ガス抜きという言葉をご存知でしょうか?

これは誰しも溜まってしまうものなのですが、普通のお腹に貯まるガスという意味ではありません。

今回はお腹のことではなく人間関係のガス抜きについてお話をしたいと思います。

人間関係というのは仕事や友達、家族、学校などではとても問題となるものですよね。

今ではSNSなども流行っているので、共通の趣味の友達、またはネットゲームをしている人はオンラインで友達になったフレンドと呼ばれる人達とうまくいかなかったり、喧嘩をしたり、時にはもう連絡を取らないという所までいった人達も多いのではないでしょうか?

ガス抜きをするというのはそうしたことで誰しもが貯まるストレスのことをさします。

ストレスというのは人間関係以外ででも貯まることは多くありますが、特に人と関わることは精神的にも負担になることが多く、直ぐに解決できるのであれば解決をしたいと思うのが普通です。

そんな時に人間関係のストレスを軽減する方法があります。

それは人により違いますが、例えば恋人がいるのであればよしよししてもらったりするのも良いでしょう。

甘えるということもあると思いますし、SNSでの関係でいざこざがあるのであればSNSから離れたりすることもあると思います。

人によりストレスの軽減方法は様々ですが、具体的にどの様なものがあるのか見てみたいと思います。

️人間関係でストレス溜まっていませんか?

人間関係でのストレスというのはとても溜まりやすいですよね?

ふとしたことで喧嘩をした、相手から嫌なことを言われたとなればとても精神的な負担が大きいです。

特に会社や学校などでは必ず人と関わらないといけなくなります。

それが発展して、ストレスを抱え込みすぎて鬱になったりするという例もあるでしょう。

ストレスというのは適度に消費をしたり、向き合わなくてはいけないと言われていますが、その消化方法というのは人それぞれです。

自分にあったストレス消化方法を見つけない限りはどんどん溜め込んでしまう傾向があり、気付いたときには鬱になっていたというようなこともあります。

逆にストレスに感じないという人も中にはいますが、ストレスを感じないと思っていても、実は負担になっていたというようなことがあります。

人間関係は特にストレスを溜め込みやすく、直ぐに影響して出てくる可能性が高いです。

そんな時はストレスを取り除かなくてはいけませんよね?そういう時にガス抜きという行為をするのです。

これは言うのであればストレス発散方法として捉えてもらっても良いでしょう。

自分にあったガス抜きはありますか?無いという人はこれから教える20個の方法を参考にしてみると、生活などが変わるのではないでしょうか。

ストレス社会と言われる現代


ストレス社会と言われる時代が今です。

これは数年前から言われていますが、近年ではどの会社でも働いていて転職をする、辞めるという人が多い時代になっています。

これの影響はほとんどが人間関係があるとも言われています。

例えば会社でのパワーハラスメントなどがあったり、イジメという行為もあるでしょう。

イジメというのも小学校や中学校だけではなく、会社でもあるということを忘れないようにしましょう。

そのストレスを抱えこんでしまって、発散方法が解らず、病気になっていたり、精神的にダメージを受けたりするという人が多くなっています。

今の時代はストレスが充満している時代と言っても良いのではないでしょうか。

そんな時にこそガス抜きを必要とするので、皆さんも気をつけるようにしましょう。

そして自分にあった会社などを見つけることが大事です。

無理だと思っていても無理に続ける必要というものは無いので、よく考えてから行動をするようにしましょう。

ストレスを溜めっぱなしは良くない

一番してはいけないことの1つとしてストレスの溜めっぱなしというものがあります。

これは精神的にどんどんストレスが積み重なり、病気になったりするのが原因だからです。

ストレスというのはイライラするようなことがあったり、嫌なことがあったり、悲しいことがあったりする時でもストレスというものがどんどん溜まってくると思います。

そんな時に大切なことが溜まったストレスをどの様にするかということです。

積み重なることで負荷がかかってしまうので、いずれは発散、ガス抜きをしなくてはいけません。

その時にどの様な方法を取るかというのは人それぞれになるでしょう。

例えばカラオケで歌ってきたり、趣味に没頭したり、自分1人の時間を作ったり様々あると思います。

それを適度に発散することで、人というのはストレスと始めて向き合うという形になるのです。

特にストレスが溜まるのは人間関係


人間関係というのはストレスが溜まる一番の原因でもあります。

嫌なことや、苦手な人と関わるというのはとてもストレスが溜まりますよね?

