あなたは人からの見られ方を意識していますか?

他人の目から自分がどう映っているのか気にすることはとても大切な事です。

他人からの見られ方を意識しすぎるあまりに自分の行動を抑制してしまうということはあまり良くないことなのですが、他人から見て美しくあるために努力をするということはとても大切なことなのです。

例えば一般的に考えつきやすい点としては自分の外見によるものだと思います。

髪型であったり、メイクであったり、ファッションであったり。

外見は人の第一印象を形成付けるものになりますので、必ず意識しておいて損になるようなことがありません。

いつも清潔感があって、美しくて、周りから憧れるような見た目をしている人は様々な面で人生を有利に生きていると言っても過言ではありません。

しかし人間は外見が全てではありません。

人からの見られ方を考えた時に外見だけを良くしていても自分の内面が垣間見えてしまう瞬間というものはいくつもの場合が存在します。

例えば自分の発言なども自分自身の本来の性格が出てしまう瞬間がありますので、その場しのぎで取り繕ったところで長い時間を共にしていれば必ずそれは相手にわかってしまいます。

それ以外にも自分自身の癖なども隠すことはできにくいものです。

気を許した瞬間にいつもの癖が出てしまって、それが原因で相手から幻滅されたり、悪い印象を持たれたりする場合があります。

なので外見を気にすることは大切なのですが、外見以外の自分自身の内面に由来して出てくる表面のことも気にしておかなければいけません。

今回はそんな中でもたくさんの方が間違った癖を持ってしまっている箸の持ち方をテーマにして、正しい箸の持ち方が間違った箸の持ち方についてご紹介していきます。

️女子ならばテーブルマナーを完璧に

あなたは自分のテーブルマナーについて意識したことがありますか?
もしも間違ったテーブルマナーを身につけてしまっていると必ず然るべき場所で恥をかいて後悔することになってしまいます。

大人の女性であればきちんとしたテーブルマナーを身につけるべきであり、間違ったテーブルマナーを身につけているとだらしない女性だと思われてしまう可能性があります。

どうしても偏見によるものかもしれませんが、男性が間違ったテーブルマナーをしている場合と女性が間違ったテーブルマナーをしている場合だとどうしても女性の方が悪い印象を与えやすくなってしまいます。

例えば考えてみてください。

食事をする時にクチャクチャと音を立てながら咀嚼している人を時々見かけると思います。

このような人が身近に存在しているとどうしても不快に思ったり、一緒に食事をしたくないと思うのが当たり前だと思いますが、これが男性だった場合はまだしょうがないかという心の中でも諦めが生まれると思いませんか?

しかしこれが女性だった場合どうしても下品な印象をより強く与えてしまいかねない行為なってしまうんです。

なので人に影響を与えやすい女性だからこそしっかりと完璧なテーブルマナーを身につけることによってより美しい女性として自分を引き立てることが可能になります。

自分の魅力をさらに上げるためにも、間違ったテーブルマナーを身につけてしまっている女性の方は正しいテーブルマナーを身につけて美しい食事の仕方を行えるようにしましょう。

食事の仕方、意外と見られてます


周りの人間は自分に興味がないと思ってる方がいるかもしれませんが、自分が想像している以上に人は他人を見ています。

自分自身を確認する時にはどうしても自分の視界に入る範囲の自分の体であったり、鏡に映った自分しか確認をすることはできません。

しかし他人から見て見ればその人の全体像を見ることが出来ますし、様々な角度から観察することが可能になっています。

なので自分が見ることができない後ろ姿であったり、様々な角度から人を見ることができることによって沢山の行いを観察することができるようになります。

それを踏まえて考えてみると食事をするときも全く同様であると考えることができます。

もしも自分の正面に他人が座っていると考えると他人の食べ方であったり、癖などがより顕著にわかるようになるはずです。

正面に座ってると嫌でも必ず目にしなければいけなくなりますので、もしもここで間違った食事の仕方を押していると当然相手はすぐに感づきます。

一度意識してしまうとどうしてもその部分が気になってしまうように間違ったテーブルマナーをしていると、厳しい相手だった場合は指摘をしたり、気になって食事をすることが出来なくなってしまう可能性があります。

