今回は誰もが一度は体感したことがあり、なおかつ、よくよく考えるとかなりディープなテーマで書き進めていきたいと思います(・ω・)ノ

酷いと思ったことみなさんも一度はあると思います。

やはり世の中いろんな人がいますから、「そりゃないよ!!」と思うような人や事件に出くわすことはたくさんありますよね??

原因は様々ですが、大体は「モラルの低さ」が原因でしょうね…。

こういった人達に出会うと、どうしてそんな振舞いができるのか、本当に謎なんですが…

残念ながら、そういった人達は思ってる以上に多くいます。

腹が立つというよりは、理解不能なんですよねえ…。

そしてもし仮に相手にそのことを伝えても徒労で終わってしまいます。

言われて直るくらいなら、初めからそうしていませんからね…彼らは周囲の気持ちおかまいなしに傍若無人に立ち振る舞うようです。

もう…

やれやれとしか言いようがないのですが…

今回はそんな「低モラルあるある話」を紹介したいと思います(・ω・)ノ

酷いとは

言うまでもありませんが、まずは正確な意味です。

黙って見ていられないほど残酷なこと


「酷い仕打ちだ」「老人を騙すとはあまりにも酷い」などと使われます。

特に正義感を強く持っていなくても、黙って見ていられなくなってしまうほど残酷なことをする人間は確かにいます。

もちろんそれを抑止する為に「法」が存在してるわけですが、その「法の網」をかいくぐって、酷いことをする人間もたくさんいますね。

シンプルに思うのですが…

こういった人達は一度同じことをやられたらいいと思いますね(-_-メ)

相手にしてる酷い仕打ちを自分がされたら、少しは気持ちが分かるのではないでしょうか??

…と言いながらも、多分分からないんでしょうね…。

逆ギレして終わりですかね…。

全く学ぶこともなく、成長してしまったのでしょうから、よほどの大事件が起きない限り彼らがモラルについて学ぶということは永遠にないのでしょう…。

非常に悪いこと

「酷い料理」「酷い成績」などで使います。

これに関してはモラルではなく、センスや努力が原因かもしれません。

酷い料理を食べさせられたなんて…

どれだけお粗末な料理だったのでしょうね(>_<) 酷い成績ならば… もっとがんばりましょうとしか言えませんね苦笑。

程度が甚だしいこと

「酷い暑さ」「酷い嵐」「酷く気に入る」という使い方がされます。

この酷さの原因は、人為的ではなく、やや自然発生的なことが多いでしょうか。

程度が甚だしいわけですから、「尋常ではないこと」を指しています。

あなたのまわりの酷い人


本題はここからです。

周囲にいる「酷い人達」です。

どうにかならないかなあ…とよく思いますが…

どうにもならにないのが現状です。

往々にして、モラルが原因の場合は本人に全く自覚がないので、直しようがありません。

特効薬がない一種の病気のようなものですね。

逆に自覚がある酷い人は…

ちょっと意味が分かりませんね(;・∀・)なぜあえて酷いことをするのか…。

まあ、そんな人はほぼいないとは思いますが…。

そういった人達に出会ってしまった場合は、近付かないようにするしか、逃げ道はありません。

できる限り関係を持つことを避けることが得策です。

とはいえ、偶然出会ってしまうこともあります。

この場合は…残念ながら台風が去るのを待つしかないでしょう。

言い方が悪くなってしまいますが、相手が「おバカさん」なら、上手く出し抜いて切り抜けることも可能ですが、案外こういった人達はなぜか頭の回転だけは速いんですよね。

それゆえの横暴ですからもう手が付けられません。

言ってなだめることも説得することも不可能です。

言うなればこの世に存在し続ける「絶対悪」なわけです。

古今東西、この「絶対悪」がなくなったことは一度もありません。

どんなに法が整備されても、路地裏でひっそりと呼吸し、横暴を行うタイミングを伺っているのです。

なんとも残念な話ですね。

…と、そこまで考察しなくても、周囲を見渡せば彼らは普通に街の中を徘徊しています。

子供の頃の成長過程を誤ったのか、それともそうさせるきっかけがあったのかは分かりませんが…

酷いことをすることが先天的原因ではないことは確かでしょう。

あくまで後天的、つまり「何かしらのきっかけ」があって、やさしかった少年少女が横暴を行う大人になってしまったと言うことができます。

極端に言えば、両親が教育を誤ったと言えるのかもしれません。

もしくは両親の教育を受けることができなかったか、ですね…。

そう考えると不憫ではありますが…

だからといって酷いことをしてもいいということにはなりません!!

