私たち人間の体の中には様々な機能が備わっています。

私たちが生きるために必要な機能が備わっていると考えることができますが、例えば暑い場所に長時間いた場合は自然と汗が出てきますよね。

これは私たち人間の体温を冷まそうとして体が汗をかくからです。

私たちは様々な体の機能が働いているからこそ生きていくことが出来様々な環境に身を置くことが可能になっています。

動けば汗をかくということはたくさんの人が知っていて当たり前のことになりますがこのような体の働きの中にはあまりたくさんの人々から理解されていない現象が存在しているのも事実です。

それはどういうことかと言いますと、あなたは鳥肌が立ったことがありますか?

おそらくこれまでの人生で鳥肌が立ったことが一度も経験もないという方はいないと思います。

しかしそれと同時になぜ鳥肌が立つのかということに関して理解している方は想像以上に少ないのが現実です。

考えてみれば少しおかしな話でもありますよね。

私たちが生きているのは体が存在しているからであり、その自分自身の体の機能でさえよく分かっていないというのはあまりにも自分に対して興味がなさすぎると思いませんか?

確かにわざわざ勉強するようなことでもないかもしれませんが知っておけば意外と自分自身が知らないような真実にたどり着くことができるかもしれません。

それを踏まえた上で、今回は鳥肌をテーマにしてなぜ私たちの体には鳥肌が立つという機能が存在しているのかということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

鳥肌のメカニズムってどうなっているの?

鳥肌メカニズムについて考えたことがありますか?

おそらく大多数の方は考えたことがないと答えると思います。

先ほどご紹介した動けば汗をかくということに関しては知ろうとしなくてもある程度これまでの自分自身の経験を踏まえて考えてみれば当たり前にわかるようなことですが、鳥肌に関してはなぜそのような作用が引き起こされるのか因果関係などが分かりづらいからということも理由の一つだと思います。

もしもある程度因果関係がはっきりしているのであれば知ろうとしなくても自然と気づくことが出来るはずでなのです。

では鳥肌のメカニズムについて考える前にあなたはどういう時に鳥肌が立つのかということを考えてみてください。

おそらく自分の中で考え着くことができる状況というものはある程度周りの人と一致した認識を持っていると思います。

そこに鳥肌が起こるメカニズムのヒントが隠されていると考えることができます。

では具体的に鳥肌がどういうものなのかということについてこれから詳しくご紹介していきたいと思います。

鳥肌の基礎知識

鳥肌って何?


鳥肌がどういうものなのかと考えた時に私たちの感覚では自分自身の肌がボコボコと出てくるようなうまく説明できないようなニュアンスを想像する場合が多いと思います。

実際に鳥肌が立った経験をしたことが皆さんあると思いますのでその時の自分の肌をよく観察したことがあると思います。

本来普通の状態であれば私たちの肌はどちらかといえば平坦な質感になっていると思います。

自分の通常状態の肌を触ってみてください。

自分の肌を触ってみればなめらかな質感になっていると思います。

しかし鳥肌が立っている時に自分の肌を触ってみるとどのような感覚になりますか?
おそらく肌の表面がボコボコした状態になり細かい突起物が肌に付着したような印象に陥ると思います。

これが私たちが経験している鳥肌という症状になります。

では鳥肌とは一体何なのかと考えた時に、一般的には寒さを感じたときや恐怖を感じた時、あるいは恐怖感を感じた時に鳥肌が立ったりすることが多いと知られています。

これまでの人生の中で鳥肌が立った経験をしたことがある方はその時の状況をよく思い出してみてください。

おそらく先ほどご紹介した状況に該当する場合が多く存在していたと思います。

寒い日に家から外に出るときに鳥肌が立つほど寒く感じたりすることがあると思います。

こうして考えてみると鳥肌が立つ状況というものはたくさんの人間が共通して感じている場面であると捉えることができるのです。

どういう症状?

