あなたは貯金に関して興味がありますか?

これは人によって大きく考え方が変わるものになると思います。

もらった給料をある程度貯金に回しているという方もいれば全く貯金に回さずにもらった給料そのままその日に使い切ってしまっている人もいると思います。

特に若い年代に関してはもらっている給料自体がかなり少ないということもありますので、どうしても貯金に回す余力が残っていないということも原因の一つとしては十分考えられます。

しかし意識の高い方は給料が低い場合でも一万円だけは貯金するという決まりを作って行動している人も多いです。

貯金をしていない人が貯金をするということの重要性に気づいていない、もしくは自分にとってあまりメリットがないことだと思っている方が多いかもしれません。

しかし年齢を重ねていくことによって様々な場面で急に必要なお金がいるという状況が生まれやすくなります。

この時に貯金をしていなければ、いま自分がもらっている給料の内から支出しなければいけないのでどうしても何かあった月は財政状態が厳しくなってしまいます。

なので、ある程度常に貯金を行っておき余力を残しておく必要性は十分あり得ると考えることができます。

しかしそれを十分把握していたとしてもこまめに毎月貯金をするということがどうしてもできないという方も中にもいると思います。

そのような方にはまとまった金額を貯金するのではなく、ちょっとした金額を貯金することをおすすめします。

ちょっとした金額があればまとまったお金が必要になりませんし、こまめに気付いた時に貯金をすることができるようになりますので気づいたら溜まっていたということもあると思います。

そこで今回は500円貯金をテーマにして、500円貯金行うメリットやデメリット、そして最終的な使い道についてご紹介していきたいと思います。

500円玉貯金、はじめてみませんか?

既に現時点で500円玉貯金を行っているという方はいらっしゃるかもしれませんね。

500円玉貯金に関しては一般的な貯金と比べて納める金額がかなり少ない金額になりますので気づいた時に気軽に貯金をすることが可能になります。

いちいち貯金用の口座にお金を振り込んだりするのが面倒だと感じている方は、五百円玉貯金箱を自宅に置いておくことによって自分の財布を確認した時に500円玉が入っていればすぐに貯金をすることができるのです。

そこまで手間がかからないということもありますので気づいた時にポンポンと行うことができますので気づいたらかなりお金が貯まっていたということもかなりあり得る状況になります。

少額なので、毎月の会社からもらっている給料が少ないという方でも500円程度なら貯金をすることはそこまで難しくないことだと思います。

もちろん現時点で毎月貯金をしているという形においても500円玉貯金をする上でメリットはたくさんあります。

例えば本来毎月貯めている貯金に関してはどうしても必要なまとまった金額の時に使用するという考えを持っておき、500円玉貯金に関してはちょっとした自分に対する贅沢のために使うという風に取り決めを行っておけば、いざという時に向けて無駄なお金を使わずに貯金に回すことができるようになります。

ちょっとした考え方や工夫次第でこのようにお金を貯めることは簡単にできるようになりますので、どうしてもお金がたまらなくて困っていると考えている方は500円玉貯金を始めてみるとそんなにお金が貯まる可能性もありますよ。

500円玉貯金のメリット・デメリット

大きな貯金はどうしても負担がかかりますが、少額の貯金ならそこまで負担がかからないということをご紹介しました。

これは紛れもなく500円玉貯金をする上でのメリットになります。

しかしメリットがあるということはデメリットも存在しているということです。

500円玉貯金を行う上で自分にメリットとデメリットを把握しておかなければいざという時に困ってしまう可能性もあります。

こんなはずじゃなかったのにと貯金してから思ってしまうと後悔につながってしまいますので、なるべく500円玉貯金を始める前にメリットとデメリットの部分を正しく把握しておくことによってそれを防ぐことが可能になります。

どうせやるなら後悔しない行為にしていただきたいのでこの機会に500円玉貯金のメリットとデメリットを把握してみてください。

メリット


まずはじめにご紹介していくのは500円玉貯金のメリットに関してご紹介していきます。

そもそも本質何を考えてみると500円玉貯金をする上で一般的にはメリットの方が大きく感じると思います。

なぜならば貯金をするということは無駄なお金を使わずに将来に向けて必要な時に使うというためにお金を貯める方法になりますので、自分の財産がどんどん増えていくという行いになります。

すなわち自分の財産が増えていくということは自分にとって損になるようなことは本質的には存在しないと考えることができます。

お金がたくさんあって嬉しいことがあっても困るようなことはなかなかないですよね。

なのでそれを踏まえた上でまずは500円玉貯金をするメリットについてよく考えてみてください。

モチベーション維持

まずはじめにご紹介する500円玉貯金のメリットはモチベーション維持することができるということです。

これはどういうことかと言いますと例えば毎月貯金を行うと考えた時にある程度まとまった金額の貯金を行っていることを仮定してみると、どうしてもまとまった金額を毎月貯金するというのは人によっては負担に感じてしまいやすいものになります。

