今の日本には多くのストレスとなる要因があります。

仕事・育児・家庭など人によってその内容はマチマチです。

人によって感じ方も違うので、どんな出来事出会ったとしてもストレスになる可能性はあり、一概にこうすれば良いという定義もありません。

また、人との関りが少なくなってきている事もあり、孤独を感じてしまう事もあるかもしれません。

多くのストレスに一人で立ち向かう事は心身共に大きな負担となります。

その結果、心や体に病を抱えてしまうことも珍しい事ではありません。

その為、私たちは出来るだけ心を穏やかにする為に素tpレスを解消する方法を見つけなければなりません。

ストレスの解消方法は人によって違います。

買い物に入ったり友人と一緒に遊ぶなどしてアクティブに活動する事がストレス解消になる人も入れば家で静かに本を読んだり趣味の世界に没頭する事がストレスを解消する事に繋がる方もいます。

どの方法も正しく、間違いはありません。

自分にあた方法を探す事が大事なポイントなのです。

ですが、日々忙しく生活しているとストレスを解消する時間を確保する事が出来ないという事もあるかもしれません。

出来るだけ多くの時間を確保したいと思う余り、日々を忙しくしてしまった結果、必要以上にストレスを倍増させてしまう事もあるかもしれません。

そうならない為には、時間をかける事無く出来るチョットした息抜きの方法を知る事が必要です。

息抜きの方法も人によって様々です。

アルコールを飲む事でストレスを解消する事が出来る人も入れば、掃除や洗濯などの家事によって日々の生活をリセットする事が出来る人もいます。

そんな中で。

今回おすすめしたいのが、花のある生活です。

お花には人の心を癒してくれる効果があると言われています。

日々忙しく過ごして居る人も、殺伐とした時間の中でふと花を見る事が出来れば心に余裕が生まれ前向きな気持ちを取り戻す事が出来るかもしれません。

更には、心がリラックスして疲れを忘れることが出来るでしょう。

そこで今回っは、おすすめのお花屋さん情報を中心にお花の素晴らしさについてご紹介させて頂きます。

お花屋さんの常連になろう

お花を日々の生活に取り入れる為には、まずは購入する事からスタートします。

園芸店などに行って鉢植えを購入する事も出来ますが、その場合には育てる時間と手間がかかります。

普段からそういた事をしていない人にとって、それは大きな負担となる場合もあります。

美しい花をみたいのに、なかなか育ってくれない事がストレスになってしまう事もあるでしょ。

時間をかけて育てる事によって生まれる愛着もあるものの、ストレスを発散する為であれば余りいい方法とは言えないかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、切り花です。