具体的に鳥肌が立っている時にはどのような症状が起きているのかと考える方もいるかもしれません。

そもそも鳥肌がなぜ立つのかということを考えた時に交感神経の作用によるものが大きいと捉えることができます。

私たちには交感神経と副交感神経というものが備わっています。

この二つは全く反対の正反対の働きをする2つの神経ということで一般的に知られています。

例えば交感神経に関しては自分自身が活発に活動している時、もしくは極度の緊張状態に落ちている時、もしくはストレスを感じている時に働く神経として知られています。

その反対に副交感神経というものは自分自身が休息をしている時、もしくはリラックスしている時、もしくは自分自身が眠っている時に働いている神経として知られています。

なので一般的な日常生活において私たちは交感神経と副交感神経をそれぞれ交互に作用させながら生きていると考えることができます。

それを踏まえた上で鳥肌は交感神経の作用によるものであり、先ほどご紹介したように興奮状態に陥り緊張状態に陥ったりするときに感じるようなものになり、先ほどご紹介した恐怖だけではなく強い喜びは衝撃的な事実を知った時にもこの反応が行われるようになっています。

そしてこれは一種の防御反応であると考えることも可能になります。

ちなみにあまり知られていませんが動物などにおいてもこの鳥肌は大きく作用している場面を見かけることがあります。

具体的にどういう状況かと言いますと例えば猫などが自分自身の毛を逆立てて相手に対して威嚇している状況を見かけたことがある方も多いと思います。

これは単純に怒りを示しているのですが、この作用は鳥肌が立つことによって引き起こされているものであると言われています。

なので人間以外の動物にも備わっている機能であると考えることができます。

名前の由来


鳥肌という名前から私たちは一般的に鳥のような肌であることから鳥肌だと考えている方が多く存在していますが、これは合っているようで少し解釈が難しい言葉です。

確かにその名前の通りの由来から言葉が来ているのですが、ちょっと可哀想な表現かもしれませんが鳥の羽をむしった後にできている皮膚のぶつぶつの状態がまるで鳥の肌みたいだということからこの名前が来ています。

一般的に鳥は体毛に覆われていますので、その肌を見たりすることはあまりないと思います。

しかしながらこのような言葉が用いられているということは鳥の羽をむしったりしているということが想像していただければわかると思います。

例えばあなたも必ず食べたことがあると思いますが、鶏の肉を調理前の段階で見かけたことがありますよね。

この鶏の肉を見た時に鶏の皮の部分を見てみてください。

おそらく鶏の皮の部分は毛をむしった後のボコボコの突起物が存在していると思います。

これがまさに私たちが鳥肌を感じた時に同じように感じる肌であると考えることが出来ます。

鳥肌が立つ状況

鳥肌のメカニズムや語源などについてある程度ご紹介したところでここからは鳥肌が立つ状況についてご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介したように、鳥肌が立つ状況というものは一般的にたくさんの状況が存在しています。

日常生活を送っていれば鳥肌が立つような経験をする事がありますよね。

では具体的にどういう状況に陥った時に鳥肌が立つのかという事を詳しく考えていきましょう。

一般的には鳥肌が立つ状況は先ほどご紹介したように交感神経が高まっている時ってあると考えることができます。

つまり寒さを感じた時、恐怖心を感じた時、強い衝撃を受けた時などが該当します。

日常生活のどの場面においてこれが当てはまるのか、これまでの自分の経験を踏まえた上でこれからご紹介する状況を重ね合わせてみてください。

気温が低い時

まずはじめにご紹介する鳥肌が立つ状況としては気温が低い時です。

これは先ほどご紹介したように鳥肌が立つメカニズムの中でも一般的に知られている場合に該当すると思います。

例えば夏の暑い日なのはあまり鳥肌が立つようなことはないと思います。

しかし冬の寒い日になってくると仕事に行こうとして暖かい家から一歩も外に踏み出した時にあまりの寒さに鳥肌が立ったりすることがあると思います。

なので気温が低い時には鳥肌が立ちやすいと捉えることができます。

特に暖かい部屋から寒い場所に足を踏み出した一番最初のファーストタッチで感じたりすることがよく起こりうると思います。

これもなぜ起こるのかと考えた時にやはり寒い気温や外気にさらされることによって自分の体を守ろうと自分自身の体が作用して鳥肌が立つということを想像することができます。

恐怖心

次にご紹介する鳥肌が立つ状況としては恐怖心を感じる時です。

恐怖心を感じるようなことはたくさんの場面で想定することができます。

例えば一般的に考えてみれば怖い話を聞いたり怖い映像を見たりしたような時などには鳥肌が立ったりすることもあると思います。

友達と一緒にいる時に怖い映画を一緒に見たりするようなことがあると思いますがその時に怖いシーンが流れた時に鳥肌が立った経験がありませんか?

