社会人として働いている方の中にはある程度の経験を積んだ時に管理職としての地位を与えられることがあると思います。

中小企業に関しては勤続年数が長くなればある程度の役職を与えてもらうことが多くなりますので大企業と違って役職をもらって活躍したりすることは比較的多く存在すると思います。

そして役職をもらえば当然ながら管理職としてその力を大いに振っていかなければいけないのですが、管理職はとても大変な仕事です。

まだ社会人としての経験が乏しい方においても学生などの立場で時間を過ごしていく中でたくさんの人を取りまとめたりするような役職に就いた経験がある方は理解できると思います。

たくさんの人間をまとめるということはとても大変なことですし簡単に行えることではありません。

たくさんの人間の意見を一つにまとめたりする時には当然ながら切り捨てなければいけない意見などの存在し時には他人から文句を言われたりするようなこともあったりすると思います。

全員の意見を聞けるのであれば全員の意見を聞いて実行したいところですが、どうしても最終的に選べる意見は一つだけとなった時には、違う意見を述べた人間に対して理解してもらえるように努めなければいけない事も大切な行いになります。

それ以外にも何かしらチームでまとまって行動しなければいけないとなった時にそのチームの中の人間のスキルを把握した上でそれぞれの役割分担を決めていかなければいけない能力を求められます。

なので役職をもらえば当然給料は上がりますがそれに伴って責任も大きくのしかかりますし様々なスキルも求められるということにつながるのです。

なので管理職として仕事をする際はとてつもなく精神的なストレスもかかりますし、大変な仕事やると一般的に捉えられています。

ではそのような管理職の仕事を行う際に必ず求められるスキルとして今回は適材適所をテーマにして、適材適所を知る為の方法についてご紹介していきたいと思います。

ビジネスやチームで動く時は適材適所が大事!

適材適所というスキルが管理職になると求められるということについてご説明しました。

この適材適所というスキルを早い段階で身につけておけば様々な場面で役立てることが可能になります。

例えば先ほどご紹介したようにたくさんの人間を取りまとめたりする時などに必要になるスキルになりますので、管理職やリーダーとしての立場についている場合は大きくそのスキルを役立てることが可能になります。

それを踏まえて考えてみるとビジネスシーンなどにおいて大いに活用できる機会は存在していると考えることができます。

会社は言ってみればひとつの組織として同じ目的に向かって立ち向かっていく仲間です。

そして会社には様々な部署が存在しておりその様々な人間を取りまとめているたくさんの役職のリーダーが存在しています。

例えば部長、課長などがそれらに当たります。

一般的に最初にもらえる役職としては主任という役職です。

そして係長、課長…という風にあがっていくのですが、その時に役職がついた時点で自分よりも役職が下の人間をとりまとめていかなければいけなくなります。

もちろん会社の規模によってそれは大きく変わってくると思いますが、例えば主任になった時点で一般的には従業員の中でのある程度熟練した人間であると認められていますので、役職をもらっていない人間を数名自分自身の下につけて管理しなければいけなくなる事もしばしばあります。

そうなった時にその部下と自分は会社という大きいチームの中のひとつの小さなチームであると認識することが出来ます。

そのチームで一つの目的に向かって立ち向かっていくと考えた時にそれぞれのスキルを把握しそれぞれの得意分野を理解するということの大切なことなのです。

チームで動くのであればいかにチームの役割分担を上手に分けて大きい功績を立てられるかどうかがカギです。

その結果を残すためにも適材適所という能力は絶対的に必要なものになるということです。

適材適所って何?


まだ社会的な経験が乏しい方であったり、これまでの人生で管理職やリーダーのなどを経験したことがない方からすれば適材適所という言葉がどういう意味を持っているのかわからない方も多いかもしれませんね。

しかしいずれ理解しておかなければいけない言葉にもなりますので、早い段階でこの言葉の意味について理解しこのスキルを身につけておくべきでもあります。

なのでここからは適材適所という言葉はどういう意味を持っているのかということやどういう使い方をするものなのかということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

