あなたは日常生活の中で何かしらのゲン担ぎを行っていますか?

私たちは日常生活の中で様々な勝負しなければいけない場面がありますよね。

例えば学生の方であれば、テストの前の日は学生にとって大きな勝負の一つだと思います。

自分の学力や知識を高めて最終的に良い成績を収めて良い大学行きたい。

将来に少しでも役立てるようなスキルを身につけておきたい、という考える人も多いと思います。

その他にも体育祭や部活の試合などで良い成績を収めたい、勝ちたいと思う事なども含まれます。

そして、学生そして社会人に共通する面では資格を取得したりする場合です。

資格を取得するためには、それなりのテストや試験が設定されておりそれをクリアしなければ資格を取得することができません。

社会人になってからも様々な場面で自分の力を発揮して、勝利を掴まないとなければいけない場面があると思います。

例えばたくさんの人の前で何かしらのプレゼンを行ったりする場面、お客様から契約をしてもらう場面など様々です。

今ご紹介したものはあくまで一例にすぎません。

自分自身にとって勝負しなければいけない場面というのは、個人の価値観によるものなので様々な場面が想像されるのです。

でもそのような時に自分の力を十二分に発揮するために何をすることができるのか、と考えた時に、当然結果を出すための努力が必要です。

そして、それ以外にも精神的なもので重要なことがあります。

それはゲン担ぎです。

ゲン担ぎなんてただの逃げだと思っている方もいるかもしれません。

しかし、勝負をする際には精神状態はとても大切な要素となります。

精神状態を整えるメリットがあるゲン担ぎをなめてはいけません。

なので今回はゲン担ぎをテーマにして、ゲン担ぎになりそうな行動について詳しくご紹介していきたいと思います。

勝負の前にはゲン担ぎ!

勝負をする前は必ずゲン担ぎを行うべきです。

おそらくすでにゲン担ぎをして、自分自身の日常生活の中に取り入れてる人もいるかもしれませんね。

先ほどご紹介したように、ゲン担ぎをするということは自分の精神状態を安定する大切なひとつの要素になり得る行為です。

例えば、精神状態が伴っていなければどうなるのかと考えた時に、おそらくあまり良い結果を想像することはできないと思います。

人は誰しもが勝負をしたりする場面は、必ず緊張が伴います。

緊張が伴うということは、今まで積み重ねてきた努力、それによって培われた自分自身の実力が数割しか発揮できない状態になってしまうこともあります。

なので大多数の方がたくさんの努力を行って、緊張状態に陥って数割しか実力を出せなかったとしても、それを上回る大きな実力を得るために努力をしています。

しかしながらゲン担ぎ行って、自分の精神状態を調整することによってその低下をなるべく防ぐこともできます。

結果的に見れば、ゲン担ぎを行って精神状態を安定させるということは、自分の実力を大きく伸ばす行為と等しい行為であると考えることができるのです。

だからこそ勝負の前には必ずゲン担ぎをしていただきたいのです。

あなたはゲン担ぎを行っていますか?

