みなさんの周りにも、「愚行」と思われるような行動を取っている人がいませんか?

はたから見ると、「あの人残念だな~」とか、「もっと頭使って生きればいいのに・・・」とか心の中で感じてしまう行動を取る人っていますよね。

「愚行」って聞くと、ちょっと残念でなイメージがありますね。

でも、「愚行」って実際にどんな意味なんでしょうか?

それに、「愚行」が目立つ人ってどんな行動を取っているのでしょうか??

もしかして、自分も周りから「愚行」と思われるような行動をしてしまったりしているんでしょうか!?

今回は愚行だと思うことの12個の特徴を紹介します。

愚行って?

「そんなのは愚行だよ!」って言ったり、最近では、2006年に刊行されて直木賞候補ともなったミステリー小説「愚行録」が、妻夫木聡さんを主演で映画としても発表されました。

みなさんは、「愚行」と聞くとどんなことを思い浮かべますか?

バカなことをやっている人、とか常識はずれな行動をしている人を思い浮かべるでしょうか?

それとも、知識がないゆえに間違った行動をしている人や、あとで痛い目を見ることを知っていながらも特定の行動が辞められないような人をイメージするでしょうか??

小説や映画などのタイトルに「愚行」というフレーズが入っていると、なんだかすごく面白そうで、興味深いですよね。

何か裏があるような、人には表に出して言えないような秘密があるかのような、ワクワク感があります。

でも、実際の生活の中で「愚行」と言われると、かなりマイナスのイメージですね。

では、どんな「愚行」というのは実際にどんな意味があるのでしょうか?

そして、どんな行動が「愚行」と思われているのでしょうか??

周りの人から「あの人、愚行を重ねているよ・・・」と、思われている行動の特徴について調べていきたいと思います♪

愚行の意味

では、まず言葉としての「愚行」の意味を調べてみたいと思います。

愚かな行為

「愚行」の漢字は、「愚か」と「行い」が合体したものですね。

それで、意味はそのままで、「愚かな行為」ということです。

愚かな行為・・・、じゃあ「愚か」って何なんでしょうか?

「愚か」を調べてみると、頭の働きが鈍いさまとか、考えが足りないという意味だそうです。

頭がちゃんと使えていない行為ということなんですね。

よく「愚かにも、◯◯を信じた」というような言い方をしますけど、ちょっと考えれば◯◯が信用ならないことが分かったのに、考えが足りないせいで信じてしまった、というようなことですね。

ということは、愚かな行為というのは、思考を働かせて、ちゃんとよく考えれば分かることや、理解できることができていないということなんですね。

馬鹿げた行い

それで、「愚行」というのは、「馬鹿げた行い」と説明されてもいます。

「馬鹿」って、「ばーか」とか、「バカ野郎!」って人を皮肉ったり、人に悪口を言う時によく使われる言葉ですけど、辞書でその意味を調べてみると、その意味はけっこう深いんですよね。

例えば、「馬鹿」というのは、知能が劣っていて愚かなことを行う人や、そのさまを表しているようです。

だから、知能の働きが鈍っているときに「頭が馬鹿になっている」と自分で言うこともありますね。

そして、社会的な常識に欠けている人や、その行動も「馬鹿」っていうそうです。

ちなみに、「馬鹿」の由来は、サンスクリット語の「無知」とか「迷妄」を意味する言葉が転じたといわれています。

それで、「愚行」というのは、頭がちゃんと使えていない行動とか、常識を考えるkとができていない行動という意味で、「馬鹿げた行い」ということができるんですね。

愚行をするということ

愚行というのが、愚かな行いであり、馬鹿げている行いを指していることがわかりました。

それは、考えが足りていなかったり、常識外れの行動が関係しているということですね。

しかし、愚行をするということは単に無意識に行っていることと、意識的に行うことがあるのではないでしょうか?

