あなたにとって学歴とは何ですか?

人によってはとても大切なことであると答える人もいるかもしれませんし、人によっては全く人生に関係がないことと答えるかもしれませんね。

なぜこのように学歴という言葉は人によって感じ方が全く違うのでしょうか。

それは言ってみればその人自身の人生を表しているのかもしれませんね。

例えば一般的に考えると学歴はとても大切なものであると教えられます。

それはなぜかと考えた時に学歴が高ければ高いほど良い就職先が見つかると言われているからです。

例えば学歴という言葉に結びつく格好は一般的に東京大学や京都大学が有名になっていると思います。

このような超有名校を卒業した人間は大多数の人間が日本に存在している大企業に就職をしています。

当然ながら大学の中でも優秀中の優秀になりますので、優れた考え方を持っている人間が集まっているからこそ有名な大企業に採用されると考えることも出来ますし、それなりにブランド力のある企業からしても有名な大学を卒業している人間を中心に採用しようと考えて募集を行っているからです。

なので変な話、公言はしていませんが有名な企業はとりあえず有名な大学から人を取っておけば失敗はしないだろうという考えの元有名大学を卒業している人間を中心に面接を通過させていると言っても過言ではありません。

なぜならば有名な企業にはそれなりに応募者が殺到しますので、一人一人面談を行っていてもきりがないのです。

ではどのように効率よく優秀な人間を取得していくのかと考えた時にやはり目に見えてわかる実績である学歴を中心にして採用するようにしているのです。

このように考えれば学歴がとても大切であり人生において有利に働くということは間違いない事実になります。

しかし学歴が関係ないという方は自分の力で会社を起こして実績を作れば学歴なんか必要ないという考え方に沿っているのです。

考え方は人それぞれですが、一般的に多くの方は自分の過去に戻ってもう一度勉強し直して良い学歴を取得したいと考えてる方が多いものです。

なので今回は受験生の時にやっておけばよかったことをテーマにして、具体的にどういうことをやっておけばよかったのかということをご紹介していきます。

受験生の頃を振り返って次の世代に伝えよう

私たちは一般的に考えてたくさんの方が入学するために受験を受けていると考えることができます。

中学校卒業して働いているという方には該当しないかもしれませんが、高校に入る時や専門学校、短大、大学などに入る時には必ず受験を受けてきた経験があると思います。

そして受験を受けた方の中には受験に失敗した人や受験に成功した経験を持っている人さまざまな人が存在すると思います。

そのような経験をしているからこそ今受験を受けようとしている立場の次の世代に向けて伝えられるようなことがたくさんあるはずですよね。

一般的にこうしてしまいがちだが実はこうしておけばよかったと思うようなことはおそらく今受験を受けている世代に関しても全く同じようなことが言えると思います。

例えば多くの方があの時は将来の事を考えずになんとなく勉強していたけど、今になって思えばあの時もっと危機感をもって勉強しておけば未来が変わっていたかもしれない、と思うような事はたくさんあるはずです。

過去のことを悔やんでも今は変わりませんので今何をすることができるのかと考えることが大切ではありますが、自分と同じ失敗をしてほしくないと思うのであればこれからの世代にそのことを伝えていく必要性がありますし、今を生きている人は逆に先輩たちから学ぶべきことはどういうことがあるのかということを考えておく必要性があるのです。

これは今を生きている人達には全て共通することになります。

いかに自分の未来を見据えて先行投資して行動することができるかということがより良い未来をつくるための大切な一歩になります。

踏まえたので私たちは先人たちの知恵や経験を借りてより良い未来を作っていかなければいけません。

受験環境は時代と共に変化する


私たちにとって一般的には受験を受けている時のみ受験のことを考えており、受験を受けていない立場になると受験に関して全く想像することがなくなると思います。

だからこそたくさんの方が気づいていないのも無理はないのですが、時代とともに実は受験環境というものは変化しているということがわかります。

なぜ受験環境が変化しているのかと考えた時には様々な要素が存在していると捉えることができます。

これから受験を受ける方に関しては自分が今受けている受験環境が時代とともに変化してきているという事を知っておいた方が良いです。

今の受験環境を知るとともにもし今後未来にまた自分が受験を受けるような環境が考えられるのであればある程度知っておいた方が未来の受験環境を予測することにもつながるからです。

