あなたは自分の身近な存在の人間を育てるために何かしらの工夫を行っていますか?

様々な立場になると自分の身近な人間を教育することが求められる場合があります。

それは比較的早い段階で求められる事もあります。

例えば子供の頃に自分よりも年下の子供の面倒を見たりするようなことがあると思いますが、その時には年下の子供を教育したりすることがある場合もあります。

しかしその年代に関しては自分自身もまだ幼いので十分な教育を行うことができないのも当たり前ではあるのですが、それ以外にも中学生高校生になると部活などの場面で年下の面倒を見たりすることもあると思います。

一般的な面を考えてみるとビジネスの場面で自分よりも後輩の人間を育てる必要があったり、子供の親の立場になった時に自分の子供をしつけたりするようなことが一般的に考えられる教育場面です。

しかし誰もが初めて行うことはうまくできないのが当たり前です。

時には人に何かを教えたりするということがとても難しいことだと感じたり、注意しても注意した通りにやってくれないということなどは十分起こりうることになります。

そうなってしまいますとどうしてもストレスに感じたり自分に自信がなくなってしまいやすくなるものですが、間違った教え方をしているとどうしてもこのような問題に直面する場合が多くなります。

だからこそ正しい教え方お早い段階で身につけておく必要性があります。

正しい教え方をすることによって自分自身にとってもストレスなく物事を教えることができますし、教えられる立場の人間も気持ちよく物事を学ぶことができるようになります。

そこで今回は人を育てるためという事をテーマにして、人を育てる注意点、そして子育てや部下の育成などに共通した考え方をご紹介していきたいと思います。

育てるための鉄則はこれだ!!

人を育てるということはまずはじめにとても難しいことであるということを考えてください。

実際には人を育てる立場に身を置いている方は十分分かっていると思いますが、初めて人に何か教えたりするときに簡単なことだと思って取り組むか違いますがそれは間違いです。

自分自身が何かを気を付けるよりも人に何かを気をつけてもらうことの方がはるかに難しいことなのです。

いくら人に対してこういうことをするのが大切なんだ、という事を説明してもうまく理解してもらえなかったり、実践してくれなかったりすることは日常茶飯事なので、どうしても侮っている人ほど現実を見て自信を無くしてしまいやすいです。

しかし、自分の教え方をちょっと工夫するだけで意外と簡単に自分の言った事をすんなり理解してくれたりする場合があります。

それを念頭において人に何かを教えるためにはそれなりに工夫しなければいけないということを学んでください。

それを理解しているだけでも人に何かを教える際にはまったく結果が変わってきます。

育てるのは誰もが経験すること

人を育てるということは必ず誰しもが一度は人生で経験しなければいけないことになります。

なぜならばまず一般的に考えて、人の人生は大半の方がある程度の年齢になると結婚して自分の子供を持つようになります。

自分の子供を持つということは自分自身が親になるということであり、子供が小さい時にはしっかりと子供に対して基本的なことを教えてあげなければいけません。

子供は生まれた時は何も知識がない状態になりますので、一般的なルールであったり、物事の基本的な考え方などを身につけさせてあげないといけません。

またそれ以外に関しても、一般的に私たちは生きていく上でお金が必要になります。

そしてお金を稼ぐための方法としてたくさんの方が行っている方法は世の中に存在している企業に属して仕事を行うということです。

そして企業で仕事を行うという事は同じ目的に向かって働く職場の仲間が存在するということになります。

ということは当然ながら新しい職場の仲間が増えることもあるので、その人たちに対して何かしらの業務やルールを教えてあげないといけないからです。

これを念頭に置くと、普通に考えて誰しもが必ず一度は人を育てるということを経験しなければならない状況になるという考えに基づきます。

では具体的にどういう状況でどういう人間に対して育てあげなければいけないのか、という事をご紹介していきたいと思います。

まだ人に対して育てるという経験をした事がない方はこれからいずれ経験しなければいけない事なんだ、という事を考えながら確認してみてください。

こども


まずはじめにご紹介する人を育てるシーンのひとつとしては子どもに対してです。

先ほどご紹介したようにある程度の年齢になれば自分自身の子供ができるようになると思います。

子供が出来た時には子供に対して生活をする上で全ての事を教えてあげなければいけません。

例えばどういうことかと言いますと、子供は生まれた時点では何も分かりませんので、まずは言葉について教えてあげなければいけません。

当然ながら日本語という言葉に関しても子供は理解をしていけませんので、日本語の話し方を教えてあげないといけないですし、歩き方などを教えてあげなければいけません。

そしてある程度固形物が食べれるようになったら、食事の仕方を教えてあげなければいけませんし、食事を食べるのであればトイレの仕方を教えてあげなければいけません。

そしてある程度まで育てた段階になると、スポーツを教えてあげないといけない場合もありますし、勉強教えてあげないといけない場合もあります。

そして世の中で一般的に禁止されている法律に触れてしまうようなことをしないようにするということも教育しておかなければいけません。

何から何まで教えてあげなければいけないので、とても大変かもしれませんが根気強く教えてあげないといけません、なぜなら周りの人間が教えてくれるわけではないからです。

もしも子供に対して教育するということを放棄してしまうと、それは親としての責任を投げ出していると捉えられますし、自分の子供が原因で周りの子供や親、そして他人に対して迷惑をかけてしまう可能性が生まれるのです。