少し具体的な例を挙げてみましょう。

約束を守らない

まさに日常的に行われている悪事の一つですね!!

できない約束はしてはいけませんよ(・ω・)ノ

破った方は、むしろその約束を忘れてさえいるのかもしれませんが、守ろうとしてる方はたまったものじゃありません。

デートの約束をドタキャンする、時間に遅刻するなど、ありがちではありますが…

一度や二度ならまだ許されますが、三度続ければ信用を失います。

そして失った信用を取り戻すには、相当な時間と努力が必要です。

恋人ならば、破局の可能性が一気に高くなるでしょう。

こういった人達は不思議なもので、仕事などの「責任がある場合」は、案外約束を守ろうと努めます。

でも、プライベートになると、途端にだらしなくなり、責任感も消えてしまいます。

周囲に対する甘えでしかないのですが、その悪事の意味と価値に本人は気付いてないのでしょう。

もし、約束を破られて、ひどい思いをしたことがある人は…

同じ相手とまた約束してあえて破ってみるのもいいかもしれません(・ω・)ノ←悪魔のささやき。

「あなたもこないだ同じことをしたんだよ」と伝えてみて直るのなら軽度です。

自分のことは棚に置いて逆ギレしてくるなら…

今後の関係性を考えてみる必要があるでしょうね…。

【約束を守らない人については、こちらの記事もチェック!】

嘘をつく

約束を破るのと同じくらいの「悪事あるあるレベル」ですが…

嘘には二種類あるとよく言われていますよね??

いい嘘と悪い嘘です(・ω・)ノ

誰も傷つかないように、その場を切り抜ける「嘘」が酷いこととは僕には思えないのですが…(;・∀・)

もちろん「純然たる嘘」は酷いですね。

善意なくつく嘘は悪い嘘です。

悪い嘘は必ずいずればれてしまいます。

それは嘘をつきとおすには「さらなる嘘」をつく必要があるからです。

嘘に嘘を重ねれば、いずれほころびが生じます。

勘が鋭い人ならそのほころびにすぐ気付くことでしょう。

ばれた時の被害を考えれば、嘘をつく必要がない場合でも、こういった人達は嘘をつきます。

それは些細なプライドや優越感を満足させるためにつく嘘で、理由のほとんどがお粗末なものです。

悪い嘘はつかないようにしましょうね(・ω・)ノ

【嘘をつく人については、こちらの記事もチェック!】

秘密を漏らす

これは酷いですねえ…。

よくいますよね??

「ここだけの話だからね」

「あなただけに言うけど」

と言って秘密を漏らす人が。

この人達はほぼ間違いなく他でも同じことを言っています。

あげく困ったことに自分が秘密を漏らしていることにやはり自覚がありません。

秘密を漏らしているより、その瞬間は「秘密を共有してる感覚」になっているからですね。

いやいや、それ普通に秘密だだ漏れですからΣ(゚Д゚)

誰にも言わないから「秘密」なのであって、誰か一人にでも漏らし時点でそれはもう秘密にはなっていませんからね笑。

なんというか…

おバカを越えて、ただの迂闊な人ですね(;・∀・)

裏表がある

これまたディープな酷さですねえ…。

本質的に人間には裏表があるものです。

と言うと誤解されてしまうかもしれませんが、単純に公的私的とで、必ず立ち振る舞いは変わりますよね?

そういう意味で裏表を使い分けてると言うことができます。

問題は

「作り替えてるか否か」だと思われます(・ω・)ノ

仮に裏が「本当の自分」だとして(本当の自分というのも妙な言い方ですが…)

よく言われている「裏表がある人」というのは、「裏の自分を作り替えて表にしている人」を指していると思われます。

つまり二重人格のような人ですね。

本来公的私的を区別してるだけの裏表なら、根本的な自分は一緒で、姿勢や対応といった「振舞い方」が異なるだけです。

これは誰もが行っていることですよね??