例えば物事が上手くいかないストレスと、人と喧嘩をしたストレスというのは、後者の方が圧倒的にストレスの負荷が大きいのです。

どんなに物事が上手くいかなかったり、人間関係以外のことでストレスを抱えていたとしても、人間関係のストレスが発生してしまった場合はとても負荷がかかってしまうのです。

これは自分1人の問題というのではなく、相手も関わるということから、精神を更に使うということで人間関係が特に溜まるのではないでしょうか。

コミュニケーションという言葉がありますが、コミュニケーションをした上での人間関係というのはとても親密になっていたりする人もいるでしょう。

その時の喧嘩というのはとてもお互いが嫌な思いをしたり、ずっと考えていたりすることが多いのではないでしょうか。

たまには人間関係でもガス抜きが必要

人間関係のストレスが大きいので、そんな時にこそガス抜きというものが必要になります。

それは適度に行うことで、初めて「ストレスと向き合う」ということに繋がるのではないでしょうか。

ストレスと向き合うというのは、常にどこかでストレスというのを抱えているので、そのストレスをどの様にして発散してまた溜め込んでしまいそうになったら、発散をしてというガス抜きの繰り返しが必要になるのです。

いつもSNSなどを利用している、仕事で苦手な人と一緒にいるという人は、たまにはガス抜きをしてみてはいかがでしょうか?

人間関係から離れるという方法も実は有効な手段でもあります。

何よりも1人の時間を作るというのはとても大事なことだからです。

人というのは常に人と関わるので、必ずどこかしらで喧嘩をしたりしてストレスを溜め込んだりするでしょう。

そういう時にこそ大事なのがガス抜きなのです。

どの様な方法でガス抜きをしていますか?

まだその様な方法を見つけていないという人はこれから話す20個の方法について見てみてはいかがでしょうか?

️人間関係でガス抜きをする20個の方法

人間関係でガス抜きをする20個の方法についてお教えしたいと思います。

ガス抜きをするというのは人それぞれであり、効果も人により違います。

例えば無理に人と接するというようなことをしないという人もいますし、恋人に愚痴を聞いてもらったり、よしよししてもらったりするというような人もいるでしょう。

本を読んでその空間の中に入るという人もいるのではないでしょうか。

人から離れるということも大事であり、ガス抜きをする方方はいくつもあります。

ではどの様な方法があるのか詳しく見てみましょう。

SNSをお休みする

SNSをお休みするというのは人間関係から離れることができる1つの方法なのではないでしょうか。

今では誰もがTwitterやFacebookなどのSNSを利用しています。

中にはそんなものは使用しないという人もいますが、そのSNSを1度離れてみてはいかがでしょうか?例えばTwitterの特徴は何と言っても呟き機能です。

誰かが何かを呟いているのを見ることができたり、友人達だけで会話のようにすることもできるでしょう。

Twitterの使い方は様々であり、SNSの中では一番有名なサービスですよね。

そのTwitterなどのSNSから離れるというのは辞めるということではなく、2,3日見ないという方法を取ってみてはいかがでしょうか?そうすることにより人との関わりを少しでも無くすことができると思います。

SNS疲れが増えている

SNSをお休みするというのは、SNSはいろいろな人の情報を見ることができますよね。

その時にその人が言う愚痴や今日の出来事なども見ると思います。

たまには嫌な思いをするものを見たりすることもあるのではないでしょうか?

