右利きの多い日本ではあまり左利きに馴染みがない印象もあるかと思いますが、ごく少数派と言われる左利きの人たちにしてみれば、日常生活でいろいろ苦労が絶えなかったりするケースもあるそうですし、一方では、非凡な才能を持つという話も耳にします。

では、左利きの日常や才能には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

実際に苦悩やもたらされている才能を見ながら、右利きの人と左利きの人たちの違いを見ていきましょう。

右利きが多い日本

世の中多数派が正当化されることはよくありますよね。

その最も象徴とされているのが戦争とテロの差別化!!

こういう言い方をすると反感を買うかもしれませんが、極端な話、戦争も多くの人を傷つけ死傷者を産む武力行為ですし、テロとやっていることは同じなのに、何故か正当化され、未だにその責任を一部の人だけに押し付けられ、関わった人たちが本当に悪いことをしたと懺悔することなどありません。

一方テロは、犯罪行為とみなされ、悪の化身と認知されテロの可能性のある国が、渡航禁止を受けるなんて差別まで受けることもあります。

この様に、全く同じ行為であるにも関わらず、多数派が常識、少数派が非常識とみなされ正悪がわけられてしまうなんてことはよくあります。

さて、多数派・少数派の違いによる差別化は、何も戦争・テロだけに限った話ではありません。

右利き・左利きというどこにでもあるような利き腕の違いだけでも、多数派少数派による差別化は図られてしまっているのが現状のようです。

そして、後ほど語っていきますが、左利きの人たちは、この少数派ゆえの苦しみを、日々の日常であじわっているようですよ。

左利きは苦労することが多い!


右利きも左利きも基本的に変わることは無いと思いますが、先程もお話したとおり、多数派・少数派の違いによって、いろんなところで少数派である左利きの人が苦労されていらっしゃいます。

では、実際に、どんなところで左利きの人たちが苦労されているのかご紹介していきます。

文房具が使い辛い!

左利きの人たちの苦悩でよく耳にするのは文房具にまつわる話…

特にハサミは、右利きの人向けに作られているところもあって、左利きの人はかなり使い勝手が悪いそうです。

具体的には、ハンドル(取っ手)の部分の形状が異なっていることと、刃のかみ合わせが逆になっているところが大きく異なっています。

まずハンドルの部分に関してですが、右利き用・左利き用共に、親指以外の指を入れる箇所を大きくしているハサミは、左右のハンドルのデザインが逆になっています。

これは、それぞれ親指とその他の複数の指で持つことがバランス的に持ちやすいためにそのようなデザインにしているそうです。

ただ、近年では、ほぼ均等にしているハサミもありますし、大分差は無くなって来ているようにも思いますが、やはり右利き・左利きではデザイン的にも違いはまだあると言って良いでしょう。

次に、最も重要視したい違いは、刃のかみ合わせです。

これは右利き用のハサミを、あえて左手で使ってみていただければ分かることでもあるのですが、右手用と左手用では、刃のかみ合わせが逆になっているために、力の加わり方が全く変わってきます。

そのため、本来てこの原理で刃先に加わるはずの力が外に逃げてしまい、うまく切ることができなくなってしまうのです。

筆者は右利きなので、純粋に右利き用のハサミを左手で持ち試してみましたが、実に切りづらく苦労しました。

左利きの人たちが、右利き用のハサミを使うときも同様のことが発生し、紙を切るだけでもかなりハサミが使いづらく、苦労を強いられてしまうのです。

もちろん、左利き用ハサミは存在していますし、それを使えば問題なく切れますが、実際左利きは少数派なので、右利き用のハサミほど売上が上がらず、生産数も少ないため、結局探し回るか諦めて右利き用に慣れて使うかの二択を選ばなければならなくなるのです。

