地域の中に、ひときわ目立つ一軒の民家。

そこはなんとゴミが山積みになり、異様な雰囲気を放っています。

もしかしたら、あなたの街にもそんな家が存在するのかもしれません。

最近ニューズでも”ゴミ屋敷”問題として取り上げられることもあるほど、社会生活の問題となっているのです。

では、ゴミ屋敷っていろいろなところに結構存在しているものなのでしょうか?

そして、どうして以前は普通の民家だったところが”ゴミ屋敷”化してしまうのでしょうか?

あなたの住んでいる街、あるいはこれから住みたいと思っている街でも、かなり深刻な問題となりかねない現代問題の一つとして、調査してみましょう!

ゴミ屋敷とは

最近テレビなどでも、「ゴミ屋敷の住人を直撃!」というような番組をやっていることありますよね?
近隣住民からの苦情などが相次ぎ、時々騒動となっています。

でも、そもそもどんな家をゴミ屋敷と呼んでいるのでしょうか?

ゴミが野積みされた建物や土地

”ゴミ屋敷”とは、ゴミが野積みの状態で放置された建物や土地のことを指します。

そこはもちろん、ごみ集積所とは全然違って、個人の住宅だったり土地だったりするところです。

でも、そうゆう場所になぜか、大量のゴミがどんどんと増えていって、どうしようもないような状態にまでなっているのです。

そのゴミは、そこの住民が出したごみであったり、さらにはゴミ置き場から拾ってきているものまであるようで、リサイクル業として営んでいるという主張をしている人もいます。

そうは言っても、近隣に住んでいる人は、そのような街の景観を損ね、さらにはゴミが放置されている状態からくるたくさんの被害に悩まされているわけです。

そして、近隣住民が「ゴミだらけの状態をどうにかしてほしい」と訴えたところで、なかなか解決が難しいのがこの問題です。

社会問題として取り上げられる

昔から管理されていない危なっかしい建物や、放置されっぱなしの家などが問題になっていたことがありました。

でも、最近社会問題として、この”ゴミ屋敷”問題が取り上げられ始めました。

この場合、管理がされていないとか放置されている家とは違って、ゴミ屋敷にはその土地や家の所有者がちゃんと存在している場合も多いです。

そして、所有者はそのゴミだらけの中に実際に住んできて生活していることもあります。

特に多いのが、所有者は複数の不動産を所有するのような資産家であり、その上老齢で独り身であるケースです。

結婚しているとしても別居しているとか、離婚したり死別しているとかの理由で一人で生活している人が多いのです。

そして、地域住民からも孤立していて、周りの人とはあまり関わろうとせず、親類縁者とも疎遠になっているような人が多いようです。

その他のケースもありますが、所有者がいて、そこに他の人から見て”ゴミ”と思われるものが大量に放置されているとしても、もし所有者が「これはゴミじゃない!」と主張した場合、近隣住民や行政はそれを強制的に排除することが難しいのがこの問題の難点です。

周りからは普通”ゴミ”と思われているものでも、所有者が「ゴミではない」と言ってしまえばそこには所有権というものが存在するからです。

長年放置されている管理されていないような民家や不動産物件に、ある人がゴミを不法投棄していて、所有者は何も行動しない、というケースも見られます。

近隣住民に被害を及ぼす

このゴミ屋敷問題、そこに住んでいる人や土地の所有者などがいくら「これはゴミじゃない!」といったところで、近隣住民には何も影響がないのかというと、まったくそういうことではありません。

所有者は、自分の責任で民家や土地がそのような状態になっているわけなのですが、近隣住民のにとっては、その人の行動や性癖によって大きな被害を受け続けるのは、かなり深刻なストレスになりかねません。

普通、人はきれいに整った環境で生活することを好みます。

特に自分の住んでいる地区がきれいだと気持ちのいいものです。

でも、その中に一軒でもゴミ屋敷があると、街の雰囲気や景観に大きなマイナスの影響を与えてしまいます。

ボヤや犯罪などが起きやすい地区になってしまったりすることもあるのです。

さらに、常にひどい悪臭がしたり、ネズミや害虫などが大量に住み着いたりと深刻な被害などもあります。

精神面でも、身体面でもかなりの被害がありますね。

他人事じゃない問題

今までは、テレビで報道されているゴミ屋敷問題を見ていると、「うわ~、これはひどい!」と思いつつも、どこか他人事のように思えていたかもしれません。

でも、じつはただの他人事としては片づけられないような現状があるのです。

では、実情として現在の日本ではゴミ屋敷と呼ばれる建物や土地はどのくらいあるのでしょうか?

