もしかしてこのままでは将来がヤバいかも!そのようか考えを持っている方は実は結構多いと思います。

でも、安心してください。

将来に限らず、不安を感じることは人間として当たり前のことです。

大切なのは、不安を感じてからどう動くかです。

不安を感じて行動できない人は、そのまま不安に負けて将来もそのようになってしまいます。

不安に思ったから不安な将来になってしまった。

このような感じです。

しかし、しっかりと対策や方法を行えば不安を解消し、あなたの理想となる将来を実現させることができますよ。

そんなの口だけで人生は思い通りに行かないと思っていらっしゃる方は多いと思いますが、実はそう思っているから思い通りに行かないのです。

逆説的に考えましょう。

人生は思い通りに行くのです。

人生が思い通りに行かないと思っているから、思い通りに行かないのです。

そう考えると、不安に思ってしまってはそのような人生を過ごすことになってしまいます。

それではせっかくの人生が台無しです。

そうならないためにも将来に不安を感じた時にしっかりと対策をできるようにしておくことが大切です。

今回こちらの記事では将来に不安を感じる原因と今からでもできることをまとめました。
ぜひ、参考にしていただきまして、あなたの理想の人生を実現させましょう。

不安は誰にでもあります。

あなただけではありません。

故にどなたでもできる対策方法ばかりなので、ぜひ、あなたにあった対策方法を見つけて実践していきましょう。

将来を不安に感じる理由とは?解消方法も解説!

一度や二度に限らず将来に不安を感じたことがある人は多いはずです。

早い人では高校受験の時などに感じた方もいるはずです。

希望の高校の入れずに将来は大丈夫なのかと思った方もいたのではないでしょうか。

おそらく生きてる限りいつでも不安には襲われてしまうものなのです。

そこで不安に陥ったままでいることが最も危ない状況です。

そのため、不安になってもその状況から脱却するように行動しないといけません。

とは言え、様々な原因によって人は不安に陥ってしまうものであり、一概にこれが最もな原因だと言うものがありません。

そこでまずは人間が不安に陥ってしまう原因についてまとめましたので説明致します。

どれがあなたにとって最も不安に陥ってしまう原因になりますでしょうか。

まず、これを理解することが大切です。

原因がわかることによって対策方法にも選択肢ができます。

原因が分からずにみんながしているとか言う理由で対策方法をしてしまっても効果があるとは限りません。

それによって不安から脱却できなかったら返って余計に不安を大きくするだけになってしまうかもしれません。

それでは意味がありません。

まずは、何によって不安を感じたかを理解しましょう。

そうすれば最適な対策方法を実践することができますよ。

将来を不安に感じる原因


将来に不安を感じる原因は一概にこれだと言う事柄はありません。

人それぞれによって違います。

これは人それぞれで生き方が違うので、その人その人で起こる事柄も違います。

故にこれが不安の原因になるということではなく、不安の原因になったのはこれだと言う感じで決めつけることができません。

そこで、ここからはこれまで不安に陥ってしまった原因の中でも多くの人が体験したことがある事案をピックアップしました。

それがなぜ不安になるのかなどと合わせて説明していきますので、今までのご自身の人生の中でどれに最も当てはまるか、もしくは今後もしかたらこのような事例で私は不安を感じるかもしれないと言う事柄がありましたらまずはそれをチェックしましょう。

そのうえで合った対策方法を見つけて、不安を取り除いていきましょう。

まずは原因の徹底解明です。

ビジョンがない

この先の人生で自分はいったいどんな生き方をしているのか見えない。

もしくは描いた未来像とは程遠い生き方をしているなど感じた場合に人間は不安に陥りやすいです。

これは、思い通りに行っていない自分に対して、目標を達成する能力がないと思いこんでしまい、違う目標設定をしても達成できないと感じてしまっているためにどうしたらいいかわからず不安に陥ってしまっています。

