あなたは自分の健康維持に関して何かしらの対策を行っていますか?

私たちが幸せに生きていくためには健康にすることが必ず大切になります。

なぜかと言いますと、病気になった人間は自分の体だけではなく精神的にも不安定な状態になりやすくなるからです。

例えば深刻な病気をしている人間を想像してみてください。

一般的に深刻な病気になってる人を想像して明るい人を思い浮かべる方はいないと思います。

深刻な病気であればあるほど自信をなくして、元気がなくなっていくような印象を持つと思います。

例えばそれがよりわかる例としては、誰しもが一度は風邪にかかったことがあると思います。

風邪にかかった時あなたは普段と同じように明るくて元気な状態でいられますか?

おそらく辛くて何をするにしても前向きな考え方は持ちづらいと思います。

インフルエンザなどの高熱にかかった時には人によっては死を覚悟するほど辛い場面もあると思います。

そのような時に元気でいられるわけがないですし、健康な状態と比べてどうしても何を考えてもマイナスな思考に陥ってしまうと思います。

これは自分の体が辛い、深刻な状況になっているからこそ自分の精神状態も悪くなってしまっているということが考えられます。

だからこそ幸せに生きていくためには自分の健康を大切にして健康維持に努めていかなければいけないのです。

健康維持に大切なのは一般的に考えると食生活であったり、健康維持するための運動です。

これが基本になると思いますが、今の日本は仕事が激務である場合がたくさん存在しており、自分の食生活であったり健康維持に必要な運動が行いにくくなっているのも事実です。

しかしだからといってそれを怠っていると自分の体は深刻な状況になってしまう可能性があります。

なので個人個人が高い意識を持って健康維持に必要な生活習慣を取り入れる必要性があります。

そこで今回は一般的にたくさんの方が該当するデスクワークをテーマにして、デスクワークをしている人に注意してほしい健康対策についてご紹介していきます。

デスクワークを上手にこなそう!

日本には様々な企業が存在していますが、どのような企業にもデスクワークを専門に行っている人間は存在しているはずです。

例えば企業には様々な部署が存在しておりそれぞれの部署がそれぞれの仕事を担っています。

営業部の方であれば基本的には外に出てたくさんの人に触れ合って自社の商品のアピールを行ったりするのが一般的ですし、商品開発部であれば自社の新しい最新の商品を開発するために様々なアイデアや知識を振り絞るのが仕事になると思います。

そして総務部や経理部に関しては一般的に事務作業がメインになりますので、デスクワークが中心になるはずです。

デスクワークを行なっている方の大半は女性の方になります。

もちろん男性の方もデスクワークを行っている人間はいますが、一般的に総務部や経理部に関しては女性の方が多いです。

そしてデスクワークを行っている女性はデスクワークを行うことによる健康被害の悩みを抱えている可能性がとても高いです。

明確な根拠も存在しており、男性よりも女性の方がデスクワークにおける健康関連の悩みを持ちやすいと言われています。

それは男性と女性の体のつくりの違いであり、男性は女性と比べて比較的筋肉がつきやすい体質になりますが、女性は男性と比べて筋肉がつきにくくなっています。

そのような体の違いからデスクワークにおける様々な悩みが起きやすいと言われているのです。

おそらくデスクワークを現在行なっている女性で悩みを抱えているという方は多いはずです。

しかし悩みを放置していても、悪化することはあっても解決することはありません。

なので自らが高い意識を持って健康維持のために今から行動を始めなければいけないのです。

デスクワークに潜んでいる危険性をよく理解した上で、日々のデスクワークを上手にこなす必要性があります。

デスクワークとは?