ある程度年齢を重ねてそれなりにもらっている給料も増えている状況であれば貯金をしても痛くもかゆくもないかもしれませんが、もしもそこまで年齢を重ねておらず会社に就職したばかりの状況を想定してみると毎月もらっている給料はかなり少ない状況になると思います。

ただでさえ少ない給料なのにそこからまとまった金額を貯金に回すとなるとどうしても毎月辛い思いをしてしまう可能性もありますし、若い年代の方は欲しいものなどもたくさんある場合が多いのでお金をもっと自由に使いたいという欲求が爆発してしまいやすくなってしまいます。

それによってモチベーションの維持することが難しくなってしまうのですが、それがもしも500円玉貯金に変わったか考えればどうでしょうか。

おそらく金額的にも少ないですし、なおかつ自宅に貯金箱置いておけば貯金をするのも一瞬で終了しますよね。

そして500円玉貯金は実際にお金をどんどん入れることによって貯金箱がどんどん重量ましていき、ずしりとした感覚を楽しむことができるようになりますので、お金をたくさん貯金すれば貯金するほどモチベーションがどんどん上がっていくように感じやすいです。

実際に手にとってその重さなどもわかるようになりますので、通帳の金額を見るよりも実際に肌で感じやすいのです。

これらのことから500円玉貯金に関しては一般的な貯金よりもモチベーションを継続していきしやすいという判断をすることができます。

なので500円玉貯金を積極的に行うことによってどんどんお金を貯めることができるというメリットにつながります。

貴重な硬貨に巡り合える

次にご紹介する500円玉貯金のメリットは貴重な硬貨に巡り会える可能性があるということです。

これはどういうことかと言いますと、知っている方もたくさんいると思いますが私たちが使っている硬貨の中には実はレアな硬貨が存在しているのです。

一般的に広く認知されているレアな硬貨としてはギザ10という名前を聞いたことがありませんか?

これは10円玉の中でも縁の部分がギザギザになっている10円玉を指し示している言葉です。

この10円玉は10円玉でも実際はものによっては100円の価値があると言われています。

そしてギザ10に関しては1951年から1958にかけて製造された10円硬貨を指し示しています。

なのでこれと同じように500円玉の中にはレアな500円玉がある可能性があるのです。

具体的にどのような500円玉がレアなのかと言いますと、昭和62年に発行されたものと昭和64年に発行されたものが価値があると言われています。

具体的にどれぐらいの価値なのかと考えた時に昭和62年に発行されたものは今の金額にして1500円程度、そして昭和64年に発行されたものは600円程度の価値が存在していると言われています。

そしてそれぞれどれくらい発行されているのかと言いますと、昭和62年に発行されたものは277万枚、そして昭和64年に発行されたものは1600万枚発行されていると言われています。

なので500円玉貯金を継続して行なっていけばこの年代に発行されたレアな500円玉を確認することができる可能性もあります。

なので単純にお金を貯めるということだけではなく考え方を変えてみれば宝物をどんどん見つけていく作業という風にも考えることができます。

このようにして何かしら本来の目的とプラス別の目的を兼ね備えてみるとどんどん貯金することが楽しみになっていき、最終的にたくさんのお金を貯めることも出来ますしモチベーションを高く維持することも可能になると思いますよ。

デメリット


ここまでは500円玉貯金を行う上でのメリットについてご紹介していきました。

先ほどご紹介したように貯金をするということ自体がマイナスになるようなことは原則としてありません。

なぜならばお金が手元にたくさんあるのとお金が手元にない状態を比べるとどう考えたとしてもお金が手元にたくさんある方がメリットになるからです。

しかし今回ご紹介するデメリットに関しては500円玉貯金を行うという貯金方法についてのデメリットになります。

なのでその部分を念頭においていただいたので500円玉貯金をするデメリットについてよく考えてみてください。

この部分をしっかりと考えておかないと後悔することになる可能性がありますので、後悔しないためにも必ず事前にチェックするようにしてください。

葛藤が生まれる

まずはじめにご紹介する500円玉貯金を行う上でのデメリットとして葛藤が生まれるということです。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介したメリットの部分が反対にデメリットに感じてしまうということになるのですが、もしも口座に貯金をしているのであればお金を使う場合は口座から引き出して現金を手元に揃える作業が必要になります。