こうなってしまうとただ坦々した生き方をしてしまい無駄な時間を過ごしてしまうことになります。

目標を見つけるにも根本に失敗と言う事柄に支配されているために難しいです。

対策方法としては、どんな小さなことでも良いので成功体験を多く積むことです。

小さな成功体験の積み重ねが自信を取り戻すきっかけとなり、目標を見つけることにつながるので、ぜひ、どんなことでもいいので成功体験を積んでいきましょう。

安定してない


人間は誰でも安定を求めてしまう傾向があります。

経済面でも、生活面などでも安定していると心に余裕が持つことができます。

しかし、どれか1つでも不安定になると心に余裕がなくなり、不安な気持ちになってしまいます。

これは安定しないからというよりは、安定を望む気持ちが強すぎるためにそのような状況に陥ってしまいます。

また、安定と言っても実はこれも原因と同じような感じで人によって安定というものは違います。

なので、こうすれば安定するよとかのアドバイスはありません。

では、どうすればよいかと言うと、まずは自分にとっての安定とは何かを考えることです。

日々の生活を振り返ってみると意外と無駄なことがあったりする可能性は高く、それを取り除いてみると、安定を取り戻せますよ。

何も節約しろと言っているわけではありません。

また、もしくは収入を上げるなど、今いる現状から脱却する方法を考えるのも良いでしょう。

環境を変えることはご自身を変える最適なきっかけになります。

不健康

健康状態が良くないと心身ともにダウンしてしまう傾向が高く、同時に不安になってしまう方も多いです。

これは状態がすでに弱体化しているので、具合が悪いと言う理由で不安に陥っている方がいます。

中にはこのまま病弱死してしまうのではと考えて不安になる方もいるので不健康は良くありません。

日々の体調管理ができてないことが原因になります。

また、健康であることのメリットを知らないのもあるので、健康に対しての対策ができていない人が多いです。

世で成功していると言われている人のほとんどは実は健康な人が多いのです。

頭がいいから、考え方が違うからではなく、健康を保っているからなのです。

成功への近道は実は健康なのかもしれません。

そう考えると不健康に陥っているのは人生において損です。

ぜひ、健康をキープしましょう。

経済的余裕がない

経済的に余裕がない人の特徴はお金をどう使わないか考える人です。

要はお金が減っていくと考えていて、貯金することに執着していて、ご自身で経済的に余裕がない状況に陥っています。

そうなると一つ一つを購入する際に、これは購入して大丈夫なのかといった不安に陥りやすいです。

特に日本人は顕著で、貯金することに価値を置く体質の人がほとんどなので、このような不安を抱えています。

お金に関して学んでいないためにこうなってしまっているので、お金について良く学んだ方が良いかと思います。

おそらくですが、経済的に余裕がないことが原因で不安になっているのではなく、ご自身で経済的に余裕がないと思っていることが原因で不安になっているケースが多いです。

お金は流通するもので、使用してこそ価値が分かるものなのです。

貯金をしていては価値に気づけません。

もし、経済的に余裕がないと感じましたら、お金について学んでみるのはいかがでしょうか。

大切な時間を浪費している

なんで今までしてこなったのか、あの時こうしていればと過去を振り返って無駄な時間を過ごしてきたなと思うことが多いはずです。

これは時間の大切さに気づくと一旦そう思ってしまう人が多いです。

時間を売ればお金を手に入れることができても、お金では時間を買うことができません。

そう考えただけで今までのご自身の過ごしてきた時間を浪費していたと思う方も多く、これからの時間も浪費してしまうのではと不安になってしまう方が多いです。

しかし、それではいけません。

過ぎ去った時間で後悔してもまたそれが時間の浪費です。

過去は過去!そう割り切って、未来の自分に向かうように努めなければいけません。

不安に陥っている方はずっと過去を見てしまう傾向が高いです。

過去は見るのではなく、未来を見ましょう!時間の浪費を防ぐ最もな対策は未来を見ることです。

人間関係

あの人とは上手く行かない。

苦手な人のいる空間ではちょっと…そんなふうに感じて不安になっている人は多いと思います。

学校の退学理由や職場の退職理由などは表向きは校風や仕事が合わないなどですが、深く見るとほとんどが人間関係を理由にしたものです。

苦手なタイプな人などとはどう接したら良いかで悩んでしまい、なかなか解決方法が見いだせないので大変です。

また、相手によっては威圧感をかけてくる人もいて恐怖を感じてしまったりと不安になってしまう要因を多く含んでいます。

相手を変えようとしてもそれは無理なので、相手を変えることを考えるよりも自分がどう変われば相手を気にせずに済むかを考えて行動すると良いでしょう。

お付き合いしている人

時々相手の行動などを見て、もしかして嫌われてしまっているのかな?と思ってしまって、不安に陥る人は多いと思います。

しかし、相手の感情はこちらでわかることはできません。

ましてはコントロールできるものでもないので、相手がどう思っているかと考えることは、実は時間の無駄です。

相手の行動を見て動揺するよりも自分が相手のために何ができるかを考えた方が良いです。

相手にどう思われようが自分からしていることなので自信を持つべきです。

変に相手の顔色をうかがうといろいろと気にしてしまうので、不安になってしまう可能性が高いです。

相手の行動や言動などには動揺せずに堂々としましょう!

