あなたは普段お金を自由に使うとした場合どの様なことに使っていますか?

人によっては自分のスキルを伸ばすために自分の才能を伸ばすための道具を購入するという方もいれば、自分の趣味なのにお金をあげると考える方もいるかもしれませんね。

趣味と一言に言っても様々な趣味が存在しており人によってそれは異なります。

例えば本が好きな方は本を購入するでしょうし、家電製品が好きな方は最新の家電製品を購入するでしょうし、ファッションが好きな方は洋服を購入したり、美意識が高い方は化粧品や美容家具などを購入するかもしれません。

この様に自分の趣味によって何にお金を使うのかということは人それぞれバラバラなのです。

今回はそんな中でもファッションに着目していただきたいのですが、私たちは洋服を購入するときにはいわゆる通販で商品を購入したり、店舗などに脚を運んで商品を見定めて気に入ったものを購入したりする場合が多いと思います。

その様な街中に存在してるお店の中にはいわゆるセレクトショップと呼ばれるお店があると思います。

そのセレクトショップに置いてある商品を購入したりする方もたくさんいると思いますが、そこで考えていただきたいのはバイヤーという仕事です。

ファッション関係の仕事に携わっている方であればバイヤーと言う言葉がどういった意味を指しているのか分かりいただけると思いますが、一般的な職業についてる方からすればあまり馴染みのない言葉になるかもしれません。

しかし洋服を購入するのであればバイヤーという言葉くらいは知っておいて損はありません。

今回はバイヤーをテーマにしてバイヤーがどういう仕事をしているのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。

将来的にファッション関係の仕事に就きたいと考えている方はぜひ知っていただければ損になる様なことは一切ありませんのでこの機会に覚えてみてください。

️バイヤーってどんな仕事?

バイヤーという仕事がどの様な仕事なのかということを具体的に知る機会は日常生活の中ではほとんどないといっても過言ではありません。

先ほどご紹介したようにファッション関係の仕事についている方以外は特に意識することはないかもしれません。

しかし先ほども紹介したようにセレクトショップで商品を購入したりしている方は知らず知らずのうちにそのバイヤーという仕事の恩恵に大きく触れていると考えることが出来ます。

なぜセレクトショップで買い物をするとバイヤーという仕事に関わるのか、という事などはバイヤーの仕事を知ればある程度理解いただけると思います。

また様々な仕事について知るということは自分の視野を広げると言うことや自分の見識を広げると言う意味でも大切なことであり、自分の引き出しの多さを増やす一つの方法になります。

などで様々なことを知って様々な話題を提供できるような人間になるためにもバイヤーという仕事について理解していく事から始めましょう。

バイヤーの仕事とは


バイヤーという仕事は一般的なサラリーマンのような会社員とは大きく異なります。

一般的に会社員といえばスーツを着て会社に所属し会社の定められた業務内容を淡々と行なって行くという事で知られていますが、バイヤーの仕事はその様な一般的なサラリーマンの仕事の様なものではありません。

どちらかといえば個人事業主という様な形で捉えられる場合が多いかもしれません。

もちろん中には会社から指示されてバイヤーという立場で仕事を行っている方もいるかもしれませんが、どちらかといえば自分自身が全てをプロデュースして行なっている方が多く存在しています。

ここまでご紹介するとある程度バイヤーという仕事がどの様な仕事なのかということが予想がつくかもしれませんね。

具体的に詳しく知るためにここからその意味合いに触れていきます。

商品の買い付け

バイヤーの仕事の大きな業務の1つとしては商品の買い付けを主に行っているということで知られています。

これはどういうことかと言いますと、例えば一般的な会社でのバイヤー業務を考えてみましょう。

本来であればファッション系の会社で自社で商品を生産しているのであれば自分の会社以外の制作された洋服に関しては販売したりしない場合が多いので、早く仕事に関しては設置されていない可能性が高いのですが、もしもファッション系の会社で自社の商品ではなく他の会社の商品を販売していると考えた時はどうでしょうか。