「町内にゴミ屋敷あり」1割以下

実は、ゴミ屋敷またはゴミ屋敷予備軍とされている土地や民家や建物というのは、なんと全国に1万件以上もあるそうです。

正確な件数というのがすべて把握されているわけではないにしても、その数は増えている様子。

町内にゴミ屋敷があるのは1割以下なのですが、それでも平成21年に国土交通省が全国を対象に調査した際にも巣でも250の市区町村でゴミ屋敷が確認されているのです。

さらに、最近ではマンションの一室がゴミ屋敷化していることも多く、もしかしたらあなたの住んでいる地区のにもそれはあるのかもしれません。

最近では「片づけられない人」たちが増えているということも、よくテレビなどでも見かけます。

一歩家の中に足を踏み入れると、そこは歩く場所もないほどのゴミの山で、住んでから一度も部屋を片付けたことがなかったり、ゴミを捨てたことがなかったりするのです。

だから、何年も前の食べ残しとか、ゴミとかがそのまま蓄積されているという悲惨な現状がそこにあるのです。

もし、今度引っ越しなどを考えているとしても、このゴミ屋敷の問題が全国でみられているのであれば、ちゃんと住みたいと思う場所の周辺全体をチェックしたいと思うのではないでしょうか?

ゴミ屋敷の惨状

ゴミ屋敷は、その土地や民家の住人や所有者だけの問題ではありません。

もちろん、そこに住んでいる人がいるのならその人たちの健康や精神面の状態が心配になるところですが、一番迷惑をしているのは近隣に住んでいる住人達です。

では、ゴミ屋敷があることによってどんな被害やストレスを抱えているのでしょうか?

異臭問題

まず、ゴミ屋敷があることによって問題になるのが異臭です。

当然ながら、ゴミはそのまま放置すると臭くなります。

皆さんも、自分の家で出たゴミが特に夏なんかはすぐに臭くなってしまうのを経験したことがあるでしょう。

家庭ゴミでも、ちゃんと処理しなければすぐに腐ってしまったりして異臭を放ちます。

さらに、少しでも掃除が行き届いない状態を続けると、どこからともなく異臭がしてきます。

だから、たまに老人しか住んでいなくて思うように掃除ができないようなお宅に訪問した時には、何とも言えない臭いが気になることもありますよね。

普通に生活しているとしても、そのようなゴミの臭いに気づくくらいですから、大量のゴミをずっと放置しているようなゴミ屋敷というのは、どれだけの悪臭を放つのかと思うと怖くなりますね。

でも、実際にそのような状態が近所にあったり、その悪臭に毎日悩まされている人たちがいるのです。

周辺住民の精神的苦痛に繋がる

一時的にでも、そのような悪臭を感じるとかなり不快に思って、早くその場から離れたいと思うものですが、もし自分の家がそこの近くにあるのなら、逃げることなんてできません。

毎日、その悪臭を感じながら過ごすのです。

これは、かなりの精神的な苦痛となります。

ゴミ屋敷の周辺に住む住人は、家の中の空気を新鮮にしたいと思っても、窓を開けることができません。

窓を開ければゴミ屋敷からくる不快な悪臭が入ってくるのです。

何をしていても、そのような悪臭を感じながら過ごすなんて耐えられますか?
きっとあなたも毎日強烈な悪臭の中で生活することを考えたら、考えただけで気がめいってしまうでしょう。

ですから、現在そのような環境にある住民の人たちの精神的苦痛はかなりのものです。

その異臭は消臭剤で何とかなるようなレベルではないのです。

害虫・害獣問題

さらに、ゴミ屋敷被害として、害虫や害獣問題もあります。

ゴミが蓄積しているところには、害虫が集まります。

そう、あの黒光りしている昆虫、ゴキブリなどのことです。

さらに、ダニ、ハエ、ノミなどもわいてきます。

ゴキブリは非常に生命力が強く、繁殖力が半端ないことで知られていますが、怖いのはその繁殖力や気持ち悪さだけでなく、感染症などを引き起こす病原体を体に付着させていることがあることです。

