肌をきれいにしたいそこのあなた♪

きれいにしたいとは思っていても、実際にどんなことをしていけばいいのか全く分からないこともありますよね。

この記事では、そんなあなたのために肌をきれいにするための方法をご紹介しています!

また、きれいな肌とはどんな肌のことをいうのかついてもお伝えしているので、これから目指すあなたの肌像をイメージするときに使ってくださいね。

いくつになってもきれいな肌でいられるよう、今日からきれい肌ライフを始めませんか?

もっと綺麗な肌になりたい…!

現代では、女性だけではなく男性もメイクをする時代になりました。

その理由は「少しでもきれいに見せたいから」なんですよね。

その気持ちは女性も持っていますし、これは男女共通の願いであり、これからの世代でもきっと受け継がれる気持ちなのだと思います。

しかし、そんなキレイな肌になりたいという気持ちとは裏腹にどんどん肌が汚くなってしまうことってありますよね。

特に何もしていないし、紫外線対策をしているのに急にシミがふえたり。

ニキビや肌荒れが頻発して、何をしても全く効果をえられなかったり。

それってあなたのスキンケア方法が根本的に間違っているのかもしれません。

今よりももっときれいな肌になるためには、今やっているなにかを捨てて新しい方法を取り入れなくてはいけないかもしれないのです。

いつまでもきれいな肌でい続けるために、できることからやっていきましょう。

理想的な綺麗な肌とは


きれいな肌って見ているだけでうっとりしてしまいますし、自分がきれいな肌だと鏡をみるたびにやる気がおきてきてパワーの源にもなりますよね。

では、あなたが想像するキレイな肌ってどんな肌なのでしょうか?

人によってその基準はさまざま。

ここでは、世間一般でいわれているキレイな肌の基準、また理想的なきれいな肌について見て行きましょう!あなたの求めている肌もきっとのっているはずですよ♪

潤いがある

若さの象徴でもある”潤い”のある肌は、きれいな肌といって一番に思い浮かぶのではないでしょうか。

カサカサしていないし、どこも皮がむくれていない。

それに弾力もあって、ピチピチしている。

お湯をかけたときでも、その潤いたっぷりの肌ではじき返されさらに若さを実感できるんですよね。

しかし、潤いというのは年齢と共に失われてしまうと諦めている方が多いです。

そんなことはないんですよ。

しっかりと”保湿”をすれば、いくつになってもぴちぴちの潤いのある肌がGETできちゃうんです。

ちなみに80歳になる筆者の祖母はとても若々しくみえるのですが、肌は潤いたっぷりでもっちりしてます。

筆者のほうがしわしわかも。

艶がある


ツヤがあるのもきれいな肌ですよね♪皮脂がでてべとべとしている肌ではなく、肌の内側からにじみ出るようなきれいなツヤ。

それがあると明るい雰囲気に見えますし、さらにこれまた若々しい印象をもたせることができます。

張りがある

ハリがあるのも美しい肌の象徴!肌がたるみだすと一緒になって毛穴が広がってしまうものですが、ハリのある肌は毛穴が広がることがまずありません。

そのため、年齢よりも若くみえることも。

また、ハリがあると元気にみえるので一石二鳥です。

血色がいい

血色が悪いと不健康にみえがち。

どんなにスタイルがよくてもそれではだめです。

きれいな肌というのは、内側からでてくるピンク色の肌色をしてるのでとても血色がよくみえます。

滑らかさ

すべすべしている肌です。

ターンオーバーがしっかり行なわれないでいると、肌はガサガサになります。

それだけではなく、その肌をさわるとなめらかさはないんですよね。

赤ちゃんの肌を思い浮かべてみるといいかもしれません。

弾力がある

弾力があるのもきれいな肌のあかし!というのも、弾力があるのはしっかり保湿されていること、そして肌の中の繊維が崩れていない証拠なんです。

そのため、どんなに年齢を重ねても美しい人というのはこの弾力がある方が多いです。

ハリがあるのと同じく、毛穴が開きにくいです。

肌トラブルがない

きれいな肌をしている人は、トラブルをもっていないです。

では、どんなトラブルを抱えていないのでしょうか?