SNSというのは人との関わりが一番簡単にできるものであり、その場にいなくても相手のことを知ることができますよね?

共通の趣味友達などもできたり、オンラインゲームのフレンドと会話をしたりすることもできるでしょう。

その日常を毎日送っていると、ときには喧嘩などを見ることにもなりますし、疲れというものは次第にどんどん増えていくものだと思います。

疲れていてもSNSを見てまた精神的に疲れるという悪循環が生まれてしまうこともあるので、SNSから少し離れるというのはガス抜きをする方法の中では、とても気軽にできるものではないでしょうか。

適度というものが大切になります!

1人の時間を作る

1人の時間を作るというのもガス抜きをする方方の1つです。

人間関係から離れて1人で好きなことをする時間を作るというのは、疲れていたりしていても楽しいと感じることだと思います。

例えば1人で音楽をしたり、映画を見たり、料理をするというような趣味に没頭をする人もいれば、ウォーキングやランニングをする、体力作りに没頭するという人もいるでしょう。

1人の時間を作るというのはそれほど自分にとっての時間ということなので、次第にストレスなども軽減されていきます。

ストレスと向き合うという人はよく自分の時間を必ず作っている人が多いです。

好きなことをする時間というのは日頃の週間の中で取り入れることにより、適度なガス抜きをすることもできるのです。

その様な没頭できる趣味はありますか?

人と関わらないような趣味というのも何か1つ見つけてみるとストレスと向き合う際に、ガス抜きができるかもしれません。

気が乗らない誘いを断る

どうしてもその日の体調や気分では気が乗らないこともあるでしょう。

例えば今日飲みに行かないか?と言われても気が乗らなければ断ることが大切です。

折角友達に誘われたから行こうかなと思う人もいるでしょうが、疲れているという時は素直に断ることも大切になるのです。

疲れている時に楽しんでそれが終わった時は更に疲れてしまい、どんどんストレスも増えていくことが多くなるため、気がのらない誘いは断るようにしましょう。

または後日改めるという方法もあります。

人の気力というのは低下していればしているほど、悪い影響を与えてしまいます。

仕事が捗らなかったり、ミスをしたり、日頃の疲れというものが取れないという人もいるのではないでしょうか。

無理な誘いというのは断ることも大事なので、その一言を言えるように頑張りましょう!

嫌いな人と無理に付き合わない

嫌いな人と無理に付き合わないというのも1つ大事なことです。

よく友達から飲み会などに誘われたりする時に苦手な人もいるというようなことがあると思います。

嫌いな人がいる場合は特に無理して付き合わないようにすることが何よりも大事です。

無理して付き合うことになると、自分にとっては相手に気を使ったり、精神的に更に負荷がかかる可能性があるので、避けることも大切になるのです。

人間関係でのストレスというのは相手とどの様な関係であるかが一番大事になります。

例えば嫌な人といるというのは、早くこの時間が過ぎて欲しいと思うことが多いでしょうし、良い気分ではありませんよね?

早めに終わりたいという気持ちでいっぱいになったりすることもあるでしょう。

そんな時は無理に付き合わないという選択が大事になるのです。

ストレスを抱え込む前にガス抜きを予めしておくことで、気持ちを楽にすることができます。

親しい人に愚痴を吐く

ストレスというのは様々ありますが、いずれはそれが溜まりに溜まることになると思います。

そんなストレスを親しい人に言うというのは自分自身はとてもスッキリすることであり、適度なガス抜きの1つになるのです。

嫌なことがあったというのは自分だけに溜め込むのではなく、誰かに相談などをしたりするのも良いでしょう。

愚痴を吐くというのは今のストレスを吐き出している、ガス抜きをしているという行為にも繋がるので、よく親しい友人と食事に行ったり、お酒を飲むという人はその機会に友人の許可を得てから愚痴を吐くということをするようにしましょう。

この愚痴を吐くというのはSNSでもできることであり、例えばTwitterなどでも愚痴を吐くことができます。

Twitterの呟きというのは何を思っているのかを吐き出す場所でもあるので、普段では言えないような愚痴を言ったりする人もいるでしょう。

ですがそれを見ている人がいるというのを忘れないようにしてから、不満やストレスを呟いてみてはいかがでしょうか?

