あなたは自分が切羽詰まっている状況の時に他人を助けることができますか?

これはとても難しい質問だと思います。

本当ならば、はいと答えたいのに実際に自分がその現実に直面した時に実際に行動できるのかと考えた時に自信がない方もたくさんいるからです。

そして実際にこのような状況になっている時に他人のことを助けてあげられる人間というのはとても少ないと思います。

例えば今あなたがちょっと手を伸ばせば莫大な利益を手にすることができる状況で、他人がどうしても困っているから助けてくれと言われてもその莫大な利益に目がくらんでしまう人がたくさんいるからです。

その利益がちょっとしたものであれば大部分の方が困っている人を助けてあげるでしょう。

しかし、莫大な利益となると話は別になってしまうのです。

しかし時には莫大な利益を得るよりも身近な人間を助けてあげた方が最終的に良い結果になる可能性も十分考えられます。

個人個人の考えは生まれ育ってきた生活環境であったり身の周りの人間によって形成される可能性がとても高いので、人それぞれ考え方が違うのは当たり前の話です。

なので必ずしも他の人と同じ考え方を持つ必要性はないのですが、一つの選択肢ということで今まで自分の利益ばかりを考えて行動していた人は、時には自分の利益を優先しない方が良い効果があるという可能性についても知っていただきたいと思います。

そこで今回は利益を優先する人をテーマにして、利益ばかり優先しない方が良い理由についてご紹介していきたいと思います。

利益ばかり優先すると大切なものを失います

あなたは自分の利益ばかり優先していますか?

中には、はいと答える方もたくさんいると思います。

はいと答える方の中には自分なりの答えを持っている人がたくさんいるはずです。

例えば一つの例を考えてみると、自分の利益を優先するという言葉言い換えてみれば野心溢れる気持ちを持っているということになります。

例えば必ず自分は人の上に立って権力を掴んでやる、必ず将来は良い立場・ポジションに身を置いて、高所得者になる、人から指示をされるのは嫌だから人に指示を出す側に回る、という気持ちをもって日々の仕事を行っている方がたくさんいるはずです。

このような考え方に対してやはり個人個人受ける印象は違います。

自分の利益や未来ばかりを優先して他人に対して冷たい人間だと判断する人もいれば、向上心を持って毎日の生活を過ごしている意識の高い人間だと評価する人もいるかもしれません。

現実的に向上心を持っていない人間と向上心がある人間を比べると向上心がある人間の方が仕事ができる可能性は高いです。

このような観点から考えてみると自分の利益を追求して野心が溢れている人は全てが悪いとは言い切れません。

しかし、時には自分の利益を優先するよりも周りの利益を優先した方が最終的に自分の利益が上がる可能性も捨てきれません。

そしてなによりひとつのデメリットとして考えた時に、自分の利益ばかりを優先していると自分の身近にある大切なものが少しずつ失われていくという可能性があります。

野心あふれる人間は確かに成功して利益を得ているかもしれません。

しかし、野心あふれる人間の周りには大切な物が少なくなっている可能性がとても高いです。

それは時には利益よりも大事な物になりえる可能性を十分に秘めています。

だからこそ改めて自分自身の利益だけを優先する生き方、考え方を一度考えて頂きたいのです。

利益にもいろいろな種類がある

そもそもあなたにとって利益とはどういう存在ですか?

利益と一言に言ってもそれはたくさんの種類が存在しています。

たくさん種類が存在するということは人によって利益の価値観が全く違うということです。

利益ばかり優先しない方がいい理由を知る前に、まずは利益とはどういうものなのか、どういう種類があるのかという事を考えていきたいと思います。

自分自身が考える力という存在と照らし合わせながら考えてみてください。

お金の利益


まずはじめにご紹介する利益の種類はお金です。

利益と言えばお金という考え方を持っている方はたくさんいると思います。

お金に対する価値観というものは個人個人によって全く違います。

人によってはお金が喉から手が出るほど欲しいものであり、人生において絶対的に優先度の高い存在であると考えてる方もいるかもしれません。

しかし人によってはお金はある程度あれば特に必要ないと考えている方もいるかもしれませんし、もしくはお金は全く必要ないと考えてる方もいるでしょう。

なぜこのようにお金に対する考え方が違うのかというのはやはりこれまで自分が育ってきた環境であったり、身の回りの人間によって形成されていた一つの価値観である可能性がとても高いです。