デスクワークと向き合うためにはまずデスクワークがどのような仕事なのかということを改めて認識する必要性があります。

今現在デスクワーク行っている方は言われなくても十分理解していると思いますが、中にはこれから将来的にデスクワークに関する仕事を行いたいと考えてる方もいると思います。

そのような方はデスクワークがどういう仕事なのかということをよく理解した上で、どのような危険性があるのかということもその内容を踏まえた上で考えていかなければいけません。

ある程度この部分をしっかりと理解しておくことによって将来的にデスクワークによる健康被害を抑えることも可能になります。

なのでデスクワークという仕事がどういうものなのかよく知ることは健康維持にもつながるので、将来的にデスクワークをしたいと思ってる方はまずはこの部分を正しく知識として身につけてください。

殆どを机に向かってする仕事

デスクワークがどういう仕事なのかと考えた時に基本的にはその名前の通り「机の上で行う仕事」という意味を持っています。

机の上で行う仕事に関しては一般的には事務作業であったり、文筆活動など指ししめられています。

世の中にはたくさんの仕事が存在しており、その仕事によって仕事のスタイルは全く変わっています。

今回ご紹介しているデスクワークに関しては先ほどご紹介したように事務作業や文筆活動が主になりますので、基本的にデスクに座った状態でなければ仕事がはかどらないのでデスクについている状態で仕事をこなすスタイルになっています。

例えば建設作業員ならばデスクに座って作業することはまずほとんどありません。

建設現場において建設に必要な材料を運んだり車を運転したり、実際に建設の作業を行ったりするのがメインになりますので、デスクワークの仕事とは正反対の仕事のスタイルとなります。

このように何を行うかということによってどういう仕事のスタイルになるのかという事は大きく左右されています。

そして今の時代に関しては一般的にデスクワークを行うということはただ黙って作業をすれば良いというわけではなく、必要な場合には電話の対応も行わなければいけません。

それ以外にもパソコンを使って何かしらのデータを入力したり、デスクワークの種類によっては専門的な知識を身につけておかなければ仕事ができない可能性もあります。

なのでデスクワークと一言に言ってもデスクワークには様々な種類が存在していますので、同じデスクワークでも全く違う仕事が存在するということが十分に考えられるのです。

デスクワークの具体例


デスクワークの基本的な特徴についてご紹介していきました。

デスクワークと一言に言ってもたくさんの種類のデスクワークがあるので、内容が全く違うということにも触れましたが、ここからはそれを踏まえた上でデスクワークの様々な具体例についてご紹介していきたいと思います。

仕事の行い方としては机に座っているという点は全く違うはないのですが、やはり内容が全く違いますので、全く別の業務と言っても過言ではありません。

自分が将来どういうデスクワークにつきたいのかという事によって身につけるべきスキルであったり、身につけるべき知識なども全く違います。

自分が将来デスクワークに就きたい場合はどういうデスクワークに就きたいのかということをよく考えながら今後の行動を決めていく必要性があります。

事務職

まずはじめにご紹介するデスクワークの種類は事務職です。

世の中のたくさんの女性が行っている仕事に該当すると思います。

事務職に関してはその名前の通り企業の事務関連の仕事の専門的に行う職種になります。

あなたは事務職と聞いてどのような仕事内容を思い浮かべますか?

先ほどご紹介したように一般的には電話の対応を行ったり、パソコンを使って何かしらのデータを入力したりする事が想像されると思います。

人によっては事務職はたくさんの女性が行っている仕事なのでとても楽そうなイメージを持っているかもしれませんね。

しかし、事務職が楽かといえば決してそうではありません。

まず電話の対応を行うということは当然自分の会社の商品に関する問い合わせを受けるということが考えられます。

となると当然自分の会社が販売している商品についてそれらの特徴などを正しく正確に覚えておかなければいけません。

そうなると商品知識を身につけておかなければいけないのですが、自分の会社が1種類だけの商品しか販売していないのであれば大変な作業ではないかもしれませんが、様々な商品を販売している場合はただ覚えるだけでもそれなりの労力がかかります。

またパソコンに関してもパソコンを扱ったことがない方は必ず苦労しますし、Microsoftoffice製品などを使って複雑な処理を行わないといけない場合もありますので、パソコンの基本的なスキルがないと難しいです。

