顔の形のタイプって、あなたはどう思いますか?

丸型や卵型、四角型など様々な顔のタイプがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?

きっといくつかの種類のどれかに当てはまると思いますが、それを気に入ったり、うまく活かしていくのって、そう簡単だとは思えない人もいると思います。

今回はそんな顔の形について、「顔の形のタイプ5選」を紹介していきます♪

あなたもきっとこの5選の中に当てはまっているのではないでしょうか。

また、なぜ自分はこの顔の形になったのか、その「要因」についても分かることができるので、そちらにも納得できることでしょう。

遺伝や普段の生活の中から作られていることもあるので、それを知るきっかけになればと思います。

それでは一体どんな顔のタイプがあるのか、そしてその要因について知っていきましょう!

顔の形で第一印象は変わる

顔というものは、その人の第一印象を決めるもので、またその顔によって変わるものです。

初めて会った人が、整っている顔の形だったり、または丸顔だったりすると、初めの印象はより良くなりますね。

逆に少し顔の形に違和感があったり、出っ張っている形だと、とても好印象ということではないと思います。

それは人間の第一印象は顔の形で変わると言っていいほど、重要なところになっているのですね。

とても顔が整っていたり、落ち着く様な顔の形だと人も自然と集まりやすくなります。

そのおかげで、ある程度のわがままが通ってしまうこともあります。

顔の形が整っていたり、落ち着く形の人はお得なもので、逆にそんな人を見て損している気持ちになる人もいることでしょう。

顔の形に影響する要因とは?

それでは顔の形をいうものは、一体どの様に形成されるのでしょうか?

実は顔の形を作る上で、影響する要因があるのです。

誰しもが当てはまっていることなので、なかなか納得できるものばかりですよ!

生まれる前から決まっているものや、また生まれてから作っていくこともあります。

それではそんな要因にはどんなものがあるのでしょうか?