その他にも怖い動画などを見た時に鳥肌が立ったりすることもあると思います。

その他には例えば怖い映像などを見て後にその日の夜お風呂に入ってシャンプーをしている時に自分の後ろが急に気になったりしたような経験がありませんか?

そのような時に振りかえった時や自分自身の体を鏡で見たときに後ろに何かいないかなどを気にしたりしている時に感じたりすると思います。

このように自分自身の恐怖心を駆り立てるような状況におちいれば鳥肌は自然と起こるようになります。

感覚への刺激

次にご紹介する鳥肌が立つ状況としては感覚への刺激です。

これは人によっては少し分かりづらいかもしれませんが、自分自身の体に関して何かしらの感覚による刺激を受けた時に鳥肌が立ったりすることもあると思います。

考えてみればこれは先ほどご紹介した不快感に該当する場合が多いのかもしれません。

例えば人から体を触られることを苦手としている方にあったことがありませんか?
例えば相手の素肌の部分をかゆくさせたいと思って悪戯を行ったりするような場合は結構あると思います。

友達同士でふざけあったりするときによく行われるものになると思いますが、このように不意に相手から触られることに対して耐性がない人間は多く存在していると思います。

そしていきなりこのようなことをされた時に自分の体に鳥肌が立ったような経験がある方はいませんか?
これも考えてみれば自分の体を突然触られたり、不愉快な刺激を与えられたせいで自分の身体が防御反応を取っていると考えることが出来ます。

人によってはなれていたりある程度耐性を持っていたりしたら鳥肌が立ったりすることは少ないのかもしれませんが、慣れていない方からそれは鳥肌が立つ行為として該当するかもしれません。

なのでこの部分に関しては少し個人差が存在していると捉えることができます。

感動

次にご紹介する鳥肌が立つ状況としては感動した時です。

これも日常生活の中ではよく見かける場面になると思います。

例えば何かしらのお芝居などを観た時に感動するような場面はあると思います。

もちろんお芝居は直接観なくてもテレビや映画などでも見たり感じたりするような事は多いと思います。

感動するようなシーンを見た時に鳥肌が立ったりしたような経験はありませんか?

例えばドラマなどで感動のキスシーンであったり、感動の名場面などが良く放送されたりしていると思いますが、そのような時に鳥肌が立っていると感じている方はそのために対して自分自身が大きく感動を受けていると考えることができます。

感動を受ける時に鳥肌が立つという状況に関してはこれまでご紹介してきた項目と少し違和感を感じると考える方もいるかもしれませんが、よくよく考えてみると先ほどご紹介したように鳥肌が立つ時は交感神経の働きによって興奮状態や緊張状態に陥ってる時に起こり得るのです。

そう考えてみると、より強い感動を受けるという言葉一つも刺激を受けて自分自身が興奮状態に陥るということに該当すると考えることができます。

そのようにして考えてみると感動するときも結局は突き詰めて考えると刺激を受けて興奮状態になっているということになります。

なので他の項目と全く変わりない状況になると捉えることができます。

異常なこともある?!鳥肌が立つ原因

ここまでは鳥肌が立つ状況についていくつかご紹介していきました。

鳥肌が立つメカニズムを理解して鳥肌が立つ状況を考えてみればある程度取り方に関して知識を身につけることができたと思います。

しかしながらまだまだ鳥肌という状況に関しては様々なことを考えることができます。

その一つとして鳥肌が立つという時には自分自身の体に異常が認識されている状況にもなりえてしまうのです。

先ほどご紹介した状況に関しては自分の体に異常を感じた場面には該当しないと考えることができるかもしれませんが、場合によっては自分自身の異常によって鳥肌が引き起こされている場合もあるのです。