それなりに手続きをしなければいけないのですが、500円玉貯金に関しては自分の身近な自宅に貯金箱があるので、どうしてもそのお金の方が目につきやすくなってしまうということです。

さらに、そもそも口座に貯金がない場合は、いっぱい溜めようと思ったのに、どうしても今お金がない状態だからこれをちょっとだけ使いたいという風な葛藤が生まれやすいということになってしまうのです。

なので考え方によっては身近においているからこそ葛藤が生まれてその葛藤といちいち戦わなければいけないのでストレスが溜まってしまいやすいということも考えられます。

またそれ以外にも、例えばどこかで買い物をしようと思った時に気づいたら財布にお金が全く入っていなくて500円玉しかない状況ということが時々あると思います。

このような場面で500円玉を使うことに関してためらったりする場合もあり、いちいちお金を使う時に考えて使うのが面倒臭いと感じるようになる可能性もあります。

などで様々な場面で細かい葛藤が生まれや水という事がデメリットに繋がる場合があるのです。

利息が付かない

次にご紹介する500円玉貯金を行う上でのデメリットとして利息がつかないということです。

これはどういうことかと言いますと一般的に私たちは銀行口座にお金を入れていた場合一定周期でその口座に入れていた貯金分、利息を受け取ることが可能になっています。

例えば例を挙げるとすればまず楽天銀行を考えてみましょう。

楽天銀行に関しては利息入金時期が3月と9月になっており、金利に関しては0.100%となっています。

つまりもしも口座に100万円を入れていると、年利で考えると一年間で1000円の利息がつくようになります。

具体的にはここから税金が引かれて若干少なくなるのですが、それでもお金が入るという事に関しては間違ってはいません。

しかし自宅で貯金を行っている場合は当然銀行に預けているわけではないので利息が発生するわけがありません。

なので銀行に預けずに貯金をするということを考えると利息を受け取るチャンスを逃してしまっているということになります。

日本に関してはかなり金利が低い国としても知られているので、たった少しくらいなら特に気にしないという方もいるかもしれませんが、人によってはこれがもったいないと考えるような方もいると思います。

なので、少しでももったいないと感じる様なのであれば500円玉貯金を行うよりも実際に銀行などで預けておく貯金を採用した方が利息をもらうことができますので、自分自身の考え方によって貯金方法を変更する必要性があります。

貯金箱が増える

次にご紹介する500円玉貯金を行う上でのデメリットとしては貯金箱がどんどん増えていってしまうということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますとある程度ならない期間500円玉貯金を積極的に行った場合、気がつけばかなりの500円玉を貯金することが可能になっていると思います。

しかし500円玉貯金を行っていると当然いつか貯金箱がパンパンになってしまう可能性がありますので、そうなった時に代わりの貯金箱を用意しなければいけません。

新しい貯金箱を使って貯金を行っていくと当然いつかまたパンパンになってしまうのです。

なので長い年月をかけて行えば行うこと貯金箱が自宅にどんどん増えていくことになり管理するのがだんだん面倒くさくなってしまったり、スペースが余計に必要になるので置き場所に困るというデメリットが存在するのです。

人によってもたくさん並んだ500円玉貯金箱を見て満足感を感じれる方もいるかもしれませんが、部屋のインテリアを気にしているような方だったり、荷物になってしまうようなことを嫌う方であれば賛同できないかもしれませんのでその点は事前に考えておかなければいけません。

安全性に欠ける

次にご紹介する500円玉貯金を行う上でのデメリットとしては安全性に欠けてしまうということです。

これはどういうことかと言いますと、銀行口座などに貯金しておくことによって自宅に現金を保有せずにお金を貯めることができるのですが、500円玉貯金を行う場合は自宅に現金を置くということになってしまいますので、何かしらの被害に遭ってしまう可能性があるということです。

例えば自宅に泥棒が入ってしまったとすればあからさまに貯金箱の形をしていれば真っ先に狙われてしまう可能性が高いですよね。

人目につかないような場所に置こうと思っても毎回毎回細く貯金を行っていく500円玉貯金のスタイルであれば、いちいち隠されたところに入れに行ったりするのがめんどくさくなると思いますので、どうしても慣れてくると手の届きやすい所に置いてしまいがちになってしまいます。

そう考えてみると泥棒に入られると必ず一発アウトになる可能性があります。

そういった点ではやはり直接口座に貯金をするよりも安全性には欠けてしまうということが考えられます。

自分は泥棒に入られないから絶対に平気だろうと思っている方でも、実際に泥棒の被害を受けている方はみんなそのように思っているはずです。

なので自宅のセキュリティが若干甘いと感じている方はあまり自宅に現金を置いておくことはおすすめできませんので、心配な方は必ず口座に貯金をした方が安全であるということは念頭に置いた上で判断するようにしてください。

500円玉貯金の使いみちは?