確かにお金自体はたくさんあればあるほど困ることはありませんよね。

ではなぜたくさんお金があるとこならないのかと考えた時にそれはたくさんの選択肢を得られるからという考え方に結びつくと思います。

例えば私たちが焼肉を食べに行ったとして、予算を一万円とします。

そうなると一万円以内の焼肉店しか選べないですが、予算が十万円になると当然選択肢が増えますよね。

世のなかすべてこのように考えることが出来ます。

しかし、必ずしも高級焼肉店に行かないと焼肉がたべれないわけでもなく、一般的な焼肉屋で十分という方もいるのです。

そのような方からすればお金は生きるために最低限あれば良いという考え方になるでしょうし、そもそも外食自体しないからお金なんていらないという人もいるかもしれません。

このようにして人によって考え方が違うという事がわかります。

そしてお金がたくさんあれば必ず幸せなのかと言えばそうではありません。

お金をたくさん持っていても人生が楽しくなかったという人もいますし、お金がちょっとしかなくても充実した人生だったと思える人もいるのです。

なのでお金に関する利益は必ずしも幸せを呼ぶものではないという事を理解してください。

自分の都合が良くなること

次にご紹介する利益の種類は自分の都合が良くなることということです。

言葉だけをとらえるとかなり広義的な意味になりますので、なかなか判断が難しいかもしれませんが、要するに自分が良い状況へ身を置くことが出来るものと捉えると分かりやすいかもしれませんね。

例えばわかりやすい物として立場があると思います。

例えばこういう事をしてくれたらあなたに幹部としての立場を約束しますよ、などといった取引などです。

幹部になれば当然それなりの社会的地位が約束されます。

そして役員などのポジションになれば当然ながらそれなりの報酬が約束されますので、たくさんのお金という利益を得ることが可能になるのです。

これが一つの自分の都合が良くなることとして捉えることができます。

それ以外には例えばよくありがちなのが、ここでこの人に恩を売っておけばいつか役に立つはずだというような見えない利益です。

ここでこの人を助けておけばいつか自分を良い立場へ導いてくれる材料にすることができると考えて、自分の見えない都合を狙って人を助けたりするような人もいます。

これも自分の都合が良くなることという理由の一つの種類として考えることができます。

なので、必ずしも目に見えるお金だけが利益ではない、ということを覚えておいてください。

利益ばかり優先しないほうが良い6個の理由


ここまでは利益の種類についてご紹介していきました。

あくまで先ほどご紹介した履歴の種類は一例にすぎません。

世の中全体を考えてみると様々な利益の形が存在しています。

それを踏まえた上でここからは利益ばかり優先しない方が良い理由についてご紹介していきたいと思います。

先ほども紹介しましたが自分の利益ばかりを優先してしまう生き方を選んでしまうと、ふと気づくと自分の周りに存在していた大切なものがなくなってしまったり、得ることができない状況になってしまう可能性が考えられます。

その時点で気づいたとしても遅すぎる可能性があるかもしれません。

あなたがもしも人気ばかりを優先している生き方をしているのであれば、これからご紹介する理由をよく考えてみてください。

もしも今自分の状況を考えた時にこれからご紹介する状況に該当してしまっている場合は利益を優先する生き方を変えて頂く必要性があるかもしれません。

自分自身で気づかねば誰も教えてくれない事になりますので、よく注意しながら確認してみてください。

1.誰からも慕われなくなる

まずはじめにご紹介する利益ばかり優先しない方が良い理由としては誰からも慕われなくなってしまうということです。

あなたは自分の利益を優先するあまりに周りに対して気を配らなくなっていませんか?
自分の利益を優先するということは困っている人がいても、みてみぬふりをして自分のことだけに集中するということと同じ意味です。