1.両親の遺伝

人間の体を作るのは、まずDNAです。

それはつまり遺伝子のことで、両親の遺伝が体を作り、そして顔の形を決めるのです。

なので、人間の顔の形は親からの遺伝子が入っているので、とても近しい顔の形になっているのです。

両親のどちらかが丸顔ならば、丸顔になることは多いですし、四角型なら四角型になることでしょう。

それはどの家庭でもそうなので、まず両親の遺伝を受け継いでいると思っていいですね♪

つまり顔の形は生まれてくる前からの影響が強く、そして顔の形を決めるための最たる要因だと言えます。

こればかりはどうしようもないので、まずはその顔の形で生まれてきたことは受け入れたいものです。

後で割りと顔の形は変わっていくものですからね♪

それは後ほど詳しく紹介します。

2.太っているか否か

太っているか否かでも、顔の形は形成されて、また変化して見えます。

太っている場合だと、やっぱり丸顔に見えますし、わりと印象はいいでしょう。

また、太っていない場合だと四角型の人や、輪郭が際立つ顔の人は、よりそうなるでしょう。

なので、それを反対に考えれば痩せている人で、四角型の顔が嫌な場合は、少し太っていくことで、それがなくなっていきます。

骨の周りに脂肪がついた感じになり、顔が丸く見えますね♪

また丸顔が嫌だなー、もっとシュッとしたいなーと思っている人は、太っているのが原因のことがあります。

顔の形そのものではなくて、脂肪が顔の印象を変えているでしょう。

なので、痩せてみたら、意外とシュッとした顔だったなんてことは、よくあることですよ♪

顔の形が変えたい場合は、まず体型を考えてみることがいいとことでしょう。

3.寝方

顔の形は寝方によっても変わってくることもあります。

それは根本的な骨格が変わることはないですが、小顔になったりできるのですよ♪

小顔は骨格が小さいこともありますが、顔がむくんでいたりしないことも大切です。

寝方で顔がむくむと言えば、枕の使用が関係してきます。

例えば、枕を使用しないで寝ていたり、または枕が低い場合は顔がむくみやすいのです。

心臓より高い位置に枕をセットしないと、頬などに体の水分が溜まってしまうのですね。

となると自然と顔がむくんでくるので、それが顔の形を変えていると思います。

「顔が少し大きいなー」といつも思っている人でも、それは顔がむくんでいることが原因で、今の顔の形に影響している要因だとも言えるのです。

それを改善してあげることが、顔の形を本来のものにするきっかけになることでしょう♪

4.表情筋の使い方

表情筋の使い方によっても、顔の形が変わってきます。

普段よく笑っている人ならば、頬の筋肉が上に上がっているので、顔がシュッとしていたりしますね。

またあまり普段笑わない人は、表情筋が下がっている傾向にあるので、顔の形が重たく見えてしまいます。

太っている場合でも、よく笑顔でいる人は顔の印象がいいですよね♪

笑わない人は、顔の印象があまりよくないこともあり、余計に太って見えることもあるでしょう。

なんと言っても表情筋をしっかりと使ってあげると、顔のたるみが少なくなるので、小顔効果もあるのです♪

もし顔の形を変えたいと思っているのであれば、表情を豊かにしたり、よく笑うことで変えていけます。

それは健康的な顔の変え方なので、おすすめでもありますよ!

良くも悪くも、表情筋は顔の形に影響する要因なので、上手く使って顔の形を整えたいものです。

2.骨の形で決まってしまう


そもそも顔の土台、フレームとなるのが骨の形なのです。

生まれつき、骨格というものは形成されていて、それは顔の形も同じことですね。

いくら痩せたり、太っていたりしても、根本にある顔の形は変わらないのです。

しかし、脂肪を落としたり、反対につけたりすることで顔の印象はとても変わっていきます。

なので、骨格を変えることができなくても、顔の印象を変えることは大いにできるのですよ♪

しかし痩せた上で、もっと顔の形を整えたい場合は以下の方法も試している人がいます。

3.骨を削って整形する人までいる

もともとある骨を削って、整形をしてしまうのです。

もっとシャープな顎が欲しかったり、鼻筋を通したかったり、そんなことから顔の骨を削る人もいるのですね。

賛否両論が分かれることでしょうが、顔の形をそうまでして変えたいと思っているのです。

自分の顔の形にそれほど気にならない人も多くいますが、よっぽど嫌な場合や美意識が高い場合はそのような方法をとることもあるみたいですよ。

顔の形のタイプは大きく分けて5種類

顔の形に影響する要因については、いくつか分かることができましたね。

それではここからは、顔の形のタイプについて紹介していきます。

大きく分けて全部で5種類あるので、きっとこのどれかにあなたも当てはまっていることでしょう。

自分の顔の形がどれに当てはまっていて、そしてどんな特徴があるのかを知っていきましょうね!

それを知ることにより、自分の顔をどうすればさらに良く見せることができるのかも考えてみてもいいと思います♪

それでは実際にどんな顔の形があるのかを見ていきましょう。

1.卵型

卵型の顔は、割と一般的な顔だと言えます。

額や顎が過度に広いこともなく、ちょうどいいサイズなのですね。

輪郭も卵のような少し丸みを帯びた感じで、芸能人でも綺麗な人が多いとされています。

印象も良くてステキな顔の形ですし、人気が高い顔の形だとも言えるでしょう。

少し細長い形で、バランスの取れたきれいな卵のような形ですね♪

芸能人で言うなら、女性だと今とっても人気のある女優、石原さとみさんなどが愛されていますよね。

さらに男性で言うならば、スマホのCMでおなじみの松田翔太さんなどが、とても人気がありますよね♪

どちらも美男美女で、やっぱり多くの人から愛される人の顔の形として、卵型が多く挙げられます。

一番理想的とされている

実はこの顔の形は一番理想的だと言われていて、卵型の顔に憧れる人も少なくはないでしょう。

顔の印象がいい人やきれいな人はこの卵型の人が多くて、万人受けする形なのですよ♪

この顔の形も生まれもったものが多いので、なかなか後から作ることは難しいのですね。

なので、より憧れる人も多いのが顔の形で、それを作るのには整形をすることが一番近づける方法だと言えるでしょう。

2,丸型


丸型の顔の人は、日本人には多いことでしょう。

一般的な顔の形として、卵型と同じくらい多いですね♪

やっぱり丸顔の人は落ち着いた雰囲気があり、また穏やかな印象もあると思います。

さらに実年齢よりも若く見えるのがこの顔の形の特徴で、少し幼さのあるタイプだとも言えますね!