ニキビ

思春期だけではなく、大人になってもしつこくできてしまうニキビ。

それなのに肌がきれいな人は、ニキビができません。

それに出来たとしてもニキビ跡になることもなく、すぐに完治します。

ニキビがあるだけでも不潔な印象になってしまうので、できている方はすぐにでも治したいですよね。

シミ

きれいな肌の人はシミがありません。

そのために、紫外線対策をしていますし、顔をたたくなどの刺激を与えていません。

シミがあるだけで年くっているようにみられてしまうので、若い人でも早いうちに対策をしたいもの。

色素沈着

ニキビができているときに紫外線対策をしっかりしていなかったりすると色素沈着がおきてしまいます。

これがひどくなるとシミになります。

きれいな肌の人は、見渡す限り美しい肌なのでこのようなものができません。

それに肌の本来の力が強いために、できるようなことがあっても時間がたてば消えます。

シワ

シワがない人もきれいな肌のはず。

シワってなんだか肌のハリやツヤをなくしてしまうようなイメージがありませんか?
ただそれだけなのに、年齢が高く見られてしまったり。

よいことはないんですね。

綺麗な肌になるための6個の方法

きれいな肌になりたい!と思っているそこのあなた!

あなたは、今、肌にどんなに”よいこと”と思われていることをしていますか?

実はそれ、肌にとっては負担になってるものかもしれません。

あなたが思っている以上に繊細な肌だからこそ、やるべきこそをしっかりと理解し毎日の生活に取り入れていきましょう。

でも、どんなことをすれば肌をきれいにすることができるのか、いくつになってもピチピチで潤っている肌にすることができるのだろうか・・・と首をかしげているのではありませんか?そうですよね。

今やっているスキンケア方法がなかなか効果を出さないからこそ、きっとあなたはもっときれいな肌を手に入れるためにこの記事を参照してくださったのだと思います。

そんなあなたでも理解しやすいように、これからきれいな肌になるための7個の方法をご紹介していきます!

ぜひともこれらを今日から実践し、きれいな肌を少しでも早く手に入れられるようにしましょう!すぐには効果が出なくても1年後には、必ずなにかしらの変化が現れてるはずです♪

そしてきれいな肌を手にいれて、今よりもポジティブな人生を歩んでいきましょね!

では、さっそくキレイな肌になるための6個の方法をみていきましょう。

シンプルなスキンケア

あなたは、きれいな肌になるためだからと色々なものを顔にぬりたくってませんか?

例えば、美容液はひとつでいいはずなのに何種類もの美容液を使い、化粧水も何種類も使い、乳液だけではなくクリームまでも使ってるなんていうことがあるでしょう。

たしかに、肌の状態によってはそのようにさまざまな美容液を使っていくことがとても重要になってきます。

なぜならば、年齢とともに肌にあるはずの成分ガ失われてしまうからなんですね。

しかし、まだ若い・もしくはもともとの肌があまり汚くない・荒れていないのにも関わらず、そのようなゴテゴテのスキンケアを行なってしまうのは、肌本来のチカラを失わせてしまう原因になります。

肌本来の再生力があったとしても、そのように外部から加えることによって肌細胞たちが「あ、これあるから分泌しなくていいのね!」と思うようになってしまうんです。

それってどう思いますか?肌を自分自身で衰えさせ、そのような美容液がないと生きていけない状況に陥らせてしまっているんです。

そのようにしないために、ずばりシンプルなスキンケアを心がけていかなければなりません。

シンプルなスキンケアとは、ゴテゴテしてスキンケアをしないことです。

詳しく見ていきましょう。

毎日継続したスキンケア

スキンケアは毎日行なうものですよね。

食事をとったり、睡眠をとるのと同じようにお風呂に入ることが出来ない日だって必ずスキンケアだけは行なうはずです。

そうなんです。

毎日やるものだからこそシンプルにしておいたほうがいいんです。

最初のうちはやる気にみなぎっていて「毎日こんなにたくさんの美容液をぬりこむぞ!」と意気込むかもしれないですね。

しかし、それを毎日続けられるかどうかといったらそうでもないはずです。

仕事が忙しくなる事だってありますし、飲み会で帰りが遅くなってしまってスキンケアする力が残っていないなんてことも。

そんなときに「ああ、あんなにたくさん塗りこむなんて今日はむりかも。だったらいっそのこと全部やんなくていいや」なんてメイクも落とさずに寝てしまったらもう最悪!