今後の人生で受験を受けることはもうないと考えている方でも、もしかしたら将来自分の子供が受験を受ける時に何らかのアドバイスをすることができる可能性もありますし、一般的な世の中の流れという意味でも知っておいて特にそうになるようなことはありませんので、なぜ受験環境が変化して来ているのかということを自分自身で考えながらこれからご紹介する項目を確認してみてください。

1.史実の改定

まずはじめにご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして史実の改定ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと時代と共に新たな真実が発見されるということです。

例えば私たちが日常生活で取得しているたくさんの情報があると思いますが、一般的にこれまで正しいと思われていた情報が実は間違っていたということはよくありますよね。

それと同じで私たちが学んできた歴史に関しても実は間違っていた歴史であり、本当はこのような事実だったというようなことはよくある話です。

例えば一つ例を挙げるとするならば私たちが一般的に学んできた人類の起源に関しては教科書に記載されていたアウストラロピテクスという名前が存在していたと思います。

しかしながら最近の研究によってもっと古代の猿人の化石が発見されその化石に別の名称が名付けられたというようなことがあります。

それを踏まえて考えてみると人類最古の化石の名称が変わるという事は当然教科書の内容などが変化するようになりますよね。

なのでこのような史実の改定が行われると教科書の内容なども変化するようになります。

そして教科書の内容が変化するという言葉出題される問題の答えも変わる可能性があるということです。

なのでこれを踏まえて考えてみると受験環境が変化するひとつの要因として史実の改定が存在すると考えることが出来ます。

これは単純に歴史だけの話だけではなく、資格試験などに関しても同様に法律の改定によって新しく覚えないといけない事が増えるという事も全く同じだと考えることが出来ます。

2.新しい言葉の誕生

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして新しい言葉の誕生ということがあげられます。

これはどういうことかと言いますと先ほどご紹介した史実の改定と少し似ているかもしれませんね。

私たちが一般的に使っている言葉の中には古い言葉もあれば新しい言葉も存在しています。

毎年私たちが使っている言葉には新しい言葉が追加されています。

そして新しい言葉が正式に認められた場合辞書などにも追加されるようになっています。

もしもこの新しい言葉が教科書に掲載されるような言葉だった場合は、当然教科書の内容も変化し新しく覚えなければいけない新しい言葉として存在するようになります。

そしてもしこの言葉が問題として出題された場合は当然受験環境が変化することにつながります。

なので新しい言葉が誕生するという事は受験環境が変化するひとつの要因として十分に成り立つことができると考えることができます。

3.センター試験制度の変化


次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとしてセンター試験制度の変化ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますとこれまで大学受験といえばセンター試験、そして一般入試、そしてAO入試などが一般的に知られていたと思います。

しかし近年において文部科学省が大学受験制度を見直ししているという情報が存在しています。

具体的にどういうことかと言いますとこれまでの入試試験の制度が廃止されるということになります。

そしてその代わりに新しい試験を導入して行うという考えが広がっているのです。

具体的な年代については2020年頃を目処にして廃止しようという考えが一般的に検討されており、それを踏まえて考えてみると今現在中学校2年生より下の世代に関してはこの影響を受けてしまうと十分に考えられるのです。

まだ検討段階なので詳しいことに関しては判明していない部分もたくさんあるのですが例えばどういう部分が変化するのかと言いますとパソコンで試験を受ける方式の導入予定であったりするなど、現代において求められるスキルなどが変化していることによりそれに伴って試験制度の内容も変化しようとしているということを考えることができます。