若い時に丸顔がいやだと思っている人も、歳を重ねるごとに若々しくみられて、自分の顔の良さに気がつくと思いますよ♪

また日本人は丸顔が多いと分かっていれば、他の人への憧れも強くなりすぎないと思うので、みんな大抵そうだと思ってみましょうね!

【丸顔については、こちらの記事もチェック!】

ふっくらしている

そんな丸顔な人は、実はふっくらしていることが多いですね。

むしろ骨格は卵型や面長だとしても、ふっくらしていることで丸顔になっていることもあります。

こちらは生まれ持った人もいますが、ちょっとぽっちゃりしていて丸顔になってきた人も多くいるのですね♪

なので、自分の顔の形がいやだなーと思っている人は少しぽっちゃりしてみると顔の印象が良く見えると思いますよ♪

脂肪をつけてあげることで、骨格を変えずとも顔全体の印象は変えることができます!

むくんでいる場合も

実はむくんでいる場合も丸顔の人にはあって、丸顔がいやだと思っているのなら、むくみを取ってあげるのがいいかもしれません。

顔のむくみにより、もっとシャープな輪郭が太って見えたり丸顔に見えていたりします。

そのむくみを取って、本来の顔の形を分かることができれば、もっと自分の顔が好きになることでしょう♪

特に顔がむくむ原因として、寝ている時の影響が顔に出ていることがあります。

寝ている時に顔がむくむのは、そもそも寝方があまりよくないことが理由です。

寝方と言っても枕のことですが、枕の位置が低いと、心臓から頬にかけてより水分が言ってしまいます。

そのことから頬に水分が溜まってしまい、むくみの原因となってしまうのです。

また枕を普段寝る時に使用しない人もいますよね。

そんな人は実に顔がむくみやすいと言えるのですよ!

心臓からより高い位置に顔があることで、水分が頬に行きすぎるのを防ぐことができます。

しかし枕がないことによって、顔の位置を高く心臓より高くすることができないので、そのことからさに水分が行って顔がむくんでしまうのです。

丸顔がネックだなーと思っている人や、顔がいつもむくんでいてイヤだと思っている人は、この枕の位置を改善して、さらに枕をしっかりと使うことをおすすめしますよ♪

3.四角型

それほど多いということはありませんが、四角型の顔もあります。

基本的に日本人は丸顔なのですが、女性男性問わず四角型の顔の人はいますね!

本人はあまり気に入っていないことが多いのですが、四角型の顔を好きな人もたくさんいます。

丸顔派?四角派?と分かれることもあるほどで、相手に求める顔の形だとも言えるのですね♪

しかし特徴のある顔の形だとも言えて、あまり角張り過ぎていても異性ウケするとは言えません。

ある程度の四角さが大切で、モテるポイントともなっています。

エラが張っている

エラが張っていることが四角型の顔の特徴です。

エラがほどよく出ていると、その顔つきが好きな人にはたまらなく好きになります♪

また丸顔の人からすると自分と違う顔の形なので、憧れる人もいますね♪

しかし過度に張っていると、目や顔は可愛いのにもったいないと思われることも。

なので、ほどほどにエラがある場合は長所だとも言えるので、大切に思ってもいいですね!

「エラがあるのに可愛い人なんているのかな?」そんな風に思っていませんか?

そんなことはなくて、芸能人でいうなら大島優子さんや安達祐実さんなどがとってもキュートだと思います♪

彼女らの顔にもエラが張っていますが、とてもいい顔立ちだと言えるでしょう。

むしろ可愛い目などが際立ってくれて、よりいい印象にしてくれていますね♪

なので、エラがネックな場合でもしっかりと笑ったり、目をキレイにしてあげることで、顔がキレイに見せるポイントですよ!

