みなさん、脇汗って気にしていますか?著者は特に気にしてはいませんでしたが、やはり暑い日とかは汗をかいていますねー。

著者は男だしまぁいいかと思っていたところがあり、特に気にしてはいませんでしたが、やはり最近は男でも清潔感が求められる時代です。

気を付けていかないとなと思いました。

男性はもちろんのこと、女性であれば特に脇汗を気にしている人も多いのではないでしょうか。

やはり脇汗は見た目だけではなくにおいの原因にもなります。

こちらは体質にもよりますが、中には腋臭だったりするとかなり強いにおいを放つことになります。

ですので、そのような傾向にある人はぜひとも対策をしていきたいですね。

特に人格には問題がないにもかかわらず嫌われてしまう理由の中に体臭などのにおいの問題であるケースもあるのだとか。

では、その体臭対策にもなる脇汗対策についてみていきましょう。

️脇汗対策にテッパンな5個の方法

腋臭の人はもちろんですが、そうではない人であっても脇の汗はにおいを放つ原因になります。

ですので、ぜひとも対策をしていきたいですね。

では、どのように対策をしていったらいいのかを見ていきましょう。

脇汗対策グッズを活用する

脇汗対策というとすぐに検索として出てくるくらいにメジャーな対策方法で対策をしていく事ができます。

では、脇汗対策グッズについていろいろと見ていきましょう。

デオドラントシート


デオドラントシートはドラッグストアなどに行けば比較的簡単に手に入れることができるもので、取り入れやすい脇汗対策です。

やはり汗をかいたら早めに拭くことが大切です。

それはなぜかというと、汗自体にはそもそもそんなににおいはしません。

ですが、それがひとたび菌と混ざるとそれが汗臭いにおいとしてにおいを発します。

ですので、なるべく早めに吹くことがおすすめなのです。

スプレーやクリームもありますが、こちらはともすれば汗のにおいと混ざるケースもあるので、外出先の手軽なケアとしてはデオドラントシートが良いと言われています。

ただ、デオドラントシートの選び方には気を付けましょう。

最近はいろいろな良い香りがする商品が販売されています。

ですが、この「良い香り」もきつ過ぎれば具合を悪くする人もいます。

ですので、できれば無香料を選びましょう。

特に満員電車に乗ることがあったとしたら、その匂いが電車の中で充満することもありますし、複数人がつけているとその匂いが混ざって非常に気分の悪くなる香りになることがあるようです。