さらに糞などからその感染症を蔓延させたりもします。

ダニも人にとって喘息やアレルギーを引き起こす原因となります。

ハエも、生ごみや排泄物の上にたかっていてますよね。

その汚い病原体などをもって人間の生活圏内にやってくるのです。

ゴミ屋敷などの不衛生な環境はハエにとって繁殖する絶好の環境になるので、ハエの大発生などが生じます。

つまり、ゴミ屋敷というのは害虫の餌がたっぷりとある環境である上に、そこで繁殖できる環境のため大発生するのです。

さらに、ネズミなどもたくさん住み着いてしまったりもしています。

周りにそんな害虫が大発生していると思うと、いつ自分の家にも簡単に侵入されるか考えるだけで精神がめいってしまいますね。

気持ち悪いだけでなく、健康にもかなり深刻な影響がありそうです。

さらなる悪臭問題に発展する

このような害虫や害獣が家の中にいるなんて、考えただけでゾッとするのですが、ゴミ屋敷の住人にとっては、そんなことお構いなし、平気でその中で暮らしていた理もしているのです。

でも、害虫や害獣はそこにいるだけでなく、彼らとしてもそこで生活しているので、その糞や死骸などはどんどんと増えていきます。

自分たちにとっては、最高の住処としてそこで食事し、糞をまき散らし、繁殖して、死んでいくのです。

この繰り返しが、さらなる悪臭問題に発展することに疑問の余地はありません。

火災などの問題

以前、福島の郡山市でゴミ屋敷として知られていた一軒の住宅が火事になったことがニュースで報じられたことがありました。

住民とみられる男性もその火事により死亡しています。

ゴミ屋敷は、腐敗しているゴミが大量に積み重なりどうにもならないほどの量が溜め込まれているわけですが、それはつまり火災の起きやすい環境ということにもなります。

少しの火でも、それが燃え上がる燃料となるものがそこら中にあって、ひとたび火がついてしまうと、それをとどめるのが難しいのです。

それで、福島の事件の際にも、周辺住民の間で火災発生が懸念され、ゴミが強制撤去されていたのです。

それでも、住民である男性はやはりゴミを集め続けていたようで結果、実際に火災が起こってしまったのです。

通常より被害が大きくなる

ゴミ屋敷の火災で怖いのは、その被害が大きくなってしまうということです。

室内などにも物が密集しているため、火は瞬く間に大きくなり、広まってしまいます。

それで、実際にゴミ屋敷から火災が発生した場合に、それが大惨事となってしまったケースは多いのです。

ゴミ屋敷での火災は、タバコのポイ捨て一つでも始まります。

そして、放火犯にとっても放火する絶好の標的になる、という点もあり、非常に危険なのです。

そして、物があふれていることで、コンセントが見えない状態になっていて、コンセントがずっと差し込んだままの状態になっていたり、そこにホコリなどがたまってしまった際に起こりやすいトラッキング火災なども懸念されます。

コンセントの周りにもゴミがたくさんある場合、トラッキング現象で火花が発生した瞬間にすぐに火事になってしまうのです。

ですから、通常でも火の元は気を付けなければいけませんが、ゴミ屋敷は格段に火事の危険性が高くなるし、その被害が大きくなってしまう、という問題があります。

孤独死

ゴミ屋敷に住んでいる住民は、ほとんどが孤立した状態にあり、近隣住民との接触を避けて過ごすことが多いです。

その場合、その人たちが家の中で亡くなっていたとしても、気づかれることがなく、発見されるのが遅くなることが多くなります。

ほかにも親戚や近所の人たちとの付き合いがなく、孤独死してしまう人たちについては、別の社会問題としても耳にすることがありますが、ゴミ屋敷の住人は特に孤独死してしまうことが多いのです。