恋人によしよししてもらう

恋人によしよししてもらうというのも1つの方法です。

好きな人といるというのはストレスを感じさせなくすることができ、頭をよしよししてもらったり、話を聞いてくれるという恋人がいるととてもストレスの軽減になるのです。

ガス抜きの方法としては一番良い方法であり、普段の趣味などではあまり減ることが無いストレスなどもガス抜きすることができるようになります。

好きな相手に頭を撫でられたり、甘えたりするというのもストレスの発散に繋がり、嫌なことを忘れるようになるので、恋人がいるという人は1度相手に話しを聞いてもらったり、よしよししてもらうという方法をしてみてはいかがでしょうか?

フォロー役に回らない

フォロー役に回らないというのも1つのガス抜き方法です。

例えば誰かの役に立ちたいと思い行動をすると思います。

その時にその人のためにと思ってする行動が実は自分自身にとってはストレスに変わっていくのです。

解決した後に「凄いいざこざがありながらも自分は仲を取り持った」という気持ちがある中「大変だったんだから」という考えになるのであればそれはストレスになっているのと同じになります。

仮にストレスなどに感じない人は大変とは考えずに「大丈夫だよ」という気持ちだけになるので、大変だった、あの時はああだったという人がいるのであれば、それは間違いなくストレスが溜まっているのと同じになります。

誰かの役に立ちたいと思いフォロー役に回ることもあるでしょうが、フォロー役に回ることで、自分自身に負荷がどんどんかかる可能性があるということを忘れないようにしましょう。

干渉せず放っておく

干渉をせずに放っておくということもガス抜きする方法の1つです。

誰かが喧嘩をしている時に無理に割って入り話しを聞くということはとても良いことに見えます。

ですが同時にお互いの意見を聞きながら解決に導くということをしなくてはいけません。

またそのまま放っておくというのが性格上無理だという人もいるでしょうが、時にはそのまま放っておくというのが一番の解決になることもあるのです。

ストレスを抱える際に、人助けなどをして疲れるということが多い人は、時にはそのまま見守るということをすればよりストレスを感じさせなくするのではないかと思います。

自分を優先させる

自分を優先させるというのは他の人のことは気にせずに自分の好きなことをするということでもあります。

例えば仕事の優先度というものもありますよね?

先にしなくてはいけない仕事があるのに、他の仕事まで任されてしまったというようなことがあると思います。

そんな時に先にする仕事を取るという自分を優先させる行動がガス抜きにも繋がるのです。

自分を優先させるというのはストレスを感じさせない行動であり、例えば「今日は体調が悪いから休みたい」と思っていても「学校があるから行かなくてはいけない」と思う人もいるでしょう。

休みたいと思っていても行かないといけないというのは自分を優先させていませんよね?もし仮に学校に行ったとして症状が悪化してしまったら大変なことになると思います。

ですが休みたいから素直に休むという方法を取ると病院に行って安静にすることもできますし、病気になっていたとしたら行かなくて良かったという表現に繋がると思います。

自分を優先させることは人というのはあまりできないもので、常に仕事があるから、学校があるから、バイトがあるからと言って自分のことを後にする人が多いです。

それがストレスを多くさせる原因にも繋がります。

自分を優先させることで自分のやりたいことをする、というのがストレスを感じさせなくガス抜きすることができるので、時には自分を優先させてみてはいかがでしょうか?