誰かが助けを求めていてもそれを無視してまで自分の利益を優先するという行為を周りの人が見たときに周りの人はあなたに対してどのような感情を持つでしょうか?
おそらく良い感情を持つはずがありませんよね。

そして良い感情を持たないということはその延長線上に何が待っているのか。

それはあなたのことを嫌ったり、なるべく関わらないようにしたいという風に思われてしまいます。

当然そのような状況になったとしても自分の利益ばかり優先している人間は自分から歩み寄ろうとする人はいません。

そうなってしまうともはや関係を修復することは不可能になってしまいます。

そして周りの人は自分がされたことと同じようなことをあなたにしようとしてきます。

それはつまり、あなたのことを全く助けてくれなくなるということです。

もしもあなたが危機的な状況に陥ってしまい、どうにもならなくなり助けを求めたとしても周りの人間は助けを無視するあなたを助けてあげたいとは思わないし、助けてはくれません。

しかしそれは相手が悪いのではなく相手の助けを無視したあなたの行為がそもそもの原因になっているのです。

まさに因果応報という言葉の通りですが、このような状況になってまで利益を優先すべきなのか?と考えるとやはり間違った考え方であると気づくはずです。

本性を見抜かれたら皆が去って行きます

自分の利益を優先している人間の中には上手に立ち回っている人間もいるかもしれません。

表面上では相手のことを気遣ったりするような素振りを見せていながらも、心の中では自分の利益ばかり優先して自分の得にならないようなことが極力関わらないようにしている人もいます。

一見するとこのような人間はうまく立ち回っていますので、周りから好かれながら良い立場に身をおける人間のように感じるかもしれませんが、全ての人間がこのようにうまく立ち回れるかといえばそうではありません。