具体的にどのような異常によって鳥肌が引き起こされてしまうのかとても心配になると思います。

なのでここからは鳥肌が立ってしまう原因について詳しくご紹介していきたいと思います。

もしも先ほどお伝えした項目以外の場面でよく自分自身で鳥肌が立ってしまうと感じている方がいるのであれば自分自身に何かしらの異常が存在している可能性もありますので、これからご紹介する項目に該当していないかどうかよく注意して確認してください。

自律神経の乱れ

鳥肌が立つ原因の中で異常がみられる場合に起こりうるのは自律神経の乱れによるものである可能性があります。

自律神経とは何かと考えた時に自律神経は先ほどご紹介した交感神経と副交感神経を総称したものであると捉えていただければわかりやすいと思います。

先ほどお伝えしたように交感神経は主に自分自身が活発に活動しているときに働く神経のことです。

そしてその反対に副交感神経は自分自身が休息をとっている時に働く神経の事です。

本来であれば私たちが日常生活において交感神経と副交感神経を交互に使い分けながら様々な生活を行っています。

しかしながら大雑把に考えてみれば一般的に仕事をしている人間で考えてみれば朝起きるまでは副交感神経が働いており、会社に出社することによって交感神経が働き始めて最終的に会社から退社する時に副交感神経が働くようになります。

この繰り返しを行って毎日を過ごしていると思いますが、人によってはこの自律神経が乱れてしまう場合が存在しています。

では自律神経が乱れてしまう原因は何なのかと考えた時に、大きく作用するものとしては精神的なストレスや身体的なストレスである場合が高いです。

そしてそれ以外にも昼と夜が逆転したような不規則な生活を送ってしまっている場合は生じてしまう可能性が高いです。

会社においてたくさんの人間関係や仕事に対するプレッシャーなどから極度のストレス状態が長く続いている方、そして夜本来でなければいけないような時間帯はでスマートフォンをいじったりして結局朝まで起きてしまって寝ないで会社に出社してしまっている方や、忙しいからといって朝と昼はご飯を食べずに夜だけたっぷりと食べてしまうような不摂生な不規則な食生活を続けている場合は該当してしまうのです。

このような状況が継続して行われると自分自身の体が安定していない状況になってしまいそれを体が感じ取って鳥肌となって知らせてくれるようになっているのです。

なので本来感じるはずのない場面で鳥肌がよく引き起こされてしまうという方は大きなストレスを抱えてしまっている可能性がありますので、該当する理由はないかよく確認してみてください。

病気

鳥肌が立つ原因の中で異常がみられる場合に起こりうるのは病気です。

先ほども紹介したように何かしらのストレスや規則的な生活を行えていないことによって鳥肌が立つ場合もありますが、それ以外に病気でも該当する可能性があります。

特にストレスもないし、規則正しい生活もしているという方ならばこの疑いを持つ必要性があります。

病気によって鳥肌が引き起こされるという事に関しては複数の病気で確認事例が存在しています。

なので鳥肌が引き起こされてしまう病気についてこれからまとめてご紹介していきたいと思います。

魚鱗癬

まずはじめにご紹介する鳥肌が立つ原因になる病気は魚鱗癬という病気です。

あまり聞いたことがない病気になるかもしれませんが魚鱗癬という病気は自分自身の肌がまるでサメのようになってしまうということでも知られています。

なかなか現実的にサメの肌を触ったことがあるような方はいないと思いますが、鮫肌は表面がザラザラとしていることが特徴的になります。

そして特徴的なのはザラザラとした肌以外にも端から粉状の垢が見られる場合が多かったりします。

もしも鳥肌がたつと感じている方で自分自身の肌に違和感を持っている方はこの症状が該当していないかどうか確認してみてください。

魚鱗癬に関してはかなり幅広い体の部位にこの症状は現われるようになります。

例えば自分の手足、肩、胸の側面、臀部などが該当する場所になります。

なので体全体といっても過言ではありません。

一般的には魚鱗癬は思春期の時によく見られがちな病気として知られています。

なぜ巻き起こるのかという原因に関しては自分自身の旗や細胞の代謝細胞による原因が関与しており、代謝細胞の働きの中で余分な垢が異常的に発生してしまいそれが毛穴を詰まらせてしまうという事から関連して巻き起こっているのが理由です。