その次元を越えて「自分そのものを作り替えてしまっている人」が、俗にいう「裏表があって嫌な人」となっているのでしょう。

さらに言えばこの人達が「酷い人」となります。

これら酷い人達はさっきも書きましたがやはり自覚がありません。

自分ではよかれと思ってやっている人がほとんどです。

それに呆れて、周囲は陰口をたたくしかないわけですね苦笑。

こうした陰口も「酷いもの」です。

見方を変えれば、陰口を言うことも「裏表がある」と言えます。

できることなら、陰口ではなく、説得力をもって相手に「あなたのその自分を作り替えてるのはどうかと思うよ」と伝えたいところですが…

それができないからこそ、人は陰口をたたくのでしょうね(;・∀・)

お互いがお互いに対して「酷さの上塗り」を行っている悪しき例の一つですね…。

みんなの酷いと思った10個の出来事

ここからは「酷い人」ではなく「酷い出来事」を紹介したいと思います(・ω・)ノ

僕にも充分思い当たる伏しがありますねえ…ほんとにあの時はひどかったですよ…。

初めに書きましたが、大きく分けるとこれらの出来事の原因は三つに分けられます。

低モラル、努力不足、自然発生

この三つです(-_-)

この三つをは頭の片隅に置きながら書き進めていきましょう(・ω・)ノ

1.ラーメン屋で出てきたラーメンが伸びていた

(T_T)もはや悲劇ですね…。

当然努力不足でもあり、店としてのモラルも欠けています!!

ラーメン好きとしては許せない悪行ですね怒。

きっとこれは、ゆで時間を間違えた、もしくは、忙しくてオペレーションが回らなかったのが理由でしょう。

でも!!

でも!!

それであれば、商品として出してはいけない物ですよね。

急いで作りなおせばいいだけです。

お客さんはいつラーメンが来るか時間を計っているわけではありませんから、こっそりと作りなおせばいいのですよ!!

もちろんあまりにも時間がかかれば「まだ?」とクレームを受けるかもしれませんが…

伸びてるラーメンを出すよりはましですよ!!

この時の店側の思惑はどういったものでしょう??

廃棄するともったいないから出してしまえ??

気付かないから出してしまえ??

いずれにせよ、絶対にあってはいけません怒。

絶対あってはならないこと!

飲食店では商品が第一優先なのは当然ですよね??

ラーメンで言えば麺とスープですし、焼き肉屋であれば肉です。

これに関しての努力不足、モラル不足は店の評判を確実に落とします。

そしてあっという間に経営難に陥ることでしょう。

飲食店を継続することは、時代的にとても難しいとされています。

まず物価の高騰で、昔に比べて、商品価格が軒並み上がっているからです。

同じ商品で価格があがれば、当然客足は鈍ります。

でも、これは物価自体が上がっているため、店側としてもしかたない措置なのです。

そんなご時世で、不良品を作ったら…

結果は言うまでもありませんよね??

本当にひどいですよこれは!!

何度か経験があるので、つい感情がこもってしまいました(;・∀・)

2.飲食店で呼びかけを無視された

考えられるのは二つですね。

聞こえなかったか、忙しくて気付かないふりをしたか?

です(・ω・)ノ

聞こえていないのかどうかは、よく見てれば一目瞭然ですよね??