当然ながら自社以外の会社の商品を販売するという事は他社の商品の中でも優れた商品を見つけ出す必要性があるということです。

なぜならば売れない商品を仕入れたところでただの在庫となってしまって赤字になってしまうからです。

だからこそ魅力的な商品を見つけ出してそれを仕入れてそれを販売するというのがバイヤーの仕事の一つになるのです。

なのでバイヤーの仕事の大きな業務の1つとしては商品の買い付けが存在していると考えることができます。

簡単にご紹介しましたがこれは簡単なことではなくかなり難しい仕事であると考えることができます。

優れた商品を見つけ出す必要性がありますし、世の中の流行や需要に沿った商品、つまりトレンドのある商品を見つけ出さないと利益を出すことが出来ませんので、相当な難易度の高い仕事であると考えざるを得ません。

なのでバイヤーの仕事を行っている方はある程度ファッション業界の経験があり、物を見る目を養っていないと出来ない仕事なのです。

だからこそ将来的にファッションのバイヤー業務を行ってみたいという憧れを持った方は意外とたくさん存在しています。

生産元へ商品をチェック


次にご紹介するバイヤーの仕事の大きな業務の1つとしては生産元へ商品をチェックしに行くということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと当然ながら商品の買い付けを行うという事はその商品を生産している元へ商品をチェックしに行く必要性があるということです。

考えてみれば当たり前のことかもしれませんが商品を買い付けるのであればその商品が生産されている場所へ赴き、交渉しなければいけません。

例えば自分の会社が出しているセレクトショップにそのお店の商品を置きたいのでその商品を置かせてもらえないかという交渉をバイヤーが行うということです。

言ってみれば生産元へ営業を行いに行くということと全く変わりはありませんね。

なので売れる商品を見つけ出すというところまでは自由度において一般的なサラリーマンに該当しないかもしれませんが、それ以降の営業という形に関しては一般的な営業をメインに行っているサラリーマンと同じ様な形での業務内容になるのかもしれません。

当然ながら生産元からしてみてもその商品を仕入れてその商品を販売するということは一旦その商品を購入してくれると言うことに他なりませんので、何らかのこだわりが特にない場合は特に問題なく許可を出す場合が多いです。

ブランドの宣伝にもなりまし、売上にも直結しますので断る理由がそこまで多く存在しませんよね。

この様な形を何度も何度も行いそのブランドの商品を仕入れては売るという繰り返しになっていきます。

一旦取引が存在してる会社においてはそれ以降の取引などについてはある程度難易度が低くなると思いますので、様々なブランドとパイプを持っておけば営業などもかなり行いやすくなりますので、長く続ければ長く続ける事でコネクションが増えていき、様々な場面で仕事がやりやすくなるかもしれませんね。

売れるかどうかを見極める

バイヤーの仕事の一番大切な根底に関わる部分はやはり売れるかどうかを見極めるということが一番大切になります。

先ほどご紹介した様にどうしても商品を仕入れた後で一番大切になり、その商品が販売できればバイヤーとして売上を上げることができますが、その商品が売れなければ当然会社の利益にはなりませんので赤字になってしまいます。

それは売れない商品教えてしまったバイヤーの責任にもなってしまいますので、良い商品を仕入れることができなかった結果売上が大きく下がってしまったとなるとやはり責められるべきはバイヤーのセンスになってしまいます。

なので言ってみれば会社の売り上げを左右する一番大切な仕事であると考えることができます。

なのでそれ相応の経験が必要になったり、常にどの様な商品が売れるのかどうかを見極める目を養っていないと難しい仕事なのです。

しかしながら今現在バイヤーの仕事を見経験で募集している企業も少なくありません。

人手不足と言うことはあるのかもしれませんが、もちろんある程度経験豊富なバイヤーや様々な知識を教えてもらい、それを身につけて一人前のバイヤーに成長させていきたいという狙いが存在しているのも確かです。

そしてセレクトショップに置いてもある程度自分たちのおいている商品のコンセプトが存在すると思いますので、長年別ジャンルのバイヤー行っていた方については昔からの方法が染み付いてなかなかその企業のコンセプトに沿ったバイヤー業務ができない場合も考えられますので、自分たちの会社の染まったバイヤー職人を育てたいという考え方は分からないでもありませんね。