なのでまさにこのような試験制度の変化によって受験環境が変化すると考えることができるのです。

なので私たちが受けてきた一般的な受験はもしかすると今の若い方たちには経験しないようなことになる可能性もあるということです。

このようなことを常に頭の中においていなければまさに環境の変化に直面する年代の方にとっては将来を左右するような大切な出来事になる可能性もあるのです。

だからこそ常に未来を考えていま自分がどういうことを知らなければいけないのかということを考えながら行動していかなければいけないのです。

4.少子化

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして少子化が存在しています。

今の世の中は少子高齢化と言われており、若い世代が少なく年齢を重ねた高齢の人口が多くなっているということが問題視されています。

そして少子化に関しては受験環境を変化させる要因の一つとして考えることができるのです。

なぜ少子化が受験環境を変化させる要因になり得るのかと考えた時に、一般的には受験する人数が少なくなるということは有名な大学に入る時に空きが出るので有名大学に入りやすいと捉える方が多いです。

しかし、よく考えてみるとそのような状況だからこそ有名な大学に入りたいと思う人が逆に多くなることが予想されます。

そうなるとこれまでの倍率よりももっと激しい倍率になる可能性が十分考えられ、上位の大学に関してはとてつもなく競争の激しい時代に突入する可能性があると言われています。

なので今後有名大学を受験したいと思っている方はしっかりと準備をしておかないと周りの人間に負けてしまう可能性が生まれるということです。

根本的に考えれば勉強をするということ自体は変わらないので大きな変化はないように感じるかもしれませんが、上位の大学は人気が出るのは分かりますが、問題なのは中堅大学に及びます。

中堅大学に関してはこのような波の影響で入学人数が減ってしまう可能性があり、募集人数に満たない可能性もあるのです。

それを踏まえると中堅大学に受験した方がむしろ入りやすい可能性があると捉えることもできます。

なのでこのようにその時代の流れなどを考えながらどの大学を受験するのかということを考えて戦略を立てた方が安定的に自分の進みやすい方向に進むことが可能になるのです。

なので自分で作戦を立てながらどういう風に受験戦争を突破していくのかということを主体的に考えて行動していかなければいけない時代になるということです。

なので少子化は受験環境変化する要因の一つとして十分成り立つと言えます。

5.学部再編

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして学部再編ということが存在しています。

学部再編とはなにかと言いますと、私たちは大学に入る時に自分自身の学部を選択しています。

例えば教育学部という学部や理学部、農学部、医学部、法学部といったものが存在しています。

このほかにも様々な学部が存在しており、学部とは大学を構成する単位で教育及び研究所の組織という意味を持っています。

つまり大学で専攻する学問の分野によって大切された教育そして研究上の組織と考えることができます。

将来どうなりたいかということを考えた上でこの学部を選択してそれに関する教育を学んでいくのですが、学部再編とはどの学部を改めて作り直すという意味を持っています。

つまり時代の変化とともによって学ぶべきものや習得する知識などの変化して行こうという意味が含まれています。

当然ながらそれによって勉強しなければいけないことなども変わってくるので受験環境が変化する要因の一つとして考えることが可能になります。

6.受験料の高騰

次にご紹介する受験環境が変化する要因の一つとして受験料の高騰があります。

これはどういうことかと言いますと、私たちは受験を受ける時に受験を受けるためのお金を支払っています。

例えば一般的にセンター試験を受ける場合、3教科以上の場合は18,000円の金額が発生します。

そしてに2教科以下の場合は12,000円の金額が必要となります。

そして国立大学・2次試験を受験する場合は平均17,000円がかかり、私立大学・一般入試などに関しては平均で35,000円がかかります。

もちろん学部によって受験料などの変化しており、歯学系や医学系に関しては40,000円~60,000円の金額が発生する場合もあります。

これらの受験料がさらに高くなってしまうという状況も十分考えられるのです。

大学に入るだけでもある程度金銭的な負担は存在しますが、さらに試験を受けるだけでも金銭的な負担がこれ以上上がってしまうと考えると、家庭によっては大学を受験するということ自体が難しくなってくる家庭も生まれてくるのです。