もしもゲン担ぎを行っていないのであれば、すばらしさを理解し日常生活の中に取り入れるべきです。

ゲン担ぎとは

吉兆をおしはかること

そもそもゲン担ぎという言葉自体をよくわかっていない人もいるかもしれませんね。

ゲン担ぎという行為に関しては、どのような意味を持っているかと言うと「吉兆をおしはかること」という意味を持っています。

ちょっとこの意味では難しいかもしれませんね。

ではもっと簡単な言葉で説明するとしましょう。

「吉兆をおしはかること」とは簡単にいえば、以前良い結果が出た行為を繰り返し行うことで吉兆をはかるという意味になります。

この意味を考えてみると、わかりやすいと思いますが、以前何かしらの行為を行って良い結果が出たのであれば、今回もそれと同じ行為を行ってみようというものです。

例えば、あなたが以前何かしらのテスト受けた時に良い点数を収めたとします。

その時のことを思い出してみると、あなたがテストの前にバナナを食べていたということを思い出しました。

そして、今回のテストに関しても良い結果を出したいと思ったあなたは、再び前回と同じような行動であるバナナを食べる行動を取り入れたとします。

これは「バナナを食べるというゲン担ぎ」を行ったと考えることが出来るのです。

なので意味を理解していれば、とても単純な言葉であるということがお分かりいただけると思います。

良い前兆や悪い前兆を気にすること

ゲン担ぎという言葉に関してはその他にも意味があります。

「良い前兆や悪い前兆を気にすること」という意味ももっています。

この意味に関してはそのままの意味ですが、良い前兆だったり悪い前兆なども気にして、何かしらの行動を取るという意味として解釈する事が出来ます。

例えば先ほどと同様に、何かしらのテストを控えた状態だったと仮定してみてください。

例えば基本的なこととして、何かに対してプラスなこと、つまりポジティブなことを発言するとします。

一方では、何かに対してマイナスなこと、つまりネガティブなことを発言します。

当然ながら前者の方が、良い結果を出しやすくなるということは誰しもが分かっていると思います。

これも考えてみれば先ほどご紹介した、ゲン担ぎという言葉の意味である「良い前兆や悪い前兆を気にすること」に由来していると考えることが出来ます。

これまでにあなたが培ってきた知識や経験などに関しては、ただ言葉を発するだけでなくなってしまうようなものではありません。

しかしながら、先ほどご紹介したように、何かしらの言葉を口に出すだけで、結果が左右するということに関してはあくまで前兆を気にしているという事に繋がります。

もちろん精神状態を整えるという意味では大きく左右するものになるのですが、それを外して考えてみるとやはり前兆を気にしているがゆえに感じている心理になります。

なので良い前兆が悪い前兆な時にしたりすること自体がゲン担ぎという言葉につながっています。

縁起を気にすること

ゲン担ぎという言葉に関してはもう一つ意味があります。

それは、「縁起を気にすること」という意味です。

スピリチュアルなことなのに関してあまり信じていない人も多いと思います。

それでも縁起を気にしたりしている人はたくさんいると思います。

例えば極端な話をするとすれば、私たちの中で幽霊を信じている人はおそらくごくごく少数派の人間だと思います。

あなたの身の回りに幽霊を信じていると言っている人間は、おそらくそこまで多くないと思います。

しかしながら幽霊を信じていない人間でも、例えば墓場などにある墓石を蹴れるかどうかと考えると躊躇する人間がいますよね。

それは墓石を蹴るという行為が犯罪にあたるからという理由もあるかもしれません。

しかし、墓石を蹴る事によって、祟られてしまうと感じている人もいるはずです。

たとえ幽霊を信じていなかったとしても、縁起などを気にしているような方はたくさんいるのです。

少し極端な例だったかもしれませんが、世の中に存在している人には縁起を気にしている人はたくさんいるということです。

そしてあまり知られていませんが、縁起を気にするという言葉の意味はゲン担ぎという言葉で表現することが出来るのです。

以前成功したときのことを繰り返す人が多い

ゲン担ぎをもし行うとするとして、具体的に何をするべきなのかと考えた時に、先ほどご紹介したように以前成功した時の事を繰り返す方が基本的には多くなります。

もちろん何をするということが全て自由なので、絶対に成功した時の事を繰り返さなければいけないということではないです。

しかし、一般的にはこのような行動を繰り返す人間の方が多いです。

先ほども紹介したように、バナナを食べるという行為に関しても、それをしたから成功したと自分が信じるならそれでも良いです。

人によってはバナナを食べたからではなく、普段は使わない鉛筆をつかってテストを受けたから良い成績だったんだ、と思えばその鉛筆を使えばよい話です。

なので必ずしも同じような事をする必要性はありません。

あくまでゲン担ぎで何かを担ぐのかは個人の自由なのです。

ルーティン的なモノ