センスが問われる仕事

先ほどご紹介したようにバイヤーの仕事を行うのであればある程度センスが求められる仕事になります。

センスと言ってみれば生まれもって存在しているものと考える方がいるかもしれませんが、冷静に考えてみるとセンスはその様なものではありません。

あくまでセンスは自分がこれまでに経験してきたことであったり様々な知識を身につけた結果、その時々において最適な方法を導くことができる引き出しの多さに直結しています。

考えてみればわかることかもしれませんが生まれた時点でおしゃれな赤ちゃんなど存在するはずがありませんよね。

なのでセンスはあくまで後天的なものであり、身につけることができるスキルであると考えていただければ人によっては安心するかもしれませんね。

しかしセンスとは簡単に身に付けられる様なものではありません。

先ほどご紹介したように様々な知識と経験を身につけた上で得ることができる大きなスキルの一つです。

なのでファッション業界の仕事に将来的に就きたいと考えている方は早い段階でファッションについてある程度勉強しておく必要性がありますし、特定の会社で仕事をしたいと思うのであればその会社の特色や特徴、そしてコンセプトなどを徹底的に調べ上げる必要性があります。

これができていないとその会社にとっての必要な人材になることはできませんし、当然その会社の特徴を知らないと適切な商品を仕入れるなんて言う事はできるはずがありません。

バイヤーは憧れの職業の1つ

バイヤーという仕事は言ってみればファッション業界の花形的存在でもあります。

ファッション業界についている人間であれば誰もが憧れを感じる職業やポジションでもあります。

しかし一見すると華やかな印象を受けるかもしれませんがその根底部分には地道な活動や様々な知識を得るなどの努力が求められる仕事でもあります。

なので見た目だけで判断するのではなくバイヤーになるためにはどの様な努力が必要なのかと言うことを常に考えながら主観的な目線で業務内容を知っておく必要性があります。

しかしながらバイヤーという仕事に関しては特別な資格を得ずに行うことができる仕事の一つでもあります。

なので考えてみれば誰にでもそのチャンスは眠っていると捉えることができます。

自分の努力次第で大きく稼ぐことも出来ますし、自分の家から1つで会社を大きくすることも可能なポジションにあります。

なのでやりがいも十分存在しますし、胸を張って自分はバイヤーの仕事をしていると伝えられる魅力的な職業でもあります。

なのでバイヤーの仕事を将来的にしたいと思っている方は今のうちから見る目を養うために様々なファッションの知識、そして魅力を知ってバイヤー目線で物事を判断できるようにしておきましょう。

️バイヤーが扱う商品の例

ここまではバイヤーの基本的な業務内容についてご紹介していきました。

ある程度バイヤード業務内容について知っていただいたところでここからはバイヤーが扱う商品の例についてご紹介していきたいと思います。

バイヤーの仕事を知ったところで具体的にどの様な商品を扱っているのかというのはなかなか想像がしにくいかもしれませんね。

それもそのはずバイヤーが扱う商品に関しては様々なジャンルが存在しています。

一般的にバイヤーと聞けばファッション業界のみを想像するかもしれませんが、実はバイヤーはファッションだけではなく様々なその他のカテゴリーの分野においても活躍しています。

しかし業界が違うだけで基本的に考えることが全て同じです。

やはりたくさんの人が魅力的に感じて購入してくれる様な商品を仕入れることが一番大切ということは変わりはありません。

もちろんその点が一番難しい話ではあるのですがそれを踏まえた上でどの様な商品を扱っているのか簡単にご紹介していきます。

洋服

まずはじめにご紹介するバイヤーが扱う商品の例としては洋服です。

一般的にバイヤーと聞けばファッション関係の仕事を想像するようにやはり一番のメインは洋服を仕入れる業務に携わっている方が多いです。

なので自分たちの会社が出しているセレクトショップにどのブランドの商品をおくべきなのかという事を考えながらそれに見合った商品を探していき、その商品を見つけた場合はその商品を生産している場所まで赴いて直接交渉を行っていくという段取りになります。