また、他の文房具を見ても、定規なら左から目盛りが振られているために、いざ線を引こうとすると、右利きなら左から右に線を引くために問題ありませんが、左利きなら、右から左に向かって線を引くことが多く、目盛りが逆になってしまうなんてことも多々あります。

この様に、右利きと左利きはすべてが逆(対照的)になってしまうために、少数派である左利きの人たちに配慮されていない文房具を使おうとするとかなり使い勝手が悪く苦労を強いられてしまうのです。

改札で切符を通しにくい


近年、SuicaやPASMOのように電子マネーを使い、公共交通機関に乗車する様になる便利な時代となっていますが、改札口でそれらのカードをかざすとしても、何故か左利き用には不便な位置に読取機機が設置されています。

これは昔からの名残なのだと思いますが、どうしても右利きの多い日本では、改札で切符を通す場所も向かって右側に設置されていますし、その習慣に習って、SuicaやPASMOなどのカードを読み取る危機も向かって右側に設置されているのです。

その為、左利きの人は、あえて右手に持ち替えて通さなければならなく、非常に使い勝手が悪いというわけ…

まぁ、少数派のことを配慮して極端に左利き用の改札口を増やしてしまうと、それはそれで、ややこしいことになってしまうのかもしれませんし、多数派に合わせるのが無難と考えられているのだと思いますが、それでも左利きの人たちにしてみれば不便であることには違いないでしょうね。

キッチン用品が使い辛い

実は左利きの人たちは、キッチン用具一つに対してもかなり不便を感じ、苦悩しているそうです。

例えば、包丁一つをとってみても、刃先の角度が左右逆であるために、左利きの人が、右利き用の包丁で野菜や肉切ろうとしても、まっすぐに切れず、何故か斜めに切れてしまうという現象が起こってしまうそうです。

その他にも缶切りやワインオープナーなど、右利き用に作られているところがあり、左利きの方が持つと、左右逆の機能を持っているために、かなり使い勝手が悪く、なれるのに苦労してしまうのです。

自炊する方たちには、キッチン用具は必須アイテムですし、近年は左利き用のキッチン用具も見られるようになってきましたが、それでも多く出回っているのは右利き用なので、不便ということは変わらないのだそうですよ。

左利きの人は才能を秘めている!?

何かとマイナス面ばかりが強調されているようにも思いますが、実は、左利きであることで、あるメリットも受けられると言われています。

それは、左利きの人には才能が秘められているという話で、正直利き腕だけでそんなに違いが出るのかと首をかしげたくなりますが、意外にも天才と言われた偉人や著名人たちには左利きがたくさんいるという事実もあります。

では、何故このような才能が左利きの人に秘められているのか、その秘密を探ってみたいと思います。

数字に強い


皆さんは左利きと右利きの人では、脳の働きの傾向も変わってくるという話を聞いたことがあるでしょうか。

脳そのものに違いがあるというわけではありませんが、左脳・右脳の使われる頻度が若干異なり左利きの人たちは、右脳で物事を考える傾向にあると言われています。

その為右脳がもたらす空間認識能力が右利きの人よりも長けているために、芸術的センスや理数系センスを持つ天才が生まれやすいという話も耳にします。

もちろん、右利きであろうが、左利きであろうが、右脳だけ・左脳だけを使って物事を考えるということはよほどの状況でない限りありえませんが、使われる頻度の違いは生じるので、左利きの人は数学に強いという一つの傾向が現れるのです。

ただし、これは一つの傾向でしか無く、個人差はありますし、理数系やデザイン系が嫌いという人は、勉強もそんなにしないでしょうから、当然、右利きより長けているということはありません。

あくまで脳科学的な見方から言える傾向にすぎないことをご理解くださいね。

1つの事をコツコツ続けられる


集中力の高い人は、必ずと言っていい程、モチベーションをキープするコツを理解し実践している人ばかりで、その事自体に右利き・左利きはそれほど関係ないと思っていたのですが、実は、同等の集中力の持ち主で比較すると、左利きの人のほうがコツコツ続けられる人が多い様に見受けられます。