平坦な顔に見える

四角型の顔の人は顔の凹凸が少ないこともあり、また四角いことから平坦な顔に見えることもあります。

素朴な顔やしらっとしている顔にも見えるので、コンプレックスに思っている人もいると思います。

しかし、そんな平坦に見える顔はそれが好きな人もたくさんいるのですよ♪

実際に自分が平坦な顔だと思っている人には少しわかりづらいかもしれませんが、自分の顔に特徴があったり、パッとしている顔の人は、そんな顔を求める傾向にあります。

お互いがパッとしているよりも、少し落ち着いた顔の方が居心地や印象が良かったりすることもあるのです!

なので、あなたがもし自分の顔を平坦に見えてしまう顔だと思っていても、好きになってもらえるチャンスなのですよ♪

そもそも日本人は平坦な顔が好きな人も多くいて、恋人にするなら特徴のある顔よりも人気があります。

また平坦な顔なら化粧もしすぎなくても、シンプルなお化粧でステキになると思うので、そのようなところもおすすめなのです♪

4.面長

面長の顔の場合は、きれいな人が多くいますね。

芸能人でもモデルの人だったり女優の人や俳優だったり。

普通の人よりもキレイ目な顔つきだとも言えるでしょう♪

目と目の間が狭かったりと、ネックな部分もありますが、顔全体が長くてスタイリッシュだとも言えますね。

また身長の高い人にも目立った顔の形で、女性には特にそんな人が多いのではないでしょうか?

おでこが広い

面長の顔の形の場合、おでこが広いことがありますね。

顔全体が長めに見えるので、おでこが長いところから来ていることが多いです。

おでこが広いのは女性の憧れでもあるので、面長の顔は女性からの支持が多いことでしょう。

芸能人でいうのであれば、菜々緒さんなどが今有名なのではないでしょうか?

とってもキレイな顔立ちですが、おでこが広く、また顎も程よく長くて面長な顔の形なのですね♪

スタイルのいい人はそのスタイルに合った、美しい顔だと言えるので面長の顔の人はそれを知っておきましょうね!

顎が長い

ただおでこが広いということは卵型でも丸顔でもありますが、面長な顔は顎が長いこともあります。

顎が長くて、またおでこも広いので、自然と顔が長く見えてくるのですね。

顎が長いのは女性の憧れの範囲でもあり、程よくシャープな顎は魅力的だと思います。

コンプレックスになりがちな部分でもありますが、容姿がいい場合、顔がキレイで整っている場合は、長所だとも言えるでしょう。

またメイクで顔をさらにキレイにすることで、コンプレックスの顎もキレイに見せることができるのですよ♪

長いことはネックではなくて、いい顔に見せるためにぜひ活かしてみましょうね!

5.三角形

三角形でも逆三角形の場合の顔の形があります。

この顔の場合は、顎に向かって狭くなっている印象があり、シャープな顔つきだと言えるでしょう。

美人と言われる人に多くて、例えれば、芸能人の黒木瞳さんなどはまさにそんな感じですよね♪

小顔にも見えるので、とても美しい顔の印象があります。

シャープな顎にも小顔効果があり、女性の憧れの顔の形だと言えるでしょう。

顎が尖っている

何より顎に向かって、細くなっていっているので、顎が尖っていることがあります。

少し尖っている方が、顔がキレイにスマートに見えるので男性でもステキだと思います♪

俳優の小泉孝太郎さんなどもそんな小顔で逆三角形なので、顎かシャープで女性ウケもいい顔だと言えるでしょう。

自分の顔が大きいとコンプレックスを感じている人は、この顔の形にしたいと思うことが多いようですね。

少し顔を痩せさせる、脂肪を落とすことによって、その顔の形に近づくこともできるのでおすすめです♪

頬骨が出ている場合も多い

逆三角形の顔の人の場合は、シャープな顎もいいのですが、少し顔の脂肪が少なくて頬骨が出ている場合も多いのです。

ここまでシャープすぎると緊張感のある顔になってしまうので、もう少し脂肪のある顔つきになるのがおすすめです。

そもそもキレイな顔の人が多いので、少し顔をふっくらさせるだけで、より美しく穏やかな顔つきになることでしょう♪

顔の形によって変えた方が良いこととは

様々な顔の形を知ることができましたね♪

大きく分けて、この5種類の顔の形があり、きっとあなたもどれかに当てはまっていたことだと思います。

そんな顔の形が分かったところで、その顔の形によって変えた方がいいことはあるのでしょうか?

