あなたには好きな芸能人がいますか?

芸能人といえば一般人からすれば、やはり憧れの存在になると思います。

芸能人はその名前の通り様々な自分の芸を使って人を楽しませることができるような人を指し示しています。

例えばバラエティ番組などの番組を見ていて見かけるのはお笑い芸人が多いと思います。

お笑い芸人はお笑いと芸を使って人を盛り上げることができるスペシャリストです。

それ以外にもモデルとして活躍している芸能人の方もいれば、俳優や女優として自分の演技力を使って人に魅せる仕事、そしてアーティストとして歌という芸をを行ってたくさんの方を楽しませている人もいます。

そんなたくさんの芸能人の中でも、特に一般人の憧れの存在になるのは俳優や女優などとして活躍している演技を売りにしている芸能人です。

なぜならば俳優や女優などに関してはその見た目がかっこいい美しいという方が多いからです。

全ての方に該当するとは言えませんが基本的に俳優や女優を行っている人は容姿が優れている方が多いです。

なぜならばテレビに映ったり人から見られるような仕事をしているため、自分自身の容姿を美しくするということは一つの仕事でもあるからです。

自分の容姿が美しくなればなるほどたくさんの人間から憧れたり、支持されやすくなったりすることによって自然とその人に興味がわくようになります。

たくさんの人間からの需要が集まれば自然とその人が出演するテレビ番組、ドラマなどを見たいと思いますので最終的に視聴率に直結する要素になると考えることができます。

だからこそ俳優や女優などは美しくたくさんの人間の憧れとなる存在になるのです。

そんな芸能人と少しでも近い距離で一緒の空気を過ごしてみたいというのはひとつの夢かもしれません。

しかしそれを夢というのは早すぎます。

時にはこの夢を思いに叶えてくれる可能性があるからです、それはエキストラとして一緒に撮影に参加するということです。

エキストラになるのは難しいと感じてる方がいるかもしれませんが、意外と普通の一般人の方でもドラマや映画のエキストラとして参加している方は多いです。

そこで今回はエキストラをテーマにして、映画やテレビに出るにはどうしたらいいのかという方法をご紹介していきます。

エキストラをやりたい人必見です♪


エキストラに興味があるという方はかなり多いと思います。

純粋に映画やテレビなのに出るということ自体が興味があるという方もいれば、映画やテレビが制作される過程がどのようになるのかということが気になる方もいれば、芸能人を一目見てみたいし、一緒に近くで過ごしてみたいと思う方など様々な思いがあると思います。

基本的にどのような思いがあってもきちんとエキストラの仕事を全うすることができるのであればその夢は叶う可能性があります。

エキストラになるには難しい道のりを勝ち抜いて、将来的に芸能人を目指しているような人間でなければできないと捉えている人がいるかもしれませんが、エキストラになるにはいくつかの方法が存在しておりそれは決して不可能な方法などではありません。

なので必要な行動を行うだけでもしかしたらエキストラとして芸能人と一緒に撮影に参加することができるかもしれません。

人生は一度きりでありどのような経験をするのかということは自分の行動次第になっています。

なので自分が主体的になって積極的に行動すれば絶対に経験することができないような経験をすることができるのです。

もしもたった一度の人生充実した人生にしたいと思っているのであれば少しでもやってみたいと思うことに積極的にチャレンジしていただきたいと思います。

最初から叶わないと思うのではなく、自分にもチャンスがあるというふうに前向きに考えていただければ経験できないようなことを経験することは可能です!

エキストラに興味がある方は今回ご紹介する方法を実践していただくとより実現する可能性が増えると思います。

前向きに捉えていただきたいと思います。

エキストラって何?