何故、このようなお話をしているのかというと、実は脳科学の側面で見ると、左利きの人は、右脳の使われる頻度が高いとは言え、バランスよく左脳も使っているのに対して、右利きはかなりの割合を左脳を使って処理しているらしく、左脳の酷使故に、どうしても疲れやすくなってしまうのです。

もちろん個人差はありますが、一つの傾向として集中力が高いのは、左利きであることが多いと言えるでしょうね。

高い芸術性を持っている


先程もお話しましたが、左利きは右脳で物事を考える頻度が高いために、空間認識能力が右利きの人よりも高く、高い芸術性を持っているとも言われています。

そのため、絵がうまくなるためのトレーニングとして、右利きの人にも左手で描いてみることが推奨されているという話も聞きます。

もちろん、左で描いたからすぐに絵が上達すると言うわけではありませんが、そういう話を耳にするほどですから、やはり、芸術的センスは左利きのほうが高いということができるのだと思います。

特に、子供が幼い頃に絵を習わせておくと、脳科学的に左利きの方が芸術的センスに恵まれていると言われているだけに、きっと芸術的センスを持つお子さんに育ち、その結果、将来、デザイナーやイラストレイターという職種につける可能性も高まるでしょう。

もちろんそれだけが全てとは言いませんが、一つの可能性が広がるという意味では、左利きの方が芸術絵的な分野においては有利といえるのは確かですので、子育ての際の参考にすると言いでしょう。

音を聞き分ける能力が優れている

これはドイツである時期に行われた実験結果を元にお話しますが、その実験では、全く音楽教育を受けていない人たちを対象に右利き・左利きそれぞれの人達に音感テストを行ったところ、左利きの人の方が音を覚える能力が高かったという結果が出たそうです。

もちろんその実験でたまたまそのような結果が出ただけと言われればそれまでですし、能力には個人差が必ず存在するので、左利きが絶対に音を聞き分ける能力が優れていると言い切ることは出来ませんが、ただ、脳科学的に、左利きの人は、芸術的思考として使われる右脳をバランスよく使いやすいと言われているわけですから、少なくとも左利きのほうが音感能力は高いと言って良いと思いますよ。

左利きの天才にはこんな人も!

左利きは、右利きの人と比較して少数派であるために、比較的不遇を受けやすい傾向にありますが、そんな中でも天才と呼ばれる偉人や著名人たちがたくさんいます。

では、実際にどんな方たちが左利きとして有名なのか、偉人・著名人の一部をご紹介してい行きます。

左利きの歴史上人物

織田信長、徳川家康、マッカーサー、エジソン、ライト兄弟、ゴーギャンなどなど、歴史上の偉人はたくさんいらっしゃいますが、中には左利きの偉人たちもたくさんいらっしゃいます。

では、そんな天才とも言えるべき左利きの偉人たちを見ていきましょう。

アルブレヒト・デューラー

ルネサンス期に活動されていたドイツの画家で、『メランコリア I』、『聖三位一体』などが代表作として知られるアルブレヒト・デューラー。

ピカソやゴーギャンのように超有名の画家というわけでは無いと思いますが、知る人ぞ知るという画家であり、また一部では、ルイヴィトンなどのブランドでも有名となったモノグラムを初めて使った画家という話もあります。

ドイツでは実に有名な画家がで、父親も金銀細工師と、芸術家の血を引き継いでいるだけあって、実に写実的という印象を与えてくれるデューラーも実は左利きと言われています。

ただ、デューラーは子沢山家族に生まれている事もあって、結構貧困生活を送っていたという話もありますし、決して順風満帆な人生を送ってきているわけではないみたいです。

今でこそ、一部で天才画家として呼ばれていますし、かつてはレオナルド・ダ・ヴィンチとも数度会ったことがあるらしく、周囲の人たちの影響を色濃く受けているところもあるという話も耳にしますが、左利きである以前に、いろんな苦労を強いられながらも負けずに努力し続けてきた証が、天才画家と言われるゆえんなのかもしれませんね。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチという名は、芸術に全く関心のない人でも、一度や二度くらい耳にしたことがある名前と言って過言無いでしょう。

