あなたには何か目標を持っていますか?

目標を持っていると、やる気や生きる気力が湧くことが出来ます。

小さな目標や大きな目標など関係ありません。

しかし目標を立てるにあたり、自分ではできそうにもない無理な目標を立てる人もいます。

目標の正しい立て方について、改めて学んでみて下さい。

️やり遂げるためには目標設定が大事!

仕事やダイエットなど、やり遂げるためには目標設定が重要となります。

目標を設定していないと、三日坊主で終わってしまうこともあるでしょう。

ほとんどの人が目標設定に失敗したり、自分のキャパシティを超えてしまう様な無茶苦茶な目標計画を立ててしまい、上手くいかないケースも存在します。

私も大雑把な人間なので、仕事以外の計画はほとんど行き当たりばったり状態でした。

何か行動を起こす前には成功するように、必ず目標設定を行いましょう。

目標設定しておくと、軸がぶれてしまうような心配はなくなります。

️目標設定を間違えると…?

目標設定を間違えてしまった人の方が多いのではないでしょうか?

女性でダイエットをしたことのある人は特に、間違えてしまった経験はありそうですね。

ある程度想定はつくかもしれませんが、目標設定を間違えてしまった場合、どうなるかをお話しましょう。

失敗する


無計画、人間の限界を超えるような目標設定の仕方をした場合、当然失敗するのは目に目に見えています。

自分のキャパシティや性格を考慮せずに計画を立ててしまっているため、綿密な目標設定を立てて置かないと失敗するのは当然です。

人間は目先の欲にとらわれやすいので、結果よりも行動に集中して下さい。

結果を残さないと意味がないと思うかもしれませんが、結果から逆算してみましょう。

行動をしない限り、結果は残せずに失敗してしまいます。

モチベーションが維持できない

モチベーションはその日の気分と体調により、毎日変化します。

いつもいい調子ではなく、時々はしんどいときもありますので、上手く行かない日も必ずでます。

モチベーションが維持できないと、やる気を一気になくしてしまい、しんどくなりますよね。

例としてダイエット経験者なら理解できるかもしれませんが、1ヶ月5キロで痩せようという無茶苦茶な考えをする人が多いです。

本来ならば1ヶ月1キロが良いのですが、人間の限界を越えようとしてしまうので、当然身体に負担をかけてしまうことになります。

身体に負担をかけすぎてしまうと、精神面も影響してくるので、モチベーションが下がる原因になってしまうのです。

短期間の目標はあまり立てない方が良いかもしれませんね。

なるべく長い目で見るようにしてきましょう。

目標の立て直し

一度決めた目標をまた立て直すことは、物凄い労力がいりますよね。

目標はあくまでも目標なので、毎日達成出来るかどうか危うい時もあるでしょう。

臨機応変な考え方を出来る人ならともかく、ほとんどの人は目標にそって行動をしようと決めているため、線路から脱線してしまうとやる気が一気になくなってしまいます。

せっかく目標を立てたのに、また一からやり直さないといけないと考えると、物凄く労力がいります面倒くさいですよね。

多少であれば目標は修正が効きますが、大幅に変更してしまうと、目標の軸がぶれてしまうかもしれません。

その場合最初に目標していた結果と、大きく異なってしまう結果を手に入れてしまうでしょう。

そうなってしまうと何のために自分が頑張って来たのか、分からなくなってしまいますよね。

諦めてしまう


一度嫌になってしまったことって、しばらくはやりたくありませんよね。

目標が頓挫してしまうと、何をするにしてもあほらしくなり、諦めてしまうクセがついてしまうでしょう。

再び計画を立てようとしても、その時の失敗した記憶がいつまでも残ってしまうため、もう一度やろうとすると中々身に入らないかもしれません。

諦めてしまうまでいくと、モチベーションが下がりやすくなってしまうので、前よりも酷い結果を残してしまいます。

正しい目標設定を学ぼう!