エキストラに興味がある方がたくさんいるという話をしましたが、中にはエキストラという言葉がどういう意味を持っているのかよくわからないという方もいるかもしれませんね。

普段あまりテレビを見なかったりテレビに興味がなかったりするような方からすればエキストラという言葉をなかなか聞く機会がないかもしれません。

しかし日常的にテレビを見たりしている方はある程度馴染みのある言葉になると思います。

エキストラを行う上でエキストラの意味が理解いただけなければそもそも興味を持つこと自体がないと思いますので、簡単にエキストラとはどういう仕事になるのか、どういう役割を持っているポジションなのかということについてご紹介していきます。

エキストラとは

エキストラという言葉の意味は「テレビドラマや映画などの映像作品分野で通行人、群衆など物語で重要性の少ない役を演じる出演者」の事を意味しています。

つまりどういうことかと言いますと、ドラマもしくは映画などを見たりしたことがある方はすぐに想像することができると思いますが、ドラマや映画などのワンシーンでたくさんの人間が道を歩いている描写を見かけたことがあると思います。

例えばよくありがちなのは、街中を主人公が歩いているときにその周りを一般人が通行しているような模様を映し出している描写があると思います。

主人公が街を歩いてるのに街中を誰も歩いていなかったら少しおかしい雰囲気を感じてしまいますよね。

なのでこの違和感をなくすために私たちがいつも見ている一般的な日常の風景を演出するために周りにたくさんの人間を歩かせているのですが、どうしてもたくさんの人間を歩かせるためには数が必要になります。

周りを歩いてる一般人のすべて芸能人で固めるとなると当然費用もかなりかかりますし、主役がいるのにわざわざ他の人たちを芸能人で固める必要性もないですよね。

なのでこのような時にエキストラを使用することによって上手に映画のワンシーンなどを取ることが可能になるのです。

そう考えてみるとなんらかの映画を製作する場合には必ず必要になる役割であると考えることが出来ます。

エキストラの役割

エキストラの役割に関してはその映画のシーンによって様々な場合が存在します。

例えば先ほども紹介したドラマや映画のワンシーンにおいては通行人を演出するだけなのでただ歩いてもらうだけでそれで問題ないのです。

ただ歩くだけなら一般人でも何のスキルを習得する必要もなくすぐに行えるものになりますのでエキストラは集めるのにそこまで困ることはありません。

しかしそれだけがエキストラの役割ではありません。

なぜかと言いますと例えば様々なシーンを撮るだけで当然そのシーンによってその人が持っている役割が変化する可能性があるからです。

例えば例を挙げて紹介すると、そのシーンに適した職業の人間が必要になる場合があるということです。

私たちが普段目にしている光景は様々な光景を見かけていると思います。

たくさんの人が歩いている風景を見たりすることもあれば、工事現場で仕事を行っている職人さんの姿を見かけることがあれば、何らかのお店で接客をしている店員さんを見かけることもあると思います。

このような描写をもしも製作したいと思った場合は、その職業によって求められるスキルが変わってくる可能性があります。

なので、わざわざ芸能人が演じるまでもなくあくまで重要性の少ない人物ではあるものの、それなりに必要なスキルが求められる役柄というものが存在するということです。

なのでそのような役割を果たすためにはその時々において変わったスキルが求められる場合もあるということです。

登場するケース


エキストラの役割が演じる人物によって変化するという事をご紹介いたしました。

これに関してはちょっと考えてみればすぐにわかることだと思います。

しかし大部分のエキストラに関しては何かしらのスキルが求められることなく採用されるケースも多々ありますので、結局その時のシーンでどういう人物が必要になるのかということが全てになるわけです。

では具体的にエキストラが登場するケースについて改めてご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する項目に関してはテレビドラマや映画などでよく見返るようなシーンになると思いますので、もしも自分が演じるならばと考えながら想像していただけるとより現実的で面白いと思いますので、それを踏まえた上で確認してみてください。

通行人

まずはじめにご紹介するエキストラが登場するケースは通行人のパターンです。

これは先ほどご紹介したとおりですが街中のシーンなどで撮影を行ったりする場合には必ずと言っていいほど必要になる存在です。

街中を歩いていると当然スーツを着たサラリーマンの人が歩いていることもあれば、買い物に来ている主婦の人がいたりすると思いますし、休みの日を満喫しているカップル、余生を楽しんでいる老夫婦など様々な人がいると思います。