誰もが同じ顔の形だとは言えないので、それは必要なことなのですね。

さらに自分の顔の形に合わせたことをしたり、その物を選んだりすることで、顔の形の良さを活かすこともできます。

反対にそれに合っていないと少しもったいないことになるので、ぜひ自分にあったものを選んでいきたいですね!

ここからはそんな顔の形によって変えた方がいいことを紹介していきます♪

1.メイク

メイクの仕方は顔の形によって変わると考えてもいいでしょう。

基本的に顔の形をカバーしたり活かすことができるのがメイクです。

丸顔をシュッとさせたいなら、より輪郭のある顔のメイクをするといいですよね♪

さらに尖っている顎などを隠したいのであれば、それを丸く見せメイクもあります。

また、面長がネックに思っている人もいるかもしれませんが、キレイ目なメイクにすることで、その顔がよりキレイに見えて顔の形が活かされてきます。

また整っている顔であれば、ほどほどのメイクにして、顔の形の良さを無くさないようにもできますね♪

そんな風にして、自分の顔の形に合わせてメイクはしていった方が断然いいのです。

2.メガネ

メガネを選ぶ時こそ、顔の形が大きく出てきます。

丸顔だと四角目のメガネをかけないと、より丸く顔が見えてしまったりします。

また四角い顔の人だと、あまり四角いメガネは緊張感のある顔になってしまうのでおすすめできません。

メガネはとても顔の形を際立てるものなので、顔の形とは逆なメガネをすることで、際立ちすぎることを解消できますよ♪

自分の顔の形とは反対のメガネを選ぶことを覚えておいてくださいね!

3.襟の形

襟の形を顔の形によって変えることも効果があるのですね。

それは自然としていることもありますが、意識して襟を選ぶことで、とっても効果のあることなんですよ♪

例えば、面長の顔の人はタートルネックや襟のある服を着ることで小顔効果があります。

ネックに思っている顎なども、襟で隠せたり、中和したりできるのでおすすめです♪

さらに丸顔の人は、あえて襟なしを選んでみたり、Vネックにすることでシャープな印象を持ってもらうことができます。

デコルテを見せて、より顔の印象を広くすることで、丸顔が目立ちにくくなりますよ♪

4.眉の形

顔の形を印象づけることができるのが、眉の形です。

眉毛を適度に剃ることによって、顔の形が違って見えるのですね。

例えば、丸顔の人で顔をシュッとさせたいのであれば細い眉毛だったり、また少し斜めに向かって眉毛を剃ったりするのがおすすめです。

人間の目線はやっぱり目に行きがちなので、それを考えれば眉毛の剃り方も分かってくると思いますよ♪

顔の形をもう少し丸く、柔らかい印象にしたい場合は眉毛を丸く剃ったり、丸く描いたりして、眉の形を変えてあげれば、その効果は出てくれますよ♪

顔の形を無理に変えないことにおすすめな方法なので、一度試してみてもいいと思います!

5.前髪

顔の形によって前髪も変えることはした方がいいことですね♪

自分のおでこが広い場合はあまり髪をあげると目立ってしまって、顔が長く見えてしまうので、なるべく前髪を伸ばした方がいいでしょう。

また、おでこが狭い人の場合は、これも前髪がなかったら顔がとても狭く感じてしまうので、前髪は作った方がいいですね!