自分の身近な存在として共通の時間を過ごしているだけで必ず自分自身の本性が垣間見えるシーンは存在するはずです。

そのような場面で自分の本性見抜かれてしまうと、信頼性に欠ける人物だと思われて当たり前ですよね。

普段から自分の利益ばかり追求しているような人間よりも、表面上はそれを装っている人間の方がやはり質が悪いです。

ギャップが激しければ激しいほど印象に残りますし、信頼できなくなります。

その結果、すぐにそれはたくさんの人に見ぬかれ、やがてその人の周りを人間が去っていきます。

そこで改善できれば救いようがありますが、なかなか自分の考え方などを変えるのは難しい事です。

なので自分はうまく隠せるから問題ないと思っていても心の中では見抜かれている可能性があるという事を覚えておいてください。

2.目的のためには手段を選ばない人になってしまう

次にご紹介する利益ばかり優先しない方が良い理由としては目的のためには手段を選ばない人になってしまうということです。

利益ばかりを優先する生き方をしているとやがて利益を得ることだけに執着してしまい、それ以外の物事に関して無関心になってしまう可能性が高くなります。

そして、やがて利益を得るためには手段を選ばずに行動するような考え方を身につけてしまいます。

手段を選ばずに行動するとなるとどのような弊害が起こり得るでしょうか。

本来は選ばないような方法を使ってでも自分の利益を得ようとする行動が現れ始めます。

例えば一つの例を挙げるとすれば利益の横取りなども発生してしまうかもしれません。

明らかに他の人間があげた成果なのに、あたかも自分がその成果を上げたかのような言動を行って利益を奪うような行為を行うかもしれません。

このようなことをしてしまっては周りからの信頼は一気になくなってしまいますよね。

そして信頼がなくなればあなたの周りからたくさんの人間が去っていきます。

逆に考えてそのようなことをする人間と一緒にいたいとか思わないですよね。

そのような人間と関わることによって自分が不幸になるということは誰もがすぐにわかるからです。

そして目的のために手段を選ばないようになってしまいますと全ての物事を自分にとって損なのか、得なのかということでしか判断できなくなってしまいます。

このようなことでしか判断基準を持っていない人間は明らかに問題がある性格に変化していきます。

明らかに周りからは普通ではないと判断されてしまい、孤独な人生を歩んでしまう可能性が増えますので、注意をしなければいけません。

段々と様々な場面でエスカレートしていく

目的のために手段を選ばない人間になってしまうと、その行動は段々とエスカレートしていく可能性があります。

なぜなのかと考えたときに、例えば利益を得るために本来は行ってはいけないような方法を使って利益を得たとします。

もしもこの時点で利益を得るという事に成功してしまった場合、この行為を行えば利益を得られる方法として認識してしまいます。

要するに味を占めてしまうという事になってしまうのです。

一度味をしめてしまったら、後はそれを何度となく繰り返し始めます。

そして、最終的に段々とそれがエスカレートしていき、それが当たり前になり、さらなる方法で利益を得ようと行動し始めて最終的に暴走してしまいます。

このような行為がエスカレートしてしまうと歯止めがきかなくなり、まさに救いようがない状況になってしまいます。

そもそも人の利益を得るということ自体がありえない話なのに、それを何度も繰り返そうとする人間は見捨てられてしまう可能性は高いです。

後で気づいても取り返しがつかないので、このような兆候が出ている人はやめないと後悔してしまう事になりかねません。

3.人に恨まれる人生になる

次にご紹介する利益ばかり優先しない方が良い理由としては人に恨まれる人生になるということです。

なぜ自分の利益ばかり優先すると人から恨まれるのかと言いますと、自分の利益を優先する人は当然ながら自分のことだけを考えて行動している場合が多いです。

その結果周りの人間が困っている姿を見た時も手を差し伸べるようなことはしませんし、自分の利益にならないようなことはすべて無駄なことだと思って協力の姿勢を示さない可能性が高いです。

そのような人間が一人でもいた場合、その場の空気が乱れてしまいがちです。

更に個人個人の感情を考えてみると、そのような人間に対して好意を持つ人間はいなくなってしまいます。

そしてもっと悪い状況になると、人を利用してまで自分の利益を優先しようとする行動もあり得ます。

そのような状況になると必ず人は自分を利用して利益を獲得したとその人を恨むようになります。

人の利益を横取りしたときも全く同じです。

このような行為を積み重ねていくと周りの人から恨まれて、嫌われて、文字通り最悪の状況になってしまいます。

反対に人を助けて周りの利益を優先してあげる人間は、人から感謝され周りからは尊敬され真逆の人生を歩むようになります。

人に恵まれるという事は、時には一般的に考えられる利益よりも価値が高いです。

人に恵まれて幸せな人生を過ごしている方は何人もいますが、人に嫌われ孤独で寂しい人生を歩んで幸せに感じている人間は少ないです。

この事からもどちらが優先すべき対象であるかという事は明白であり、人に恨まれたくないのであれば周りの事を考えて行動するべきなのです。

4.目先のことしか考えられない人になる

次にご紹介する利益ばかり優先しない方が良い理由としては目先のことしか考えられない人になるということです。

なぜ自分の利益ばかり優先すると目先のことしか考えられなくなるのかと言いますと、利益ばかり優先して考えてしまっている人は物事の中心にある存在が利益になってしまいます。

なので目の前の利益のことしか考えられなくなってしまい、その延長線上に何が存在しているのかということなどを把握せずに行動してしまいがちになります。

その結果自分の目先のことしか考えられない視野の狭い人間になってしまうのです。

このような考え方をしている人間は、大多数の方が今その時が良ければそれで良いというような考え方を持っている可能性が高いです。

しかし物事の視野が広い人やより先のことを見通せるような人間は、今ではなく大事なのは今後のことだと考えて実行する力を持っています。

より先のことまで見通して行動することができる人間の方が当然仕事のできる人が多いですし、周りから頼りにされやすいです。

物事の視野が広い人は当然自分のことだけではなく周りの人のことまで見通すことができるようになりますし、その人たちのことも考えながら行動することを前提に考えているからです。

なので目先のことしか考えられない人になってしまうと、視野が狭くなり周りの人からは頼りにされずに孤独な人間になってしまうということです。

5.人に与えることをしない人は伸びない

次にご紹介する利益ばかり優先しない方が良い理由としては人に与えることをしない人は伸びないということです。

あなたは周りの人間に何かを与えていますか?