今まで目標が立てるのが苦手だった人は、これから正しい目標設定を学んでいきましょう。

1度や2度、目標が達成できなかったくらいで悲観になることはありません。

これから正しい方法を学んでいけば良いのです。

どんなやり方が良いか、自分に合わせた方法で目標を設定していきましょう。

️目標設定を正しくするための5個のポイント

目標設定を失敗ために、正しく設定するためのポイントは大きく分けて5つに分かれます。

何が必要か、期限はいつまでかが大切ですが、成果も出せれるようにしておきましょう。

目標を立てるときに、大雑把な見方で立ててしまう人が多いですが、何を基準にしなければいけないかも大切ですよ。

無理なく目標を設定するには、細かい配慮も必要になります。

具体的に目標を考える

目標を立てる時は、具体的に設定しましょう。

目標設定を大雑把にたててしまうと、だらだらしてしまい目標を達成できない可能性があります。

具体的に目標を考えるにあたり、どの期間で何をしたら良いかなどを気を付けて下さい。

ダイエットのような自分のための目標ならともかく、仕事でのプロジェクトを完成させたいという目標の場合は困難を極めるかもしれません。

自分一人で行うならともかく、チームで協力して行うような大掛かりのプロジェクトの場合は、全員の意見を聞かずに勝手に目標設定をしてしまうと、チーム全体からひんしゅくを買いやすくなりチームワークが悪化してしまいます。

チーム全体で目標を達成しないといけない時は、全員の意見を聞いて取り入れて尊重すると、チーム内での反発はなくなり、スムーズに作業がしやすくなりますよ。

期間

予め期限が決まっている場合、少し余裕を持って終わらせるように目標を設定しましょう。

仕事でのプロジェクトは予定が変更したり、何かしらのトラブルやアクシデントなどが考えられます。

また期限ギリギリに設定してしまうと、ケアレスミスをしている可能性や、ミス自体に気がつかないこともありますので、必ず余裕を持って目標達成出来るようにしておいた方が安心ですよ。

特に仕事のプロジェクトは失敗出来ませんし、成功させたいですよね。

大まかに目標を立てて行って出来る人なら良いですが、それでもどこかに見落としはしてしまうと考えておいて下さい。

ダイエットのような自分本意の目標であれば、期限はあまり決めない方が良いかもしれません。

男性はともかく、女性は生理があるため思うように痩せられないこともあります。

無理をしてダイエットをしてしまうと、生理不純や体に負担がかかってしまうのでしょう。

体や精神的に負担がかかってしまうと、継続しにくくなってしまいます。

この期限で出来るかどうかも考慮しておくと、気持ち的にも楽になれますよ。

数字

目標設定の際、営業成績やダイエットのように数字を明確にしておいた方が分かりやすいかもしれません。

ダイエットでとりあえず10キロ以上痩せるではなく、45キロまで痩せるという風に数字をはっきりと設定しておくと目標がはっきり出来ますので継続しやすくなりますよ。

ふわっとした目標の立て方でもいけないことはないのですが、明確にしていないとモチベーションは保つことが難しくなってしまうでしょう。

数字が必要な目標の場合は、必ず具体的な数値も設定するようにして下さいね。

何を頑張るか

目標を達成するにあたり、何を頑張らないといけないかを把握しておきましょう。

例えばダイエットなら運動が得意ではないけど痩せるために頑張る、食事制限は辛いけれど痩せるために食べすぎないように気をつけるなど、頑張らなければいけないこともあります。