単に、知能の働きが足りていなくてとか、考えが足りていないせいで、結果愚行と言える行動を取ってしまった、ということは誰にでもあるかもしれません。

あることで失敗した時に、「あの時もっとよく考えれば正しい選択、決定ができたのに・・・」と後悔するようなことってあるのではないでしょうか?

一方で、馬鹿げた行いであるとわかっていることでも、あえて行う人もいますね。

例えば、最近のニュースなどで、ある若者たちが車の通りの多い公道を、車で暴走し、それもその車の上には一人がしがみついているという映像をSNSにアップしていたことがありました。

そのような行動というのは、危険であり周りの人にどれだけ迷惑になるかということは、考えれば?、あるいは考えるまでもなく、誰にでもわかることですが、あえてそれを行っているということですね。

周りからすると、あまりにも程度のひどい「愚行」と思えることですが、それでもその人たちはスリルや楽しさを求めて行うことなのかもしれません。

それで、愚行をするということは、無意識にとか悪い意図がなく行ってしまうこともあれば、迷惑とか常識外れで「馬鹿なこと」と分かっていて、あえて意図的に、あるいは選択的に行っていることがあるでしょう。

愚行だなと思うことありますか?

みなさんは、周りの人の行動を見て「愚行だな」と思うようなことがありますか?

学校や職場、あるいは近所の人や知人のことなどで、心の中で「愚かだな~」とか、「馬鹿だな」、「もっと考えて行動すればいいのに」と感じることがあるでしょうか?

そうゆう、愚行を目にしたり、そうゆう行動を繰り返している人の話を聞いたとき、どんな気持ちになりますか?

もしかしたら、目の前で愚行を目にした時には、イライラしたりするかもしれません。

さらに、愚行を自慢している人がいると、「馬鹿だな・・・」って残念な気持ちになったり、その人を評判はかなり下がり、信頼度はガタ落ちすることでしょう。

つまりは、「愚行」って周りの人を不快にさせたり、自分の評判や信頼というものを下げる行為であるわけですね。

それで、愚行を重ねている人が人として尊敬されることはないでしょう。

なので、自分としては愚行を避けて、賢く生きていきたいし、人に常に不快な思いをさせて、嫌われるような人間にはなりたくないですよね。

しかし、周りの人は愚行を重ねている人に対して「それって愚行ですよ」って言うことは、なかなかないかもしれません。

というか、言いたくても大抵の場合は言えませんよね。

その人がどんな行動を取るか、というのはその人の責任である場合も多いからです。

もし、周りに迷惑をかけている「愚行」をしている人がいたとしても、注意するのって簡単ではありませんよね。

逆ギレされても怖いし、トラブルに巻き込まれるのはイヤだからです。

なので、人から「愚行だ」と声に出して教えてもらうことがなくても、本当は心の中でそう思われている行為というものがたくさんあるのかもしれません。

自分も他人の行動を見て、「馬鹿だな」と思うことがあるのと同じように、もしかしたら自分の行動が他人からすると「愚かだ」って思われていることもあるのかもしれませんね。

愚行だなと思うことの12個の特徴

きっと、大抵の人は「愚かな人」って思われながら生きたいとは思わないでしょう。

愚かな人というのは、つまり馬鹿で知能の働きが弱い人という意味だからです。

そんなふうに、評価されたくないですね・・・。

人はみな、間違いをするし、失敗もするので、愚かなことを全くしない人はいないのかもしれませんけど、でも愚かで馬鹿な行動を重ねる必要もありませんよね。

自分の行いというのは、自分で選択していくことができます。

実際に、私たちの行動というのは、無意識のうちでやっていることも多いですけど、すべて自分の選択と決定によって成り立っているからです。

だから、しっかりと自分の行動の結果とか、周りへの影響などを考えて、愚行ではなく賢い行動を取っていきたいですよね。

でも、そうはいっても「愚行だな」と思われる行動を取っていることが、無意識のうちに、あるいは考えが足りていないゆえに、あるのかもしれません。

では、どんなことが「愚行」と思われているのでしょうか?

一般に考えられている「愚行」と言える行動について、その特徴をまとめてみました!