また場合によっては経理などを行う必要性がある場合もあり、その場合は簿記関連の知識を身につけておかないと行うことが出来ない場合もあります。

簿記に関しては資格が存在しており、場合によっては2級以上でないと採用は厳しいという場合もあります。

その他にも、様々な書類などの手続きを行わないといけない可能性があり、それに関する内容で他の部署の人間からたくさんの問い合わせを受けたり、仕事お願いされたりする可能性もあります。

なのでたくさん人間と関わることができるコミュニケーション能力も必要になります。

こうして考えてみると事務職は決して簡単な仕事ではなく、誰でも行えるような仕事ではないということが分かるはずです。

執筆業

次にご紹介するデスクワークの種類は執筆業です。

執筆業と聞くとなかなかどういう仕事なのか想像しにくいかもしれませんね。

しかし執筆業と言ってもたくさんの種類が存在してます。

例えば比較的想像しやすい仕事としては漫画家、webライター、編集ライター、などが存在しています。

漫画家は説明するまでもないと思いますが、何かしらの漫画を描いていく作品であり、作業する場合は必ず机に座って漫画を書くようになりますので、デスクワークが中心になるはずです。

そして今の時代では必ず必要な存在になっているのがwebライターです。

webライターの仕事はwebサイトを作ったり、企業のホームページなどを製作したりするような仕事です。

当然ながらパソコンがなければ行えない仕事になりますのでパソコンの前に座って行いデスクワークに該当します。

そして編集ライターに関しては他のライターが書いた文章などを間違っていないかどうか確認したり、他のサイトの文章などをそのまま使っていないかどうか確認したりするなどのチェック作業などを専門に行っている仕事です。

今の時代ではインターネットを駆使して様々な仕事を行うことができます。

例えば企業自体がキュレーションサイトと呼ばれる様々な情報をまとめて提供するようなサイトを作り、専門のライターが記事を作ってそれをアップし、たくさんの情報を公開して、たくさんの人間がチェックしてもらう事によって発生する広告収入であったり、アフィリエイトなどで利益をあげているサイトはたくさん存在しています。

その小さい歯車の中で様々なライターが存在して執筆業を行っているという事です。

書類を扱う仕事

次にご紹介するデスクワークの種類は書類を扱う仕事です。

書類を扱う仕事はたくさん存在していますが、一般的に考えられるのは行政書士であったり、司法書士などの仕事を想像される方が多いと思います。

これらはどのような仕事かと言いますと、一般的には「法律に則った書類作成をする仕事」を意味しています。

行政と司法と頭についている名前がわかれているのは主に担当している分野の違い、そして書類の提出先の違いを意味しているのです。

例えば行政なら国の機関や都道府県などに提出する書類作成になり、司法なら法務局や裁判所などに提出するような書類作成になります。

これらの仕事に関しては一般的に書類を作成するのが仕事になりますので当然ながらたちっぱなしで動くような仕事ではなく、デスクに座った状態で仕事を行うのが一般的になります。

なので書類を扱う仕事は大部分のものがデスクワークに該当すると判断することができます。

SEやプログラマーなどPCを使う仕事

次にご紹介するデスクワークの種類はSEやプログラマーなどPCを使う仕事です。

SEやプログラマーなどに関してはパソコンを使うのが絶対的な仕事になりますので、パソコンがない環境で仕事を行うということ自体がまずほぼありません。

パソコンを立ちながら操作するような人はいないと思いますのでこれらの仕事に関してもデスクワークということになります。

これらの仕事はかなりハードな仕事として知られており、パソコンに向かい続けて延々とにらめっこするのが仕事と言っても過言ではありません。

ある程度知識がある方なら分かるかもしれませんがプログラムを組んだりするとなると画面に描かれている様々な英数字などをずっとチェックしなければいけない環境になります。