負担する受験料の高騰に関しては、大きく受験環境が変化する要因の一つであると捉えることが可能になるのです。

自分が大学を受けた時に自分自身が金銭的な負担をしたという方は少ないと思います。

自分が大学を受けた時にこれほどの金銭的な負担がかかっていたということを改めて知ると、親に負担をかけたくないと思い受験を断念する方も出てくると思いますので、とてもシビアな問題の一つであると考えられます。

受験生の時にやっておけばよかったと思う5個のこと

ここまでは受験環境が変化する要因についてご紹介していきました。

受験環境が変化するなんてそうそう簡単に起きないだろうと思っている方でも、今回ご紹介した要因に目を通していただければ決して変わらないものではないんだということが改めて実感いただけたはずです。

そしてその実感を持っていただいた上で、受験生の時にやっておけばよかったと思うことについて詳しくご紹介していきたいと思います。

実際に自分がその立場に立っているときはなかなかわからないものですが、その時に理解しておかなければ後から理解しても遅いのです。

だからこそ自分よりも先に生まれた人間のアドバイスなどは、大事に考える一つの要素として受け止めなければいけません。

それが最終的に将来の自分にとって、より良い未来をつくる可能性があるからです。

これからご紹介する項目を今受験生の立場として頑張っている方は大切に感じて日常生活の中で活かせるように取り入れてみてください。

1.もっと勉強しておけばよかった

まずはじめにご紹介する受験生の時にやっておけばよかったと思うことは「もっと勉強しておけばよかった」ということです。

今自分の身近にいる大人に聞いてみてください。

かなりの割合でこの答えを聞けるはずです。

なぜもっと勉強しておけばよかったのかとたくさんの人間が答えるのかよく自分なりに考えてみてください。

それはもっと勉強しておけば、今よりも良い未来を描くことができたからということになります。

可能ならばもっと勉強しておけばよかったと答えた後にどうして?と聞いてみてください。

そこにこの問いの答えがあるはずです。

大体の方はもっと勉強して良い会社に入って良い待遇で働きたかったという方などが多いと思います。

学生の時にしっかりと勉強して真面目にしていれば、将来何十年も続く社会人としての人生がもっと有意義なものになっていたと感じているからです。

その話を聞いて自分は将来勉強において後悔するようなことはなくしたいと思うのであれば、今頑張ればその未来を変えることは可能になりますので、精一杯自分がもうできないというくらいまで本気で勉強に向き合ってみるのがひとつの未来を変える方法になると思います。

2.自分を甘やかさなければ良かった

次にご紹介する受験生の時にやっておけばよかったと思うことは「自分を甘やかさなければ良かった」ということです。

これはどういう事かと言いますと、自分を甘やかしすぎて伸ばせたはずの能力を伸ばすことができなかった、出せるはずの成果を出すことができなかったということに繋がると思います。

大部分の方はこれを勉強につなげて考えていると思います。

勉強はしていたけど、自分を甘やかして結局自分が望んでいた成果を出すことができなかったせいで、今くすぶってしまっていると感じている方もいるかもしれません。

もちろん頑張っていたとしてもその成果を出すことができたかどうかはわかりませんが、少なくとも本気で頑張っていれば今後悔はしていなかったはずです。

人間は後悔をする時は、本気で出来ていなかった場合が多いのです。

本気で死ぬ気で頑張った結果それが駄目だったのであれば、潔くその結果を受け止めることができます。

ですが、本気を出さずに死ぬ気で頑張らずにその結果を出してしまった時、本当はもっとできたんじゃないかと自分の中で後悔してしまう気持ちが少しでも後悔してしまうと、それが時間とともに大きくなってしまうのです。