聞こえないはずがない距離、もしくは、店員の動作が一瞬反応したなど、状況を見ればすぐに分かるものです。

声をかけた方も聞こえていなかった場合は、次の機会を普通に待つでしょう。

でもそれがもし「あえて無視」されたのなら…

気が強い人は「店長呼べ!!」となるかもしれませんね…。

もちろんこの場合は店員がいけませんよね。

一言「少々お待ちください!!」と反応するだけでも印象は全く違います。

それを無視するとは…

忙しくてイライラしてるのかもしれませんね…。

これまた絶対にあってはいけないことです。

忙しいのはわかるけど…

分かりますし、お客様は神様だというつもりもまったくありませんが…

一言声をかけるくらいはどんな状況でもできるはずです。

それすらしないのはその店員が忙しすぎて精神的に不安定になっている証拠でしょうね…。

クレームは一次クレームより二次クレームの方が大きくなります。

無視した相手にお客さんが怒るのが一時クレームで、その怒りが収まらなければ店長出せ!!という二次クレームに発展します。

もしも店長ですらなだめられなければ、会社の上層部への三次クレームにもなります。

無視したという事実は、どう考えても店側に責任がありますから、会社の上層部は客に平謝り、その後、店長と従業員は上層部にとんでもなく叱られるでしょうね…。

サービス業は「クレームをいかに出さないようにするか?」が一つのキーポイントですから

どんな状況でもお客さんを無視するのはいけませんよ(・ω・)ノ

3.海外で外国人に高いものを買わされた

これは悪意がありますねえ…。

海外に行くと日本人は特に「カモ」にされる場合が多いようです。

本当に欲しい物ならもちろん買うべきですが、海外の知識がない人が、あっちの店員の押しに負けるのは非常に危険です。

あっちの従業員はとてつもなく愛想がいいので、つい信用してしまいたくなるのですが…

危険です(・ω・)ノ

はっきり言って、彼らはかなり容易に嘘をつきます。

悪く言うと、気が優しい平和な日本人をバカにしてる部分もあります。

人によっては「こっちに来て日本人は浮かれてるから、愛想よくしてれば勝手に高いお金だしてくれる」と思ってることもあります。

もちろん善意で接客してくれる人もたくさんいますよ(・ω・)ノ

これこそまさに「ノーと言えない日本人」の悪いところでしょうね…。

もし買わなかった場合どうなるか??

手の平返しで、接客してこなくなるだけです(・ω・)ノ

文字通り手の平返しです。

ついさっきまでニコニコ笑っていた店員が一切口も利かなくなります苦笑。

もちろんそれでいいのです。

特にいらない物だけど、悪いから買っちゃおうかななんて考えたら相手の思うつぼですよ!!

接客に惑わされずきちんと商品を見て、判断するようにしましょう!!

これはもちろん日本国内でも言えることです(^_^;)

言葉もわからないし拒否するとどうなるか怖い

海外に行って一番怖いのは言葉がよく分からないことです。

言葉がよく分からないので、相手の真意が掴みづらく、信用していいのかどうかの判断基準が曖昧になってしまいます。

さらに拒否するとどんな対応されるのかの予想もできません。

こうした事態を避けるためにも怪しげな場所での買い物は絶対にしないようにしましょう。

知識がない人は有名店や日本語が通じるお店での買い物をおススメします!!

よく分からないけど興味本位で買い物したら、高かった割にとんでもなくお粗末な物だった

なんてことは珍しいことでもなんでもありませんよ!!

4.永遠上司に自慢話をされる

これはもう単純に上司のモラルの低さを物語っていますね…。

部下の人達に同情しますm(__)m

上司と部下の関係ですから、部下は聞いて耐えるしかありませんよね…。

上司もどうしてそこで気付かないのでしょうか?

「もしや俺、今退屈させてる?」と(・ω・)ノ

そうですよ!!部下のみんなは退屈なのに、しかたなくあなたの無駄話に付き合ってるんですよ!!あなた上司ですから!!

空気読んでくださいよΣ(゚Д゚)

と言えれば、どれほど部下のみなさんが救われるか…。

こういう些細なところでも上司の人望は問われていますから、上司の方はぜひ注意してください!!

部下のみなさんは、多分あなたの話にほとんど興味がなく「早く終わってくれ」と心で呪文のように唱えてるはずです。

本当に人望がある上司は…

多分こういう話をしない人で、むしろ部下の方が聞きたがるものですから、聞かれていないことは無駄に話さない方がいいでしょう(・ω・)ノ

興味がないとは口が裂けても言えない!

そりゃそうですよ!!会社で生きていけなくなりますから笑。

これがサラリーマンの辛いところです。

ただ…あまりにも上司が「迂闊な人」であれば…さらなる上司に相談するのもいいかもしれません。

はっきり言ってただのストレスで時間の無駄ですからね…これがもし退職後だったのなら…

帰る時間も遅くなるという生き地獄が待っています。

酷い上司をお持ちの方は、ぜひ早急に問題を解決してください。

陰ながら応援してます(;・∀・)

5.見た目だけで判断された

人は見た目どおりか否か?

