ある程度の年齢になると人によっては高校を卒業して短大や大学へ進学すると思います。

もちろんそのまま就職をする方もいますし、専門学校へ通って自分の夢をかなえようと考えている方もたくさんいると思います。

大学に関しては高校までと違った自由度がかなり高い時間になると思います。

何をするにしても自主性が必要になり、自分が高い意識を持てば持つほどたくさんの経験をすることが出来ますし、人生においても一番楽しい時間となりうる場合があります。

もちろん学生の本分は勉強ですが、勉強だけではなく様々な場所でたくさんの人と関わり、コミュニケーションの大切さや積極的さ、そしてどんな事を学ぶのか?という自分にとって何の経験が必要なのかという事をより具体的に考えたり、将来の夢に向かってどれだけ真剣に考えられるかという自分と向き合う大切な時間にもなります。

その大切な大学生活を大きくサポートしてくれるのはもちろん同級生や先輩後輩、そして大学の先生、つまり教授です。

比較的高校までとは違いあまり大学の教授は率先して生徒に関わるという考え方はないかもしれません。

なぜなら義務教育まではしっかりと対応してくれる場合がありますが、高校以降はある程度自主性が大切になるので求められなければ対応してくれないからです。

しかし、一般的に高校まではたくさんの方が進学するので高校も義務教育の延長戦上という形で対応してくれる場合が多いです。

しかし大学は全く違いますので、人によっては教授の対応に対して冷たい感情を抱く方もいるかもしれませんが、自分が求めればしっかりと答えてくれる場合がほとんどです。

なので教授といかに良い関係を築けるかという事も有意義な大学生活を送る上では大切な事です。

なので今回は教授をテーマにして教授に対してみんなが持っているイメージをご紹介していきたいと思います。

みんなの教授に対するイメージを把握した上で実際教授がどういう人間なのかという事を考えて頂きたいと思います。

️大学の教授ってどんなイメージ?

あなたは具体的に大学の教授に対してどの様なイメージを持っていますか?

もちろん今現在大学生として活躍している方は実際に教授と向かい合って話をしている方が多いと思いますので、ある程度教授に対してのイメージなのは想像がつくと思います。

しかしながらまだ大学生になっていない高校生の方がさらに若い中学生や小学生の方については教授に対するイメージがまだ掴めていない方が当然多く存在すると思います。

なかなかプライベートで大学生として在籍していない場合教授と関われる可能性はとても低いです。

家族や親戚など比較的身内に大学の教授が存在していれば教授に対するイメージなどを具体的に持つことができるかもしれませんが、身内に教授がいるという家庭はそこまで多くないと思います。

今後大学に進学して様々なことを学びたいと思っている方は人によっては大学の教授がどの様な人なのか大きく興味を持っている人がたくさんいると思います。

先ほどご紹介したように大学の教授と良い関係を結ぶことができれば大学生活が圧倒的に充実することができますし、多くのことを学ぶチャンスとして捉えることもできます。

だからこそ大学に進学する前にある程度教授に対するイメージを持って、教授とどの様に良い関係を結んで行こうかと言うことをあらかじめ考えながら行動している人間は有意義な大学生活を送れるはずです。

せっかくの大学生活なのでより有意義に過ごしていただきたいと思いますので大学の教授に対するイメージをある程度掴んでおきましょう。

授業を教える教授


そもそも教授と先生の違い方がよく分かっていない方がいるかもしれませんので簡単に教授の定義についてご紹介していきたいと思います。

一般的に教員における教授とは大学院や大学、短期大学、高等専門学校など高等教育を行う教育施設であったり大学入試センターなど研究機関の指導者の職階や職階者であると言われています。

一般的に教授と呼ばれる場合は大学の先生に対して呼ばれる場合が多いのですが、定義から考えると義務教育を外れた場所における教員などが教授と呼ばれるようになっています。

しかし今の日本においては高校の教員に対しても先生と呼んだりするので、違和感を感じている方もいるかもしれませんね。

もちろん大学の教授に対しても一般生徒の中には先生と呼んだりする生徒も存在しているためあまり難しく考える必要はないのかもしれませんね。

なので定義についてはあってない様なものと考えてもそこまで問題はありません。

教授と仲の良い大学生も多い

教授に関するイメージのひとつとして、一般的には義務教育を外れたという理由からやはり多少冷たいイメージを持たれてる場合があるかもしれませんね。

確かに義務教育に該当している学校の先生よりも様々なことをお世話してくれる様な人少ないかもしれません。

逆にあなたが教授の立場だったとして、必要以上に面倒を見てあげようと思うような事はありますか?

人が好きで一つたくさん関わりたいと思っている人であればある程度必要ない部分に対しても面倒を見てあげようと考える方もいるかもしれませんが、当然中には仕事として割り切って教授という仕事を行っている方もいると思いますので、その様な方からすれば必要以上に生徒と関わろうと思っていない場合も当然存在すると考えられます。

しかしながら教授も人間です。

自分のことを嫌っている生徒に対しては必要以上に関わりたくないと思うはずですし、その逆に自分のことを親しく思ってくれ、様々な質問を積極的に行ってくれる様な意欲的な生徒に対しては様々な知識を授けてあげたいと思うはずです。

後で極論を言ってしまえばそれは人によって性格が違うので様々な場合があり得るという考え方になってしまいます。

たとえ自分のことが嫌いであってもしっかりと指導してあげたいと思う人もいれば、元々の性格があまり人付き合いが苦手な性格をしているがゆえに親しくしてくれる生徒に対しても一般的にはそっけない様な対応をする様な教授もいるということです。

なので生徒と仲の良い教授もたくさんいますし、特段必要以上にかかわっていないような教授もいるという考え方を持ってください。

教授に対するイメージ徹底調査!