ですので、極力無香料を選びましょう。

もし、時間があり出来たらデオドラントシートは手作りもできるようです。

そのようなものを検討してもいいかもしれませんね。

制汗パウダー

制汗スプレーやデオドラントシートなども良いのですが、制汗パウダーもまた脇汗対策として有効です。

ただ、先ほどのデオドラントシートにはないメリットとしてはパウダーであるために肌がサラサラになるというメリットです。

他の制汗対策の商品と一緒に使うのもいいですね。

使い心地が良いという口コミも多いようです。

また、香りが良いという口コミもあります。

確かににおい対策をしたい方であればよい香りになるのはうれしいですね。

ただ、先ほども言ったように、においに過敏な人がいる可能性があるところでの使用は避けたほうがいいでしょう。

最近「香害(こうがい)」などという言葉がまことしやかにささやかれています。

良いにおいが強すぎるとそれは逆に害になるというのです。

なかには頭痛や吐き気を訴える方もいらっしゃるようですね。

ですので、不特定多数の人が出入りするようなところ(満員電車など)や、においに過敏な人がいそうな職場などでの使用をする際には無香料タイプを選ぶ用のしましょう。

制汗スプレー

制汗スプレーもまた脇汗対策として有効で、値段も手ごろであることから脇汗対策としてもよく使われています。

広範囲を素早くスプレーすることができることから、手ごろにできます。

妻が高校生の時は更衣室ではあちらこちらで女子高生が制汗スプレーをしており、制汗スプレーの香りが充満していたのだとか^^;。

ティーンの子たちも手軽にケアできることから使いやすさがうかがえますね^^;。

さらには妻が持っていることから目にすることがありますが、バリエーションも本当に豊かなようですね。

香りがするものから無香料のものまであります。

先ほども言ったように無香料のものを選んだほうが周りにやさしい可能性は高いです。

制汗クリーム

こちらは著者は実際に目にしたことはありませんが、脇汗対策としては非常にメジャーなようです。

制汗クリームとはどのようなものかというとまさしくクリーム状のものを直接的に塗るものです。

ですので、気になるところをピンポイントでケアするのに向いている商品です。

脇汗のにおいで悩んでいる人であれば、重点的ケアができる点では魅力的ですね。

ただ、こちらは脇汗で悩んでいる人ばかりに有効なわけではありません。

足の汗がすごくにおいがきついという人であっても、足と足との間も手で塗ることができることから細やかな部分のケアにも向いている商品です。

ただ、やはりスプレーなどに比べると直接手で塗る必要があることから、手が汚れやすく外出先でするには少々不向きなところがあります。

制汗石鹸

こちらは著者も知らなかったのですが、制汗スプレーなど以外にも制汗石鹸もあるようです。

石鹸であれば腋臭に悩む人も使える石鹸もあるという事で強力な効果がある石鹸もあるようです。

何でも制汗石鹸には殺菌成分、保湿成分、消臭エキスも入っているために腋臭にも有効だと言われているのもうなづけます。

普通の石鹸だとやはり低刺激のものもあり、殺菌成分というとそこまで期待できない商品も多いです。

ですが、中には探せばそのようなものより、においに悩む人が使うような殺菌成分が強い石鹸もあるようです。

最近はインターネットで注文すればどこに住んでいても手に入りますので、さっそく検索をしてみてはいかがでしょうか?調べた情報によると、男性にはクリアネオボディソープ、女性にはジャムウハーバルソープがおすすめとの情報がありました。