ここで気づいた方もたくさんいると思いますが、ゲン担ぎという行為に関しては、いわゆるルーティン的なものと考えていただければわかりやすいと思います。

そもそもルーティンという言葉は、「決まりきった仕事、日々の作業」という意味を持っています。

しかしながら一般的に使われる場合は、ゲン担ぎと同じような意味合いで用いられている事が多いです。

例えばトップクラスの実力を持っているアスリートなどに関しても、ルーティンを取り入れてる選手はかなり多いのです。

アスリートに関しては高いパフォーマンスを生み出すために、毎日努力して何度も何度も練習をしています。

そして、試合の舞台でその高いパフォーマンスを発揮しています。

そのような一流の努力を行っている選手でも、精神状態を安定させるためにルーティンを行っている人は多いのです。

例えば私たち日本人においてトップクラスの実力を持っている野球選手の一人として、イチロー選手がいます。

野球を知らない方でもその名前は知っていると思います。

イチロー選手も数多くのルーティンを行っていると知られています。

例えばイチロー選手は、毎朝の食事がカレーライスと決まっています。

これも自分なりのルーティンの一つであると捉えることができますよね。

イチロー選手はバッターボックスに入って投球を受ける前に、必ずバット回して自分の目の前に突き立ててその後袖を触ったりするような仕草を行っています。

これも同じようにルーティンの1つとして捉えることができます。

このような行動を何度も何度も行うことによって、精神状態を安定させるとともにパフォーマンスを発揮することができるようになっています。

一流の人間でさえこのような行動を行っているのですから、意味がないと判断してしまうにはどうしても早すぎます。

ルーティン、ゲン担ぎを取り入れる事によって、もしかするとあなたに秘められた大きな力を導き出してくれる存在になるかもしれません。

元々は縁起担ぎだった

ゲン担ぎという言葉は、今でこそこのように言葉が定着していますが、昔は違う呼び名だったということを知っていますか?

そもそも以前はゲン担ぎという言葉ではなく、縁起担ぎという言葉で呼ばれていました。

ではなぜこのように言葉が現在はゲン担ぎという言葉に変化したのでしょうか?

元々縁起を担ぐという意味で使われていたのは、江戸時代に遡ります。

江戸時代までには、縁起を担ぐという意味で、「縁起担ぎ」という言葉で呼ばれていました。

しかし、江戸時代に流行った逆さ言葉の影響によって、縁起という言葉を反対の「ぎえん」という言葉に変換されるようになったのです。

そして徐々にこの「ぎえん」という言葉が変化していき、最終的に「げん」という言葉に変化していったのです。

それからは今の時代に至るまで、ゲン担ぎという言葉で呼ばれるようになっています。

だからこそゲン担ぎという言葉の意味の中には「縁起を気にすること」という意味が含まれているのです。

昔の言葉の名残が残っている意味として存在している事がお分かりいただけると思います。

ゲン担ぎになりそうな9個の行動


ここまではゲン担ぎという言葉に関して基本的な知識をご紹介していきました。

ある程度ゲン担ぎという言葉についておわかりいただけたと思います。

では、ここからは具体的に日常生活の中でゲン担ぎなりそうな行動についてご紹介していきたいと思います。

勘違いしていただきたくないのは、あくまで先ほどご紹介したように、ゲン担ぎというものに関しては自分自身が考えて実行したいと思ったことを実行していただければそれで良いのです。

なので誰かに強制されてするようなものでもありません。

自分なりに考えて行えばそれは意味を持っているゲン担ぎになるのです。

しかしながら、なかなか自分がどういう行動をとれば良いのか考えつかないという方もいるかもしれませんね。

そのような方に関しては、これからご紹介するゲン担ぎになりそうな行動を取り入れて頂きたいと思っています。

これからご紹介する行動を参考にして、自分なりのゲン担ぎを編み出してみてください。

カツを食べる

まずはじめにご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「カツを食べる」ということです。

先ほどご紹介したように、私たちの日常生活においては様々な場面で勝負をしなければいけない場面があると思います。

そのような場面を控えた前の食事で、カツを食べることによってゲンを担ぐことが可能になります。

カツはいわゆるカツ丼であったり、トンカツなどが該当します。

なぜカツを食べる事がゲンを担ぐ事に該当するのかと言いますと、かなり単純な話になってきます。

カツという言葉は「勝つ」という言葉とかなり似ており、縁起が良い言葉とされています。

だからこそ何かしら勝負を決めたい前の食事は、カツを食べることによって縁起を良くすることが可能になるという行動になります。

これに関してはかなりたくさんの方が知っていると思いますが、実際に取り入れてる方もたくさんいるのです。

例えば、自分自身の過去を思い出してみてなにかしら結果を残さなければいけない時に、親が自分のためにカツを作ってくれた経験はありませんか?