このような事にならないためにも正しいテーブルマナーを身につけることによって相手も安心して食事をすることができますし、もしも自分自身で間違っていることを気づいているのであれば自分自身も安心して食事の席に座ることができるようになります。

早い段階でテーブルマナーを身につけておけば困るようなことがありませんので、正しいテーブルマナーを早い段階で身につけるようにしましょう。

綺麗に美しく食事を!

食事に関しては美しく行うべきです。

単純に食べ方が美しい人はそれだけで綺麗に見えるようになりますし、綺麗に美しく食事をすることによって自分と相手も気持ちよく食事をすることができるようになります。

綺麗に食事をすることが出来なければ相手に対して恥ずかしい思いをさせてしまいますし、自分自身も嫌な気持ちになると思います。

また食事に関して美しさは切っても切り離せない関係であり、私たちが飲食店に入って出される食事が綺麗に色取りなども整えられた美しい食事である場合が高いですよね。

綺麗な彩で綺麗に盛られた料理を見るとそれだけでおいしそうに見えます。

このように料理において綺麗であるという事は大切な要因なのです。

それは食べ方も同じであり、汚い食べ方をしていると料理がおいしくなくなってしまいます。

飲食店に入った時に隣に座っている人がテーブルマナーが最悪で、その人のことが気になってしまって出された料理を美味しく味わうことができなかったという経験をしたことはありませんか?
しかしきれいなテーブルマナーをしている人が隣に座っていればそれだけで気持ち良いですし、他人が嫌な気分になるようなことはありません。

なので食事をする時は綺麗に美しくが基本であり、周りに対するひとつのマナーとして考えて頂けると分かりやすいと思います。

テーブルマナーができない女子急増中


昔と比べて今の時代はテーブルマナーができない女性がとても多くなっています。

昔と今とを比べると単純に時代が違うのでしょうがない部分はあるかもしれませんが、昔の時代では女性はおしとやかにするべきであるという風潮がやはり強かったので、それなりにマナーの叩き込まれていうのが当たり前でしたし、何事においても厳しく接しられていました。

それは学校教育などにおいても全く同じだったと思います。

しかし今の時代はゆとり教育と呼ばれているように学校においては昔と比べてそこまで厳しくなっておらず、むしろ昔の時代を生きてきた人からすると今の時代は甘いという考えを持たれるかもしれません。

それは家庭の教育においても同じようになっており、今の時代はなかなか厳格な父というのは少なくなっています。

ある程度子供に自由を選択させたり、教育方針においても極端な家庭教育などは少なくなっています。

もちろんそれによってメリットも存在するのですが、一般的なマナーを知らなかったり、しつけを受けていない人が急増しているのも事実なのです。

なのでこんな時代だからこそテーブルマナーをしっかりと身につけておけば周りと差をつけることもできるようになりますし、どんな人と会った時にも恥ずかしくない食事のテーブルマナーを身につけることができるようになります。

彼氏にゲンナリされてしまう…

世の中にはたくさんの人間が存在していますので個人個人によって考え方が違います。

それは自分自身が生まれ育ってきた環境であったり周りに存在してる人間の影響がとても大きいものになります。

それはテーブルマナーにおいても全く同じであり、子供の頃から一般的なテーブルマナーを叩き込まれて育った人間からしてみればテーブルマナーを身につけていない人間を見た時にどうしても腹立たしく感じてしまったり、それだけで受け入れられないと判断されてしまう可能性があります。

これは偏見かもしれませんが一般的に考えてやはり身分が高い方であったり、ある程度一般的な教育を持たせるために努力をしている家庭に生まれ育った子供はテーブルマナーを身につけている可能性が高いです。

