女性のみなさん、きれいになる努力をされていますか?

著者は専業主婦と言うこともあり、あまりそのようなことに力を入れていなかったなと少し反省しました。

ですが、女性は何歳になっても美を追求し、美しくありたいと思うものですよね。

著者のように、少しきれいになることをサボっていた方も、きれいになるための努力を怠らずにしている人も、きれいになる方法は気になるのではないのでしょうか?

では、きれいになる方法についていろいろと見ていきましょう。

もしかしたら皆さんの参考になるようなきれいになる方法が見つかるかも知れませんね。

綺麗になる方法たくさん!

皆さんが、きれいになる方法についてイメージする時、どのような方法をイメージしますか?もしかしたらお化粧のことでしょうか?それともスキンケアのことでしょうか?

もしかしたら、所作などの行動面のこともあるかもしれませんね。

このように女性がきれいになる方法と言うのは本当にたくさんあるのです。

では、このきれいになる方法はたくさんありますが、そのうちの1部を見ていきましょう。

綺麗な人ってどんな人?


では、そもそもその綺麗な人っていうのはどのような人を指しますか?

容姿が美しい人でしょうか?それとも性格が美しい人でしょうか?

このように、綺麗な人って言ってもいろいろな人を思い浮かべますよね。

では、どんな人がきれいな人と言われる傾向にあるのでしょうか?

いつも笑顔

やはり、人間として1番美しく見える顔は笑顔だと言われています。

もうすでに亡くなられたのですが、あるエッセイを書く人が言っていたのですが、顔の造作に関係なく人間が1番美しく見える顔と言うのは笑顔だと言われていました。

確かに笑顔といっても色々とあります。

中には薄ら笑いって言うようなあまりいいような笑い方ではない笑顔もあるかもしれません。

ただ大抵の場合は、笑顔と言うと爽やかで良いものです。

ですので、いつも笑顔な人は綺麗な人と言われる傾向にあります。

著者も、最近星野源さんが好きで彼のエッセイについても読んだことがありますが、彼はあの笑顔こそが人気の秘密で、その笑顔もかなり努力をしてできるようになったと言うことを言っています。

正直、容姿についてはそこまで整っているとは言い難いものがありますが、彼はその素敵な笑顔を手にして、イケメン枠に収まっているのです。

やはり彼を見ていても、笑顔が素敵な人はイケメンに見えたりきれいに見えると言うことが言えますね。

だからこそ、顔の造作に自信がない人という人も笑顔は素晴らしい武器になりえるのです。

ポジティブ


どんなに顔の造作が綺麗であっても、ネガティブな人と言うのはあまり好かれません。

やはり、人間ですので、そのようなエネルギーを吸われるような人と一緒にいるよりは、ポジティブで明るい人と一緒にいたいと思う傾向にあります。

ですので、ポジティブな人もまたきれいな人と言われる傾向にあります。

やはり、美人だけどネガティブで暗いような人よりかは、少々容姿はそこまで整っていなくても明るく笑顔が多い人の方が惹かれる傾向にあるのは多くの人が感じていることだと思います。

ですので、ついついネガティブに色々と考えてしまうタイプの方は、ポジティブシンキングを目指していきましょう。

例えばですが、今日は彼に会えなかったと言うことがあっても、ポジティブにとらえる練習をするとすれば彼に会う楽しみが延期されたと考え、それまでに自分磨きをしたりする時間にあてようと言うような考え方をする練習をすることでだんだんとポジティブシンキングが身に付いていきます。

(著者の経験済みです)

【ポジティブについては、こちらの記事もチェック!】

自分の強みを知っている

皆さんは自分の強みを知っていますか?

著者はもう大体40年ぐらいは生きているつもりですが、なかなか自分の強みと言うと見えないところがあります。

自分のこととなるとやっぱり欠点の方が目に付きやすいですよね。

ですが、綺麗な人はそのような自分の強みを知っていて、なおかつその強みを活かすような方法をうまく行っていることが多いです。

やはり、人間はどうしても向き不向きがあります。

例えば仕事面においても、仕事ができない人と思っていても仕事を変えれば途端に仕事ができる人になるって言う事はよくあることなのです。

このように、自分の見せ方についても苦手なところはあっても、得意なところに目を向けそこを伸ばしていくことで綺麗な人になると言う事はそこまで難しいことでは無いのかもしれません。

確かに、その自分の強みを見つけるまでが大変ですが、強みを見つけてからはそこまで難しい作業ではなくなってくることでしょう。

品がある

また、所作が美しい人も美人の条件です。

ですので、品がある人は美人だと言われています。

例えばですが、たまに掲示板で見るのですが特に顔の動作が整っているとは思えず、スタイルも人並みなのに何故かあの人はきれいだよねと言われる人がいると言うような書き込みをたまに見ます。