これは自分自身の親が自分のためにゲン担ぎを行ってくれたと考えることができます。

カツを食べることは比較的簡単に行うことができるので、試してみてはいかがでしょうか。

右足から…を意識

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「右足から…を意識する」ことです。

これはどういう意味かといいますと、何かしらの場面で自分が取る行動を決めておくということです。

例えば、あなたがテストを受ける時に良い点数を取るための一つのゲン担ぎとして取り入れる場合は、テストが行われる教室に入るときは必ず右足から入るということを意識する方法です。

それと同じように教室から出るときには必ず左足から出るなど、ゲン担ぎを意識するという方法になります。

このゲン担ぎは、野球選手として活躍している前田健太投手のゲン担ぎとかなり似ています。

前田健太投手はかなりたくさんのゲン担ぎをしています。

なんと、20個以上のゲン担ぎを自分に課していると知られています。

その中の一つに野球選手である前田健太投手がグランドに入るときは必ず左足から入り、そしてグランドを出るときには必ず右足から出るという決まりを作っています。

このように何かしら自分の中で共通するような場面で、同じようなゲン担ぎをする事によって、自分なりのゲン担ぎを作り出せます。

勝俣流金運アップ

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「勝俣流金運アップ」です。

勝俣流金運アップは、芸能人として有名な勝俣州和さんが行っている金運アップするためのゲン担ぎです。

具体的には、まず私たちの財布にはたくさんの方が一万円札が入っていると思います。

その一万円札をそのまま他のお札と重ねて入れていると思います。

しかし、そのまま入れるのではなく、上手に1万円札を折ることによってあるゲン担ぎ行うことができます。

例えば、1万円札を上手に折ることによって正面から見たときに左上の1万円の文字が重なり、1億円にすることが可能になるのです。

このようにして桁数を多くしてたくさんのお金が入っているというようにお財布の中にある仕掛けをしておけば、それが自然とお金に関するゲン担ぎになるのです。

金銭アップに関して何の効果があるのか全くわからないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、これはあくまでゲン担ぎなので一つの方法として認識してみてください。

好きな曲を聞く

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「好きな曲を聞く」ということです。

私たちは人それぞれ好きなものは違います。

当然ながらそれは音楽にも共通すると思います。

人によってはヒップホップ調の音楽が好きという方がいるかもしれません。

人によってはバラードが好きだという方もいると思います。

意外にもバイオリンなどの歌詞のない曲の方が好きだという方もいると思います。

好きな音楽ならば何でもけっこうです。

自分が好きな曲を聴くことによって、自分の普段リラックスした気持ちを呼び覚ますことが可能になります。

だからこそ何かしら頑張らなければいけない場面であったり、緊張するような場面の時に、自分の好きな曲を聴くようにします。

そうすると、そのような緊張状態から少しでも解放されるのです。

これを行うことによって、自分の精神状態やバランスを保つことが可能になります。

そして、結果的に本番の時に安定したパフォーマンスを行うことができるようになるといえます。

ハッピーターンを食べる

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「ハッピーターンを食べる」ということです。

日本人であるならば、誰もが絶対に食べたことがあるような国民的おやつとして知られているハッピーターン。

ハッピーターンを利用することによって、一つのゲン担ぎを行うことが可能になります。

ハッピーターンはその名前の通りhappyという言葉が付いていますので、縁起の良いお菓子としても知られています。

一般的に私たちの中で縁起が良いお菓子というのは多くあります。

キットカットなどもその一つとして有名な話があると思います。

継続すれば継続するほど、緊張した場面の時にハッピーターンを食べることによって、ハッピーターンの味を感じることで、安心感を得たりするような効果も生み出すことが可能になります。