ちょっとしたミスをしているとバグが発生したり、プログラムが作動しなかったりするので、それが命取りになるからです。

また仕事に関しても納期などが設定されており、膨大な作業をしなければいけないのに納期が短いという事も日常茶飯事です。

長時間労働でありながらなおかつパソコンと向かい続けるので精神的にも肉体的にも悲鳴があがる仕事です。

デスクワークをしている人に注意して欲しい4個の健康対策

ここまでは基本的なデスクワークの種類についてご紹介していきました。

デスクワークと一言に言っても様々な仕事が存在するということがおわかりいただけたと思います。

しかしあくまで先ほどご紹介したデスクワークの仕事に関しては一例にすぎません。

突き詰めて考えてみるとその他にも様々なデスクワークの仕事が存在しています。

なので今現在デスクワークの仕事を行っている方はかなり多いと思いますが、デスクワークを行っているのであればデスクワークの仕事だからこそ現れやすい健康被害に関する対策が必要になります。

デスクワークの仕事は椅子に座って良い環境の中仕事ができるので絶対に楽だと思ってる方がいるかもしれませんが、デスクワークの仕事の辛さはデスクワークをしている人にしか分かりません。

きちんとした健康対策を行っていなければ体を壊してしまったり、デスクワークができなくなったりする可能性も十分考えられます。

長く健康的な生活を行うためにもデスクワーク行っている方は、これからご紹介する健康対策について積極的に取り入れるようにしてください。

1.腰痛対策

まずはじめにご紹介するデスクワークをしている人に注意してほしい健康対策は腰痛対策です。

デスクワークを行っている方は長時間椅子に座ってパソコンに向かい合っている状態で仕事を続けています。

このような姿勢を取り続けることによって自分の体に健康被害が生じやすくなるのですが、引き起こされる健康被害の中でもかなり割合が多いのが腰痛です。

座っているのになぜ腰が痛くなってしまうのかと不思議に感じる方もいるかもしれませんが、健康維持するためには適度な運動が必ず必要になります。

運動するという言葉に自分の身体の筋肉を動かすということになりますよね。

しかしデスクワークの仕事を行っていると筋肉を動かすようなことはあまりありません。

動かすとすればパソコンのマウスを操作したりする利き腕くらいで、それ以外の筋肉はそこまで動かさないのが一般的です。

しかしこのような状態が長くなってしまうと筋力低下を招いたり、同じ姿勢を取る事によって体の中に流れている血の巡りが悪くなってしまう。

そしてパソコンを扱うということでどうしてもパソコンを使っている時には顔を前のめりにしやすい姿勢を取ります。

このような間違った姿勢を取り続けることによって猫背になりやすくなってしまいます。

猫背になることによって自分の体の首や肩などが凝ってしまうような事も起きやすくなり、そこからさらに血行不良などを招いてしまうようになってしまいます。

まさに悪いことが延々と続いていくループが始まってしまいますので、必ず根本的な原因を把握してそれを改善する必要性があるのです。

何時間も座り続けず、随時立ってストレッチなどをする

腰痛対策として行なっていただきたい方法としてはどうしてもデスクワークの方が同じ姿勢を何時間も取り続けてしまいますので、自分の体の血の巡りを良くするためにも時折休憩を取って、椅子から立ち上がり自分の体を適度に動かすことが大切です。

体を動かすことによって血の巡りを良くする効果としっかりと体の筋肉を動かすことによって筋肉の凝りをほぐす事もできるようになります。

なのでしっかりと自分の体の筋肉を柔らかくすることができるストレッチなどを取り入れると大きく効果を見込むことができます。

また腰痛が発生してしまう原因の一つとして自分の背骨を支える筋肉が衰えてしまうことが指摘されています。

その筋肉は一般的に腹筋や背筋などがメインになっているのですが、それ以外にも体幹と呼ばれている体の中の内側の筋肉、つまりインナーマッスルなどを鍛える必要性があります。