それに対するレスも、たいていは品がある人だからたとえ容姿がそこまで整っていなくても美しく見えると言うようなことを回答している人が多いです。

ですので実際にそのような品があるきれいな人を見たことがある人が多いのでしょう。

やはり、そのような品があると言うことで雰囲気イケメンとか、雰囲気美人と言うような人たちがいるのもまた事実です。

綺麗なるためにまずやっておきたいこと

このように誰もが憧れるきれいな人ですが、やはり、きれいになるためにやるべき事はたくさんあります。

いろいろな方法がありますので、どれがいいのかっていうの大変悩ましいところですが、実践できる範囲から実践していきましょう。

これで皆さんもきれいになることができます。

きれいな人程のは必ずしも容姿が整った人ばかりではありません。

顔の造作においてはメイクの力できれいになることができますし、振る舞い方については、勉強し身に付けていくことでできるようになってきます。

ですので、そのようなきれいになるための努力は大切です。

日常生活で

このような努力は、日常生活において小さいことから努力していくことで綺麗な人に近づいていくことができます。

それは、美を磨くようなことであったり、自分の性格を磨くようなところもあります。

では、このような日常生活で綺麗な人を目指すための方法を見ていきましょう。

スキンケア

やはり、人間性格が良ければ容姿は関係ないと言うような事はよく言われますが、やはり第一印象はどうしても見た目から入っていくために、その見た目に全く無関心でいるわけにはいきません。

そして女性があれば、特に肌に注目される傾向にあります。

確かに、スキンケアを頑張っていてもニキビができやすいなどいろいろな肌質がありますよね。

ですので、皆が皆同じように行くと言うのは大変難しいのはわかりますが、やはり肌がきれいだときれいな人だと思われる傾向にあります。

ですので、スキンケアに力を入れていきましょう。

スキンケアは油分が多い肌だととにかく油分をカットしたい気持ちになるかもしれませんが、オイリー肌なのに乾燥肌と言うこともあります。

ですので、そのような肌に合ったケアをしていくことが大切です。

いろいろな方法があるので一概には言えませんが、もし気になるようであれば化粧品コーナーのカウンターで美容部員がいるようなお店に行き、そこで細やかなスキンケアの方法を聞いていくと良いでしょう。

もしくはなかなかニキビが治らないって言うことであれば皮膚科にかかるのも手です。

ニキビと言うと、ただのできものと思ってしまいますが、意外にも肌の病気として認知されています。

ですので皮膚科に行けばそのニキビに効くような薬をもらうことができるのです。

このように、プロの力も借りつつも、スキンケアをしていくことで肌が綺麗な女性を目指していくことができます。

代謝を上げる

もちろん、女性ですのでそこまでガリガリに痩せる必要はありません。

最近は痩せている女性がブームであることから、女性はとにかくダイエットに励む傾向にあります。

ですが、意外と男性から見るとそのダイエットブームはあまり好ましいものとは思っていない人もいるようです。

やっぱり女の人だから、そこそこに肉付きが良い人が良いと言う人もいるのです。

確かに、ぽっちゃりしていてもいいと言う人がいます。

ですがそのぽっちゃりにも限度があります。

男性が好むぽっちゃりと言うと、深田恭子さんのような感じのようですね。

ですので、太りすぎは良くないと言うことです。

ですので代謝を上げ、太りにくい体を作っていきましょう。

女性だとあまりなじみがないとは思いますが、代謝をあげるためには筋トレは重要です。

筋肉の方が、基礎代謝が上がり普通に食べても、エネルギーが消化されていく体になっていくので、無理なダイエットをせずにほどほどにスリムな身体を目指すことができます。

このように、女性であっても筋力トレーニングが大切なのですね。

朝食をとる

朝は忙しいとか、ダイエットのために朝食を抜いている人はいませんか?

朝食を抜くのはダイエットには逆効果だと言われています。

それは何故かと言うと、お腹が非常に空きすぎる状態になっていくため、昼ごはんを食べる時になると消化がすごく良い状態になります。

そして、体もあまり食べ物が入ってこないと言う状態になると飢餓状態になりますので、少ないエネルギーで体を維持するような体質を作り上げることになってしまいます。

そうなると、基礎代謝も落ちますし、少し食べただけでも太りやすい体になってしまうのです。

ですので、朝食もしっかりと摂るようにしましょう。

どうしても体重が気になる人は、炭水化物などを控えめにすることが大切です。

あくまで控えめに、です。

抜いてはいけません。

そして、できればスムージーとか、野菜ジュースなど体に良いものをとっていきたいですね。

ハーブティーを飲む

なんとなく口寂しくて何かを食べてしまったり、甘いコーヒーを飲んでしまうと言うような事はありませんか?

