あなたが今住んでいる場所は防音対策がしっかり取っていますか?

自分自身で振り返ってみると意外と部屋にいる時にたくさんのもの音を出しているということにあなたは気づいていますか?

私たちは気づいていないうちにたくさんの物音を出しています。

その要因は様々なことが考えられ、例えば喋り声に関しても自分たちでは気づいていないかもしれませんがかなり周りに響いてることなども考えられます。

これまでにアパートやマンションに住んだことがある経験がある方は必ず誰しもが経験することになると思いますが、隣の住人の話し声などが丸聞こえだった経験があると思います。

家の中であればある程度の喋り声に関しては聞こえないようになっているかもしれませんが、ベランダで話をしていたり、窓を開けたりしていることによって隣の人に丸聞こえだったりすることは十分考えられます。

大きい声になれば隣ではなくひとつまたいだとなりに関しても十分聞こえるようなボリュームになる可能性も考えられます。

また騒音に関しては喋り声だけではありません。

例えばあなたは部屋で音楽を聴いたりすることがありますか?

今の時代ではスマートフォンを使って音楽を気軽に聞くことも可能になっており、スマートフォンと自宅にあるコンポを接続して音楽を聴いたりすることもできます。

コンポで音楽を聴く場合はどうしても音量を上げて聞いたりしてしまう場合が多いので、かなり大きい音量で周りに響いてしまいます。

自分にとっては好きな曲を大音量で聞けてストレス解消になるかもしれませんが、全く興味のない音楽が隣から大音量で聞こえてきた場合は苦痛でしかありませんよね。

なので私たちの日常生活を振り返ってみると思いがけない場面で実は騒音を出しているということが十分考えられるのです。

なので今回は騒音をテーマにして騒音を出さないために普段から気をつけるべきことについてご紹介していきたいと思います。

騒音対策できていますか?

自分自身がしっかりと気をつけていなければ騒音を出しているということに関して自己認識することができないことをご紹介していました。

自分の認識では騒音を出していないと思っていても騒音であるかどうかという言葉自分自身で判断するのはかなり難しいことなのです。

基本的に騒音だと感じるのは自分ではなく他人の感性によるものになりますので、自分では騒音だと思っていなくても周りが騒音と思えばそれも騒音になってしまうんです。

もちろん極端な例に関しては認めることができませんが、大抵の場合は自己認識が甘く騒音を見逃しがちになってしまいます。

それを踏まえた上であなたは自分なりに騒音対策を工夫していますか?

騒音対策を工夫していなければいつ身の回りにいる人間からクレームはくるかわかりません。

騒音対策をするということはそれは自分の立場を守るということにもつながります。

自分なりにしっかりと工夫することによって意識を高めることが可能になり、それだけでも騒音を出すということに対してある程度の抑止力にも繋がるようになります。

だからこそ自分も自宅の生活環境を振り返ったので騒音を出してしまう可能性がある行為を行っているのであれば、ある程度自分なりに工夫できることは積極的に行わなければいけません。

そうすることによっていま自分が住んでいる場所の人間が気持ちよく住むことが出来るようになり、周りの人間関係を崩さないようにすることもできます。

特に近所づきあいなどが求められる団地などに住んでいる場合は絶対的に対策しなければいけない事にもなりますので、注意する必要性があります。

騒音の原因とは?

そもそも騒音の原因になるような言葉どのようなことがあるのかと考えた時にあなたはいくつ思い浮かべることができますか?

おそらく騒音の原因になるようなことを生活環境と絡めて考えてみてもそこまで多くのことを思いつくことはできないかもしれません。

今自分が周りの騒音に悩まされていると感じている方ならばいくつか多めに思いつくことが出来るかもしれませんが、それでも自分では気づかないうちに騒音になってしまう要因というものは存在しているのです。

なので騒音対策をする前にまずは知っていただけなければいけないこととして騒音の原因になるようなことを正しく把握することです。

この原因が分からなければそもそも自分自身が騒音を出しているということに気が付かないからです。

なので騒音の原因となり得るような事をまず正しく把握した上で、その行動をとる場合はどのように工夫しなければいけないのかということを段階的に考えていく必要性があるということです。

なのでより自分自身の騒音に対する自己意識を高めるためにこれからご紹介する騒音の原因をよく理解し、それを騒音対策するきっかけにつなげていくように考えてみてください。

ペットの鳴き声


まずはじめにご紹介する騒音の原因はペットの鳴き声です。

おそらく日本に住んでいる方の中ではかなりの数の人間がペットを飼っていると思います。

基本的にはマンションやアパートに関してはペットが禁止になっているところが多いので、このような場所に住んでいる方はそもそも飼っていないという方が多いかもしれませんが、一軒家なのに住んでいる方はペットを飼っている家庭も多く存在していると思います。

ペットを飼うことによって新しい家族を作ることができ、充実した生活を送ることができるのですが、その反面ペットを飼うということは周りに気づかなければいけないということにもなります。

なぜならペットの種類によって鳴き声の対策をしなければいけないからです。

ペットはそもそも人間と違って人間の生活環境などを考慮した上で行動するということはできないので、静かにしなければいけない場面だったとしても無き声を発してうるさくしてしまうことは十分考えられることです。

なのでペットの鳴き声が場合によっては騒音になってしまうということを理解して行動しなければいけないのです。

自分たちからすれば可愛い家族が鳴き声を発しているくらいにしか思えないので、そこまでストレスになるような事はないかもしれませんが、もしも動物が嫌いな人間だったり、特に愛着がわいていない動物が隣でえんえん泣き喚いている声を聞かされる立場になってしまったと考えるとどうでしょうか。

