男子高校生の悲願…

それは…モテることです!!

男子高校生にとって「モテる」ということは、この世の中で最も価値があることなのです!!

その三年間で、どこまでモテたのか??

生涯を通じて、これほど意味と価値を持つ三年間はありません!!

今回は少しでもそんな高校生のお手伝いができればいいと思っております。

️高校生でモテる19個の方法

高校生ですからね。

そんな方法は大人が見ても、ピンとこないかもしれませんね…。

それはそうですよ。

やはり年相応の「ブランド」というものがありますからね。

大人ならアルマーニ

子供なら任天堂スイッチ

みたいな感じですよ(謎)

では早速いってみましょう!!

1.眉毛やヒゲを整える

これは今時の男子には基本中の基本ですよね。

ヒゲは…校則大丈夫なんですかね??

少なくとも眉毛をいじるのは必須条件です。

ただし…ちょっとやりすぎ男子もいますよねえ…。

もう美しすぎて眉毛、というより「線??」みたいな感じの男子が…。

漫画やアニメの影響が強いのでしょうか??

眉毛は適度に自然な感じは残しておきましょうね!!

2.オシャレなサロンで髪を切る


高校生の息子は…
「いやあ、昨日青山の〇〇でカットしたんだけどさあ!マジ技術半端ないし!!カットだけで6000円ってマジやばくね!!ってかイケメンと美人揃い過ぎだし!マジあそこいけてるわ~」

一方お父さんは…
「いやあ、昨日駅前の1000円カット行ったんだけど、意外と良かったぞ~。美容師さんもベテランだったしなあ。何より1000円っていうのがすごいな!!お金が余っちゃったから今夜はプレミアムモルツ買ってきちゃったよ!!」

まあ世の中そういうもんですよ笑。

お父さんにしてみたら、何が青山だ!!洋服屋かっ!!と怒りだしそうですが…笑。

違うんですよお父さん。

彼らにはそこでカットした事実が非常に大切なのです。

同じカリアゲでも、バリカン一気とハサミで丁寧にするのは訳が違うんですよ…。

高校生の皆さん、たとえどんなにお父さんに文句を言われても「ブランド」は死守しましょう。

お金はかかりますけど、モテ要素に必要なら安いものですよ!!

…多分!!

3.ナチュラルなヘアセット

どんなに高価なヘアサロンに行っても、あまりに意識しすぎるのはよくないでしょう。

あくまでさりげなく「イケてる風」がベストです。

「今の俺イケてるでしょ!!」的強気なセットは禁物です。

なぜならそれを見た女子は「あいつやりすぎじゃん!?」と陰口をたたくからです笑。

下手するとその日からあだ名が「青山君」になるかもしれません。

かっこつけるのはあくまで「さりげなく」が理想です!!

ワックスのつけすぎ注意

定番の失敗ですよね苦笑。

朝セットした時はいいんですよね。

それが時間がたつにつれて、ベタベタしてきて、さらにはぺたんと潰れて、朝のイケてる髪型は

「鏡のイタズラか!?」と疑ってしまうほど夕方には変わってしまいます。

いくら、素材が軽いタイプでもつけすぎはよくありません。

4.私服ではオシャレな大人っぽい服を着る

普段制服であれば、私服はモテチャンスそのものです。

迂闊なミスは絶対に避けなければいけません。

どうも女子高生は、同級生の男子を幼く感じている人が多いようですね。

僕が知ってる限りだと、かなりの確率で年上好きと言います。

ということは…大人っぽさをアピールした方が効果が高いはずです。

ここはあえて、表参道に…行くとおこづかいが一瞬で消えるので、お洒落で大人っぽいコーディネートをなんとか安く仕立てましょう。

やりようによっては、ユニクロなどでも可能ですよ。

むしろ安あがりで、お洒落な方が好感度は上がるかもしれません!!

5.部活のキャプテンになる


出ましたね。

青春時代のヒーロー笑。

なぜかキャプテン、副キャプテンはモテますよねえ、あれどうしてなんでしょうねえ笑。

あこがれの的になりやすいのでしょうか??イメージだと後輩に特に持てるようなイメージがありますね。

なれるものならなった方が絶対にいいでしょう。

実際キャプテンなんて立場になっても…やることはあまり変わりませんしね笑。

6.生徒会に入る

部活のキャプテンと対をなすヒーローがこちらです。

生徒会はキャプテンと違って仕事が多そうなイメージですが笑。

単純に頭良く見えますからね。

たとえ、テストで点数が低くても…笑。

個人的には運動部の方がモテるように思えますが…実際どうでしょうね??