今では実際にセレクトショップに足を運んだ事がある方であれば分かる方もいると思いますが、様々なブランドの商品が店舗に置かれている場合が多いですよね。

例えば世界的に有名なアディダスの商品が置いてあったり、そのほかにも別の会社の商品などが販売されている可能性などもあります。

なのでセレクトショップへ行けばたくさんのブランドの商品を同時に見比べることが出来ますので、自社の商品だけを販売している会社と比べると様々なに比べ方ができるという点においては優れています。

洋服と一言に言っても様々な洋服が存在しており、アウターやインナーなどのトップスにボトムスやアンダーウェアなど様々な種類が豊富に存在しているのでそれぞれの特徴なども把握しておかねばいけませんので難しい目利きが必要になります。

次にご紹介するバイヤーが扱う商品の例としては靴です。

靴に関しても洋服と同じで高い関心を持っている方はたくさん存在しています。

特に靴に関しては非常に幅広い種類が存在していますし、場合によってはマニアな人なども存在していますのでヘタをすると相当高い金額で販売されているものなども存在しています。

いわゆるレア物という分類になるかもしれませんが、ヘタをすると5万円や10万円以上する様なものも存在しています。

特にスニーカーに関してはマニアが多く存在しているので大金を出してでも購入したいと考えてる方が多かったりするのでその分レアものを見極める大切なセンスが必要です。

もちろん自分たちの出している店のコンセプトがそこまで高い金額のものでもないのであれば当然ながらそれなりの値段で良い品物を選ぶ必要性があったりしますので、コンセプトによって変わってくるという点は否めません。

バッグ

次にご紹介するバイヤーが扱う商品の例としてはバッグです。

ファッション系のバイヤーであるならば当然バッグに関しても仕入れる事はあります。

セレクトショップに足を運んだことがあるからならばわかると思いますが、だいたいセレクトショップに足を運んだら洋服と靴とアクセサリーとバッグなどは一通りラインナップとしておいてありますよね。

なのでこれらのものについては全て一通りファッションの類の関連の中に収まっている事が多いです。

バッグもこれまでご紹介していたものと同様に自分たちのコンセプトを大切にした上で販売で行ける様な商品があるかないかという事に重点を置いて仕入れる事が大切です。

ブランドもの

次にご紹介するバイヤーが扱う商品の例としてはブランドものです。

いわゆるブランドものを専門にしたバイヤーとして活躍している方も中には存在しています。

ブランドものを専門にした場合はであるならばこれまでご紹介していたファッションの知識も当然だから必要になりますが、正しい正規のブランドであるのかどうかということなども考えながら仕入れることが大切になります。

なぜならばちゃんと見ておかないともしかしたらレプリカのブランドである可能性もあるからです。

いくら自分達が本物だと認識していたとしても、それが偽物だった場合、本物として価格を設定して販売していますのでいわゆる詐欺ととられても仕方がないからです。

なのでブランド品を鑑定する目を持っていなければ成り立ちません。

またブランド品を仕入れる場合は海外に足を運ぶ際も当然考えられます。

海外で安く仕入れて日本で高く売ると言うことを生業としている方もたくさん存在していますので、その前に関しては現地の言葉を話せる様なスキルが求められます。

そして現地の言葉を話して現地の人間と強いパイプを結ぶことができればバイヤーとして使用価値の高い人間になることができますので、自然と良い商品をたくさんし入れることが出来、売上にも直結できる様になりますので、バイヤーの取り扱う商品の中の非常に大きな魅力を持った1つの商品であると考えることができます。

宝飾品

次にご紹介するバイヤーが扱う商品の例としては宝飾品です。

宝飾品に関しても先ほどご紹介したブランドもの少し考え方が似ているかもしれません。

宝飾品に関しても偽物などが存在している可能性がありますので、ちゃんと正しい品物であるかどうかを見極める必要性が求められます。

また2回に良い商品を安く仕入れるかが大切になりますので、ブランドものと同様に日本の狭い中で動くのではなく世界を中心に考えて世界の中で安く仕入れられる場所まで足を運んで交渉を行う必要性があります。