ここまでは500円玉貯金を行う上でのメリットとデメリットについてご紹介していきました。

こうして考えてみると500円玉貯金に関しても意外とデメリットが存在するということに気がつけたはずです。

つい私たちは目の前のことにしか目がいかなかったりする場合が多いのですが、物事の本質などを考えた時に様々な因果関係によって自分の予想外の事態が起きる可能性もあるということは承知しておかなければいけないといことです。

それを理解いただいた上でここからは500円玉貯金の最終的な使い道についてご紹介していきたいと思います。

今もしも500円玉貯金を行っている方であれば、貯金箱が満タンになったらどういったことに使いたいと想像していますか?

貯金箱によってサイズが違うかもしれませんが一般的には10万円のサイズや30万円のサイズなどが決まっている場合が多いと思います。

人によってはそのまま継続して貯金を届けるという方もいるでしょうし、毎日コツコツ貯めたお金をパンパンになったら躊躇なく思いっきり使いたいと考えている方もいると思います。

これは本人が自由なのでどんな事にでも使っても良いと思いますが、人によってはどういうことに使うか悩んでしまう方も多いと思いますので、具体的にどのような使い道があるのかということをご紹介していきます。

新婚旅行

まずはじめにご紹介する500円玉貯金の使い道として新婚旅行が挙げられます。

500円玉貯金がたっぷりと貯まったらそれなりの金額になりますので、場合によっては旅行に行くことも十分可能になります。

10万円でもそれなりに十分旅行に行けますし、海外などになればもう少しかかる可能性もありますが、他は手出しで行けば十分な足しにできると思います。

新婚旅行に行くにしては本来それなりに金額が変わったりする場合もありますので、どうしてもある程度お金がたまっている状況でなければ楽しむことができないですよね。

なのでそれなりに貯蓄があれば心配するのことなく旅行を楽しむことも出来ます。

醍醐味として夫婦でお金を貯めていくという共同作業することによって、二人の意識を常に近い状態にすることもできますよね。

同じ目的を共有して頑張っている姿をお互いに確認し合うことによって絆も深まるようになると思います。

なのでその状況を感じながら一緒にお金を貯めて最終的に二人で旅行に行けば円満な楽しい旅行を満喫することもさらに可能になると思います。

貯めるまでの過程も楽しいものになると思いますので新婚の方には500円玉貯金を積極的に行って頂いて二人の大切な思い出づくりのために使っていただくと、魅力的なお金の使い方ができるようになると思います。

結婚式

次にご紹介する500円玉貯金の使い道として結婚式が存在しています。

結婚式に関しては本来それなりに金額がかかってしまうものになりますので、500円玉貯金だけでは足りない可能性もあります。

先ほどご紹介した新婚旅行と同じように、それなりに十分な足しにすることが出来るようになりますので、負担を軽くするために使えば十分効果を発揮してくれると思います。

事前に結婚を決めておいて、挙式を挙げるまでの間に貯金を開始するとお互いに楽しく貯金を行う過程も楽しむことができるようになると思います。

しかし事前に500円玉貯金の使い道を結婚式に使おうねという約束をしておきながら、お金がない時にこっそり使っていたりするようなことがあった場合は絆にヒビが入ってしまう可能性がありますので十分注意するようにしてください。

ライブのチケット

次にご紹介する500円玉貯金の使い道としてライブのチケットに使うという方法もあります。

500円玉貯金の使い道のおすすめとしては普段使わないようなことなどに使ったりすることがおすすめです。

いつも使ってるようなことにお金を使ってしまうと、わざわざ貯金をした意味もないですし、普段使っている感覚と同じような場合になってしまいがちですので、普段と違うということをモットーにして考えるとライブのチケットなどはかなりおすすめの使い道です。

これに関してはもしも一緒になって貯めてくれるような存在の恋人がいる場合は二人で行けば大切な思い出を作る事も可能になります。

満タンになるまで貯めることによって、それなりに金額も大きくなるのでチケットだけなら余裕で購入できる金額になり、余った分は一緒にディナーなどを楽しめればちょっとリッチなお休みを満喫することも出来ると思いますよ。

各種支払い

次にご紹介する500円玉貯金の使い道として各種支払いという方法があります。

これに関してはちょっと夢がないように感じるかもしれませんが、生活をしていく上でどうしても毎月必要な出費というものは存在しています。

特に支出の中で大きい部分といえば、家賃であったり、車、家などのローン、車検などが該当すると思います。

こうして考えてみるとかなりまとまった金額が必要になる時もありますので、そのような時に今まで溜めた500円玉貯金を使ったりしてみるとお得な気分になれると思いますよ。