結局はその人の人間性に該当する部分になるのであくまでイメージにすぎないということは先ほどご紹介した通りです。

しかし相手に対する一般的なイメージを持っておくことはとても大切なことです。

もちろん先入観を持ちすぎたり固定観念をもって相手を判断してしまったりするということはあまり良くないことではありますが、ある程度一般的なイメージを持っておくということは必要なことです。

なので簡単に教授に対するイメージ調査を行っていただきたいと思います。

具体的に一般的な人が教授に対して持っているイメージをいくつかご紹介していきたいと思いますので、自分なりに教授の対するイメージを考えてみてください。

その上で実際はどうなのか、という事などを踏まえてより教授と良い関係を結ぶための材料として考えてみてください。

️教授に対する14個のイメージ

これから大学生として活躍しようとしている方はある程度教授に対するイメージを持っておいた方が良いという話をしましたが、それ以外にも自分が将来的に教授という仕事についてみたいと考える方もいるかもしれませんね。

その様な方もある程度一般的に人が教授に対して持っているイメージを把握しておくことは大切かもしれません。

一般的に持たれているイメージを把握した上で、自分はどういう教授になりたいということを具体的に考えたり、一般的に持たれているイメージを逆手にとって自分は一般的なイメージとは逆の印象を残したいと思い具体的な行動をとることができます。

なので自分が将来的にどの様な形で教授と関わっていくのかという事などによってとらえ方も変わると思いますので、少なからず教授という仕事、そして人間に対して関わっていく人は参考にしてみてください。

当たり外れが大きい

まずはじめにご紹介する教授に対するイメージの1つとしては当たり外れが大きいということが存在しています。

これはどういうことかと言いますと一般的に考えて教授の当たりと外れというのはその教授はその教授の教え方が上手であるが下手であるかということになります。

もちろん人によって意味は大きく変わる場合もあります。

例えば授業をサボっても怒らない教授なのか怒る教授なのかということです。

一般的には授業の教え方が上手であるが下手であるかという事の方が多いので、今回はこちらで考えて頂きたいと思いますが、確かにこのイメージに関しては的を得ていると考えることができます。

というのは当然人によって教え方などは全く違いますし、さらに人によって受け止め方も違うということが大きな理由につながります。

例えばある教授の授業に対して教え方が上手だと感じる方もいれば、逆に教え方が下手であると感じる方もいるのです。

そして教授も人間なのでそもそも教え方自体が人と違う教え方をする場合が当たり前ですので、上手く教授と生徒がかみ合わないと当然わかりにくいのは当たり前です。

もちろん教授によってはいかに生徒に対して分かりやすく教えることができるかどうかということに重点を置いて生徒に寄り添った授業を行っている人もいれば、厳しい人であれば予習してきて当たり前、授業をするのであればレベルの高い学習をしている人間に合わせてより深い理解をしてもらうために難しい内容を説明したりするなどそれぞれ充填をどこに置くのかという事で内容はまったく変わってきます。

そのような事を考えてみると当然当たり外れが存在しますし、当たり外れはあくまで私たちの主観的な考え方、捉え方次第であると考えることが出来ます。

意外と親身になってくれる

次にご紹介する教授に対するイメージは意外と自分に対して親身になってくれるということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、一般的に義務教育を外れた学校の先生は必要以上に親身になってくれないというイメージを持たれている場合が多いのです。

しかしながら大学の教授に関してのイメージとしては意外と親身になってくれるということが挙げられます。

これに関しては結局その人の考え方次第であったり、その教授との人間関係次第といわざるを得ません。

先ほどから何度もご紹介している通り、人が好きな先生であれば当然様々な生徒と積極的に関わろうとするのは当たり前ですし、嫌いな生徒と関わろうと考える方はあまり以内と思います。

なので結局一番大切なのは自分が教授に対してどの様にして関わりを持とうとするのかということです。

教授といっても結局は人の子です。

自分に対して積極的に頼ってくれたり質問を熱心にしてくれる様な生徒に対しては当然優しくしてあげたいと思いますし、常に自分の授業を前の席で聞いてくれる様な生徒に関しては公の場で差別をするようなことはないと思いますが、内心はひいきにしてあげたいと思っている方もいると思います。

これはどんな人間でも同じだと思います。

あなたも自分の大切な友達であれば多少なり無理な事を相談されたり、困っている姿をみたら助けてあげたいと思いますよね。

その逆にいつも自分のことをいじめてきたり、自分のことを悪く言ってくるような人間が困っていた姿を見たとしても助けてあげたいと思わないと思います。

なのでそれを踏まえた上でいかに教授に普段から良い関係を築けるように行動できるかという事が大切です。

なのでこれは自分次第と言っても良いかもしれませんね。

経験豊富

次にご紹介する教授に対するイメージは経験豊富であるということです。

なぜ教授が経験豊富なイメージを持たれているのかと考えると、それは大学の教授が研究職であるという事が大きく関わっていると思います。

一般的に大学の教授として働く場合はある特定の分野に関して強い関心をもってそのことに関してしっかりと研究することが求められています。

だからこそその研究をしていく過程の中で様々な経験をする場面があると思います。

そのような背景も結びついて大学の教授となると様々な経験を持っている人間であると捉えることができます。