爽やかな汗か??

シャープなインテリか??

いずれにせよ、どちらもモテ要素は満載でしょうね!!

7.テストや模試でいい点を取る

これは実はかなり女子は気にしています。

壁に名前や点数を張り出すシステムならば、絶対に上位にいた方がモテます。

というのも、自分が知らなくても気付かないうちに「有名人」になっているのですから。

「あの人いつも上位だよね??誰なの??」

と誰かがどこかで噂をしています。

これでいてキャプテンや生徒会、プラス「青山君」であれば、もはや鉄板です。

モテないわけがありません!!

文武両道というやつですね!!

8.学園祭で目立つ

学園祭は恋愛面における最大最高のイベントです。

ここで目立ったものが高校生活を制すといっても過言ではありません!!

できるのであれば…

「バンド」をおススメします。

きちんと練習して、上手いパフォーマンスができれば、軽く数人は惚れてくれるでしょう(多分)

クラスの出し物などにも、率先して参加した方がよいでしょう。

一体感が生まれ、好感を持つきっかけが飛躍的に増えるはずです!!

9.体育祭で活躍する

体育祭も学園祭同様、目立つことで、軽く数十人は惚れてくれます(これは嘘)

やはりスポーツができるというのは青春時代におけるモテ要素ランクはかなり上位だと思われます。

むちゃくちゃ将棋が強い人と、むちゃくちゃバスケが上手い人で、どちらがモテるかは…

一般的にはバスケですよねえ笑。

いや、将棋が強い人もかなり魅力的ではあるでしょうが…苦笑。

他の友人を出し抜いてもこういったイベント時は目立った方がいいですね笑。

10.制服を少し崩して着る

ちょい悪的な感じですかね!?

あまりに「優等生」でも女子にはモテません。

かといって、ほんとに悪くてもモテません。

「色んなルールをちょっとだけ崩す」のがポイントだと思います。

制服をやや崩す、授業中もややだるそうにしてる

など、ほんのちょっと「隙」を見せることはモテには必要です。

あまりに隙がないと女子は近寄ってくれませんから、色んな場所で、ほんの少しだけ「ルール」を崩して生活しましょう。

ただし崩し過ぎると先生に怒られるので、ほどほどに笑。

11.さわやかな笑顔を振りまく

これはあれですか??俗にいう「少女漫画における男子キャラ」ですか??笑。

やはり、少女漫画に出てきそうな爽やかイケメンが女子はみんな好きなんでしょうねえ…。

やはり爽やかさは必須なのかもしれませんね…。

爽やかにいつも笑顔で、勉強もできて、運動もできて…

…確かに間違いなくモテますね!!

12.女の子に優しくする

あげく優しかったら…

この人の高校三年間は眩しい太陽に照らされることでしょう。

もはや眩しすぎて直射日光レベルですよ!!

真面目な話、優しさと笑顔は社会に出てからも、強力なモテ要素です。

この魅力は、つまり毛穴からにじみ出るポジティブです。

ポジティブで、頼りがいがある男はどこに行ってもモテるのです!!

13.いい匂いをまとう

これまたモテには必須中の必須ですね。

ある意味では、勉強や運動よりも先に問われる要素です。

まずはっきり言って、悪臭の男は100パーセントモテません。

これは断言できます。

微かに漂ういい香りは、女子のハートを瞬時に貫くことが可能です。

ただし微かに、ですよ??

香水のつけすぎはNGです。

香水もつけすぎは悪臭にもなりますから、意識して軽くつけるようにしましょう。

制汗剤は必須

といっても学校に香水はやりすぎです笑。

せめて制汗剤にしておきましょう。

数時間に一度は必ずスプレーするようにしましょう。

臭いは自分ではなかなか分かりづらいものですからね。

もしすれ違いざまにふわっと香ると…

女子の胸キュン度は一気にあがるはずです!!

14.周りに気を配る

周囲にきちんと気を配っているか??

自分勝手になっていないか??

どうやらこういうことも女子はこっそりと観察しているようです。

さっき上げた優しさですが、誰か特定の人にだけ優しいというのは逆にマイナスポイントです。

全体を見渡せる視野は男の懐の広さとも言えます。

きちんと不特定多数のことを考えながらも

ここぞという時にそっと優しさを出すと好感度はうなぎのぼりですよ笑。

15.悪口を言わない

悪口は基本誰でも言いますよね苦笑。

悪口の言い方に問題があるのです。

笑える程度の悪口か??