目標を設定するのは簡単かもしれませんが、一番大変なのは実践することです。

実際に目標を立てても自分の苦手なことがあれば、反射的に目を背けてしまうことも少なくありません。

苦手なことを頑張らないと目標は達成できないかもしれませんが、苦手なことが続いてしまうと、モチベーションは確実に下がってしまいます。

自分にとって頑張らなければいけないことは、目標設定の最初の時点で持って行くようにしましょう。

最初にしんどいことを頑張っておくと徐々に慣れてくるので、そこまでしんどい思いをしなくても済みます。

頑張らないといけないことは相当気力を使うので、気力と体力は充実させておくと成功しやすくなりますよ。

どれくらい成果を出すか

成果を出すにあたり、自分で無理のないペースで目標設定することが重要です。

自分のキャパシティを超えてしまうような、むちゃくちゃな目標設定の仕方はやめておきましょう。

成果を出すということは、それなりに自分にもプレッシャーを与えるということです。

適度なプレッシャーを与えることは、人間のやる気を引き起こす原動力にもなります。

しかし過度なプレッシャーを与えすぎてしまうと、精神的に苦痛を与えてしまうことになってしまうので、設定を誤らないように注意して下さい。

一番良いやり方は、常に一定のペースを保ち同じことを繰り返せるように習慣を身に付けましょう。

よく24時間では時間が足りないと言う人がいますが、残念ながら時間は全員平等です。

仕事が忙しくて何も出来なかった、友人と遊んだりや飲み会の誘いがあって出来なかったというのは、誰にでもあるかもしれません。

そんな時は特別ルールを作成して下さい。

特別ルールとして飲み会がある日は、たまの息抜きとして1回休むようにしましょう。

目標を達成したかったのに友人と遊びに行ったせいで成果が出なかったという考えは絶対やめた方が良いです。

何かしらのアクシデントは必ずあるものですし、嫌な方向に考えてしまうとモチベーションは下がってしまいやすくなります。

アクシデントがあった場合のみ、成果のことはあまり気にしないでおきましょう。

成果を気にしすぎてしまうと上手く行かなくなってしまうので、別の日に成果を出せるように努力する方が上手く行きます。

目的は何か

最初から最後まで覚えておいてほしいことは、目標は何かを忘れないようにして下さい。

目標の軸がぶれてしまうと、目標達成はおろか成果が出にくくなってしまいます。

軌道修正するにしても、一からやり直した方が良いこともあるかもしれません。

また目標設定をしっかりしていないと、中途半端なところまでしか達成出来ずに終わってしまうこともあります。

目標は達成することに意味があるのです。

良い方法として、目標を設定するときに最終目標は何かを一番最初に決めておいて下さい。

先に数字や成果のことを考えてしまうと、そればかりに気を取られてしまいます。

気を取られすぎていると集中力が欠けてしまい、最終目標は何だったかを忘れてしまうでしょう。

目標は何かを絶対に忘れないようにして下さいね。

細かく目標を立てる

目標を決めたら達成できるように、細かな目標を立てて下さい。

目安としては1ヶ月ごとの目標、1日ごとの目標、週ごとの目標と分けて設定しましょう。

大体目標を決める際に1ヶ月だけの目標を設定する人もいますが、それだけではとても足りません。

細かく目標を立てることはとても大変だとは思いますが、達成するためには設定を失敗してしまうと上手く行かなくなってしまいます。

最初に目標設定をしっかりしておくと、成功への近道となりますよ!

小さな細々とした目標

最初に最終目標、そして月ごとの目標は必ず決めておきましょう。

1日の目標は1週間毎、週ごとの目標は次月に入る少し前に作成するスタンスを取って下さい。

最初に月ごとの目標を設定しておく理由は、大体の部分を決めておくと細かな部分が修正が効きやすくなるからです。

1日の目標は何故1週間ごとに作成した方が良いかですが、予定が変更しても臨機応変に行動しやすくするためだと考えておいて下さい。

本当は1日置きに細々と目標を設定しておく方が良いのですが、毎日1日1日やっていくと面倒くさくなってしまうからです。

毎週末に作成している方が、ある程度予定は確定していますので成果がでやすくなります。

週ごとの目標の作成を次月に入る前に行うということですが、仕事の休みが固定されている人ならともかく、シフトでの休みの人は下手に作成すると、予定が崩れてしまう可能性があるためです。