肌は衰え、これまでの美容液の効果なんてまるで意味ナシ、そして1日メイクを落とさなかったツケのために約1ヶ月くらいは肌の衰えを回復させるために美容をしていかなくちゃいけなくなるんですね。

でも、それが化粧水と乳液を塗るだけのシンプルなスキンケアだったら「すぐおわるし、がんばろう」と立ち上がることが出来るかもしれません。

ですから、スキンケアはどんなに疲れている日でも絶対にさぼらないメニューにしておくべきなんです。

それに毎日しっかり継続していくことがとても大切!あなたが1日やらなかったスキンケアで、とてもものすごい乾燥を引き起こし、それが影響してニキビ・肌荒れ・シミ・くすみの原因になっていることもあるんです。

過剰なスキンケアはNG

さきほどもお伝えしましたが、過剰なスキンケアはやらないようにしましょう。

というのも、過剰なメニューにしておくと、あなた自身のやる気がないときに全てを使うことが出来ず自己嫌悪に陥るだけではありません。

肌本来の力を自ら弱らせてしまい、そのような高級な美容液がなければきれいな肌をキープできないような人になってしまうんです。

どんなにあなたがお金持ちかしりませんが、全てを美容液に頼るのはよくありません。

だって、自分自身でその力をもっているのにそれを外部から借りるなんて、生きている意味どころか肌がとてもかわいそうだと思いませんか?

それに美容液というのは、スペシャルケアに使うべき。

毎日使うように説明されるものもありますが、そのようにするんだったら保湿成分がたっぷり含まれている化粧水や乳液にして、その美容液を遣うべきではありません。

あなたの身の回りには、年齢のわりにとてもきれいな肌をしている人はいませんか?そういう方に「どんなケアをしているの?」ときくと、きまって「化粧水と乳液をぬってるだけだよ!」としかいいません。

それは、嘘をついてるのでもなく、あなたをだまそうとしてるのでもありません。

本当のことであり、事実なんです。

保湿をしっかりしてるからこそ、、ピチピチのふっくらとした肌を手に入れることが出来ているのです。

それは、美容液という偉大なものを毎日使わなくても手に入れることが出来るってことなんですよ。

次はあなたの番です!

刺激を与えてしまう

では、どうしてたくさんの美容液などを使ってはいけないのでしょうか?

もう何度もお伝えしていますが、それらを使うことによって肌本来の力を弱らせてしまうことになります。

しかし、それだけが理由ではないんです!

他になにがあるかというと、年齢にあっていないもの・肌にあっていないものを使い続けることによって肌に大きな負担をかけてしまうことになっちゃうんですね。

あなたはこんな経験はありませんか?

「せっかく買った高級クリームなのに、なんだか肌にぬるとピリピリしちゃう。でも高いしもったいないから使い切らなきゃ!」なんて、肌にあっていないと分かりながらもそれを使い続けてしまうこと。

たしかにもったいないですが、それはあなたの肌へ大きな負担になっています。

なかには塗ると刺激を感じるようにできてるものもありますが、ほとんどの化粧水・乳液・美容液などは肌にあっているものほどなじみがよく、必ず刺激はありません。

もしも「刺激があるのは効いている証拠なんだわ!」なんて思っているのであれば、今すぐに使用を中止してください。

それに既になにかしらの副作用が現れているはずです。

いつでも肌がチクチクしてしまったり、赤ら顔になってしまったり。

肌にとってのそれらの刺激は「悪いもの」とみなされ、その反動でメラノサイトからメラニン色素がだされます。

それって何になるとおもいますか?誰だって顔にはつくりたくない”シミ”のもとになるものなんです。

あなたがシミだらけになってしまったのは、あなたの肌にあっていないものを使っていたからなのかもしれないですね。

また、肌になじんでいるように思えても年齢の対象になっていないものを使うのもよくありません。

筆者は、あるデパコスのマスカラをリピーターしているのですが今ではネットで購入しているんですね。

そのときに、必ずなにかしらの美容クリームのサンプルなどがついてきます。

最初は、「わ!2万くらいするクリーム試せるなんてしあわせ!」と使っていたのですが、もう塗った瞬間にひりひりするし、顔は真っ赤になるし、なんか痛いしですぐに洗い流しました。