宝飾品に関してはもともと高価な値段で設定されている場合が多いので、販売することができれば1回あたりの利益がかなり大きく設定されていますので、販売することができればそれなりに利益を簡単に上げることができる場合もあります。

もちろん良い商品を仕入れなければいけない必要性がありますので簡単なことではありませんが、しっかりとしたルートを確保していればそれなりにバイヤーとして魅力的な人材になることも出来ますし、自分自身にも大いに自信を持つことができる可能性は高いです。

家具

次にご紹介するバイヤーが扱う商品の例としては家具です。

あまり知られていませんが家具に関しても商品を仕入れるバイヤーが存在しています。

家具のセレクトショップに足を運んだことがある方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、あまり日本では見たことがないような珍しい形の家具であったり、商品などが多く展開されているセレクトショップも今では珍しくはありません。

家具に関してはこだわりを持っている方は他の人と同じ様なものを購入したくないと考えている人がいるかもしれませんので、海外などで販売されてるよなあまり日本で普及されていないものであったり、一点ものというものに関してかなり弱かったりする場合があります。

なのでおしゃれでなおかつ魅力のある商品を海外から安く仕入れることができればそれなりに需要が高いので簡単に販売することができる場合もあります。

その逆にいくら珍しいと言っても見た目が悪かったり、そもそも需要がないものならを仕入れたところで販売される可能性は低いのでかなりシビアな目利きが必要になります。

これは雑貨などに関しても同じです。

家電

次にご紹介するバイヤーが扱う商品の例としては家電製品です。

最近では家電製品のバイヤーを行っている方も多く存在しています。

日本でも販売されていないような魅力的な商品を海外で購入して日本に持ち帰って高く売るという形ですが、基本的に家電製品が好きな人は新しいものが好きな方が多いです。

なので日本であまり出回っていないような新しい海外の電化製品などを持ち帰ることができれば魅力的な商品になればすぐに販売することが可能になります。

家電製品についても一つあたりの単価がかなり大きかったりするので、それに比例して利益なども大きく得ることができます。

海外の家電製品は日本でも人気のものが多く存在しており、例えばダイソンの掃除機などはその認知度でいえばかなり高いと考えることが出来ますね。

️バイヤーの仕事の5個のポイント

ここまではバイヤーが扱う商品に関してご紹介していきました。

ファッション関係のみの考え方を持っていた方はそれ以外の幅広い商品を扱っているという事実にびっくりしたかもしれませんね。

様々な商品を扱っているということを理解した上でバイヤーの仕事に必要なポイントについていくつかご紹介していきたいと思います。

将来的にバイヤーの仕事に携わってみたいと思っている方はこれからご紹介するポイントをよく注意して把握しておいてください。

良い商品を探す

バイヤーの仕事の大切なポイントはやはり良い商品を探すということです。

やはり何の仕事においてもこれに尽きます。

良い商品を探すといっても何が良い商品に結びつくのかと考えると様々なポイントが存在します。

例えば安く仕入れて安く販売することが良いのか、それとも純粋に質の良い商品を仕入れることが良いことなのか、これはそのバイヤーにとって人それぞれの考え方かもしれません。

自分が担当している商品のジャンルによっても重要は違うでしょし、購入する層によって価格が大事なのか質が大事なのかどちらが天秤にかけて上になるのかなどは変わってくるからです。