おそらくそれが毎日のストレスとなって本来であれば体を休める場所である自宅が大きなストレスを受け続けてしまう環境に変化してしまうと考えることができます。

なのでいくらペットが可愛いからといってペットの鳴き声を放置してしまうようなことはしてはいけません。

ペットの鳴き声がうるさい場合はペットの環境を騒音対策した場所に移したり、鳴き声が響かない屋内で飼うなどの工夫を行わないといけないのです。

実際にペットの鳴き声がうるさくて近隣トラブルに発展したり、何らかの傷害事件に発展してしまったというケースはかなりのケースが存在しています。

なのでそれほどのストレスを受ける行為なんだということを自覚しておかなければいけませんので、ペットを飼っている方は高い意識を持って騒音対策を行うようにしてください。

給排水管

次にご紹介する騒音の原因は給排水管です。

給排水管はしっかりと気をつけておかなければ騒音になってしまう可能性がある存在になります。

なかなかこの部分に気づいている方は少ない場合が多いので、どうしても個人個人が高い意識を持って気をつけておかなければ改善することができないポイントになりますので注意が必要です。

給排水管に関しては給水器具などが用いられているのですが、この給水器具が原因となって騒音が生じる可能性が十分考えられるのです。

例えば水栓類を解放した時の水流による駆動力であったり、キャビテーション及び急閉止によるウォーターハンマーなどが振動発生の原因となることが考えられます。

つまり自宅の水をためた状態から解放した時に一気に水が流れることによって近隣住民に関して水が流れる音が騒音として発生するということです。

これに関してはなかなか自分自身が騒音を出しているという認識を持つことができない行為になりますので、改善の仕様が難しいようなケースにもあります。

またそれ以外にも騒音が発生する可能性がある行為は存在しており、例えばトイレに入って用を足した後に水で流すと思いますがその時の水の流れが隣の部屋に聞こえてしまっていたりするという事も考えられるのです。

これに関してはそもそもの自分自身が住んでいる部屋の設備が乏しい可能性も考えられます。

しかしこのようなことが起きてしまうとトイレに行くにもいちいち気をつかわなければいけないので、リラックスした生活環境とは程遠くなってしまいますよね。

もしも今あなたが住んでいる場所が隣の部屋のトイレの音が聞こえてしまうということであれば、自分の部屋のトイレの音も聞こえてしまっているということが考えられます。

このような悩みを持ってしまっている場合はクレームが発生した場合は、住宅のリフォームであったり、改善を行わないといけない可能性も生まれますのでしかるべき場所へ相談しなければいけない可能性があります。

洗濯機

次にご紹介する騒音の原因は洗濯機です。

洗濯機が家庭にあるという方はたくさんいると思いますが、自宅で洗濯機を回す時にそれが騒音になっている可能性があるということに気づいていますか?

もしもあなたが住んでいる部屋が隣の家庭が回している洗濯機の音が聞こえている場合は要注意です。

もしかすると自分が洗濯機を回している時に隣にその音が丸聞こえになってしまっている可能性が高いです。

しかし洗濯機に関しては設置できる場所なども限られていますし、一人暮らしだった場合はなかなか洗濯機の場所を移動するということは難しかったりしますよね。

なのでなかなか騒音対策などが難しい場合は限られてしまうのですが、あまりにもうるさい場合は自分なりに工夫をしなければいけません。

ちなみになぜ洗濯機がここまで周りにうるさい聞こえてしまうのかという原因を探ってみると基本的には脱水時に音が鳴ってしまっているということが大きく考えられます。

洗濯機のある時にどんどんうるさかったりすることもあると思いますが、それと同時にその音の原因になるのはたくさんの水が一気に流れる音になります。

それを踏まえた上で自分で気軽に行うことができる騒音対策としては、洗濯機を水平にする、しっかりとした土台の下に敷くなどの行為が改善点に繋がる場合があります。

しかしそもそもの部屋自体の防音対策が弱いという場合に関してはある程度限界がありますので、その点は注意が必要になります。

ピアノ


次にご紹介する騒音の原因はピアノです。

あなたの家庭にはピアノはありますか?

もしも自分の家庭にピアノが設置されており、子供もしくは自分自身がピアノを弾いたりすることがあるのであればそれは騒音になってしまう可能性が十分考えられます。

もちろんピアノに限定されずに楽器類に関しては全てが移動すると考えた方が良いかもしれません。

例えば自分の部屋でトランペットの練習をしたり、ピアノの練習をしたい、ギターの練習をしたりする場合は十分に騒音対策をしておかなければ隣の部屋に丸聞こえになってしまう可能性があります。

そもそも住む部屋に関しては楽器を演奏するということを踏まえて考えられてはいないので、楽器などの比較的大きな音に対して対策を行っている部屋の構造は少ないです。

そもそもバンドの練習などをしたりするようなスペースがあれば元から音楽を演奏するということをもとにして防音対策に必要な資材を使って建設されているかもしれませんが、部屋は少なくともそれを踏まえられてはいませんので、音が丸聞こえになってしまってある程度当たり前なのです。

もちろん音量を少なくすれば問題ないかもしれませんが、そうなってしまうとなかなか楽器の練習をしたりすることは難しかったりすると思います。

ピアノは楽器の中では比較的音が小さいものになるかもしれませんが、それでも窓を開けていたり継続して長い時間演奏したりしていると迷惑になりますし、夜中にピアノの音が聞こえてくるとそれだけでストレスになります。

実際に1974年にはピアノの騒音がうるさいという理由というだけで殺人事件が起こっているのです。

なので自分たちの身を守るためにもピアノは必ず騒音対策を行う必要があるという意識を持つようにしてください。