そして、前髪ではかなり顔の形をカバーすることができるのです。

顔が丸すぎる人は、前髪の特にこめかみ辺りを頬くらいまで伸ばしてあげることで、かなりカバーすることができます。

芸能人で言うなら、有村架純さんがとてもいい例だと思います。

画像をどこかで見ることができたらすぐに分かると思いますが、髪を下ろしている時と、顔がはっきりと見える髪型の時とでは、輪郭が全然違って見えるのです。

顔がはっきりと見える髪型の時は、とっても丸顔なんですよね♪

しかし、髪を下ろしていることによって、その輪郭が見事にカバーされています。

可愛い顔がよりしっかりと可愛いくなっているのですよ♪

前髪をうまく使っていて、自分の顔の形をしっかりカバーできている例だと思うので、女性の方は特に参考にしてみてください♪

6.帽子

帽子をかぶる時も、顔の形に合わせて変えた方がよりよく見えますよ♪

まず顔の小さい人は、大きな帽子を被れば被るほど、さらに小顔に見えて可愛いですよね。

どの帽子も似合うといるので、三角形の顔の人には帽子は特におすすめです。

また面長な人や四角型の顔の人は、ニット帽などを被ると顔の長さや、大きさが縮まって見えますよ♪

帽子でおでこから上は隠れて、さらに余裕があるニット帽なら顔がちいさく見えます。

帽子で全体を可愛いくしたら、あとは顔のパーツで特に目に視線が行くので、目がキレイな人、または目をキレイに見せたい人にはニット帽などの帽子を選んでみましょう。

芸能人のYUIさんなどは、顔がものすごく可愛いのですが、顔の形が面長で四角型だと言えます。

しかし帽子を被ったりすることで、見事に面長な顔が小さく見えていて、顔がより可愛いく見えていますよ♪

またエラも少しあるようで、四角型の顔も帽子でカバーされていて、顔の目や鼻に視線が行きやすくなっています。

そのことから、顔の形よりも目線が行くので、エラなど四角型の顔に目が行きにくくなっています!

7.男性の場合はヒゲ

ヒゲについても顔の形によって、変えた方がいいことですね。

ヒゲは誰でも生えるものですが、ある人はあまり生やさない方が似合っていることがあります。

それは丸顔の人です。

丸顔の人がひげを生やすと、余計に顔が丸く感じたり、縮こまっている顔の印象があるので、なるべく生やさない方がいいでしょう。

また丸顔の人は幼い顔の人が多いので、その顔でヒゲを生やしてしまうとなんとも似合っていないことになることがあります。

なので、なるべくヒゲを生やさずに、その丸顔のままでいた方がおすすめできます!

また、逆三角形や四角型の顔の人だと、ヒゲを生やすことをおすすめします。

というのもこのような顔の人は、顎が出ていることがあります。

または少し顎辺りが大きかったり、エラが張っていたりすることもあると思います。

しかし、そこで鼻の下のひげを生やすと目線が下に行きづらくなり、顎とヒゲでうまくバランスの取れた顔になるのです。

顎が出ている人ほど、鼻の下にヒゲを生やすといい顔つきになりますよ♪

あくまで鼻の下がベストで、顎ヒゲは余計に大きく見せてしまうので、そちらは注意してみましょう。

または平坦な顔の人も、ヒゲを鼻の下、または顎に生やすことで特徴のある顔になります。

素朴な顔に少しアクセントがあるので、うまくバランスの取れた顔になりますよ♪

できる男性、モテる男性はこのヒゲのバランスについてよく理解していて、またうまく活用していることでしょう。

なので、男性の場合はヒゲをうまく活用することが、顔の形をカバーする有利な方法なのです。

それぞれの良さを活かそう♪

顔の形について、様々な説明をしてきましたがいかがだったでしょうか?

まず、顔の形を決める要因はやっぱり遺伝にあったようですね。

そして、普段のことからも顔の形ができていることも分かりました。

そのことから、もう少し本来の顔の形に期待できることもあると思います♪

むくんでいる場合などは、むくみをとったり、また脂肪をとったりして、本来のものに直してみてもいいと思いますよ♪

また色々な顔の形の種類がありましたが、それぞれしっかりといい点があるのですね!

さらにそれに憧れている人もいるので、もっと自分の顔の形を好きになってくださいね♪

そして、それぞれの良さを活かせば、きっともっとステキなあなたになると思うので、ぜひ大事にしてくださいね♪