この言葉の意味がよくわからない方は、仕事において成果を出すことができない可能性があるかもしれません。

なぜならば人に与えることができる人間は、自分のことを考えずに周りの人のことを中心に考えて相手の気持ちになって考えることができる人間だからです。

その逆に受け取ってばかりの人間は、自分のことばかりしか考えておらず周りのことを考えていない人間である可能性がとても高いです。

自分の利益ばかり優先するような人間は、人に何かを与えるということ行いません。

むしろ人に何かを与えるという言葉に自分が損をすることだと思っているような人もいるくらいです。

私たちは何かを与えてもらえば、その人に対して何かを返してあげたいという気持ちになります。

このことを考えてみると、人に何かを与えられる人間は必ずそれに伴って一から何かを返してもらうことができるようになります。

たくさんのことを与えてたくさんのことを返してもらえれば、自分自身が潤うようになるのです。

たくさんの人から好かれ、たくさんの人から頼りにされ、様々な人脈を形成することができます。

それは仕事においてとても良い効果を与えてくれます。

しかし自分のことばかりを考えているような人は、人に何も与えない代わりに人からは何も与えてもらうことはありません。

そしてやがて孤独になっていき、周りから人がいなくなってしまいます。

自分の利益ばかり優先するような人間は最終的に孤独になっていくので、結果的に何も与えることができない人間になり、それ以上の成長を見込むことが出来なくなってしまうのです。

6.お金だけに目がくらんだ人生になってしまう

次にご紹介する利益ばかり優先しない方が良い理由としてはお金だけに目がくらんだ人生になってしまうということです。

自分の利益ばかり優先するような人間は、一般的な利益として認識されているお金だけに着目して判断してしまうようになります。

これはたくさんのお金がいることができるからこれだけを集中して行う、こっちはお金が低いから集中してしなくてもいいや、という風にお金だけを考えて行動し、お金でしか判断できないロボットのような人間になってしまいます。

しかし私達が形成している人間関係というものは、そのような単純なものではありません。

人間には感情というものが存在しており、その感情こそが人間関係を形成する大切な要素になります。

全てお金だけで判断してしまうような人間性のない人と関わりたいと思うはずがありませんよね。

お金だけに目が眩んだ人生になってしまいますと、追求した分お金を手に入れることができるかもしれませんが、その先に幸せがあるとは限りません。

様々な人間との信頼関係はお金には代えられない幸せが存在しています。

お金を得るのは一瞬かもしれませんが、深い信頼関係を結ぶにはそれなりに時間がかかりますし、簡単に得られるようなものではありません。

そもそもお金にしか執着がない人間には人間は寄ってきませんし、もしも寄ってきたとしても同じようにお金に目がくらんでいる人間だけであり、そこに信頼関係はありません。

なので寂しい人生になってしまう事は避けられないのです。

寂しい人生を過ごす事が嫌ならお金中心に考える思考を辞める必要性があります。

利益ばかり優先する人の特徴とは?