切り花とは、既に咲いているお花を購入する事であり育てるという事は無く短い期間楽しむ為の物です。

鉢植えのように長い期間楽し無事は出来ませんが、その分より簡単にお花を家の中に取り入れる事が出来ます。

また、最近ではフラワーアレンジメントと呼ばれる物もあり多くのお花を集めて一つの作品としたものを、飾る事も出来ます。

こちらはインテリアとしての要素もつまっているので、よりオシャレにお花を楽しむ事が出来るでしょう。

フラワーアレンジメントや切り花を購入する際は、お花屋さんに行く事をおすすめします。

多くのお花があり、季節によって変わる姿を楽しむ事が出来るでしょう。

また、常連になる事によって花の知識を自然と学ぶ事が出来るだけでなく、例え購入しなかったとしてもお花のある日々を楽しむ事が出来るようになるのです。

現在、都内には多くのお花屋さんがあります。

都会と植物はイメージが重ならないような気もしますが、それだけ多くの人が花々に癒しを求めていると言う事なのかもしれません。

その他にも、あなたがまだ気が付いていないだけで身近には沢山のお花屋さんがあるかもしれません。

是非ゆっくりと自分の周りにある花屋さんを探してみてはいかがでしょうか。

1.生活に花があることのメリット


お花が部屋にあるだけで、心に少し余裕が生まれる場合があります。

例えじっくり見る時間が無かったとしても、ふっとした瞬間に目の中に入る事によって一息着く事が出来るかもしれません。

また、通り過ぎた時に感じる香りで心が癒される事だってあるでしょう。

その出来事一つ一つが、あなたの心の癒しとなってくれるのです。

2.生活に花を取り入れよう

日々の生活にお花を取り入れる事は、ストレスを解消する事にも繋がり大変良い効果を期待する事が出来ます。

その為、大変おすすめの方法です。

ですが、普段から花のある生活になれていない方からすると、何から手を出したら良いのか分からない事もあるでしょう。

お花は生き物です。

その為、手をかければかける程長生きする場合もあります。

鉢植えの場合などは何年も楽しむ事だって出来るかもしれません。

ですが、フラワーアレンジメントや切り花の場合は多少の差はある物の、花の命にさほど大きな差はありません。

その為、長持ちする事はありませんが、その分少ない手入れで花のある暮らしを楽しむ事が出来るのです。

なかなか時間を取ることが出来ないけれど、出来るだけ花のある生活がしてみたい。

そんな思いを持っている方も多く居る事でしょう。

そんな方々でも、フラワーアレンジメントや切り花であればお水を変えるだけで花を家のなかに置くことが出来ます。

厳密に言うと、花の水を変えるだけではあまり長続きはしないかもしれません。

ですが、それでも短期間であれば花のある暮らしを楽しむ事が出来ます。

栽培にストレスを感じてしまうのであればこの方法が一番いい方法だと言えるのでは無いでしょうか。

花の命が短いからこそ、一番美しい姿を楽しむ事が出来ます。

また、気軽に季節の花を取り入れることが出来るのでより季節感のある日々を演出する事が出来るでしょう。

最近では、全く手入れの要らないブリザーブドフラワーなどと呼ばれるものも登場しています。

その為、それを使用する事によって更に手軽に花のある生活を手にする事が出来るかもしれません。

3.上手に手入れすれば長生きする


お花も、ペットと同様に命ある生き物です。

その為、手間をかけてあげればあげる程長持ちします。

一瞬だけでも花のある生活を送りたいというのであれば、あまり手入れをする必要は無いかもしれません。

ですが、その分早く花は枯れる事になります。

少しでも長く美しい花を愛でていたいと思うのであれば、それなりに手間をかける事が必要です。

普段花のある生活をしていないひとからすれば、その小さな手間も負担になる事もあるかもしれません。

ですが、一度覚えてしまえばそれほど難しい事はありません。

少し手間をかけるだけで美しい花を手に入れることが出来るのであばその方が良いとは思いませんか?