もちろん社会人となった今頑張れば、ある程度未来を良い方向に変化させることは十分可能です。

しかし、受験生の時に勉強をしっかりとする方が変化する未来も大きく、手に入れられるものも大きいと感じている方が大多数なのです。

早い段階でこの事実に気づいていれば…という事が、後悔に繋がっていると考えることが出来ます。

自分の限界を自分で決めてしまった

自分を甘やかしてしまいがちな人間は、自分の限界を自分で決めてしまっている傾向があります。

一般的に能力の高い人間は、自分で限界を作ったりする事はあまりしません。

限界を決めてしまうと、自分の力はその部分で停滞してしまう可能性が高くなってしまうからです。

自分はこれくらいしかできないだろうと思って物事にとりかかればこれくらいの結果しか見ることができませんが、自分はもっとできるはずだと思ってやれば意外と高い成果を上げることができたりします。

だからこそビジネスの場面でも目標設定をする場合は、今の自分よりも少し上の目標を設定するように考えている企業が多いです。

あまりにも突出した目的だと実現できない可能性がありますが、今の自分よりも少し上なら現実的に不可能ではないからです。

そのように何度も繰り返して自分の限界をどんどん上げていくことが可能になります。

なので受験生として勉強をしている立場の人間も自分の限界はこれくらいだなと思わずに、自分に限界はないと思って常に上を目指して努力し続ける人間にこそ道は開けていくのです。

今思えばもっとできる時間も能力もあった

人間には可能性が満ち溢れています。

自分を信じて絶対に成し遂げると突き進めば実現できる可能性が高いです。

これぐらいの強い気持ちを持って何事も行えば結果を出しやすくなります。

受験を終えた後に今思ってみれば、自分には何もとも頑張ればできる時間も能力もあったのに、なぜそれを活かしきることができなかったのかと後悔してしまう方がいます。

後悔ばかりしても何も生まれませんが、そこから学ぶことはできます。

私たちが生きている今を変化させることによって未来を変えることができますので、未来を変えるのに年齢は関係ないですし、遅いこともありません。

しかし早い段階でこの事に気づいていれば、より早く自分の未来を変化させることができます。

今受験生の立場で勉強頑張っている方はたくさんの時間を無駄にせずに、自分の能力を信じて自分が最大限結果を発揮できるように頑張り続けるという事を頭の中で常に忘れないようにしてください。

3.もっと熱心な友人達の仲間になっていれば良かった

次にご紹介する受験生の時にやっておけばよかったと思うことは「もっと熱心な友人達の仲間になっていれば良かった」ということです。

自分の身の回りにいる仲間の存在はとても大きな存在です。

知らず知らずのうちにたくさんのことを身の回りにいる仲間から影響を受けているはずです。

特に若い年齢の時には自分の仲間が行っていることがとても気になったり、いいなと思うことがあれば、それを真似して行なったりすることがよくあると思います。

そんなたくさんの影響を受ける仲間だからこそ、もっと支払いに関して熱心な友達を持っていればよかったと後悔してしまう方がたくさんいると思います。

もちろん考えてみれば周りの仲間のせいにしているだけだと感じる方もいるかもしれませんが、自分がいる環境を変えるということも自分を変えることにつながるのです。

例えば何かを行うときにライバルがいた方が、その分野で結果を出しやすいという話を聞いた事があると思います。

これはライバルに負けたくないっていう気持ちが自分の中の可能性を引き出して、よりその物事を頑張ろうというモチベーションにつながっているからこそ得られる効果でもあります。

こうして考えてみれば自分の身の回りの環境を変化させるということは、とても大切な要因に繋がると理解いただけるはずです。

友人関係は受験に大きく影響する

身の回りにいる人間の変化によって自分が大きく変わるということをご紹介しました。

それを踏まえて考えてみれば、受験に関しても全く同様のことが影響すると考えることができます。

つまり受験に関して高い意識を持って努力している人間を自分の身近な存在、つまり友達として一緒に行動していれば、よりその仲間の影響を自分自身も受けることが出来高い能力を発揮することができたのに、ということになります。

周囲の人間が本気で頑張っていれば自然と自分もその影響を受けてその物事に対して本気で取り組もうとする姿勢を手に入れることができます。

だからこそ周囲が頑張っていれば頑張りますし、周囲がだらけていれば自分自身もだらけてしまうということです。

今、あなたには友達に流されて自分の意思を尊重しないようなことがあったりしませんか?