ここまでは利益ばかり優先しない方が良い理由について詳しくご紹介していきました。

もしもこれまでにご紹介してきたようなポイントに自分自身が当てはまっている場合は、自分自身の考え方を見直した方が良いかもしれません。

おそらくこのような考え方を長年持ち続けてきた人間の身近には、信頼できる人間や大切な人間はいなくなってしまっている可能性がとても高いです。

お金があって困ることはないかもしれませんが、心から幸せになれるような事はないかもしれません。

しかし、お金がなくてもたくさんの人間と信頼関係を形成して人に恵まれている人生は心から幸せになれるのです。

このことを念頭に考えて、少しでも自分の考え方や行動を改善してみてください。

そしてここからが利益ばかり優先する人の特徴についてご紹介していきます。

これまでご紹介してきた考え方に該当している方は、さらに自分がこれからご紹介する特徴に当てはまっていないかどうか改めて確認してみてください。

該当する項目が多い場合は、深刻な状況になっている可能性がありますので注意してください。

1.自分が良ければいい

利益ばかり優先する人は何事も自分が良ければ良いと考えてる人が多いです。

利益を優先するあまりに、自分の周りのことを考えることは基本的にしません。

もしも考えたとするならば、それは結果的に自分にとって何らかの利益を見込むことができる場合に限定されると思います。

そのような行動を取ったとしても、よく人を観察している人からは見抜かれてしまいます。

自分の本心を見抜かれてしまった場合は、周りから嫌われてしまいますし、人がいなくなってしまう可能性があります。

自分が良ければ良いという考え方は持たないようにしなければいけません。

2.相手の気持ちや状況はどうでもいいと思っている

利益ばかり優先する人は相手の気持ちや状況はどうでもいいものと思っています。

先ほどご紹介したように、利益ばかり優先する人間は自分さえよければどうなっても知らないふりをしがちです。

だからこそ自分の利益だけを求めるという行動を平然と行うことが出来るのです。

一般的な考え方を持てない人間は周りと共感しあうことは難しいです。

周りと共感できないという事は打ち解ける事も出来ないという事なので、孤独な人生しか得られないかもしれません。

3.腹黒い

利益ばかり優先する人は腹黒い人が多いです。

自分のことだけしか考えていないので、周りのことに関心がない人が多いです。

周りのことに関心がないということは周りの環境を気にすることなく、周りが困っていても助けるような事はしません。

助けたとしても、それは自分の建前や何かしらの利用要素がある時に限定されます。

結局自分の事しか考えていないので、結果としては周りからは腹黒いと判断されてしまいます。

4.人によって態度をコロコロ変える

利益ばかり優先する人は、人によって態度をコロコロ変える可能性が高いです。

具体的には自分よりも目上の立場の人間に対してはヘコヘコするくせに、自分よりも下の立場の人間に対しては冷たい態度をとることがあります。

しかしこのような人間は周りにいる人間からしてみれば信頼できない人物でしかありません。

このような態度を取っていれば最終的に人から嫌われ、いずれ人望もなくなり人が去っていく可能性があります。

5.他の人の幸せを妬む

利益ばかり優先する人は他の人の幸せを妬む傾向があります。

普通の感覚を持っていれば、他の人が幸せになっている姿を見れば素直に嬉しい気持ちになるはずです。

しかし利益ばかり優先している人は、自分よりも幸せになっている人間に対して素直に祝うことが出来ません。

そもそも自分のことだけしか考えていないので、他人が成功したという話を受け入れる余裕がありません。

さらに自分よりも成功しているということに対して強く反発心を抱くので、周りの人からちやほやされている事自体が許せなくなってしまうのです。

このような考え方をしていても幸せにはなれませんので、この考え方を持ってる人は危険です。

利益よりも大切な事を考えて

今回は利益を優先する人をテーマにして、利益ばかり優先しない方が良い理由についてご紹介していきました。

自分の利益だけを優先するような人間は結果的に幸せになれるようなことはあまりありません。

周りのことを考えてたくさんのことを与えられる人間になれば、意識せずともたくさんの人間から信頼されたくさんの人間に慕われるようになります。

そうなることによって、様々な場面で人と人とのつながりを得ることが出来るようになります。

あなたの周りにもひとりくらいは自分のことよりも周りのことを優先して行えるような素晴らしい人がいるはずです。

自分の利益ばかりを優先している人は、そのような素晴らしい人を見習って少しずつ周りから好かれていくように努力を始めてみてはいかがでしょうか。

努力をすれば必ず自分に返ってくるようになります。

もしも本当は心の底でそのような人間に憧れている気持ちを持っているならば、自分を変えられるように少しずつ歩みを進めていきましょう。