あなたにとって学歴とは何ですか?

人によってはとても大切なことであると答える人もいるかもしれませんし、人によっては全く人生に関係がないことと答えるかもしれませんね。

なぜこのように学歴という言葉は人によって感じ方が全く違うのでしょうか。

それは言ってみればその人自身の人生を表しているのかもしれませんね。

例えば一般的に考えると学歴はとても大切なものであると教えられます。

それはなぜかと考えた時に学歴が高ければ高いほど良い就職先が見つかると言われているからです。

例えば学歴という言葉に結びつく格好は一般的に東京大学や京都大学が有名になっていると思います。

このような超有名校を卒業した人間は大多数の人間が日本に存在している大企業に就職をしています。

当然ながら大学の中でも優秀中の優秀になりますので、優れた考え方を持っている人間が集まっているからこそ有名な大企業に採用されると考えることも出来ますし、それなりにブランド力のある企業からしても有名な大学を卒業している人間を中心に採用しようと考えて募集を行っているからです。

なので変な話、公言はしていませんが有名な企業はとりあえず有名な大学から人を取っておけば失敗はしないだろうという考えの元有名大学を卒業している人間を中心に面接を通過させていると言っても過言ではありません。

なぜならば有名な企業にはそれなりに応募者が殺到しますので、一人一人面談を行っていてもきりがないのです。

ではどのように効率よく優秀な人間を取得していくのかと考えた時にやはり目に見えてわかる実績である学歴を中心にして採用するようにしているのです。

このように考えれば学歴がとても大切であり人生において有利に働くということは間違いない事実になります。

しかし学歴が関係ないという方は自分の力で会社を起こして実績を作れば学歴なんか必要ないという考え方に沿っているのです。

考え方は人それぞれですが、一般的に多くの方は自分の過去に戻ってもう一度勉強し直して良い学歴を取得したいと考えてる方が多いものです。

なので今回は受験生の時にやっておけばよかったことをテーマにして、具体的にどういうことをやっておけばよかったのかということをご紹介していきます。

受験生の頃を振り返って次の世代に伝えよう

私たちは一般的に考えてたくさんの方が入学するために受験を受けていると考えることができます。

中学校卒業して働いているという方には該当しないかもしれませんが、高校に入る時や専門学校、短大、大学などに入る時には必ず受験を受けてきた経験があると思います。

そして受験を受けた方の中には受験に失敗した人や受験に成功した経験を持っている人さまざまな人が存在すると思います。

そのような経験をしているからこそ今受験を受けようとしている立場の次の世代に向けて伝えられるようなことがたくさんあるはずですよね。

一般的にこうしてしまいがちだが実はこうしておけばよかったと思うようなことはおそらく今受験を受けている世代に関しても全く同じようなことが言えると思います。

例えば多くの方があの時は将来の事を考えずになんとなく勉強していたけど、今になって思えばあの時もっと危機感をもって勉強しておけば未来が変わっていたかもしれない、と思うような事はたくさんあるはずです。

過去のことを悔やんでも今は変わりませんので今何をすることができるのかと考えることが大切ではありますが、自分と同じ失敗をしてほしくないと思うのであればこれからの世代にそのことを伝えていく必要性がありますし、今を生きている人は逆に先輩たちから学ぶべきことはどういうことがあるのかということを考えておく必要性があるのです。

これは今を生きている人達には全て共通することになります。

いかに自分の未来を見据えて先行投資して行動することができるかということがより良い未来をつくるための大切な一歩になります。

踏まえたので私たちは先人たちの知恵や経験を借りてより良い未来を作っていかなければいけません。

受験環境は時代と共に変化する


私たちにとって一般的には受験を受けている時のみ受験のことを考えており、受験を受けていない立場になると受験に関して全く想像することがなくなると思います。

だからこそたくさんの方が気づいていないのも無理はないのですが、時代とともに実は受験環境というものは変化しているということがわかります。

なぜ受験環境が変化しているのかと考えた時には様々な要素が存在していると捉えることができます。

これから受験を受ける方に関しては自分が今受けている受験環境が時代とともに変化してきているという事を知っておいた方が良いです。

今の受験環境を知るとともにもし今後未来にまた自分が受験を受けるような環境が考えられるのであればある程度知っておいた方が未来の受験環境を予測することにもつながるからです。

今後の人生で受験を受けることはもうないと考えている方でも、もしかしたら将来自分の子供が受験を受ける時に何らかのアドバイスをすることができる可能性もありますし、一般的な世の中の流れという意味でも知っておいて特にそうになるようなことはありませんので、なぜ受験環境が変化して来ているのかということを自分自身で考えながらこれからご紹介する項目を確認してみてください。

1.史実の改定

まずはじめにご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして史実の改定ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと時代と共に新たな真実が発見されるということです。

例えば私たちが日常生活で取得しているたくさんの情報があると思いますが、一般的にこれまで正しいと思われていた情報が実は間違っていたということはよくありますよね。

それと同じで私たちが学んできた歴史に関しても実は間違っていた歴史であり、本当はこのような事実だったというようなことはよくある話です。

例えば一つ例を挙げるとするならば私たちが一般的に学んできた人類の起源に関しては教科書に記載されていたアウストラロピテクスという名前が存在していたと思います。

しかしながら最近の研究によってもっと古代の猿人の化石が発見されその化石に別の名称が名付けられたというようなことがあります。

それを踏まえて考えてみると人類最古の化石の名称が変わるという事は当然教科書の内容などが変化するようになりますよね。

なのでこのような史実の改定が行われると教科書の内容なども変化するようになります。

そして教科書の内容が変化するという言葉出題される問題の答えも変わる可能性があるということです。

なのでこれを踏まえて考えてみると受験環境が変化するひとつの要因として史実の改定が存在すると考えることが出来ます。

これは単純に歴史だけの話だけではなく、資格試験などに関しても同様に法律の改定によって新しく覚えないといけない事が増えるという事も全く同じだと考えることが出来ます。