適材適所という言葉の意味や使い方を正しく把握して、今後自分自身を大切なスキルとして身につけられるように自分なりに工夫できるようにしてみてください。

意味

まずはじめにご紹介するのは適材適所という言葉の意味です。

適材適所という言葉の意味は「人の能力・特性などを正しく評価してふさわしい地位や仕事につけること」という意味を持っています。

つまり自分自身が管理している人間のそれぞれの能力や特徴などを正しく把握した上で評価し、それぞれの人間に対して相応しい仕事家賃を与えることという意味になります。

例えば極端な話を挙げるとすればあなたが会社を作ろうとしたと考えてみてください。

そして会社を作ろうと思った時に一緒に会社を作ろうとしている人間があなたを入れて合計で5名いたとします。

一人は話すのが上手な人間、そしてもう一人はあまり話すのが上手ではないが地道な作業などを得意としている人間、そしてもう一人はなんでもオールマイティに行える人間、そしてもう一人は物腰が柔らかく誰にでも好かれるような人間だが、知識や経験が乏しい人間、そしてあなただったとします。

では彼らの持っているスキルや経験、特技などを踏まえた上でどういう立場に配属すれば会社はうまく機能するか?

という事を考えて実行するという事です。

この場合に関しては例えばあなたの会社の営業担当を話すのが上手な人間に任せるのが適材適所として考えることができます。

営業を行う上で大切なのは相手といかにコミュニケーションを図れるかどうかということです。

相手が自分に対して気を許してくれた状態で初めて相手に対して営業を行って話を聞いてもらえるようになるのです。

自分のことに対して心を開いてくれていない人間に対して営業を行ったとしてもおそらく話は右から左に流れていくと思います。

なのでコミュニケーションをとることが得意な人間に営業担当を任せた方が良いという判断です。

そしてそれと同時に知識や経験が乏しいだけで、本来誰からも好かれる物腰が柔らかいような人間をその営業担当に同行させることによって経験を身に着けさせ、いずれ営業担当として実力をつけて育てさせるという選択もありです。

そして地道な作業が好きな人間には事務作業をお願いして、なんでもオールマイティに行えるような人間はみんなのまとめ役つまりリーダーとしてお願いし、さらにその上に立ってあなたが社長として経営を回していけば上手な配置になるといえます。

しかしこれがバラバラになってしまうとそれぞれの持ち味を生かすことができずに、うまくチームとして機能しなくなってしまうのです。

使い方

適材適所という言葉の使い方についてもある程度理解していただく必要性があります。

言葉の意味を知るだけではなく使い方をマスターすることによって初めてその言葉を正しく使えるようになりますので、日常生活においての「適材適所」という言葉の使い方についてご紹介します。

例えば「所属している会社員の大部分の人間はそれぞれ適材適所を分担していた」という例文を考えてみてください。

これが適材適所という言葉を用いた例文になります。

先ほどご紹介した意味を把握していれば意味は問題なく伝わると思います。

そのほかにも「人の心理をよく見抜き、あの人は適材適所の使い方を知っている」とか、「まさにこのチームの人間が担当しているそれぞれ業務は適材適所だな」とか「もっと適材適所を考えてチーム編成を考えろ」などの例文を考えることが出来ます。

言葉自体は難しい言葉に感じるかもしれませんが、正しい意味を理解していればそこまで難しい使い方にはなりませんので、間違った使い方をせずに正しく活用してみてください。

類義語

適材適所という言葉の意味を使い方を理解いただいたところで、この言葉の意味を考えてみた時に私たちが一般的に使っている言葉に似た言葉が存在していると感じたかもしれませんね。

なかなか日常生活で適材適所という言葉は使用する機会は少ないかもしれませんが、考えてみるとそれに似たような言葉を私たちは日々使っているという事が考えられます。

ではどのような類義語が存在しているのかと考えると、「マッチする」とか「人事管理」とか「適正」とか「ちょうどよい」という言葉が該当するはずです。

適材適所という言葉の意味を考えてみると、これらの言葉がかなり似たような意味を持っている言葉であると考えることができます。

例えば「マッチする」という言葉に関してはうまく当てはまるという場合によく使われるような言葉です。

なので、「この仕事をこの人間にやらせるのが適材適所だな」を「この人間のこの仕事がぴったりマッチしている」という風に言い換える事などが出来るという事です。

このように私たちは意識していないだけで似たような言葉をかなり日常生活で使っているのです。

あえて難しい言葉なので使っていないだけで意味を知っていれば言い変えることなどはいくらでも可能になるのです。

このようにある程度言葉の類義語について理解しておきそれらを上手く連結させて考えることによって良い自分自身の記憶に振り込むことが可能になりますので、たくさんの言葉と連結させて適材適所という言葉を正しく把握できるようにしてみてください。

適材適所を知る為の6個の方法


適材適所という言葉が基本的な意味を理解いただいたところで、ここからは具体的に適材適所を知るための方法についてご紹介していきたいと思います。

適材適所がチームとしての機能を発揮させるために必要不可欠な事であるのはこれまでに説明してきた通りですが、ではどうすればこの適材適所という考え方をより知れるようになるのかわからない方も多いと思います。