洗い流してもその刺激は続き、翌日の朝までとれなかったことがあります。

それは、実は筆者の母親世代向けに作られた美容クリームだったんですね。

残りは、母親にあげたのですが塗っても全く刺激がなかったとのこと。

ああ、年齢にあったものを使うのはとても大事なことなのだと実感しました。

そのクリームが悪かったのではなく、筆者がいけなかったのです。

ちなみに母親は肌がピンときれいになっていましたよ!
このようにならないように、あなたも気をつけてくださいね。

保湿を意識する

きれいな肌でいるための一番重要なことは”保湿”です。

どんなに洗顔で汚い物質を取り除くことが出来ていなかったとしても、保湿さえしっかりできていれば肌荒れを起こすことはありません。

なぜならば、私たち人間ってカラダのほとんどが水分でできていますよね。

私たちの肌も水分がふくまれているんです。

その水分がなくなる=乾燥がおこるといろいろな問題が発生しだします。

例えば、乾燥肌になってカサカサしてしまう、乾燥しすぎて皮脂が異常に分泌されるようになってしまう。

などなど、女性であれば・・・いや男性であってもあまり好ましくない状態になってしまうんですね。

そのため、保湿は三度の飯よりも大切だと筆者は思っています。

洗顔後は必ず5分以内に保湿をしてください。

もしも、すぐに保湿ができないというのであれば、オールインワンクリームなどをあらかじめ用意しておき、お風呂を出たあとにすぐにぬるようにしたり、朝の洗顔後はササッとでもいいのでしっかりと肌の奥まで入っていくように塗りこんでください。

これは忙しい人向けですが、あなたがもしもしっかりとスキンケアに時間をとれる人であるならば、化粧水は必ず3度づけをするように心がけてくださいね。

「なかなか肌に入っていかないからめんどうくさい」と思っている方もいるはず。

それは、あなたの肌が乾燥によってかたくなってしまっているか、もしくは化粧水があなたなっていません。

保湿をするには、保湿をたっぷりすることも大切ですが何を使うのかもとても重要です。

ヒアルロン酸・セラミド(人工でも◎)・コラーゲンが含まれている化粧水を選ぶことによって、肌の水分保湿力を持続することが出来ます。

また、化粧水の粒子が小さいものを選ぶことによって肌に浸透しやすくなります。

また、どんなときでも保湿を意識することです。

乾燥しやすいエアコンの前では座らないとか、サウナに入るときや半身浴するときにも顔などの保湿を気にかけてください。

ただそれだけで「自分がいかに観想することをしていたか」を理解することができ、対策できるようになり”保湿人生”が始まります。

ちなみに、粒子が小さく肌に浸透しやすかった化粧水かつ保湿もしてくれたもので筆者のオススメはRMKになります。

もしよかったら、デパコス売り場にでもいってお試しをしてもらってくださいね!

栄養ある食事をとる

きれいな肌をはぐくむためには、食事もとても大切な要素になります。

肌を作っているのは、肌細胞ですよね。

その細胞たちにしっかりと栄養を与えることが出来れば、きれいな肌を作り出してくれるんです栄養バランスの偏った食事をしていたり、さらには脂っこいものしか食べない、お菓子しか食べないなどの偏食をするのも絶対にダメ!