発見が大幅に遅れる

それも、発見が大幅に遅れて死後かなりたってから発見されるケースも多いです。

それもそのはず。

だって、発見したくても簡単に発見できないほどのゴミが立ちはだかっているのですから。

ある事件では、埼玉のアパートの室内で高齢の女性が孤独死してしまっていました。

そのアパートのドアを開けるとごみの山。

人の背よりも高く積み上げられたゴミが玄関から部屋の奥まで続いていたのです。

ですから、部屋の奥に入ろうにも入れない。

それで、警察は共用廊下に面したガラス窓を破ってやっと部屋に侵入することができ、女性がそこで亡くなっているのを発見できたのです。

室内の廊下も通れないほどのゴミで、遺体を搬出するのも不可能だったようです。

たとえ亡くなっていたとしても、周りからも気づかれにくく、さらに発見することも難しいという状況なので、近隣住民の人にとっても「あの人最近見ないけどどうしてるんだろう」と思うのは恐怖ですね。

なぜゴミ屋敷になってしまうのか

ゴミ屋敷は、そこに住んでいる人にとっても絶対に良い環境とは言えません。

そして、近隣住民にとっては大きな被害と精神的な苦痛を与え、さらに恐怖までも感じさせるものとなります。

でも、いったいどうして普通の家だったり、土地だったりしたところがゴミ屋敷となってしまうのでしょうか?

片付けを億劫に感じる

まず、片づけられないという問題があります。

最近では若い人たちでも、自分の部屋を片付けられないという人が増えているようですね。

掃除など片付けの習慣がなかったり、そうするのがあまりにも億劫に感じる人は、生活していると出るゴミをそのままにしておくようです。

ゴミを集めて捨てる、部屋をきれいに保つために片付けるという行為は、確かに努力が要りますが、それは生活の中で必要なこと。

でもそれが億劫になってしまうと、どんどんため込んでいき、しまいにはどうしようもないほどの量のゴミをため込むことになるのです。

以前にはゴミ屋敷といわれるほどではなかった家も、住人が年を取ったり体が不自由になったり、片づけをする人がいなくなったことによって、ゴミ屋敷化してしまうこともあります。

部屋が汚くなり過ぎどうしようもなくなった

きっと皆さん中にも、部屋って散らかったり汚くなればなるほど、そのあとの掃除などが大変になって、億劫になることを経験されたことがある方はいると思います。

いつもきれいに整えている部屋を掃除するのは簡単なことで、やる気もでますが、あまりにも散らかっていたり、ゴミがたくさんあると、どこから手を付けていいかもわからなくなり、掃除を先延ばしにしたくなったりしますよね。

そのように先延ばしにすればするほど、どんどんとゴミや汚れは溜まっていき、ついには自分ではどうしようもないほどになってしまう、ということもあるかもしれません。

精神面でハードな仕事をしていたり、忙しすぎたり、もともと片付けが苦手な人で、部屋が汚くなりすぎてどうしようもなくなってしまい、清掃業者にお願いするほか手がなくなるほどのゴミ屋敷になってしまう、というケースもあるようです。

人間関係に疲れ、何もする気が起きない

何か人間関係のトラブルや、傷を負ってしまい、片付けなどができないような精神的状態になってしまっている人もいます。

よく聞くのは、以前には普通にゴミ出しなどをしていたのに、ご近所の人からゴミ出しについて注意を受け、それがトラウマになってもう一切のゴミを出すことができなくなってしまった人たちもいます。

そのような、人間関係でのトラブルが恐怖となって、家にゴミを溜め込んでしまうのです。

それ以外にも、心理学では部屋の散らかりは「心に問題がある」と言われているほど、何かの人間関係や過去のトラウマによって、部屋が片付けられないということもあります。

さらに、うつ病などの精神的な病気を患っている人などは、何に対しても無関心になったり、何もする気がおきず、掃除に対する興味も失ったり、身の回りのことを上手に行う能力がなくなったりする結果、家がゴミ屋敷となってしまうということがあるのです。

人間関係のトラブルによって心に何かぽっかりと穴が開いてしまって、その穴を埋めるためにゴミをため込んでいるケースもあるようです。

どんな人がゴミ屋敷住民になりやすいのか

ゴミを溜め込んでしまう理由にはいろいろとあるようでsyが、では、どんな人がそのようなゴミ屋敷の住民になってしまいやすいのでしょうか?