1.人のことを考えない


まず、”人のことを考えない”行動というのが愚行だと思われています。

人のことを考えない人、けっこういると思いませんか?

その人たちは、周りの人の気持ちとかを考える習慣がないのかもしれません。

自分が「こうしたい!」と思ったことでも、大抵の人は、周りの人への影響を考えて、その行動を取るのが正しいことなのか、それとも控えるべきことなのか、ということを判断することができますよね。

例えば、タバコを吸う人たちはたくさんいます。

タバコを吸うか、吸わないかということは本人の自由です。

でも、自分がいる場所に小さな赤ちゃんや子どもたちがたくさんいることに気が付いたならどうしますか?

自分は今、「タバコを吸いたい!」と思ったかもしれませんけど、周りの人のことを考えるなら、場所を変えるとか、少し今は我慢して赤ちゃんや子どもたちに悪影響がないようにしてから、ゆっくりと吸うこともできるのではないでしょうか?

しかし、人ことを考えることができない人は、自分が「こうしたい」と思ったことをそのまま行動に移します。

周りにどのような影響があったり、自分の行動によって他人がどのような気持ちになるかということを考えることができないのです。

もしくは、分かっていたとしても自分の気持ちや欲求の方を優先するという人もいるでしょう。

行動以外でも、人の気持ちを考えないでいつも話すという人もいますよね。

「これを言ったら相手はどんな気持ちになるかな?」ということを考えずに、思ったことをなんでも口に出す人というのは、周りを傷つけるような発言をいっぱいするので、嫌われます。

なので普通、人のことを考えないとということは、思いやりに欠けた言動が目立ちます。

そのような人は、人から嫌われたり、人としての評価がすごく下がりますし、周りを大切にできない人と思われて、自分も周りから大切にしてもらえなくなることが多いのではないでしょうか?

よく、周りの人のことを考えずに発言したり、行動したりするその本人が、「自分って人に誤解されていて、あまり好かれていないんだよね」と言っていたりしますけど、それって自業自得なのに・・・って思うことがありませんか?

「周りの人が自分を誤解している」と考える前に、自分の発言や行動を分析してみて、本当に周りの人への配慮や気遣いや思いやりがあるのかを、まず考えてほしいですね。

2.自己中心的


自己中心的な考えをして、行動する人も「愚かな人」と思われています。

自己中心的というのがどういうことかというと、自分自身が常に物事の中心にあるということです。

世の中のすべてを自分を中心にして考えているので、自分の考えと違う人を批判したり、自分の思ったこと、やりたいことができないとすぐに怒ったり、自分が中心ではないと納得できなかったりします。

そのような人は、他人のことへの配慮なんてできません。

自分が一番だからです。

ということは、自己中心的な人というのは、先ほど取り上げた人のことを考えられない人ということになりますね・・・。

他人の立場、感情、考えに配慮ができないわけです。

自己中心的な人の特徴として、自分の間違いを指摘されたときにそれを受け入れられないということもあります。

プライドが高くて、自分の考え方とかやり方が一番正しいと思っているし、自分を中心にして全てを考えているわけで、人はそれに合わせて行動すればいいと思っているのです。

なので、自分が批判されることや否定されることを受け入れられないわけです。

そのような考え方ってすごく危険ですよね。

だって、自分が間違っているときに、それをちゃんと指摘して教えてくれる人というのは、貴重な存在なのに、その人を逆にダメな人とか非難することになってしまうとしたら、もう忠告したり間違いを指摘してくれる人はいなくなるでしょう。

そうすると、間違っている行動、つまり愚行を繰り返し続けることになって、本当にどうしようもない「馬鹿な人」になってしまいます。

そうゆう人は、周りから見捨てられてしまいます。

さらに、自分自身は本来それほど重要ではないのに、勘違いしていて、世の中のすべては自分を中心にして回っていると思い込んでいるわけなので、他人のことを過小評価したり、自分の意向に合わないことはすべて、否定したり批判したりする傾向にあります。