特に名画『モナ・リザ』は、松坂桃李さんや綾瀬はるかさんが主演を務めた映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』の題材にも用いられましたし、その他にもミステリー映画としても知られる映画『ダ・ヴィンチ・コード』でも取り上げられ、名画に隠された多くの謎も解き明かされていますよね。

単純に芸術家として慕われているだけでなく、ミステリーファンとしても多くの謎を遺していったダ・ヴィンチの歴史に惹きつけられている方が多く、あらゆる意味で天才という名に相応良い芸術家と言って良いでしょう。

そんなダ・ヴィンチも実は左利きといわれています。

左利きだから天才と言うのはこじつけかもしれませんし、ダ・ヴィンチにしろ努力があるからこそ天才と言われる実績を残したに過ぎませんが、一つの説として、左利きだからこそ伺える芸術的センスが他の人よりも少し恵まれていたのかもしれませんね。

モーツァルト

ファミコン世代なら誰もが知っている名作ゲーム『マリオブラザーズ』のBGMとしても使われている、モーツァルトの代表曲『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』。

これまでも数々のテレビ番組などで使われている名曲なので、タイトルを知らなくても聴いたことがあるという方はたくさんいらっしゃるはず…

その他にも、『フィガロの結婚』や、『ドン・ジョヴァンニ』など、数々の代表曲を残されている天才音楽家モーツァルト。

その偉大な功績もあり、ハイドン、ベートーヴェンと並び、ウィーン古典派三大巨匠の一人としても知られていますが、実は、彼自身、宮廷音楽家である父と、ヴァイオリニストの母の間に生まれ、幼少の頃から音楽の英才教育を受けてきていたと言われています。

そして、左利きで芸術センスが右利きより優れていることもあってか、幼少の頃から染み付いた音楽センスが開花し、天才だからこそ奏でられる名曲を次々と世に輩出しているのです。

先程、空間認識や芸術センスが強い右脳を使いやすい傾向にあると、左利きの一つの特徴をお話しましたが、まさにモーツァルトは、幼少の頃からその右脳を存分に使い、芸術センスに磨きを掛けていたみたいです。

ただ、近年は、少し違う説も流れていて、実は左利きではなく右利きだったという説が流れているそうです。

実際のところ、本当に左利きだったかどうかを今となって調べるすべが無いため、どうすることも出来ませんが、あくまで一つの説でしかありませんし、あの芸術的センスは左利きと幼少の頃からの英才教育の賜物と信じたいですね。

バッハ

『コラール「主よ、人の望みの喜びよ」』や、『G線上のアリア』など、数々の名曲を世に輩出し、音楽の父とも呼ばれている天才音楽家バッハ。

そんなバッハも最初から天才として謳われ、地位や名誉をほしいまま手にしてきたわけではありませんでした。

わずか10歳で両親を亡くし、兄の元に引き取られ、そこから音楽の世界で活動し始めていくわけですが、彼の人生を辿っていくと、なんとなく音楽の父と言われる所以が分かるような気がします。

学生時代、修道院の付属学校の給費生としての日々を過ごし、やがて宮廷楽団に就職するようになると、ヴァイオリンやオルガンの演奏に従事していきますが、特にオルガンの演奏は周囲からも名手と呼ばれるほど高評価を受けてきたといわれています。