不安を取り除くためには?

いかがでしたでしょうか。

不安になる原因!あなたはいくつ当てはまりましたでしょうか。

おそらくあるあると思った方は多いはずです。

原因が分かったと言うことで、最も重要な不安を取り除く対策方法をここからは説明していきます。

あなたが不安になった原因に合う対策方法を選んで、不安を解消し、理想の人生を歩むようにしましょう。

不安はどなたにでも感じるものですが、同時にどなたでも取り除くことができます。

不安を感じてしまったからもうダメだと思うのではなく、不安を取り除いてさらに成長しようと思いましょう。

一度不安になっても立ち直れればもう大丈夫です。

実は不安はあなたを成長させるため、強くさせるための試練のようなものなのかもしれません。

そう考えたら不安になった時はチャンスなのです。

ぜひ、不安を感じたままにしないで、不安を取り除いて強くなりましょう。

早めに解消する

不安を感じたままの状態を長くキープすると余計に不安に支配されてしまい、チャレンジ精神などがなくなり何もする気になくなってしまうなどの危険性があります。

こうなってしまって意味がないので、不安を感じた場合はすぐに取り除くことが先決です。

とは言っても早く取り除くのは大変と思う方も多いはずです。

しかし、そんなことはありません。

一番手っとり早いのは不安になったことを忘れることです。

もしくは気にしないことです。

それができたらと言いますが、そのできないと思うことをはず排除しなくてはいけません。

不安を感じてしまうのは大方ご自身の意識からです。

ご自身で気にしないと思えば気にならないのです。

不安になったことは早めに忘れることが大切です。

考えすぎない

不安を感じてしまい、どうしてなのだろうや、いつまで不安に思わないといけないのだろうと考えてしまうのはよくありません。

このように考えすぎてしまうと、余計に不安に支配されてしまうので、よくありません。

不安になってしまったどうしようと考えすぎるのではなく、まずは不安を感じてしまった原因を探り、解決方法を見いだしましょう。

どうして、どうしてと思っても解決まで導くことはありません。

考えるよりもまずは行動です。

行動しないと何も始まりませんので、原因を探る行動をしましょう。

よく考える人は行動をしない人が多いです。

考えすぎて、何も思いつかないために行動ができないのです。

また、確信的でないと動かないタイプも多いです。

エジソンの言葉にある「1%のひらめきと99%の行動」のようにひらめいたら動けばいいのです。

不安になったら原因を解明する。

原因がわかったら解決方法を見いだす!シンプルで大丈夫ですよ。

思い切って転職

これは人間関係や時間の浪費で不安を感じてしまう人に向けた解決方法としてよく上げられます。

職場に苦手な人がいる場合は職場から離れない限りはその人と同じ空間にいるので、不安は解消されません。

こちらがどんなに変わろうと頑張っても相手に変化がない場合は思いきって転職はありです。

よく逃げたと言われますが、逃げではありません。

チャンスへ向かっただけです。

逆にその場にいることが逃げになってしまいます。

転職は悪いことではありません。

ここは思いきってしてみるのも手です。

また、労働時間が長く、残業も多いので自分の時間が確保できないという状況でありましたら、きちんと労働時間が定まっている職場や職種に転職されるのもありです。

仕事がすべてなわけではありません。

あなたがどんな職業につくかはあなたの自由です。

つまり働き方を選ぶのもあなたの自由です。

新しいことにチャレンジしてワクワクする

迷ったらワクワクする方へと言う言葉あるように、何か新しいことへ目標を変えてワクワクしながら取り組むと自然と不安は取り除かれます。

目標を達成できないでいることから不安を感じる人は多く、ビジョンが見えないなどのネガティブな感じになってしまうとワクワクすることもなくなります。

しかし、明確な目標やこうなりたいと思うと人はワクワクするものです。

ワクワクすると自然とそれをやりたくなるので、不安に支配されることもなくなります。

この時に大切なのは、失敗したらどうしようと思うのではなく、成功するにはどうしたら良いか?成功したらこうなったりして楽しいかもと思えるかが大切になってきます。

失敗を考えると誰も動けなくなるので、失敗を考えるのではなく、成功を考えるようにしましょう。

楽しいことをする

不安を感じやすい人は、どこかネガティブな感じの方が多いです。

それはなぜかというと楽しいと思うことが少ないからです。

楽しいと思えないと気分も下降気味になるので、何かが起こるたびに不安を感じやすくなるので良くありません。

不安を感じた場合は楽しいことをしてみましょう。

楽しいことをして不安を解消しましょう。

楽しいことが分からないと言う人は、日々の行動で何をしている時、何を考えている時に自分は笑っているかを思い出してください。

思いつくものがあなたにとっての楽しいことです。

何も大きなことである必要はありません。

小さなことでも結構です。