仕事中に自分の筋肉を鍛えることはなかなか難しいと思いますので簡単なストレッチなどを業務の中に取り入れていただくと健康を維持することが出来るようになりやすいです。

なかなか座ったストレッチはできないと思いますので、椅子に座った状態で出来るストレッチがおすすめです。

方法は椅子に座った状態で椅子の背もたれからやや離れて座った状態で背筋を伸ばしてください。

そして足の裏やお尻を犯さないようにした状態で背もたれを掴んだ手と太ももに追い立ての力でからだを思いっきりひねってください。

それを交互に行っていただくことによってストレッチを行うことが出来るようになります。

心地よいクッションなどを利用する

腰痛対策の一つとしてあまりにも自分の腰が痛くて業務に集中できないという場合は心地よいクッションなどを利用するのも一つの方法です。

クッションを利用するとますます姿勢が悪くなってしまうのではと危惧してしまう方もいるかもしれませんが、最近はとても便利なクッションがたくさん販売されており、オフィスで使用することができる骨盤矯正クッションなども販売されています。

このようなクッションを利用することによって自分の負担を緩和しながら、間違った姿勢を矯正してくれる効果も得ることができます。

いつまでも悩み続けるよりもちょっとした出費を行って、このような便利グッズを購入すればすぐに悩みから改善される可能性があります。

矯正クッションと言っても色味やデザインなどもインテリアとして十分活用することができるようなおしゃれなグッズがたくさん存在しており、オフィス以外にも自宅や車の中でも活用することができますので一つくらいは購入しておけばいつでも好きな時に利用することができると思いますよ。

2.目の疲れに注意

次にご紹介するデスクワークをしている人に注意してほしい健康対策は目の疲れに注意するということです。

デスクワーク行っている方の大半の方が細かい作業を行ったり、パソコンに迎え行ったりする場合がほとんどだと思います。

細かい作業する場合はどうしても目を集中的に使いますし、パソコンに関しても長時間パソコンを見続けることによってパソコンから発せられるブルーライトなどの影響でどうしても疲れが溜まってしまいやすいです。

目が疲れてしまうことによってそこから肩こりが発生したりする可能性も十分考えられ、他の悩みを誘発してしまう可能性もありますので早めに対処することが求められます。

しかし逆に考えれば目の疲れを改善することによって他の悩みを一緒に改善することができる可能性もあるかもしれませんので、健康維持を考える上で目の疲れに気を配ることは、絶対に大切なことであるというのは覚えておいてください。

充血や乾燥対策のため目薬を使おう

デスクワークをしている方で目の疲れを感じている方はまず自分の目の状態を確認してみてください。

人によっては目が充血してしまいやすくなっていたり、目が乾燥して作業するのが辛くなってしまっているという状態があると思います。

目がしょぼしょぼしたりするような人はパソコンなどを長時間見続けてしまっていることによって目の血行が不良になっている可能性が考えられます。

しかし安心してください、血行不良になってしまっているということは血行の流れを良くすることによって改善するということが十分考えられます。

でも血行の流れを良くするためにはどのようにすれば良いのかと言いますと、温度を温めれば改善する可能性が高くなります。

なので蒸しタオルであったり、専用のアイマスクなどを使ってそこに熱を発生させるようにすれば目の血行不良を良くすることが可能になります。

蒸しタオルに関してはタオルを濡らした家を出て電子レンジで温めればすぐに作ることができます。

専用のアイマスクに関してはドラッグストアなどで購入することができますので、休み時間などに使えばすぐにリラックスすることが出来ます。

そして目が充血してしまっている場合や乾燥の場合は、炎症が起きてしまっている可能性もありますので、目薬を使うようにしてください。

目薬でも種類があり、充血・炎症の時、コンタクト使用中の時、防腐剤がはいっていないものなどたくさんの種類があります。

自分に合った方法を試すようにしてください。

3.足のむくみ対策

次にご紹介するデスクワークをしている人に注意してほしい健康対策は足のむくみ対策です。

デスクワークを行っているとどうしても同じ姿勢を取り続けてしまいますので足がむくんでしまう方が多いです。

なぜ足がむくんでしまうのかということを考えた時に、原因なっていることとしては血液の流れが悪くなってしまうことによる血行不良である可能性がとても高いです。

血行不良になってしまうと様々な問題が発生しますがむくみをその一つとして知られています。

女性の方は特に足がむくんでしまいやすくもなっていますので、デスクワーク行っている方は定期的に自分の足のむくみ対策を行うことで綺麗な足を維持する事ができるようになります。