毎日のやることリストを作る

基本的に毎日のやることリストを作成しておきましょう。

このやることリストはTODOリストと呼ばれており、ビジネスマンや仕事をしている人には欠かせないものです。

TODOリスト作成時は、どんなメモでも構いません。

よくケアレスミスをしやすい人や、時間厳守の予定がある場合は、TODOリストを作成しておくとスムーズにスケジュールをこなしやすくなりますよ。

注意してほしいのはTODOリストを適当な紙に書いて、あっちこっちに放置してしまうことです。

TODOリストはなるべく手元に置いて下さい。

適当な紙を使用してしまうと、くしゃくしゃになってしまうかもしれません。

必ずしっかりしたメモを一冊持っておくと紛失を防げますよ。

【やることリストについては、こちらの記事もチェック!】

1日どれくらいこなすのか

1日に出来る数はあまり多すぎない方が良いです。

やりたいことはたくさんあるかもしれませんが、設定を多くしてしまうと人間の脳は一度にそんなに対処できませんのでこんがらがってしまいます。

1日どのくらいこなせば良いかということですが、自分自身は1日どれくらいこなせるかを視野に入れて考えて下さい。

毎日行う必要があるものは、身体が習慣化するまでやることリストに記入しておきましょう。

人間は習慣化するにあたり、1つのことに絞らないと失敗してしまいます。

あれもこれもしたいと思う気持ちはわかりますが、同時にいくつかのことを身につけることは出来ません。

習慣化が成功したら、次のステップに行きましょう。

それ以外でしないといけないものは、気がついたら書く形の方が良いです。

仕事に支障が出ないようにだけ、設定するようにしましょう。

今日を達成できれば明日へのモチベに

1日の目標を達成出来たときは、とても嬉しい気持ちになりませんか?
自分で課したこととは言え、上手く達成出来れば明日もまた頑張ろうという気持ちになるでしょう。

特にダイエットのように成果が目に見えて分かることだと、嬉しさは増しますよね。

目標を達成するためには、モチベーションを維持することにより継続が可能となります。

目標を少しでも達成出来ると、自分に自信を付けることが出来ますので前向きに考える思考が身につきますよ。

しかし当日に達成出来ない場合ももちろんあります。

当日に達成出来なかった場合は、翌日に回すなどでも構いません。

達成できなかったからといって、気落ちせずに次に頑張れば良いだけの話です。

1日達成出来ないとモチベーションが下がってしまいやすくなりますので、達成出来にくい場合は1日5分だけでも行いましょう。

全くやっていないとやっているのでは、大きな差が生まれます。

楽しみながら取り組める工夫をする

最初の内は目標を達成することに必死になり、楽しむ余裕は中々無いかもしれません。

しかし3ヶ月になると目標を近づくにつれ、マンネリ化してしまい無気力に陥ってしまうこともあります。

切羽詰まっている状態であれば継続はしやすいですが、何もないとだらけぐせがついてしまうかもしれません。

ある程度慣れてきたら、楽しみながら取り組めるように工夫をしてみましょう。

真面目な人だと目標を達成しなければいけないのに、楽しむ余裕なんてないと言うかもしれませんがそれは大きな間違いです。

どんな時も楽しむことは絶対に必要ですよ。

息抜きも大切

目標を達成しなければいけない気持ちは分かりますが、焦りは禁物です。

定期的に息抜きをとるようにしましょう。

切羽詰まりすぎてしまうとモチベーションは下がってしまうだけなので、ちょっとした楽しみを見つけるようにして下さい。

人間は毎日ストレスと共にいきています。

ストレスは環境の変化や仕事、そしてプライベートでも溜まりやすくなってしまうものです。

定期的に息抜きをしておかないと、身も心もしんどくなってしまいます。

リフレッシュすることによりストレスはリセットされますので、1週間の内1日や仕事終わりにはゆっくり休むようにしましょう。

ご褒美の用意

1ヶ月に1回のみ、頑張っている自分にご褒美をあげて下さい。

少し高めのエステでリラクゼーションを受けたり、旅行などでも構いません。

何かしら楽しみやご褒美があると、モチベーションは下がることなく、継続しやすくなります。

ダイエットを頑張っている人などは、たまには食べたい物をすきなだけ食べる日を作るなどが良いかもしれません。

心身ともに我慢しすぎていると、どこかでリバウンドが必ずくるものです。

ご褒美は与えすぎるとクセになりやすくなりますので、必ず月に1回のみという風にスペシャルなものにしておきましょう。

当たり前のようにご褒美を設定していると、ありがたみが薄れてしまいます。

どんなご褒美が自分にとって良いか、決めるのも楽しいですよ。

目標を見えるところに掲げる

目標は自分の部屋か、スマートフォンの待受にするなど見えるところに掲げておいた方が成功率が上がりやすくなります。

人間はふとした時に忘れてしまう生き物です。

いつでもどこでも気を引き締めるために、常に目に見える場所に掲げておくと、緊張感をいつまでも持ち続けることが出来ます。

昔叔父が試験のために目標を机に張っていたことがあり、しんどい時は目標を見て頑張っていたという話を教えてもらったことがありました。

目標は生半可な気持ちではなく、本気で取り組まないと上手く行きません。

誰かに宣言しても良し

目標を掲げるのも良いですが、誰かに宣言するやり方を取ると強制的に逃げ道がなくなってしまうので、自分を追い込みたいタイプや怠け者タイプの人には打ってつけかもしれませんね。

誰かに宣言するやり方は、家族や友人や恋人、職場の人誰でも構いません。

自分は今日から何々するという宣言をすると、必ず目標を達成しないといけないという責任感を持つことが出来ます。

周りの人からの評価が明確に分かりやすく、上手く行った時は良いのですが、中々成果が出ない時は表立って言われてしまう可能性があり、プレッシャーがかかりやすくなってしまうので、調子に乗って宣言をしすぎない方が身のためです。