適当に聞き流す

適当に聞き流すというのもガス抜きの方法です。

気になることがあったりすることが多いと思いますが、それを適当に聞き流すことで負担を減らすことができます。

例えば愚痴を言われる立場の場合は、聞こうと思って聞く分には良いでしょうが、嫌々聞くのではストレスを感じさせることが多いですよね。

また、それをいきなり言われると更に「何でいきなり…」というような不満を持つことになると思います。

その様な時にはそれを聞くというのではなく、適当に聞き流すということをすれば気持ちが楽になるのではないでしょうか。

適当に聞き流すことで必要なものかどうかという聞き分けなどをできたり、自分が今どの様に思っているのかで判断をするようになると思います。

例えるならばテレビのチャンネルを気になるものがあれば止めて、それ以外はチャンネルを変えるといったような感覚と同じです。

その様な感覚で適当に聞き流すようにすればストレスとの向き合いもすることができるようになるでしょう。

人の良いところを見つける

人には悪いところもありますが必ず良いところもあります。

その逆もしかりです。

人の悪いところだけを見てしまうと何もかも嫌になってしまいストレスに感じることが多くなるでしょう。

ですが良いところを見つければ少しストレスは軽減され、ガス抜きにも繋がるのではないでしょうか?

噂などで耳をした評判の悪い人は実はその逆だったということを目撃した場合は良いところを見つけたということになりますよね。

噂ではあんなに酷い言われ方だったのに実際は違ったという人がいたりしませんか?偏見などからその様な意見を耳にするというようなことはありますが、噂というのは真実かどうかが解りません。

悪いところもあれば良いところもあるので、その良いところを見つけることが大切になるのです。

何も考えない

何も考えないというのはガス抜きをする上でとても大事なことです。

人というのは常に何か考えを持って生きています。

また何かいろいろな考えを常に持っていて考えないことが無いという人もいるでしょう。

人との関わりでは特に、寝る前でもずっと考えたりしますよね。

そんな時に何も考えないようにするというのは、とてもストレスを軽減させる方法の1つであり、最適なガス抜き方法でもあります。

何も考えないということが難しいので、最初は苦労をすることが多いかもしれませんが、何も考えないようにするというのは自分の気持ちを楽にさせうことができるので、是非実践してみてはいかがでしょうか。

楽しいことだけ考える

楽しいことだけを考えるというのも1つの方法です。

嫌なことが多い分、楽しいことを更に多く考えることで、嫌な考えを取り除くというものになります。

嫌なことを思えば思うほど、ずっと頭の中に残ったりして今でも小さい頃の嫌な記憶というものを覚えているのではないでしょうか?

そんな時に楽しいことをしていると忘れていますよね?その楽しいことを考えるだけでも人というのはとても気が楽になり、ストレスの軽減にも繋がることになるのです。

たまには人を頼ってみる

1人で何でも解決しようとして、喧嘩などをどうしようと考えるのではなく、時には人に頼ることでもガス抜きに繋がるようになります。

人間関係のストレスを一番軽減させる方法も人間関係なのです。

1人で抱え込むということが無いように、たまには人に頼ってみても良いのではないでしょうか?溜め込んでしまってガス抜きができないという人の傾向の中には、人に相談をあまりしない人が挙がります。

相談をするというのは頼るのと同じであり、全て自分で抱え込む人が多いですが、時には人を頼ることも人生の中では大切だということを忘れないようにしましょう。

名言集を読む

名言集を読むというのもガス抜き方法の1つです。

本などのエッセイを購入したとしてその本の中にはいろいろな名言集があると思います。

その時にこの言葉はこういう状態の時に言われたというような説明と、どういう意味が込められているのかが書かれていると思うのです。

その言葉というのは人に影響を与えるものばかりでしょう。

元気が出る言葉などの本を購入することで読む人もまた元気になることができるので、その様な名言集を読んだりするということもガス抜きに繋がることでしょう。

運動して汗を流す

運動をして汗を流すというのもストレスを軽減させるためにはうってつけの方法です。

運動というのは嫌なことを忘れさせるくらい身体を思いっきり動かすことができます。

例えば趣味でスポーツをしているという人は、その時間を作ると良いでしょう。

バスケやサッカー、野球などでも良いでしょう。

その趣味の時間でスポーツをして汗を流すというようなことをするととても気持ちがスッキリしませんか?