これもまたディープな内容ですね…。

第一印象は後々大きく変わることはありますが、根本的に全く別の印象を与えるということは可能なんですかね…。

例えば、音楽をやっている人でファッションで、鋲付き革ジャン、口にピアス、化粧して髪はモヒカン

など、いわゆるパンクファッションをしてる人など、僕の経験上ですが、見た目に反して優しい人が多いです。

確かにかなり近寄りづらい雰囲気ではあるのですが笑。

話してみるとかなりモラルもわきまえてる人が多いです。

むしろ身だしなみをきちんとしてるのに低モラル、という人の方が多いように感じます…。

個性的なファッションはそれだけで誤解を招きますが、それだけで判断するのは早計ですよね??

判断された方は「酷い話だ!!」と思うのも無理はないでしょう(・ω・)ノ

とはいえ、そういったファッションを選択してるのも自分ですから、もし酷い誤解をされても、半分は自己責任にもなってしまいますね(;・∀・)

趣味や個性は人それぞれ

その通りです。

人それぞれですから、勝手な判断で他人の価値を決めつけるのは酷い話です(・ω・)ノ

もしそういった第一印象を持ってしまっても、あくまで第一印象です。

相手はその印象を変えてくれる「心」を持っているかもしれません。

勝手な判断で他人を決めつけるのはよくないことですね(・ω・)ノ

もし話してみても、印象が変わらないのであれば…

全くもって酷い話ではなく正当な判断ですね(^_^;)

6.年下の子が「もう歳だわ〜」

酷い出来事…と言えなくもないですが…

そんなに気にする必要はないかと思います…。

きっとその子に悪意はありませんよ(・ω・)ノ

というより、もし悪意があったらとてつもなく嫌な子ですよ!!笑。

年齢の衰えも自分にだけが分かる絶対的なものですから、その子は自分で本当に衰えを感じているのかもしれません。

酷い出来事というよりは、「やや不謹慎なことを口にしてしまった出来事」なのかもしれませんね苦笑。

女性同士のあるあるでしょうか??(;・∀・)

それ嫌味では?

やはり女性は男性より年齢を気にするでしょうから、言葉に気を付けた方がいいのかもしれませんね…。

まあ、言われた方も一々反応することはないと思いますよ(・ω・)ノ

時間は誰にでも平等ですから!!

もし相手が嫌味で言ったのであれば、平気で悪意を持てるという証拠でしょうから、今後の付き合い方をじっくり考えましょう。

というより、そんな嫌な子とは付き合う必要はありませんよ(・ω・)ノ

7.友達に好きな人を奪われた

これは酷さ究極ですね…。

これはいけません。

絶対にやってはいけないことの一つです。

ましてやその友達が仲がいい友達であれば、なおさら悪です!!

きっと友達の相談に乗り、初めは彼とうまくいくように仲を取り持つようきちんと動こうと思っていたのでしょうが、そうしているうちに自分も彼に心を奪われた、という流れでしょうね…。

この場合は…

どうしたらいいのでしょう(。´・ω・)?

もし好きになっても、友達の気持ちを優先して胸の奥に閉じ込めるか?それとも友達に素直に真実を伝えるか?

どちらがいいのでしょうね…。

いずれにせよ、そのままの関係を維持することはできないでしょうから…

同じ人を好きになるのは、絶対に避けた方がいいです(>_<) もしものことがあるので、仲を取り持つことはやめましょう。

相談してたのに…

相談だけならよかったのです。

それ以上の働きに期待してしまったがゆえの悲劇です。

やはり人の心はどうなるか分かりませんから、たとえ絶対的に信用してる友人でも、彼と関係を持たせるのは避けた方がいいと思います(・ω・)ノ

自分一人では、心細いのは分かりますが、そこは自分の恋愛ですから、友人に頼ることなくがんばりましょう。

下手したら好きな人と友人を同時に失うかもしれませんよ…。

8.バスで席を譲ったら怒鳴られた

これはごくごく最近僕は体験しましたよ…しかも二回…泣。

僕の場合は電車なのですが…

僕が電車で座ってると、目の前におばあちゃんが立っていたのです。

ちなみに僕が座っていたのは優先席ではなかったのですが、おばあちゃんは立ってるのが辛そうだったので…

「どうぞ座ってください」と譲ったのですよ。

そうしたら「年寄り扱いしないで!!」

と大声でキレられました…いやあ、あの時の周囲の僕への憐れみの目は今だに忘れられませんよ…。

二回目も電車なのですが、今度は目の前にお腹が大きな人が立っていて、これまた辛そうだったのです。

この時も優先席ではなかったのですが、妊婦さんならぜひと思い席を譲ると

「私、妊婦じゃありませんから」(◎_◎;)」

…これはどう言ったらいいのでしょうか…確かにバッグに「お腹に赤ちゃんがいますキーホルダー」はぶらさがっていませんでしたよ…でも、ぶらさがっていないから無視するというのも違うと思いますし…