生い立ちは、モーツァルトと全く異なっていますが、それでも幼いころから音楽漬けであったという点は共通していて、さらにバッハも左利き…

左利きならではの芸術センスと、幼い頃から音楽に携わってきた実績が、バッハという天才を産んだんでしょう。

チャップリン

バスター・キートンと共演した名作映画『ライムライト』など、喜劇役者として、数々の作品に出演し、構成に語り継がれている喜劇王:チャールズ・チャップリンの名を聞いたことのない人はおそらくほとんどいらっしゃらないでしょう。

トレードマークのちょび髭に、ハットをかぶってステッキを持ち、立ち居振る舞いそのものが天然で実に面白く映るチャップリンの動きは、当時の彼を知らない若い世代でも、改めて過去の映像を見ると、どこかドジでおっちょこちょいという天然っぽさも垣間見られ、実にコミカルで面白いという印象をも伺えるのですが、彼の凄さは、音を使わずに身振り手振りだけで表現できるところにあります。

かつて公開されていた無声(サイレント)映画は、音が一切なく動きだけでその映画の内容を表現しなければいけません。

近年では、バラエティ番組『イロモネア』のサイレントがそれに相当しますが、実際に音を出さずに笑いを生むことは難しく、多くの芸人たちはなかなかうまく笑わせられなかったりするようです。

そんな無声映画で、次々と笑いを生んでいるところを見ても、チャップリンは天才喜劇役者というべきなのかもしれませんね。

そんなチャップリンも実は左利きです。

笑いのセンスと左利きがどのような関係を持っているのかは定かではありませんが、笑いも芸術の一つと考えれば、何か相通ずるものも感じられるような気がします。

もちろん左利きだから笑いのセンスに恵まれているというわけではなく、チャップリン自身、不遇の人生を歩みながら、笑いのために努力し続けてきたからこそセンスが磨かれていったわけで、そこは勘違いしてはいけません。

左利きにアドバンテージがあるといっても、個人差は当然ありますし、何よりも努力以上の同しようもないセンス的な部分で少し優遇されるにすぎないのです。

そのことだけは履き違えないでほしいと思う次第です。

現代の左利き

芸術的センスを持っていると言われる左利きの人たちは、何も過去の偉人達だけではなく、現代社会でも大きく活躍する方たちがいらっしゃいます。

その何人かを、ここでご紹介していきます。

ビル・ゲイツ

現在、ネット端末としても利用されているスマホのOSはAndroidを使用しているものかあるいはApple社の『iOS』が主流で、ウィンドウズは3番手という印象を受けますが、一部のマニアや専門家を除いて、ネット文化が初めて日本にやってきた頃に普及していたOSはウィンドウズだったはず…

特に中高年の方たちは1995年にリリースされた『Windows95』は、視覚的にパソコンを操作し、インターネットなども快適に使えるような環境を与えるOSとして大注目されていたことを記憶に残していらっしゃることと思います。

あのインパクトは、今でも忘れられない強烈なもので、それ以降、Windowsは、世界で大人気のOSとして普及されていったわけです。

そんなWindowsを生みの親である、マイクロソフト社を設立した一人がビル・ゲイツです。

もし彼がいなかったら、この世でネット社会が普及せずに、今でもメールならず手紙の文化が進んでいたかもしれないと思うほど、コンピュータ業界における貢献度は高いと言ってもいいでしょう。

そんなビルゲイツも実は左利き。

左利きは理数系に強いという因果関係が影響しているのかどうかは別として、やはり、彼も世界に誇れる偉大な著名人であり左利きということは紛れもない事実と言っていいでしょうね。

坂本龍一

今の若い人たちは、あまり知らないかもしれませんが、『戦場のメリークリスマス』を始め、数々のヒット曲を世に輩出し、後に登場する小室哲哉さんや、Perfumeなど、数々のアーティストが用いるテクノサウンド(シンセサイザーやコンピュータ音源を用いた新たな音楽手法)の先駆けとして有名なのが、教授という愛称もある、天才音楽家坂本龍一さんです。