そして十分な教育を受けることができなかったということで自分の子供が最終的に困ってしまうことになるのです。

なので自分の子供に対して教育しなければいけないという事は誰しもにのしかかる課題でもあるのです。

部下


次にご紹介する人を育てるシーンのひとつとしては部下に対してということです。

先ほどご紹介したように社会人としてある程度経験を積んでくるようになると、いずれ自分の後輩にあたる人間が自分と同じ会社に入社してくると思います。

経験豊富な中途採用の人間であれば基本的なことなどは教えなくてもある程度わかっている場合があるかもしれません。

もしも新卒として入社してきた場合は社会人としての経験は0である可能性が高いので、人によっては基本的なことがよくわかっていない可能性が十分考えられます。

酷い時には敬語の使い方から教えてあげなければいけない場合もあったりすると思います。

それ以外にも、社会人としての基本的なマナー、心がけるべき事、自分の会社の一日の流れであったり、どういう風に仕事を行っていくのかということであったり、仕事をさらに早く行うためのコツ、難しいケースの場合の対処法など考えてみればたくさんのことが教えてあげなければいけない項目になります。

それをしっかりと教えてあげなければ、その人間が会社で成果を出すことができないですし、その人間が困ってしまうことに直結します。

もちろん自分が管理をしている立場なのであれば管理職としての能力を問われてしまうことにもなりますので、必ず投げ出すことが出来ない事になるのです。

こども・部下を育てる方法

ここまでは人を育てるシーンについてご紹介していきました。

こうして考えてみると大部分の方が人生で必ず人に何かを教えなければいけない立場になるということがよくおわかりいただけたと思います。

それを理解いただいたところでここからは具体的にこどもや部下を育てる方法を具体的にご紹介していきたいと思います。

おそらく大部分の方は、今まさに人に対して何かを教えなければいけない立場に立っているという方がいると思います。

自分の教えてくれたことをしっかりと聞いて実践してくれていると感じている方はおそらく全体の中でも割合としては少ないと思います。

必ず誰しもが教えてもうまくやってくれなかったり、もう少し高い意識をもって行ってほしいという不満を持っていると思います。

もちろんそれは教えてもらう人間に原因がある可能性が十分考えられますが、それ以外にも教えているあなたにも原因がある可能性があるということを忘れないでください。

今人に何かを教えていて結果を出していない人は、自分が間違った教え方をしていないと胸を張って言えますか?

もしもまだ少しでも改善点があると考える方だったり、まだ人に対して何かを教えるということに真剣に向き合っていないという気持ちがどこかに少しでもあるならば、これからを紹介する育てる方法をよく理解して自分の日常生活の中で取り入れられる部分に関しては実践するようにしてみてください。

そうすることで今の結果よりもさらに良い結果を得ることができる可能性があります。

諦めてしまったらそこで終わりになりますので、自分の改善点があるのかないのかということをよく考えながらこれからご紹介する内容確認してください。

否定しない

まずはじめにご紹介するこども・部下を育てる方法は必ず相手を否定しないということです。

どうしても人に何かを教える場合に相手のやっているやり方、もしくは失敗した時に対してまず否定から入ってしまう方が多いです。

しかし相手に対して上手に教えるということを考えた時に否定から入るという方法はあまり得策ではありません。

なぜかと言いますと、自分を否定されて嬉しいと感じる様な人は誰もいません。

むしろ相手に頭ごなしに否定されることによって怒りを覚えたり、腹立たしい気持ちになるのが普通なのです。

例えばあなたが何かしらの方法で物事を行っている時に「その方法じゃダメだ」「お前は本当にダメだな」なんて言葉を言われたらものすごく腹が立ちませんか?

自分のやり方だったり自分の人格を否定された気分になって相手の言うことなんか聞きたくないと思ってしまいますよね。

これは誰しもが当たり前に持っている感情です。

なのでまず相手の否定から入るのではなく、そのやり方や相手の考え方を認めつつ、提案をするという事です。

もしもやり方が間違っているなら、

「そのやり方も方法のひとつではあるが、こういうやり方の方がもっと時間が節約できる、こっちのやり方で一度行ってみてくれないか?」

という風に相手に対して一旦認めつつ、その上で相手に対して別の方法を提案するような言い方をすれば相手は受け入れやすくなります。

この時にしっかりと理論的になぜ別の方法を試した方が効率が良いのかということなどの説明してあげるとなおベターだと思います。

なので相手に対して何かを教える際には必ず否定から入らない、そして相手のやっていることを完全否定しないという事を念頭において話を組み立てるようにしてください。

考えさせる

次にご紹介するこども・部下を育てる方法はしっかりと考えさせるということです。

これはどういうことかと言いますと、相手に対して何かを教える時にはしっかりと一度相手にその物事について考えさせる必要性があるということです。

本質的な部分を考えると、なぜこの方法ではダメなのか、なぜこういう考え方をしてはダメなのか、ということをしっかりと本人に考えさせて答えを結びつけさせてあげないと根本的な改善を見込むことはできません。

例えばよくあるのが頭ごなしにそのやり方をするのではなくこっちのやり方をしろ、とだけ相手に伝えてなぜそのやり方がダメなのかという「理由」を省いてしまっている場合があります。

もしも教える立場の人間の言っていることが正しかったとしても「理由」が理解できなければ、根本的に改善しないですし、やっている本人も理解していないうちに物事を進めてしまうので新たな失敗の原因に繋がる可能性があります。

しかしどうしてこのやり方ではダメなのかという「理由」を明確に相手に伝えてあげることによって相手は納得してこちらの提案を受け入れてくれるようになります。

根本的に理解する事によって作業やそれに関連した内容などをよく把握できるようになりますので、理解度が上がり、失敗をしないようになります。

なので相手に対して注意したり、教育しなければいけない場面では間違った方法がなぜ間違っているのか理由を話し、相手にしっかりと考えさせるような工夫をするようにしてください。

常に考えて行動するということを癖付けさせてあげると他の仕事もうまくいく可能性が飛躍的に上がりますよ。