そしてなぜ思春期に魚鱗癬が引き起こされるのかと言いますと、思春期に関してはホルモンバランスが乱れがちになってしまう時期にもなります。

なのでホルモンバランスが乱れがちになると自分の体の代謝機能などがうまく働くことができなくなってしまいその結果自分自身の肌が荒れてしまうことにつながってしまいます。

よく思春期になるとニキビができやすくなるという方もたくさんいると思いますが、それもホルモンバランスの影響によるものと考えることができます。

そしてもう一つの最大の特徴としては魚鱗癬が発症すると身体全体に強い痒みが現れるようになります。

しかしながらここで好きなように自分の体をかいてしまうと雑菌が入り込んだりして吹き出物やびらんの症状などに繋がってしまう可能性がありますので、必要以上に刺激しないようにする必要性があります。

改善方法としては食生活を改善したり、規則正しい生活、そしてストレス発散などや医療機関での診察などが必須となります。

アトピー性皮膚炎・扁平疣贅

次にご紹介する鳥肌が立つ原因になる病気はアトピー性皮膚炎・扁平疣贅です。

アトピー性皮膚炎・扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)は鳥肌が起こってしまう症状の病気に該当します。

まずアトピー性皮膚炎はアレルギーを起こしやすい体質を持っている方に起きやすい病気とされています。

またアトピー性皮膚炎に多い方としては肌の角質層においての保湿力が先天的に弱いことが特徴的とされています。

それ以外にも乾燥肌になりやすいという体質の方も該当しやすいです。

なので先天的にこの症状を持っている方はアトピー性皮膚炎によって鳥肌が立ちやすいと考えることができます。

しかしながらアトピー性皮膚炎においての鳥肌は通常の立ち方と少し違う部分が存在しています。

違いとしては一般的に鳥肌はある程度時間が経てば元に戻ることでも知られていますが、アトピー性皮膚炎による鳥肌は常に鳥肌が立っているような状態が続くということになります。

なので鳥肌の継続時間が一般的な鳥肌よりも長いと感じる方はアトピー性皮膚炎による取り方である可能性があります。

そしてもう一つの病気である扁平疣贅に関しては一般的には何かしらの傷口から細菌が入り、鳥肌状の皮膚部分が黒く変色してしまうことでも知られている病気になります。

なので鳥肌を立ち、なおかつその部分が黒く変色している場合は扁平疣贅による可能性があります。

しかしながらいずれにしても自分自身で判断するのはかなり難しい場面があると思いますので、少しでもこの特徴が垣間見えた際には必ず医療機関へ足を運んで医師の診察を受けるようにしてください。

その上で適切な処置を行って治療するようにしましょう。

湿疹・寒冷蕁麻疹

次にご紹介する鳥肌が立つ原因になる病気は湿疹・寒冷蕁麻疹です。

湿疹・寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)は鳥肌のような湿疹が現れる病気として知られています。

蕁麻疹は聞いたことがある方も多いと思いますが寒冷蕁麻疹についてはあまり聞かない名前になると思います。

寒冷蕁麻疹は一般的に冷たい水であったり冷たい風邪など自分の体温よりも比較的冷たいものなどに触れたりして自分の体の体温が低下することによって発症すると言われています。

そのような事も関係して一般的には夏場よりも冬場の方が起きやすい症状であるとも知られています。

寒冷蕁麻疹の症状に関しては通常の取り方とは違い、まず自分自身の皮膚が赤くなって腫れるようになります。

そして赤くなって腫れた後に湿疹が出たりかゆみが起きたりすることが症状として知られています。

これはなぜ巻き起こるのかと言いますと激しい温度変化によって自分の体の血管の周りにある肥満細胞が刺激されてそこからヒスタミンという物質が流出することによって症状が起こると言われています。