意味を知っていても具体的な方法を知らなければできないのが現実です。

なのでもしもあなたが管理職という立場やリーダーという立場に今現在ついており、このスキルを活用したいと思うのであればこれからご紹介する適材適所を知るための方法を実践してみてください。

それぞれの項目でご紹介する方法を実践することによってよりあなたの中の適材適所のスキルが大きく発揮できるようになります。

また、今の自分がうまく仕事で成果を上げられなくて悩んでいるという方も同様に適材適所という言葉を知り、自分の中の適材適所を知る為にはどうすればよいのかという事なども考えながら確認してみてください。

自分の中にある5つの才能を知る

適材適所を知るためにはまず大切なこととして自分の中にある5つの才能を知るということになります。

私たちは様々な才能を持っています、才能のない人間などは存在していません。

何かに対して不器用に行ってしまうような方がいるかもしれませんが、それはその物事だけに対してだけであり、それ以外の物事などを行わせる時に思わず才能を発揮する可能性を秘めているのです。

例えば極端な話運動が苦手な人間がいたとして運動が苦手でも考えることが得意で知識をより多く持っているような人間もいるかもしれませんし、勉強が苦手でも運動をすることがとても得意な人間がいたりすると思います。

これも一つの自分の中に持っている才能として捉えることができますよね。

しかし私達の才能は生まれた時点で決まっているのではなく、たくさんの日常生活での経験を経て自分の中の才能伸ばしてきた結果今その才能を持っていると考えることができます。

そのような才能は実は5つに分けることができます。

まず一つ目は親密性、そして次は個別化、そして調和性、そして思考力、そして最後に未来志向という才能に分ける事が出来ます。

一般的に今ご紹介した未来志向以外の才能は比較的たくさんの方が認知して向上しようと努力する才能になるのですが、最後の未来志向に関しては人によってはたくさんの方が諦めてしまっている才能に該当します。

しかし諦めることによってその瞬間その際のは伸びることを失ってしまいます。

諦めてしまうことによって自分の強みや方向性を決められない人が多く存在してしまうようになってしまうのです。

なので自分自身が未来のどの位置に存在しているのかということを目標とすることで今自分が何をすべきなのかと言うことが理解できるようになります。

つまり自分の未来のことを想像して自分がどういう風になりたいのかということをより強く意識しなさいということです。

弱みも知る

次にご紹介する適材適所を知るために大切な事は弱みを知るということです。

これはどういうことかと言いますと自分の強みを知るのはとても大切なことですがそれと同時に自分自身の弱みなどについても目を向ける必要があるということです。

これは適材適所をする上で様々な人間の強みを把握することと弱みを把握しておくことと全く同じくらい大切なことです。

なぜ強みだけではなく弱みを知らなければいけないのかと考えた時に、弱みに目を向けることによってその反対に強みを見つけ出すことができるようになるからです。

なので自分の強みを知りたいのであれば必ず弱みを知ることから始めてみてください。

その反対の部分に自分の強みが存在している可能性が強いです。

そして強みという事は個性だと決めつけずに、純粋にどういうことならそのことに関して強く集中することができるのか、そしてどういう仕事だったら自分自身に負担をかけずにより早く終わらせることができるのか、ということなのを踏まえながら考えてみることによって単純な強みや弱みという言葉だけではなくより深い部分にも目を向けるようになります。

強い人間は自分の弱い部分を知っているように、強い人間になりたいのならばまずは自分の弱みを知りしっかりと逃げずに目を向けるようにしてみてください。

そこから自分の弱みを改善して強みに変えて行けるチャンスを眠っていますのですべては考え方次第だということを理解してください。

他人に聞く

次にご紹介する適材適所を知るために大切な事は他人に聞くという事です。

これはどういうことかと言いますと適材適所を把握するためには自分だけの意見ではなくその周りの人間の見方なども取り入れる必要性があるということです。

例えば自分の事に関しては自分が一番理解していると思いがちですが、実は客観的に自分を見てみると意外と自分ではこう思っていても、ああだったなと思うようなことはかなり多く存在しています。

なので自分のことをより細く知るためには自分だけの主観的な意見だけではなく、他人の客観的に意見も大切になるのです。

意見が多ければ多いほど様々なことを想定することも出来ますし、新たな一面を確認する可能性も決めています。

なので自分のことを知るときも他人に聞いた方が良いですし、自分から見た他人のことを評価する場合も自分の判断だけではなくその身の周りの他人に話しを聞いてみたりすることも大切だと思います。