女性向けのほうは成分が優しく尚且つにおいにも効果的という意味合いでおすすめなのだそうです。

そして、どちらも1000円くらいと石鹸にしてはお高めではありますが、においに悩んでいる人ならぜひともお勧めしたい商品です。

イソフラボンを摂取する


やはり外側だけで対策をしていても脇汗はそこまで改善はしません。

やはり汗なども体の中のことですから、体の中から対策をしていく事が必要です。

では、どのような対策がいいのかというと、イソフラボンの摂取がおすすめなのです。

イソフラボンというと女性ホルモンと形が似ていることから、女性ホルモンのような働きを代行する効果があると言われています。

大豆イソフラボンにはそればかりではなく、交感神経を抑制し、副交感神経を刺激する効能があるため、それが制汗効果となって表れると言われているのです。

豆乳

豆乳は大豆イソフラボンを取るという意味合いから大変効果的です。

が、その一方であまり味が好みでないという方も多いのではないでしょうか?そのような人は、料理の時の材料としてとらえるといいですよ。

豆乳とみそなどを合わせて鍋にするのもいいですし、ホットケーキを作るときは牛乳替わりにするとそこまで投入の味が目立ちません。

妻が作ってくれますが、ホワイトソースを作るときに、バター、小麦粉、牛乳を混ぜて作るようですが、牛乳を豆乳にかえてグラタンもどきにするのもおすすめです。

バターがなければオリーブオイルなどの癖のない油なら代用できます。

そして、最近は生クリームも低脂肪などがありますが、中には大豆成分の生クリームもあるようですね。

実際に飲むのが苦手でも料理に使えば意外と合うものもありますので、試してみましょう。

豆腐

また、豆腐も大豆イソフラボンを摂取するのに効果的です。

妻が作ってくれますが、水を切った豆腐、あげ、ツナ、ニラなどを混ぜ合わせて餃子の皮に包んで餃子にすると大変おいしいです。

もし、料理が苦手であったりしんどいということであれば、冷ややっこや湯豆腐など比較的簡単にできるレシピもあります。

また、麻婆豆腐もおいしいですね。

最近ダイエットブームという事で豆腐はいろいろと注目を集めています。

ですので、そのほかにもいろいろなレシピがあります。

よりおいしいものを研究し、おいしく豆腐を取りましょう。

納豆

納豆も大豆が含まれているので、おすすめです。

やはり一番シンプルな食べ方としては、ご飯にかけて食べる方法でしょうか。

非常においしいですよね。

確かににおいがきついところもありますが、料理次第では非常においしい材料になります。

著者は個人的に納豆スパゲッティがおすすめです。

ただ、納豆だけで食べるとあの独特なにおいがしますので、少々工夫が必要です。

納豆のにおい消しとして「これでもか!」というくらいにネギを入れましょう。

おすすめの目安は納豆3パックに対しネギが一束くらいです。

ただ、子どもには「辛い」と不評ですので、その量は調節しましょう^^;。

あと、チューブでもいいのでしょうがを入れるとより確実です。

そして、スパゲッティをごま油とめんつゆで混ぜて、その納豆を入れると本当においしいんですよ。

前までは納豆スパゲッティ向けのソースをわざわざ買っていましたが、それを知ってからはもう買っていません。

油揚げ

油揚げも大豆製品ですので、イソフラボン摂取にはもってこいです。

味噌汁に少し入れたり、野菜炒めをするときに入れることもあるくらいに気楽に使える材料です。

中には肉詰めにしているようなレシピもあります。

油揚げも使いやすい材料の一つです。

もやし

もやしは非常に安く手に入ることから、愛用しているご家庭も多いのではないでしょうか。

もやしもまた制汗効果があると言われています。

もやしは大豆製品でもないのになぜ?と思ってしまいますね。

ですが、大葉とアボカドに並んでイソフラボンが含まれています。

野菜炒めなどに取り入れたりもできますし、比較的調理もしやすいことからちょっとラーメンを作るなどというときも上に乗せる材料として使えます。

また、ヘルシーであることからダイエット効果もあります。

ですので、もしおなかが空くという事であれば野菜炒めにもやしを多めに入れておなかを膨らませるようにしましょう。

最近、もやし業者も厳しい経営状態で値上げされると言われていますが、健全な営業のためにも40円台にしてほしいと言っていることから、もやしが100円以上になるという事はなさそうです。

ですので、もやしは少々値上げをしたからと言って、節約野菜の座を奪われることはないのでは?と著者は思っています。

味噌

味噌も大豆製品であることはよく知られていますね。

そして、味噌汁というと私たち日本人が愛飲しているものです。

ですので、こちらも積極的に取り入れましょう。

のちに触れますが、野菜もまた制汗に有効と言われています。

ですので、そのような野菜をたくさん入れた味噌汁を作ることでヘルシーな味噌汁ができます。

また、妻が言っていますが、もし冷蔵庫にいろいろな材料が残っているとしたらその残りを全部入れて味噌汁にすることができるという事から、非常に残り物の掃除としても有効なレシピのようです。

もちろん合わないものも中にはありますが、みそ汁の具に合うものは多く、しかも余った野菜を使い切るレシピとしても、健康に良いものを入れるようにするという意味合いでもみそはおすすめです。