なぜならば、肌に十分な栄養を与えることが出来なくなってしまうからなんです。

食事をするときには、特にビタみん類を多く摂取するように心がけてください。

なぜかといいますと、肌を外気に入っているばい菌や紫外線などから守る働き、肌を再生させる力を呼び起こしてくれるのがビタミンだからなんです。

そんなこというと、「昨日はビタミンの栄養剤のんだから今日葉のまなくていいってことね」と発言する人がいます。

それは大きな間違いです。

ビタミンというのは、ほとんどが水溶性です。

水溶性なので、飲んだその日に使われなかったものは尿と一緒になってからだの外にでてしまうんです。

そのため、翌日のビタミンは翌日にとらなきゃいけないってことになるんです。

だからこそ、チョコラBBなどの栄養剤を飲んだ後の尿が黄色くなってしまうんです。

あれは、カラダに吸収されなかったビタミン類がでてしまっているんです。

そんなことをいうと「じゃああまりビタミンは必要ないじゃないか」と思われるかもしれませんがそれも大きな間違いです。

なぜならば、ビタミンを使う量というのは日によって違うからです。

紫外線をたっぷり浴びてしまったあとは、肌を再生させるためにいつも以上のビタミンを使います。

それに、喫煙している方は喫煙するたびに体内のビタミンEが破壊されてしまうので、他の部分でビタミンEを使うことがあればいつも以上のビタミンEが必要になりますよね。

また、ストレスを抱えてる人もストレスを緩和できている人よりはビタミンが必要になります。

ストレスを緩和するために、またストレスによってビタミンが体内で破壊されてしまうんです。

だからこそ、いつでも悩んでいる人はどこか顔がくすんでいて不幸な感じがtだよっているのかもしれませんね。

そうならないように、食事をするときには緑黄色野菜・フルーツなどを主にとり、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

UV対策をする

紫外線対策も忘れてはいけません!なぜならば、紫外線は肌には大きな刺激になってしまっているからです。

きれいな肌でいるため、そしてきれいな肌にこれからなるためには紫外線を出来る限りカットしなくちゃいけません。

そのため、外出するときには、必ずUVケアをするようにしましょう。

といっても、UVケアのUVクリーム・スプレーなどは、外出する直前に塗ってもあまり意味がありません。

なぜならば、肌になじみ始めるのが塗ってから30分後だからです。

ですから、外出することがわかっているのであれば、外出する30分前にはUVクリームなどを塗っておきましょう。

また、女性であればメイク下地にUVカットの成分が配合されているものを選ぶのもいいですね♪
しかし、UV対策というのはそのようにUVクリームを塗るだけでは完璧にできているといえません。

なぜならば、紫外線は瞳の中からも進入してくるんです。

そのため、UVカット素材のコンタクトレンズやメガネ、サングラスをかけたり、帽子をかぶるようにしましょう。

これを怠ってしまうと、肌にUVケアクリームを塗ったとしても目からの紫外線の刺激によりメラニン色素が増えてしまいます。

メラニン色素がふえてしまうだけではなく、ターンオーバーの進行速度を遅らせてしまいそのシミを取れにくいものにしてしまうのもいやですよね。

必ず、外出する前にはあらゆる角度からUVケアをするようにしましょう。

紫外線をたっぷり浴びてしまったらすぐに美白化粧品を使うのではなく(かなりの刺激になります)、とにかく保湿するのを心がけてくださいね。

正しい洗顔をする

きれいな肌でいるためには、洗顔方法がとても大切になってきます!