これは男性は非常に困る由々しき問題ですから…

はっきり言いますが、妊婦に間違えしまうほどの「ぽっこりお腹」はできる限り早急に対策をお願いします!!

良かれと思ってしたのに…

ほんとですよ!!なんだかすごく悪いことをした気分になりましたよ!!

さらにあの周囲の同情の目…惨めでした…。

あのおばあちゃんも素直に座ってくれればよかったのに、と今でも思います。

年寄り扱いするなと言われても、どう見てもお年寄りですし…。

あれ以降、電車やバスでお年寄りや妊婦さんを見かけると僕は非常にナーバスになります笑。

別に座りたくなくても、譲られたなら、座ってやってください…優しさだと思って…。

断られると、こっちはかなりメンタル的ダメージが大きいのですよ(;・∀・)

9.隣に座った人が臭い!

これは公衆あるあるですよね!!

これまた困ったことに本人はまったく気付いてないという悲劇です。

たまにいますよね??

存在自体が「バイオテロ」の人が…。

これは単純に努力の問題です。

臭い臭くない関わらず、エチケットにどこまで敏感か、どこまで実践してるか、ただそれだけの話です。

最近は消臭アイテムもだいぶ豊かですから、お金もかけずケアできます。

なのにこういった人は自分が「テロ行為」を行っていることに全く気付いていません!!

できことならシンプルに伝えてあげたいものです。

「あなた、臭いですよ」と…(-_-)

完全に本人のミスですよね…隣に座った人にとっては残酷な悲劇ですよ…。

気をつけたい香水、タバコ、口臭

臭いは本人も気付きづらいものです。

まず香水のつけすぎはよくありません。

あれはつけてるうちに、自分の嗅覚が慣れてしまい、あまり感じなくなるのですが

実際は相当きつい臭いになります。

どんなにいい香りでもつけすぎは悪臭になります。

他にはタバコや口臭も自分では気づかないものです。

ガムを噛んだりするだけでもだいぶ変わってきますから、臭いに関しては誰もが敏感になるべきだと僕は思っています(・ω・)ノ

バイオテロ大反対です!!

10.酔っ払いに絡まれた

自然発生的悲劇の一つですね…。

お酒はほどほどなら気分もいいのですが、飲み過ぎると、確実にいいことはありませんよ(・ω・)ノ

気が大きくなる、忘れる、事故にあうなど自分も他人にも危険がいっぱいです。

酔っ払いに理屈は通用しないので、見かけた瞬間、距離をとることを絶対におススメします!!特に女性は男性酔っ払いにはくれぐれも注意してください!!

笑いごとではすまないほどの大事件になるかもしれませんよ(;・∀・)

男性は酒は飲んでも飲まれるなというのを念頭に入れながらお酒を楽しく飲みましょう(・ω・)ノ

飲み過ぎは百害しか生み出しませんよ…。

迷惑かつしつこい!

そのとおりですね。

それは酔っぱらっているので、自分で言ってることを言った直後にはもう忘れてるからです。

本人は初めて話す感覚ですが、周囲は「もう三回も聞いたよ…」ということはよくありますよね…。

アルコールによってモラルも半ば崩壊していますから、迷惑行為もなんのそのです。

そして次の日、本人はさっぱり忘れているという、まさに太刀が悪いという一言につきます。

酷い出来事ナンバーワンかもしれませんね(>_<)

まとめ

いやあ酷いですね!!酷すぎますね!!

今回は、人生で出来る限り遭遇したくないことばかり書かせていただきました苦笑。

と笑い話で済む程度ならいいのですが、笑えない酷さであれば、早急に対策を練る必要があります。

ぜひ今後の人生で酷い思いをしないよう「酷い人間と酷い出来事」には細心の注意を払いましょう!!