わがままで、人のことになど興味がないので、自分の話しかしないでしょう。

人の話に耳を傾ける事や、人に関心を払うことなどできないわけです。

そんな人が、相手にとっていい友達、いい恋人になんてなれるはずもありません。

つまり、自己中心的な人というのは他人を大事にすることはできず、自己愛だけが強くて、わがままで、自分勝手な行動が目立ちます。

自分の考えがすべてなので、自分ルールを人に押し付けるなどの行動も取ります。

結果、人から嫌われて孤独になります。

3.人の意見を聞かない

人の意見を聞かないということも、愚かな行動の一つと言えるでしょう。

先ほども、自己中心的な人は人の忠告とか、人からの意見に耳を傾けることができないということを取り上げました。

でも、どうして人の意見を聞くというのは大切なんでしょうか?

それは、常に自分が正しいとは限らないからではないでしょうか?

それに、自分の考えには足りないところがあることが多いからではないでしょうか?

しかし、それを認めることのできない人が多いのです。

自分が考え、思っていることというのは、一つの考えであり、他の人は自分とは違った考えを持っていることを認めることができません。

人は自分とは違った視点で物事を見ていることによって、別の角度の考えを持っていることが多いですよね。

それで、いろいろな人の意見を聞くことによって、より視野の広い考えをすることができたり、自分とは違った感じ方をする人の意見によって、さらに見方を広げることができます。

自分とは全く逆の視点からの意見、というのは本当に貴重ですよね。

自分は一方向からの視点でしか物事を見ていなかったと気づきます。

さらに、立場や経験が違えば、それだけ見えるものが違ってきます。

同じ物事に対して、感じることも人によって全然違うでしょう。

そのいろいろな人の意見を聞くことによって、より深い洞察を得たり、より広い観点から物事を考え、たくさんの情報をもとに判断を下すことができるなら、より適切に物事を考え、正しく判断し決定できるようになるでしょう。

しかし、自分が感じること、考えることが全てだと勘違いしている人は、人の意見を聞きませんよね。

そして、自分とは違う考えや感じ方をしている人の意見をすぐに否定します。

そのようにしている人は、ものすごく視野が狭くなってしまうでしょう。

視野が狭いということは、全体を把握する力がないので、失敗も多くなります。

しかし、失敗をしても、そのことに対する人の意見や助言などを聞くことができないのであれば、改善も難しいし、間違いに気づくのが遅くなるでしょう。

ということで、さらに愚行を繰り返すということになってしまいますね。

もちろん、人の意見をなんでもかんでも鵜呑みにするというのも愚行でしょう。

しかし、人の意見を聞くことにより「そうゆう考えもあるのか」と、自分の思考力を使って考えられる情報、材料が増えるわけなので、より正しい判断がしやすくなるのではないでしょうか?

4.突っ走っている

一人で突っ走っちゃっている人も、周りからすると「愚行・・・」って思われているみたいです。

一人で突っ走っている人というのは、熱心な人なのかもしれません。

一生懸命で、頑張り屋さんという良いところもあるのでしょう。

でも、そのせいで周囲が見えなくなってしまっているのです。

周囲が見えなくなっているということは、自分本位の行動が目立ってしまいます。

そうすると、周りからは不満が多くなります。

周囲が見えないほどに、突っ走ってしまうと無神経な人と思われてしまうこともあります。

周りの人の気持ちとかを置いてけぼりにして、自分だけで物事を考えて、行うので、周りからの賛同とか協力が得られていないまま、物事を進めてあとで失敗するケースも増えます。

チームで働くということになると、自分ひとりで突っ走るタイプの人はチームの輪を乱す行動が増えたり、効率的に仕事をすることができない人になってしまうことも多く、自分本位で動くので、上司から怒られガチです。

あと、恋愛になると突っ走ってしまうタイプの人もいて、好きな人ができると周りが見えなくなってしまい、それまで大切にしてきた友人などを簡単に犠牲にしてしまう人もいます。