なので購入する人の目線に立って考えなければ良い商品を探すと言うことは難しいことになるかもしれませんね。

正解がない仕事になる場合もありますので困難なポイントかもしれません。

商品価値の見極め

バイヤーの仕事の大切なポイントは商品価値の見極めです。

本当にこの商品には価値があるのかどうかということを見極めなければいけません。

価値のない商品を仕入れたところで購入する人がいなければ意味がありません。

価値のない商品を購入仕様と考える方は本来存在しませんので、いかに重要のある商品を仕入れるかが大切です。

だからこそ自分のセンスや感性が大切になり、様々な知識や経験を経てたくさんの引き出しを持っておくと言うことが一番求められるって考えることができます。

そしてこの商品を仕入れて本当にお客様が購入してくれるのかという予測を立てることも大切な仕事の一つということを忘れないでください。

実際に生産元へ出向く

バイヤーの仕事の大切なポイントは実際に生産元へ出向くということです。

毎回毎回商品を購入する際に生産元へ出向くのはめんどくさいと感じる方がいるかもしれませんが、これはバイヤーの仕事の大切な仕事です。

その商品に関して知る必要性がありますし、その商品をお店に行くのであればきちんと話をすることが筋になります。

そして生産元の人間としっかりと交渉をするところまでがバイヤーの仕事の一つの仕事になりますので、当然ある程度の話術や知識、営業力を持っていないと難しい仕事です。

そのためには必要であれば海外まで行ったりする可能性もありますので、大きな行動力が求められるという事はしっかりと理解しておかなければいけません。

取引を行う

バイヤーの仕事の大切なポイントは取引を行うということです。

これに関しては先ほどご紹介した生産元に出向くの項目でもご紹介しましたが、出向くだけで仕事が終了というわけではありませんよね。

出向いた時に担当の方としっかりと話を通すことが求められます。

ここで相手が納得することがなければ仕事を行うことができませんので、自分たちの会社の魅力を相手に伝えた上で、こちらの情熱を伝える必要性があります。

場合によってはもちろん断られる可能性もあるのですから、しっかりとこちらの気持ちを相手に伝えて相手に信頼を持ってもらい、許可してもらうまでが必要な工程です。

なので相手に信頼してもらうためにどの様に行動する必要性があるのかという事などを考えて行動しなければいけません。

言ってみれば営業マンとして働く心構えのようなものが必要になります。

価格設定をする

バイヤーの仕事の大切なポイントは仕入れた商品の価格設定を適正な価額に設定するということです。

これはどういうことかと言いますと、いかに良い商品を仕入れたとしても適正な価格で設定することが出来なければ商品は売れません。

どんなに良い商品だったとしても限りなく値段が高ければ購入仕様と思っても意欲がわきませんよね。

だからこそお客さんが手にとってこれくらいの金額だったら購入しても良いかなと思う絶妙な値段を設定しなければいけないのです。

もちろんこれは商品を購入してくれる層によっても違い、比較的富裕層が購入するジャンルであればある程度高い価格設定をしても購入してくれるかもしれませんが、その場合は当然質が大事になります。

なので高い質の商品を歯入れる必要性がありますのでいずれにしてもどこか一つだけかけてしまうと意味がなくなってしまう様な仕事になってしまうと捉えることができます。

️バイヤーはやりがいがある仕事

今回はバイヤーという仕事をテーマにしてバイヤーがどういう仕事をしているのか、バイヤーがどの様な商品を仕入れているのか、バイヤー行うためにはどの様なことに気を付けなければいけないのかということをご紹介しました。

金してバイヤーという仕事に着目してみると想像以上に難しい厳しい仕事であるということがお分かりいただけたと思います。

しかし確かに楽な仕事は世の中にたくさん存在していますが、その仕事を楽にするのが難しい仕事にするのかというのは自分次第であり、仕事において自分に厳しく行うという事は自分を成長させる魅力的なひとつの方法です。

簡単な仕事をしていれば簡単なことしかできない能力しか身につきませんが、常に自分に厳しく高いパフォーマンスを求める様に自分に課していれば意識せずとも常に高い仕事を行うことが出来ます。

だからこそバイヤーとうう仕事がいかに厳しい仕事であったとしても自分が心からやりたいと思うのであれば、やりがいを感じられる魅力的な職業なのでしっかりと将来バイヤーという仕事につける様に今から勉強しておいてください。

早い段階で身につけておけば絶対に将来学んでおいてよかったなと思える事が多くなると思いますので、今のうちから必要なスキルを探す行動を行ってセンスのある自分を育ててみてくださいね。