出来るならば継続して何度も行っていただくことをおすすめします。

継続して何度も行うことによって、より特別感を感じるようにもなります。

単位パンを食べる

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「単位パンを食べる」ということです。

単位パンという言葉は初めて聞く方も中にはいるかもしれませんね。

単位パンとは、大学生協東京事業連合が企画して期間限定で販売していたもので、大きく「単位」という言葉が焼かれたパンです。

その名前の通り、学生が単位を取得したい時に、単位認定試験などを受ける際に食べる事で、ゲンを担ぐことができると言われているパンです。

なんとなくパンと聞くと食パンを想像してしまいがちですが、単位パンは実物を見てみると、平べったい円状になっています。

いわゆる菓子パンの部類になります。

そして嬉しいのが、パンの中身はクリームが入っていて、甘い味が口いっぱいに広がるようなおいしいパンになっています。

単位パンはかなりの人気で、なんと二週間で30.000個以上も販売されたという実績があるので驚きですよね。

四葉のクローバーを持ち歩く

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「四葉のクローバーを持ち歩く」ということです。

四葉のクローバーは子供でも知っているゲン担ぎのひとつとして知られています。

あなたは子供の頃に、四つ葉のクローバーを探してそれを自分のノートなどに挟んで持ち歩いていた経験がありませんか?

それと全く同じで、四つ葉のクローバーを見つけて持ち運ぶことによって幸運を選んでくれると考えることが出来ます。

四つ葉のクローバーに関しては探せば多少時間はかかります。

ですが、見つけることは不可能ではありません。

自分の中で努力をして時間をかけて見つけたとき、それが大きく自分の中の精神的な安定につながると考えることもできます。

大きくゲン担ぎの中でも効果がある方法として知られています。

おかかおむすびを食べる

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「おかかおむすびを食べる」ということです。

おかかおむすびがなぜゲン担ぎに効果があるのか知らないという方もいるかもしれませんね。

あまり知られていませんが、おかかおむすびは受験合格などに関して縁起がよいとされている食べ物の一つになります。

おにぎりは通称おむすびと呼ばれており、おむすび=お結びと考えることが出来ます。

なので結びつけるという意味から合格に結びつけてくれるという縁起が良い食べ物として知られているのです。

そしてを結び以外にも、おかかを使うことによって、おかかはかつおであり、かつおは=勝つという言葉を結び付けることが出来ます。

なのでおかかおむすびは様々な意味で縁起が良い食べ物として知られており、ゲン担ぎでもよい効果を与えてくれると考えることが出来ます。

不吉な言葉を避ける

次にご紹介するゲン担ぎになりそうな行動の一つは、「不吉な言葉を避ける」ということです。

これは先ほどもご紹介した通り、あまりネガティブな言葉を日常生活の中で多用しないということです。

どうしても人間に関してはどちらかといえば自信がない生き物になります。

なぜなのかと考えた時に自分に対して自信がないと考えた方が楽な道になるのです。

自分に対して自信を持つためにはそれ相応のとてつもない努力を行わなければ、自分の心の中から自信を持つことなどはできません。

その努力をすることはとても大変なことです。

継続して自分に自信を持つということはとても難しいことなのです。

その逆に自分に対して自信を持っていなければ、当然それに見合った努力をする必要性もありません。

できなかったとしても、自分に対して言い訳をすることができますので、その方が圧倒的に楽な道になるのです。

だからこそ私たちは普段ネガティブな言葉の方が比較的多く使っていると思いますが、それを一切なくしていただくというゲン担ぎです。

先ほどご紹介したように、自分の中でネガティブな言葉を使うのとポジティブな言葉を使うのとではまったく結果が違います。

なので不吉な言葉を避けるということは自分が簡単に行えるゲン担ぎになります。

また、大きく自分の精神状態を安定させてくれる魅力的な方法でもありますので実践してみてください。

ゲン担ぎで縁起を味方につけよう!

今回は、ゲン担ぎをテーマにして、ゲン担ぎの意味やゲン担ぎになりそうな行動についてご紹介していきました。

想像していたよりもたくさんのゲン担ぎがありましたね。

しかしあくまで今回ご紹介したのは、縁起を気にする上で有名な方法ばかりです。

あくまでゲン担ぎの方法は、自分の中で好きに判断して選択しても良いことです。

なので自分がやりたいと思うことを信じてやり尽くすことが大切なことになります。

縁起を中心に考えるならば、今回紹介した内容から実践していただければ効果を実感していただけると思います。

しかし一番大事なのは、何事も努力する気持ち、行動です。

ゲン担ぎをしたからといって基本的な努力をしていなくては意味がありません。

それではただの神頼みです。

あくまで自分の中で努力をして、ゲン担ぎを行って初めて効果を見込むことができます。

基本的な努力を怠らずに、さらにゲン担ぎを行って縁起を味方につけて自信を持って勝負に臨んでみてください。