それまで一生懸命に取り組んできた仕事さえ後回しにして、恋愛に没頭してしまうことにより、職を失うということになる人もいます。

そして後で冷静になったときに、自分が犠牲にしてきたものを後悔するのです。

何かに夢中になったり、一生懸命になるのは素晴らしいですけど、自分を見失うことも、周りが見えなくなるほどになることも危険ですね。

5.無駄に詮索する

あと、無駄に詮索してくる人もいますよね。

自分には関係のないことまでアレコレと聞きたがったり、細かいことまで調べ上げようとしたりする人です。

誠実に、他の人の近況などを知りたいといういことと、無駄に詮索しようとする人とは全然違いますよね。

本当に人への気遣いがあって、他人を尊重できる人は、他人のプライベートに過度に首を突っ込んだり、人に言いたくないことを無理に聞き出そうとしません。

相手に本当に興味を持っているゆえに、相手のことを知ろうとすることはいいことです。

ですが、ただの噂の種を探しているため、あるいは他人の情報収集が趣味で自己満のためだけに、アレコレと詮索をさされるのってすごく不快ですよね。

でも、そのような人ってどうして詮索したがるのでしょうか?
もしかしたら、支配欲が強いのかもしれません。

事細かな情報を握ることで、相手をコントロールしたいのでしょう。

さらに、相手や他人の弱みを握ることによって、相手より優位な立場を得ていると思っているのかもしれません。

しかし、そのように人のことを無駄に詮索する人って、人にあまり広めてほしくないような情報でもすぐに噂にして流したり、自分が首を突っ込む必要のないことにまで手を出してトラブルに巻き込まれたりして、人間関係のトラブルが多くなりますよね。

詮索してくる人って、「めんどくさい」とか、「ウザイ」って思われてしまうし、人のプライベートに過度に首を突っ込んでくる人は嫌われるので、結果”愚行”と言えるでしょう。

単に仲良くなりたい、親しくなりたい、という理由でいろいろと聞きたいことがあるなら、相手が話したくないことまで詮索するのではなくて、時間をかけて信頼関係を築き、自分のことも話しながら相手を知るようにしましょう。

6.常識はずれ

常識はずれな行動は、まさに愚行と言えます。

しかし、常識って難しいと思いませんか?

ある人にとったら常識でも、別の人にとったらどうでもいいこと、と思えるようなことはたくさんあります。

時代によって常識は変わりますしね。

なので、細かい個人的に決めているルールのなかの常識と反していることや、それぞれの家庭によって感じ方が全然違うことで、他の人の行動について「あれは愚行だ、あっちも愚行だ」と言っていると、逆に疲れてしまいます。

価値観や考え方は人それぞれに違う、ということを覚えておくと、イライラが少なくなるかもしれませんね。

ただ、どんな人も”一般常識”というものは理解しておく方がいいでしょう。

常識というのは、社会の中の人間関係をスムーズにするために必要とされている事です。

例えば、住宅が密集しているところで、夜間に大きな音楽をかけて大騒ぎをしているなら、周りの人の睡眠を妨害してしまい、それは非常識な行動となってしまうかもしれません。

常識はずれの行動というのは、人を不快にさせる行動です。

なので、自分としては別にそれほど重要とは思っていないことも、相手がすごく不快に思うならそれは”常識はずれ”の行動となってしまうかもしれません。

それで、他人への思いやりや理解というものが必要ですね。

他の人がどう思うか、どう感じるかということを考える力が必要で、そのうえで他人の感情や考え方に配慮を払うということです。

自分の主観だけで物事を考えるのではなく、他の人を配慮に入れるということが常識につながるのではないでしょうか?