もったいない精神を持っている

通常の人が「ゴミ」と判断するものでも、「もったいない」と思って捨てられない、という傾向の人は、どんどんと家の中に「ゴミ」を溜め込んでしまうようです。

シミだらけになって穴の開いた服や、賞味期限の切れた食べ物など、本来なら処分するようなものも「もったいない、もったいない」と言って捨てられないのです。

ごみ捨場にある物で持って帰る傾向がある

さらに、「もったいない」精神が強い人は、人が「ゴミ」として捨てたものまでも拾ってきて自分の家に溜め込んでしまうということもあります。

もちろん、それは自分にとって特に必要なものではないのに、なんでも持ち帰ってしまうのです。

この行動の理由には、精神的な病気と、過去に戦争などで物がなかった時代を過ごしていた、などの意識などが関係していることもあるようですが、ゴミ捨て場で捨てられていたものまで持ち帰るなら、確かに「ゴミ」はどんどんと増え続けてしまいますね。

片付け自体が苦手

片付け自体が上手にできない、という人もいて、そうゆう人は自分の住まいをゴミ屋敷にしてしまう傾向があるようです。

片付けが得意な人と、苦手な人って確かにいますが、ここで片付けられないというのは、一般の感覚として掃除をする必要を感じるような健康的にも社会的にもまずい状態でも、片付けができないということなので、それには精神的な理由というものも関係していることが多いようです。

厳しい片付け習慣の反動で片付けられなくなる場合も

例えば、なぜそんなに片付けが苦手になってしまったのかというと、小さい時のトラウマというものを抱えている人もいるようです。

何か過去に、厳しい片付けの習慣を強いられていて「完璧でなくてはいけない」などの抑圧が、反動となって逆にゴミを片付けられないという現状を作っていることもあるのです。

だから、ゴミ屋敷の住人は、過去には非常に穏やかであったり、人格者として理想的な人を強いられていた人たちも多いようです。

精神障害を患っている

よくテレビなどで報道されているゴミ屋敷の住人は、ただ単にだらしがない性格といった簡単な理由でそうなっているわけではないようです。

ゴミを普通では考えられないような状態に溜め込んでしまっている人の多くは、精神的な障害を抱えていることが多く、特にうつ病や、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、アスペルガー症候群などの発達障害、統合失調症、認知症などの問題を抱えていることがあるようです。

統合失調症の場合、今まではきれい好きだった人が、ゴミの中で生活したり、まったく衛生に気を使わなくなったりすることもあります。

アスペルガー症候群の人も、何かをいっぺんにたくさんできず、片付けが上手にできなかったり、物は全部出しっぱなしにしてしまったりすることがあります。

さらに、「セルネグレクト(自己放任)」という、飲食や体調完治、衛生の保持などの普通の生活を送るのに必要な行為ができないような問題もあります。

心理学的には「OCD」という、強迫性障害などの一種でごみを溜め込んでしまうことがあり、その人たちは何かの不安があるゆえに物を必要以上に買ってしまったり、捨てられないということがあるようです。

周囲の協力が必要

それで単にゴミ屋敷の住人に、「片づけをしてください」とか「清潔にしないといけない」ということを言われても、それができない、ということです。

だから、いくら他人が指導をしても叱責しても本人は何も変わらず、他人が片づけを手伝ってもすぐに元に戻ってしまったり、逆に抑圧することでその人の病気を悪化させてしまうこともあるのです。

かなり難しい問題ですが、つまりは注意してどうにかなる問題以上で、周囲のサポートや協力というものが不可欠なのです。

買い物依存症

買い物依存症の人というのは、別に必要でないものも、どんどんと買ってしまう人で、その買い物という行為をやめられないのです。

精神疾患の一つで、特にストレスなどがかかっているときや気分が悪い時などには、dンどんと買い物をしてそれで心が満たされる、ということがあるようです。

特に女性にこの症状が出ることが多いようですが、洋服やバッグ、小物などなんでも、目についたものを必要か不必要か、あるいはお金があるかないかに関わらずに購入してしまうのです。