一度私が周りにダイエットを宣言した時、自分なりに頑張ってはいたのですが、周りからは変わっていないと言われてしまったので、一気にやる気をなくしてしまいました。

体重は確実に落ちていたのですが、さすがに他の人に見せるわけにも行きませんのでどうしようもなかったです。

あまりたくさんい言い過ぎると横からやいやい言われてしまうので、集中力が欠けてしまう原因でもあります。

ダイエットや自分磨きのようなもの、そして本格的に目標達成したいのであれば、家族が親友に言う程度で抑えておくと上手く行きやすくなりますよ。

️目標設定を完成させる前にチェックしてほしいポイント

目標設定を完成させる前に、最終確認をしておきましょう。

作成した直後は少し興奮している状態なので、冷静な判断が出来ていない状態にあると思っておいて下さい。

完成後に改めて目標設定を確認すると、意外にめちゃくちゃな目標を設定してしまっているかもしれません。

目標設定をしている時は、思いついたアイデアや資料をそのまま参考にして書いていることがあるためです。

どの作業でも同じことが言えますが、完成させる前には必ず最終確認をしておかないと痛い目をみてしまうかもしれません。

過信は絶対にしないようにして下さいね。

目標が高過ぎないか

目標設定中は気が付かないものですが、あとから見るととんでもない目標にしてしまっていることって結構多いです。

1ヶ月で10キロやせる、1ヶ月1回もケアレスミスをしないなど、端から見ると超人レベルのような目標を立ててしまっている可能性は十分にあります。

自分のキャパシティを超えるほどの、高すぎる目標を設定してしまうと、最初の内は良いのですが後から確実にしんどくなってしまうでしょう。

設定時に最初から少しゆるいかもと思うくらいで設定しておいた方が、継続しやすくなるこつでもあります。

目標が高すぎないかだけ気をつけて見ておきましょう。

無理なプランを立てていないか

目標を設定した後に、細々とした目標を立てる際に無理なプランを立てていることも非常に多いです。

無理なプランを立てると、後からの反動がとても酷いので、冷静になったとき自分ができるかどうか今一度考えてみましょう。

炭水化物抜きダイエットや朝バナナダイエットというような、随分無理のあるダイエットに手を出してしまった経験のある人ならイメージがつきやすいかもしれませんが、必要最低限の何かを制限してしまうと物凄いストレスがかかります。

お菓子を食べないという決め方であれば、本来お菓子は食べなくても良いものなので負担にはなりません。

しかし人間のエネルギー源である炭水化物を抜いたり、朝食はバナナだけということにしてしまうと体調を崩しやすくさせてしまうので、自分自身で体調を崩しやすくしている手助けをしている可能性もありますよ。

短期間のみで行うならまだしも、長期間で考えている人の方が圧倒的ではないでしょうか。

無理なプランを立てていないか、今一度確認はしておいて下さい。

もし多少無理でも自分ならいけるという軽率な考えをしている人ほど、目標は達成しにくくなると思っておきましょう。

人間のやることに絶対はないからです。

もし無理なプランかどうか自信がない時は、誰かに見てもらう方が良いかもしれませんよ。

家族や仕事仲間に配慮できているか

目標を達成しようと意気込むあまり、家族や仕事仲間に対して配慮が欠けてしまうケースが多発しています。

目標に集中しすぎてしまうといらいらしやすくなってしまい、余計なことを背負い込みたくないという考えが出てしまいます。

集中している証拠でもあるのですが、あくまでも目標が自分自身のためなので、家族や仕事仲間は関係ありません。

目標はあくまでも自分のためなので、最低限の配慮をしておいて下さい。

周りへの配慮を考えず目標に向けて実行してしまうと、周りからは迷惑な存在であると認識されてしまうでしょう。

目標設定時には周りへの配慮も忘れずにしておくと、いざという時困らないですよ。

どんな時も周りへの配慮を忘れないようにして下さいね。

余計な目標が入っていないか

目標設定にはわかりやすくシンプルに設定しましょう。

ダイエットを行う場合、設定するなら45キロなるという風に明確にして下さい。

目標到達までに足も細くしたい、筋肉を付けるなど、あまりにあれやこれやと余計な目標も含めてしまうと、色々しなければいけないことが増えてしまいます。

あまりにも余計な目標を増やしすぎてしまうと、本来の目標を忘れてしまい、本末転倒になるかもしれません。

まずは1つのみに専念して上手く行けたら次のステップに進むようにしましょう。

️目標設定をしたら後は努力あるのみ!

目標設定した後は、後はひたすら努力するのみです!
せっかく目標を立てたとしても、本人が継続意思がなければ、何の意味もありません。

目標を設定したら終わりではなく、実行することに意味があるのです。

上手く行かなくても毎日少しずつ意識しておこなうと、確実に目標達成に近づくことは出来ます。

一番やってはいけないことは焦ってしまうことです。

焦ってしまうと上手く行きませんので、いつも同じ気持ちでいることを心がけてみましょう。

継続は力なりなので、是非目標を達成出来るように決して身体に無理せず頑張って下さいね!