もしも自分の意思を尊重できずに行動することができなかった経験を今持っているのであれば、将来のことを見据えて自分の周りの環境を変化させる勇気を持つことが必要な時なのかもしれません。

4.妥協しなければ良かった

次にご紹介する受験生の時にやっておけばよかったと思うことは「妥協しなければ良かった」ということです。

人生において後悔はつきものですが、先ほどご紹介したように後悔する時も決まって自分が本気でやっていない時に該当する場合が多いです。

つまり後悔するときは妥協してしまったときということになります。

過去の自分が妥協してしまったせいで、今猛烈に後悔しているという方は多いです。

例えば、よくある話が第一志望の大学に行かずに第二志望に通ってしまったということです。

もっとこだわりを持って自分の未来を選択しておけばよかったと思う方もいると思いますし、滑り止め対策で時間を無駄にせずに自分の本命の大学のみに焦点を絞って行うべき努力をしておけばよかったと考えるような方もたくさんいるはずです。

もちろん受験生の立場として考えると滑り止めに関してもきちんと対策をしておきたいと考えるのは仕方のないことなので、なかなか気持ちの変化を受け入れることは難しいかもしれません。

しかし、自分の将来のことを本気で考えて、将来それで本当に良かったと思われたかどうか自分の気持ちに胸に手を当てて考える事が将来後悔しない選択になります。

5.学校の先生に逆らわなければ良かった

次にご紹介する受験生の時にやっておけばよかったと思うことは「学校の先生に逆らわなければ良かった」ということです。

様々な経験を経て社会人として活躍した時に昔先生がかけてくれた言葉に対して、反発してしまったことを後悔している方はたくさんいます。

様々な経験をしている先生だからこそ分かるようなアドバイスをせっかく無知な自分に送ってくれたのに、それをないがしろにしてしまったことによって今後悔してしまっているということです。

もちろんその時にはその時の自分なりの考えがあったということは当然なので、その時の自分はそれが一番正しい選択してあると疑ってやまなかったはずなのですが、もっと深く考えていれば気づけていたかもしれないということを考えてみると後悔は尽きないはずです。

もしもあなたが今受験者の立場なのであれば、おそらくまだ一般的な社会のことはよくわかっていないと思います。

分かっていないあなたが判断するよりも、様々な人生経験をして人生の酸いも甘いも知り尽くしている人間が行ってくれるアドバイスは貴重な選択肢の一つになります。

なぜその人はその可能性を示してくれているのか、これをよく考えながらその言葉の裏に隠された意味を120%理解した上で選択をするようにしてください。

後で気づけたとしてもすでに遅いのです。

もしも身の回りに自分の将来についてアドバイスをしてくれるような人がいるのであれば、その人になぜそのアドバイスをしてくれるのかということをよく聞いてみてください。

なぜ、なぜ、と問いかけるうちに最終的にあなたにとってとても大事な話が聞けるようになるはずです。

大人になってからわかることがある

今回は受験生をテーマにして、受験環境の変化の要因や受験生の時にやっておけばよかったと思うことについてご紹介していきました。

様々な事はたくさんの経験をしてみなければわからないと思います。

実際に経験をしてみなければその物事の重要性であったり、なぜなのかという理由についてわからないからです。

しかし、すべての物事を経験する事はいくら時間があっても足りません。

特に人生の折り返し地点にも立っていないような状態であれば当然のことです。

しかし、だからこそ私たちは自分が行う選択が本当に正しいのか、常に疑い続けなければいけません。

それが間違っている道を正す唯一の方法になるからです。

失敗を繰り返して成長していきますが、人生において失敗をしても変更ができない、もしくはしにくい事は腐るほどあります。

だからこそ重要な選択をする時には安易な気持ちだけで判断するのはやめて、少しでも多くの情報を取得し自分が将来後悔しないかどうか、考えた上で本気で物事に取り組むようにしてみてください。

今回ご紹介した各項目をよく考えて普段の自分の考え方に取り入れましょう。