7.同じミスを繰り返す

同じミスを繰り返す人も、考えが足りないと思われます。

人間だから失敗やミスは誰にでもあります。

でも、ミスをした後の行動は人によって違います。

頭の良い人、優秀な人というのは、一度した失敗やミスを繰り返しません。

なぜなら、「なんで失敗したのか?」という原因を分析し、「どうしたらよかったのか?」という改善策を考えるからです。

同じミスを何度も繰り返す人というのは、失敗から学んでいないということです。

失敗をしたことでクヨクヨしたり、落ち込んだりするだけで、あとは何も考えずにいるからまた同じことでミスをします。

「失敗は成功の基」ということわざがありますけど、それができるのは、失敗から学ぶ人だけですね。

頭を使っていないと、ミスを繰り返し、周りからため息をつかれてしまいます。

8.先を考えない

後先を考えずに行動する人も、愚行を重ねることになります。

物事の結果、を考えないのです。

それで、自分のその時の欲求、衝動のままに行動するのです。

そういう勢いが必要なときも、確かにあるかもしれません。

特に若い時には、勢いに任せて行動できる何か強さみたいなものがあります。

でも、そのせいで失敗も多かったのではないでしょうか?

痛い目を見たり、大切なものを失ったり、後悔するような結果を身に招いたかもしれません。

そこから学ぶことによって賢くなっていけますが、いつまでたっても後先を考えずに行動していると、周りにも迷惑をかけ続けたり、自分の生活が苦しくなったりと、自分の行動のニガイ結果を身に招き続けることになります。

物事の先を見通す力や、自分の行動の結果を考える力がない人は、愚行によって自分や周りを傷つけることが多くなってしまいます。

9.金銭管理が甘い

お金の使い方がに関して、愚行が目立つ人もいるでしょう。

自分のお金は自由に使えるとしても、後先を考えずに使い果たしてしまったり、金銭管理ができていないために借金を抱えて、苦しい人生を歩むことになったりすることもあるでしょう。

浪費家のゆえに、お金のトラブルを抱えて家族を不幸にしたり、恋人や家族を失うという経験をしている人もいます。

金銭管理が甘く、考えが浅いために、病気や事故などの想定外の出来事が起きた時、老後などに苦労することがないように、しっかりと計画してお金を使っていきたいですね。

10.時間にルーズ

日本では、時間を守ることは常識の一つとして考えられています。

時間を守ることは、幼稚園から教えられていることです。

しかし、大人になっても時間にルーズな人がいます。

プライベートならまだしも、仕事でも時間にルーズな人は信頼されません。

自己管理がなっていない人と見られますし、行動に計画性がないと判断されます。

そして、責任感がないと思われるので、大きな責任を任せられることはありません。

人との約束がある場合にも、時間に平気で遅れる人は、相手の時間を平気で無駄にする人とも見られてしまうことがあります。

時間さえも守れない人は、他の約束も守れない人と判断されて、人としての評価が下がりますので、時間には余裕をもって行動しましょう。

11.独りよがり

独りよがりな人も嫌われますよね。

独りよがりとは、他の人の意見や考えを無視して、自分だけで”善い”と思い込んでいる人のこと、まだは行動です。

例えば、自分が善いと思っていることでも、相手にとったら不快だったり迷惑なこともありますよね。

それで、迷惑だということを伝えたにも関わらず、相手のその気持ちや意見を無視して、自分が”善い”と思っていることを押し付けるような人は、独りよがりで独善的な人です。

自分ひとりだけで”善い”と思っている行動だって、周りがそう思っていないなら、ただの迷惑行為でしかありません。

人の意見を尊重できない、人の考えを受け入れられないという人は、自己中心的な人です。

【独りよがりになりやすい人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

12.他人を頼らない

他の人を頼らない、という行動も愚行と捉えられていることがあります。

他の人になんでもかんでも頼りまくる人も、嫌われますけど、他人を頼らずに全部自分だけでやろう、とすることも賢いとは言えませんね。

他人を頼らない、という原因には、他人を信用していないということがあるのかもしれません。

さらには、自分のやり方や考え方と違う方法でされるのがイヤ、という人もいます。

しかしそのように、他人を信用できなかったり、他の人のやり方や考え方を認めることができない人は、独りよがりになってしまうことが多く、自分のやり方に固執して失敗することも多くなります。