楽曲提供・プロデュースの側面で見ても、かつて日テレ系で放送されストーカーというフレーズがリアル種流行語ともなり社会現象を生んだドラマ『ストーカー 逃げ切れぬ愛』の主題歌『砂の果実』を中谷美紀さん(ドラマ主演者)に提供(With坂本龍一という形で…)されていたり、妻である矢野顕子さんや、娘の坂本美雨さんに提供することもあったそうです。

近年は、あまりテレビなどで彼の姿を見かけることが少なくなりましたが、作曲家・プロデューサーなど幅広く活動されているそうですよ。

そんな坂本龍一さんも左利きで、一部の話では、天才音楽家で、音楽の父とも呼ばれる『バッハ』を崇拝しているという話も耳にします。

元々キーボード(ピアノなど…)演奏者ですから、バッハを崇拝するというのも頷けるような気がしますね。

松本人志

第一次お笑いブームでブレイクした漫才コンビ紳助竜介が開催んした理由とも言われているダウンタウンの松本人志さん。

相方はおなじみの浜田雅功さんで、2人のアドリブの利いた漫才を目の前にして、こいつらには勝てないと島田紳助さんは、紳助竜介の解散を決めたそうです。

筆者としては、『花子さんがお風呂屋へ行きました。

さてどうでしょう?』というような、語尾に『どうでしょう?』を付けて意味不明の問題を出題するクイズネタの漫才が印象に残っていますが、その頃からお笑いの天才児と呼ばれていた印象が強く伺えます。

特に松本さんは、一人ごっつでお笑いコントのネタを描き下ろしたり、すべらない話では、他の芸人たちを引き連れて滑らない笑い話を多くのファンに提供されています。

その他にも映画監督としての才能も見せ、芸能における天才と言っても良いと思います。

そんな松本人志さんも左利きと判明!!

やはり芸術的センスを持っている方には左利きが多いということなのでしょうか…

本田圭佑

ここしばらくは、スタメンを張れずに、なかなか出場機会に恵まれていませんが、あのACミランで背番号10を付けているレフティーが本田圭佑選手!!

元々高校時代は星稜高校でサッカーをしていた本田選手は、後に名古屋グランパスを経由し、オランダ・VVVフェンロ、ロシア・CSKAモスクワ、イタリア・ACミランと着実にステップアップされています。

そして、日本代表でも2010年南アW杯(ベスト16)、2014年ブラジルW杯に出場し、中心選手として活躍されています。

実はスポーツにおいても、空間認識能力をよく使う(ボールの軌道や動きを予知して次の行動を考えるなど…)ために、左利きのほうが有利と言われています。

もちろん本田選手の努力あってのたまものですが、こういった左利きならではのアドバンテージも少しは受けていると思いますよ。

周りの声や目を気にして左利きを矯正させる必要はない

江戸時代の頃に、武士のルールの一つとして、左利きを認めないというルールがあったらしく、何故か、左利きの武士は、こぞって右利きに矯正されたという話もあるそうですが、それはあくまで江戸時代の武士たちの話で…

少数派であることに違いは無くても、現代社会で、あえて左利きを矯正して右利きにする必要はありません。

確かに、文房具やキッチン用品など、多数派である右利き向けに作られた道具などが多く、左利きが不利な一面があることは紛れもない事実ですが、その分、苦労しながらもコツコツ努力される傾向が右利きより強く、なおかつ左利きの人のほうが右脳をよく使うため、空間認識能力や理数系・芸術系の能力が右利きの人より高く、それらの分野では有利な面も持っています。

もちろん、左利き・右利き関係なく、本人の努力がなければ、その才能が開花することなど全くありませんが、努力以上で測る部分という意味合いで、左利きは若干アドバンテージを持っていることも事実と言えるでしょう。

ぜひ、左利きならではの優遇生を活かして、ライフスタイルを楽しく過ごすようにしてみてください。

きっと左利きで悩むことも無く、新たな生き方が発見できることと思いますよ。