2.新しい言葉の誕生

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして新しい言葉の誕生ということがあげられます。

これはどういうことかと言いますと先ほどご紹介した史実の改定と少し似ているかもしれませんね。

私たちが一般的に使っている言葉の中には古い言葉もあれば新しい言葉も存在しています。

毎年私たちが使っている言葉には新しい言葉が追加されています。

そして新しい言葉が正式に認められた場合辞書などにも追加されるようになっています。

もしもこの新しい言葉が教科書に掲載されるような言葉だった場合は、当然教科書の内容も変化し新しく覚えなければいけない新しい言葉として存在するようになります。

そしてもしこの言葉が問題として出題された場合は当然受験環境が変化することにつながります。

なので新しい言葉が誕生するという事は受験環境が変化するひとつの要因として十分に成り立つことができると考えることができます。

3.センター試験制度の変化


次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとしてセンター試験制度の変化ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますとこれまで大学受験といえばセンター試験、そして一般入試、そしてAO入試などが一般的に知られていたと思います。

しかし近年において文部科学省が大学受験制度を見直ししているという情報が存在しています。

具体的にどういうことかと言いますとこれまでの入試試験の制度が廃止されるということになります。

そしてその代わりに新しい試験を導入して行うという考えが広がっているのです。

具体的な年代については2020年頃を目処にして廃止しようという考えが一般的に検討されており、それを踏まえて考えてみると今現在中学校2年生より下の世代に関してはこの影響を受けてしまうと十分に考えられるのです。

まだ検討段階なので詳しいことに関しては判明していない部分もたくさんあるのですが例えばどういう部分が変化するのかと言いますとパソコンで試験を受ける方式の導入予定であったりするなど、現代において求められるスキルなどが変化していることによりそれに伴って試験制度の内容も変化しようとしているということを考えることができます。

なのでまさにこのような試験制度の変化によって受験環境が変化すると考えることができるのです。

なので私たちが受けてきた一般的な受験はもしかすると今の若い方たちには経験しないようなことになる可能性もあるということです。

このようなことを常に頭の中においていなければまさに環境の変化に直面する年代の方にとっては将来を左右するような大切な出来事になる可能性もあるのです。

だからこそ常に未来を考えていま自分がどういうことを知らなければいけないのかということを考えながら行動していかなければいけないのです。

4.少子化

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして少子化が存在しています。

今の世の中は少子高齢化と言われており、若い世代が少なく年齢を重ねた高齢の人口が多くなっているということが問題視されています。

そして少子化に関しては受験環境を変化させる要因の一つとして考えることができるのです。

なぜ少子化が受験環境を変化させる要因になり得るのかと考えた時に、一般的には受験する人数が少なくなるということは有名な大学に入る時に空きが出るので有名大学に入りやすいと捉える方が多いです。

しかし、よく考えてみるとそのような状況だからこそ有名な大学に入りたいと思う人が逆に多くなることが予想されます。

そうなるとこれまでの倍率よりももっと激しい倍率になる可能性が十分考えられ、上位の大学に関してはとてつもなく競争の激しい時代に突入する可能性があると言われています。

なので今後有名大学を受験したいと思っている方はしっかりと準備をしておかないと周りの人間に負けてしまう可能性が生まれるということです。

根本的に考えれば勉強をするということ自体は変わらないので大きな変化はないように感じるかもしれませんが、上位の大学は人気が出るのは分かりますが、問題なのは中堅大学に及びます。

中堅大学に関してはこのような波の影響で入学人数が減ってしまう可能性があり、募集人数に満たない可能性もあるのです。

それを踏まえると中堅大学に受験した方がむしろ入りやすい可能性があると捉えることもできます。

なのでこのようにその時代の流れなどを考えながらどの大学を受験するのかということを考えて戦略を立てた方が安定的に自分の進みやすい方向に進むことが可能になるのです。

なので自分で作戦を立てながらどういう風に受験戦争を突破していくのかということを主体的に考えて行動していかなければいけない時代になるということです。

なので少子化は受験環境変化する要因の一つとして十分成り立つと言えます。

5.学部再編

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして学部再編ということが存在しています。

学部再編とはなにかと言いますと、私たちは大学に入る時に自分自身の学部を選択しています。

例えば教育学部という学部や理学部、農学部、医学部、法学部といったものが存在しています。

このほかにも様々な学部が存在しており、学部とは大学を構成する単位で教育及び研究所の組織という意味を持っています。

つまり大学で専攻する学問の分野によって大切された教育そして研究上の組織と考えることができます。

将来どうなりたいかということを考えた上でこの学部を選択してそれに関する教育を学んでいくのですが、学部再編とはどの学部を改めて作り直すという意味を持っています。

つまり時代の変化とともによって学ぶべきものや習得する知識などの変化して行こうという意味が含まれています。

当然ながらそれによって勉強しなければいけないことなども変わってくるので受験環境が変化する要因の一つとして考えることが可能になります。