女性の方は自分の外見なのに気を使っている美意識の高い方が多いと思いますので、足がむくまないように定期的にケアを行っていきましょう。

時々ふくらはぎをマッサージしよう

足のむくみの対策に関してはやはり一番おすすめなのマッサージを行うことです。

足がむくんでしまうのは血行不良が原因であると先ほどご紹介しましたが、血行不良が進んでしまうことによって自分の体の中に老廃物が溜まってしまうということになります。

老廃物に関しては早く流してあげないと様々な弊害が起きやすくなってしまいますので、それを流すためにリンパマッサージを行っていただくのがおすすめです。

できればこれを仕事がある日は毎日行っていただくことによって老廃物の流れを促して新陳代謝も高くなるようになりますので美しい足が手に入れられるようになると思いますよ。

リラックスできる香りのマッサージオイルなどを使うと、癒やしの効果も期待できます。

自分のお気に入りの香りでマッサージするのを習慣にしましょう。

4.太らないように注意する

次にご紹介するデスクワークをしている人に注意してほしい健康対策は太らないように注意するということです。

デスクワークは一般的な仕事と比べて消費カロリーが極端に少なくなります。

体を動かさないということが大きく関係しており、デスクワークに転職した後に太ってしまったという方はかなり多いと思います。

もちろんそれ以外にも様々な問題が原因で太りやすくなってしまっていることが考えられますのでその点は注意した上で太らないように食事管理を行っていかないと不健康な体になってしまうことが考えられます。

代謝が悪く太りやすくなる

デスクワークがなぜ太りやすいのかと考えた時に、先ほどご紹介した消費カロリーの要素の関連していますが、代謝が悪くなることによって自分の体が太りやすくなるということも十分考えられます。

なので自分の新陳代謝を良くするためにしっかりとマッサージを念入りに行う必要性があるということと、やはり元々の仕事自体がカロリー消費がされない仕事になりますので、他の仕事に比べて運動を取り入れることによって自分の体質を改善することも可能になります。

どうしてもすわりっぱなしになりますので足の筋肉の低下してしまいますし、人間の体は足の筋肉が全体の筋肉の大多数の割合を占めています。

この足の筋肉が低下してしまいますと基本的な消費カロリー自体が下がってしまう傾向にあります。

なので有酸素運動などのランニングであったり、筋肉を鍛える筋肉トレーニングなどをメニューの中に取り込むことによって基礎代謝を上げて消費カロリーを高めることもできるようになります。

筋肉をつけることによって健康的な生活を手に入れやすくなりますので、仕事の同僚と一緒にジムに通ったりするとモチベーションも上がると思いますよ。

積極的に体を動かそう!

今回はデスクワークをテーマにして、デスクワークをしている人に注意してほしい健康対策についてご紹介していきました。

デスクワークが確かに体力を消費しない仕事にはなりますが、体力を消費しなくても同じ姿勢を取り続けて体が辛くなったりする事は十分考えられる仕事です。

きちんとしたケアをしないと様々な悪い要素が積み重なっていき取り返しがつかないことになってしまう可能性があります。

少しでも自分の体の健康のことを考えるのであれば、何もしないのではなく自分にできることを少しずつ継続して行なっていくことが求められます。

どんなに改善に関して良い方法だったとしても継続できなければ意味がありません。

デスクワークを行い続けるということはこれらの健康対策も行い続けるということが必要になりますので、自分が継続できるように何かしらの工夫を設定すると良い健康的な体を維持しやすくなります。

いつまでも健康でいることが幸せにも繋がりますので、健康のためにできる事を積極的に行ってみてください。