そのような方に関しては基本的に社会においても地位が上だったり、ある程度出世したりするような方が多いです。

もしもこのような方とお付き合いをしていると考えた場合、一般的なテーブルマナーくらいは身につけておかなければもしかしたらこれが理由で別れを切り出されてしまう可能性がないとも言えません。

人によって大切な価値観などは全く違いますので、テーブルマナーくらいは身につけていて当然だと思っている厳しい考えの持ち方もいるかもしれません。

たったそれだけの理由で理想の相手と別れてしまうということなので耐えられないですよね。

あくまで一つの要因と考えることができるだけで、それ以外にも様々な厳しい基準が存在しているかもしれませんが、どちらにせよテーブルマナーを身につけておいて損をするようなことは絶対にありません。

むしろ世の中を考えた時に得しかありませんので、良い人間関係を形成するためにもテーブルマナーを身につけておくようにしてください。

今から徹底的に直していこう

自分の癖だからもうこの癖は直すことができないだろうとあなたは諦めていませんか?
確かに癖はなかなか治りにくい存在になります。

人は自分を変えるということに関してストレスを持ってしまいます。

これまで自分自身が当たり前だと思ってやってきたことを間違っていると指摘されたり、自分の生活環境の中に新しい習慣を取り入れる事は自分を否定される事と同じであり、ストレスがかかるものなのです。

しかし癖を直すという事は不可能な事ではありません。

きちんと自分の癖を直すために、正しい習慣を取り入れて意識すればどんな癖でも改善することが出来ます。

自分の癖を直すために努力もしていないのに、無理だと決めつけるのは早すぎます。

新しいことを取り入れるのは先ほどもご紹介したようにストレスがかかることですが、それはあくまで最初だけです。

毎日徹底してそれを習慣づける事によって、次第にそれが当たり前になっていき、それをしないと落ち着かないようになっていきます。

そうなってしまえばもう癖が直るのも時間の問題です。

今から徹底的に直していけば必ず直りますので、正しい方法を身に着けて毎日努力していきましょう。

️正しい箸の持ち方

正しいテーブルマナーを身につけるためには大切なのはなぜ正しいテーブルマナーの方法を理解することが求められます。

当然の話ですが正しい箸の持ち方を知らないと正しい箸の持ち方を身に着けることができません。

なのでそもそも正しい箸の持ち方自体知らないという方は正しい箸の持ち方を理解するところから始めていきます。

最初は難しく感じるかもしれませんが、継続していけばコツなどもすぐに理解できるようになりますし、そこまで難しい複雑な方法ではありませんので、いくつかのポイントを把握しておけば大丈夫です。

ポイントを交えながらご紹介していきますので、大切なポイントをしっかりと把握してそれを参考に毎食の食事の時に実践してください。

毎日継続すれば必ず改善しますし、毎日食事をするはずなので実践できるチャンスはたくさんあります。

焦らずにじっくりと正しい方法を習慣づけてください。

3本の指先で持つ

まずはじめにご紹介する正しい箸の持ち方のポイントの一つとして3本の指先で持つという事を意識してください。

人から間違った箸の持ち方を指摘された経験がある方だったり、自分なりに箸の持ち方が間違っていると理解している方は一度自分が普段どのように箸を持っているのか自分自身によく確認してみてください。

箸を持つときに間違った指を使っていたり、必要となる本数の指と違う本数の指を使って箸を持っていませんか?
そうなるとこの時点で間違った箸の使い方をしてしまっています。