その他制汗効果のある食材を食べる

大豆イソフラボンが含まれているものを食べるのも大変有効ですが、何もそれは大豆製品などばかりではありません。

中にはイソフラボンとは違うけれど制汗効果がある者はあります。

では、その特徴を見ていきましょう。

緑黄色野菜

緑黄色野菜は体に良いと言われていて積極的に摂ることを進められているものです。

そして、制汗効果もあると言われています。

それはいったいなぜだと思いますか?それはベータカロチンがそのような効能があると言われているのです。

ベータカロチンには抗酸化作用があります。

この抗酸化作用ですが、人体は酸化をしてしまうと良くないと言われています。

美容に興味がある人はそれが皺などの老化現象の原因になっていることはよくご存じだと思います。

この老化予防のあるこの栄養素が制汗と何の関係があるのかと思いますよね。

それは、汗のにおいがなぜするのかにあります。

汗そのものにはにおいがなくても、空気に触れて酸化することでにおいを発するようになります。

ですので、体の中から抗酸化できていればにおいを抑えることができるのですね。

また、緑黄色野菜の中でもトマトを食べると、体の中の熱が逃げることから、汗を抑えることにつながると言われています。

ハーブ

ハーブはよく香り付けとしてアロマのようにして使うようなイメージを持ちますが、実際に食することで体臭を抑えることができます。

ただ、ハーブと言ってもいろいろな種類があります。

特に体臭に効くハーブは何だと思いますか?それは、コリアンダー(香菜)です。

「コリアンダー!?」と思った方もいらっしゃることでしょう。

実は著者も「何それ?」と思いました。

我々がなじみがある言い方に変えれば「パクチー」なのだそうです。

あのタイ料理などに入っているものです。

ただ、このパクチーですが、好き嫌いが大きく分かれます。

ですので、食べるのが苦手な人もいることでしょう。

そのような人はどのように食すると良いのかを調べてみたところ、なんと水菜と一緒に食べるといいそうですね。

あの独特な香りも半減するようです。

まずは少量から試してみましょう。

ペパーミント

ペパーミントで検索をすると、食するというよりは制汗剤の手作りレシピが出てきました^^;。

もしかしたら、食するより制汗剤のほうが適しているということでしょうか^^;。

ただ、いろいろと検索をしていると「制汗剤としての効果なし」なんて見出しも…。

ただ、そのような事が書かれているサイトは一つだけでした。

ですので、情報が錯綜しています。

ですので、この場合は実際に試してみるのはありかもしれません。

実際に汗が抑えられたかどうかもありますが、使っていて使い心地が良いという事であれば試してみてもいいかもしれませんね。

サプリメント

制汗というとデオドラント関係が挙げられますが、サプリでも制汗できます。

確かにデオドラントもいいのですが、やはり頭皮などどうにもケアができないところがあります。

著者もですが、非常に汗っかきだとデオドラントでは追い付かない状態にもなりえます。

ですので、そのような人におすすめなのはサプリメントです。

また、先ほど野菜や納豆などの大豆製品が良いという事を挙げましたが、なかなかそれを摂ることが難しい人にもおすすめです。

確かにそのような物を食して体の中から健康になればそれが一番です。

ですが、どうしても苦手だと食も進みませんし、ストレスもたまるでしょう。

ですのでできる範囲でそれらを食事から補いサプリメントを補助として使っていくにはいいのでは?と思います。

ただ、やはりサプリだけでは補いきれませんので、できるだけ野菜を食べ、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べるなどで胃腸の健康を保つことが大切です。

脇汗の手術

著者も知りませんでしたが、なんと脇汗を抑える手術があるようですね。

ただ、腋臭の手術にもつながることもあり、それだったら著者もよく知っています。

腋臭のみならず脇汗にも効果があるようですね。

ただ、この手術方法は二つあります。

まず重度の腋臭の人に効果的だと言われている反転剪除法(はんてんせんじょほう)ですが、こちらはなんと皮膚を切開して、ドクターの目視でこまめに汗腺を確認してそれを取り除く方法です。

この話からして非常に大がかりな手術であることがうかがえますね。

女性には特に邪魔に感じる腋毛ですが、これも薄くする効果があるという事でいいことづくめに思えますが、やはり大がかりな手術ですので、傷跡や色素沈着などの副作用もあるようです。

もう一つの手術方法は吸引法です。

こちらは大きく切開をする必要はなく、針を刺して汗腺を吸引するという手術方法です。

身体的な負担が軽いというメリットもありますが、重度の腋臭の方には適しておらず、どちらかというと軽度の腋臭に効果があると言われています。

️夏場に気になる脇汗…!