買い物依存症の人は、その買うという行為自体に快感を覚えているので、買った後には買ったものが放置されていたりします。

だから、後で大きな負債を抱えたり、カード破産やローン破産という悲惨な結果になってしまうこともあるようです。

必要以上に物があるとゴミになる

買い物依存症の人は、すでに持っているものでも同様のものをたくさん購入してしまったりしまう。

だから、同じようなものが家にたくさんあったりするのです。

そんなに物があっても、使えないので、それは結果的にゴミになってしまいます。

物は必要以上に持っていると、ただの邪魔なゴミになってしまい、それが結局自分の家をゴミ屋敷へと化してしまう原因になるのです。

【買い物依存症については、こちらの記事もチェック!】

ゴミ屋敷で悩んでいる人は多い

ゴミ屋敷問題は、いろいろな病気や精神的なストレス、トラウマなどの、簡単には解決できないような原因があることがわかりました。

単に片付けが苦手なだけでないので、本人も周りの人もその問題に取り組むのは思っている以上に難しいことなのです。

実際、ゴミ屋敷で悩んでいる人たちはたくさんいるんです。

近所にゴミ屋敷がある

近所にあるご家族が移り住んできたことがきっかけでゴミ屋敷に悩まされるようになった人たちもいます。

窓を開けることもできないほどの異臭に毎日悩まされ、自分の家の中の換気もできないのです。

それも、外からの見た目もとても気持ちの良いもとは到底言えません。

窓がらずは割れほうだいだったり、カーテンもボロボロで、ゴミが散乱しているのです。

そんな状態でも、ペットを飼っている家もあるらしく、もちろんペットの糞の掃除などもしていないのです。

悪臭のみならず、自分の家の敷地にまでゴキブリが出現するようになったりしているようです。

それも、そのゴミ屋敷の家庭から出されるゴミ袋の中には(一応ゴミを出しているらしい)、ゴキブリがなん十匹とウロウロしていて、ゴミ収集車が持ち去った後もその周辺にはゴキブリがウヨウヨとしているというのです。

同じ町内にゴミ屋敷があると、このようなストレスと恐怖が毎日続くというのは、かなり深刻な問題ではないでしょうか!?

実家や親戚の家がゴミ屋敷

自分の実家や親せきの家がゴミ屋敷で困っている人もいます。

自分や親族の家がゴミ屋敷の場合、そこに人を呼ぶことは到底できないし、ほかの親類にその家を見られるのが非常に恥ずかしい、という現状があるようです。

だから、自分や配偶者の実家がゴミ屋敷の場合、結婚のときに一度だけ挨拶に行っただけで、あとは全く家族を連れていくことができない、という悩みもあるようです。

実際、自分の家の実家がどんどん汚くなって、ゴミ屋敷になってしまうなんてすごく寂しいし、残念なことですが、一生懸命掃除しに帰っても、すぐにまた汚くなってしまったりすると、もう家族もどうしようもないようです。

さらに、一人暮らしの親戚が痴ほうになって、部屋をきれいにすることはおろか、ものを大量に購入してしまうため、家がゴミ屋敷になり、親類の人たちが困ってしまっている、という話も聞きます。

友人の家がゴミ屋敷

精神障害を持つ友人の家がゴミだらけの状態で、もう何年も掃除をしていないところの掃除を手伝ってほしい、とお願いされてどうしたらいいのかと悩んでいる人もいるようです。

その友人は今まで誰も家に呼ぶことはなく、精神疾患を患ってからは掃除を一切せず、汚いと思っても掃除をしようとは思わないようです。

玄関から部屋までずっと足の踏み場がないほどのゴミだらけで、生ごみや食べ残し、飲み残しなど、腐敗したものが散乱しているという状況です。

それでも、一生懸命に友だちのために掃除をして助けてあげた、という心優しい人もいましたが、実際一人や二人の力でどうにかなる状態ではなかったりもするようです。

一時間掃除してもやっと一人の人が座れるようなスペースが見えたような状態で、その家全体をきれいにするのには、一般人の力では足りないこともあるようです。

でも、清掃業者を呼ばなければどうにもならないほどのゴミ屋敷だと、住んでいるのが賃貸のアパートの場合管理会社などを通してでなければ業者を呼べなかったりもするようで、結構めんどくさいことになっているようですね。

さらに、業者を呼ぶとなると結構な金額がかかってしまう、という悩みもあるようです。