まずは3本の指先で持つという事をよく意識してください。

3本の指とは親指・人差し指・中指が3本の指に該当します。

みぎてもしくはひだりてなど自分の利き手で一度箸をもってその箸を自分と直角90度の状態で真横にしてみてください。

この状態になったときにまず自分の指がどのように箸を支えているのかということをよく確認してみてください。

本来あるべき姿としてはまず親指の付け根の部分に下の箸を挟むような形になり、薬指の第一関節で支えるようになるはずです。

そして上の箸については鉛筆の持ち方と全く同様の方法になります。

これが出来ていないと間違った箸の使い方になってしまっています。

下の箸は動かさない

次にご紹介する正しい箸の持ち方のポイントの一つとして下の箸は動かさないということです。

先ほどご紹介した箸の持ち方を実際に試していただくとうだん間違った使い方をしている方からすればうまく動かせないかもしれませんね。

しかしそれは初めて行うのでうまくできないだけであり、本来正しい箸の持ち方になっていますので正しく動かすないわけがないのです。

慣れてくると自然とそれが行いやすくなるようになりますので最初はぐっとこらえてチャレンジしてください。

基本的に正しい箸の持ち方を実践する上でポイントとして考えていただきたいのが下の箸は動かさないということです。

それと同時に上の箸に添えている親指に関しても動かすことはあまりありません。

なので自分の指をベースにして、動く指はどこなのかと考えた時に、先ほどご紹介した3本の指の中の親指以外の人差し指と中指だけということになります。

なので本来動かす必要がない指をもしも動かしてしまっている場合、間違った力の入れ方をしている可能性がありますので注意してください。

持つ位置は2/3

次にご紹介する正しい箸の持ち方のポイントの一つとして持つ位置は2/3ということです。

これは箸全体の長さを考えた時に基本的に箸を持つ位置は2/3の位置になるように考えて持つということです。

極端に短かったり、長すぎたりしても扱いにくくなってしまいますので、適した長さを支店にして箸をもつようにすれば正しい持ち方に該当しますし、動かしやすくもなりますので、気を付けながらチャレンジするようにしてください。

先端は三角形

次にご紹介する正しい箸の持ち方のポイントの一つとして先端は三角形にするということです。

正しい箸の持ち方を考えた時に自分が正しい持ち方をした時の箸の形をよく確認してみてください。

本来あるべき姿としては箸のラインを見た時に先端が三角形になっているのが理想的なのです。

間違った場合は箸の先端が三角形になっていない場合があります。

三角形になっていないと美しい形になっているとは言えませんので、正しい持ち方をしたうえで箸の見た目についても考えるようにしてください。

これが間違っていると台無しになってしまいますので、細かい点になりますが注意してください。

️間違った箸の持ち方

ここまでは正しい箸の持ち方のポイントについて詳しくご紹介していきました。

こうして考えてみると正しい箸を持つ方法に関してはそこまで難しくないことがお分かりいただけたと思います。

意識して新しい習慣を取り入れるのがストレスになるだけで実際に実践してみるとそこまで難しいことではありません。

箸の持ち方が難しいと感じる方だったり、自分には直すことはできないと諦めている方に限ってチャレンジしていない方が多いです。

仕事において難しい知識を取り入れたり、複雑な作業を行ったりすることができるのにこんなに簡単なことができない理由がありません。

なので先ほども紹介した正しい箸の持ち方を積極的に実践してください。

それを理解した上でここからは間違った箸の持ち方についてご紹介していきたいと思います。

もしもこれからご紹介する持ち方に該当している方は間違った箸の使い方もしくは持ち方をしているので、気づいていない方はこの機会に間違っているという事実を受け入れて正しい箸の持ち方を身につけてください。

握り箸

まずはじめにご紹介する間違った箸の持ち方は握り箸です。

握り箸とはその名前の通り箸を持つときに握りながら持っているような形状になってる方が該当しています。

先ほどご紹介した正しい箸の持ち方を考えてみるとどうしても握るような箸の持ち方はしないですよね。

にもかからわず、箸を持つ時に見た目がまるでじゃんけんのグーになってるような持ち方になっている場合があります。

しかしこれは明らかに間違った箸の持ち方になります。

これに関しては手の形を見た時にあからさまに間違っているということがわかりますので、間違った箸の持ち方をしているということに気がついている方や、周りがそれを理解している場合がかなり多いです。