夏は汗をかく季節です。

だからこそ、脇汗が気になりますね。

自分のことでも気になりますが、周りから見るとさらに気になることもあるようです。

では、自分では気づきにくい原因などについてみていきましょう。

腕をあげたら脇汗が…

やはり生活をしていると腕を挙げるシチュエーションはいくらでもあります。

著者も男ですのでよくわかりますが、男性だったら電車に乗るときに痴漢と間違われないためにあえて上のつり革を両手で持つようにして腕を挙げる人も多いでしょう。

これが夏場になると脇汗でびっしり!ということがあるんですよね。

女性でもそのような人は多いのではないでしょうか。

妻が脇汗パッドなるものを買ってきてしておりましたが、意外にも位置がずれるなどで使いづらいようです。

(多分妻の使い方が悪いのだとは思いますが^^;。

)このように結構脇汗はかくものです。

脇汗は自分では気付きにくい

脇汗というとよほど意識をしてみないと自分ではなかなか気づきません。

意識的に見ようとしたら手を挙げてのぞき込むくらいしないとよく見れないものです。

が、なかなかトイレなどの個室でない限りはそんな見方をすることは難しいですよね。

しかも個室で見ると言っても、昨今は著者も含め忙しい人が多く脇汗だけを気を付けてみて居られません。

ですので、結構気づきにくいものなのです。

ニオイも意外と強い

自分の臭いって意外と気づかないものです。

それはなぜかというと自分の臭いが分かってしまったら、そればかりに意識が奪われほかの嗅覚が働かなくなるからです。

嗅覚は人にとってとても大切なものです。

例えばですが、肉が腐っているなどは嗅覚で判断することが多いです。

においは危険なものを避ける意味合いでも大切なものです。

そんなわけで自分の臭いには気づきにくいのですが、脇汗のにおいもそんな理屈で分かりにくいです。

️脇汗の主な原因

汗っかきであるというのもそうですが、脇汗をかいてしまう主な原因は何でしょうか?