また試合などがあるという人は、全力を出し切ってみてはいかがでしょうか?

その時の気持ちはとても高ぶっている状態であり、嫌なことではなく試合のことしか考えられない状態になり、終われば嫌なことを忘れるくらいの事になっていることもあります!

お酒を飲む

お酒を飲むというのもストレスを軽減させるものの1つです。

酔っ払うことで嫌なことも言いたくなったり、相手に愚痴を言う人がいると思います。

お酒の力を少し頼って普段嫌なことを言ったり、不満を相手に言って見てはいかがでしょうか?

深酒は厳禁!

深酒は厳禁です!お酒に頼ると言って飲みまくるという行為はしないようにしましょう!適度にたしなみながら、友人達と話をしたり、1人で飲むことで、飲むことを楽しむようにしましょう!

【たまにはひとり飲みしてみませんか?ひとり飲みについてはこちらの記事をチェック!】

読書をする

読書をするというのもガス抜き方法の1つです。

小説などでは物語があると思いますが、その物語に入り込むようなイメージを持つと一番良いでしょう。

例えば主人公の気持ちになってその世界に入り込むというようなイメージです。

読書というのはその世界に一時の間引き込み、映画を見ているような感覚になるので、是非読書というものはするようにしましょう。

ストレスを抱えるというのは現実的なものからくるものが多く、人間関係などもその1つですよね。

ですが読書をしている時はその現実から少し遠のくということもできるので、読書をして時間を有効に使い、時には自分自身が主人公になってみてはいかがでしょうか?

趣味の時間を増やす

趣味の時間を増やすというのも有効的な方法の1つです。

趣味の時間というのは仕事をしていて疲れていると休日であってもできないことが多いですよね?

そんな時に少し有給などを使い趣味の時間に費やしたり、新しい趣味を見つけて時間を増やすというようなこともできるのではないでしょうか。

常に仕事続きで休日休みだけになってしまうと疲れというものが増してどんどんストレスになってしまいます。

また仕事では人間関係が必ずついてくるのでその影響により疲れを取りたくても取れないという状態になる可能性が高いです。

そんな時に趣味の時間を増やすことでそれ以外のことを考える時間を与えてくれるものなので、ストレスの軽減にも繋がります。

是非趣味の時間を増やすようにしてガス抜きをするようにしましょう!

考え方を変える

考え方を変えるというのもガス抜き方法の1つです。

喧嘩などをしてしまったり、仲介して入ったとして、今のその自分自身の考え方を変えてみるというのも1つの方法なのではないでしょうか。

直ぐに変わることは難しいかもしれませんが、考え方を変えることでまた人間関係にも上手く付き合える可能性が増えるのです。

️人間関係のガス抜きはこまめにやろう

人間関係のストレスというのはとても溜め込みやすいです。

そのためには適度なガス抜きが必要になります。

人間関係のガス抜きというのは適度にしないどんどん溜め込んでしまいます。

その原因は喧嘩などがあったりすることもありますが、何よりも相手のことを気にしたり、その喧嘩という行為が嫌だという人もいるでしょう。

ストレス感じないと思う人でも実は人間関係のストレスを大きく溜め込むことが多いです。

なので人間関係のストレスを溜め込む前にガス抜きというものをこまめにするようにしましょう!

人と衝突するのは当然のこと

人と衝突というのは当然のことと割り切ることが必要です。

皆がみな、同じ考えではありません。

人というのは個性があるので、人と意見のぶつかり合いをするのは当然のことです。

あまり気にしすぎないことが大切

気にしすぎて助けてしまうという人もいますが、解決したことなどに関しては過ぎたことなので気にしないことが何よりも大切です。

ちょっとした事でも心配になったり、気になったりするという人もいると思いますが、気にしすぎないことが何よりも大切なので、人間関係のガス抜きをする際には気にし過ぎないようにしましょうね。