何事も考える時には視野を狭くして考えないようにしてください。

広い視野を持てば今まで気づけなかったようなことにも簡単に気が付けるようになりますので、よく考えながら物事を判断するようにしてみてください。

得意なことを見つける

次にご紹介する適材適所を知るために大切な事は得意なことを見つけるということです。

やはり適材適所を知るためには一番大切なのは自分、もしくは他人の得意なことを見つける必要があるということです。

先ほども紹介したように自分の弱みについても知らなければいけませんがそれと同時に自分自身の強みに関しても目を向ける必要性があります。

誰でもひとつくらいは得意なことが存在すると思います。

それはどのようなことでも構いません。

そのたったひとつの得意なことを様々なことに結びつけながら考えることによって自分の可能性を大いに伸ばしていくことが可能になるのです。

自分の得意なことがわからないという方は考え方を変えて自分が何をしている時が好きなのか、自分の趣味は何なのかということを考えながらそこから導き出す答えに紐付けてそれはすなわちどういうことにつながるのかということに考えてもらえると比較的様々なことに結びつきやすいようになると思います。

好きなことを仕事にする

次にご紹介する適材適所を知るために大切な事は好きなことを仕事にするということです。

これは適材適所の考え方をする上ではごくごく基本的なことにあたります。

もちろんこれはいま自分自身が携わっている仕事から逃げるために考えることではありません。

人によっては今の仕事が辛いから自分に合った仕事を見つけようと考える方がいるかもしれませんがそれは前向きな考え方がなければただの逃げる行為に等しいのです。

なので今自分が存在しているこの場所で自分が好きなことを仕事にするという考え方を持つことです。

すなわち自分の中の何かしらの得意分野を今の仕事と結びつけて何かに行かせないだろうかと考えて行動することが大切なのです。

もちろん自分が心の底からやってみたいと前々から思っており、今の職場が嫌いだから辞めると言うのではなくいつか必ず行ってみたいと思っていた仕事に転職をするという事は逃げる行為ではありません。

なので自分自身の適材適所を探す上でこの考え方はとても大切な考え方になるのです。

もちろん自分自身が管理職の立場に立って自分の部下の人間の適材適所を考えなければいけない場面においても部下の得意なことを察知してそれを今行わなければいけない仕事に結びつけて配置するというのも一つの大切な考え方につながります。

昔の自分に問う

次にご紹介する適材適所を知るために大切な事は昔の自分に問うということです。

これはどういうことかと言いますと、自分自身の過去を直接考えてみるということです。

他人の過去を覗くことはできませんので自分限定の方法になりますが、自分自身がこれまで様々なことを経験してきた過去を思い浮かべてみてください。

過去を想像してみるとおそらくのそれぞれの場面でたくさんの選択肢の中から自分自身が選択して経験してきたことが思い浮ぶと思います。

そしてそれと同時に自分のこれまでの経験の中で成功した経験や失敗した経験様々なことが思い浮かばれると思います。

そのような様々な経験や選択肢の中で過去の自分が選んだ選択肢が今の自分に活かされているかどうか、それが未来の事を考えて行動した結果、未来の今は正しいのかどうかなどを考えてみる事です。

自分自身にこの経験を問いかけてみることによって自分自身の先ほどご紹介したひとつの才能である未来志向を呼び覚ますことが出来るようになります。

それによって今現在の選択肢を自分自身の未来を思い浮かべながら行動することができるようになりますので自分にとっても適材適所の効果を大いに発揮することができるようになるということです。

適材適所を置くポイント

ここまでは適材適所を知るためのポイントについてご紹介していきました。

自分自身や他人に対しての適材適所を把握するのはとても難しい事だと気が付けたはずです。

だからこそそれを実行する管理職の方だったりリーダーの役職についている人間は大変な思いをしてしまうということがわかりいただけると思います。

では適材適所を知るためのポイントを把握いただいたところでここからは適材適所を置くポイントについてご紹介していきたいと思います。

適材適所がいるだけでは意味がありません。

適材適所を把握した上でそこから自分自信やもしくは他人をどのような位置に置くのかということが大切になります。

強み弱みを性格に理解していたとしても、正しく適材適所を置くことが出来なければ意味がありません。

正しいポイントに置いて初めて効果を得ることが出来るようになりますので、これからご紹介する適材適所の置くポイントについても理解してみるようにしてください。

得意なことを見定める

まず初めにご紹介する適材適所を置くポイントは得意なことを見定めるということです。

先ほどからお伝えしてるように適材適所を行うためにはまずは自分もしくは他人が得意なことはどういったことなのかということを正しく把握することが大切です。

なぜならばきちんと得意なことを把握せずに勝手な解釈で理解して適材適所と思って配置していたとしても本当は得意ではなかった場合はそれは適材適所ではなくなってしまいます。