このような箸の持ち方をしているときちんとしたお店では恥をかくことになりますので必ず注意するようにしてください。

クロス箸

次にご紹介する間違った箸の持ち方はクロス箸です。

間違った箸の持ち方でかなり多いのがクロス箸という持ち方になりますが、これに関しては知っている方もたくさんいると思います。

そう名前の通り箸のラインがクロスしてしまっているような持ち方になります。

先ほどご紹介した箸の正しい持ち方を考えてみると箸のラインは三角形になるとご紹介しました。

この三角形にならなければいけない箸のラインがクロスしてしまって交差している状態になるのがクロス箸です。

クロス箸はよく注意してみるとかなりたくさんの方は行っている可能性があります。

これに関しても一見すると手の持ち方自体は違和感を感じ無い方が多いかもしれませんが、箸のラインですぐに相手が間違っていると気づけるようになりますので、周りから見て目立つようになります。

このような使い方をしている場合は必ず注意してください。

平行箸

次にご紹介する間違った箸の持ち方は平行箸です。

平行箸はその名前の通り、箸のラインが平行になってしまっている状態になります。

本来であれば三角形にならなければいけない形が平行になって延長線上で交わらないようになります。

これに関しても先ほどご紹介したクロス箸と同様に一見してすぐに間違っているということがわかりますので、ついやってしまいがちなミスになりますが必ず正しい箸の持ち方、構え方をするように意識しましょう。

ちょっと気を付ければすぐに改善できますので、マイナスな考え方をやめて正しい方法にチャレンジしていきましょう。

️逆に彼氏の箸の持ち方がおかしい場合

ここまでは間違った箸の持ち方についてご紹介していきました。

もしも間違った箸の持ち方をしているのであれば早めに対処することによってすぐに改善することができますので諦めずに頑張ってください。

そしてここからはもしも自分自身が付き合っている彼氏が箸の持ち方が間違ってしまっていた場合についての対処法を簡単にご紹介していきたいと思います。

これまでは女性である自分自身がしっかりと気を付けなければいけないということは中心にご紹介していきましたが、もちろん女性だけが気をつけなければいけない問題というわけではありません。

男性もしっかりとテーブルマナーを身につけておかなければ恥をかいてしまいますし、それなりの場所に足を運んだ時に間違ったテーブルマナーをしていると常識知らずだと思われてしまう可能性もあります。

どんなに身なりがきっちりしていて立場が存在しているような人間だったとしても箸の持ち方すら正しい方法を実践することができないと判断されてしまいますと、様々な場面で悪影響が及ぶ可能性があります。