そうなると、やはりそれなりにカロリーがあるような状態になります。

ですので、ハーブティー等を飲み、そのような口寂しい状態では無いようにすることが大切です。

ハーブティーといってもいろいろなものがあります。

ですので、調べたり試飲をしたりすることで自分に合うハーブティー探してきましょう。

女性ホルモンを増やす

女性であれば、女性ホルモンを増やすことで見た目も女性らしくなりますし、美しさが増す傾向にあります。

例えばですが、髪がつやつやになったり肌がきれいになるのは女性ホルモンの働きがあるのです。

ですので、逆に言うと女性ホルモンが減る更年期はその肌の質にも影響が出ますし、女性であるが体調には影響が出ます。

この女性ホルモンを増やすのはどうしたら良いのかと言うと、大豆イソフラボンが今のところ有効だと言われています。

それは何故かと言うと、大豆イソフラボンは女性ホルモンと形が同じところがあり、体内に入ると女性ホルモンと同じような働きをすると言われているのです。

本当に有効なのか謎ですが、恋愛をすることでも女性ホルモンを増やす効果があるのではと言うような事があります。

ただ、恋愛って言うとそこまで簡単にはいきませんが、たとえテレビに出ているアイドルにときめくとかそのような程度でも良いようです。

見た目編

きれいな人と言うと、暑さが美しい人やポジティブな人もそうですが、やはりそこそこに見た目も重要になってきます。

では、見た目が美しい人はどのような人なのでしょうか?またどのようにしていったらいいのかというのを見ていきましょう。

パーツごとに磨く

各国や時代ごとで美人の条件と言うのは違うのですが、現代の日本でも、美人の条件というのはある程度決まっています。

ですので、その美人の条件に近づくべく、そのパーツごとに磨いてことが大切なのです。

もちろん、メイクでカバーすることもできますが、やはりどうしても化粧落とさないといけない事態がありますので、その状態で美しい状態でいられればそれが1番いいのです。

では、どのようにしていったらいいのかというと、例えば現代は小顔ブームですよね。

小さい顔の方が美しく見えるのです。

ですので、顔のむくみを取るような体操したりすることも大切です。

また、顔やせのためには全体的にダイエットすることも必要です。

そして、パッチリとした目と言うのも美人の条件です。

ですので、目のむくみをとるように体操したりする対策をしましょう。

このようにパーツごとに磨いていくことで、美人の条件に近づいていくことができるのです。

似合う服を着る

確かに、美人は何を着ても似合うとは言われていますが、皆が皆そうとは限りません。

ですので、似合う服を着るということが重要です。

先程の自分の強みを知っていると言う項目でも出ましたが、自分がよりよく見える服装を知るということが大切です。

例えばですが著者は身長が150センチしかありません。

ですので、あまりそのような背の低さを助長するような服を着るとちんちくりんに見えると言うところがあります。

ですので、背が低くてもそのように見えないような服装をするということを心がけています。

今は、体重が増えそこまでではなくなりましたが、若い頃は普通のMサイズも大きすぎて、なんだか服に切られているような感じがしており、そのようなおしゃれをするのが苦手なところがありました。

ですが、体にぴったりと合う服を着ることでこんな自分でもそれなりに似合う服があるものなんだと気付いたのです。

このように、自分の体に合う服を着ると言うことも、綺麗な人に見える条件の1つです。

笑顔の練習

やはり、きれいな人やイケメンな人っていうのは笑顔が素敵な人が多いです。

先ほども触れたように、人間が美しく見える顔は笑顔だと言われています。

ですので、笑顔が苦手と言うことであれば、笑顔の練習をしましょう。

先ほども触れたように、あの星野源さも笑顔の練習をかなりみっちりとしたようです。

それまでは彼は笑うのが大変苦手だったようですね。

面白いテレビ番組を見ても、まるで笑うのをこらえているような感じになってしまい、うまく笑うことができなかったと言うことを言っていました。

ですので、笑顔と言うとついつい自然にできるものでしょう?と思ってしまいますが、中にはそのような練習が必要な人もいます。

また、そこまで意識していなくても、美しい笑顔の作り方っていうのは、そこまで笑顔が苦手ではないと言う人でも練習をしておく価値はあると思います。

徹底したボディケア

やはり、きれいな人は、ボディーケアも怠っていません。

お風呂上がりに、体につけるようなボディーミルクをつけているような人もいるようです。

著者も、若い頃は結構やったんですけどね~^^;。

中にはいい匂いがして、付けているだけで幸せな気持ちになるようなものもあります。

最近はお風呂も子供と一緒に入ることで、戦場状態となっており、ボディーミルクをつけて一息つくことができなくなってきましたが、このような徹底したボディーケアを行うと言うのも綺麗な人になる条件の1つです。