殺伐とした日々の中で、花を育てるという時間はとても貴重であり心を癒してくれる空間になるはずです。

その為、その空間を大事にして自分の癒しの時間と捉えれば日々のお世話もさほどストレスを感じる事無く行う事が出来るのでは無いでしょうか。

1.常に水を綺麗に

お花にとってお水は食事と同じです。

その為、常に新鮮な物をあたえてあげましょう。

お水もまた、腐ったり傷んだりします。

その為、ずっと同じ水を使っている事はお花にとって良くなく悪臭などの原因になってしまう事もあります。

水を変える事は、花をを育てる上で基本中の基本です。

それすらできないのであれば、お花のある生活を目指す事は難しいかもしれません。

朝行う事が難しければ、夜でも構いません。

自分の空いている時間を少し使うだけで、美しお花をより長く楽しむ事が出来るでしょう。

2.冷暖房を効かせすぎてはNG

お花は、その種類によって対応する事が出来る温度が違います。

その為、暑さ・寒さによって元気がなくなってしまう事もあるでしょう。

その為、室内にお花を飾る際は温度管理も需要となります。

また、乾燥なども良くない場合もありますのでそれぞれ注意が必要です。

お花屋さんで購入する際は、それぞれのお花の特徴を聞いてみるのもいいかもしれません。

それぞれ一つ一つ違う温度で保存する必要もありませんが、少し意識を向けるだけでより長い期間おお花を楽しむ事が出来るでしょう。

3.日の当たらない場所に置く

植物は基本的に水・太陽・二酸化炭素が必要となります。

その為、日当たりの悪い部分に置いてしまうと太陽の光が足りず光合成が出来ない事からかれてしまう事があります。

私たち人間もタダ食事をすれば生きて行く事が出来るという問題ではありません。

運動も大事だし、睡眠だて必要です。

それは植物もまた同じなのです。

その為、きちんと育つ事が出来る環境を用意してあげることも大事なポイントです。

とはいえ、お家によってはどうしても日当たりの良い場所を確保する事が出来ないという場合もあるでしょう。

そんな時は、お花を購入する前にお花屋さんに相談してみてください。

植物によっては日当たりが悪くても育つ事が出来る物が沢山あります。

その為、選ぶ花を変えるだけで日当たりの悪い場所でも花を楽しむ事が出来る場合もあるのです。

諦めてしまう事は簡単な事です。

ですが、本当に花のある生活がしたいのであればいくらでも対処方法はあるのです。

4.枯れた葉や花は取る

元気のない部分を残しておくと、そこにまで栄養を与えようとしてお花が疲れてしまう事もあります。

また、腐敗などが進むと元気な部分にまで影響を及ぼしてしまう恐れもあります。

その為、枯れてしまった部分は出来るだけ早めに取り除く事が望ましでしょう。

更には、まだ美しく咲いている花があるにも関わらず枯れている花があると見た目的にどうしても美しいとは言えません。

その為、細かい手間をかけることによてより美しい姿の花を長い期間楽しむ事が出来るようになるのです。

5.茎のヌメリは頻繁に洗う

茎のぬめりは、腐敗の原因となります。

水を汚してしまう事もあり、他の元気な花にまで影響を及ぼしてしまう事もあるでしょう。

買ってきた切り花などは、手入れをせずにそのままの状態で過敏にさしたままにしてしまう方も大勢います。

ですが、このひと手間を書けることによってより美しい状態をたがもちさせることが出来るのです。

6.茎の先を少しずつ切っても良い

買ってきた切り花などは、お店の人がある程度の長さに切ってくれています。

ですが、お家によっって生ける花器は違います。

その為、時には長すぎるという時もあるかもしれません。

そんな時は切ってしまえば良いのです。

切る時に水の中に入れ、斜めにカットする事によってより水が吸いやすくなります。

これを、水揚げと良いよりお花を元気にする事が出来る方法です。

この方法は何も購入してすぐでなくとも行う事が出来ます。

その為、少し元気が無くなってきたなと感じたら再度短くしてしまう事も可能です。

そうする事によって、より長い期間お花を楽しむ事が出来るようになるでしょう。

お花屋さんで東京にあるお店13選

さて、ここからは東京にあるお花屋さんについてご紹介させて頂きます。

東京は日本でも有数のオシャレスポットが多くある地域です。

その為、そこにあるお花屋さんもまた個性豊かなお店が多くそれぞれ違った姿を楽しむ事が出来ます。

場所によっては、スクールなども開催しているのでより深く花のある暮らしを楽しむ事が出来るでしょう。

また、地方に住んでいる方も全国配送をしてくれる場合もあるので、それを利用する事によって最先端の花を愛でる事も出来るかもしれません。

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.LeVesurve<ル・ベスベ>

http://www.levesuve.com/

こちらのお店は、東京の表参道駅から歩いて10分程の所にあるお花屋さんです。

駅から少し離れてはいるものの、この辺りにはオシャレなお店が沢山あり隠れ家のようなお店も多数存在しています。

その為、それらのお店を楽しみながら進む事によってあっという間に目的のお店に着く事が出来るでしょう。

外観は、草木におおわれておりそこが都会の真ん中だと言う事をすっかりと忘れてしまうような外観をしています。

単に花を買いにいく昔ながらのお花屋さんでは無く、まるで植物園に遊びに行くような気持ちでお店を訪れる事が出来るでしょう。

こちらでは、季節に合わせたお花を多く取り扱っており行くたびに違った姿の花を楽しむ事が出来ます。

また、オーダーでの作品作りも行っており、結婚式などに使用するお花も一日を通してトータルコーディネートして貰う事が出来ます。

型にはめられたものでは無く、自分なりのオリジナルのデザインのお花を楽しみたいという人にはピッタリのおみせでしょう。

スタッフの方がブログを開設しており、それを見る事によって季節の花の移り変わりや美しいアレンジ商品などを楽しむ事が出来るでしょう。