なぜならば、洗顔というのは毎日するものですし、1日のなかでも最低は2回行なうものだからです。

そのように頻度が高いものをしっかりと正しいものにしておくことによって、大きな肌への負担を減らすことが出来るんですよね。

あなたは、今どんな洗顔をしていますか?肌を大切にしている人であれば、肌をやさしく洗い上げているかもしれませんね。

そのままでいきましょう!
しかし、反対にニキビがたくさんできていたり、油っぽい肌をしている方はその油を取り除くためにゴシゴシと洗ってしまっているはず。

実は、そんなにゴシゴシしなくても洗顔料によってしっかりと皮脂は取り除けているんです。

要するにゴシゴシする必要はありませんし、そうすることによって肌をより傷つけてしまうんです。

肌って実はとっても薄くて繊細な場所。

だからこそ、やさしく・・まるで赤ちゃんや妖精を扱っているように扱ってあげなくちゃいけないんです。

ゴシゴシしてしまえば、そのせいで肌がかたくなり開いた毛穴を元に戻せなくなってしまうなんてことも。

しっかり泡立てる

では、どうすればいいのか?基本は”たっぷりの泡”です。

今ではワンプッシュするだけで、モコモコの泡が出てくる洗顔料が販売されていますね。

自分で泡立てるのが苦手だという方は、そのような製品を使いましょう。

そして、その泡を肌にのせて”泡をなでるようにして”洗顔していきます。

このときに絶対に手の平と顔の皮膚はぶつかりません。

それらの間には常に”泡”がある状態になります。

そのため、その泡が毛穴の汚れだけではなく肌についている表面の汚れまでも除去してくれるんです。

絶対にゴシゴシしないこと!そして、キメ細かいきれいな泡をたっぷり作れるようにがんばりましょう。

手のひらで泡を作るのが苦手だという方は、100円ショップでも手に入る”泡たてネット”がオススメ!ぜひ購入して使ってくださいね。

指やタオルで擦らない

洗顔が終わったらすすぎますね。

すすぐときにも、指などで顔を擦らないようにしてください。

また、すすぎが終わったあとのタオルオフもゴシゴシふいてしまってはだめ。

ゴシゴシふくとなんだか1日終わったような、疲れが取れているようなさっぱりした気持ちになるものですがそのせいで肌が傷付きます。

「ちょっとの傷くらい大丈夫だろ」と思うかもしれませんが、その小さな刺激は肌にとっては大きな刺激。

それだけでシミの原因になるのでご注意を。

顔をふくときには、顔にタオルを押し当てるようにしてタオルオフしましょう!

洗顔をしすぎない

あなたは、顔がべっとりするからという理由で洗顔ばかりしてませんか?

それって実は、肌のベタベタ感を倍増させている原因なんです!洗顔しすぎてることにより、肌を守っている皮脂を必要な分まで取り除くことになります。

その結果、肌は「やばい!肌まもるために皮脂をだせー!」と大量の皮脂を出すようになってしまうんです。

今あなたの顔がベタベタしているのは食習慣が悪かったり、顔が乾燥しているからなのです。

洗顔しすぎにならないように、洗顔後のスキンケアではたっぷりの保湿をしてくださいね!

ストレスを溜めない

ストレスはお肌に直結します。

知っていましたか?なぜかといいますと、ストレスを感じると女性であっても男性ホルモンが大量に分泌されるようになります。

男性ホルモンというのは、性質上”皮脂”を大量に分泌させたり、肌をかたくしてしまうものまで分泌しだしちゃうんです。

そのせいで毛穴づまりはひどくなるし、毛穴汚れをとりたくても肌がかたくてそれを取り除けないという悪循環に陥ってしまうんです。

また、ニキビも増えて、肌荒ればかりする肌になってしまいます。

また、ストレスをもっていないほうが気持ち的にもラクですよね!

ストレスのない生活にすることはできないので、ストレスとうまく付き合えるストレス発散方法をGETして。

音楽をききながらダンスするのもいいですし、カラオケ、スポーツ、アロマをたくのもいい!あなたオリジナルのストレスを発散する方法をしりましょう。

綺麗な肌になるには基本が大切

今回は、きれいな肌になるためにすべきことをご紹介してきました!いかがでしたか?

いつもやってしまっているあの習慣が汚い肌を作り出していることにきっと驚かれたのではないでしょうか。

きれいになるために、高い美容液を使ったり、高級なヒアルロン酸液を肌に注入したとしても、この基礎事項をクリアできないのであればキレイな肌を手に入れることが出来ません。

反対に、今回ご紹介してきたことを実践するだけで、自然ときれいな肌を手に入れることが出来ちゃうんです!

男性だって、女性だっていくつになっても若々しくてきれいな肌でいたいはず。

だからこそ、日ごろのお肌のケアをさぼらないようにしましょう!
あのローマ帝国だけではなく、この日本でさえも1日では完成しませんでした。

美だって同じなんです。

毎日のコツコツとした努力の積み重ねで美しくなれるんです。

あとになって後悔しないように、今から少しずつキレイ肌習慣を身に付けていきましょう!