そのようなクリームを塗りながらマッサージすることで、体のむくみをとることができることもありますし、何より肌がきれいになります。

ですので、そのような徹底食事券を試していくということも綺麗な人に近づく条件です。

エステに通う

皆さんは、エステに通った事はあるでしょうか?
著者は全く通った経験がありませんが、そのような美を意識するようなところに行くのはいいことですね。

例えばですが、1人で勉強していてもなかなかはかどりませんが、同じ勉強する人同士で集まって、勉強すると驚くほどにはかどると言うような経験をした事はありませんか?

それは、美容に関しても同じことが言えると思います。

美容のプロと言われる人たちに相談をし、マッサージなどを施してもらいながら、自分も美しくなると言う方向性を目指していくのができるのはエステの良いところだと思います。

ですので、経済状況にもよるので一概には言えませんが、試してみる価値はあると思います。

内面編

先ほども触れたように、美人の条件は何も外見だけではありません。

どんなに顔の操作が整っていても、ネガティブな人はあまり好かれないところがありますし、性格が悪いっていうのは論外です。

ですので、美しい人は内面もしっかり磨いていくことが大切です。

ストレスを溜めない

現代はストレス社会ですのでなかなか難しいところがありますが、極力ストレスをためないことが大切です。

仕事が忙しい人もなかなか難しいかもしれませんが、会社終わりにちょっとした一息つくようなことができたらいいですね。

ですので、これをやっていると気分が落ち着くと言うようなことを見つけていくことも大切です。

それは何も仕事をしている人ばかりではありません。

著者のように家事や子育てに専念しているような人は、やはりそのような仕事から逃げられませんし、主婦なんだからやって当然と思われるところがあります。

でも、主婦でも人間ですしちょっと疲れる事はありますよね。

そんな時にうまく息抜きができる方法があればストレスが溜まらず綺麗でいられることができます。

自分に小さなご褒美をする

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、基本的に日本人は頑張りすぎだと思います。

ですので、頑張ったら小さなご褒美をするって言うのは悪いことではないと思います。

著者は、今このようにして家事や子育てに専念する状態になっていますが、昔は共働きも経験しています。

一般職で、他の人から見たら何が大変なの?と思うようなところかもしれませんが、著者にはかなりしんどい状態でした。

ですので、金曜日に1週間の終わりに半額のケーキを買って夫と2人で食べるのが小さなご褒美でした。

意外と、そのようなことをすると、また来週も頑張ろうと思えるものです。

ですので、小さなご褒美と言うのはいいと思います。

他人に見られていると意識する

ついつい、人に見られていないと思って大口を開けてあくびをしてしまったりする様な事はありませんか?著者はあるので、結構気をつけようと反省しました。

他人に見られていると意識するとそのような姿を見せられない!と意識することができるので、常に見られているということを意識することが大切かも知れませんね、

よく自意識過剰な人に、「誰もあなたを見ていないよ。

」と言うようなこともありますが、意外と見ている人もいるものなんですよね。

ですので、知識過剰な人はそのように意外と人は見ていないと言うふうに考えるのは良いですが、著者のように少々気を抜いてしまう人であればむしろ見られていると思う位がちょうどいいです。

ですので常に人に見られていると意識し、見られても恥ずかしくないような振る舞いをすることが大切です。

なんでもすぐに始める

著者もついついやってしまうのですが、何でもかんでもついつい後回しにしてしまう事はありませんか?とあるCMで、「ダイエットは明日から」と言うようなものを見てどきっとした事は無いでしょうか?著者は結構あります。