欲しいものを購入する

次にご紹介する500円玉貯金の使い道として欲しいものを購入するという方法が存在しています。

これはかなり一般的な使い道にわかると思いますが、頑張って自分なりに貯金をしたご褒美どうして自分が今欲しいものを購入する資金に充てることによって満足なお金の使い方ができるようになると思います。

欲しいものがなければもちろん欲しいものが見つかった時に使うようにしてみれば有意義に使うことができると思います。

ある程度高価なものに関しても気軽に購入することができる金額になっている場合がありますので、普段は買えないようなものも積極的に買ってみると良い経験をすることができると思います。

500円玉貯金を行うコツ

ここまでは500円玉貯金の使い道についてご紹介していきました。

あくまでこれらは使い道の中の一つの選択肢であり、まだまだ様々な使い道が存在していると思います。

自分なりに好きな使い道を見つけて、後悔しない使い道にしていただければどれも失敗はないと思いますので、何に使うか考えながらお金を貯めていくとモチベーションも維持しやすいと思いますよ。

そしてここからは500円玉貯金を行う上で大切な、貯金を行っていくコツについてご紹介していきます。

どうしても今までお金を貯めるということができなかったという方は、ちょっとした工夫を行うことによって500円玉貯金を継続して行うことができやすくなるかもしれません。

今までチャレンジして挫折を経験してしまった人にこそ確認していただきたい項目になりますので、また改めて500円玉貯金を頑張ってみようと思っている方は参考にしてみてください。

タバコをやめる

まずはじめにご紹介する500円玉貯金を行うコツとしてはタバコをやめるということです。

あなたは今現在タバコを吸っていませんか?

もしもタバコを吸っているという方は健康にも良い影響はありませんし、貯金をする上で妨げになってしまう可能性がありますので、タバコをやめて健康的な生活を送ることをお勧めします。

タバコをやめることによって健康的な生活を手にするだけではなく、500円玉貯金を積極的に行いやすくなります。

なぜならば現在販売されているたばこの大部分は400円台後半の金額となっていますので、500円玉がちょうど消費されやすい金額になっているからです。

たばこをやめる事でお金もたまりますし、お財布の中に500円玉が貯まりやすくもなりますので、積極的にチャレンジしてください。

水筒持参

次にご紹介する500円玉貯金を行うコツとしては水筒を持参するということです。

あなたは職場で何かしらの飲み物を購入していませんか?

もしも職場で飲み物を購入する頻度が高い場合は水筒持参することをお勧めします。

特に夏の時期に関してはそうですが喉が渇いてしまいがちな季節こそ水筒持参することによって職場で購入する飲料水を減らすことができ、その分お金を余らせることができるので貯金に回すことができやすいのです。

ある程度大きさのあるペットボトルに関しては150円程度の金額がかかってしまいますし、缶コーヒーに関してもそれと同等の値段が必要になります。

そう考えてみると良い一日に二本購入するだけでも300円近い金額が必要になります。

これを水筒持参でかからないようにすれば一日300円が浮きますので、500円玉貯金がはかどるようになるはずです。

ちょっとした工夫でどんどん貯金しやすい環境を作り上げることが出来ますのでおすすめです。

現金で買い物する

次にご紹介する500円玉貯金を行うコツとしては現金で買い物するということです。

これはどういうことかと言いますと、普段買い物をする時にクレジットカードを使っていませんか?

クレジットカードを利用することによってお金を持ち歩かなくてよいというメリットがありますが、現金を使わないとお金を崩すことも起こらないので、一向に500円玉が生まれる気配がなくなってしまいます。

500円玉が財布に存在していないと貯金に回すことができないので結局た貯まらないということにつながります。

なのでクレジットカードを使うのではなく現金でお買い物をするように心がけてください。

500円玉貯金、さっそく始めよう!(まとめ)

今回は500円玉貯金をテーマにして、500円玉貯金を行うメリットとデメリット、そして使い道や貯金を行うコツについてご紹介していきました。

こうして考えてみると500円玉貯金という行為に関してもかなり奥が深いものであると捉えることができると思います。

自分の生活環境を変えるだけで貯金がしやすい環境に変化させることも出来ますし、日常生活においても新しい楽しみを読むことができますので、たくさんのメリットを生み出すことができます。

しかしデメリットも先ほどご紹介したように存在していますので、それらを天秤にかけた状態で自分にとってどちらが魅力的なのかということを考えて行うか行わないかの判断を下してみてください。