このように性別年代様々な人間が街中を歩いていることになるのですが、それは再現するためには当然様々な年代、性別の人間を集めなければいけません。

もしも集まった人間が全員中年のスーツを着たサラリーマンの男性だとすればおそらくそのシーンは違和感を感じるようになると思います。

なのでエキストラが集める際には様々な年代の方を集めないといけないので、私なんかができるはずないと思ってる人はそんなことはありません。

むしろあなただからこそやってほしいと言われるような場合もあるのです。

そう考えてみるとエキストラという仕事に関して少し前向きな興味を持つようになりませんか?
一般人を演じるのでむしろ一般人のような人間の方が向いているのです。

一般人でも芸能人レベルまで外見に気を使ってるような人もいたりすると思いますが、そうなってしまうあと少し違和感を感じてしまうので逆に向いていないという可能性もあったりするのです。

ダンサー

次にご紹介するエキストラが登場するケースはダンサーのパターンです。

これはドラマや映画にとって様々になると思いますが、もしもドラマや映画の中でダンスを踊ってるようなシーンを取らなければいけないとなった時には何が必要になるでしょうか。

やはりダイナミックな描写を映し出すためには主人公が真ん中になった状態でその周りにたくさんの人間が一緒にダンスをすることによって迫力のあるシーンを演出することができるようになると思います。

主人公や登場人物である芸能人が単独でダンスを踊ったりするようなシーンもあると思いますが、場合によっては周りにいる人たちと一緒に踊ったりすることもあると思いますのでそのような場合にはエキストラが必要になります。

しかしこの場合は先ほどご紹介した一般人のケースと比べて少し募集するのに条件がかかってしまいます。

当然ダンサーの役柄を演じてもらうためにはダンスの経験があり人通りダンスが踊れるような人間でなければ出演することができないからです。

もしもたくさんの人間がキレのあるダンスを踊っているのに一人だけキレのないダンスを踊っているとどうしても目立ってしまったりその人に目がいってしまいますよね。

しかしあくまでシーンの主役は誰なのかと考えた時に、出演している芸能人の方である場合が多いです。

なのでそれを踏まえた時にダンスがある程度上手に踊れる一般人の人をたくさん集める必要性があるのです。

このように何かしらの経験を持っている人間でなければ募集できないというような状況のありますので、この場合はどんな形でもチャンスがあるとは言い難い状況になってしまいます。

しかし逆を考えれば自分が特殊なスキルを持っていればそれをいかせるエキストラの役があるかもしれないということです。

なので今自分が行っている仕事、もしくは身につけているスキルを活かせるようなエキストラがあれば応募してみると意外と重要性が高いと判断されすんなりお願いしてもらえるケースがあるかもしれませんよ。

待ち人

次にご紹介するエキストラが登場するケースは待ち人です。

これはどういうことかと言いますと、例えばドラマや映画の中で登場する人物が待ち合わせをしたりするような場合もあったりすると思います。

その時に待ち合わせ場所で自分一人だけがポツンと寂しくなっているのは描写として少し違和感を感じます。

なのでこの時に通行人を演じる人であったり、その他にも恋人、友達を待っている待ち人、もしくは友達と一緒に立ち話をしているような人間などが必要になってくるのです。

なので私たちが身近に感じている風景を演出する場合が多かったりするので、それに伴ってその風景に必要な物は何か、と考えて頂くと様々なエキストラの役割が思い浮べると思います。

一概に通行人だけを演じるのではなく、よりリアルな日常を描くためにそれに伴って待ち人など実際にその場にいそうな人が必要になるという事です。

これに関しても通行人と同様に特別なスキルが必要になるわけではありませんので比較的誰でも応募したりすることが出来るエキストラの種類になります。