なので付き合っている大切な相手だからこそ相手の悪い癖を治してあげる必要性があります。

それを踏まえた上でどのようにして彼氏の箸の持ち方を正していくのかということを中心にご紹介していきます。

さりげなく注意してあげる

彼氏の箸の持ち方がおかしかった場合にどのようにして直していくのかと言いますとさりげなく相手に注意してあげるという方法があります。

自分がやってることが間違っているということを理解しているのであれば大半の方が自分なりにそれを改善するために努力を行うはずです。

中には面倒くさいからやらないでおこうと考える人がいるかもしれませんが、そのような人だったとしても自分が間違っていること自体は理解できているはずです。

なのでそれを理解してやろうとしていない人間に関してはあまり強めに注意をすると機嫌を損ねてしまう可能性があります。

やはり自分を否定されるという言葉どんな人間でも嫌なことですよね。

なので大切なのは相手に対して厳しめに言葉を投げかけたり、相手を否定してしまうような言い方をしないということです。

頭ごなしに自分のことを否定されたり、単純に厳しい言葉を投げかけられたりすると気分が悪くなります。

なのでおすすめとしては相手のことを一旦理解する姿勢を見せつつも、その上でさりげなく注意を促すという方法がベターです。

そうすることによって相手のプライドを傷つけずに間違った方法を改善できるように方向修正してあげることができます。

相手の気分を害したくないからいつまでも注意しないという状況を作ってしまうとそれはあなたにも責任があるかもしれません。

相手に対する間違った優しさを持つのではなく、相手のことを本当に思うのであれば、相手が将来的に困らないように教えてあげるのも一つの役割です。

それを理解した上でさりげなく注意してあげてください。

持ち方を教えてあげる

彼氏の箸の持ち方がおかしかった場合にどのようにして直していくのかと言いますと持ち方を教えてあげるという方法があります。

これは考えてみればかなり当然の話になると思いますが、正しい持ち方を教えてあげることによって彼氏の間違った箸の使い方を改善してあげることができます。

そもそも人によっては自分が間違った箸の使い方をしているということに気づいていない方もいるのです。

なので気づいていないのであれば教えてあげることによって正しい方法がどういう方向なのかと考えるようになります。

そして正しい方法を教えてあげてそれを練習することによって簡単に身につけることが可能になりますので、正しい持ち方を知っていないのであれば教えてあげるようにしてください。

先ほどご紹介したようにそこまで正しい箸の持ち方は難しいものではありません。

食事に関しても嫌でも私たちは毎日摂取していると思いますので、チャレンジをする機会がたくさんあるという事は、身につけるチャンスもたくさんあるということです。

なかなか一度で全て飲み込めるような事はないかもしれませんので、一緒に食事をする際に継続して何度か指導してあげると良いと思いますよ。

社会で恥ずかしい思いをすることをおしえてあげる

彼氏の箸の持ち方がおかしかった場合に改善するには社会で恥ずかしい思いをすることをおしえてあげるという事が良いです。

もしも彼氏の箸の持ち方が間違っていた場合は間違った箸の持ち方を継続して行うことによってなかなか改善できなくなるという注意喚起を促してあげること、それと同時に間違った使い方をしていると社会に出た時に必ず恥ずかしい場面に遭遇してしまうということを教えてあげる必要があります。

一方的にそれは駄目だからこうしろと言われてもどうしても人間は受け入れ難いものです。

しかしなぜダメなのかという理由をきちんと理解することによって自分にとってどういうデメリットが存在するのかということを考えた上で、正しい行動を行おうと努力をするようになります。

このようになぜなのかということをきちんと相手に理解してもらわなければ受け入れてもらうことができません。

これがとても大切な部分になりますので、必ずどうしてダメなのかという理由を説明した上で、可能なのであればメリットについても合わせて紹介するとより理解してもらいやすくなると思います。

毎度毎度注意してあげる

彼氏の箸の持ち方がおかしかった場合にどのようにして直していくのかと言いますと毎度毎度注意してあげるということです。

先ほどご紹介したように、たった一度の指導で直る人はあまりいません。

注意してもやはり自分が本来やり慣れている方法を選択しがちになるのです。

などで改善してもらうためには何度も何度も相手に注意をする必要があります。

しかし、注意をするときに文句を言ったり、相手に配慮が欠けると相手も不快な気分になりますので、注意をする際には必ず気を使って言葉を選ぶようにしてください。

そうする事で相手の気分を害さないように注意をすることが出来るようになります。

️箸の持ち方矯正は根気よくがコツ

今回は箸の持ち方をテーマにして、正しい箸の持ち方が間違った箸の持ち方についてご紹介していきました。

箸の持ち方についてはやはり人それぞれやりやすい方法が存在していますので、間違った習慣を続けてしまっている方はどうしても正しい方法が身に着けづらいと思います。

しかし何度もご紹介したように実践してみればとても簡単であり、そこまで複雑な方法ではありません。

根気強く行うことによってどんな形でも必ず直すことができますので、諦めずに継続的に努力するということを忘れないようにしてください。