ただ、綺麗な人になるには、このような思い立った事はすぐに始めると言う心がけをするとだいぶ違います。

ダイエットは今日からと言うようにすると、美しくなる日がぐっと近くなりますよね。

また、資格の勉強するにも、1日でも早い方が良いです。

そのようなことばかりではなく、美容面でも大切なことです。

何でもすぐに始める、著者も肝に銘じたいと思います。

ポジティブに振る舞う

先ほども触れたように、きれいな人は基本的にポジティブな人が多いです。

たとえ顔の操作が綺麗でもネガティブな人だとあまり良い印象持たれないところがあります。

ただ、人間ですので、やはりどうしてもポジティブになり切れないことがあります。

それはある程度の気質の問題ですので仕方がないところがあります。

ですが、そのポジティブな振る舞いと言うのを心がけるだけでも気持ちは大分変わってきます。

ですので、初めは嘘でもいいので、ポジティブなふりをしましょう。

そのような振る舞いをしていくことで、淡々とそのような本当にポジティブな思考が身に付いていくことがあります。

よく、「人は悲しいから泣くのではなく、涙が出るから悲しいのだ」と言うようなことが言われますよね、何でも形から入るっていうのは大切なのかもしれませんね。

綺麗になるためのコツ

綺麗になるというのは壮大な目標に見えますが、その一つ一つはそこまでハードな事ではないものが多いです。

ですので、皆さんも少しコツを掴んだらきれいな人を目指していく事は十二分に可能なのです。

では、きれいになるコツについても色々と見ていきましょう。

なりたい人をイメージする

まず大切な事はなりたい人をイメージすることです。

やはり抽象的だと、きれいな人を目指すと言うのは抽象的で難しいところがあります。

ですので具体的にどのような人になりたいのかをイメージすることが大切です。

そのためにも、身近にそのような目指して綺麗な人がいると言うことであればそのような人を目指すと良いのかもしれませんが、なかなか身の回りにそのようなお手本になり得る方がいない人もいるでしょう。

そのような時は、女優さんなどテレビに出ているような人でもいいです。

そのような人たちの情報は少し調べるとネットでも出ていますのでどのような心がけをしているのかというのもすぐにわかるところがあります。

皆さんはテレビに出ている人で綺麗な人と言うとどのような人をイメージしますか?
著者はこの人がいいなと思うのは山口智子さんです。

このように、具体的な人をイメージすることで、自分がどのような方向性を目指していったらいいのかっていうのがわかるようになりますね。

決断する

そして、その目指す方向性が決まったとしたら、その方向性に向かっていくと決断することも大切です。

そんなのすぐにできそうと思いますが、やはり、ついつい明日からにしようとか、自分にはやっぱり無理なんじゃないかと言うような気持ちが出てくることがあります。

やはり、そのような目標達成した経験があると言う人であれば、自信もあるのかもしれませんが皆が皆そのような自信を持っているわけではありません。

そのような自信がない人はこの決断っていうのもかなり大きな覚悟が必要になったりもします。

ですので、ついついそのような臆病風が吹いても絶対にやり抜く!と言う決断すると言うのも大切なことなのです。

目標を立てる

目指す方向性を決め、目標も決断をしたとなると、次にするべきことを目標立てることです。

ただ、この目標も抽象的すぎると目標を見失うことがあります。

ですので、具体的な方が良いです。

この具体的な方法というのは、例えばですが体重は何キロ減らすとか、体脂肪率は何%にすると言うような感じで具体的な数値で目的を立てると良いでしょう。

また、ヨガを少なくとも半年続けるとかそのような感じでもいいです。

なかなか、目標の達成が難しいタイプの方だと、あまり壮大な目標立ててしまうとそれが実行できずに挫折してしまうことがあります。

ですので、ダイエットに関してもそこまで目標達成がハードではないものから始めていきましょう。

先程のヨガの例を出しても、まずは1ヵ月と言うような感じで、細切れになおかつ目標達成が難しくない目標立てていくといいです。

綺麗になるためにカンタンなことから実践しよう(まとめ)

きれいになるというと、いろいろなところから手をつけなくてはならず、自分には難しいのではないかと思ってしまいますよね。

ですが、確かに時間はかかるのかもしれませんが一つ一つはそこまで難しくないことが多いです。

ですので、できそうなところから徐々に目標立てていきましょう。

例えばですが、10キロ減らすと言うことになるとかなりハードです。

ですが、1ヵ月で1キロと言うような感じになるとどうでしょう。

そこまでひどくハードではないです。

きれいになると言うと、いろいろなところから手をつけなくてはならず、自分には難しいのではないかと思ってしまいますよね。

ですが、確かに時間はかかるのかもしれませんが一つ一つはそこまで難しくないことが多いです。

ですのでできそうなところから徐々に目標立てていきましょう。

例えばですが、10キロ減らすと言うことになるとかなりハードです。

では、例えば1ヵ月で500グラム体重減らすとなると、そこまで厳しい目標ではなくなります。

ただダイエットに関しては、停滞期などもありますので、もしそのような目標が達成できなかったからといって落ち込む事はありません。

ただ、このように目標を細切れにしていくことで、きれいな人を目指していくことができます。

ですので、できることからコツコツと、無理のない範囲で始めてみませんか?