悪質な愚痴か??

これだけで、大きく印象が変わります。

仮に本人に聞かれても問題ない程度の悪口なら、それはもう悪口ではなく会話のネタです。

この程度なら、むしろ面白いので、好感度はあがると思われます。

でも、後者はいけません。

陰湿で、本気で悪意のある悪口は、自分の株を大暴落させることになるでしょう。

もし頭に浮かんでしまっても、絶対に口に出してはいけません。

その悪口はいずれ自分に返ってきます。

たったこれだけのことでモテ街道からだいぶ離れてしまうので、言葉には充分気をつけてくださいね!!

16.リーダーシップがとれる

まさに部活のキャプテンがそうですが、頼れる人間というのは、それこそ社会でも重宝されるほど強い魅力になります。

残念ながらこの「リーダーシップ」はかなり適正が求められるらしく、適正がない人がどんなに頑張っても、このポジションに立つことは困難です。

適性がない人は

リーダー

ではなく「頑張ってる人」になってしまうからです。

こればかりは天性のものかもしれませんね…。

でもリーダーシップがとれなくても問題はありません。

リーダーを支える人でも魅力は充分あります。

意外と主役より準主役の方がおいしい、ということもありますからね!!

17.ムードメーカー的存在になる

ムードメーカーはとにかく目立ちますね。

クラスの軸になるような人ですね。

確かに魅力は充分にあります。

モテる要素もたくさんあります。

でも

実際に女子が胸キュンするかと言われると…

「キュン」ではない気がしますね。

というのも、ムードメーカーは「いい人や面白い人」がなりがちだからです。

どちらかと言うと、男としてモテるというより、人として好かれるというパターンの方が多いかもしれませんね。

18.聞き上手になる

これは女子高生だけではなく、世のほとんどの女性が男性に求める能力です。

意見が欲しいわけじゃなく、話を聞いてもらいたいだけ

という女子の率直な気持ちはよく耳にします笑。

女子が話をしたい時にそれに気付かず、ペラペラと男が自分の話ばかりしたら

多分これ一発でアウトです。

その女子のハートを射止めることは今後ほぼ不可能です。

女子にはぜひ気持ちよく話していただきましょう。

それを上手く誘導できる男がすなわち聞き上手です。

【聞き上手については、こちらの記事もチェック!】

19.会話を盛り上げる

会話を盛り上げる、というのは実はかなり高度な技術が必要です。

知識、判断力、その場の空気、相手の表情なども把握しながら会話をしなくてはいけません。

まずコミュニケーションがつまらなければ、もう詰みですね。

胸キュンは起きません。

例えば部活のキャプテンがイケメンで優しくて、勉強もできて、という「デキスギ君」だったとしましょう。

こっそりと憧れている女子はもちろんいます。

そして、たまたま二人で一緒に帰ることになりました。

女子はもちろん緊張して上手く話せません。

キャプテンの本質が問われるのはこの時です。

もしこの時のコミュニケーションに失敗したら、今まで必死で培ってきた「デキスギ君イメージ」は粉々に壊れてしまうでしょう。

会話がつまらない、彼女の緊張をほぐさない、自分勝手など、の失敗は後々「黒歴史」
として、キャプテンの心に刻まれることでしょう。

この時、きちんと会話を盛り上げることができて、彼女も緊張がほぐれて、お互い上手くコミュニケーションがとれたのなら…

あこがれは間違いなく恋に変わるでしょう。

つまりこの会話術は、どんなにモテ要素を兼ね備えた人でも注意しなくてはいけない重要事項なのです!!

️女子からモテたいならこれで完璧!

…といいたいところですが完璧ではありませんよ笑。

そんなに簡単にモテるのなら、世の男子はこんなに困っていません笑。

とはいえ、いい目安にはなると思います。

というよりも、これらを押さえておけば、不評ということはないでしょう。

なので、厳密に言うなら方法ではなく、これらが最低限の条件なのかもしれませんね。

これらの条件をクリアした後に必要なことは…

それらの継続です。

自分のアピールポイントを常に継続して持ち続けましょう。

そして油断せず、誠実に日々を過ごしましょう。

そうすればあの子達はみんな、いずれ胸をキュンキュンさせるでしょう。

今はまだ気づいていないだけなんです。

あなたの魅力に。

見せつけてやりましょうよ、男の生き様って奴を!!

今回の内容がみなさんの青春時代の役にたてたのなら光栄です!!