この症状が出てしまった場合は最終的に症状が悪化して痒みが消えなくなったりしてしまうことが予想されますので必ず似たような状況になってしまった場合は医療機関に足を運んで医師の診察を受けてください。

ストレス

鳥肌が立つ原因の中で異常がみられる場合に起こりうるのはストレスです。

これは先ほどご紹介した通りですが、ストレスを受ける事によって自分自身の自律神経などがくるってしまう事が原因であるとされています。

自律神経が乱れることによって鳥肌が立つというのは先ほどご紹介した項目の中に含まれますので、これを改善するためにはストレス解消するために自分なりに何かしらの工夫を行う必要性があります。

しかし一番強いのは自分がストレスを感じていることに気づいていないという場面です。

自分自身でストレスを受けていることを理解しているのであればまだ改善の仕様がありますが、自分でストレスを受けていることを認知していない場合はどのように改善すれば良いのか分からなかったりする可能性もあります。

まず自分がストレスを感じているのかどうか、そしてもし感じているのであればどのような部分に感じているのかなど、自分自身でよく問いかけながら確認をしていく作業が必要になります。

鳥肌を対処させる方法は?

ここまでは鳥肌が立つ原因の中でも異常発生した場合についてご紹介しました。

では鳥肌を対処させるためにはどのような方法が存在しているのかということについて触れていきたいと思います。

鳥肌がよく立って困っていると感じる方はこれからご紹介する方法を実践していただければ鳥肌を感じる頻度を低下させることができるかもしれませんので試してみてください。

運動

まず鳥肌を対処させるために必要なことは運動です。

運動することによって自律神経の乱れを改善することが可能になります。

自律神経の働き自体が高まるとともに体温調節の機能も働きますのでしっかりと自分の体の異常を改善することが可能になります。

激しい運動でなくても結構ですので基本的には最初は短い時間で徐々に良くなって行き慣れてきたら日常生活にどんどん取り込んでいくようなスタイルで継続してもらえれば効果を見込むことが可能になります。

バランスの取れた食事

バランスのとれた食事をとることも鳥肌を対処させるために必要なことです。

バランスのとれた食事をとることによって生活習慣の乱れを改善することが可能になります。

ついつい忙しい方は朝食を抜いてしまいがちになりますが、しっかりと朝食を食べてお昼と夜を栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切です。

特にカルシウムに関しては鳥肌の原因となる神経の緊張を抑える効果を見込むことができますので、カルシウムをたくさん取れるような食事を取り入れることがおすすめです。

カルシウムは牛乳などを飲めば摂取することが可能になりますし、それ以外にもチーズやヨーグルトなどの乳製品や小魚などを食べることによって摂取することができますので自分の食生活の中に取り入れてみてください。

デトックス

鳥肌を対処させるためにはデトックスも有効です。

鳥肌に関してはやはり肌に関してのトラブルになりますので、肌自体の代謝を良くする必要性があります。

代謝を良くするためには適度なデトックスを利用することがとてもおススメです。

体に溜まった老廃物を体外に排泄することによって新陳代謝を高めることができ自分自身の皮膚のトラブルの改善にも繋がるようになります。

デトックスに効果の良いマッサージなどはたくさんありますので積極的にトライしてみてください。

頻繁に起こらなければ悪いものではない!(まとめ)

今回は鳥肌をテーマにして鳥肌が立つ状況や病気の関連性についてもご紹介していきました。

鳥肌に関しては勘違いしていただきたくないのは頻繁に起こることがなければ特に悪いものではありません。

冒頭でご紹介してように防御反応によるもので発生するものになりますので体を守るためにおこなっていると考えていただければ結構です。

もしも頻繁に鳥肌が立って困っているという方についてはやはり医療機関に足を運んできちんとお医者さんに診てもらう方が良いので、自分自身のケースによって対応方法を変えてみてください。