あなたにとって楽しいことを見つけて、楽しいことをして気分を高揚させて不安を取り除きましょう。

楽しいことをしていれば自然と不安も解消されますよ。

安定した収入を1つでも作る

安定しないことで不安になる人や経済的な余裕がないことで不安になる人へのアドバイスとして代表的な例です。

要は安定したいのであれば収入源を作ることが大切です。

毎月決まった額が手に入れば一応、表面上は安定します。

そのために最もな方法は職に就くことです。

しかし、労働によって不安になっている人はこれができない場合もあります。

そんな人には株やFX、もしくは在宅勤務などもあります。

要は労働収入だけが収入ではありません。

労働収入が最も簡単な収入源ということで定着していますが、収入はいろいろとあります。

ぜひ、あなたにあった収入源を見つけて安定した収入を作りましょう。

そうすれば表面上では安定した収入を手にすることはできます。

大切なのは安定した収入を手にしてからの生活になりますが、そこはご自身で判断して行うと良いと思います。

一概にこうだと言うものはありません。

スキルを身につける

できないことで仕事や人間関係などでうまく行かずに不安になっている人は思いきって自分がしてみたいやってみたいと思える事柄のスキルを身につけてみると良いと思います。

それはなぜかというと、スキルを身につけたと言うことで、自信に繋がるのでそのスキルで勝負すると楽しくて仕方がなくなります。

もしかしたら思わぬところからチャンスが来るかもしれませんよ。

スキルを持つことは活動の幅を広げることにもなります。

自信がないから不安を感じるのであって、自信さえあれば不安を感じることはありません。

そのために最もな方法としてはスキルを身につけることです。

何でも構いません。

スキルを身につけて小さな成功体験を積んでいくことで自然と不安は解消されますので、ぜひ、あなたにあったスキルを身につけましょう。

【スキルについては、こちらの記事もチェック!】

不安なことをほうっておくと・・・?

ここまでは不安を感じることの原因と対策方法を説明してきました。

とあることがきっかけで不安を感じてしまいそれが将来と直結してしまう危険性があるために陥ったままに解決できないままでいた方が多かったと思います。

ひとまず、解決方法はわかったので安心かと思いますが、中には不安を感じても大丈夫とポジティブに強がっている方や、不安など将来に直結しないと思っている方もいらっしゃると思います。

そこでここからは、不安なことをほうっておくとどうなるかをまとめましたので、じっくり読んでいただけましたら幸いです。

前文でも説明しましたが、不安は解消すればあなたが成長できる証でもあります。

故に不安は成長するための試練です。

それをほうっておくことは試練から逃げているようなものです。

ぜひ、不安なんて!と思うのではなく、解消するようにしましょう。

ストレスがたまる

不安があると何かも上手く行かない感じがして、ストレスを溜めてしまう危険性があります。

ストレスは溜めすぎると癌になる危険性もあり、良くありません。

不安があるとチャレンジもできなくなり、行動に移せなくなります。

行動ができないと止まったままになりストレスは溜まりながらも増幅されるだけなので、あまりよろしくありません。

不安を感じてほうっておくと実は病気になってしまう危険性もあるので厄介です。

ぜひ、ほうっておかず取り除くようにしましょう。

人生楽しめない

不安を感じると、楽しいと思う機会が少ないので人生を楽しむことができません。

これは、不安で恐怖心に支配されているので、行動ができなくなっているためです。

人生が楽しくないと将来も楽しくありません。

まさに負のスパイラルに陥っているような感じなので、不安を取り除かないといけません。

不安をほうっておいてもいいことはありません。

せっかくの人生です。

楽しく過ごすのと、楽しくなく過ごすのとではどちらが良いかと言われたら楽しくの方ですよね。

不安は取り除きましょう。

生きるのがつらくなる

日々、不安に支配されているので、何をするにもおびえた感じで挙動不審のように思えて来ます。

一つ一つの行動ができなくなるので、生きていても辛くなるだけです。

辛いとなると楽しくもなく、生きがいを感じられないので、坦々とした人生になってしまいます。

そうなると、大切な時間を浪費してしまったりして、後悔の数を増やすだけなので、良くありません。

不安を取り除いて辛く感じることのない人生を過ごすことを目指しましょう。

何にも手がつけられない

不安なままでいると何をしても失敗すると思いこんでいるので、何にも手をつけられなくなります。

これは「失敗したらどうしよう」というような考えに支配されているために行動へと傾かないのです。

結局行動しないまま無駄な時間を過ごしてしまうので後悔を増やすばかりです。

意外とこの不安を感じたままにしている人は多いと思います。

仕事なども失敗したら怖いからといって変わりを探したり、あげくにはしないまま放置して他人に任せるなど、相手にも迷惑を掛ってしまうので不安を持っていると自分だけでは済まされない場合があります。

