があります。

そうなってしまいますと夜逃げをしてしまった意味がなくなってしまいますので、たとえ自分の子供であっても真実を話さないようにする必要性があります。

ゴミは出さない

次にご紹介する夜逃げする時の注意点についてはゴミを出さないようにするということです。

これはなぜなのかと言いますと例えば夜逃げをする際に不必要な物は処分してしまいたいと考える方が多いと思いますがこれは一概に危険な行為であると考える必要性があります。

例えば大型のゴミなどを一気にまとめて出したりすると周りの人間からは不審に思われたり引っ越しをするということを事前に察知されてしまう可能性があるということです。

マンションやアパートなのに関してはそこまで周りの人間が関心を示さないかもしれませんが、閑静な住宅街であった場合などは近所づきあいなどもあったりして周りに対して聞かれる可能性などもあります。

なので必ず大型のごみなどは一気に出さないように注意する必要性があります。

夜逃げの荷物は少なく

次にご紹介する夜逃げする時の注意点については夜逃げの荷物は必ず少なくするということです。

どうしても人間の真理として自分の持っている便利なものがそのまま持って行きたいと思ってしまうのが当たり前です。

しかし夜逃げをする際にはなるべく荷物を少なくした方が良いです。

なぜならば荷物がたくさんありますと当然運び出すのに時間がかかりますし、周りに気付かれてしまう可能性も高くなってしまいます。

なるべく夜逃げをする際はスムーズに行動することが求められますので、無駄なものなどを持って運んだりしないようにする必要性があるのです。

また時には引っ越した後にまた引っ越さなければいけないということなどもあると思いますので荷物などが極端に少なくしておいた方が動きやすくなるのです。

なので必ずを夜逃げをする際の荷物は少なくするように注意しておいてください。

夜逃げのメリット・デメリット

ここまでは夜逃げをする際の注意点について詳しくご紹介していきました。

様々な注意点を確認しておかなければ夜逃げが失敗してしまう可能性にもつながりますので、夜逃げをするという選択をしたのであれば必ずきっちりと注意するようにしてください。

基本的な夜逃げに関する知識を身につけていただいたところで、ここからは夜逃げをする時のメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

この部分を正しく把握しておかなければ自分が夜逃げをする必要性があるのかないのかということなのが全くわからなくなると思います。

適切な判断をするためには必ずこの部分をよく理解した上でメリットとデメリットを天秤にかけてどちらが自分にとって魅力的なのかということをしっかりと判断する必要性があります。

それを理解するためにもこれからご紹介する項目をよく確認しておいてください。

メリット

まずはじめにご紹介するのは夜逃げをする上でのメリットです。

メリットがなければわざわざ夜逃げのようなことなどがする必要性はありませんよね。

このメリットに比べてデメリットの方が大きいと比べればもちろん夜逃げをする必要性がありませんし、メリットの方が大きいと判断できれば夜逃げをする必要性があるということです。

夜逃げと一言に軽く言っても実際に行動するにはそれなりの覚悟が必要な行為になります。

簡単に行えるようなものではないということを把握した上でメリットを確認してみてください。

成功すれば借金がチャラ

夜逃げをするメリットとしてはやはり一番大きいメリットである成功すれば借金がチャラになるということが存在しています。

そもそも夜逃げをする際の一番の理由としては借金から逃れるという目的があると思います。

自分が支払いきれないくらいの大きな借金が存在しているのであれば夜逃げをすることによって全てチャラにすることができます。

あくまで成功すればの話ではありますが、その借金が大きければ大きいほどその恩恵を受けることは可能になります。

これから相当辛い人生が待っているとしても、莫大な借金を支払うことに比べればデメリットには感じないと思うのであれば夜逃げをする必要性を感じることが出来るようになるはずです。

しかしもしも夜逃げをするほどまでの借金ではないのであれば夜逃げをせずにしっかりと働いて返済していくという道も残されていますので後悔しない選択をするようにしてください。

デメリット

次にご紹介するのは夜逃げをする上でのデメリットです。

夜逃げは自分の想像以上にデメリットが存在する行為になります。

簡単に行えるようなものではなく、そのデメリットは数十年の未来にわたって自分を苦しめてしまうようなことになる可能性もあります。

その対価として借金をチャラにすることができるという魅力を得ることができますが、この部分を十二分に考えていないと必ず後悔してしまう判断になってしまいます。

将来絶対に後悔したくないと思うのであればこの部分が自分にとってどれほどデメリットになるのかよく考えた上で選択するようにしてください。

夜逃げに失敗すると却って借金が増える

まずご紹介する夜逃げをするデメリットは失敗してしまうと借金が増えてしまうということです。

夜逃げをするという事は借金を無視するということになります。

借金を無視してしまうと当然返済に時間がかかりますので利息遅延損害金なのでどんどん借金が膨らんできます。

もしも夜逃げに失敗してしまうとこの膨れ上がった部分も支払いをしなければいけなくなってしまいます。

なので場合によっては返す金額がかなり増えてしまうということもあり得るので必ず使用する前にこのデメリットを把握しておかなければいけません。

携帯を捨てないといけない

次にご紹介する夜逃げをするデメリットは携帯を捨てないといけないということです。

携帯をそのまま夜逃げした後も持っていると当然その電話番号に電話がかかってくる可能性があります。

なので今持っている携帯は必ず捨てなければいけませんし、もしも今後携帯電話が必要になるのであれば携帯電話をこれまでと違った電話会社と契約しなければいけません。

また周りに対して携帯電話の番号を安易に教えることもできなくなります。

当然携帯電話を変えるのにそれなりのお金もかかりますし、契約する際にはそれなりにステータスを確認される場合もありますので今まで当たり前にできていたことが色々考えなければいけなくなってしまうというデメリットも理解しておかなければいけません。

生活基盤が崩れる

次にご紹介する夜逃げをするデメリットは夜逃げをすると生活基盤が崩れてしまうということが挙げられます。

夜逃げをすることによってこれまで送ってきた生活を取り戻すことは難しくなります。

職場から足をつかないようにするために職場を転々としたりする可能性も生まれますし、職場をコロコロ変えていると社会的な信用もなくなりますし、ちゃんとしたところで働くことができなくなる可能性もあります。

夜逃げをすることによって自分の未来がどうなるのかということをよく把握しておかなければ必ず後悔してしまう結果になってしまいますので、想像以上に辛い未来が待っているということは事前に考えておかなければいけません。

夜逃げはリスクが高い!考えて行動しよう(まとめ)

今回は夜逃げをテーマにして夜逃げとはどういうものなのか、そして夜逃げの方法、注意点、メリット、デメリットについてご紹介していきました。

なかなか夜逃げをしようという選択をすることはないと思いますが、人によっては夜逃げをしなければ生きていくことができないという状況に追い込まれる方もいると思います。

しかしあくまで夜逃げをするということは最終的な選択肢になります。

自己破産を申請するという方法もありますし、それ以外にも何らかの解決手段は残されている可能性があります。

それらを確認せずに夜逃げを選択するというのは時期尚早です。

自分にはどんな道が残されているのかということをよく考えた上でどうしようもない時には最期に残されて選択しがある、という概念のもと考えるようにしてください。

あくまでリスクが高い夜逃げはお勧めはできませんので、注意して考えてみてください。