体質

やはり汗かきな人とそうでない人がいるように、体質の関係もあります。

ただ、だったら汗かきでないほうが脇汗をかきにくくていいなと思うかもしれませんが、意外にもそうではないようです。

例え汗をかかない環境に身を置いたとしても、その汗をかかない反動で逆に脇に汗をかくことがあるようです。

ですので、健康的に汗をかける環境や体質にしていく事が脇汗ばかりが極端に出る事態を防ぐ手立てのようですね。

ホルモンバランス

また、ホルモンバランスも影響することがあります。

男性だとそこまで思いつきませんが、女性だったら更年期障害で汗をかくことがあるようです。

所謂ホットフラッシュというもので、脇汗のみならずいろいろなところにびっしりと汗をかくことがあるようです。

もし、お困りだったら、産婦人科に行ってみるとピルなどを処方してもらうことで改善していく事があります。

食事

やはり体の中から影響が出ることもあるので、食事にも気を付けましょう。

汗を抑える食事もありますが、逆に汗をかく食べ物もあります。

ですので、それを一つ一つ見ていきましょう。

辛いもの

やはり辛いものは体を温めるところはありますが、汗をかきひいては脇汗につながりやすくなります。

辛い物を食べたら汗をかくことがあることから、納得がいきますね。

味の濃いもの

味が濃いもので汗をかくとは少し意外でしたが、その理由を見てみると道理にかなっていました。

味が濃いものは交感神経を刺激するため、その交感神経が発刊を促す働きがあるようです。

ですので、脇汗などに悩んでいるのでしたら味が濃いものは控えましょう。

脂肪分の多いもの

脂肪分が多いものは油のようなにおいのする汗の原因になります。

ですので、汗に悩んでいるという事でしたら脂肪分が多い食事は控えましょう。

なるべく野菜をたくさん摂ったりあっさりとした食事にすることで汗をかいたとしてもサラサラの汗になります。

甘いもの

甘いものも発汗の現認になります。

甘いものと言っても特に洋菓子系であれば、生クリームなどの乳製品も入っています。

ですので、皮脂腺を活発にし、腋臭がある人だと腋臭がひどくなると言われています。

女性はダイエットブームなどで食べ物に気を付けるところがありますが、甘いものを楽しみにしている女性は多いでしょう。

たまの楽しみであればいいのですが、摂取のし過ぎは考え物です。

控えるようにしましょう。

酸っぱいもの

こちらは著者も意外でしたが、酸っぱいものも汗が出る原因のようですね。

そういうものを食べると唾液が出るのと同じような原理で汗をかくことがあるようです。

こちらは自然な反応ですので改善となると少々時間はかかりますが、酸っぱいものを頻繁に食べることで体が慣れることはあるようです。

カフェイン

また、カフェインも交感神経を刺激することで汗をかく原因になります。

やはり交感神経には発汗作用がありますので、当然の原理なのかもしれません。

確かに眠気覚ましにはいいですし、いい刺激にもなるのですが、過剰摂取は控えましょう。

喫煙

タバコがやめられないという人も多いのではないでしょうか。

こちらは健康に害があることからできれば辞めたいものですね。

ただ、発がんリスクがあるだけではなく、発汗にも関係します。

まず交感神経の刺激をすることから顔の汗が増えます。

さらには、アポグリン線を刺激することで腋臭がひどくなる原因になることがあります。

腋臭は手術をすることで大きく効果を得ることがありますが、できれば喫煙などを辞めるとか体の中から気を付けていきたいですね。

運動不足

運動不足というとあまり汗をかかなくて、脇汗などで悩んでいるのであればいいことづくめでは?と思いますが、意外とそうでもないようです。

確かに汗をかくことは減りますが、運動をしないことであまり汗をかく必要がなくなった手足はうまく汗をかくことができなくなると言われています。

そこで、汗をかくとなると手足ではなく、顔や脇汗となってどっと出てくると言われています。

ですので、できれば体を動かして汗を積極的に書いていく事が大切なのですね。

ストレス

ストレスもまた汗を多く書く原因です。

現代人はどうしてもストレスにさらされる場面があります。

それが少ない人もいるかもしれませんが、そのような人は稀です。

やはりこちらも交感神経に関係してきます。

やはり交感神経が活発になると汗をかきやすくなるという原理から、ストレスを感じて緊張状態が続くと発汗につながるのです。

緊張

緊張もまた、発汗の原因になります。

この記事を見ている方は「汗をかいたらどうしよう?発汗量を少なくしたい!」と思ってみている人も多いでしょう。

ですが、この「汗をかいたらどうしよう?」というストレスがまた発汗の原因になります。

極力リラックスすることが大切ですが、それも難しい人も多いかもしれません。

できる限りの脇汗対策などをして、「これだけ対策をしたのだから大丈夫!」という安心感を得る方法はどうでしょうか?

不安になるのは準備不足だからという言葉がありますが、このような対策においても「これだけしたのだから大丈夫。」と思うことでリラックスができるかもしれません。

脱毛

こちらも著者は知らなかったのですが、脱毛もまた発汗の原因になるようです。

ただ、こちらは発汗量が増えたのではなく、毛が汗をからめとっていた状態だったのがその毛がなくなることで、その機能を果たしてくれるものがなくなり、結果的に汗が増えているように感じられるというものです。

特に女性であれば腋毛は処理するのがエチケットとも言われています。

このエチケットが脇汗を増やす原因なのですね。

脇もデリケートなところです。

デオドラント対策も大切ですが、保湿をするなどをしてケアをしていきたいところです。

️脇汗対策で快適に過ごそう

脇汗などを含む発汗の対策はいかがでしたでしょうか?このようにいろいろな原因があり、いろいろな対処方法があります。

体の中や外からも対策をしていって快適に過ごしたいものですね。