もちろんそのようなことをしてしまいま結果的に実力を発揮することがなく結果が出てしまいますので、すなわち失敗につながってしまいます。

だからこそ適材適所をするためには徹底的に得意なことを見定める必要性があります。

多分この人はこれが得意だろうというような安易な考え方でもなく、この人はきちんと実績も出しているのはコレが得意体すなわちこのポジションにつかせることによって結果を出してくれるはずだ、という明確な根拠などがあった方が良いです。

なのでしっかりと適材適所に置く人間の得意な事をまずは見定めるようにしてください。

不得意を避ける位置に配置する

次にご紹介する適材適所を置くポイントは不得意を避ける位置に配置するということです。

適材適所を行う上で一番やってはいけないのは求められるスキルが得意ではなく不得意なのに配置してしまうということです。

例えば人と話すのが苦手な方やコミュニケーションをとるのが苦手な方に営業の仕事を任せるのは適材適所ではありませんよね。

これはちょっと考えてみれば分かるようなことですが、実際に世の中全体を見てみると適材適所が上手く発揮できていないという状況はたくさん存在しています。

ビジネスの世界においては結果がやはり重要なポイントになります。

なので結果を出せないような配置は意味がありません、厳しいかもしれませんがこれが会社というものであり、ビジネスの世界では当たり前の考え方です。

なので適材適所の配置を行って必ずその時点で一番良い結果を導き出すように行わなければいけません。

なので必ず適材適所をするための大切なポイントは不得意を避ける位置に配置しなければいけないということです。

新しい可能性を発見する

次にご紹介する適材適所を置くポイントは新しい可能性を発見するということです。

これはどういうことかと言いますと適材適所を置く上で置く人間の新しい可能性にも目を向けてあげるべきだという事です。

例えば今は少しオーバーな仕事になるかもしれないが、経験を重ねていけばまだまだこのスキルは伸びる見込みがあると考えられるような人材がいるかもしれません。

後は経験さえ積めば絶対に伸びる、もしくは見込める素質を持っていると考えられる人間には今後の才能を伸ばすために経験を積ませるという配置も適材適所におけるポイントになります。

確かに今の現時点で最高の結果を出すということを優先するとこのような適材適所ができないかもしれませんが、それでも未来のことを考えた時に今この選択をした方が最終的にもっと良い環境に変化させることができるかもしれないと思うのであればその人間を適した場所に配置させるのは大切な選択です。

この選択を誤ってしまった結果、結果が出せなくなってしまったという危険性もあると思いますので、新しい可能性を見付けたのであればそれをぐっと伸ばしてあげる必要性があるという事です。

役割を理解させる

次にご紹介する適材適所を置くポイントは役割を理解させるということです。

これはどういうことかと言いますと出機材適所を置く上で大切なのはその役割をしっかりと認識してもらう事が大切です。

例えば適材適所を行う中で今まで携わったことがないようなことであったり、初めてするような事などもあったりする場合があると思います。

その時に自分が何を行えばよいのか、または自分に対して何を期待してくれているのかという事などを正しく把握する必要性があるという事です。

本質を見誤ってしまうと何を行えばいいのかわからなくなったり、余計に力を発揮できなくなってしまう恐れもあります。

これを防ぐために必ず自分がどういう役割なのか、どういう事を期待しているのかを導く必要性、理解する必要性があるという事です。

うまく適材適所を知ろう(まとめ)

今回は適材適所という言葉をテーマにしてそれに関連した内容をご紹介していきました。

適材適所に関しては冒頭でもご紹介した通り、たくさんの人間を取りまとめたりするポジションに身を置いてる人間には必ず求められる能力です。

難しく感じる方もいるかもしれませんが周りの人間をよく観察したり自分のことをよく理解しておけば不可能なことではありません。

どうすれば適材適所を発揮することができるのかということを改めてよく考えて、今回ご紹介した適材適所を置くためのポイントなどを考えてみれば上手な適材適所が行えるようになるはずなので、早い段階でスキルとして身に着けてみてください。

きっと様々な場面であなたを助けてくれるはずです。