不安解消のために自分をコントロールする

前文の説明で不安をほうっておくと良くないことはわかったと思いますが、では自分自身で不安を解消するためにどうしたらいいかということになりますが、方法はイロイロとあり、どれが最適なものか一概に判断できません。

ここからは自分をコントロールする方法をまとめましたので、ご自身に合ったものを選んでいただいて実践していただければと思います。

自分のコントロールができないと不安に陥るだけでなく、周囲からの信頼もなくなってしまいますので、自分をコントロールできるようにしましょう。

嫌なことはやらない

嫌なことをすることはストレスになってしまいます。

だからと言って仕事が嫌だからやらないと言うわけにはいきません。

では、どうなのかと言いますと、日常生活の中で嫌なことをやらないようにすれば良いだけです。

しかし、この時に嫌だからやらないと言うと相手によっては嫌悪感を示すこともありますので、嫌なことをやらない代わりに自分が好きなことを相手の変わりにするようにしてストレスをためないようにしましょう。

嫌なことをすると何でこんなことをしているんだと思って自暴自虐になってしまうこともあります。

もし、何かをしている時にそう感じましたら、一旦休憩して見てください。

適度にストレス解消する

不安に感じてストレスを溜めすぎると良くありません。

その状態のままでいると最悪の場合、癌になってしまう危険性もありますので、よろしくありません。

ストレスは溜めこまず、適度に解消していくことが望まれます。

そこでここでは適度なストレス解消方法を説明しますので、ぜひ、参考にしていただきまして、実践し、ストレスを解消していただけましたら幸いです。

本を読む

読書は心を落ち着かせる効果があり、ストレスを減らすことができます。

本を読めと言われると小説や随筆などの難しい本を進められているような感じがしますが、そうではありません。

何でもOKです。

アダルトな感じのものでもOKです。

とにかくあなたにとって心が安らぐ本を読んで気持ちをリフレッシュさせることがストレスの解消になりますので、本を読みましょう。

難しい本などは読み終えられなくてストレスになる可能性もありますので、まずは簡単な本から読みましょう。

休憩する

休憩することは大事です。

昔は休憩なんかしないで動くことがカッコいいというような風潮がありましたが、全然カッコよくないです。

休憩をすることは心を落ち着かせることと、息抜きにもなり、休憩後の方が仕事などがスムーズに進んでいる方もいます。

休憩は仕事などをするうえで大切な事柄になっていますので、疲れた時や上手く行かない時は休憩を取るなどして、気持ちを落ち着かせましょう。

人に相談する

どうしても自分自身では限界だと思った場合は知人に相談するのも手です。

要は溜めこみすぎていて判断が鈍っている可能性が高いので、知人に話して外に出すことですっきりさせる方法があります。

当然、知人は相談に乗ってくれてアドバイスなどもいただけるかもしれませんが、一番は、悩みを打ち明けられることです。

変に良いアドバイスなどを求めるのは相手に失礼です。

ここは悩みを打ち明けられてすっきりすると言った観点で見ましょう。

何も考えない

考えすぎるのが良くないと言った感じになっていますので、ここは思いきって何も考えないこともありだと思います。

考えても考えても答えにたどり着けない場合が多く、その時間が果てしなく無駄です。

何も考えないでいるといつしか自然に何が原因で不安になっていたか忘れてしまうこともあります。

考えすぎは良くありませんが、感がえないことはありかと思います。

不安を解消すれば後は楽しいことが待ってる!(まとめ)

不安はどなたでも感じてしまいます。

あなただけではありません。

不安を感じない人間の方が珍しいです。

いるかもわかりませんが…ココまでの説明で原因を究明し、解決方法を出すことが大事だと言うことで記事をまとめてきました。

不安のままでは良いことありません。

不安はあなたを成長させる試練です。

不安を解消し、成長し、理想の人生を歩むようにしましょう。

そう考えると楽しい人生を歩むためには不安とつきもののような感じがしますが、解消する手段を知っていれば不安が近くにあっても大丈夫です。

ぜひ、試練を乗り越えて楽しい人生を過ごしましょう。